仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-705「命を下す」


カテゴリー: 2017年03月10日






*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◆◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇◆ 
   
         道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.705)「命を下す」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内 

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.705)「命を下す」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


==============================================


「命を下す」

 自分がこうしたいと思うことを人に命じて、
 その命のままに自在に人が動くということは、

 事を運ぶうえにおいて、
 きわめて大事なことではあるけれど、

 命になれて、いつのまにか命がなければ人が動か
 ないということになっては、これはたいへん。

 こんな硬直した姿では、
 進歩も発展も生まれないであろう。

 たとえ命令がなくとも、以心伝心、
 命ずる人の意を汲んで、

 それぞれの人が
 適時適確にすすんで事を運んでゆく――

 こういう柔軟な姿のなかにこそ、
 かぎりない発展性が生まれてくる。

 そのためには、命を下す前に、
 まず人のいうことに耳をかたむけることである。

 まず聞くことである。
 聞いた上で問うことである。

 そして、
 そこにわが思いと異なるところがあれば、

 その気づかざる点を気づかしめ、
 思い至らざる点の理非を説く。

 そうした納得のうえに立って、
 断固、命を下さなければならない。

 命を受ける人に納得があるということは、
 その人の知恵がそれだけ高まったということである。

 わけのわからぬままに
 命に従わせていたのでは硬直する。

 命を下すということは、
 ほんとうはそんな容易なことではないのである。


         (『道をひらく』松下幸之助)
     

============================================== 


いまの組織は、

 上下関係が崩れているので、
 「命令で動く」ということはなかなか難しい

かもしれません。

価値観が多様化する中で、
「リーダー」に求められるものも、

 以前の「強いリーダーシップ」のイメージから、
 「徳的人間力あるリーダー像」に変わりつつある

ようです。


相変わらず現場では、

 「自主性」とか「主体性」

を言われ続けていますが、

 未だに、「指示がないと何もできない」人

はたくさんいます。

幸之助さんの仰るように、

 たとえ命令がなくとも、以心伝心、
 命ずる人の意を汲んで、

 それぞれの人が
 適時適確にすすんで事を運んでゆく

というわけにはいきません。

そうあってほしいと思っているリーダーは多い
でしょうが、

現実は、そうもいかないものです。

自主的に動いてくれたとしても、
「わかったつもりで勝手に」動かれると、

今度は、

 その「マネジメント」が難しくなります。


そこで、幸之助さんは、

 そのためには、命を下す前に、
 まず人のいうことに耳をかたむけることである。

 まず聞くことである。
 聞いた上で問うことである。

 そして、
 そこにわが思いと異なるところがあれば、

 その気づかざる点を気づかしめ、
 思い至らざる点の理非を説く。

 そうした納得のうえに立って、
 断固、命を下さなければならない。

と仰っています。

 「そこまでしないといけないのか?!」

と感じるかもしれませんが、

ここに、

 「命令」の本質があるように思います。

 
 「人が人を動かす」

というのは、本来、易しいことではありません。

今までは、

 「組織の秩序論」に支えられていたので、

 「命令に反すること」の方が難しく、
 部下の側が、従う姿勢を持っていました。

そういう意味では、

 これまでの「命令の理解」は浅かった

というか、

 そんなにきちんと考えてはいなかった

のかもしれません。


幸之助さんの仰る「命」の本質は、

 「命を受ける側」の「理解や納得」にある

ようです。

 命を受ける人に納得があるということは、
 その人の知恵がそれだけ高まったということで
 ある。

とも仰っていますが、これは確かにそうです。

私たちは、

 意見が違うと、相手を「説得」しようとします。

 「価値観」の違いを一所懸命「説得」して、
 「納得」してもらおうとします。

そして、それが通らないと、

 「これは命令だ!」

という武器を使ったりするのです。


しかし、幸之助さんの「説得」は少し違いました。

幸之助さんは、

 「意見の違い」ではなく、
 「思考の前提の違い」をいつもとらえていました。

たとえば、相手が、

 「自社の利益にこだわっている」とわかると、

 「産業全体のことを考えるとどうか」とか
 「日本の未来を考えるとどうなるか」

と、その「思考の前提」に切り込むのです。

結局、

 「意見の違い」というのは「視点の違い」です。

その「視点」には、

 「短期で考えるか、長期で考えるか?!」

 「一面で考えるか、多面で考えるか?!」
 
 「部分で考えるか、全体で考えるか?!」

あるいは、

 「枝葉で考えるか、幹や根で考えるか?!」

 「具体論で考えるか、本質論で考えるか?!」

等、いろいろあります。

その問題は、

 「何を本質と見て考えればいいか?!」

という、

 「思考の前提」をまず押さえる。

これが、幸之助さんの問答の基本のようでした。

この

 「何を前提に考えるか?!」

というのは、

 その企業の「理念」に依ります。

結局、「命を下せる」というのは、

 この理念が「部下にも浸透している」

ということでもあるのでしょう。


しかし、現実には、

 「理念(考え方)」を優先するか?!

それとも、

 「経営(数字)」を優先するか?!

で、いつも現場は苦悩しています。


これからの組織は、

 「命を受ける人の納得」の前に、

 「命を下す人の納得」が大きな課題である

と言えるかもしれません。


♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


今回もお読みいただきありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

下記の通り「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


  (東京)4月16日(日)13時~16時

 (大阪)4月23日(日)13時~15時

 (テーマ)「価値観多様化時代の
        モチベーションの高め方」 

    価値観が多様化する中では、働く理由や
    がんばる理由が変わりつつあります。

    これまでのやり方では、部下を動機づけ
    することができません。

    価値観の違う人に、どうすればやる気に
    なってもらえるか?!

    その辺りを考えてみたいと思います。


  お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     


「人生好転」のための『一転語』を
毎朝、お届けしています!
         
こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


第940号 前提を変える

  「方法」を変えるのではなく
  「前提」を変える。

第941号 自我力

  「我」が出ている間は「他力」は働かない。

第942号 がんばる理由

   自分のことばかり考えている間は、
   人は幸福になれない。

第943号  譲れないもの

   「譲れない」というものが、
   自分が参加する「条件」になっている。
    

本日、「第944号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき
毎日のセルフチェックにご活用ください!(無料)
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾  http://www.chitoe.com/  
                       todo-juku@chitoe.com 
───────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
     http://www.chitoe.com/profile.html  
───────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を利用して
発行しています。
配信中止はこちら
    http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/25
部数 4,099部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/25
部数 4,099部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング