ブラウザスケジューラー

ブラウザスケジューラー(388)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
     ↑ まぐまぐ広告 ↑
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲ここから上と、下部の「↓ まぐまぐ広告 ↓」より下の部分には、発行時に
 メールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」からの広告が自動で入ります
 (読者へ届くメールのみ。バックナンバー表示ページには表示されません)。
 私が広告内容を作成しているわけではありません。(巴かずみ)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【「ブラウザスケジューラー」メールマガジン(388)】

【エディタで編集、ブラウザ閲覧のデジタル・リフィル】

・「ベクター」ダウンロードページ(「その他 全OS」>「データ」>「パーソナル」>「カレンダ」)
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an034295.html

・「Seesaa(シーサー)ダウンロード」ページ(アプリケーション>スケジュール管理)
http://download.seesaa.jp/contents/win/app/schedule/14018/

ブラウザスケジューラー/ダウンロード・リンク(2016年リフィル Ver.14.0)
(【1年1650円。無料試用1ヶ月】)
【注:ダウンロードするリンク↓】従量通信ではクリックしないでください。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034295/browserscheduler/B2016.zip
・「ベクター作者ホームページ」(ウィンドウズ用:1.07MB・解凍時2.93MB)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★【2016年リフィルの「年計算」説明について】

 「おこづかいをもらってる人」は「手取り」だけに入力、と書いてましたが、
 そういえば、おこづかいは現金でもらうんだった。「現金収入」ですね。
 おこづかいを口座振込でもらう子供って、いるんだろうか?
 たいていは、手渡しですよね?

★【2017年リフィル年計算】説明書

【ファイル】……「00COVER」フォルダの「金2017.HTM」。壁紙設定はありません。
【専用起動ファイル(フレーム)】……「00COVER」フォルダの「F金2017.HTM」。

「年計算」ファイル内にはリンク記述はなく、「カバー」の【年計】
リンクから、別ウィンドウで起動します。白&肌&オレンジの表。

「月計算」に入力した各月最終週の出費累計(E週かF週)が自動で反映されます
(ブラウザの再読み込み不要)。
各月ごとの累計が1年分、計算されます(12月累計が、1年の全合計になります)。
「年計算」では、「月計算」の現金出費&電子マネー出費&後払い
出費&口座出費を合計した分類■、分類◆の額が、1つの枠に表示されます。

☆毎月の「計(収入合計。給与の場合、控除含む全量)」=
「手取り収入(口座収入)」+「控除額(収入全部から、手取り収入を引いた額)」

【注】
 「手取り口座収入」は、控除を引いた額を「手取り」と呼ぶことにします。
 (会社旅行の旅費積み立てが控除に含まれる場合、貯蓄ではなく、旅行に使って
 しまうので「控除」扱いにします)

「月計算」に「座収(手取り口座収入)」を入力し、「年計算」の「計」
(水色フォーム色)を入力すれば、「控」が算出されます。
(複数種類の口座振込収入があっても、それらの合計を1つの枠に入力します。
内訳は「金(年)」などに記録しておきます)
それとは別枠で毎月の「現」(現金収入)があります(「月計算」から自動転記)。

【枠の内容】

左上に、「貯蓄計」入力(きみどり)枠、
「1月借計」入力(ピンク)枠、
(1月は累計段がないため、表示スペースが足りないので、上につけました)
「積立」枠(「月計算」から自動転記。12ヶ月の「積」が合計されます)、
「現借」枠(「月計算」から自動転記。12ヶ月の「借」が合計されます)、
「現収」枠(「月計算」から自動転記。12ヶ月の「現金収入」が合計されます)。

白色の枠は、「月計算」から自動転記されます。「月計算」に入力されてない
場合、空欄になっています。

・「貯蓄計」は、定期預金など、貯蓄の合計額(人に貸したお金も含む)。
 現在使え(わ)ないが、財産である額。積立預金などの今までの合計値を入力。
 箱貯金を足してもいいです(多額なら)。

 定期預金のばあい、毎月1回は変化するので、数値を入力し直します。
 (面倒なら、この枠はしばらく放っておいてもいいです。ネット見れば、
 合計わかるので)
 「積立」枠に表示されるのは、その年の合計なので、「貯蓄計」には
 今までの貯蓄全部を合計した額を入力します。

・「借」(ピンク色の枠)は、未払いのローン&現金借金の合計額。
 借りている額は「金(年)」などのリフィルに記録しておき、毎月一度は
 合計を確認しておきましょう(利子がついて増えることがあるので)。
 月末時点での借金額を入力。
 「現借」は、その年の合計なので、「借」には今までの借金全部を合計した
 額を入力します。

・月計算の「座収」(=「年計算」の「手」(手取り口座収入)を、「計」
 (口座収入の全量)より先に入力すると、「控」(控除額)が正確に出ません
 (マイナス表示になる)。
 先に入力してもかまいませんが、「計」「手」両方を入力後に、正しい「控」
 値が計算されます。
 「計」だけ入力して「手」を入力しない状態でも、「控」は正確に出ません。
 「計」「手」どちらかしか入力してないと、「控除累計」は正確に出ません。

【控除額がない口座収入の場合】

働いてない人(おこづかいをもらってる学生さんの場合など)は、「現金収入」
に入力します。
おこづかいを口座振込でもらっている場合(って、あるんだろうか?)は、
控除がないので、控除表示に数値が表示されても、気にしないでください。
「手取り」だけに入力すると、「手取り」にマイナスをつけた額が「控除」
に入ってしまいますが、計算自体には問題ありません。
気になるなら、「計」と「手取り」両方に同じ収入額を入力すると、
「控除」が「0(ゼロ)」になります。

左半分に1月~6月、右半分に7月~12月。
各月に、「■分類1出費合計」「◆分類2出費合計」「後引額」
「口座収入全額」「口座収入手取り額」。「月計算」に入力すると、
自動で入力が反映され、「出費全合計」(月数の、右の枠)と、「控除額」、
各月累計が計算されます。
(累計表示は「出費全合計」「■出費」「◆出費」「後引」
「計(口座収入全合計)」「手(手取り口座収入)」「控除」のみ)
☆「現(現金出費)」枠は、累計の段に表示されてますが、累計ではなく、
 その月の現金出費のみです。(スペースがないので累計の段に表示されてます)

「出費全合計」枠(累計じゃない段)の数字は、右寄せされます
(月数の数字とくっつかないように)。
「2(2月)」の「累」は「2月までの累計」(1月+2月の合計)。
累計段の背景色はオレンジ色。

「現金収入」にも控除が存在しますが、現金支給されるケースは少ないと思われる
ので、控除額の表示はつけてありません(手取り額だけ「現金収入」に入力)。
「現金収入」には累計枠がありませんが、左上の「現収」枠に、合計が表示されます。

「引」は、「後引(後払い引落)」です。「後払い出費」ではありません。
「後払い出費」は、分類出費の合計に含まれています。
(「後払い」は出費発生した時点の全額。「後引」は、翌月以降に口座引落で
実際に支払う額(「後引」は「口座出費」枠とは分けて入力します。ダブるので))

分類出費には「まだ支払ってない後払い引落」残額(借金額)をすべて
足しているので、実際よりマイナスが多くなっています。
「未払い分を全部支払った状態」を実感するために、こうしています。
後払い残(キャッシング含むローン)を多くすると、一時的にラクになります
が、それは「黒字」の豊かさではないのです。「後払いを全部支払ったら、
どれくらいマイナスか」を見た方がよいと思うのです。

現在は赤字運営でなくても、過去(その年以前)にローンを組みすぎて
(借金しすぎて)いる場合、その年以前の分の後払い引落額が多くなりすぎて
赤字状態のこともあります。

【注】
■◆出費に「給料の控除額」は含めないようにします(出費といえば出費ですが)。
控除明細を詳しく記録しておきたい人は、「金(月)」にでも
メモしておきましょう。紙の給与明細をデジタルカメラで画像撮影して
「リンクカレンダー」に表示しておくのもいいかも(明細表示用の画像
タグをコピーして増やす)。
自分の名前入り画像を保存するのがためらわれるなら、名前のところに
一時的に紙でもかぶせて撮影するといいです。

2016年12月19日(月)発行 「ブラウザスケジューラー(388)」
メールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
メールマガジン発行スタンド「melma!(メルマ)」 http://melma.com/

【発行者「巴かずみのゲームソフトレビュー」巴(ともえ)かずみ】
http://tomoekazumi.ninja-web.net/
http://tomoekazumi.ninja-web.net/browserscheduler/browserscheduler.htm
(ベクター作者ホームページ↓)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034295/

(巴かずみのブログ↓)
http://tomoekazumi.blog.so-net.ne.jp/

【メールマガジンの登録・解除】
http://tomoekazumi.ninja-web.net/review/m.htm
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
     ↓ まぐまぐ広告 ↓
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ブラウザスケジューラー

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/03/19
部数 29部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ブラウザスケジューラー

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/03/19
部数 29部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング