篆刻メルマガ「篆刻通信」

篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)


カテゴリー: 2016年08月30日
■□■□■□■
■篆刻通信 第95号 2016年08月30日発行 (不定期発行)
■□■□■□■                 配信読者数:746
■発行:篆刻研究 書研印社         編集:吉永隆山
■□■□■□■
http://www.sho-ken.com/
http://blog.livedoor.jp/tenkoku1/
http://tenkokuryu.exblog.jp
---------------------------------------------------------------------
■篆刻をもっと知りたい、やってみたい人のためのメールマガジン
■目次
・ツイッター、フェースブックやっています
・展覧会
・篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)
・吉永隆山篆刻教室

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

ツイッター、フェースブックやっています
---------------------------------------------------------------------
 Twitterツイッターやっています。@tenkoku1です。あまり面白いことはつ
ぶやかないのですが、概ね篆刻関係のつぶやきですので、よろしければ見て
ください。
以下リンク
http://twitter.com/tenkoku1

 フェースブックは「吉永隆山」で検索ください。 

---------------------------------------------------------------------

展覧会
---------------------------------------------------------------------
★10月6日(木)~11日(火)
芳林小品展=吉永出品
横浜桜木町・
ゴールデンギャラリー・守玄斎

---------------------------------------------------------------------

篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)
--------------------------------------------------------------------- 
 特に朱文印の場合、その辺縁(輪郭)処理というのは篆刻作品としての表現
に大きなウエイトを占める。小生HPの「ちょっと高度な篆刻講座」にも若干
この点にもふれているが、今回はもっと詳しく述べたい。
★「ちょっと高度な篆刻講座」
http://www.geocities.jp/shokeninsha/sub4.htm

 篆刻というのは、朱文印、白文印にかかわらず、当然のことだが、大きさが
既定されている。例えば漢の時代の1寸である8分角(2.3〜2.5cm角)
のようにーーーーこの小さな面積が、大相撲に例えれば、土俵ということにな
る。この大きさの規制を受けるという点が篆刻の最大の特徴ということになる。
よく言う「方寸の世界」である。大相撲も土俵の中で取っているから「面白い」
のであって、グランドみたいな広いところでは醍醐味が失われてしまうだろう。
同様に、篆刻はこの小さな空間における表現が「面白い」ということになる。

 朱文印においては、当然その大きさを既定するものが辺縁(輪郭)である。こ
の朱文印における辺縁を考える上で、忘れてはならない先駆者は清代の呉昌碩
である。封泥を研究して、それを取り入れたということだ。ほとんどの篆刻の
本には封泥も呉昌碩の作品も載っているので、見比べてみよう。どうでしょう
かーーーーこういう目習いは重要である。

 呉昌碩の朱文印を眺めていると、その特徴が浮かび上がってくるであろう。
ある印を見ると、下の辺は太く安定し、上の辺はほとんど残っていない。左右
はというと、右の辺は取り去られて下方に短い線を残すのみ、左の辺は左の文
字の左一画によって代用されている(借辺)。特に小型印の場合、この借辺を
上手く使うと表現の幅は広がる。

 この辺縁についてトウ散木(メルマガ配信では字が表記されないのでカタカ
ナ表記したが、トウはトウ小平のトウ)著の「篆刻学」では「朱文印には闊辺
(辺の広いもの=太いもの)と細辺があり、闊辺のものは、その印文は四面に
空処が多く、細辺のものは、その印文は一面が辺に逼(せま)っているもの、
二面が辺に逼っているもの、三面が辺に逼っているものなどの諸種がある。」
と記されている。まあ、太い辺縁の場合は文字と離し、細い場合はいろいろあ
る、ということであろう。そして、「朱文印にはまた辺縁の軽重で恰好をつけ
るものがあり、大抵は二重二軽のものが多い。」と記している。これも、「重」
とは太い辺で、「軽」とは細い辺である。二辺が太く、二辺が細い(二太二細)
を二重二軽と言っているわけだ。さきほど例に挙げた呉昌碩の朱文印は三軽一
重(三細一太)ということになる。

 まあ、実作ではトウ散木が言っているスタンダードな形、二重二軽を意識す
るとよい。

-----------------------------------------------------------------
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
吉永隆山篆刻教室
http://www.sho-ken.com/t-koushu.htm

★東京・新宿
(JR大久保駅より3分、新大久保駅より5分・「キョー和」となり)
毎月 第2、4土曜日10時~11時半と11時半~13時
教室案内リーフレットを「キョー和」新宿店ラックに置いております。

★横浜・上大岡など
毎月 第1、3日曜日10~11時半

★吉祥寺産経学園 第2土曜日 16~18時半

★通信教育

★1回体験講座 随時
体験で1文字印を刻り、お持ち帰りいただきます。
http://www.sho-ken.com/1kai.htm

★<初心者向3回完結講座>新宿・大久保にて、
一昨年、昨年と例年秋に開催、今年は開催未定
http://blog.livedoor.jp/tenkoku1/archives/52024463.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
==================================================================
【記事の無断転載等を禁じます】
==================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ 
を利用して発行しています。
第95号までの総発行数30868部

篆刻メルマガ「篆刻通信」

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2016/08/30
部数 730部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

篆刻メルマガ「篆刻通信」

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2016/08/30
部数 730部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング