日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

サンプル誌


片岡鉄哉のアメリカ通信【LITE版】no.1


1996年の台湾海峡ミサイル危機の時のことだ。大統領は民主党のクリントン。
前年の暮れに中国の警告射撃があり、着弾したのは台湾と沖縄の中間地点。
これは日本に対する警告で、「戦争になったら介入するな」というのだ。
	
	年があけると、橋本龍太郎が村山富市首相を更迭した。
後日、知ったことだが、村山は敵前逃亡したのだった。
	
	フーバー研究所の同僚たちの間で、クリントンに任せておいては
日本が危ないという主張が出てきた。主導者はCIAの directorate と呼ば
れる理事会のメンバーを務めたことのある男だ。Mと呼ぼう。
	
	Mは日本が政策転換点に到達したと考えた。非核三原則は破綻し
ている。Mは日本の世論を喚起すべく、国際会議をフーバーで開くことを
提案した。彼は「ブレトンウッズ会議の再現だ」と、この会議を定義した。
	
	ブレトンウッズ会議は1944年に、ニューハンプシャー州のブレト
ンウッズで開かれ、第二次大戦の戦後秩序をつくるものだった。ここで世界
銀行、IMF、GATTなどが生まれた。
Mはこの会議に匹敵する新しい秩序をつくろうというのだった。
	
	日本核武装を支持している私は幹事となって、日本の政財界にさ
ぐりを入れる役を買って出た。しかし日本の指導者たちと接触した結果は
全く失望させるものだった。核は完全なタブーで、複数の元首相をふくめて
誰もタッチしない。
	
	会議の構想が失敗した時、Mは私の書いている本の題を提唱した。
"Death by Constitution" がいいだろうというのだ。death by hanging と
いうのは絞首刑である。だから憲法による処刑とでも訳するのか。
	
	恐るべき国である。


亡国の民は逃げるしかない
核戦争の前兆を読めるか
	
	国家はわれわれを守ってくれない。となると市民は逃げるしかない。
私は、もう年だし逃げる気はない。いや核戦争の修羅場を見たいとも思っている。
しかし逃げるとすれば、どうして前兆を見つけるのか。
	
	日本の新聞は甘くて頼りにならない。市民が拉致されても、コメを贈与
しようというのだから、真実は教えてくれない。いや、無知なのだ。ヨルダン空港
に爆弾を持ち込んだのは日本の新聞記者だ。
	
	アメリカのメディアに頼るしかないだろう。上記したタイムズ記事の
著者は、デイヴィッド・サンガーというワシントン市局長の大物記者であり、
重大なニュースを担当する男だ。彼は被弾する対象として、日本と在日米軍を
挙げている。韓国には言及していない。北朝鮮は韓国を攻撃しないだろうという
前提である。
	
	1994年、クリントンと金日成がにらみ合いをしたことがある。日本では
羽田内閣だった。あの時、米軍が戦争を予期しているという兆候が見えた。それは
米軍の家族が大挙して避難したことである。私はこれが一番たよりになる前兆だと
考える。
	
	アメリカ市民が逃げ出したら一触即発と見るべきだ。

	「諸君!」八月号に「たった二回」という私の論文が載っています。
核武装に関する特集の一部です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            片岡鉄哉のアメリカ通信 Lite版
  
これはLite版です。もっと頻繁に、もっと早く片岡からの通信が
ほしい方は以下のサイトにアクセスください。
   E-mail   kataoka@zak.att.ne.jp        
    URL    http://home.att.ne.jp/apple/america/ 

           ※掲載記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

RSSを登録する
発行周期 週刊、不定期
最新号 2017/04/22
部数 11,231部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング