小笠原昭治のマーケティング&ストローク

■マーケティング&ストローク■No.545 “製品”と“商品”の違い


カテゴリー: 2017年10月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏         小笠原昭治の マーケティング&ストローク
───────────────────────────────────
┏┏            【 マーケティング編 】
───────────────────────────────────
┏           No.545 “製品”と“商品”の違い
───────────────────────────────────
発行総数 2832部
まぐまぐ 2368部 http://www.mag2.com/m/0000111010.html
Melma!  0464部 http://www.melma.com/backnumber_96400/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【CONTENTS】DATE:2017.10.25(水)


    1 CONTENTS & introduction 
    2 【本編】No.545 “製品”と“商品”の違い
    3 マーケティング&ストローク/付記
    4 マーケティング&ストローク/提携誌
    5 メールマガジン相互紹介
    6 メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト
    7 メッセージ紹介 or クッキングマーケティング or ストローク編
    8 編集後記



introduction─────────────────────────────





今回は、前号を読んでから(ファブレス メーカーを理解してから)のほうが、
より分かりやすいでしょう。

バックナンバーは
http://www.melma.com/backnumber_96400/
(期間限定公開)





───────────────────────────────────
ここから本編が始まります。シュールストレミングの用意はお済みですか?
http://gigazine.net/news/20171008-inside-world-smelliest-factory/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




          No.545 “製品”と“商品”の違い




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■ “製品”と“商品”の違い ■



───────────────────────────────────



このメルマガを御覧になるほどでしたら今更の感がある“製品”と“商品”の
違い。


・製品とは、素材を加工して、製造した品物のこと。


・商品とは、売り物のこと。漬物に加工した茄子も、野菜としての茄子も、商品。


ですね?




以上。








で終わってしまっては、面白くも何ともありませんので(笑)、別の角度から
も切ってみましょう。



1)製品は、有形のみ/J・マッカシー教授の4P's(※ 3)


食料品、家電、衣料品といった製品には、姿かたちがありますから、目で見て
触れることができます。


たとえば、工場で完成したばかりの容器に入った液状の化粧品は、製品ですね?


その容器にボトルラベルを貼り、被包し、価格を付け、お客さまの目に触れる
ところへ並べて、お知らせして、はじめて、製品は、商品になります。


ご存じ、マーケティングの4P's(商品・価格・流通・プロモーション)です。


このように、Productは、製品と商品、両方の意味に使われます。



───────────────────────────────────


2)商品には、無形もある/F・コトラー教授の7P's



一方、商品には、有形のみならず、姿かたちのないサービス業も含まれます。


技術や接客といったサービスは、無形で、保存できず、品質を均一に保つのは
困難で、

前もって、試すことはできませんし、後で、取り返すこともできません。



たとえば、新婚旅行という商品は、目に見えませんし、保存できませんね?


晴れの日もあれば、雨の日もあります。暑い日もあれば、寒い日もあります。


旅館の仲居さんの体調や、観光タクシーの運転手さんの気分によって、品質は
変わります。人間ですもの、機械じゃありませんので。


その記念すべき旅行を、事前に試すことはできませんし、もう一度、まったく
同じ旅行を体験するのは不可能です。



旅行の他にも、金融、通信、理美容、観劇といった、形は無いけれども価値が
あるもの = 無形財は、商品です(製品ではなく)


ご存じ、サービス・マーケティングの7P's(8P's)です。


・Product		商品
・Price			価格
・Promotion		広告、広報、販促、営業
・Place			立地、チャネル、流通
・Physical Evidence 	ユニフォーム等の物的証拠(目に見えるもの)
・Process		提供方法
・People		スタッフ
・productivity and quality 生産性と品質の両立


コトラー教授は、サービスの中でも特に、士業へ向けて、一冊まとめています。
http://sensei-biz.com/professional_service_marketing_book

士業の先生方は、是非、ご一読なさったほうがいいと思いますよ。



───────────────────────────────────



3)製品も商品も、売っているものは無形(ベネフィット)/T・レビット教授
の「マーケティング発想法」(マーケティング マイオピア)


ご存じ、「ドリルを買う人が欲しいのは、ドリルではなく、穴である」の有名
な理論です。


もしも、まだ、ご存じないようでしたら、こちらの本を御覧ください。
https://bookmeter.com/books/548233


マーケティングマイオピアは、製品と代金を交換するのが商売であると信じて
疑わない人には是非とも知って頂きたい発想法です。


たとえば、一万円のゲーム機を販売しているとしましょう。

ゲーム機が売れれば、一万円が入ってきますから、売る側にとって大事なのは、
ゲーム機 = 製品ですね?


ところが、買う側(お客さん)は、ゲーム機という、製品が欲しくて、ゲーム
機を買うのではなく、


・遊びたいソフトがあるから
・一人の時間を楽しみたいから
・みんなが持ってるから
・ヒマだから

等々の欲求を叶えるために、ゲーム機を買うでしょう?


これこの通り、お客様が一万円を払うのは、ゲーム機という製品に対してでは
なく、

ゲーム機で得られるベネフィット(自分に良いこと)へ一万円を払うわけです。


そうなると、大事なのは、有形の製品でしょうか?

それとも、お客さんが求めている、無形のベネフィットでしょうか?


この発想法、もちろん無理強いするつもりはありませんが、意外と、知られて
いないようですよ?特に、地方では。



───────────────────────────────────



4)商品 > 製品(製品は、市場で売買される)/by筆者


ここまで(1~3)マーケティングの基本理論をご覧になってきて、お分かりの
通り、製品は、商品に含まれます。


製品は、市場で売れるからです。


嫁に喰わしちゃいけないくらい美味しい秋茄子であっても、収穫したままでは、
一円も入ってきませんが、

市場へ持って行って、商品として並べれば、お金と交換できます。

これすなわち、売上であり、商売です。


(前号の例を引用しますと)なので、メーカーによって、中身の同じ化粧品が
異なります。

工場を持ったメーカーA社が、自社で作った化粧品を\1,500で市場へ出していた
としても、


A社…\1,000 ← ファブレス
B社…\1,200 ← ファブレス

C社…\1,500 ← ファウンドリ

D社…\1,700 ← ファブレス
E社…\2,000 ← ファブレス


(ファブレス)メーカーE社が、A社から仕入れた同じ化粧品を、二倍の\2,000
で売っていることもあります。

化粧品は「安いから買う」とか「安いから売れる」商品ではありませんので。

その反対に、100円均一ショップで売っていることもあります。


このように、製品と商品は別の概念で、製品は、商品に含まれます。それを、

商品 = 製品

や、

商品 < 製品

と解釈してしまうと、プロダクト アウト vs マーケット インのような論争に
巻き込まれますので(笑)ご注意を。



“製品”と“商品”の違い、お分かりになりました?





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■マーケティング&ストローク■No.545 “製品”と“商品”の違い


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)interActive co.,ltd. & OgasawaraShoji.AllRights Reserved. 
> このメルマガは無料で読めます(が 著作権フリーではありません)
> 無断転載や二次利用を禁じます。流用する際は御相談ください


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 付 記 ■このメルマガを初めて御覧になる読者の皆さんへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガを「もっと読みたい」と思ったら、バックナンバーか、あるいは
http://archive.mag2.com/0000111010/index.html

こちらの書籍をご覧下さい。

中小企業基盤整備機構/中小企業庁他協力「あの会社が元気なのには理由がある」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no3.html

1テーマ見開き2ページでテーマごとに読める「売りこむな!期待をくすぐれ!!」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no2.html

マーケティングが推理小説になった「あなたが会社の利益を殺す犯人だ!?」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no1.html

幸せを数えよう「こんなに頑張ってるのにうまくいかない!!と思ったら読む本」
https://stroke-c.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

※このメルマガ『マーケティング&ストローク』の発行者が執筆した書籍です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ■□■ 提 携 誌 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ『マーケティング&ストローク』は

■ 売れたマーケティング、バカ売れの法則(売れたま!)
http://www.mpara.com/mag.htm

と提携しています。売れたま!は何冊もの本になっています。登録は今すぐ!


アマゾンが本を売り始めて以来十数年の歴史の中でビジネス書ベスト100」
を選んだ「オールタイムベスト ビジネス書100」
ow.ly/Cd7Hc

経営のすべてを顧客視点で貫く<社長の最強武器>戦略BASiCS
http://tinyurl.com/m6t2lsu


───────────────────────────────────
メルマガ『マーケティング&ストローク』では、提携誌を募集しています。
※高品質のマーケティングorストローク系メルマガと提携しています。提携の
目的や提携後の展望など審査は厳格ですので、予め御了承の上お申込み下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ メールマガジン相互紹介 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ『マーケティング&ストローク』では、相互紹介メルマガを募集して
います。ご希望の方は
https://0gasawara.blogspot.jp/1999/01/mailmagsogo.html
をご覧ください。(ご覧になっていないお申込みには返信できかねます)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■□■  メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト  ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターアクティブ・マーケティング
http://www.interactive-marketing.co.jp/
マーケティング・ストラテジスト小笠原昭治オフィシャルサイト
https://0gasawara.blogspot.jp/
ストローク・コミュニケーション
https://stroke-c.blogspot.jp/
このメルマガへ対するお問い合せ・質問・読後感想は
http://www.interactive-marketing.co.jp/cp-bin/phpformmail/
こちら↑の問合せフォームからメッセージをお寄せ下さい。メールアドレスは
interactive7marketing@gmail.com
※寄せられた応援メールやメッセージは↓このメルマガにてご紹介しています
(多い姓の上位1,000[人口の50%]のみ苗字を載せています)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ メ ッ セ ー ジ 紹 介 ■□■
───────────────────────────────────
※多い姓の上位1,000[人口の50%]のみ苗字を載せています
※個人を特定できそうな内容は省略しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



《Rさんより》


三度目のメールです。Rです。ご無沙汰してます。

10年前に独立して、一人で頑張ってきましたが、もう、持ちそうにありません。

マーケティング的には、どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。

PS
ファブレスメーカーの記事、とても参考になりました。真剣に検討中です。



───────────────────────────────────


《小笠原より》


メールありがとうございました。Rさん。

持ちそうにないとは、資金が払底するという意味でしょうか。


だとしたら、マーケティングよりも先に、ヒト・モノ・カネを動かす経営戦略
から先に見直してみて下さい。


Rさんの仕事も所在地も、まったく存じ上げませんが、10年間も一人で頑張って
こられたということは、ヒトを増やさない経営方針ですね?


それも一つの経営判断です。社員を増やせば、雇用その他いろいろな意味での
ヒトの問題と、給与等のカネの問題が、セットメニューで付いてきますからね。


その点、独りは楽です。


しかしながら、社長 = 従業員 = 独り 体制には、限界があります(特許料
や印税等の不労所得でも入らない限り)

そりゃそうですよね、一人が持てる体は一つ、時間は24時間ですので。


それらを、やりたい仕事のみ集中できれば楽ですが、そうは問屋が卸しません
(たとえば、新規の営業活動を怠っていませんか?)


その弱点を補うには、人材を増やすとか、ファブレスメーカーのように、一人
でコントロール可能な事業を興すとか、色々あります。


さあ、どうしましょうね?という(ヒトモノカネを動かす)経営判断です。


───────────────────────────────────

経営戦略ではなく、モノ(マーケティング)戦略に特化してでしたら(この欄
範囲で)2点だけ。


1.プロダクト

ライバルに奪われていませんか?他の商品や、流通が選ばれていませんか?
(たとえば、Amazon等のネット通販に、知らないうちに奪われていませんか?)


そういう意味で、ムリな商品(商圏)になってきたのかも知れませんよ?

それどころか、売れない商品を、売れると思い込み、売ろうとして、売れずに
悩む例はゴマンとあります。


自社に対し冷徹に見つめ直してみて下さい。

そして、マーケティング プロセス サイクルで、商品を再構築して下さい。
http://www.interactive-marketing.co.jp/cp-bin/3/form.html


2.プロモーション

このメルマガでも、何度も取り上げました通り、市場を拡大しようのない企業
(主にメーカーや大企業)を除く、ほとんどの企業の生命線は、営業活動です。


人脈といっていいでしょう。その数と質を、一刻も早く、回復して下さい。

無人島じゃ 商売 成り立ちませんからね。


既存客が多いようでしたら、まず、質から始めて下さい。

次に、数。間違いなく、減っているはずです。


増やす方法は、広告・販促・広報・営業(電話アポ等)の4つしかありません。

どれを選ぶも自由です。


では、健闘を祈ります。


(せめて、何屋さんとか、もう少し詳しい情報が分かれば、もっと的確に具申
できましたが、

業界が異なるファブレスメーカーやFC等の情報なくして進出するのは危険です。


死中に活を求めると陥ちがちな罠です。焦る気持ちは分かりますが、軽挙妄動
は慎んで下さいね?必ず、第三者へ相談しながら進めて下さい)



ご不安でしたら、筆者までメールを。
interactive7marketing@gmail.com




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          ■□■ 編 集 後 記 ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




10月上旬なのに「寒くて掛布団を出すなんて、初めてだよ」と驚いていました
が、中旬には、

・46年ぶりの寒さ(15°以下)を16日に記録

・1週間連続で20℃未満は31年ぶり

と、異例の寒さに、体調を崩されている方々が多いそうです。


ご自愛ください。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      メールマガジン ■ マーケティング&ストローク ■ 終

───────────────────────────────────


筆者:小笠原昭治(インターアクティブ有限会社/経営者連邦)
https://0gasawara.blogspot.jp/2001/12/blog-post.html


小笠原昭治の電子書籍を立ち読み(インプレス QuickBooks)
http://quickbooks.impress.jp/?p=878


小笠原昭治のメールマガジン“マーケティング&ストローク”
http://www.interactive-marketing.co.jp/co/mailmag.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「今日のメルマガは、あの人が気にしている内容だったっけ。そうだ!お役に
立つかもしれない。転送してあげよう!」

と、当マガジンを、知人や顧客へ転送すれば、貴重な接触機会が一回増えます
ね?

しかも、作る手間いらずでタダ。送信メールのサンプルは、

----------------------------

○○○○様

お世話になっております。△△△△です。

さて、早速ですが、○○○○様が、以前、このメルマガに書かれてある内容を、
http://archive.mag2.com/0000111010/index.html

お気になさっていたような記憶がありましたので、お役に立つかも知れないと
思い、メールを差し上げました。

ご休憩のひとときにでも、お楽しみ頂ければ幸いです。

△△△△拝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小笠原昭治のマーケティング&ストローク

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/10/25
部数 2,364部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

小笠原昭治のマーケティング&ストローク

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/10/25
部数 2,364部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング