内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2018年01月01日
     ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
      2018年1月1日(月)
   ◎「スヌーピー・マンダラ」を戌(いぬ)年に作成、黄色いバラ(薔薇)
   とガーベラの花に囲まれた4態(=4の全体性)のスヌーピーでNe
   w Year平成30年(2018年)1月は満月が2回。2日は【スーパームー
   ン 大円鏡智】。31日の満月は【地球の影による、皆既 月食】。意
   識(こころ)の進化4段階★犬用の和服と日本髪かつらインスタ映え
   と忖度(そんたく)★鏡餅(かがみもち)のような2匹の白い錦鯉
   ★青い鳥、カワセミ(翡翠)、オナガ(尾長)。黒い鳥、鼻すじ白
   いオオバン(大鷭)★雪割草(ゆきわりそう)ともいわれるサクラ
   ソウ(桜草)、ピンクの小手毬のような多肉植物★マユミ(真弓 檀) 
   と破魔弓(はまゆみ)破魔矢(はまや)、赤い実★木登りするアウ
   トドアのノラ(野良猫)ちゃん親子など29枚の写真と“言葉”を【
   二重(ダブル)イメージ】で観じて、〔新しい方向性を、深く考える
   ため〕のご参考になれば幸いです。    
         --------*----------*---------*----------*
    満月 1月2日下弦 1月09日 新月 1月17日上弦 1月25日 
    満月 1月31日 ※1月2日の満月は【スーパームーン】です。
   ※※1月31日の満月は【皆既 月食】です。18.1月ピックアップ写真
   ※※※今月は満月が2回あります。
   ・今月の異名(いみょう)は 睦月(むつき)
   ・24節気 小寒(しょうかん) 1月5日 大寒(だいかん)  1月20日
   *2018年 24節気 月の満ち欠け
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
        ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内  1月  New★ 2月
 
   ●はじめてのかたも●さらにヨガを深めたいかたも●ご遠方のかた
   も日帰りで     
      1月 28日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
      2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★New 2月 25日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
      2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C
   **********************************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎「スヌーピー・マンダラ」戌(いぬ)年 New Year
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★明けましておめでとうございます。 元旦
    戌(いぬ)年の今年もよろしくお願いします。合掌 
      2018年(平成30年) NAYヨガスクール 内藤 景代 拝
   ★内藤景代(Naito Akiyo)公式サイトのトップページに、
   新年のご挨拶と「新しいヤントラ」を掲載しています。
   「上と下が呼応する《光》に囲まれたシュリー(女神)ヤントラ2018
    上紫・下紅」内藤景代・作http://www.bigme.jp/
   ★NAYヨガスクールのトップページは、
   「2重の《光》に囲まれ、楽器をもつスヌーピー」が、
   新年のご挨拶をしています。http://www.nay.jp/ 
   ☆戌(いぬ)年生まれの内藤 景代(ないとう あきよ)は、
   年女(としおんな)です。6回目((笑))
     ネコ(猫)も好きですが、イヌ(犬)も好きです。
   大型犬のボクサーと秋田犬を父の好みで飼っていました。
   渋谷駅の銅像、秋田犬の「忠犬ハチ公」は昭和の物語です。
   平成21年にハリウッド映画にもなりましたが。
   ☆戌(いぬ)年を重ねるごとに、スヌーピー人気の高まりを感じます。
      むかしは、スヌーピー人気は、それほどでもなく、
   作者自身が「なぜ、こんなに世界中で人気になるのか?」
   と疑問を感じていたそうです。
     というのも、作者が創作したスヌーピーは、
   少数派の異端者(いたんしゃ 異端犬?)で、
   「犬になりたくなかった犬」。
     ♪♪ 「僕は嫌だ」  ♪
         『不協和音』 歌:欅坂46 
               作詞:秋元康. 作曲:バグベア
     「犬らしくない、犬」がスヌーピーの個性です。
   犬小屋の赤い屋根にのり、大空を飛ぶ飛行士に憧れる。
      上の写真で、虹の上に寝ころぶスヌーピーは、
   犬小屋の上で夢みるスヌーピーの姿(すがた)です。
   この[虹のフィギュア]はレアもの(稀少品)です((笑))
      ほかの3つのスヌーピー・フィギュアは、
   スヌーピーの[夢の実現した姿]ともいえます。
      4つ足で歩く犬ではなく、2本足で立つ犬、3態。
   ・野球バットをもち屹立する、野球帽のスヌーピー。
   「17 A」(エンジェルス 17番 大谷翔平)と
   かいてあったりして((笑))
   ・紫のマントをはおり、微笑んで正面をむくスヌーピー。
   白い魔法の杖を、両手でささげています。
   ・青く丸い楽器バンジョーを右手にもつスヌーピー。
   バンジョーは、アメリカのカントリーや
   ディキシーランド・ミュージックで使用される楽器。
   ・白いスヌーピーは[黒い鼻]の先を天に向け、
   虹の架け橋の上で、夢のような自分のイメージをみます。
   よい未来像(ビジョン)を瞑想的に観ているわけです((笑))
     3態のスヌーピーの姿は、夢の未来像(ビジョン)が、
   実現した姿といえましょう。
     犬は犬のままではなく、ひとのようになる。
     ひともまた、[生まれっぱなし]ではなく、
   大リーグの野球選手、魔法使い、ミュージシャンに変身する。
     理性が[ありえないような夢]というのを蹴飛ばして((笑))
   ★スヌーピーの[黒い鼻]は、
   「黒い【始原のビンディ(点)】を想い出させます。
   鼻先をどこに向けるか。
   それにより、ビンディ(点)から展開される未来が変わっていく。
     [馬の鼻先]を、旅立つひとの行く先へ向けることが、
   [鼻向け](はなむけ)の由来です。
   旅人の道中の安全を祈願する想いをこめて[鼻向け]する。
   そこから、旅の前途を祝して酒食でもてなしたり
   餞別などを贈る、はなむけの習慣が残されています。
     どちらに向かって[鼻向け](はなむけ)するか、
   旅の方向性(ベクトル)は、どこにむいているのか?
    旅のスタート地点で、旅人とともに前途の安全を祈る。
   同じ方向を向いて、ともに祈願する、こころ(心)が、
   旅のあいだ、そのひとを守り続けるでしょう。
    こころ(心)の想いが先にあり、[鼻向け](はなむけ)の品は、
   それを〔かたち〕にしたものといえるでしょう。
   金品(きんぴん)という餞別(せんべつ)でも。
     スヌーピーの黒い鼻先は、[鼻向け](はなむけ)として、
   夢の実現へ向いているように想います。
   「そうなれたらいいね」
   という、ともに祈願する、こころ(心)を生むような……。
   ――そう考えてくると、黒い鼻先のスヌーピーは、
   夢の実現へ向いているように<感じる>ので、
   「individual=社会的集団と対比させた、個人」
   ひとりの人間として生きたいひとに、
   愛され、その数はどんどんふえていくのかもしれません。
   [同調圧力]に屈しない、気ままなイヌ(犬)として。
   犬だけど、ひとと同じように夢の実現を願う。
   犬=ひと
   A=Aの論理学   ではないが、
   犬=ひと=魔法使い=野球選手=ミュージシャン
   という、論理的な思考ではない、[神話的思考]法。
   【野生の思考】であり、古代からの思考形式です。
   理性が[ありえない夢想]と断罪するのを聞き流して((笑))
      そのあたりのお話は【2002年7月22日(月) 
   ●私とは、何か?=Who am I ? 
   ●『わたし探し・精神世界入門』内藤景代・作 と、
   埴谷雄高の『死霊』の
   「自同律の不快」のつながりぐあい。
   ●「自分がイヤ……私 ≠ 私  A ≠ A 」と論理学。
   ●精神のリレ-
   ◎スヌーピー 犬になりたくなかった犬 
   ※※追記: 16.5.5
   ☆[科学的思考法]=論理学の基本(A = A)が土台
   →同一原理 princeple of identity =I D アイディ 
     (→アイデンティティ)  
     ◎犬であることがイヤ(→ スヌーピーの人気 】
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎犬用 和服と日本髪かつら、帽子と襟巻き
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆寒くなると、あったかそうなベストなどをきた犬たちを
   公園で、よくみかけます。
   4本の足をすべて、つつんだ服の犬もいます。
    外の犬小屋で寒風にさらされている番犬(ばんけん)は、
   ほとんどみかけない、東京のワンちゃん事情です。
    室内で飼われていることが多いからかもしれません。
   だから寒(さむ)がりで、外出着が必要になる?
   場所にもよるのでしょうが・・・。
   ☆[犬用 和服と日本髪かつら、帽子と襟巻き]は、
   ずいぶん前の正月に浅草の仲見世で撮影したものです。
   かわいいけれど[動物虐待]のようでアップしませんでした。 
   けれども、昨今(さっこん)のワンちゃん事情をみると、
   喜んで(?)和服と日本髪かつらをつけたお犬様が、
   みられるような予感がいたしますので、蔵出し掲載。
   チェック(格子柄)の帽子と襟巻きセット・ファッション。
   帽子は見かけませんが、襟巻きやバンダナはよくみます。
   ☆猫は、猫用の衣類をきらうことが多いですが、
   犬は、犬用の衣類をきらわない場合が多いようです。
   ネットでも、おしゃれなファッションの犬をみかけます。
   [インスタ映え(ばえ)](2017年流行語大賞)のワンちゃん?
   ※もうひとつの[2017年流行語大賞]は、「忖度(そんたく)」。
      安部首相の意向を「忖度」し、法律までねじまげられる…
   という【民主主義の危機感】からでしょう。
   当の安部首相は、[インスタ映え]に自信がおありのようで、
   2017年末から、インスタグラムを開設なさったようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎からん、ころん。絵馬 Singing Ringing Tree 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆風が吹くと、からん、ころんと絵馬(えま)がなります。
   ここは神社ではなく、都内の公園。
   園内の樹木につるした、
   「The Singing Ringing Tree 」
   中村-Mather美香さんの現代アートの作品です。
   
   緑のしげる木の枝に赤い糸がつるされ、
   木製の板(絵馬)と金色の鈴がついているので、
   風が吹くと、よい音色(ねいろ)で鳴ります。
     絵馬には、マジックで思い思いの“言葉”が、
   「ツイート(つぶやき)」されています。
   絵馬の数だけ、老若男女のひと達の
   願いや、想い、決意や感想、思い出や記憶
   ……がかかれています。
   まさに、Singing RingingしているTree(木)です。
     ☆からん、ころんとなる絵馬をみて、小説
   『天地明察』(てんちめいさつ)冲方丁(うぶかたとう)作
   を想い出しました。
      からん、ころん。 
   軽妙に鳴り響く、幻の音がきこえると、
   主人公は、ひらめく。☆★☆ソーか!☆★☆
      からん、ころん。
   は、神社の[算額](さんがく)が鳴り響く音です。
      算額は、額や絵馬に[和算の問題や解法]を記して、
   神社や仏閣に奉納したものです。
   江戸時代の日本では、幾何学や数学の解法を
   額や絵馬にかいて奉納する習慣があったのです。
     そういえば、四国の香川県琴平町にある神社、
   こんぴらさん=金刀比羅宮(ことひらぐう)でも、
   みかけたような記憶があります。大きな算額?
     『天地明察』は、渋川春海(安井算哲)の
   成長物語(ビルドゥンクス・ロマン)。
     渋川春海は、江戸時代の囲碁棋士で天文暦学者です。
   今、わたし達がつかう暦(こよみ)を作ったひとです。
   800年にわたり日本で使用されてきた暦(こよみ)が
   【長年のズレ】により[暦が間違っていたこと]を見抜いた、春海。
   そろばん片手に計算し、日本初の[天球儀]を手作りし・・・
   中国からの影響を脱して、日本独自の暦を作り上げた執念‥‥
   そこには、涙と笑いの物語があったわけです。
     行き詰まって、もうダメと思いうつむいているとき、
   からん、ころん。 
   と幻の音がきこえると、渋川春海は、ひらめく。
       ☆★☆ソーか!☆★☆
   山あり谷ありの、失敗続きの人生でも、
   元気がでてくる、爽快感がある物語です。
   第7回本屋大賞、第31回吉川英治文学賞を受賞。
      岡田准一・宮崎あおい共演で、映画もあります。
   数学が苦手なかたも、おもしろいと思います。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎お祓い鈴(おはらいすず)上野 東照宮
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆徳川家康をまつる上野 東照宮(とうしょうぐう)では、
   お参りするときに、そなえつけの
   お祓い鈴(おはらいすず)を鳴らします。
     金色の小さな鈴がたくさんついた紅い柄(え)をもち、
   上下左右に動かすと、澄んだ音色(ねいろ)が響きます。
     その透明感のある澄んだ音に共鳴することで、
   魔を祓い(はらい)ます。
    魔や邪鬼は、どす黒く重い波長で、よどんでいるので、
   澄んだ音色で、散らし、お祓いするわけです。
   清らかな響きが、どよよ~~んとした魔を払うように念じて。
   ☆お祓い鈴をもってめでたく踊るのが、
   能や歌舞伎の「三番叟」(さんばそう)です。
   ☆[魔よけの音]として、小さな鈴(りん)を鳴らし
   澄んだ響きを体で<感じる>のも
   ふだんの暮らしで、よいものです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎上・中・下にぽつぽつと白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎マユミ(真弓 檀 まゆみ) 赤い実 ニシキギ(錦木)科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆濃い桃色の果実がわれて、
   丸く艶やかな赤い種(たね)が4つみえます。
     ひとつだけ赤い糸がのび、そのさきに、
   朱色の丸い種(たね)がゆれています。
   マユミ(真弓  檀  まゆみ)の果実です。
     紅葉が美しい、ニシキギ(錦木)科。
   ☆名の由来は、むかし、この枝(えだ)を
   武器の弓(ゆみ)にしたからです。
      枝が強靱で、かつしなやかにしなうので、
   枝の両端に弦(つる)をはり、その弾力を利用して、
   鳥の羽をつけた矢(や)を飛ばす。
      それで、マユミ(真弓  檀  まゆみ) といいます。
   ☆弓は、古くから広く世界に分布し、
   その起源は[中石器時代]にまでさかのぼるそうです。
   ☆正月の縁起物(えんぎもの)のひとつ、
   破魔矢(はまや)は、破魔弓(はまゆみ)につがえて、
   厄除け(やくよけ)や魔除け(まよけ)として、
   放つ矢(はなつや)です。
     今は、神社の厄除けの〈お守り〉として、
   破魔矢だけが正月の縁起物として売られています。
      破魔弓は、5月の端午の節句(たんごのせっく)、
   【男の子の初節句】に
   破魔矢とともに飾られる伝統があります。
   ★先月、お話しした「黒い【始原のビンディ(点)】からの
   昇り龍の「3Dヤントラ(内藤景代・作)下向き三角形 龍」
   を以下に掲載しています。
   ローズクォーツ(薄紅の水晶)の〔球=玉=魂〕の上にのった
   金色製の天使が、龍をみつめはげましています。 
   輝く碧(みどり)の空を背景にして、
   黄金の三日月(クロワッサンの月)も右側に。
       その3Dヤントラ(内藤景代・作)の写真と、
   5月の端午の節句のお話、子どもの日のお話は、こちらへ↓
     【2003年5月5日(月) 
   ☆なぜ、端午の節句に、鯉のぼりを飾るのか? 
   ☆ヨコの流れとタテの急流の滝。鯉の滝のぼりと龍の関係。登龍門。
   ★三角形の立体ヤントラと龍 
   ☆イニシエーション(通過儀礼 イニシエイション)の試練 
   ☆難関突破 ☆勝負=菖蒲=尚武
     ※後記;<東北みやげ>の鯉のぼりと、兜で、難関突破!】
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎寒気が強い日。白い雲が段々に放射状
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎西洋桜草(セイヨウサクラソウ) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆大きな花びらの桜草(サクラソウ)、
   ピンクのプリムラが、寒い青空にむかって茎をのばし
   凛々しく(りりしく)咲いています。
   西洋桜草(セイヨウサクラソウ)です。
    プリムラの種類はとても多く、色も多彩です。
   赤・白・黄色・ピンク・藤色・青それらのミックスなど。
   寒さに強く、冬の花壇で楽しませてくれます。
   ☆桜草(サクラソウ)は、プリムラ マラコイデス。
   サクラソウ(桜草)科 サクラソウ(桜草)属。
   別名は「オトメザクラ(乙女桜)・ケショウザクラ(化粧桜)」。
          花言葉は「運命を開く」。
   ※地方によっては、
   自分の熱で雪を割って雪の中に花開く、
   【雪割草(ゆきわりそう)】と呼ばれる花で、
   キンポウゲ(金鳳花)科のミスミソウ(三角草)とは別に、
   桜草(サクラソウ)の場合があります。
   【花のいのち(命)の強靱(きょうじん)さ】こそ、
   いのち(命)の発想法につながる「野生の思考」
   というものでしょう。
     草や花から学ぶものは、たくさんあります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎厚く棚引く、白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎バラ(薔薇)のようなサザンカ(山茶花 さざんか)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆固いつぼみ(蕾)が開くと、小さなバラ(薔薇)のような
   サザンカ(山茶花 さざんか)の花。 
     もっと花びらが広がって開くと、
   中央に黄色いシベ(蕊)がひろがり、ツバキ(椿)に似た、
   赤い花、サザンカ(山茶花 さざんか)ぽくなります。
       サザンカ(山茶花 さざんか)は、ツバキ(椿)科。
   ♪♪ 赤く咲いても 冬の花  咲いてさびしい さざんかの宿♪
   「さざんかの宿」作詞:吉川治 作曲:市川 昭介 歌:大川栄作
   
   ♪♪ さざんか  さざんか  さいたみち たきびだ  たきびだ  
    おちばたき あたろうか  あたろうよ 
          しもやけ   おててが   もうかゆい♪
    「たき火」 作詞:巽 聖歌 作曲:渡辺 茂  歌:童謡・唱歌
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【大きな魚=鯤鯨(こんげい)】のような白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎鏡餅(かがみもち)のような、錦鯉(にしきごい)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆丸くて白いコイ(鯉)が2匹、
   エイヤッと上下に並び、おめでたく
   鏡餅(かがみもち)のようになりました。
      唇(くちびる)がオレンジ色の白い錦鯉(にしきごい)と
   ♪♪氷の世界♪に生きるゴマフアザラシに似たゴマちゃんです。
      ☆オレンジ色のダイダイ(橙、代々)を一番上にのせ、
   丸い大小のお餅(もち)を二重に重ねた鏡餅は、
   正月の「年神様(としがみさま)」が宿る場所だそうです。
     [鏡開き(かがみびらき)]は、床の間に飾った鏡餅を
   おろして、食べることです。11日か20日の行事。
      お下がり(さがり)の鏡餅を食べるときは、
   年神様が宿ったものなので刃物で「切る」ことをしないで、
   鏡餅を「割る」そうです。鏡割り(かがみわり)。
    鏡開きのお餅(もち)は、お汁粉(しるこ)に入れます。
   赤いアズキ(小豆)のお汁粉に白い餅。
     油で揚げた熱々(あつあつ)のお餅に
   生醤油(きじょうゆ)をかけた、鏡開きのかき餅(かきもち)は
   父が自分でつくる大好物でした。
   父:「うまいから、食え」
   母:「ダメ。揚げたては、胃に悪いから」
   わたし:「・・・・・」
   父:「いいから、食え」
   母:「ダメ。おとうさんみたいに、胃病になるから」
   わたし:「・・・・・」(事実、父は胃ガンで亡くなりました)
      父と母の二人の思いや愛がわかる、わたしは
   教育方針のちがいに(またか・・・・)という想い……。
     A・ランボーが「引き裂かれる、この不幸」
   と詩にかいたのを、後に身にしみて感じました((笑))
     父と母との【意見の対立で、身を裂かれる、分裂】を
   【いかに統合するか】は、その後、
   わたしの生涯の生きるテーマ(主題)になりました((笑))
      愛されている子どものわたしは、
   〈父なる神〉と母なる[女神]の愛する〈天使〉として、
   【神と女神の中間(ミディアム、メディア)】に
   ならざるをえませんでした。
   〈天使〉は【神と人の中継ぎ、 メディア=巫女=中間】です。
   [神話的思考]の物語てきにお話しすれば・・・・。
   流氷の天使のようなゴマちゃん鏡餅をみると想い出します。
     さて、【神と女神の中間】で、幼い娘はどうしたか?
   熱々のかき餅を、「ふーっふーっふーっふーっ」
   と息を吹きかけ(呼吸法!)熱いものを息で冷まして、
    「いただきます」と食べたのです。
   父:「どうだ、うまいだろ」
   母:「・・・(苦笑)」
   わたし:(はふ はふ はふ)と、うなづく。 
   ☆心理学的には、[統合失調症(分裂病)]
   になりかねない、対立の状況でしたが、
   幼いなりになんとか切り抜けて生きてきました((笑))
     だから、「対立を統合する神聖図形、ヤントラ」
   に、むかしから惹かれ、創作し続けているのでしょう。↓↓
   『聖なるチカラと形・ヤントラ』内藤景代・著 実業之日本社・刊
      なぜ、翼をもった大人になれるのか。
    「ロマンを実現したい人」への永遠のバイブル!
      http://yantra.client.jp/
   『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法』内藤 景代・著 
   Amazon Kindle版 ☆スマホ・PCでも読める電子書籍
   無料アプリで今すぐ読書 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オレンジ色の唇(くちびる)の錦鯉と、上下に泳ぐ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水の中での「瞬間芸」のような鏡餅(かがみもち)。
   その後、2匹の白い錦鯉(にしきごい)は、
   それぞれに動き、胸ビレを左右にのばして、
   上下に泳いでいます。
   ゴマフアザラシに似た、白いコイ、ゴマちゃんは上に、
   オレンジ色の厚い唇(くちびる)の錦鯉は、下に。
     泳ぐにつれて、距離をとり、
   2匹の位置がずれていきます。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎距離をとる、白い錦鯉の唇はオレンジ色
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎空飛ぶ魚(さかな)のような白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カワセミ(翡翠 かわせみ) 3態
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆「清流の蒼い宝石」ともよばれる、
   蒼い(あおい)鳥、カワセミ(翡翠 かわせみ)。
   東京生まれの東京育ちのカワセミ(翡翠 かわせみ)も、
   あちこちで暮らしています。
     深山幽谷(しんざんゆうこく)の清流(せいりゅう)
   ではなく、汚れた♪東京砂漠♪を流れる河川や池にも、
   たくましく、カワセミ(翡翠)は生きぬいています。
   ☆けれども、みつけるのがむづかしいです。
      胸が茶色。背中のまん中が蛍光ブルーで、
   その左右の羽根が、水のような蒼い色。
   前後左右で色がちがうので、
   向きを変えると、周囲にとけ、見えなくなる・・・。
      とくに、サギ(鷺)たちを撮影していると、
   サギ(鷺)の大きさに目が慣れてしまうため、
   「そこに、カワセミ(翡翠)がいますよ」
   と、ご親切に教えていただいても、みつからない…。
   目の前の枝なのに、小さいせいか見えない・・・・。
      そんなことが続き、
   「カワセミ(翡翠)キャッチは、わたしにはムリ…」
   と、なかばあきらめていました。
    ところが、最近、綺麗な蒼い鳥が飛ぶ姿(すがた)を、
   なんどかみかけるようになりました。
   枯れ木が多くなり、視野がすっきりしたからでしょう。
      それで、ボケ写真ですが、
   何枚か、カワセミ(翡翠)を撮影できました。
   後ろ向き、横向き、見返り姿の3態です。
     いつか「カワセミ(翡翠)お魚キャッチ」を
   撮影したいですが、今は、まだ夢((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎黒い鳥、オオバン(大鷭) 3態。鼻すじ(額板)白い
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆鼻すじが赤く、全身が黒い鳥バン(鷭)。
   人なつこくて、池から上陸してよく近づいてきます。
      そのバン(鷭)を大きくして、
   鼻すじ(額板)を白くしたのが、オオバン(大鷭)です。
     寒くなると、一対のペアとして出現する(advent)が、
   用心深くて、ツーショットはうまく撮影できません。
     晩秋(ばんしゅう)から冬にかけて、出現する前は、
   どこにいたのだろう?
   と調べると、[夏季に北海道などで繁殖]しているそうです。
      冬季になると、[本州以南で越冬する]といいますが、
   ここは、東京23区の公園。
   少数派のオオバン(大鷭)たちが、
   毎年やってくるのでしょう。だから用心深い?
      バン(鷭)もオオバン(大鷭)も、
   同じツル(鶴)目クイナ(水鶏)科です。
   ☆オオバン(大鷭)は、[絶滅寸前(絶滅危惧I類)]や、
   [レッドリストの指定]を日本の各地で受けています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎2本の細い手を伸ばしたような白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツル(蔓)性、多肉植物の花。ピンク
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
   ☆寒いけれど陽ざしは強い日。
   白い壁をはうようにして、影をつくりながら
   緑のツル(蔓)と葉がのび広がっています。
      ピンクの小花が集まって開花し、
   桃色の小手毬(こでまり)のようです。
      黄色いシベ(蕊)が太陽の《光》をあび、
   ぴかぴか輝いているようにみえます。
   小さなハチ(蜂)もさそわれてきています。
     寒さに強いサボテン(仙人掌、覇王樹 )の仲間、
   多肉植物(たにくしょくぶつ)の花と葉とツル(蔓)です。
    ピンクのつぼみ(蕾)もたくさんあるので、
   冬のあいだ、次々に開花していくのでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白い「・(点)」「・(点)」「・(点)」雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オナガ(尾長)-1 蒼く長い尾。 電線に集合
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆蒼い(あおい)羽根と蒼く長い尾、
   黒い頭部のオナガ(尾長)たちが、
   鋭い鳴き声を発しながら
   あちこちから集まり、電線に集合しています。↑↓
    年末に植木屋さんが樹木を剪定(せんてい)し、
   街路樹や庭木を切ってしまったので、
     (楽しみにしていた木の実が、ない!)
   (保護樹林が消えた。隠れる木陰も、ない!!)
   (電線が集合場所なんて、まる見えじゃないか!!!)
   と、情報交換して、文句をいいあっているようにも……
   きこえます。そら耳(そらみみ)ですが((笑))↑↓
   ☆夕暮れが近づく時間になると、
   青い翼(つばさ)を広げ、同じ方向をめざして、
   オナガ(尾長)たちは飛び去っていきました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オナガ(尾長)-2 同じ方向をめざす
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕焼けに染まりだした大都会の空
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎スーパームーン   大円鏡智(だいえんきょうち)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆1月2日の満月は【スーパームーン】です。
   夜空が晴れて、見られるとうれしいですね。
   正月の東京は、排気ガスもすくなく、夜空が綺麗です。
      今月は満月が2回あります。
   今月1月の【スーパームーン】は、先月12月(はや去年)の
   【スーパームーン】と同じ大きさだそうです。
   上の写真は、先月の【スーパームーン】です。
   【スーパームーン】は、月が楕円(だえん)軌道をえがいて
   地球(earth)のまわりを回っているので、あらわれる現象です。
   楕円の軌道上で【地球に一番近づく日と、満月が重なり】
   月が地球に最接近して、満月が大きく明るく見える現象が
   【スーパームーン】です。
   ★2011年3月20日は、満月で【スーパームーン】でした。
   19年ぶりに月が最接近した、お彼岸(ひがん)の日。
     うちの「ラン(蘭)セカンドラブ」が窓べで12個開花。
   〔偶然〕でしょうが、うれしかったので記録しています。
      というのも、同じ月、2011年3月11日に
   東日本大震災が発生し、つらい気もちになっていたからです。
   ※※※今月は満月が2回あります
   ※※1月31日の満月は【皆既 月食】です。
   ☆【月食】は【地球の影】により、月が欠けて見える現象です。
   【太陽-地球-月が一直線に並ぶ】満月のとき月食がおきます。
   月食がおこるときの満月を覆う影の動きをみていると、
   満月を【食っていく影は、わたし達がいる大地、地球の動き】です。
   「地球は、この速度で毎秒、動いている!」
     と、実感できる体験は、【月食の観察】でしょう。
   曇らずに晴れて見られると、いいですね。
   ☆☆満月Full Moon望 は、[禅の悟りの境地]のひとつ
   【大円鏡智(だいえんきょうち)】を
   シンボル(象徴)するともいえます。
      『十牛図(じゅうぎゅうず)』という
   [禅の悟りへむかう、十の意識状態]の最後です。
   すなわち10段階目の、ステップ10が【大円鏡智】。
   牛(うし)でシンボル(象徴)される[悟り]を求めての、
   10ステップ(段階)の意識(こころ)の旅です。
   ――「意識(こころ)の進化」の旅、ともいえます。
   【円】が象徴(シンボル)するものが、
   【マンダラ(曼荼羅=悟りの境地を図解した、ヤントラ)】
   です。
   今月のトップ写真は、黄色いバラ(薔薇 ばら)に囲まれた、
   犬でありたくなくて空に憧れ飛行士を夢見ている犬の、
   「スヌーピー・マンダラ」戌(いぬ)年 内藤景代・作です。
   4態のスヌーピーがいます。4変化。↑
   
   【マンダラ】は、縦(|)と横(―)の十字(クロス)を囲む
   「円であり、4という全体性(例:四方)」を象徴します。
   詳細は、『ヨガと冥想』 内藤景代・著 にかきました。↓↓
   【意識(こころ)の進化を、4段階】にまとめました。
   1)初段・1元論
   「みんな同じ」という溶けあう世界観
   宇宙と一つに溶けあう、私。みんな、同じ。梵我一如
   2)2段・2元論 合理主義
      分かるために、分けた。ちがい、が分かる。
   3)3段・相対論 無心・無我。
    絶対はない。すべては変化する。我執から、空へ。
   4)4段・絶対一元論 即身成仏(そくしんじょうぶつ)。
      絶対の現れとしての、私。対立から、統合へ
   詳細は、↓↓↓
   『ヨガと冥想(瞑想)』入門から神秘体験へ 
    内藤景代・著 実業之日本社刊
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★2018年レッスン時間割と月の満ち欠けは、こちらへ ↓↓
   http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html
   *---*---*---*---* 
   ●小寒(しょうかん) 1月5日  小寒は24節気のひとつで
    「寒さも本格的になり、雪もふる時季」です。
   小寒から寒の入り(かんのいり)。
   →季節のご挨拶は、「寒中お見舞い申し上げます」
   寒の内(かんのうち)は、小寒から節分まで約1ヶ月間。
   ●大寒(だいかん)1月20日  
   大寒は、24節気のひとつで
   「雪もふるような、一年で一番寒い時季」です。
   *-------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼けと月、カワセミ(翡翠)と鯉、
   猫の瞑想=観想★》としても、みてください。
   以下に、29枚の順をかきます。
   *************************** 
   #1☆「スヌーピー・マンダラ」戌(いぬ)年 New Year 
   #2☆犬用 和服と日本髪かつら、帽子と襟巻き 
   #3☆からん、ころん。絵馬 Singing Ringing Tree 
   #4☆お祓い鈴(おはらいすず)上野 東照宮 
   #5☆上・中・下にぽつぽつと白い雲
   #6☆マユミ(真弓 檀 まゆみ) 赤い実 ニシキギ(錦木)科
   #7☆寒気が強い日。白い雲が段々に放射状
   #8☆西洋桜草(セイヨウサクラソウ) 
   #9☆厚く棚引く、白い雲
   #10☆バラ(薔薇)のようなサザンカ(山茶花 さざんか) 
   #11☆【大きな魚=鯤鯨(こんげい)】のような白い雲
   #12☆鏡餅(かがみもち)のような、錦鯉(にしきごい) 
   #13☆オレンジ色の唇(くちびる)の錦鯉と、上下に泳ぐ 
   #14☆距離をとる、白い錦鯉の唇はオレンジ色 
   #15☆空飛ぶ魚(さかな)のような白い雲
   #16☆カワセミ(翡翠 かわせみ)3態 
   #17☆黒い鳥、オオバン(大鷭)3態。鼻すじ(額板)白い
   #18☆2本の細い手を伸ばしたような白い雲 
   #19☆ツル(蔓)性、多肉植物の花。ピンク 
   #20☆白い「・(点)」「・(点)」「・(点)」雲 
   #21☆オナガ(尾長)-1 蒼く長い尾。 電線に集合 
   #22☆オナガ(尾長)-2 同じ方向をめざす 
   #23☆夕焼けに染まりだした大都会の空
   #24☆スーパームーン   【大円鏡智】
   #25☆気まぐれな小さい雲
   #26☆#27#28#29☆アウトドアの
   ノラ(野良猫)ちゃん親子-1-2-3-4 
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
   眉間にしわをよせないで、優しいまなざしで観てください
   *-------*----------*---------*----------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎気まぐれな小さい雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
       ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★【時の流れ】は、つながっていて、
   トリ(鳥)やコイ(鯉)、ネコ(猫)やイヌ(犬)には、
   新年といっても、きのうの続きで、
   正月はハレの日といっても、晴れ着をきるわけにはいかず、
   羽毛(ダウン)や、うろこ(鱗)、毛皮など
   一張羅(いっちょうら)を着回し(きまわし)です。
     ひともまた、霊長類ヒト科で、
   「裸のサル」ともいわれる毛ものなので、
   鳥や鯉、猫や犬のように年末年始をすごすことも、
   可能で、基本的には、自由です。
      さはさりながら(然は然り乍ら)・・・
   たとえ、そうだとしても、ひととして、
   節目(ふしめ)の日、お正月を自分なりに祝うのも、
   乙(おつ)なものではありませんか。
   気もちが華やいできます。
   
   すこし斜に構えた(しゃにかまえた)かきかたですが、
   とても疲れているひとには、響くかもしれません。
   1年の疲労回復で寝正月(ねしょがつ)も、ありですが、
   お元気ですか?
   
   ★平成時代がほぼ終わる、平成30年の始まりです。
   2018年(平成30年)の次の年、2019年5月1日から、
   【新しい時代】がはじまることになっています。
   新しい元号(げんごう)は、今年中に決まるそうです。
   徳仁(なるひと)天皇、愛称なるちゃんの誕生です。
   ☆★年末年始に、高カロリーのごちそうをとりがちなので、
   1月7日は、「七草がゆ(ななくさ粥)」を食べると
   その一年を健康に、無病息災に過ごせるといわれています。
      「七草がゆ(ななくさ粥)」でなくても、
   [春の七草]をみそ汁などに入れてもよろしいです。
      [春の七草]は、くくりなおすと
   「食べられる、7つの野草(やそう)」。
      セリ(芹)、ナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ(母子草)、
   ハコベラ(ハコベ)、 ホトケノザ(田平子)、
   スズナ(蕪)、スズシロ(大根)。 
    すべての野草をそろえるのががむりなら、
   セリ(芹)、スズナ(蕪=カブ)、スズシロ(大根)など、
   三草でも、ベターです。
   ベスト(最善)がダメなら、次善の策(ベター)でOK。
    たとえば、大根は葉っぱつきを選びます。一草として。
   大根の葉を細かくきざみ、みそ汁や漬け物に。
   大根の根は、生で大根おろしやサラダ、煮物にすると、
   ジアスターゼという消化酵素もはたらき、
   胃や腸の働きを助け、体調をよくします。
   ・セリ(芹)は、クレソンでも代用でき、生で食べられます。
   ・カブ=スズナ(蕪)は、葉っぱとともに、みそ汁や浅漬けに。
   
   ●今年は、4日始まりで、いそがしい、という声もあります。
      【緊張とリラックスの切り替え】がじょうずになると、
   [慢性疲労]のような、イヤな疲れはなくなります。
   
   こころ(心)とからだ(体)と脳を、リラックスさせて、
   良質な休息をとり、今年も元気におすごしください。
      そのためには、ヨガ・瞑想・呼吸法を
   くらしのなかにとりれることをおすすめします。↓
   ※ネットのNAYヨガスク-ルは、無休です。
      →◎メ-ル   e@nay.jp 
   ★内藤景代の声で誘導するCD『くつろぎの冥想(瞑想)』   
   ★内藤景代監修・出演 DVD『ヨガと冥想(瞑想)』 
   ↑本 『ヨガと冥想(瞑想)』入門から神秘体験へ (内藤景代・著)
   のDVD版です
   DVD・CD ☆ 〔通販のご案内〕  ◎無休です
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その108
   =============================
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アウトドアのノラ(野良猫)ちゃん親子-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   先月に引き続き、雑木林(ぞうきばやし)にいた
   アウトドアのノラ(野良猫)ちゃんファミリー(一家)。
      たぶん親子(おやこ)です。
   この白猫(しろネコ)は、おかあさん……でしょう。
   目を瞑り(つむり)、耳はすこし緊張気味ですが、
   おだやかな表情で、ゆったりと、ふくよかにくつろぐ感じ…
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アウトドアのノラ(野良猫)ちゃん親子-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆くつろいで横たわる白猫(しろネコ)のところへ、
   若い三毛猫(みけネコ)が、出現し、
   ちょっかいをだします。
      先月【われ かん せず(我関せず)】
   と、背をむけていた三毛猫のようです。
   からだ(体)は、白猫の半分くらい。
     でも意気盛ん(いきさかん)。
   喧嘩(けんか)をふっかけます。
     が、白猫は、三毛猫に顔をむけますが、
   ・・・・起きあがりもしません。↓
   喧嘩やファイトのシミュレーションをしたいのでしょうが、
   模擬試合すら、かまってもらえません。
    けれど、燃える闘魂((笑))のエネルギーは、だぎる。
   それで、若い三毛猫は、どうしたか?
   下のシーンになります。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アウトドアのノラ(野良猫)ちゃん親子-3 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   闘いの血が騒ぐ((笑))若い三毛猫は、
   白猫のもとから脱兎(だっと)のごとく、走りだして、
   高い木の上に、一気に駈け上り(かけのぼり)ます。↑↓
   ☆そして「Y」型の枝で、停止。
   背中をみせ、木の股(また)で、ひと呼吸。
   白猫(ネコ)で、三毛の虎模様がみえます。
     その背中は、いかにも、こういってます。
   (見てる?)
   (見た?)
   (すごいでしょ! 一気駆けだよ!!)
      そして、見ているはずの白猫(ネコ)や、
   わたしにむけて、視線を飛ばします。
   (どうだ!)
      その後、木から下りるときは、下向きで、
   急に、気弱(きよわ)そうな表情になるのが
   ご愛嬌(あいきょう)。↓
     上るのは得意だけれど、下りる(おりる)のは、
   苦手(にがて)という、ネコ(猫)は多いです。
   
   この三毛猫さんも、下りるのが弱いタイプだったようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アウトドアのノラ(野良猫)ちゃん親子-4 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」1月号を
   アップしました。 
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」  寒いとくっつくふたり
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 53」緑のみえる景色 -9 
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」 首の紅い鈴
   ●美樹さんは「久しぶりの花園神社」親子のキツネ(狐)
   ●Kayokoさんは「阪神タイガース 糸原健斗選手」 33 挑む
   ●mariko さんは「うちの猫」ラウル君、茶のハチワレだった・・・
   ●シンゴさんは作曲&シンセサイザー演奏【Swing】4 「大空」
   ●Ryoさんは「雪のような白い枝とピンクの花 」
   ●健治さんは「私の居場所」 定点観測-7
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 80  「ビルドゥンクス
    ロマン ~成長の物語~」
   
   ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
   「NAYヨガスクール体験記 80
    「ビルドゥンクス ロマン ~成長の物語~」
   
   ※追記: 内藤 景代 ないとう あきよ)記
   
   【人のこころが成長するということ。
      それを願うこと。
   シンプルに、これくらい美しくて、正しいことはない。
       (略)
   言葉を用い、 声にすれば、それはすぐにでも叶う。
    ひとりぽっちでも、ひとりではないことを知る。
     はじめに言葉ありき。
   
   「願いごとがない」という人がいるのなら、
   目を閉じて、 耳を澄まそう。
   幼なごころに話しかければ、これから行くだろう方角へ、
   進むに必要な言葉が、 聞こえて来る。】
   
   ↑まさに、おっしゃる通りだと思います。
   
   「はじめに言葉ありき。」
   新約聖書『ヨハネの福音書』の巻頭ですね。
   
   ☆地下を深くほって、土台をしっかりつくり、
   高く「層」を積み重ねながら、
   ビルディング(建物)をたてていくように、
   「こころの成長物語」をつむいでいらした、和之さん。
   
   時間がかかる、
   ひとりだけの孤独な作業だったと想います。
   だから、“言葉”を発するのに、5年もかかった。
   
   東新宿のレッスン場所にからだ(体)を運び、
   わたしの目の前で寝ころんでいても、
   口はきかない、“言葉”は使わない…。
   
   そんな状態の続いた和之さんから、
   “言葉”の大切さをかいた
   今月のNAYヨガスクール体験記を拝読して、
   感無量(かんむりょう)です。
   
   なぜなら、“言葉”は、ひととひとを結ぶ〃もの〃だから。
   ちがうひと同士だからこそ、“言葉”が必要になる。
   
   2017年は忖度(そんたく)が流行語大賞など、
   “言葉”が信じられないことが多い年でした。
   
   「人の言」とかいて、「信(しん)」。
   「言が成る」とかいて、「誠(まこと)」。
   
   あきらめずに、
   わたし達は、“言葉”を大切に使っていきたいものです。
   
   今年2018年は、平成のほぼ終わりの年、
   新しい時代に向けて、
   「ビルドゥンクス ロマン ~成長の物語~」を、
   おたがいにつむいでいきましょう。
   こころ(心)をこめて。
   
   ※「永遠の少年」は、こころの深い「層」に生き続けている、
   元型的な〔永遠の少年と乙女〕のイメージで、
   ユング心理学の元型イメージのひとつ。
   
   〔永遠の少年と乙女〕は、
   《鈍感な俗物たちの中で、唯一の繊細な感性を持った
   特別の存在の、わたし》と感じていることが多く、
   孤独にさいなまれやすいです。
   詳細は『 BIG ME 』を。 ↓↓↓↓
     ☆本:『BIG ME~こころの宇宙の座標軸~』は、
   通販でも、お求めになれます。   無休です。
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2018年1月28日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
        ***************************************
    ▼登録/解除 下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
        **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/31
部数 526部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/31
部数 526部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング