ブラウザスケジューラー

ブラウザスケジューラー(390)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
     ↑ まぐまぐ広告 ↑
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲ここから上と、下部の「↓ まぐまぐ広告 ↓」より下の部分には、発行時に
 メールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」からの広告が自動で入ります
 (読者へ届くメールのみ。バックナンバー表示ページには表示されません)。
 私が広告内容を作成しているわけではありません。(巴かずみ)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【「ブラウザスケジューラー」メールマガジン(390)】

【エディタで編集、ブラウザ閲覧のデジタル・リフィル】

・「ベクター」ダウンロードページ(「その他 全OS」>「データ」>「パーソナル」>「カレンダ」)
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an034295.html

・「Seesaa(シーサー)ダウンロード」ページ(アプリケーション>スケジュール管理)
http://download.seesaa.jp/contents/win/app/schedule/14018/

ブラウザスケジューラー/ダウンロード・リンク(2016年リフィル Ver.14.0)
(【1年1650円。無料試用1ヶ月】)
【注:ダウンロードするリンク↓】従量通信ではクリックしないでください。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034295/browserscheduler/B2016.zip
・「ベクター作者ホームページ」(ウィンドウズ用:1.07MB・解凍時2.93MB)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

説明書22(1)【週計算】

「月計算」と「週計算」は1ヶ月ぶん、ひとつのファイルにまとめられています。
一番上の灰色の表が「月計算」、その下の水色の表が「週計算」(A~F週)。
F週までない月は、E週まで表示されます。最初の週には前月の日付も表示され
ますが、最終週には次月の日付は表示されません
(「月計算」の各週表示には、その週の前月・次月の日付も表示されます。が、
合計には前月分は含まれません)。

【ファイル】……「00COVER」フォルダの「金201701.HTM」~「金201712.HTM」。
  2017年1月から2017年12月。ひと月1枚。壁紙設定はありません。
  背景色がその月の色になっています。

【専用起動ファイル(フレームのみ)】……「00COVER」フォルダの
 「金201701.HTM」~「金201712.HTM」。
  表計算には、インラインフレーム起動ファイルはありません。

「表計算」ファイル内にはジャンプリンク、表計算切り替えリンク、「カバー」
 へのリンク以外のリンク記述はなく、
「カバー」の各月の「(計)」リンクから、別ウィンドウで起動します。

「日」リフィル(A)左側の計算式と、各日の累計出費計算を月曜から日曜まで、
1週間ぶん(月の最終週に、次月最初の枠は表示されません)。
お金の減り具合を日ごとに確認でき、使い方の流れを見ることができます。

あらかじめ、額がわかっている出費は、入力しておいてもいいですね。
「日」リフィルに記述した出費明細を見て表計算に入力するわけですが、
疲れてる日など、レシートの内容入力は後日にしておいて、分類出費数値
だけを合計して「日」リフィルに記入し、表計算入力だけしておく方法も
あります。出費累計や所持金残を把握しながら一週間を過ごせます。

◎「週計算」のA週最初に前月分がある場合、そこは入力できない白枠となり、
 前月の保存内容が読み込まれます。
 2017年1月表計算は初回のため、2016年12月最終週の分も入力
 できるようになっています(月計算の週合計には12月分は足されません)。

(2)【枠の内容】

横7列×縦8段(月曜~日曜)。
右列(チャージ、所持金残などの列)は、入力後、横方向へカーソルが移動し、
それ以外の枠は下へカーソル移動します(一番下まで来たら、次は、その右列の
一番上にカーソル移動。
入力できない白枠も、エンターキーで次の枠へ移動できるところがあるので、
現金出費入力後に何度かエンターキーを押し続ければ、電子マネー入力枠へ
カーソル移動できます(マウスでカーソルを入れ直すのが面倒な場合))。

左側1番めの縦列は「日付(月曜~日曜。祝日の場合、曜日の下に「祝」)」、
1段め:その日の「★全合計(■分類1+◆分類2)」(★マークは省略。狭いので)、
2段め:その日の「■分類1合計」曜日、3段め「◆分類2合計」(祝)。
左端の日付が祝日の場合、曜日の下に「祝」という字が入っています。

左下の「借」は、クレジットカード等のキャッシングや、人にお金を借りた
時に入力(その週、複数回借りた場合、合計額を入力)。
その下の「預」(白枠)は、一週間の預金額合計(この場合の「預金」は、
貯金や定期預金ではなく、手持ち金から口座に預け直した額。口座移動した
ことをわかりやすくするための合計枠。右列の「預」入力枠をひとつひとつ
見なくていいように)。

【注】「週計算」のA週は、前月分も含めた合計になりますが、「週計算」の
「借」と「預」だけは、前月分は含めません。

「借」(ピンク枠)は、「後払い」以外の、現金の借金。
借りた日の「±」にも同じ額をプラス入力し、所持金残額を合わせます
(現金で借りた場合)。
(「G+」(現金収入)には記入しません。借金は収入ではないので別扱い)
口座入金で借りた場合は、「借」に入力した額を「月計算」の「座±」にも
プラス入力して口座残額を合わせます(複数回借りた場合、合計額を入力)。

A週の「借」入力枠には、A週に表示された前月分の借金は入力しません
(その月の分のみ入力)。

☆キャッシングで(あるいは誰かから)2万借りて、1万5000を口座に、
 5000を手持ち金に加える場合。
→「週計算」の「借」枠に20000、借りた日の「±」枠に5000、借りた日の「座±」に15000。

☆キャッシングで(あるいは誰かから)2万借りて、(口座には入れず)2万
 全部を手持ち金に加える場合。
→「週計算」の「借」枠に20000、借りた日の「±」枠に20000を入力。

☆キャッシングで(あるいは誰かから)2万借りて、2万を口座に加える
 (口座に入金された)場合。
→「週計算」の「借」枠に20000、借りた日の「座±」枠に20000を入力。

☆口座収入(給料など)と、借りたお金の両方が同じ日にある場合、口座収入額と、
 借りた分で口座に入れた額だけ足した額を「座±」に入力し、借りたお金の額を
 「借」にも入力。

☆「±」枠への前残入力は、必ずしも1日(ついたち)でなくても、どの日から
 でもよいです。
 所持金を数えたのが1日(ついたち)でなかったり(うっかり数え忘れたとか、
 小銭が多くて数えるのイヤな気分。とか)しても、
 小銭の少ない日の夜(その日の現金の動きが終了した時点)に数えて、差額を
 その日の「±」に入力します。

 すでに前残調整してある場合、誤差は小さいですが、最初に入力する時は
 大きく違っています。
 調整日までの現金出費入力をすべて済ませてから調整します。
 まだ現金関連枠を入力してなくて「残」が「0」(ゼロ)と表示されている場合、
 実際に数えた所持金残を入力します。

 1日~4日までの出費入力がしてあっても、残額調整を5日に実施してもよい
 です。1日~4日までの残額がマイナスになってしまいますが、調整日以降の
 残額が正しければいいので。

 出費入力を先にして「残」がマイナスになっている場合、
 「調整日の所持金残(実際に数えた額)」に、
 「調整日の「残」枠の<strong>マイナスを省いた数値</strong>」を足した額を、
 調整日の「±」にプラス入力すると、「残」が、実際に数えた額と合います。

 「調整日の「残」枠が「-1000」になっていて、実際の所持金残額が500の場合、
 1000+500で「±」に1500を入力すると、「残」が500と表示
 されます。
 細かい数値の場合、暗算できなければ、「計算」ファイルで計算し、結果を
 マウス右クリックのコピーを使ってコピーし、「±」枠にペーストします。

☆「週計算」には、「出 計」(「口座から現金を引き出した、その週の合計額)
は表示されません。「月計算」の各週に表示されます。
(一週間に何度も引きだすことは少ないと思われるので週合計枠は省きました)


・左から2番めの縦列(薄い水色)は、その日の 「*現金出費・全合計」
(一つめの段。スペースが狭いので、「★」でなく「*」マーク。
「*」は、かけ算に使われる記号ですが、かけ算「×」という意味ではありません)
=「その日の ■分類1現金出費合計」(二つめの段)
+「その日の ◆分類2現金出費合計」(三つめの段)。
一番下の白枠(「現金出費」と書いてある下)は、
=「一週間の■分類1現金出費合計」。
+「一週間の◆分類2現金出費合計」。
下2段の合計2枠は、その週だけの合計。累計ではなく。


・左から3番めの縦列(肌色)は、その曜日の「*電子マネー出費・全合計」
=「その日の ■分類1電子マネー出費合計」(二つめの段)
+「その日の ◆分類2電子マネー出費合計」(三つめの段)。
一番下の白枠(「電子マネー」と書いてある下)は、
=「一週間の■分類1電子マネー出費合計」。
+「一週間の◆分類2電子マネー出費合計」。

・左から4番めの縦列(オレンジ色)は、その曜日の「*口座出費・全合計」
=「その日の ■分類1口座出費合計」(二つめの段)
+「その日の ◆分類2口座出費合計」(三つめの段)。
一番下の白枠(「電子マネー」と書いてある下)は、
=「一週間の■分類1口座出費合計」。
+「一週間の◆分類2口座出費合計」。

「口座出費」枠には、前月以前に発生した「後引」、翌月以降支払いの
「後払い引落」を含めない額(その月に発生して、その月に引き落とされる
口座引落額のみ)を入力。
口座からの「振込」も、口座出費になります。
所持金からの「振込」は、現金出費になります。

左から5番めの縦列(ピンク色)は、その曜日の「*後払い出費・全合計」
「■分類1後払い出費合計」「◆分類2後払い出費合計」。
(クレジットカードの他に、クレジットカードを使用しないローン(分割払い)、
後払いの買い物なども含む)
(ローン発生した時点で全額を出費分類。毎月の支払いは翌月以降の「後引」
(後払い引落)に入力)
一番下の「c」枠は「一週間の次月チャージ合計」。
一番下の「後払い計」枠は、一週間の後払い額合計。

クレジットカードを使わない後払いの買い物も、「後払い」枠に入力。
手続きだけでまだ支払ってない後払い購入全額を「後払い」枠に入力。

左から6番め(右から2番め)の縦列は、

・「座±」(オレンジ枠)は、その日、口座にプラスマイナスされた額を入力。
 給料、口座入金の借金、オークション売上、積立金(マイナス入力)など。

 現金引出は「座±」でなく、「出」枠に入力します(でないと、所持金に
 プラス計算されない)。所持金から口座に預けた額は「座±」でなく、「預」
 枠に入力します。
 当月チャージ口座引落は、「座±」でなく、「Tc」に入力します。
 次月チャージ口座引落(前月以前にチャージした分が次月以降に請求されて
 口座引落される額)は、「座±」でなく、「後引」に入力します。
 (次月チャージ口座引落は、チャージした日の「Jc」に入力しますが、
 後日、引落日が来た時には、その額を「後引」に入力します)
 口座分類出費は「口座出費」列に入力。

 口座残高の初期設定は、「座±」枠でおこないます。「所持金残」調整と同じく、
 その日の残高に「座残」の数値が合うように「座±」に足します。
 口座出費などを入力していて「座残」がマイナスになっている場合、
 「調整日の口座額」に、
 「調整日の「座残」枠の<strong>マイナスを省いた数値</strong>」を足した額を、
 調整日の「座±」にプラス入力すると、「座残」が、実際額と合います。

・「後引」(ピンク枠)は、「後払い引落」入力。
 「前月以前に発生した支払いを、口座引落で、その日に引き落とす額」
 (この額は、すでにわかっているので、わかった時点で入力しておくことも
 できます。複数引落がある場合、合計額を入力)。

・「座残」(白枠)は、その日の口座残額(口座出費など、プラスマイナスした後の数値)。

下部の「箱」(白枠)は、右列の「箱」に入力した額の、その週の合計
(A週の場合、前月分含む)。
その下の「座±」(白枠)は、その週の「座±」プラスマイナス計算
(A週の場合、前月分含む)。
「月計算」の「±」同様、「座±」も、同じ週に「ちょうどゼロになるプラス
マイナス」があった場合は「変動がない(ゼロ)」の場合と見分けつきませんが。

左から7番めの縦列(一番右の列)は、
・その曜日の「Gc」(水色枠)…「電子マネーを現金でチャージした額」
 ( Gは「現金」の略)
・その曜日の「Fc」(肌色枠)…タダでもらったチャージ額(ポイント失効による
 マイナスは、この枠に数値にマイナスをつけて入力)(Fは「フリー」の略)
 もらった額と、ポイント失効によるマイナスが同じ日にある場合、差し引きした
 値を入力。
・その曜日の「Tc」(オレンジ色枠)…口座引落で「当月引落」チャージした場合
 (クレジットカードでチャージ+口座引落でチャージ)(Tは「当月(とうげつ)」の略)
・その曜日の「Jc」(ピンク色枠)…「次月以降に口座引落」チャージした場合
 (クレジットカードでチャージ+口座引落でチャージ)(Jは「次月(じげつ)」の略)

・「出」(黄色枠)…その曜日の、口座などから引き出して手持ちに加えた額。
・「G+」(黄色枠)(現金収入)枠に入力します。手渡しのおこづかい、古本屋に
 本を売却して受け取った現金など。

・「預」(オレンジ色枠)…その曜日の預金額(手持ち金から口座に預けた額)。
 「預」合計は「週計算」左下の白枠に表示。

・「±」(キミドリ色枠)…その日の手持ち金残の調整額(手持ち金と、計算上の
 数値が合わない場合、合わないことに気付いた日の枠に、プラスかマイナス分を
 入力して残額を合わせます)。最初に入力する場合の「所持金前残」を合わせる
 ためにも使います。キャッシングや、誰かから現金を借りて所持金に加えた
 場合、「借」に入力した額をここにもプラス入力。
 「調整した日」が何日だったか、全部記録しておけます。
 (口座残高調整は「座±」でおこないます。借りたお金が口座に入った場合は、
 「±」でなく、「座±」に入力)

 人に貸したお金を現金で返してもらったら、所持金の「±」で残額調整。
 人に貸したお金を口座振込で返してもらったら、「座±」で残額調整。

返してもらった内容は、「金(月)」か、「金(年)」にメモしておきます。

・「箱」(水色枠)…所持金から、貯金箱の貯金をした場合に入力。
     「月計算」の「箱」に、各週合計と累計が表示されます。

☆【財布の硬貨を全部、箱に入れる貯金法】

  財布の硬貨を数えずに全部、箱に入れ、「週計算」の「残」に表示されている
 「百~一の位」の数値を「箱」に入力するだけ。
 (その日の(「箱」以外の)出費などの入力をすべて済ませた「残」の数値を見ます)
 硬貨が1000円以上ある場合は、端数に千単位も足した数値を「箱」に入力。
 (硬貨がかなり多い場合、札の枚数を見て、硬貨が1000円以上あるか確認)

 貯金箱だと1枚ずつ硬貨を入れるのが面倒なので、カギ付きの箱とか良さそう。
 財布をスマートに保ちます。

・「残」(白枠)…その曜日の所持現金の残額(使用額&預金額をマイナス、
 引出額&現金収入をプラスした残り)。

月曜のみ、「箱」入力枠の右に「★」枠(白枠。その週の分類出費■と◆を
足した合計。A週の場合、前月分含む)、
「G+」(白枠。その週の現金収入合計。A週の場合、前月分含む)枠があります。

2段め(火曜)からは、その曜日までの分類出費累計(■◆それぞれの累計)が
表示されます(月曜のは合計額と同じなので累計は省いてあります)。


★一番下に、何週であるか(週範囲)と、他の週の表計算へのジャンプリンクが
 あります。
【月】は「月計算」に、アルファベットは、その週の週計算にジャンプ。
(ブラウザの「戻る」を押すと、前のジャンプ位置に戻ります)

 日付範囲の上に、各チャージ合計枠。A週に前月分の日付がある場合、それも
 合計に含まれます(「月計算」のA週合計には、前月分は含まれません)。
「Gc」枠は「一週間の現c(現金チャージ)合計」。
「Fc」枠は「一週間のフリーc(フリーチャージ)合計」。
「Tc」枠は「一週間の当月c(当月チャージ)合計」。
「Jc」枠は「一週間の次月c(次月チャージ)合計」。

【電子マネー残の初期入力】
調整する日の「週計算」の「Fc」枠に、複数の残額を合計して入力
(合計・内訳は「金(月)」にメモ)。
電子マネーの場合、それぞれの種類で使えるものが限定されることがあるため
(特定の店でしか使えないカードなど)、
ひとつに合計してまとめて扱うと、残額が残っていても別のカードの残額
だったりして、わかりづらくなってしまいますが、まとめて扱わないと
分類出費の残額計算が合わなくなるので。
それぞれの残額詳細は「日」リフィルか、「金(月)」にメモして
把握するようにします。レシートを見れば残がわかる電子マネーカードは、
最新の残のレシートを財布に残しておくようにするといいです。

【手持金から口座に預ける場合】

各週の「預」(オレンジ枠)に入力すると、手持金から口座に預けた額と
して計算されます。
こまかい手持ちの小銭をいったん口座に戻したり、別口座の引落のために預金
したりする場合に入力します(預金額は、手持残金額からマイナス計算され、
「座残」にプラスされます)。

口座振替(口座から、別の口座へ資金を移動した場合)は、何も入力しません。
(両方の口座残額が、ちゃんとカウントされてる場合、「座残」トータル額は
同じなので。合算してない場合は「座±」で残高調整)
振替したことは「金(月)」リフィルにメモしておきましょう。

☆「Fc」…フリー(無料)チャージ。その月にタダでもらった電子マネー。
 「金(月)」に、もらった内容を記録しておきましょう。
 もらうことが決まった時点ではなく、実際にプラスされた時点で入力します。

 電子マネー枠(お金を払って、お金として使えるポイントに変換したのを使う)
 に入力するものには2種類あり、
 ひとつはチャージするもの。スイカなどの電子マネー。
 もうひとつは「金券」。商品券、アマゾンギフトカードなど、自分でお金を
 払って変換したポイント。これらは、タダでもらえる場合もあり、それを
 「フリー(無料)チャージ」と呼ぶことにします。「Fc」に入力するのは、
 無料でもらったポイント(チャージ)のみです。

 それと、電子マネー残額の調整にも「Fc」を使います。
 期限失効でポイントが失われた場合、「-」(マイナス)をつけて入力します。
 同じ週にプラス入力がある場合、プラスマイナスした値を入力。

★最初に入力した月の次の月からは、前月の「口座残」「電子マネー残」
 「箱残」「所持金残」が、自動で次の月の最初の日の残に転記されます。
 (実際の額と計算上の額が違ってたら、調整日の「±」枠でプラスマイナス
 調整して合わせます)

 計算上の額と、現在の額が異なっている場合、多かったらプラス、足りなか
 ったら半角マイナス「-」をつけて入力。
 プラスの場合は「+」をつけなくても、多い分の額を入力するだけでよいです。
 毎日手持ち金を数えるのは面倒なので、硬貨が少ない時や、週の終わりなどに
 確認するとよいです。

過不足が起こった場合、何かに使ったけど記録を忘れてるとか、実際払った額と
レシートの額が違っていた(店員がまちがえた)などの手違いが考えられます。

【貯蓄の概念】
貯蓄は、「財産として持ってるんだけど、しばらく使わないで別にとっておく」
お金。毎月、「口座」に余って残るお金は「貯蓄」とは言わず、区別します。
(余るお金は「口座残高」)

・定期預金(口座に預ける)
 「月計算」の「積」に、その月の引落貯蓄額を入力(毎月、入力)。
 定期預金が満期になって全額口座に戻ってきたり、崩して使った場合、
 「週計算」の「座±」にプラス入力。

出費枠には■◆マークが省かれていますが、1段め(先頭に「*」マークのついた段)
の白枠が、■出費+◆出費額合計(★)。
2段め(先頭に「=」マークのついた段)が■出費、
3段め(先頭に「+」マークのついた段)が◆出費。

・手持ちの本やゲームを店に売却した場合とか、(学生さんなら)おこづかいを
 もらった場合とか、口座を経由しないので「現金収入」になります。
 (おこづかいが口座入金の場合(ってあるのか?)は、「座±」に入力)
・ネット・オークションに出品して売れた場合、口座に振り込まれるので
 「月計算」の「座±」(口座収入)に足して入力します(「週計算」には「収入」
 枠はなく、口座からの引出額と現金収入のみ)。

【フォーム枠の色】

現金出費入力枠は、水色。電子マネー出費入力枠は、肌色。
口座出費入力枠は、オレンジ色。後払い出費入力枠は、ピンク色。
「借」は、ピンク色。
「座±」枠はオレンジ色。「後引」枠はピンク色。
「Gc(現金c(チャージ))額」枠は水色。
「Fc(フリーc(チャージ))額」枠は肌色。
「Tc」(当月引落チャージ)枠は、オレンジ色。
「Jc」(次月引落チャージ)枠は、ピンク色。
「出」(口座から引き出したお金)、「G+」(現金収入)枠は、黄色。
「預」枠はオレンジ色。「±」枠はキミドリ色。「箱」枠は水色。

【手持金から銀行口座に預ける場合】

銀行口座から現金を引き出した後、その一部をまた預け直す場合、
「預」枠に預金額を入力すると、手持金残額からマイナスされ、座残(口座
残額)にプラスされます。
(財布の小銭が多くなってきたら一ヶ月、小銭を別の場所にためておいて
(「箱」貯金)、月末にまとめて口座に預ければ(窓口でなくても、ATMで
硬貨も預けられます)、小銭を数えなくてすむし、財布を軽くできます)

2016年12月22日(木)発行 「ブラウザスケジューラー(391)」
メールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
メールマガジン発行スタンド「melma!(メルマ)」 http://melma.com/

【発行者「巴かずみのゲームソフトレビュー」巴(ともえ)かずみ】
http://tomoekazumi.ninja-web.net/
http://tomoekazumi.ninja-web.net/browserscheduler/browserscheduler.htm
(ベクター作者ホームページ↓)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034295/

(巴かずみのブログ↓)
http://tomoekazumi.blog.so-net.ne.jp/

【メールマガジンの登録・解除】
http://tomoekazumi.ninja-web.net/review/m.htm
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
     ↓ まぐまぐ広告 ↓
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ブラウザスケジューラー

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/01
部数 30部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ブラウザスケジューラー

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/01
部数 30部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング