内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年08月01日
    ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
   2017年8月1日(火)◎実りの秋がはじまり、鳥たちがヤマモモ(山桃)
   などを食べています。栗は黄緑、トウモロコシの実はヒゲあり。夏
   のボタンクサギ(牡丹臭木)はピンク、青い2層のツユクサ(露草)、
   白いヤブミョウガ(藪茗荷)、赤紫Y字の白いトケイソウ(時計草)、
   赤いコエビソウ(小海老草)、橙色のトーチリリー(松明百合)など、
   個性的かたちの花。オレンジ色に[進化中]オシロイバナ(白粉花)。
   [国魚]の錦鯉ゴマちゃんの腹は緋色、黄金の鯉も。台風一過の壮大
   な夏雲、川べりで涼む猫たち。夕暮れにつどう3羽のコサギ(小鷺)。
   「時を味方に」変化している生きものたち。43枚の写真を【二重
   (ダブル)イメージ】でわが身に引きよせると、生きぬく知恵と楽し
   み、勇気も湧いてきます。
         --------*----------*---------*----------*

    満月 8月8日下弦 8月15日 新月 8月22日上弦 8月29日 
   ・今月の異名(いみょう)は 葉月(はづき)17.8月ピックアップ写
   真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
   
   ・24節気 立秋(りっしゅう) 8月7日 
   処暑(しょしょ)  8月23日
   *2017年 24節気 月の満ち欠け 
   
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★今月のピックアップ写真
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 
            ☆ 8月  new★ 9月
   
      8月27日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   New 9月24日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★New10月29日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   **********************************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ボタンクサギ(牡丹臭木) 開花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆薄紅色(うすべにいろ)の小花が、
   アジサイ(紫陽花 あじさい) のように集まり、
   まぁ~るく球体をつくる花。
     遠目(とおめ)にはボタン(牡丹)のようなので
   ボタンクサギ(牡丹臭木 ぼたんくさぎ)。
     原産地は、インドや中国。
   それで別名は、ヒマラヤクサギ(ヒマラヤ臭木)、
             ベニバナクサギ(紅花臭木)。
   ☆ボタンクサギ(牡丹臭木)は、
   赤いつぼみ(蕾)がびっしりと球体になり、
   次々に薄紅色の花を咲かせていきます。↓
   クマツヅラ科 クサギ属
     ◎葉や茎を切ったり折ったりして
   触れないかぎりは、葉や茎は異臭はだしません。
      属名のクサギClerodendrum(クレロデンドロン)は、
   ギリシャ語の「cleros(運命)とdendron(樹木)」が語源。
   すなわち、〔運命の樹木〕。
   → 属名Clerodendrum  cleros+dendron (運命+樹木)
   ☆ボタンクサギ(牡丹臭木)の花言葉は、
   運命、輝く美しさ。
      
   ☆白い花を咲かせ、赤い五芒星(★)の包葉と
   コバルトブルーの蒼い玉をみのらせる、
   クサギ(臭木)は、同じクマツヅラ科 クサギ属。
     白いクサギ(臭木)の〔花〕はこちらへ↓
   http://www.bigme.jp/00-15-08/15-08/15-08.html
   
   クサギ(臭木)の赤い五芒星(★)と
   コバルトブルーの〔果実〕などの写真とお話はこちらへ↓
   [2015年10月4日(日) 
   ◎半円形の七色の虹の架け橋を空にみた。
   【二重(ダブル)レインボー】。
   大きな川にかかる言問橋を渡ると、スカイツリーが縦(|)に。
   むかしと今を、橋がつなぐ。
   【二重(ダブル)イメージ】で
   〔新しい方向性を深く感じるため〕のご参考に。
   ☆クサギ(臭木)のコバルトブルーの果実
   ☆赤い五芒星(★)の包葉と蒼い玉、クサギ(臭木)
   ☆浅草 五重塔 ☆言問橋を渡ると、スカイツリー
   ☆橋からみる、隅田川(すみだがわ)
   ☆〔東京大空襲〕で亡くなった方々の鎮魂の碑
   ☆アメリカ軍の空襲(空爆)などで亡くなった方々の碑]
   http://www.bigme.jp/00-15-10/15-10/15-10.html
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ボタンクサギ(牡丹臭木) 赤いつぼみ(蕾)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツユクサ(露草 つゆくさ) 2層 別名:月草(つきくさ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆露(つゆ)は、儚さ(はかなさ)の象徴(シンボル)です。
      「露(つゆ)の いのち(命)」
   ☆青紫のツユクサ(露草 つゆくさ) は、
   朝に咲いて、昼前にしぼみます。
     朝露(あさつゆ)が、昼の陽ざしで消えてしまうように、
   青紫の2枚の花びらは、昼には消えいるように
   固く小さくしぼみます。
   それで、露草(つゆくさ)。露草(つゆくさ) 科
      ツユクサ(露草 つゆくさ) は、
   青いハート型(ブルーハート)の花びら2枚だけ。
      むかしのわたしのような
   「宵っ張りの朝寝坊」(よいっぱりのあさねぼう)
   には、みることができない花です。
   
   ☆別名は、月草(つきくさ) 。
   『万葉集』(まんようしゅう)にもうたわれています。
   むかしから儚さ(はかなさ)の象徴(シンボル)として。
     たとえば、出会いと別れの儚さを、露草に
      【二重(ダブル)イメージ】でかけてうたったり。
   ◎花屋さんでは見られない野草の露草ですが、
   これは、2段に花が咲いています。
   [2層構造]の露草(つゆくさ)です。
     たまにみつけると、幸運(ラッキー)を感じます。
   あまりないから、ちょっとうれしい((笑))
   その日、いちにちがよい日になるような《氣》がします。
   …単純、シンプル、○○!といわばいえ((笑))
   ☆この露草(つゆくさ)の花をしぼり、
   染料として使うのは、子どもの遊びに残っています。
   むかしは、実際に染め物に使用したらしいです。
   すぐに、色が儚く、落ちてしまうようですが、
   そこがまた、風情(ふぜい)とか。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヤブミョウガ(藪茗荷)-1露草(つゆくさ) 科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆涼しい湿気のあるところに咲く、ヤブミョウガ(藪茗荷)。
   大きな緑の葉がミョウガ(茗荷)に似ていますが、
   上の青いツユクサ(露草) と同じ、露草(つゆくさ) 科です。
     白い小花が上下に咲く、ヤブミョウガ(藪茗荷)。↑↓
   今回、しらべて、誤解していたことに気づきました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヤブミョウガ(藪茗荷)-2 両性花と雄花♂
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆黄色いシベ(蕊)のある小花が、雄花(おばな)♂。
   丸くて白い花が両性花です。
      1本の白い糸が上にのびている両性花は、
   実をむすぶと、薄緑の球体になります。
   ヒゲのような糸は残っています。↓
      時間がたち熟すと、薄緑の球は、
   青紫から黒い珠になります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヤブミョウガ(藪茗荷)-3 みのった緑の果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆半円形の黄色いマカロンのようなお菓子に、
   チョコレートで模様をかいたようにみえる〃もの〃。
     白いトケイソウ(時計草)の、つぼみ(蕾)です。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ トケイソウ(時計草、パッションフラワー)-1 つぼみ(蕾)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆トケイソウ(時計草)は、
   別名を(パッションフラワー Passion flower)。
   紫色など多様な種類があります。
    上のつぼみ(蕾)がふくらみ、下のように開花します。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ トケイソウ(時計草 Passion flower)-2 つぼみと開花 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白いトケイソウ(時計草)が開花すると、
   赤紫のY字が目立ちます。↓
     南アメリカへキリスト教の宣教にでかけ、
   はじめてこの花をみたヨーロッパの宣教師たちが、
   このY字を[十字架上のイエス・キリストの受難]と、
   [見立て]て「パッションフラワーPassion flower」
   と名づけました。
   ☆パッションpassionは、
   「情熱、激しい感情」の意味もありますが、
   ここでは大文字で、「受難」の意味です。
   ◎「多層」的な花の仕組み(構造)については、
   紫のトケイソウ(時計草)の写真といっしょに、こちらへ↓
   http://www.bigme.jp/00-16-09/16-09/16-09.html
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トケイソウ(時計草Passion flower)-3 白開花 赤紫Y字
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クラゲ(海月、 水母、ジェリ-フィッシュ)状の雲 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白いコイ(鯉)-1ゴマちゃん 腹部は緋色
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆鼻のあたりが濃い灰色で、
   ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹)に似ているので、
   [ゴマちゃん]と名づけた白いコイ(鯉)は、
   錦鯉(にしきごい)です。
   ◎錦鯉(ニシキゴイ、英語: Koi)は、
   普通の鯉(Cyprinus carpio) を観賞用に養殖した変種です。
     錦鯉は、[紅白、大正三色、昭和三色、黄金、浅黄]など、
   カラフルで、斑点模様もあり、人気が高いコイ(鯉)です。
   ☆錦鯉は、わが国・日本の「国魚」です。
   ・・・知りませんでした。
   「国蝶」は、オオムラサキ(大紫)、大型のタテハ蝶。
   ――山梨県の北杜(ほくと)市で出会いました。
   「国鳥」は、キジ(雉子)。オス♂は華やかな姿(すがた)。
   ――軽井沢の別荘地を家族をひきいて、よく散歩しています。
   ★「国花」は・・・日本では法定されていません(!?)
   知りませんでした・・・。
    サクラ(桜)やキク(菊)をなんとなく使用していますが・・・。
   歴史的な感情がイメージの複合体(コンプレックス)となり、
   渦巻くので「おおやけ(公)」にはせずスルーしている状況?
   
   サクラ(桜)は、敗戦前の日本軍のシンボル(象徴)。
   ソメイヨシノ(染井吉野)は、いっせいに散ります。
   ♪♪   貴様と俺とは 同期の桜  
       同じ兵学校の庭に咲く
    咲いた花なら 散るのは覚悟
       みごと散りましょ  国のため ♪
  
     「同期の桜」原詞:西条 八十     作曲:大村能章
   
   ★キク(菊)は、【憲法にある国民の象徴(シンボル)天皇】の
   皇室の〔エンブレム〕紋章。
   日本のパスポートや国会議員のバッチはキク(菊)の紋章。
   キク(菊)のご紋章については、こちらへ↓
   《2003年9月9日(火) 
   ●重陽の節句、菊の節句。
   ●紫式部も感激した「平安風のアロマテラピ-」の菊被綿
   ●香りを楽しむ菊と、「食用菊」。
   ●キク(菊)の花は、皇室の紋章(エンブレム)で、
   同時に日本の象徴(シンボル)になる花。
   ★日本のパスポー ト、世界中の日本大使館、国会議員バッジも、
   金色の「キク(菊)の紋章(エンブレム)」。
   ●明治神宮の森》
   http://www.bigme.jp/000-000-03-09/03-09-09/03-09-09.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白いコイ(鯉)-2ゴマちゃん 背びれは透明 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆錦鯉(にしきごい)のゴマちゃんは、
   からだ(体)をくねらせて泳ぐと、
   腹部の緋色が水面下にみえます。
   ちらりと、みえると、色っぽい((笑))
     猫さんではないので、「ヘソ天」状態の
   ゴマちゃんの腹をみるわけにはいきません。
   [魚類]なので、もともとヘソはありませんし。
   ☆白い胴体に灰色の斑点(ドット)があり、
   その背すじにそって
   [透明な背びれ]がありました。
     光線の加減でみえましたが、
   ふつう泳いでいるときは、みえません。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎黄金のコイ(鯉) 幻想的なひれ(鰭)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆[黄金のコイ(鯉)]に出会いました。
   《光》があたり、幻想的なひれ(鰭)がみえます。
      凹凸(おうとつ)があり、
   上下の三角形をくみあわせた
   △▼△▼鱗形(うろこがた)鱗紋(うろこもん)のようです。
     背びれ、胸のひれ(鰭)、尾びれなどを優雅にうごかし、
   エラ(鰓)を開閉して泳いでいます。
      [黄金のコイ(鯉)]も、錦鯉(にしきごい)です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ コエビソウ(小海老草、ベロペロネ)-1 キツネノマゴ科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆赤い包葉(ほうよう)が多層的に重なりあい、
   まるでエビ(海老)のシッポ(尻尾)のような花。
   その名も、コエビソウ(小海老草)。
   英語で、シュリンプ プラント。
      ギリシャ語で「矢のとめ金」という意味で、
   ベロペロネ(Beloperone)。
      こういう金属チェーン製の〔かたち〕をした
   ネックレスやブレスレット、時計ベルトなど、
   みたことがあります。金ピカでした。
      キツネノマゴ科 キツネノマゴ(ジャスティシア)属。 
   メキシコ原産。 
   ☆花の拡大図は下です。
   花穂の先端の赤い包葉(ほうよう)から、
   紫の斑点(ドット)がある白い花が咲きます。
      春から晩秋にかけて咲く、花期の長い花です。
   真夏には、干し海老(ほしえび)のようになっています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ コエビソウ(小海老草、ベロペロネ)-2 拡大
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 台風一過の青空と雲 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ムクドリ(椋鳥 むくどり) 散歩中
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆顔に白さが残る、面白い(おもしろい)?
   ムクドリ(椋鳥 むくどり)の幼鳥が、土の上を散歩中。
    近くには、さり気なく親鳥がつかず離れず、います。
   ひとや犬など、一定の距離以上に、危険があると、
   警告のするどい鳴き声を発します。
    なんだか分からなくても、その警告音で、
   幼鳥は、上に跳びあがり、飛んで木陰に隠れます。
     なにかみつけたようで、大きく口をひらき、
   土の中をついばんでいます。
   連続写真でどうぞ。↑
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヒヨドリ(鵯 ひよどり) なにかくわえ飛びたつ 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆塀(へい)の上に、ヒヨドリ(鵯)とスズメ(雀)。
     めずらしい組みあわせで並ぶ、大小2羽の鳥。
   (・・・? なにかあるのかな?)
   と、塀の内部をながめると、ビワ(枇杷)の木。
   ビワのオレンジ色の実がなる時季なので、
   2羽の鳥がねらっていたのかもしれません。
    たとえば、ヒヨドリ(鵯)がクチバシ(嘴)で
   ビワの果実の皮をさして、実をつつく。
   そこにあいた果実の穴をスズメ(雀)が食す・・・とか。
   [2羽の鳥で連携プレー]を目論(もくろ)んでいたのでは?
   ・・・と、想像していまいました。
     というのも、ヒヨドリ(鵯)は、最近、都会化した野鳥で、
   スズメ(雀)のほうは、下の写真のように幼鳥らしいので。
     だから、種(しゅ)がちがっても、
   【一段上の鳥という大きなワク組み】の世界観((笑))で、
   どちらも[前例]に囚われない
   発想と行動で[連携プレー]ををするのではなかろうか? 
   と想像したわけです。
   ☆じっとみられているのは、2羽とも
   居心地(いごこち)が悪いらしく、
   ヒヨドリ(鵯)は、上に跳びあがり飛びたちます。↑
   糸(いと)のようなツル(蔓)をくわえて飛んでいきました。
   巣づくり用品にするのでしょうか。
   ☆スズメ(雀)のほうは、逆に、
   カメラをかまえるわたしのほうへ飛んできて、
   金属の柵にとまり、こちらを観察。
    スズメ(雀)の白い顔のほっぺにある黒い丸が、
   まだくっきりせずぼんやりしているし、
   胸のあたりの羽毛がベージュ色なので、
   まだ幼鳥にちかい若いスズメ(雀)らしいです。↓
    スズメ(雀)の幼鳥は、ひとなつこい個体が多いです。
   無邪気で、すれてない((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ スズメ(雀 すずめ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夏の雲-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヤマモモ(山桃) 果実 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎8月7日が、立秋(りっしゅう)。
   秋の《氣》が立つ日です。
   とはいえ、「実りの秋」(みのりのあき)は、
   すでに、あちこちではじまっています。
     たとえば、ヤマモモ(山桃)の果実。 
   暗紅色の小さなビーズがつくる球体です。↑
   落ちていた果実をひろい葉と並べて撮影しました。
     樹上で鳥たちが集まり、食べています。
   熟して落ちたらしい果実が路上にたくさんあり、
   ひとに踏まれていました・・・もったいない…
    ヤマモモ(山桃)の花は、目立たない白い小花。
   ヤマモモ(山桃)の果実は、むかしから食用で、
   今でも果実酒やジャムなどにつかわれています。
   山で、そのまま食べてもおいしかった記憶があります。
   甘酸っぱい(あまずっぱい)…渋み(しぶみ)もあった?
   ヤマモモ(山桃)科
   ☆古代から和歌などにもうたわれるヤマモモ(山桃)。
   漢名は、「楊梅(ようばい、ヤンメイ)」。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ワルナスビ(悪茄子) 有毒 「悪魔のトマト」 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白い花が咲く、ナス(茄子)科のワルナスビ(悪茄子)。
   トゲはするどいので、さわると痛い。ケガします。
   ☆犬の散歩道のまわりでは、
   愛犬家により、花が咲く前に引きぬかれています。
   かわいいワンちゃんが、まちがえて「悪魔のトマト」
   ともいわれる果実をたべないように。
     それで、有毒なワルナスビ(悪茄子) の花は、
   見かけない公園が多いです。
   ◎写真では、黒いアリ(蟻)が白い花の上にいます。
   アリ(蟻)は受粉して果実にしてくれるので、
   毒はださないのでしょう。
     相手がひとや犬猫か、虫かにより変わり、
   毒にならない、ワルナスビ(悪茄子)。
   ・・・なんか、むかしの歌を思い出しました。
     
   ♪♪ みんなは 悪いひと だというが、 
               わたしにゃ いつも いいひとだった♪
   
   「再会」(さいかい) 
      作詞:佐伯 孝夫 作曲:吉田 正 歌:松尾 和子
   
   ☆茎や葉に鋭いトゲのあるワルナスビ(悪茄子) は、
   茎、根、ミニトマトに似た果実など、すべて有毒。 
     原産国は、アメリカで「悪魔のトマト」とよばれます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツバキ(椿 つばき)の紅い果実 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆5センチほどでまん丸く紅い果実。照りがあります。
    リンゴ(林檎)の小さな果実のようですが、
   紅いツバキ(椿 つばき)の果実です。
    ちなみに、リンゴ(林檎)の花は、白い小花。
   ☆ツバキ(椿 つばき)油は、髪によいようです。
   ツバキ(椿)油シャンプーなど、おすすめです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎暗灰色の広い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ビワ(琵琶)の実を食べるインコ(鸚哥)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆上の写真で掲載したように、ビワ(枇杷)を食べるには、
   ヒヨドリ(鵯)やスズメ(雀)は、簡単ではないようです。
   けれども、南のスリランカなどで生まれ、日本で脱走した
   ワカケホンセイインコ(輪掛本青鸚哥)は、
   ビワ(枇杷)の果実を食べるのは、うまく、そして速い!
   ☆ある日、ワカケホンセイインコ(輪掛本青鸚哥)が、
   めずらしく電線に1羽でとまっていました。
    翌日、同じ通りの電線に、2羽のワカケホンセイインコ。
   大きな声で鳴きかわしています。
   (・・・? もしかして、ビワ(枇杷)の実ねらい?) 
     というのも、電線のそばには、塀があり、
   ビワ(枇杷)のオレンジ色の実がたくさんみのってます。
   おいしそうですが、まだすこし熟成にははやいかな、くらい。
   おうちのかたも、食べ頃になるのを待っていたのではと拝察。
     ところが、そのまた翌日になると、
   2羽のワカケホンセイインコがやってきて、
   1羽は、電線で見張り(?)
   1羽は、写真のように、ビワ(枇杷)の木にとまり、
   せっせとビワ(枇杷)の果実を食べています。↑
   (・・・だいじょうぶかな? おうちのかたは外出中?)
    そして、そのまた翌日にいってみると、
   青々(あおあお)としたビワ(枇杷)の葉だけ。
   オレンジ色のビワ(枇杷)の実は、なし。
   ワカケホンセイインコの姿は、みえません。
    諸般の事情で、おいしそうなビワ(枇杷)の実が
   放置されているところが多く、
   残念に感じていました。(欲しいのに・・・)
    が、ワカケホンセイインコが参戦してきたのでは、
   あちこちで食べられてしまうのは、はやいでしょう。
   大食漢ですから
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎雌花(めばな)♀がみのったクリ(栗)の果実 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆先月、(いつか、見たい)と想っていた
   クリ(栗)の実になる、雌花(めばな)♀。
     楽しみに、クリ(栗)の木の下へでかけたら、
   すでに、雌花(めばな)♀は、
   黄緑の[やわらかそうなイガ」に結実していました。↑↓
   トゲトゲにはなっておらず、和菓子のようです。
      そばにある焦げ茶色の長いヒモは、
   先月クリーム色だったクリ(栗)の雄花(おばな)♂。
      この結実した状態から、
   食べられるクリ(栗)の実になるのは、
   まだまだ先のことでしょう。
     「時を味方に」して、じっくりと熟成。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トウモロコシ(玉蜀黍)の雌花(めばな)♀ ヒゲ状 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆八百屋さんのトウモロコシ(スイートコーン)についている
   房状のヒゲが雌花(めばな)♀だったとは知りませんでした。
      トウモロコシ(玉蜀黍)畑の雌花(めばな)♀は、
   たっぷりとしたヒゲのように輝く細いヒモです。
   ☆先月ご紹介したトウモロコシ(玉蜀黍)畑。
   たくさんの黄色い小花は、雄花(おばな)♂です。
    このトウモロコシ(玉蜀黍)畑では、まだですが、
   小さな区画の手作り的な市民農園では、
   丹精されたトウモロコシ(玉蜀黍)が
   輝く艶つやのヒゲをたらしてみのっていました。
    近くでは、ネットに入れてつるされ大事にされた、
   小玉(こだま)の西瓜(スイカ)もみのっていました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トーチリリー(松明百合 たいまつゆり) トリトマ 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ひさしぶりにオレンジ色の縦長の花、
   トーチリリーを都内でみました。
   50センチ以上あるので、画面を2分割した写真も
   全体像といっしょにご覧にいれます。
    小さなユリ(百合)のような筒状の花が下向き(▽)で、
   上下にびっしりならび、
   濃いオレンジ色から淡い黄色に濃淡に〔変化〕し、
   グラデーション(階調)になっています。
     松明百合(たいまつゆり)という別名もあるように、
   橙色の大きな松明(たいまつ)にも[見立て]られます。
   
   ☆飯能(はんのう)にある軍荼利(グンダリ)神社
   に出かけたとき、はじめて見た花です。
    [燃え立つ炎のように咲いていたオレンジ色の花]を
   車窓からたくさん見て、不思議に思いました。
      めざす軍荼利(グンダリ)神社は、
   自分の中の《内部に秘められた、竜の力》クンダリ-ニ
   に関係する神社です。
     響きあう、共振する「共時性(シンクロニシティ)、
   意味のある偶然」 を感じました。
     そのお話と写真は、こちらへ↓↓
   【2003年7月8日(火) 
   燃え立つ炎のように咲いていたオレンジ色の花のパワ-。
   その名も、ト-チ・リリ-(松明百合)。
   別名はシャグマユリ(赤熊百合)。官軍の行進の衣装。
   軍荼利(グンダリ)神社とクンダリ-ニ】
   http://www.bigme.jp/000-000-03-07/03-07-08/03-07-08.htm
   
   【2003年7月9日(水) 
   ●入間川の水がふえると、消える石橋。
   ●軍荼利(グンダリ)神社。クンダリ-ニの当て字。
   ●ヨガ宗、真言密教。軍荼利明王、不動明王。
   ●龍の力、渦をまく「へびの力」。
   赤い力 チカラ、赤い渦巻き。ONとOFF。
   ●龍をのりこなす「冷-暖-熱」。
   ●「魔法使いの弟子」の失敗 ●「クンダリ-ニ信仰」の危険
        ●まっ赤なダリア       『ゲド戦記』   龍のひと】
   http://www.bigme.jp/000-000-03-07/03-07-09/03-07-09.htm
   ☆トーチリリーは、ユリ(百合)科。
   シャグマユリ(赤熊百合)属で、原産地は南アフリカ。
   別名は、シャグマユリ(赤熊百合)。トリトマ
   英名がトーチリリー(松明百合 たいまつゆり)
   ☆シャグマ(赤熊)というのは、
   能の『石橋(しゃっきょう)』や長唄の『連獅子(れんじし)』で、
   谷底からはい上がる仔獅子に変身した獅子の精が、
   あたまにかぶる赤く長い毛に似たかぶり物です。
     トウモロコシ(玉蜀黍)の輝くヒゲに色をつけ
   長くしたかぶり物、ともいえるでしょう。↑
   親獅子は、白い毛。仔獅子は、赤い毛。
    
   1868年(慶応4年/明治元年)頃に
   天皇をあおぐ官軍(かんぐん)が、
   行進するときにあたまにかぶっていたのも、
   シャグマ(赤熊)といいます。
   ♪♪ 宮(みや)さん 宮さん お馬のまえに
       ひらひらするのはなんじゃいな 
          トコトンヤレ、トンヤレナ ♪
    「トコトンヤレ節」、俗名「宮さん 宮さん」
          作詞:品川弥二郎  作曲:大村益次郎
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夏の雲-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【進化中】オシロイバナ(白粉花)-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆「赤・白・黄色の3色の組みあわせ」で、
   今も[進化中の花]、オシロイバナ(白粉花)。
   
   赤と黄色の組みあわせで、
   あざやかなオレンジ色になっている花が、
   今年は、目にとまります。
   以下に連続してどうぞ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【進化中】オシロイバナ(白粉花)-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎【進化中】オシロイバナ(白粉花)-3 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎十三夜の月と七夕飾り 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆2017年の[旧暦の7月7日 七夕]は、8月28日です。
   新暦の7月7日は、まだ梅雨(つゆ)の最中(さなか)。
   それで、七夕(たなばた)飾りも雨にぬれないように、
   短冊を[パウチ]しているものを今年はみかけました。
        上の写真です。
   公園などでは願いごとをかいたカラフルな短冊を持参し、
   笹の葉に、老若男女が楽しそうにつるしていました。
      7月7日の七夕(たなばた)の宵は、
   十三夜の月が輝き、
   「星に願いを」かけた短冊を照らしていました↑
   ★☆★
   新暦の七夕に「星に願いを」かけられなかったかたは、
   今月の[旧暦の七夕]8月28日に、
   “言葉”にくくって、ご自分の深い願いを、
   あらためて意識化なさったらいかですか?
   ★☆★☆
   ご自分とじっくり対話して“言葉”にする。
   そして、その方向性(ベクトル)に
   こころと体をむけていく。
   ★☆★☆★
   アクセルとブレーキを同時に踏むように
   分裂するのではなく、
   こころと体を、ひとつに結んでいく。
      1日1ミリずつでも実現に向かうように、
   願ってください。
     シニカル(冷笑的)で[賢い自分]には、
   片目をつぶってもらいましょう。
   (だって…どうせ……しょせん)とかしこぶって
   うるさいから((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺)-1 枝で片足立ち 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕闇がせまってくると、1羽ずつ、
   コサギ(小鷺)が池に帰ってきます。
     早めに帰宅(?)したコサギ(小鷺)は、
   お気に入りの枝にのり、
   片足立ちで、くつろいでいます。↑
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺)-2 首を曲げ羽づくろい 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆風に吹かれながら、両足を枝につけ、
   うつむいた前屈で、黒いクチバシ(嘴)をのばし、
   コサギ(小鷺)が、毛づくろい。↑
    この場面だけ遠くからみると、羽根がまるで、
   白い暖簾(のれん)か、
   すその切れこみが深い波形のカーテン、、、
   白く太い饂飩(うどん)のようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺)-3 翼を上へ広げる 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆毛づくろいが済んで、
   両翼を、上へぐーんと広げるコサギ(小鷺)。↑
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕暮れに、つどう3羽のコサギ(小鷺) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕闇のなかに、白く大きな鳥たちの姿(すがた)が、
   ぼんやりと浮かびあがり、幻想的で。。。くつろぎます。
   涼しい風も吹き、夕涼み(ゆうすずみ)を満喫(まんきつ)。
      距離をたもちながら、思いおもいの姿(すがた)で、
   コサギ(小鷺)たちも、くつろいでいます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕陽が沈む  壮大な雲が動く
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   *---*---*---*---* 
   ●立秋(りっしゅう) 8月7日 
   立秋は、24節気のひとつで「秋の《気》が立ちはじめる時季」です。
   立秋を境に、時候のごあいさつは
   「暑中見舞い」ではなく 「残暑お見舞い」になります。
   
   ●処暑(しょしょ)  8月23日
   処暑は、24節気のひとつ。「処」は、留まるという意味。
   「日中は変わらず暑くても、朝夕は少しずつ涼しくなり、
   過ごしやすくなる時季」です。
   -------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの雲と夕焼けと月、鷺と鸚哥と鯉、猫の瞑想
   =観想》★としても、みてください。以下に43枚の順をかきます。
   *************************** 
   《★花と緑と翼あるもの雲と夕焼けと月、鷺と鸚哥と鯉、猫の瞑想
   =観想★》43枚
   #1☆ボタンクサギ(牡丹臭木) 開花 
   #2☆ボタンクサギ(牡丹臭木) 赤いつぼみ(蕾) 
   #3☆ツユクサ(露草) 2層 別名:月草(つきくさ)
   #4☆ヤブミョウガ(藪茗荷)-1露草(つゆくさ) 科 
   #5☆ヤブミョウガ(藪茗荷)-2 両性花と雄花♂ 
   #6☆ヤブミョウガ(藪茗荷)-3 みのった緑の果実 
   #7☆トケイソウ(時計草、パッションフラワー)-1 つぼみ
   #8☆トケイソウ(時計草 Passion flower)-2 つぼみと開花
   #9☆トケイソウ(時計草)-3 白開花 赤紫Y字
   #10☆クラゲ(海月、 水母、ジェリ-フィッシュ)状の雲 
   #11☆白いコイ(鯉)-1ゴマちゃん 腹部は緋色
   #12☆白いコイ(鯉)-2ゴマちゃん 背びれは透明 
   #13☆黄金のコイ(鯉) 幻想的なひれ(鰭) 
   #14☆コエビソウ(小海老草、ベロペロネ)-1
   #15☆コエビソウ(小海老草、ベロペロネ)-2 拡大
   #16☆台風一過の青空と雲 
   #17☆ムクドリ(椋鳥 むくどり) 散歩中
   #18☆ヒヨドリ(鵯 ひよどり) なにかくわえ飛びたつ 
   #19☆スズメ(雀 すずめ) 
   #20☆夏の雲-1 
   #21☆ヤマモモ(山桃) 果実 
   #22☆ワルナスビ(悪茄子) 有毒 「悪魔のトマト」 
   #23☆ツバキ(椿 つばき)の紅い果実 
   #24☆暗灰色の広い雲 
   #25☆ビワ(琵琶)の実を食べるインコ(鸚哥)
   #26☆雌花(めばな)♀がみのったクリ(栗)の果実
   #27☆トウモロコシ(玉蜀黍)の雌花(めばな)♀ ヒゲ状
   #28☆トーチリリー(松明百合 たいまつゆり) トリトマ
   #29☆夏の雲-2 
   #30☆【進化中】オシロイバナ(白粉花)-1 
   #31☆【進化中】オシロイバナ(白粉花)-2 
   #32☆【進化中】オシロイバナ(白粉花)-3 
   #33☆十三夜の月と七夕飾り 
   #34☆コサギ(小鷺)-1 枝で片足立ち 
   #35☆コサギ(小鷺)-2 首を曲げ羽づくろい 
   #36☆コサギ(小鷺)-3 翼を上へ広げる
   #37☆夕暮れに、つどう3羽のコサギ(小鷺) 
   #38☆夕陽が沈む  壮大な雲が動く 
   #39☆夕焼け 交差する《光》と影(シャドー) 
   #40☆台風一過の雲
   #41☆川べりで涼む、猫たち-1 白黒と茶白
   #42☆川べりで涼む、猫-2 白黒
   #43☆川べりで涼む、猫-3 白黒
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
     眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕焼け 交差する《光》と影(シャドー) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ☆はんぱない集中豪雨が各地を襲っています。
   急な雨にうたれ、冷房車にのったりすると、
   夏風邪をひいたりします。
   不安定な天気ですが、お元気でおすごしですか?
   
   ●このところ、ご自分の「ココロとカラダと気分」の
   「なんとなく、のリズム、調子」は、いかがでしたか?
   
   ★暑いからといって、つめたいものばかり
   とっていると、体が弱ってしまいます。
   おすすめは、
   内臓の火照り(ほてり)など、
   体を内から冷やす、
   薬膳(やくぜん)効果のある夏の野菜、
   【瓜(うり)類】です。
   ☆早口言葉の練習(トレーニング)の、瓜(うり)です。
      「うりうりが うりうりにきて、うりうりのこし、
       うりうりかえる  うりうりのこえ」
   →瓜売りが 瓜売りにきて 瓜売り残し
      瓜売り帰る  瓜売りの声
     
   ▲▼季節が「▲陽の極」の夏には、
   体の火照りを内外から冷やす「陰▼」の<瓜類>を、
   積極的に食べて、バランスをとってください。
   
   ◎「夕顔の変身譚、花の一代記」でお話した、
   夕顔(ユウガオ ゆうがお)も、瓜科です。
     夕顔の実を干したかんぴょう(干瓢)は、
   寿司のかんぴょう巻きとして、有名。
      白いままのかんぴょう(干瓢)も、
   酢の物にして、食べます。
      低カロリーで食物繊維にとみ、「お腹にやさしい」、
   便秘に効果があるといわれます。
     長夕顔を売る、八百屋さんでは、
   「冬瓜(とうがん)と同じような味ですよ」
   とのことですが、長夕顔を食べたことはありません。
   ◎ヘチマ(糸瓜)の食感は、
   暑い国、タイの「グリーン・カレー」
   に入っているナスに似て、おいしいです。
      昆布出汁で煮たり、炒めたり、
   カレーに入れて食べます。
      繊維が多いヘチマ(糸瓜)は、
   「腸内のおそうじ」にもなります。
   ◎胡瓜(きゅうり)は、そのまま
   味噌をつけたり、塩をふってもおいしいです。
     胡瓜を冷たいみそ汁にいれ
   ほかに豆腐、大葉、ゴマなどを入れた、
   「冷や汁」は九州料理ですが、今や全国区の人気料理。
   ◎冬瓜(とうがん)は煮ると透明になり、
   冷やして食べるのもおいしいです。
   冬瓜ジュースも、中国で有名です。
   ◎西瓜(すいか)は、利尿作用があるので、
   水分のとりすぎで、むくみやすい
   「夏太り」の人におすすめです。
   今は、小玉の「おひとり様用 すいか」も人気です。
   その名も「ひとりじめ」とか。
   ◎甜瓜(まくわうり)を水に冷やしすと、
   ほのかな甘みで美味です。
   ☆消化器官は、37度以下になると、うまくはたらきません。
   「内臓は、常温なのが自然」で、
   急激に冷やさないほうがいいそうです。
   暑い夏は、「常温ドリンク」の価値を再発見しましょう。
   コンビニにも、冷えていない飲み物が置かれています。
      病弱な人や高齢者は、
   15~20度、井戸水くらいの冷たさが、適温です。
   ★夏に崩しやすい自律神経のバランスをとるには、
   「片足立ちのポーズ」を、左右、毎日しましょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎台風一過の雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その103
   =============================
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎川べりで涼む、猫たち-1 白黒と茶白
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ある暑い夏の午後、川へいくと、
   向こう岸の川べりで涼む、猫たちがいました。
   ひとも猫も暑いときに考えることは、同じ((笑))
    石垣(いしがき)によりかかり毛づくろいする茶白。
   おなか(腹)を石畳(いしだたみ)につけくつろぐ白黒。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎川べりで涼む、猫-2 白黒
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆風にふかれて、川をのんびりみていると、
   こちら岸の石垣に、なにか動く・・・黒い影。
     手すりからのりだしてみると、
   白黒の猫さんが、傾斜のある石垣を歩いています。
   身軽(みがる)に、ふつうの道路を歩くように。
     白黒のハチワレ猫さんです。↑↓
   川べりの水ぎわからのぼってきたのでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎川べりで涼む、猫-3 白黒
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆石垣をのぼりきって上をみて、
   わたしたちに気づき、立ち止まって、休息。
    鼻はピンクで胸から腹は白く、手足も白い。
   綺麗な白黒のハチワレ猫さんです。
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」8月号を
   アップしました。こちらへ  
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 六本木の長毛とキジトラ母子も 
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」ハナミズはツリーハウスで
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 49」緑のみえる景色 -4 
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」 そら君。グリーン・アイズ
   ●美樹さんは「ひまわり」 
   ●Kayokoさんは「フィリピン タクロバンのコロゴ海岸の青い空」
   ●yosihiroさんは 「大山-5」  
   ●mariko さんは「うちの猫」 左手をのばすラウル君
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】14 「草原」
   ●Ryoさんは「手造り市@鬼子母神 雑司ヶ谷 」 
   ●健治さんは「私の居場所」 
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 75「魔女の家」 
   
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
   
             「NAYヨガスクール体験記 75「魔女の家 」 
     
   ☆『海から生まれた青い人』の続き。
   象徴的(シンボリック)で、おもしろいですね。
     「魔女の家」の場面があざやかに目にうかびます。
   ガラス瓶にいれられた、カラフルなビー玉のような目玉。
   和之さんも好きだった劇団・新宿梁山泊(りょうざんぱく)
   のお芝居の1シーンにでてきそうです。
     人魚の歌声を“言葉”にしようと、
   [修羅(しゅら)の言葉]をつむいでいる、
   おとなになった和之さん。
    むりをしないで、楽しみながら、
   時間を気にしないで、書きついでください。
   [時を味方に]して。いつでも、待っていますから。
        
   ★人魚の“言葉”については、
   『聖なるチカラと形・ヤントラ』内藤景代・著
    [60ページ]に人魚のイラストとともにかいています。
   一部を引用します。↓
    
   「深い海の底(▽)から、この世(▲)を見ている人魚姫。
       逆さまの世界(▼)が、流動的な海中からは見える。
            (略)
   人魚の言葉、一人前の人間になるために失われた言葉が、
       こころの深い海にある。
   翼をもった大人は、ヤントラで、忘れられた言葉を
        チカラある言葉に変換する。」
   
   『聖なるチカラと形・ヤントラ』  内藤 景代・著
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年8月27日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
         **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング