日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

【アメリカ通信】尖閣衝突の「前提」を考えよう(その3)


カテゴリー: 2012年08月17日
┠──────────────────────────────────
╋╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━
 ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信  ┃ http://www.realist.jp
━╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━┯━━━━━━━━━
 ├ 2012年8月17日 ■ 尖閣衝突の「前提」を考えよう(その3) ■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

前回までは日中間の懸念である
尖閣諸島での衝突を考えるための六つの「前提」のうちの
「第一」と「第二」を考えてみた。

---
▼尖閣衝突の「前提」を考えよう(その1)
http://archive.mag2.com/0000110606/20120805072509000.html
▼尖閣衝突の「前提」を考えよう(その2)
http://archive.mag2.com/0000110606/20120811080504000.html
---

ここでもう一度、今シリーズのテーマである
「六つの前提」を提示しておくので、
あらためて全体像を思い出してほしい。

---------------------------------------------------
(1)「尖閣を巡る日中間の衝突は必ず起きる」
(2)「中国は米国との直接対決は出来るだけ回避する」
(3)「中国は"抵抗最弱部位"を狙ってくる」
(4)「中国はあくまでも政治的に動く」
(5)「実は現場レベルでは統制が取れていない」
(6)「日中衝突の展開を厳密に予測することは不可能」
---------------------------------------------------

それでは、引き続き「第三」と「第四」の前提の二つを考えてみたい。

              -*--*--*-

三つ目の「前提」は、「中国は抵抗最弱部位を狙ってくる」というものだ。

この「抵抗最弱部位」というものだが、元々は医学用語である。
これをラテン語でいうと
「ローカス・ミノーリス・レジステンティエ」(locus minoris resistentiae)
となるのだが、これは身体の中の抵抗力が最も弱い部分のことだ。

たとえばケガなどで膝に古傷がある人は、
雨になるとシクシクと痛みを感じるという現象があるが、
これは、その古傷の箇所が「抵抗最弱部位」になっているからである。
人間の身体は、そのもっとも弱い部分から先に疾患が現れるのだ。

私の分析は、中国側の政策レベルでの意図は
相手国の最も弱い部分への浸食である。
つまり、これは「抵抗最弱部位」概念が
そっくりそのまま当てはまるということだ。

このことは、近年、南シナ海で実効支配を進める
中国の動きにも如実に現れていると言えよう。

中国側の動向については、米国も強い関心を示しており、
たとえば、二〇〇六年に発表された
「四年ごとの軍事見直し」(QDR)では、
アメリカが今後直面するであろう脅威を、
以下のような四つのタイプにわけて説明している。

(1)非正規型(テロやゲリラなど)
(2)壊滅型(“ならず者国家”の崩壊/大量破壊兵器の流出など)
(3)混乱型(米軍の弱点を重点的に突いてくる攻撃)
(4)伝統型(旧ソ連のような新たな軍事大国の出現)

そして、中国から脅威はこの中の(3)の「混乱型」であり、
具体的にはサイバー攻撃や通信衛星の破壊など、
あくまでも米軍の弱点を突いてくるというのだ。

具体的には、中国は低コストで最も効率よく
効果を発揮することを狙っており、
しかも「破壊」よりもむしろ「機能のマヒ」を狙った作戦で
攻撃してくるものと見込まれている。

つまり、中国は「非対称戦」を仕掛けてくるという想定である。

しかもこのような戦い方を、
中国自身が「暗殺者の棍棒」(assasin's mace)
という名称で呼んでいるくらいなので、
このような「想定」は、
アメリカの一方的な思い込みでは決してない。

二〇一〇年九月に尖閣諸島沖で
日本の海上保安庁の船と中国の漁船の間で起こった
衝突事件からも暗示されるように、
民間人や民兵(便衣兵)などを先鋒とする、
非正規的な「低劣度」の戦いを
中国側が仕掛けてくることも想定できるのだ。

自衛隊でも、武装した漁民が尖閣を占拠する
というシナリオの奪還作戦を図上演習しているらしいが、
これらもすべて相手の弱い部分(抵抗最弱部位)へ浸透する
という戦術に対する対抗策であると考えれば、
きわめて納得がいくものだ。

              -*--*--*-

四つ目は、「中国は極めて政治的な手段を使ってくる」というものだ。

政治でとりわけ重要なのは「正統性」(レジティマシー)である。
歴史的にみても、自国内ですら血みどろの争いを演じてきた中国人は、
内外に対するこの「正統性」の確立についての感覚が、
日本などよりもはるかに鋭い。

典型的な例が、歴史問題である。

中国はこれを強調することで、実は、中国こそが戦後の世界で
最も植民地主義的な政策を周辺地域(チベッとや満州地域など)
に押し付けていたという事実を隠している。

「自分たちが植民地主義の被害者であり、日本はその加害者である」

という構図を描きつつ、
ひたすら自分たちが弱者であるかのように宣伝して、
自国側に「正統性」があることを強調するのだ。

たとえば、私が下記のブログエントリーで紹介した
中国寄りの識者の見解では、
「日本の植民地支配」というコンテクストを強調しつつ、
日本の尖閣領有には「正統性」がないということを論じている。

▼尖閣諸島:中国側の識者の視点:『地政学を英国で学んだ』
  http://geopoli.exblog.jp/18790754/

このように、中国は極めて「政治的」な計算の上で、
国際世論に自分たちの「正統性」を訴えかける戦術を用いる。

そして、意外に思われる読者の方がおられるかもしれないが、
極めて残念なことに、欧米メディアですら、
中国のこの狡猾な策略に乗せられてしまっていることが多々ある。

国家間の政治というものは、軍事力を中心とした
「ハードなパワーの争い」という一面も確かにあるが、
特に近年では、「政治宣伝戦」という要素が増々強くなってきている。

このような危険なビジネスが展開される世界で
我々日本人は、このポイントを強く認識しておかなければならない。

そうでないと、いつまで経っても外交で現場での
日本側の主体的な発信力は上がらず、
交渉相手から足元を見られ、
常に外部要因に振り回され続けることになってしまうからだ。

              -*--*--*-

さて、このまま残りの二つを論じてゆくには、
今回も紙面が尽きてしまったので、
次回も引き続き「前提」の最後の二つを論じることにしよう。

(5)「実は現場レベルでは統制が取れていない」
(6)「日中衝突の展開を厳密に予測することは不可能」

この二つについて、読者の皆さんもご自身の頭で
ぜひ冷静に「想定」を立ててみてほしい。

(おくやま)

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---

■■■        ■■■
■■奥山真司プロフィール■■

横浜生まれ。日本の高校を卒業後、
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に入学。
地理学科および哲学科を卒業。
英国レディング大学大学院戦略学科で修士号及び博士号を取得。
コリン・グレイに師事した。戦略研究学会会員。
米国地政学研究家。戦略学博士

・筆者ブログ「地政学を英国で学んだ」
http://geopoli.exblog.jp/

・奥山真司Twitter
http://twitter.com/#!/masatheman

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━< >━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

(編集後記)

「アメ通」読者の皆様、こんにちは。

さて、今回の「アメ通」は如何でしたでしょうか?
壮大なシリーズになってきた「想定」シリーズですが、
来週、いよいよ完結です。(のはずです…(笑))
乞うご期待です。

今回も、南シナ海の話題が少し出ましたが、
今週の「アメ通」編集会議の席上、
この件に関連したとても面白いお話があったので、
おくやまさんに内緒で(笑)、
あとで、Facebookページのほうにポストしておきますね。

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

              -*--*--*-

今回は、もう一つお知らせがあります。

好評発売中の、おくやまさんの新刊、

▼「世界を変えたいなら一度”武器”を捨ててしまおう」
 奥山真司( http://goo.gl/cQk89 )

今週も、管理人は密かに本屋さんを
リサーチ巡りしておりまして、どの本屋さんでも、
かなり目立つところに並べて頂いているようで、
その前で、ひとりほくそ笑んでおります。(笑)

おくやまさんは「武器を捨てよ!」と、
リベラリストのような暴論(笑)を主張しているわけですが、
徒手空拳では、過酷なこの世界ではサバイバルしてゆけません。
ですので、管理人はいつもおくやまさんに
「再軍備しましょう!」と突き上げているわけですが(笑)、
そんなおくやまさんが、なぜ今回のような異色の本を出版したのか?

その真意をじっくり聞いてみたくないですか?

ということでして…実は…

「世界を変えたいなら一度”武器”を捨ててしまおう」
出版記念講演会を開催することが決定いたしました!

9月23日(日)の午後から東京都内で開催致します。
現在、講演内容をおくやまさんと共にキッチリ練っております。
アメ通読者の皆様が
思わずニヤリとしてしまうような内容を考えておりますので、
乞うご期待下さい!

9月23日(日)の午後:東京都内 です。

講演会開催まで後一ヶ月、管理人も
おくやまさんには「再武装」して講演会に"参戦"してくれるよう、
精一杯頑張ってお願いしておきます!(笑)

(「アメ通」管理人)

▼『管理人Twitter』
https://twitter.com/#!/crfpfj

▼FacebookPage:リアリスト評議会「アメリカ通信」
 https://www.facebook.com/realist.jp

※「アメリカ通信」の転載・引用は常識的な範囲内でお願いします。

※全文転載等のご希望、また、奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

┠──────────────────────────────────
╋╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━
 ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信  ┃ http://www.realist.jp
━╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━┯━━━━━━━━━
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

RSSを登録する
発行周期 週刊、不定期
最新号 2017/10/12
部数 11,027部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

RSSを登録する
発行周期 週刊、不定期
最新号 2017/10/12
部数 11,027部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング