内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年09月02日
   ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
    2017年9月1日(金)
   ◎時を味方に[変身中]という微妙な状態の【危険な魅力】セミ(蝉)
   の脱皮と羽化。白い花と青い果実のカラスウリ(烏瓜)、ヒヨドリジョ
   ウゴ(鵯上戸)。秋牡丹のフヨウ(芙蓉)紅白。6羽の白鷺が水鏡でつ
   くる幻想的な円環。コンロンカ(崑崙花)の白。ザクロ(石榴)の赤
   い花と赤い実。2羽のシジミチョウ(蜆蝶) 秋の草。赤い日の丸の錦
   鯉。マガモ(真鴨) ♂変身中。みのりの秋は変化のとき、成長物語。
   38枚の写真を【二重(ダブル)イメージ】でわが身に引きよせると、
   生きる知恵と楽しみ、勇気も湧いてきます。
           --------*----------*---------*----------*
    満月 9月6日下弦 9月13日 新月 9月20日上弦 9月28日17.9月ピック
   アップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ] 
   ・今月の異名(いみょう)は 長月(ながつき)
   ・24節気 白露(はくろ) 9月7日 
   秋分(しゅうぶん)  9月23日
   *2017年 24節気 月の満ち欠け 
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★今月のピックアップ写真 
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 
 
   
   ●はじめてのかたも●さらにヨガを深めたいかたも●ご遠方のかた
   も日帰りで     
       9月24日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★New10月29日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★New11月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   **********************************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎秋牡丹(あきぼたん)フヨウ(芙蓉) ピンク 日の丸
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆秋牡丹(あきぼたん)ともよばれるフヨウ(芙蓉)の花。
   ピンクの花びらの底に、赤い日の丸があります。
   
   ムクゲ(木槿)の花に似ています。
   同じアオイ科フヨウ属なので。
   どちらも朝に咲いて、夕方にはしぼむ1日花です。
   
   ◎ちがいは、葉の〔かたち〕と 
   花の中央にある、蕊柱(ずいちゅう)。
   蕊柱の先端が曲がっているのが、フヨウ(芙蓉)。
   下の白いフヨウ(芙蓉)の花だと、よくわかります。↓
   
   ☆花の中央(|)にある蕊柱(ずいちゅう)。
   柱頭のメシベ(雌蕊♀)が、5つに分かれ、
   5弁の白い小花のようにみえるのが、フヨウ(芙蓉)。
   
   ☆☆黄色い花粉はたっぷりあり、花びらの上に落ち、
   虫たちがその花粉を運んでいます。
   
   ☆☆☆以前、フヨウ(芙蓉)の花粉を自分の身につける、
   [へんな虫]に出会いました。
   
   後でしらべると、卵が「ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の花」
   ともよばれているクサカゲロウ(草蜉蝣)の幼虫でした。
   
   伝説のウドンゲ(優曇華)の花は、植物ではなく、
   動物、虫だったのです。
   
   [3.000年に一度花を開き,
   そのときに如来(にょらい)が現れる]
   と伝えられている花がウドンゲ(優曇華)です。
   
   そのお話とウドンゲ(優曇華)の花といわれる
   [卵と幼虫そして成虫]の写真などは、以下をどうぞ。 ↓↓↓↓
   【2005年11月2日(水)
   ☆「ウドンゲノハナ(優曇華の花 うどんげのはな)」が開いたも
   の】といわれる「へんな生きもの」に出会う。 
   ☆クサカゲロウ(草蜻蛉)の幼虫。】
   http://www.bigme.jp/000-000-05-11/05-11-2/05-11-2..htm
   【2006年7月17日(月) 
   ☆ウドンゲ(優曇華 うどんげ)の花といわれる、
   クサカゲロウ(草蜻蛉 くさかげろう)の卵】
   http://www.bigme.jp/00-06.07/06.7.17/06.7.17.htm
   【2006年8月22日(火) 
   ☆「卵→幼虫→成虫」と、クサカゲロウ(草蜉蝣)の一代記
   ★「ウドンゲ(優曇華)」とまちがえられる卵をうむ、クサカゲロ
   ウ(草蜉蝣 くさかげろう)の成虫】
   http://www.bigme.jp/00-06.08/06.8.22/06.8.22.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎フヨウ(芙蓉) 紅白 秋牡丹
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆フヨウ(芙蓉)が紅白で並んで咲いています。
   ピンクのフヨウ(芙蓉)と、白いフヨウ(芙蓉)。
     紅白の秋牡丹(あきぼたん)は、華やかで、
   どことなく、おめでたい《氣》がします。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎フヨウ(芙蓉) 白 メシベ(雌蕊♀)めしべ先端が曲がる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白いフヨウ(芙蓉)は、
   優雅で、たおやかな高貴さを感じさせます。
   さみしくない、ゆたかな白の世界。
   
   クリーム色の蕊柱の先端が曲がり、
   その上にあるメシベ(雌蕊♀)が5つに分かれています。
   まるで、小さな5弁の花のようです。
   ☆フヨウ(芙蓉)の花言葉は、
   繊細な美しさ、富貴、熱い思いなど。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) 白い花 青い実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆秋が深まると赤い実がなる、ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)。
   ナス(茄子)科です。
     白いつぼみ(蕾)と白い花そして青い実が、
   同時にみられる場面(シーン)を撮影できました。
   時間の〔変化〕がないと、いっしょには撮影できないので
   [得した感じ]がします。   幸運(ラッキー)!
      とくに、今回は、青い実が
   碧玉(へきぎょく)がしたたるようにたれ下がり、
   輝いているのをはじめて見ました。美しい!
      例によって、[小さなことに喜んでおります]。
   …単純、シンプル、○○!といわばいえ((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シジミチョウ(蜆蝶) 2匹 ひとつの花の上で 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆小さなシジミチョウ(蜆蝶)が2匹飛んできて、
   ひとつの花の上に、いっしょにとまりました。
     青灰色と青茶色のシジミチョウ(蜆蝶)が、
   赤い花の蜜(みつ)を仲よくすっています。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 羽化(うか)しつつあるセミ(蝉)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆薄闇(うすやみ)がせまるころ、
   セミ(蝉)の羽化(うか)をみたことがあります。
   蛍光色で《光》を発するので、幻想的でした。
      ところが、今年は、お昼になる前、
   羽化(うか)しつつある【白い羽根のセミ(蝉)】を
   植えこみのなかで発見。
      (午前中とは、遅い羽化なのか?)
   と思っていると、「早い羽化なんですよ」
   と説明しながら撮影しているかたがいました。
   
   ☆土中からはい出し、植木の枝にしっかりつかまり、
   脱皮し、羽化していくセミ(蝉)。
   
   脱皮の方法を誰にも教わらず、
   羽化するという未来像(ビジョン)も知らされず、
   [変身]していく【白いセミ(蝉)】。
   
   黒い目玉(めだま)だけが、こちらをしっかり見ています。
   ・・・が、その目玉には何がうつり、なにを思うのか?
   
   羽化には長い時間がかかるので、
   (がんばれよ! 昆虫少年や昆虫採集親子にみつかるな!)
   と、そっと羽化の場を去りました。
   
   ★変身前と変身後というはっきりした〔かたち〕ではなく、
   [変身中]という微妙な【どっちつかずの状態】が、
   一番、見るほうには【魅力的】であり、
   見られるほう(セミ)には、【危険な状態】です。
      這うこともできず、飛ぶこともできない。
   いっさい身動きできませんから。
   時の経過を待つしかない。
      「時を味方に」して、ゆっくりと変身中。
   ★☆★あいまいで、微妙繊細な〔中間〕領域の状態・・・
   色でいえば、ぼかし模様の中間色。
      変身前を【1】とすれば、変身後は【2】。
   あいまいで微妙などっちつかずの〔中間〕領域は【3】。
      この[第3の領域]は、生きものが[変身中]の状態。
   そして変容(メタモルフォ-ゼ)には、必要不可欠な状態。
      好きですね。わたしは。
   大切な時間だと想います。
      今月の[青いカラスウリ(烏瓜)の果実]の状態と同じです。
   ひとの[青いこころ(心)]は青春(せいしゅん)の代名詞です。
   
   ★別のところで、トゲいっぱいのバラ(薔薇 ばら)の枝に、
   しっかりしがみついていたままの、
   セミ(蝉)の抜け殻をみつけました。 下の写真↓
      トゲのない別の木もあるのに、
   なぜ、あえて、トゲトゲのバラ(薔薇)の枝を、
   はい昇り、しがみつき、脱皮したのでしょう?
      目玉の抜け殻もくっきりした、空蝉(うつせみ)。
   太めの[白い糸]がくっきり残っていました。
      脱皮したセミ(蝉)は[白い糸]を引きちぎるようにして、
   飛びたっていったのでしょう。
   
   ☆夏に羽化したセミ(蝉)の抜け殻が、
   秋の七草オミナエシ(女郎花)の花をつかんだままの写真はこちらへ
    オミナエシ(女郎花 おみなえし)と空蝉(うつせみ) 
   http://www.bigme.jp/00-16-09/16-09/16-09.html
   ☆セミの透明な脱け殻と、「ひとの脱皮と羽化」の関係のお話は、
   こちらへ↓
   http://www.bigme.jp/00-0-01-2-essay-news-2002-08/2002-08-03/
   2002-08-03.htm
   ☆[何のために? こんな試練が…]
   個人のための[脱皮と羽化]通過儀礼については、こちらへ↓
   http://www.bigme.jp/000-000-03-01/03-01-15/03-01-15.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎羽化(うか)したセミ(蝉)の[白い糸]と抜け殻
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 秋の草-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ハゲイトウ(葉鶏頭、雁来紅)が多彩にうえられて、
   秋の風情(ふぜい)をかもしだしています。
      ビロード(天鵞絨 ベルベット)のような、
   ケイトウ(鶏頭 けいとう)の花は、
   最近、ちいさい花が好まれているようです。
     まるで、ろうそくの灯火(ともしび)のような、
   ちっちゃなケイトウ(鶏頭 けいとう)の花を、
   まるく植えた鉢は、誕生日ケーキのようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎大きく渦巻く白い雲 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎錦鯉 ゴマちゃんと橙色のコイ(鯉)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹)に似ている、
   錦鯉(にしきごい)のゴマちゃんと、
   よく出会えるようになって、うれしいです。
     最近、こちらを認識してくれているようで、
   上体を水中から出して、こちらをみつめます。
   フラッシュをたいてもいやがりません。
   カメラ目線です。
     ほかのコイ(鯉)は、水中を泳いでいるので、
   顔を出した白いコイ(鯉)、ゴマちゃんは、
   絵になります(自画自賛)。
     上の写真は、橙色(オレンジ色)に黒の斑入りの
   錦鯉とのツーショット。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤い日の丸と白地に黒の錦鯉とゴマちゃん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ●赤い日の丸と白地に黒の錦鯉(ニシキゴイ、英語: Koi)が
   ゴマちゃんと接近遭遇。
     まるで白地に赤いバラ(薔薇)のようなコイ(鯉)です。
   [日の丸3色]とでもよぶのでしょうか。
      ゴマちゃんを見に行くと、
   色と〔かたち〕が多彩で多様なコイ(鯉)に出会います。
     以前は、「コイ(鯉)」とひとくくりで、
   個体を識別できなかったのが、
   最近は、[ちがい]がわかるようになり、面白いです。
   
   ◎「錦鯉が好きな元・総理大臣、田中角栄氏」
   のお気持ちがすこしわかるような気がします。
     角栄(かくえい)氏は、田中真紀子さんの父上で、
   「今太閤」(いまたいこう)とよばれながら、
   「総理の犯罪」として収賄による疑獄(ぎごく)事件で、
   逮捕され、監獄(かんごく)に入ったかたです・・・。
 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎錦鯉 腹の緋色をみせるゴマちゃん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆鼻のあたりが濃い灰色で、
   ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹)に似ている白いコイ(鯉) 
   錦鯉(にしきごい)のゴマちゃんは、
   なめらかにターンして、からだ(体)をくねらせて泳ぐと、
   腹(はら)の緋色が水面(みなも)に透けてみえます。
     胸びれは、橙色(オレンジ色)。
   
   ☆赤心(せきしん)は、真心(まごころ)のこと。
   「赤いこころ(心)は、腹(はら)にある」
   と、むかしの日本人は伝えてきました。
   
   だから、「腹黒(はらぐろ)ではない」と
   潔白を証明するために、
   むかしのサムライ(侍)は、腹切り(はらきり)をして、
   赤い腹の赤心(せきしん)を、みせたのです。
   残酷な風習ですが・・・。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎天使の翼のような鱗雲(うろこぐも)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ コンロンカ(崑崙花 こんろんか)白い葉
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆涼しげな真っ白い葉をたった1枚つけ、
   残りは緑の葉で、
   黄色い5弁の小さな花を咲かせる
   コンロンカ(崑崙花 こんろんか)。
     黄色い花がまん中にあつまり、
   白い葉が2枚あると、
   大きな花に見えます。上の写真がそうです。
     まるで、黄色の小花がシベ(蕊)で、
   白い葉が、大きな花びらのような、
   ひとつの花に錯覚しませんか?
   
   ハンゲショウ(半夏生 半化粧 はんげしょう)は、
   夏至(げし)から11日目の[半夏生]のころだけ
   葉の下半分が白くなる。ドクダミ科の花でした。
   [半夏生]をすぎれば、白い葉はなくなります。
   
   コンロンカ(崑崙花 こんろんか)は、
   一枚の葉だけが、白いままです。
     それで、中国の崑崙山(こんろんざん)を
   イメージする名をつけられた、涼しげな夏の花。
      崑崙山は、中国の神話的な山で、
   仙女(せんにょ)の西王母(さいおうぼ)が住む伝説の山。
   黄河(こうが)は、ここに源を発するとされています。
      [崑崙山に積もる白雪]に 
   白い葉を見たてた名前で、コンロンカ(崑崙花 )。
   
   “言葉”ひとつで、地味な黄色い小花でも、
   雄大なイメージのゴージャスな花に変容します。
     [見たて]は、[自然]がみせる遊びごころ(心)に、
   おつき合いする、こころのゆとりのように想います。
   
   ●緑の葉を赤くするポインセチアに似て、
   葉を1枚だけ白くするコンロンカ(崑崙花)は、
   「野生の思考」という、植物や動物たちの、いのち(命)の発想法
   の具体例ともいえましょう。
   http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-18/03-04-18.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 台風一過の青空と雲 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シジミチョウ(蜆蝶) 白いハーブにとまる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆シジミチョウ(蜆蝶)が羽根をとじたまま、
   白いハーブにとまると、
   花の一部のように、溶けてみえなくなります。
   
   この羽根をとじた姿勢のまま、
   上向きになったり、左向きや右向きに動きます。
   通りすがりだと、見分けがつかないでしょう。
   写真にとっても、ひらべったい[線]にしかみえません。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎秋の草-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆まっか(真っ赤)なハゲイトウ(葉鶏頭、雁来紅)は、
   別名の雁来紅(ハゲイトウ)のイメージそのものです。
   
   雁来紅(がんらいこう)とかくのは、
   ハゲイトウ(葉鶏頭)が【深紅】にそまると、
   北の国から【雁】(がん)が【来る】時季になる・・・
   という伝承からだそうです。
     今は、気候の変動で、だいぶ時季がずれているようですが。
   [地球温暖化]の影響がじわじわと・・・・・。
   北の氷河が溶けだしたり、、、、猛暑が続いたり。。。。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎放射状の雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カラスウリ(烏瓜) 白い花が残る青い果実 縞模様
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕暮れに、レ-スのような白い花を開くカラスウリ(烏瓜)。
   実を結ぶと、縞模様(しまもよう)の青い果実になります。
   
   小さくしぼんだ白い花が残る、青縞の果実をみつけました。
   紅灯のような赤い実になるのが楽しみです。
   
   ところが、植木屋さんに目の敵(めのかたき)にされ((笑))
   ツル(蔓)ごと一気に刈られてしまうことが多く、
   カラスウリ(烏瓜)の赤い実をみかけにくです。
   カラス(烏)も好んで赤い実を食べますし。
     以前、赤いカラスウリ(烏瓜)でリースをつくりました。
   自家製です。うちの樹木にからんでいたものを使用。
   赤い灯火(ともしび)が輝くようで、お気に入りでした。
   
   ☆白い花から青い果実になり、紅灯のような赤い実になる。
   「時を味方に」変容したカラスウリ(烏瓜)の[3変化]。
   とても象徴的(シンボリック)に想います。
   
   F・ニーチェが、ひとのこころ(心)の成長を[3段階]として
   『ツァラトゥストラ』で「3様の変化」として
   語っているのと、呼応しているように想います。
   
   すなわち
   【1)ラクダ→2)獅子→3)子ども の3段階の変化】。
     詳しくは、以下をどうぞ。 ↓↓↓↓
       『BIG ME』 42ページ
        『わたし探し・精神世界入門』288ページ
   
   ●「自意識のカラ」に包まれた「青い時代」
   ……自分を守ってくれるはずのカラが、
   逆に自分を不自由にするような、
   うまく自分となかよくできない「青い季節」。
   
   青い季節は、外の世界に牙(きば)をむく2)獅子の時代
   あらゆることに「イヤ」「NO!」という否定と反抗の時代
   ・・でもあります。
   
   それ以前の1)ラクダの時代は、まっ白な[よいこ]として、
   すべてを受け入れ、重荷を背負っていく時代。
   
   若くして、疲れて、あーあとため息をつきながら
   とぼとぼと[精神の砂漠][こころの荒野]をひとり孤独に歩む。。。
   
   
   そして、3段階目の変化は、[3)子ども]になること。
   生まれ変わったように「初生の赤子」として。
   
   
   子どもが、子どもになるのなら、ムダな〔変化〕ではないか?
   
   【子どものままで、そのまんまでいいじゃないか】。
   
   と、2次元の平面的な発想では考えます。
   
   コスパ(コストパフォーマンスの略)が悪い? 損? ムダ?
   
   ・・・・ところが、こころ(心)の成長では、
   3次元の立体へ、もうひとつ「層」を加えることになるのです。
   [ビルディングの階層]がふえるように。
   
   だから、ドイツ語の「ビルドゥンクス・ロマン」は、
   「こころ(心)の成長物語」という意味なのです。
   [階層的な成長物語]を【教養小説】ともいいます。
   
   すなわち、こころの[ビルディングの階層]がふえることが、
   [教養]であり、「こころ(心)の成長物語」なのです。
   マナーやお行儀、知識量という[教養]とはちがう
   [精神の変容の物語]をふくむ世界観…
   
   繊細で(←めんどくさい?)レースのような白い花が、
   青い時代を体験して、
   紅灯のようなカラスウリ(烏瓜)になる〔変化〕が、
   「こころ(心)の成長物語」であり、
   [教養]をうむものになるわけです。
   
   
   「ビルドゥンクス・ロマン」的な[教養]や「こころの成長」は、
   売っているものではなく、
   【自分で体験する価値の世界】のように想います。
   詳細は、以下に ↓↓↓↓
   【2002年10月1日(火) 
   ☆カラスウリの「季節による変化」の「成長物語」と、青の時代。
   ☆ニ-チェの「3様の変化」(ツァラトゥストラ)】 
   http://www.bigme.jp/000-00-02-10/02-10-01/02-10-01.htm
   
   ●緑のシマもようのカラスウリの果実が、
   赤い実(み)に色づいていくプロセス(過程)の写真は、こちらへ↓
   http://www.bigme.jp/000-00-02-11/02-11-16/02-11-16.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ザクロ(石榴 ざくろ)の赤い花と赤い実 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆粒つぶの種(たね)に、すこしだけ食べられる部分がある、
   ザクロ(石榴 ざくろ)の果実。
      食べにくいというか、食べるものとは、いえない?
   
   [仏教の説話]では、ひとの子を食らう鬼、
   【鬼子母神】(きしぼじん)に、子どもの代わりに食べさせ、
   改心させた、といわれます。
   すなわち、ひとの子の肉の味が、ザクロ(石榴)の果実・・・。
   
   ☆今は、ザクロ(石榴)の果実をジュースにしたものが、
   婦人科系のトラブルに効果があると、人気のようです。
   
   ☆ちょうど、赤い花と、タコさんウインナー的小さな果実、
   大きくまん丸になった果実が、同じ木になっていました。
   上の写真です。
     丸い果実がはじけて内部の粒つぶがみえるようになると、
   [通常イメージのザクロっぽく]感じるでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カリン(花梨 かりん)の青い果実 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆女性の握り拳(にぎりこぶし)ほどの青い果実、
   カリン(花梨 かりん)がみのっています。
      カリン(花梨 かりん)の花は肉厚のピンクで、
   サクラ(桜 さくら)の咲く頃に、咲きます。
   
   黄色くなると収穫される、カリン(花梨 かりん)。
   そのまま食べずに、砂糖漬けにすると、
   カリン(花梨)シロップ(砂糖液)になり、
   むかしから、のどに効くといわれています。
   のど飴(あめ)にもカリン(花梨)がはいっています。
   酒につけて花梨酒(かりんしゅ)にもします。
   ★中国や日本の机などの伝統的な家具の「花梨(かりん)」と、
   のど飴、果実酒に使われるカリンは、ちがう樹木です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◎マガモ(真鴨) ♂変身中。 頭部の緑あり→なし。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆今年は、雨が多い夏だったせいか、
   マガモ(真鴨 まがも) オス♂の変身もゆっくりでした。
   「時を味方に」して、変身中。
      [エクリプス]で羽根が抜けかわるのが
   夏の終わりまでかかっています。
      それで、秋には緑の頭部に変身するはずが、
   メス♀のように地味な色のままで、
   カルガモ(軽鴨)たちに混じって泳いでいます。
   ☆クチバシ(嘴)をみないと、
   マガモ(真鴨) ♂か、カルガモ(軽鴨)かわかりません。
      マガモ(真鴨) ♂のクチバシ(嘴)はすべて黄色。
   カルガモ(軽鴨)♂♀は、クチバシ(嘴)先端だけが黄色。
      [エクリプス]とは、換羽して、メス♀のような
   地味な姿になった、オス♂のカモ(鴨)のことです。
   ☆アヒル(家鴨)は、【野生】のマガモ(真鴨)を、
   〔家畜(かちく)のように、家禽(かきん)〕とした、
   黄色いクチバシ(嘴)の白い鳥です。
   ◎夏と秋のマガモ(真鴨 まがも)オス♂ の[ちがい]は、こちらへ
   http://www.bigme.jp/00-15-09/15-09/15-09.html
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎多様な雲 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヤモリ(家守、守宮) ガラス窓にはりつく
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆今年の夏は雨が多いせいか、
   ヤモリ(家守、守宮)をみかけませんでした。
   が、8月の【21日間連続降雨記録】が破れた(?)暑い夜、
   1匹のヤモリ(家守、守宮)が、うちのガラス窓に出現。
   
   吸盤のような手足を磨り(すり)ガラスにはりつけ、
   まっすぐ上下になったり、
   すばやく回転して頭部を下にしたり、
   虫をねらっていました。
      「ヤモちゃん!」
   と呼びかけながら、お腹(なか)のあたりを
   ガラス越しにかるくたたいても、びくともせず、
   虫の動きに【意識を集中】していました。
   〔ハンター・ヤモ〕の2態をひとつの写真にしました。
   
   6匹の〔ハンター・ヤモ〕の写真とお話は以下に↓
   【2014年6月2日(月)
   ☆『アナと雪の女王』♪♪ Let It Go レット・イット・ゴー あり
   のままで♪♪と、ビートルズ♪♪Let It Be レット・イット・ビー
    あるがままに♪♪と『般若心経』 ☆エゴノキとラテン語の「エ
   ゴ」。「エゴ=アイ(I)=イッヒ=自分=私」 [野生のエルザ(
   ♀ライオン)]☆逆立ちする5匹のヤモリ(家守 守宮)たち 窓べ :
   [野生の思考]を体現☆-9白い壁と〔一体化〕した、白いヤモリ(家守、
   守宮)】
   http://www.bigme.jp/00-14-06/14-06.html
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【進化中】オシロイバナ(白粉花)-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕暮れになると芳香をはなつオシロイバナ(白粉花)。
   ユウゲショウ(夕化粧)ともよばれます。
   朝には小さく、みるかげもなくしぼんでいます。
   
   ☆点(ドット)や線、面に〔変化〕する
   ☆「赤・白・黄色の3色の組みあわせ」で、
   今も[進化中の花]、オシロイバナ(白粉花)。
      点(ドット)のオシロイバナ(白粉花)をみると、
   【ドットの女王・草間弥生さん】の作品につながる
   〔なにか〕を感じます。
   いのち(命)の動きのような〔変化〕する〃もの〃。
      赤と黄色の組みあわせでオレンジ色。↑
      赤と白の組みあわせでピンクの花。↓
   〔偶然〕なのでしょうが、
   〔偶然〕が重なると、〔変化〕が【濃く】なるようです。
   そして、〔変化が定着していく〕のでしょう。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【進化中】オシロイバナ(白粉花)-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎らせん雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) 夕陽のさす池で
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆コサギ(小鷺)が、夕陽のさす池で
   魚(さかな)をねらい、食事中。
   すばやく、長い首を曲げ、のばし、
   そのまま魚(さかな)を呑みこみます。丸呑み・・・。
   優雅な姿(すがた)ですが、豪快な食べ方です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白鷺  飛翔 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆池での食事を終えたコサギ(小鷺)は、
   翼を大きく左右に広げ、
   ゆっくりと飛翔していきます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎6羽のコサギ(小鷺)たちと水鏡 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕暮れに、一羽ずつ戻ってきたコサギ(小鷺)。
   残暑なので、6羽が夕涼みをしています。
     それぞれの好みの枝や杭(くい)にのり、
   思いおもいのかっこうで、くつろいでいます。
     池の水が、水鏡(みずかがみ)になり、
   6羽の白鷺が、12羽の白鷺にみえる、
   円環的で幻想的な写真になりました。
   暗いですが・・・ファンタスティック。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ウ(鵜) -1 2羽が木陰で
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水べの木陰に、黒い鳥が2羽とまっています。
   カラス(烏)ではなく、ほっぺが赤いので、
   カワウ(川鵜 かわう)のようです。↑↓
      2羽が寄りそい、なにやらしているのが、
   緑の葉ごしにちらちらとみえます。
      ・・・? みたことのない情景です。
      向きあったり、あっちをみたり…。
   距離感は変わらず、近い。
   
   ☆右のウ(鵜)は、すこし灰色がかっているので、
   幼鳥かな? と思って、見ていました。
      親子のウ(鵜)?
   というのも、「給餌」(きゅうじ)のように見えるのです。
      鵜呑み(うのみ)にしたエサをあげている・・・。
   もしかしたら………?
   とよくみていると、下の写真のようなこともしています。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ウ(鵜) -2  口うつし 給餌 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆口うつしで、左のほうが給餌(きゅうじ)しています。
   それで、カワセミ(翡翠 かわせみ)を思い出しました。
   
   青い鳥・カワセミ(翡翠)は、
   [求愛 給餌](きゅうあい きゅうじ)という行動を、
   オス♂がメス♀にします。
     水中に飛びこみ、魚(さかな)をクチバシでつかまえ、
   バシバシと枝に打ちつけ、動かないようにして、
   食べやすくしてから、メス♀にプレゼントする。
     魚のあたま(頭)のほうをメス♀にむけ、
   新鮮なとりたての魚を給餌(きゅうじ)するオス♂。
   その行動は、親が子(ヒナ)にする行動と同じです。
   それで、[求愛 給餌]とよばれます。
     そのプレゼントされた魚を、メス♀が食べれば、
   カップル成立です。
   ☆木陰にいるウ(鵜)2匹も、親子の給餌ではなく、
   [求愛 給餌]だったようです。
   その後仲よく、いろいろとしていましたから。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕焼け雲-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   *---*---*---*---* 
   ●白露(はくろ) 9月7日 
    白露は、24節気のひとつで
    「まわりの大気(たいき)が冷えてきて水滴(すいてき)が、
    白露(しらつゆ)のように葉に宿りはじめる頃」 です。
   
   ●秋分(しゅうぶん)  9月23日
   秋分は、24節気のひとつ。
   「太陽が黄道(太陽の道)の<秋分点>にきたとき。
   お彼岸のお中日」です。
   *-------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、鷺と鯉、蝶と猫の瞑想=観
   想★》としても、みてください。
   以下に、38枚の順をかきます。
   *************************** 
   #1☆秋牡丹(あきぼたん)フヨウ(芙蓉) ピンク日の丸
   #2☆フヨウ(芙蓉) 紅白 秋牡丹
   #3☆フヨウ(芙蓉)白 メシベ(雌蕊♀)めしべ先端が曲がる
   #4☆ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) 白い花 青い実
   #5☆シジミチョウ(蜆蝶) 2匹 ひとつの花の上で
   #6☆羽化(うか)しつつあるセミ(蝉)
   #7☆羽化(うか)したセミ(蝉)の[白い糸]と抜け殻
   #8☆秋の草-1
   #9☆大きく渦巻く白い雲
   #10☆錦鯉 ゴマちゃんと橙色のコイ(鯉)
   #11☆赤い日の丸と白地に黒の錦鯉とゴマちゃん
   #12☆錦鯉 腹の緋色をみせるゴマちゃん
   #13☆天使の翼のような鱗雲(うろこぐも)
   #14☆コンロンカ(崑崙花 こんろんか)白い葉
   #15☆台風一過の青空と雲
   #16☆シジミチョウ(蜆蝶) 白いハーブにとまる
   #17☆秋の草-2
   #18☆放射状の雲
   #19☆カラスウリ(烏瓜) 白い花が残る青い果実 縞模様
   #20☆ザクロ(石榴 ざくろ)の赤い花と赤い実 
   #21☆カリン(花梨 かりん)の青い果実
   #22☆マガモ(真鴨) ♂変身中。 頭部の緑あり→なし
   #23☆多様な雲
   #24☆ヤモリ(家守、守宮) ガラス窓にはりつく
   #25☆【進化中】オシロイバナ(白粉花)-1 
   #26☆【進化中】オシロイバナ(白粉花)-2 
   #27☆らせん雲
   #28☆コサギ(小鷺) 夕陽のさす池で
   #29☆白鷺  飛翔 
   #30☆ 6羽のコサギ(小鷺)たちと水鏡 
   #31☆ウ(鵜) -1 2羽が木陰で
   #32☆ウ(鵜) -2  口うつし 給餌
   #33☆夕焼け雲-1
   #34☆夕焼け雲-2
   #35☆巨大な青い魚の一部のような鱗雲(うろこぐも) 
   #36☆川の石垣をのぼる、茶白猫-1
   #37☆川の石垣をのぼる、茶白猫-2
   #38☆石垣の頂上で涼む、茶猫
   
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
    眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕焼け雲-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
    ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ☆夏から秋への移行の季節で、30度以上の残暑や、
   肌寒いくらいの22度前後の気温‥‥と、
   〔変化〕の激しい気候が続きます。
   お元気におすごしですか?
   
   ●このところ、ご自分の「ココロとカラダと気分」の
   「なんとなく、のリズム、調子」は、いかがでしたか?
   
   ☆東京では8月に入り、21日連続の降水となりました。
   8月に、雨が21日以上連続して観測されるのは
   1977年(22日連続)以来40年ぶりのことだそうです。
      …ところが、22日目に晴れになった翌日、
   ぱらりぱらりと雨が降りました。
   「残念! 1日ちがいで、タイ記録を逃したか!!」
   と罰当たり(ばちあたり)な冗談をいっていましたが、
   雷雨や局地豪雨など、雨が多い夏でした・・・・。
   
   ☆蒸し暑くても[日照時間]が少ないので、
   植物の野菜などが育ちにくく高騰しているようです。
   動物のホルモン・バランスも、
   [日照時間]が少ないと、狂いがちです。
   
   日なたぼっこが好きな動物代表の猫(ネコ)は、
   [日照時間]が少ないと、
   アンニュイ(気だるい感じ)になったり、
   メランコリー(憂鬱)になりがちです。
   
   日本では「アンニュイやメランコリー」という“言葉”を
   かっこいいイメージとして使うひとが、いますが‥‥
   ニヒル(虚無)も、かっこいいイメージらしい‥‥‥‥。
   
   生命力(バイタリティ)にあふれたひとにとっては、
   影(シャドー)のイメージで、
   「アンニュイやメランコリーそしてニヒル」も
   (自分には欠けているもの‥として)、
   かっこいいイメージなのかもしれません。
   
   さて、秋はいっぱんに
   「アンニュイやメランコリーそしてニヒル」
   になりがちな季節です。
   まぶしい《光》にみちた夏が過ぎた、初秋はとくに。
   
   秋になると、こんな戯れ言(ざれごと)を、
   むかしの乙女たちがいっていました。
   
   「いいのよ、いいのよ、ほっといて。
   みんな わたしがわるいのよ。
   郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、
   みんな わたしのせいなのよ。
      いいのよ、いいのよ、ほっといて。
   わたし、なんだか、ゆううつよ」
   
   こんな気分になったら、……秋ですね。
   
   猫(ネコ)や、むかしの乙女(おとめ)たちだけでなく、
   ばりばりはたらく男性や女性たちも、
   [日照時間]が少ないと、
   気だるい感じ(アンニュイ)になったり、
   憂鬱(メランコリー)になりがちです。
    そして、元気で陽気なひとたちに水をぶっかけ、
   やる気をなくさせるのを【快感】にしたりして、
   「負のスパイラル」に巻きこまれ、
   【闇】に堕ちていく……コワイですね((笑))
  
   ほっておくと、憂鬱(メランコリー)な気分が常態化して、
   鬱(うつ)になりやすいです。
   
   ◎天高く、秋の青空は澄んでいます。
   太陽が照っていたら、
   できるだけ【背面】を日に当ててください。
   【背骨=脊椎=脊髄】にそった《氣》の流れの
   〔督脈(とくみゃく)〕にパワー・チャージするように。
   7チャクラも活性化します。
   
   ◎秋は〔変化〕のときです。
   失った花をなげくより、[実りの秋]を楽しんでください。
   
   リンゴ(林檎)やカキ(柿)、ナシ(梨)、クリ(栗)、ブドウ(葡萄)キノ
   コ(茸)など秋の味覚をたっぷりあじわってください。
   
   ●リンゴ(林檎)は、皮むきがめんどうと、
   最近は人気があまりないそうです。
      けれども、果物ナイフで、慎重に皮をむき、
   1個分の皮がつながったときの喜びは大きいですよ。
   「大人になった!」
   と想います。充実感や充足感を感じますよ。
   長~~~い渦巻くリンゴ(林檎)の皮を見ると((笑))
   
   巴模様(ともえもよう)になるのです。
   「球体のリンゴ(林檎)の皮むき」で、
   右巻きと左巻きのうず(渦)がひとつになった〔かたち〕、
   裏と表のつながった卍(まんじ)マーク
   を手にすることができます((笑))
   『BIG ME こころの宇宙の座標軸』 内藤 景代・著
   に、図解でいれました。   
   卍(まんじ)マークは、
   十字に左右の方向性の〈翼〉をつけた、
   太陽の回転をあらわす〔かたち〕です。
   左卍(まんじ)、右卍(まんじ)の2つがあります。
   
   左卍(まんじ)は、仏教の象徴。
   ※→「左まんじ」と「右まんじ」の「つながり具合」につい
   ては、『聖なるチカラと形・ヤントラ』 63p 
          図7 「T字ヤントラの構造と種類」
   
   詳細は、『聖なるチカラと形・ヤントラ』内藤景代・著を。↓↓
   
   魔法のかたちと力『ヤントラ』 内藤景代・著 西の雲海と東の海
   洋をむすぶ翼
   
   ●リンゴ(林檎)の皮むきに話を戻すと、
   ナイフの使い方は、[大脳]ではなく、
   【小脳】的に、体で覚えていくことです。
   
   はじめは、ぶきっちょで、
   ぶつぶつと短くしかむけなかった皮が、
   何度かナイフを使っていくと、薄く上手にむけます。
   [小脳]的に技の学習と記憶が身につくからです。
   
   [大脳]で別のことを考えていると、ケガをするので、
   指先の【神経の集中力】も増加し、
   [大脳]は休息します。
   
   ★【小脳】のはたらき(機能)と[大脳]の関係の詳細は以下を↓
   
   『 3つの脳で、楽に3倍生きる 』
   内藤 景代・著 Amazon Kindle版 
   ☆スマホ・PCでも読める電子書籍
   に図解し、説明しています
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎巨大な青い魚の一部のような鱗雲(うろこぐも)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その104
   =============================
   ◎川の石垣をのぼる茶白猫-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆川の茶色の石垣が、動いている・・・
   と感じて、向こう岸をよくみると、
   茶白の猫さんが、ゆっくりと、のぼっています。
   
   背中は茶色で、腹側と手足は白なので
   茶の石垣に溶けこむ、迷彩色(めいさいしょく)
   になっています。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎川の石垣をのぼる茶白猫-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆[川の石垣に迷彩色の猫がいる]
   という目で、意識的に向こう岸をながめながら、
   のんびりと風に吹かれながら歩いていると、
   ………いました。
    今度は、全身が茶色の猫さん。
   石垣の頂上であり、同時に散歩道の敷石に座る猫。
      緑の生け垣を背後にしているので、
   あちら岸の散歩道をいく犬やひとには見えないでしょう。
   そのせいか、一定の姿勢を保ちながら
   [大脳]を休めてのんびり休息していました。
   
   「猫の2つの眠り」のスタイル(仕組み=構造)が、
   「脳の眠り、ノンレム睡眠」と「体の眠り、レム睡眠」
   の歴史的な発見につながっています。
      
   姿勢と[大脳]の休息の関係は、
   『 3つの脳で、楽に3倍生きる 』
   内藤 景代・著 Amazon Kindle版 
   ☆スマホ・PCでも読める電子書籍
   にくわしく図解し、説明しています。 
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎石垣の頂上で涼む、茶猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」9月号を
   アップしました。こちらへ  
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 元気になったぐら
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」くるんくるんが BBQへ
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 50」緑のみえる景色 -5 
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」 そら君。濡れてる?
   ●美樹さんは「哲学堂公園」 概念橋、鬼燈
   ●Kayokoさんは「高円寺 阿波踊り」男衆も女衆もかっこよし
   ●mariko さんは「うちの猫」 のばす左手の隠した爪
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】15 「新芽」
   ●Ryoさんは「音色」 
   ●健治さんは「私の居場所」 
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 76「変化」
   ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
       「NAYヨガスクール体験記 76「変化」
   
   ☆和之さんが、挑戦を実行していこうとする
   外の世界そのものが、今、〔変化〕のまっただ中です。
   マンダラの半分が〔変化〕の最中。
   
   北のミサイルが、8月の末、上弦の半月の夜に、
   日本の上空を通過しました。
   その「4分後」に、アラートが鳴り響き、飛び起きたり、
   警報に驚いた車同士がぶつかり事故をおこしたり…。
   日本中が、ざわざわと落ちつきません。
   〔変化〕の最中です。
   
   核爆弾をもったアメリカと北朝鮮は、
   不良少年同士の度胸だめしの「チキンレース」のような様相。
   それをとりまく、中国、ロシアは
   「大人の対応」をこころがけてはいるようですが、一触即発。
   
   地球ができたのは、約46億年前。
   
   そんな長い年月がかかって今があるのに、
   幼い「チキンレース」で、地球(earth)がめちゃくちゃになりかねま
   せん。
   
   トップにいるかた達こそ、
   [こころ(心)の成長]をして、大きな視野で、
   よい〔変化〕をおこしてほしいものです。
   
   そんな〔変化〕の今なので、おっしゃるとおり、
   [小脳]的な 手仕事と技の学習などの継続的な
   繰り返しを保つことは、とても大切だと想います。
   [大脳]も平静を保てますし、
   からだ(体)の健康も維持できます。
      継続は、力なり。
   底をついたら、あとは、はい上がるだけです。
      あせり厳禁。
   落ちついて、日々の暮らしを大切にしていきましょう。
   からだ(体)が資本(もとで)ですから。
   機嫌よくお元気で、おすごしください。
   先は長いですから。
   2017年9月の[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]は、
   【実りの秋と「変化」】についてかいています。
   ご参考になれば幸いです。
          内藤 景代(ないとう あきよ)拝
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年9月24日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
  **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング