篆刻メルマガ「篆刻通信」

篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)


カテゴリー: 2016年08月30日
■□■□■□■
■篆刻通信 第95号 2016年08月30日発行 (不定期発行)
■□■□■□■                 配信読者数:746
■発行:篆刻研究 書研印社         編集:吉永隆山
■□■□■□■
http://www.sho-ken.com/
http://blog.livedoor.jp/tenkoku1/
http://tenkokuryu.exblog.jp
---------------------------------------------------------------------
■篆刻をもっと知りたい、やってみたい人のためのメールマガジン
■目次
・ツイッター、フェースブックやっています
・展覧会
・篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)
・吉永隆山篆刻教室

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

ツイッター、フェースブックやっています
---------------------------------------------------------------------
 Twitterツイッターやっています。@tenkoku1です。あまり面白いことはつ
ぶやかないのですが、概ね篆刻関係のつぶやきですので、よろしければ見て
ください。
以下リンク
http://twitter.com/tenkoku1

 フェースブックは「吉永隆山」で検索ください。 

---------------------------------------------------------------------

展覧会
---------------------------------------------------------------------
★10月6日(木)~11日(火)
芳林小品展=吉永出品
横浜桜木町・
ゴールデンギャラリー・守玄斎

---------------------------------------------------------------------

篆刻技法講座 朱文印の辺縁処理(改訂)
--------------------------------------------------------------------- 
 特に朱文印の場合、その辺縁(輪郭)処理というのは篆刻作品としての表現
に大きなウエイトを占める。小生HPの「ちょっと高度な篆刻講座」にも若干
この点にもふれているが、今回はもっと詳しく述べたい。
★「ちょっと高度な篆刻講座」
http://www.geocities.jp/shokeninsha/sub4.htm

 篆刻というのは、朱文印、白文印にかかわらず、当然のことだが、大きさが
既定されている。例えば漢の時代の1寸である8分角(2.3〜2.5cm角)
のようにーーーーこの小さな面積が、大相撲に例えれば、土俵ということにな
る。この大きさの規制を受けるという点が篆刻の最大の特徴ということになる。
よく言う「方寸の世界」である。大相撲も土俵の中で取っているから「面白い」
のであって、グランドみたいな広いところでは醍醐味が失われてしまうだろう。
同様に、篆刻はこの小さな空間における表現が「面白い」ということになる。

 朱文印においては、当然その大きさを既定するものが辺縁(輪郭)である。こ
の朱文印における辺縁を考える上で、忘れてはならない先駆者は清代の呉昌碩
である。封泥を研究して、それを取り入れたということだ。ほとんどの篆刻の
本には封泥も呉昌碩の作品も載っているので、見比べてみよう。どうでしょう
かーーーーこういう目習いは重要である。

 呉昌碩の朱文印を眺めていると、その特徴が浮かび上がってくるであろう。
ある印を見ると、下の辺は太く安定し、上の辺はほとんど残っていない。左右
はというと、右の辺は取り去られて下方に短い線を残すのみ、左の辺は左の文
字の左一画によって代用されている(借辺)。特に小型印の場合、この借辺を
上手く使うと表現の幅は広がる。

 この辺縁についてトウ散木(メルマガ配信では字が表記されないのでカタカ
ナ表記したが、トウはトウ小平のトウ)著の「篆刻学」では「朱文印には闊辺
(辺の広いもの=太いもの)と細辺があり、闊辺のものは、その印文は四面に
空処が多く、細辺のものは、その印文は一面が辺に逼(せま)っているもの、
二面が辺に逼っているもの、三面が辺に逼っているものなどの諸種がある。」
と記されている。まあ、太い辺縁の場合は文字と離し、細い場合はいろいろあ
る、ということであろう。そして、「朱文印にはまた辺縁の軽重で恰好をつけ
るものがあり、大抵は二重二軽のものが多い。」と記している。これも、「重」
とは太い辺で、「軽」とは細い辺である。二辺が太く、二辺が細い(二太二細)
を二重二軽と言っているわけだ。さきほど例に挙げた呉昌碩の朱文印は三軽一
重(三細一太)ということになる。

 まあ、実作ではトウ散木が言っているスタンダードな形、二重二軽を意識す
るとよい。

-----------------------------------------------------------------
┏PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
吉永隆山篆刻教室
http://www.sho-ken.com/t-koushu.htm

★東京・新宿
(JR大久保駅より3分、新大久保駅より5分・「キョー和」となり)
毎月 第2、4土曜日10時~11時半と11時半~13時
教室案内リーフレットを「キョー和」新宿店ラックに置いております。

★横浜・上大岡など
毎月 第1、3日曜日10~11時半

★吉祥寺産経学園 第2土曜日 16~18時半

★通信教育

★1回体験講座 随時
体験で1文字印を刻り、お持ち帰りいただきます。
http://www.sho-ken.com/1kai.htm

★<初心者向3回完結講座>新宿・大久保にて、
一昨年、昨年と例年秋に開催、今年は開催未定
http://blog.livedoor.jp/tenkoku1/archives/52024463.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
==================================================================
【記事の無断転載等を禁じます】
==================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ 
を利用して発行しています。
第95号までの総発行数30868部

ついでに読みたい

篆刻メルマガ「篆刻通信」

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2016/08/30
部数 739部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング