日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

【アメリカ通信】SNS時代。350万人のデモは意味がない?!


カテゴリー: 2017年02月07日
┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2017年02月7日 SNS時代。350万人のデモは意味がない?!
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

▼奥山真司の「アメ通 LIVE!」|THE STANDARD JOURNAL 2
2017/02/07(火) 開場:20:57 開演:21:00
★ニコニコ動画 生放送★
http://live.nicovideo.jp/watch/lv287955053

★Youtubeライブストリーミング★
https://www.youtube.com/watch?v=9i7rh22yU1c

──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

おくやま です。

先週の放送でとりあげて好評だった、
NYタイムズ紙に掲載された意見記事の要約です。

--
【Youtube動画公開】
SNS時代。大規模デモの効果ってほんとうにあるの???
|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
|https://youtu.be/hvCqUaV7cz8
--

これもテクノロジーの進化のパラドックスですね。

抗議デモのような形のイベントは
SNSの発展によって以前よりも
簡単に組織できるようになったにもかかわらず、
それが実際の政治ムーブメントにつながるかどうかは
別問題、ということ。

ワイリーのいうように
「ランドパワーが決定権を持つ」
というわけではないのでしょうが、
やはり最後は地道な政治努力と
政策実現のための組織運営
というところに行き着くわけです。

さらに言えば、あらゆる政治組織の運営には、
やはり「利権」のような構造が必要になってくる、
とも言えます。

( おくやま )

====

デモの規模は本当に重要なのか?
by ジーナップ・トゥフェックチー

全米各地(と世界各国)で先月行われた
「女性の権利デモ」(the Women’s March)は、
おそらくアメリカ史上最大規模のデモとなったはずだ。
350万人が参加したという推測もある。

ということは、もちろん
何かしらの意義があったはずであろう。

ところが過去20年間に行われてきた
デモ行進を調査した人間として、
私はここでみなさんに
悪い知らせをお伝えしなければならない。

それは、デジタル時代のデモの規模は、
そのムーブメントの強さを測ることができるだけの
信頼に足る指標ではなくなっている、ということだ。
過去に行われたデモ行進の参加者数との比較は、
とりわけ誤解を生みやすい。

いまや「多くの人がひとつの場所に集まった」
というだけでは、そのデモの力を示すことにはならない。
むしろデモというのは、そのムーブメントの潜在力を
象徴しているだけなのだ。

自然界とのたとえから考えてみよう。

トムソン・ガゼルは草を食べている時に、
目的もなく突然高く飛び跳ねることがあるが、
これは捕食者に対して
「これだけ高く飛べるのだから速く走れます、
だから追いかけても無駄ですよ」と伝えている。

これと同じように、デモの参加者も
「われわれはこれだけ集まれるのだから、
本気だしたらどうなるかわかってますよね」
と発信していることになる。

ところが大規模なデモを開催するのは
以前よりもはるかに容易になってきている。

たとえば過去には大規模なデモのためには
少なくとも数ヶ月の準備期間が必要であった。
たとえば1963年の「ワシントン大行進」は、
その準備が9ヶ月前となる1962年12月から始めらている。

結果として25万人が集まったが、
それ自体は今日の同規模のデモよりも
はるかに多くの努力やコミットメント、
そして準備を象徴したものであった。

フェイスブックやツィッター、Eメール、携帯電話、
そしてクラウドファンディング無しで
そのようなデモを組織するということは、
まさに公民権運動のようなムーブメントの
強さと精緻さを必要としたのである。

最近の大規模なデモが、
政策面での実質的な結果につながらず、
期待はずれに終わっている理由はまさにここにある。

私は2003年2月に開催された
反戦デモにも参加したことがある。
このデモは当時において
世界中で行われた史上最大規模のデモであるとされ、
世界の600以上の都市で行われた。

私は「さすがにアメリカとその同盟国たちは、
これほどの規模のデモを無視するわけにはいかないのでは?」
と思ったが、ジョージ・W・ブッシュ大統領はデモを
「単なるフォーカス・グループによって行われたものでしかない」
として退け、実際にわれわれを無視して、
そのすぐ後にイラク戦争が始められたのだ。

ブッシュ大統領は、実際は1つの面で正しかったといえる。

デモの参加者たちは、ブッシュ大統領を
2004年の選挙で敗北させるまでの
政治的に力には変えられなかったからだ。

私は2011年の「世界占拠」デモにも参加した。

これは80カ国以上の1000都市以上で開催され、
これも当時の時点で再び史上最大規模となり、
テクノロジーの発展のおかげでもあって、
たった数週間で組織されたものだ。

ここでも私は、経済格差に対する
これほどの大規模な抵抗運動のおかげで
すぐに政治・経済面で
変化が起こると楽観視していたのだが、
やはり間違っていた。

前回と同様に、残念な結果にしかつながらなかったのである。

その後、世界中で似たようなデモが開催されているが、
いずれも実質的な成果にはつながっていない。

もちろんこれは、デモの重要性が失くなった
ということを意味するわけではない。デモはいまだに重要だ。

だがわれわれは、その捉え方を変えるできであろう。
近年のデモは、組織的な努力の成果として見るのではなく、
むしろその運動の、最初の潜在的な第一歩として捉えるべきなのだ。

今日の大規模なデモというのは、
1963年の「ワシントン大行進」ではなく、
どちらかといえばローザ・パークスが
バスで白人に席をゆずるのを拒否したという行動に近い。

つまり以前は「最終地点」だったものが、
現在は「最初の火花」になっている、ということだ。

デモの重要性というのは、以前にもまして
「その後に起こること」に左右されるようになったのである。

2009年のティーパーティー(茶会党)運動を思い出してほしい。
この時も全米の多くの都市に何十万人もの人々が集まり、
デジタルコミュニケーションの助けを借りて動員されている。

そして他のデモ(先月の「女性の権利デモ」も含む)と同じように、
これらはムーブメントへの支持を
象徴的な形で表明したものであり、
自分と同じような考えを持つ仲間と知り合うことのできる
「イベント」としての機能を持っていたのだ。

ところがティーパーティーのデモ参加者たちは、
自分たちの目指す政策を実現させるために
猛烈な働きかけをした。

それは、自分たちの支持する候補者を見つけて
予備選挙に出し、それに抵抗した共和党員に挑戦し、
政策のプロセスを見守り、ティーパーティーの方針から
はずれる政治家に圧力をかけることなどだ。

先週ノースカロライナ州で開催された
「女性の権利デモ」に私自身も参加したが、
その参加者の数の多さと行進する人々の
情熱の熱さに驚かされた。

ただし、これらのデモの参加者たちが
互いの連絡先を交換せず、
地元での戦略会合も開かなかったら、
その数の多さもティーパーティーの支持者たちが
2009年のデモの後に獲得したような
影響力を持つことはできないだろう。

当然ながら、ムーブメントを進める上で
参考すべきはティーパーティーだけではない。
ところが街をデモ行進するだけでは
何の結果も生み出すことはできないのである。

私が参加したノースカロライナ州のデモは、
「さあ仕事を始めよう」(Let’s Get to Work)
という歌をみんなで歌ってお開きとなった。
そして今日のデモにとって、この歌の題名ほど
よく当てはまるメッセージはないのである。

====
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼The 4th Turning(危機の時代)と戦略の階層
~未来予測と戦略CD~

------------------
※【Youtube無料動画】
奥山真司の『未来予測と戦略CD』
/「The Fourth Turning (危機の時代)と戦略の階層」
|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
https://youtu.be/1V69XMOJI_4
------------------

危機の時代が到来しました。

英国のEU離脱はじめ、世界秩序が変わろうとしてます。

米国ではついにトランプ政権が発足しました。
世界中で反トランプ運動が起きていますが、
世界では移民反対を唱える政党が力を増しています。

この本はトランプ大統領の出現そのものを
予測した書ではありませんが、
まさに、時代の転換期が来ることを予測したものです。

この本は奥山真司先生が翻訳をしてますが、
実際に書かれていることの一部を紹介すると・・・

●米国の歴史が80年周期で春夏秋冬4つの時代が一周する
●20年ごとに春夏秋冬があり、その4つの時代に特徴がある。
●現在は第4ターニングに入っており、冬の季節で危機の時代である。
●前回の危機の時代は80年前の世界大戦であった。

ということなどが書かれていますが、
1997年に出版されたこの本には、
実に恐るべき予測が書かれています。
それは・・・

http://www.realist.jp/the4thturning.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼「奥山真司のアメ通LIVE!」番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

RSSを登録する
発行周期 週刊、不定期
最新号 2017/08/14
部数 11,098部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

RSSを登録する
発行周期 週刊、不定期
最新号 2017/08/14
部数 11,098部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング