内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年07月02日
    ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
    2017年7月1日(土)◎ハイビスカスに似た紅や白の花が上下に並ぶタ
   チアオイ(立葵)。ピンクの狐の手袋、ジギタリス。薄紫のホタル
   ブクロ(蛍袋)。紫セージ(サルビア )。白い葉で花のふり、ハンゲ
   ショウ(半夏生 半化粧)。ヒマワリ(向日葵)の花は、[対数らせん
   ]をつくる。ピンクのネムノキ(合歓木)、白いクリ(栗)の花、トウモ
   ロコシの花は、オシベ(雄蕊♂)が頑張る雄花♂、雌花♀は、どこ
   に?→[野生の思考]は、すごい。☆紅の翼の、白いコイ(鯉)ゴマちゃ
   ん。アゲハチョウ(揚羽蝶)、キチョウ(黄蝶) 、シジミチョウ(蜆
   蝶) 。上弦すぎの午後の月は下向き。夕焼け空。フジ(藤)、ミズ
   キ(水木)、エゴノキ、ブラックベリーの青い果実 。樹上のアオサギ
   (青鷺) ダイサギ(大鷺)。カフェの前で左手をのばし、人を招く猫さ
   ん。38枚の写真と連動したお話で瞑想的【二重(ダブル)イメージ
   】でみえてくる“もの“がたり。わが身にひきよせ感じると「生き
   る知恵と勇気、諦めない力」が深いところから湧いてきます。
           --------*----------*---------*----------*
   上弦 7月01日  満月  7月09日下弦 7月17日 新月 7月23日
   上弦 7月31日 ◎7月は、上弦の半月が2回あります。17.7月ピック
   アップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
   ・今月の異名(いみょう)は 文月(ふみづき)
   ・24節気 小暑(しょうしょ) 7月07日  
   大暑(たいしょ) 7月23日
   ◎2017年 24節気 月の満ち欠け 
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★今月のピックアップ写真 
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 
        7月 new☆ 8月  new★ 9月
   
   7月23日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   New 8月27日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   New 9月24日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ***************************
   NEW          6月の[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]に、
   以下の4つを※追記し、新しくリンクしています。
   
   【[二重(ダブル)イメージ]で、
   〔新しい方向性を、深く考えるため〕のご参考になれば幸いです。
   
   
      こころざし(志)と願いをもつかたの、
      おちからになれますように。合掌】内藤 景代 拝
   ***************************
   ※追記:
   ★ 「イメージの種」で、夢の次元だった東京スカイツリーの話と写
   真  ↓↓新しくリンクしています。
   【2010年7月1日(木)   ●「願わなければ、叶わない」
   「種(たね)」として「願う」こと「誓願」が大切 東京スカイツリ
   ーの物語    ●共時性(シンクロ)意味のある偶然  
   2005年1月17日の浅草の仲見世で出会った、観音さまへ誓願 
   芸者さんたちの「願い」の「行進」
   ●ダメでもともと「願えば叶う」 】
   http://www.bigme.jp/00-10-07/10-07-01/10-07-01.htm
   
   ※※追記::寒牡丹と冬牡丹。緋牡丹と都会の狸の写真。   【2013年1月3日(木)
   ☆都内に住むタヌキ(狸)と出会う
   ☆冬に咲く緋牡丹(ひぼたん)など寒牡丹と冬牡丹
   ★ひとつ次元を上昇し、願いを叶える。
   願いであり「イメージの種」で、夢の次元だった東京スカイツリー
   など】  http://www.bigme.jp/00-13-01/13-01/13-01.html
   
   ※※※追記:青空に大きなネット(網)を編む、「そらあみ」の写真
   を【響きあい、共振する、「共時性(シンクロニシティ)、意味のあ
   る偶然】の事象として、ご覧くださいませ。↓↓
   【2012年12月1日(土)
   ★運命を呪わず、運命に【流されたまま】にならず、
   宿命を乗り越え<大きな花>を咲かせる【方法】
   を選んだ小さな花たちの物語 
   ☆部分も全体も、どちらも大切、「2つで1セット」
 
   ★「そらあみ」で網(ネット)に編みこまれた青空と雲。三つ編み
   紋】  http://www.bigme.jp/00-12-12/12-12.html
   ※※※※追記:You Tube 動画 動画 合計4本
 
   ☆★清流にしか住まないという青い鳥、カワセミ(翡翠 )。
     かつて都内の公園で、ヒナが6羽かえり、巣立ちました。
   【東京生まれの東京育ちのカワセミ(翡翠)たち】です。
   少しぐらいの水のにごりには、負けません。
   たくましく成長し、各地の川で繁殖しています。
   カワセミ(翡翠)、お魚キャッチの瞬間。動画You Tubeを追加して
   掲載しています。
   カワセミ(翡翠)6羽のヒナ巣立ちの動画は 3本。
   動画 合計4本こちらへ↓↓
   ※カワセミ(翡翠)好きのギャラリーの人間達のおしゃべりもはい
   っていますが、ご愛嬌(あいきょう)で
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/natere-photo-2017-6.html
   ***************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎タチアオイ(立葵) 白に紅
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆上の花は、白い花びらの中央が紅いので、
   【日の丸(ひのまる)】ムクゲ(木槿)に似ています。
     【日の丸】は、白地に底赤で、一重の大輪ムクゲ(木槿)。
   茶道の夏の[茶花](ちゃか)として人気があります。
   
   ☆中央の花柱(かちゅう)は、メシベ(雌蕊♀)。
     上の花は中央に、クリーム色の花柱があり、
   フヨウ(芙蓉 ふよう)の花や、
   ハイビスカス(仏桑華=ブッソウゲ、扶桑=フソウ)にも、
   似ています。
   ◎さて、いろいろな花に似ている、上の花は、
   タチアオイ(立葵 たちあおい)です。
   アオイ(葵)目、アオイ(葵)科。
   下のように、白や紅色、ピンクの花などがあります。
   ★似ているはずです。
   アオイ目、アオイ科のタチアオイ(立葵)と同じく、
   ムクゲ(木槿)は、アオイ目アオイ科フヨウ属。
   ハイビスカスも、アオイ目アオイ科フヨウ属 Hibiscus 。
      どの花も、暑い夏を涼しげに楽しませてくれます。
   ☆多彩な色のタチアオイの花言葉は、いろいろあります。
   大きな志、高貴、率直、平安、熱烈な恋など。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎タチアオイ(立葵)白
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎タチアオイ(立葵) 紅
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ジギタリス 別名:狐の手袋
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆濃い斑点(ドット)があるピンクの筒状の花が上下にならぶ、
   ジギタリス(英語: Digitalis)。
      筒状の花が、指サックに似ているともいわれ、
   別名は、キツネノテブクロ(狐の手袋)。
   ☆茎が高くのびるので、奥行きを感じさせる配置になる
   イングリッシュ・ガーデン(英国風庭園)では、
   よくみかけます。
   手前に、白いマーガレットやハーブをこんもりと、とか。
   
   ◎綺麗な花ですが、今は、「毒草」とされています。
   かつては、薬草として、大切にされていましたが、 
   今は、見るだけの観賞用です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ハンゲショウ(半夏生 半化粧 はんげしょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆不思議な花、ハンゲショウ(半夏生 半化粧) 。
      白くなった葉が、花びらのふりをして、
   小花が集まった花穂が、
   シベ(蕊)のようにみえます。
      ドクダミ科なので、先月のドクダミと同じ仕組みです。
   ☆白い十字の包葉(ほうよう)のドクダミとちがうのは、
   4弁の花びらのようにならず、
   1枚だけ、花びらのように白くなることです。
      それも、半分だけ化粧したように、
   緑の葉の半分だけが、白くなる。
   それで、[半化粧(はんげしょう)]ともよばれます。
   
   ◎それだけでなく、
   夏至(げし)から11日目の、雑節の
   [半夏生](はんげしょう)のころだけ
   葉の半分が白くなります。
   現在のきまりでは[黄経100度]を太陽が通過する日が、
   [半夏生]となっています。
   それで、2017年は7月2日が[半夏生]となります。
   
   ★半夏生の時季をすぎた、夏の盛りになると、
   このハンゲショウ(半夏生 半化粧)の葉はすべて緑。
   白い葉はなくなります。
      (用事は済みました。 )
   と葉がクール(冷静)にいっているようで・・・
   真夏にハンゲショウをみると、ほほえんでしまいます。
   →「野生の思考」という、いのち(命)の発想法です。
   
   ☆上の写真では、黄緑のカマキリ(蟷螂)が、
   葉の白い部分にのって、
   【葉の一部のふり】をして、じっとしていました。
   こちらは、カマキリ(蟷螂)には気づかない【ふり】をして、
   写真だけとって立ち去りました((笑))
   
   瞑想(冥想)の意識状態の3段階 め、
   サマージ(三昧)の状態で、
   葉になりきっている、黄緑のカマキリ(蟷螂)です。
   
   瞑想(冥想)の意識状態の3段階は、
   【1:集中→2:拡大→3:ひとつ・なりきる・サマージ(三昧) 】
   
   詳細は、以下ををどうぞ。↓↓
   『冥想(瞑想)』 こころを旅する本  マインド・トリップ
   旧版  新版 内藤景代・著 実業之日本社・刊 
   
   『冥想(瞑想) こころを旅する本』
   http://www.yogamindtrip.nay.jp/
   
   『ヨガと冥想』 内藤景代・著 実業之日本社刊
   http://www.yoga.sakura.ne.jp/ym-book/
   以上 内藤景代・著 実業之日本社刊
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ホタルブクロ(蛍袋 ほたるぶくろ) 薄紫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆子どものころに、ホタル(蛍)をつかまえて、
   このホタルブクロ(蛍袋)の花に入れて、
   広がった花のすそをしぼり、
   母上へのおみやげに、いえに持ち帰ったかたがいます。
      ぽっと《光》が内から輝き動き、
   薄紫の行灯(あんどん)のようで、
   とても幻想的だったそうです。
      そのこころづかい(心遣い)は、
   母上も、さぞ、うれしかったことでしょう。
   夕方まで帰らないので心配していたことも忘れて…
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎縦(|)(横―)斜め【/】4に交差する白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ガラニティカ 紫セージ/サルビア
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ガラニティカ。紫セージ/サルビア
   シソ(紫蘇)科  アキギリ属です。
   ホシホウジャク(星蜂雀) がこの花を好み、飛んできます。
      チョウ目(鱗翅目) スズメガ(雀蛾) 科 で、
   ハチ(蜂)そっくりの飛び方をする、ガ(蛾)です。
      初対面のスズメガ(雀蛾)ホウジャク(蜂雀) 
   のことは、今でも強烈におぼえています。
      紫ガラニティカを撮影しているとき、
   目の前にハチ(蜂)が飛んできたと思い、
   驚いてシャッターを押しました。
      それが、ホシホウジャク(星蜂雀)との出会いです。
   はじめて見たときはびっくりしました。
     紫ガラニティカとホシホウジャクの写真は、こちらへ↓
   http://www.bigme.jp/000-00-02-10/02-10-24/02-10-24.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ガラニティカ 紫セージ/サルビア 拡大
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆紫の花、ガラニティカ を拡大しました。
   〔紫色の怪獣〕が、大きな口を開いて吠えているようです。
   咆哮(ほうこう)する怪獣から白い舌(した)が、みえます。
   
   「野生の思考」は、「動物や植物など
    自然界にある構造(形)」の助けをかりて、
   この世界の構造=形を表現する方法でもあります。
   
   紫のガラニティカをみていると、
   [今・ここ」にある多層的な世界で、
     同時に怪獣たちが咆哮しながら、
   死闘を続けているように想います。
   
   
   多層的なので、同じ土俵にならず、
   ・・・かみ合わないで、くいちがう。
   それが、もどかしい。
   
   ・・・・負けるな。
   
   
   「やせがえる まけるな いっさ ここにあり」
   
      (やせ蛙  負けるな 一茶 ここにあり)
        小林 一茶(いっさ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヒマワリ(向日葵 ひまわり) フィナボッチ曲線
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夏の季語になっている、ヒマワリ(向日葵 ひまわり) 。
    上に掲載したタチアオイ(立葵 たちあおい)と同じく、
   ヒュウガアオイ(向日葵 ひゅうがあおい)ともよびます。
    けれども、アオイ(葵)科のタチアオイ(立葵)とちがい、
   ヒマワリ(向日葵 ひまわり)は、キク(菊)科です。 
   ヒマワリ(向日葵)は英語で、サンフラワーSunflower。
   
   ☆ヒマワリ(向日葵)は、キク(菊)科なので、
   外側にある黄色い花びらの舌状花と、
   まん中に林立する筒状花(管状花)という、
   2つの花でひとつの花になっています。
    ヒマワリ(向日葵)は、キク(菊)科では特別に、
   中央の筒状花(管状花)が、らせん状に並んでいます。
    らせん状の筒状花(管状花)は、[対数らせん]になり、
   [フィナボッチ曲線]といわれる特別な仕組み(構造)です。
     [フィナボッチ曲線=対数らせん]は、
   連続する2つの数を足したものが
   次の数になっていきます。
   
   たとえば、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、
   
   1+1→2
   1+2→3
   2+3→5
   3+5→8
   5+8→13
   
   【目にみえない】規則性で、
   ヒマワリ(向日葵)の中央の筒状花(管状花)は、
   [フィナボッチ曲線=対数らせん]に並んでいます。
   
   ★【脳もないのに】、ヒマワリ(向日葵 ひまわり) は、
   [フィナボッチ曲線=対数らせん]をつくってしまう。
   [野生の思考]とは、すごいものです。
   
   
   ◎ところが、まん中の筒状花(管状花)は、受粉すると、
   種(たね)ができるので、中央部分が盛りあがってきます。
     そして、下の写真のように、↓↓
   [フィナボッチ曲線=対数らせん]は、消えていきます。
   
   いうなれば、早めにヒマワリ(向日葵)をみないと、
   美しい比率の[フィナボッチ曲線=対数らせん]は、
   みることができないわけです((笑))
   
   鳥たちは、[フィナボッチ曲線]がなくなり、
   種(たね)がいっぱいのヒマワリ(向日葵)になるのを
   待っています。
   
   ひともまた、食用油として、
   ヒマワリの種(たね)を利用できるのを待っています。
   
   アメリカ・大リーグの野球選手は、
   干したヒマワリの種(たね)をベンチで食べるそうです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヒマワリ(向日葵)日がたつと対数らせんが消える
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎軍艦のように、厚く大きな雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クリ(栗)の木
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆モールのような[白い花]が、咲いています。
   クリ(栗)の花です。
   
   ♪♪大きなクリ(栗)の木の下で
     あなた と  わたし  ♪
    
      『大きな栗の木の下で』(スカウト・ソング)
     アメリカでボーイスカウトの歌として広まった曲
    
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クリ(栗)の花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白く長い花のようにみえる、クリ(栗)の花。
   これは、クリ(栗)の雄花(おばな)♂です。
    
   長く集まっている雄花(おばな)♂のつけ根に、
   ぽつんと、5ミリほどの雌花(めばな)♀があります。
   すべての雄花(おばな)♂にあるわけでもないそうです。
   
   ◎クリ(栗)の実になる雌花(めばな)♀は目立たないので、
   わたしはまだ、見たことがありません。
      (いつか、見たい)
   と想っています。楽しみです。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎広がる大きな白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎エゴノキ 青い果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆先月、白い花が満開だった、エゴノキ。
   今月は薄緑の果実を、たくさんみのらせています。
   風にゆれる、薄い碧玉(へきぎょく)のイヤリングのよう。
   
   この薄緑の果実を「シャボン(石鹸 せっけん)」
   の代用品として、洗濯につかっていたそうです。
   それで、エゴノキを「シャボンの木」ともいいます。
   
   ◎エゴ(ego)はラテン語で
   「わたし=私=自己=自分=自我=吾」のこと。
   英語で「アイ( I )」。ドイツ語で「イッヒ(Ich)」。
   
   [私=私][A=A]であり、【論理学の基本】です。
   
   自分を証明する[ID(アイディ )カード]の基本になる
   ID=アイディ
   =アイデンティティ(自己同一性)の基本です。
   それが、ラテン語でエゴ(ego)。
   
   ◎「自分」とは? エゴとは?
   ……そのお話と、エゴノキの花の満開写真と、
   Let It Go 「レット・イット・ゴー:ありのままで」と
   「Let It Be :あるがままに」 ビートルズの歌
   『アナと雪の女王』のお話はこちらへ
   http://www.bigme.jp/00-14-06/14-06.html
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ アゲハチョウ(揚羽蝶 あげはちょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白黒の縞模様(しまもよう)のチョウ(蝶)が
   左右の羽根を大きく開いてとまっています。
      アゲハチョウ(揚羽蝶 あげはちょう)です。
   下のキチョウ(黄蝶 きちょう)などのように、
   いっぱんに、チョウ(蝶)は羽根を閉じてとまります。
   羽根を開いてとまるのは、ガ(蛾)です。
   
   けれども、このアゲハチョウ(揚羽蝶)は、
   羽根を開いたままで静かにとまっていました。
     カメラに気づいて飛びたっても、また戻り、
   羽根を開き、ゆったりとくつろいでいました。
   
   ◎チョウ(蝶)は、古代から世界中で、
   たましい(魂 プシュケ)や霊(スピリット)
   の象徴(シンボル)に見立てられています。
   
   イモ虫から脱皮して美しく羽化するチョウ(蝶)の姿が、
   目にみえる肉体だけでない、内部にある
   たましい(魂 プシュケ)や霊(スピリット)
   のイメージに重なるからでしょうか。
   
   そのたましい(魂)とチョウ(蝶)の関係などのお話は、
   『たましい(魂)の世界観を呼吸する 004-意気の呼吸法』
   に詳しくかきました。 こちらへ↓↓↓↓
   
   『たましい(魂)の世界観を呼吸する   004-意気の呼吸法』 
   内藤 景代・著 Amazon Kindle版 
       ☆スマホ・PCでも読める電子書籍
   
   ↑カバーのチョウ(蝶)は、わたしが高尾山(たかおさん)で
   撮影したアサギマダラ(浅葱斑 あさぎまだら)。
   海を越えて、沖縄や台湾まで飛んでいく美しい蝶で、
   ステンドグラスのような綺麗な色と模様です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎キチョウ(黄蝶 きちょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆薄紫のビロード(天鵞絨)のようなセージ(サルビア)に、
   黄色いチョウ(蝶)がとまります。
     が、羽根を閉じたまま、正面で横(―)や縦(|)になると
   「黄色い1本線」にしかみえません。
   ひらひらと舞うように飛ぶキチョウ(黄蝶 きちょう)。
      やっと撮影できた写真をみると、
   手足で花をしっかりとつかみながら
   目はこちらをむいて観察しているようです。
   
   《見るは、見られること》
     と感じる、キチョウ(黄蝶)とのひとときでした。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆小さなチョウ(蝶)なので、
   小さな貝の名をとり、シジミチョウ(蜆蝶)。
      シジミチョウ(蜆蝶)が開いた
   「おもての羽根」は、オレンジや蒼など色々です。
     このシジミチョウ(蜆蝶)は、ブルーグレー(灰青)で、
   《光》を受けて輝くメタリック・カラーです。
   
   呼吸をするように、静かに羽根を開閉していました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ネムノキ(合歓木 ねむのき) ピンク
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆夕暮れになると、小さな葉が合わさるように
   葉が閉じていく、ネムノキ(合歓木 ねむのき) 。
      まるで、葉が眠っていくようなので、眠りの木、
   ネムノキ=眠の木ともよばれます。
   ☆細いピンクの絹糸のような花びらが、
   ふわ~っと広がり咲いています。
      英名はシルク・ツリー(絹の樹木)。
   これがネムノキ(合歓木 ねむのき) の花
   と想っていました。
   ・・・が、これもまた、雄花(おばな)♂。
   オシベ(雄蕊♂)の集まりが、ピンクの花です。
   オシベ(雄蕊♂)を絹(シルク)に見立てると、
   シルク・ツリー(絹の樹木)。
   
   ◎今月のクリ(栗)の花、トウモロコシ(玉蜀黍)の花
   と同じような仕組み(構造)で、
   雄花♂、オシベ(雄蕊♂)が頑張っています((笑))
   
   メシベ(雌蕊♀)は、オシベ(雄蕊♂)の中央に、
   ありますが、オシベ(雄蕊♂)がしおれてから、
   出現します。
   [自家受粉]を避けるための「野生の思考」という、
   いのち(命)の発想法です。
   ネムノキ(合歓木)は、マメ(豆)科ネムノキ属。
   
   夏から秋に[樹皮や葉]を採取して日干しにして乾燥した
   【合歓皮(ごうかんひ)は、生薬(しょうやく)】になります。
   合歓皮は、鎮痛、腰痛、打ち身、腫れ物、利尿、強壮、
   水虫、手のあれ、精神安定などに効果があるそうです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ブラックベリー つぼみ(蕾)と花と果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆つぼみ(蕾)から、白い花を咲かせ、
   緑のベリー(果実)になった、ブラックベリー。
   
   [時間の経過]で順序をおってしかみられない、
   つぼみ(蕾)と花と果実。
    [1場面で〔変化〕がみられる光景]を撮影できました。
   
   緑のベリー(果実)は、
   真っ黒(ブラック)にならないと、食べられません。
   だから、ブラックベリーというわけです。
   ブラックが、おいしい。
   [ブラック イズ ビューティフル]←ちがう((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎モフモフの白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎フジ(藤 ふじ)の細長い果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ツル(蔓)をからませ、5月頃に薄紫の花を咲かせ、
   枝垂(しだ)れていたフジ(藤 ふじ)。
    今の時季は、薄緑の細長い果実をみのらせています。
   枝豆(えだまめ)を細く小さくしたような、豆。
   ◎藤豆(ふじまめ)ともいえるでしょうが、
   食用の藤豆は、別のものらしいです。
   写真の豆は食べられません。
      フジ(藤 ふじ)は、マメ(豆)科なので、
   豆がみのるのに不思議はないでしょうが、
   はじめてみたときは、すこし驚きました。
      江戸時代から伝わる、藤の名所、錦絵などで
   有名な亀戸天神(かめいどてんじん)へ、
   でかけたときの藤波などのお話は、こちらへ↓
   【2004年5月1日(土)
   ●亀戸天神のフジ(藤)祭り。
   ●無数のフジ(藤)の花房が、ゆれる夕暮れ。
   ●薄紫の花の波、藤浪(ふじなみ)。。。。
   ●フジ(藤)の果実はサヤインゲンのミニチュア版。
    人形遊びのままごとで、お惣菜にすると、ぴったり?
   ●フジ(藤)は、マメ(豆)科で、フジ属(ウイステリア属】
      http://www.bigme.jp/000-000-04-05/04-05-01/04-05-01.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴマフアザラシに似た、白いコイ(鯉)-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆鼻のあたりが濃い灰色で、
   ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹)に似ている、
   白いコイ(鯉)に出会いました。
     細くてまだ若いコイ(鯉)のようです。
   あどけない顔で、見あげ、みつめます。
   かわいいです。
     池にいくと、つい、探してしまいますが、
   たくさんのコイ(鯉)たちが広い池にいるので、
   なかなか会えません。
   
   みつけると、つい、「ゴマちゃん」と呼んでしまいます。
   本鯉(?)は、きょとんとしていますが、
   【音の響きや波動】でわかるのか、よってきてくれます。
   ★「ゴマちゃん」というのは、
   マンガやアニメの『少年アシベ』にでてくる
   白いアザラシです。
   ゴマフアザラシの赤ちゃん。
   
   ☆ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹)は、
   海にすむ哺乳類(ほにゅうるい)。
     白い氷山の上で、出産し子育てするので、
   子どものあいだは、白いアザラシです。
   白は、氷の色なので目立たず保護色になります。
     成長すると、ゴマフ(胡麻斑)がふえてきます。
   日本の水族館や動物園で最も多いアザラシで、
   個体差があり、いろいろな模様があります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白いコイ(鯉)-2  ゴマちゃん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎[固まりこわばりがちな意識とからだ(体)]は、
   コイ(鯉)の泳法をみていると、
   ゆるみ、リラックスして流動的になります。
   ☆それだけでなく、ゴマちゃんをみていると、
     (かわいい ~~) 
   という、あったかい気もちがわいてきて、
   【仕合わせ】な《氣》になります。
      そう想っていると、
   ゴマちゃんは、不思議そうにみつめ、 
   なにか言いたげな、くちもとをします。
      動かすひれ(鰭)をみつめながら、
   なにかに似ている・・・と想ったら、
   さかなの女の子「ポニョ」を思い出しました。
    「ポニョ」は『崖の上のポニョ』のジブリ映画のヒロイン。
   人間に[進化]した、赤いさかなの女の子。
   原作・脚本・監督のすべてを担当するのは宮崎 駿・監督。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紅の翼の、白いコイ(鯉)-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ひれ(鰭)を上下・前後に動かし、
   目の前にきて泳ぐコイ(鯉)。
    [天使の翼]のように、背中からひれ(鰭)を広げ、
   こちらをみつめます。上の写真
    水中にすかしてみえるひれ(鰭)には、
   白だけでなく、オレンジ色もみえます。
   
   流動的に動いている白いコイ(鯉)をみていると、
   ひれ(鰭)の上(△)側は、白と橙のぼかし模様。
    ところが、胸のほう内側へ、ひれを動かすと、
   ひれの下(▽)側は、綺麗な紅色でした。
      まるで、「紅の翼」(くれないのつばさ)。
   空を飛ぶブタ(豚)飛行士の話、『紅の翼』
   が、ジブリ映画にありました。
   ★このゴマフアザラシに似た、白いコイ、ゴマちゃんは、
   ひれ(鰭)の表(背側)と裏(腹側)は色がちがうのです。
     それだけでなく、ちらりとみえる腹の側は、
   あざやかな緋色(ひいろ)が広がっています。
     いつか、おみせできるといいのですが。お楽しみに。
   色彩豊かで、多面的なコイ(鯉)、ゴマちゃんです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ミズキ(水木 みずき)の青い果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水べにはえる、ミズキ(水木 みずき)の樹。
     白い小花を無数に咲かせていましたが、
   丸く青い果実をたくさんみのらせています。
   ★5月頃、水べで、 階段状に咲く、 白い花が、
   ミズキ(水木 みずき)です。
     あの小さな花たちが、碧玉(へきぎょく)のような、
   翡翠(ひすい)の緑の玉 のような、青い果実になりました。
      ミズキ(水木)の小さな白い花の拡大図と、
   階段状の大きな樹の全体像は こちらへ。↓
   http://www.bigme.jp/00-15-05/15-05/15-05.html
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎放射状に開く、絹のような雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トウモロコシ(玉蜀黍)畑とトウモロコシの花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆トウモロコシ(玉蜀黍)畑に、
   黄色い小花がたくさんある、
   トウモロコシ(玉蜀黍)の花が咲いています。
   
   ☆この花は、雄花(おばな)♂です。
   上に掲載した、クリ(栗)と同じ仕組み(構造)で、
   目立つ長い花たちは、みんな雄花(おばな)♂。
   ◎雌花(めばな)♀は、いずこ? どこにある?
   トウモロコシ(スイートコーン)のヒゲのように輝く細いヒモ
   あれが、雌花(めばな)♀です。
      雄花(おばな)♂のあとに、輝くヒゲがでてきます。
   絹の糸のようなヒゲの1本ずつが、
   メシベ(雌蕊♀)で、受粉すると、
   1本ずつが、トウモロコシ(スイートコーン)になる予定。
   
   この黄色い雄花(おばな)♂とヒゲ雌花(めばな)♀の
   タイミングがうまくいかないと、受粉しません。
   トウモロコシ(スイートコーン)の実にならない。
     それで、家庭菜園でも、ひとの手で[人工授粉]させ、
   スイートコーンの収穫をねらうそうです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎若竹と午後の月
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆初夏に筍(たけのこ 竹の子)から芽をのばし、
   竹の皮をはらい落としながら、
   空をめざし、ぐんぐんのびていく若竹(わかたけ)。
   
   電線すれすれまでのびた竹の葉の上に、
   青空が広がり、
   上弦をすぎた、午後の月がみえます。
   
   午後なので、月は下向き。
   とても、爽やかで涼しい風がふいています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎黒雲の向こうは、爆発したような雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 樹上に、アオサギ(青鷺)が2羽
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆涼しい風がふく夕暮れ。
   高い樹上に、アオサギ(青鷺)が2羽。
    後ろ姿の右は、低くかがんでいるようです。
   横向きの左は、半身を葉からみせています。
      このペアは、みかけるたび、このパターンです。 
   首をのばした右のアオサギ(青鷺)は、
      巣で子育て中らしい。
   左のアオサギ(青鷺)は、見張り役と警護?
      どちらか1羽ずつ、下のように飛翔して、
   夜食をとりに(?)、離れた池へ舞いおります。
     以前、アシ(葦 芦 あし)の中で
   営巣中のアオサギ(青鷺)をみかけました。
   こちらは、別のペアのように想います。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎飛翔する アオサギ(青鷺)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆樹上から飛翔して、低く滑空し、
   離れた池へ舞いおりるアオサギ(青鷺)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺) 高い樹上で首を曲げ羽づくろい
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆片足立ちで、首を曲げ、
   白いダイサギ(大鷺)が、樹上で、羽づくろい。
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   *---*---*---*---* 
   ●小暑(しょうしょ) 7月07日
   
   小暑は、24節気のひとつで「梅雨が明け、
   本格的な暑さが始まる時季」です。
   
   ●大暑(たいしょ) 7月23日
   
   ◎大暑は、24節気のひとつで
   「1年で一番、暑い時季」です。
   *-------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの蝶、雲と夕焼けと月、鷺と鯉、猫の瞑想=観想★》
   としても、みてください。
   以下に、38枚の順をかきます。
   *************************** 
   《★花と緑と翼あるもの蝶、雲と夕焼けと月、鷺と鯉、猫の瞑想=観想★》
   
   #1☆タチアオイ(立葵) 白に紅 
   #2☆タチアオイ(立葵)白
   #3☆タチアオイ(立葵)紅 
   #4☆ジギタリス 別名:狐の手袋 
   #5☆ハンゲショウ(半夏生 半化粧 はんげしょう) 
   #6☆ホタルブクロ(蛍袋 ほたるぶくろ) 薄紫 
   #7☆縦(|)(横―)斜め【/】4に交差する白い雲
   #8☆ガラニティカ 紫セージ/サルビア 
   #9☆ガラニティカ 紫セージ/サルビア 拡大
   #10☆ヒマワリ(向日葵 ひまわり) フィナボッチ曲線 
   #11☆ヒマワリ。日がたつと対数らせんが消える
   #12☆軍艦のように、厚く大きな雲 
   #13☆クリ(栗)の木 
   #14☆クリ(栗)の花 
   #15☆広がる大きな白い雲
   #16☆エゴノキ 青い果実 
   #17☆アゲハチョウ(揚羽蝶 あげはちょう) 
   #18☆キチョウ(黄蝶 きちょう) 
   #19☆シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう) 
   #20☆ネムノキ(合歓木 ねむのき) ピンク
   #21☆ブラックベリー つぼみ(蕾)と花と果実 
   #22☆モフモフの白い雲 
   #23☆フジ(藤 ふじ)の細長い果実
   #24☆ゴマフアザラシに似た、白いコイ(鯉)-1
   #25☆白いコイ(鯉)-2  ゴマちゃん
   #26☆紅の翼の、白いコイ(鯉)-3
   #27☆ミズキ(水木 みずき)の青い果実 
   #28☆放射状に開く、絹のような雲
   #29☆トウモロコシ(玉蜀黍)畑とトウモロコシの花 
   #30☆若竹と午後の月 
   #31☆黒雲の向こうは、爆発したような雲 
   #32☆樹上に、アオサギ(青鷺)が2羽 
   #33☆飛翔する アオサギ(青鷺) 
   #34☆ダイサギ(大鷺) 高い樹上で首を曲げ羽づくろい
   #35☆大きな雲にはえる夕焼け空
   #36☆「猫の天国」猫じゃらしの原っぱ 
   #37☆左手をのばし、人(客)を招く猫さん
   #38☆カフェの前で左手をのばし、人を招く猫さん 
   
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
   眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎大きな雲にはえる夕焼け空
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
   ☆暑い日もあれば、雨まじりの冷える日もあり、
   なかなか梅雨もあけませんが、
   お元気でおすごしですか?
   
   ●このところ、ご自分の「ココロとカラダと気分」の
   「なんとなく、のリズム、調子」は、いかがでしたか?
   
   ★梅雨があけると、一番暑い時季になります。
   
   汗をかいたら水分補給は、
   ちびちびとまめにとり、[熱中症]をふせぎましょう。
   
   忘れてならないのは、
   汗で失う、塩分などのミネラルの補給です。
   
   サラリーは塩のこと。
   むかし外国では給料を塩(岩塩)ではらっていたそうです。
   そこからサラリーマンという“言葉”ができたとか。
   
   脳溢血などになるので、[塩分ひかえめ]が流行です。
      けれども、夏は、塩分を悪者にせず、
   適度に補充なさってください。
      というのも、汗をかくと、
   塩分などの体内のミネラルが排出されてしまうからです。
      だから、汗をかかないようにする、、、というのは、
   おすすめできません。
   なぜなら、汗といっしょに、体内の老廃物も同時にでて、
   新陳代謝がよくなるからです。
   
   ☆以前、[水爆実験]で被爆なさった漁船の船長さんの、
   頭髪から汗といっしょに、ストロンチウム(?)が排出され、
   頭部が銀色に光っていた、異様な光景のニュース映画を
   幼いころに映画館で見た記憶があります。
   ほぼ唯一、生き残った船長さんの新陳代謝がよく、
   毒素を排出したからだ、
   という説をきいたおぼえもあります。
   
   ◎まず悪いものを出す、次に、よいものを入れる。
   
   それが【沖ヨガ】のポイントでした。
    詳細は、わたしのヨガのデビュー作
   『こんにちわ私のヨガ』
       美しく変身する107の秘密 をどうぞ。
    1975年刊 実業之日本社・刊 内藤景代・著
    (新書から、1993年新版(四六版 )への変遷)
   http://yogakonnichiwa.fc2web.com/
   
   ◎さらに邪気や湿気や毒気は、
   ヨガ・瞑想・呼吸法で、じゅうぶんに吐き、
   よい《氣》をとりいれ、暑い夏をのりきましょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎「猫の天国」猫じゃらしの原っぱ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆西日(にしび)をあびて風にゆれる、
   猫じゃらしの群れ。
   ノギ(芒)が光って、涼しげで綺麗です。
   猫(ネコ)たちがよろこぶ「猫の天国」
   ・・・と想って、通りすがりにみていました。
   ところが、1週間もすると、きれいさっぱり、なし。
     エノコログサ(狗尾草 猫じゃらし)は、
   土地を管理するかたには、雑草でしかないのでしょう。
   
   ネットで、猫じゃらし型のカラフルな「じゃらし」
   で嬉々(きき)として遊ぶ仔猫の写真などをみると、
   複雑な気もちになります。。。。。
    本物(オーセンティック authentic)の猫じゃらしなど、
   仔猫たちは知らずに、おとなになるのでしょう。
   
   ☆エノコログサ(狗尾草 猫じゃらし)が好きなのは、
   猫だけでなく、スズメ(雀)たちも同じです。
      スズメ(雀)たちの好物ともいえるようです。
   猫じゃらし(狗尾草)のゆれる穂にのり、
   ゆれながら穂をついばむスズメ(雀)は楽しそうです。
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その102
   =============================
   ◎左手をのばし、人(客)を招く猫さん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆《福の神》としての招き猫の「縁起物(えんぎもの)」は、
   右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、
   左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされます。
   
   この猫さんは、お店の前で 
   左手(前脚)をのばしているので、
   人(客)を招く。
      白に茶のハチワレ猫さん。
   近よると、目を閉じたまま、ほほえんでいるような、
   おだやかで、しあわせそうな、よいお顔。
      わたしも、招かれ、入店((笑))
   
   いろいろな猫さんたちが自由に出入りして、
   大きな公園の森や池がガラス窓から見える、
   素敵なカフェでした。
      残念ながら、過去形です。
   今はなき、人気のカフェと猫さんです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カフェの前で左手をのばし、人を招く猫さん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
  
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」7月号を
   アップしました。  
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」    
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」 クルンクルンとハナミズ
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 47」 緑のみえる景色-3   
      ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」そら君。手を目へ。   
    ●美樹さんは「東京ミッドタウン」 
     ※追記:六本木にある、東京ミッドタウンは、
          【防衛庁】の跡地にあります。
    ●Kayokoさんは「マッカーサー上陸 モニュメント」 (フィリピン 
    レイテ島)
   ※追記:[フィリピン奪回]とは? →だれから奪回?
   →→日本軍から奪回 ↓↓↓↓
   【1944年から1945年のフィリピンの戦いは、
   第二次世界大戦後期において、
    フィリピン奪回を目指す連合国軍と、
    防衛する日本軍との間で行われた戦闘 】 
        Wikiウィキペディアより
   
   ※※追記:モニュメントの水中を歩くマッカーサー元帥は、
   敗戦後の日本を占領したアメリカ軍の司令官。
   「戦前の日本人の精神年齢は12歳」と語ったことで有名。
   そのお話と日本人を分析した『菊と刀』という
   ベストセラー本のお話は こちらへ↓↓
     http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-10/03-04-10.htm 
    
   ●yosihiroさんは 「大山-4」 あざやかな光線が鋭い 
   ●mariko さんは「うちの猫」 白い背に赤茶色の丸ふたつ
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】12 「庭」
   ●Ryoさんは「紫陽花」 すてきな花は、布のちりめん細工
   ●健治さんは「私の居場所」 新しく定点観測の開始
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 74「顔 2 」 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
   
    「NAYヨガスクール体験記 74「顔 2」  
   
   ◎「【永遠の少年】が、そこにいる」
   という感じなので、
   だまったままで、
   ただ、そこにいれば、いい。」
   と演出家のかたにいわれたので、
   舞台に立っています。
   座ったままですが。((笑))
   
   と、和之さんが、わたしにお話されて、
   
   「・・・その感じ、わかる((笑))」
   
   と、ふたりで笑いあったことをおぼえています。
     和之さんの、たたずまいが、まさに、【永遠の少年】。
   深層心理学のC・G・ユングの
   【元型(アーキタイプ)】についてかいた
   マリー・F・フランツの本
   【『永遠の少年』―『星の王子さま』の深層 】そのまま。
      その演出家のかたは、みる目があり、
   あなたの個性を活かしてくださいましたね。
   ☆そういえば、きょう、6月29日は、星の王子さまの日。
   『星の王子さま』をかいた、著者
   A・サン=テグジュペリの誕生日だからだそうです。
   
   「大切なものは、目に見えない」とかたる
   『星の王子さま』Le Petit Princeをかいた、作家・飛行士、
   A・サン=テグジュペリは、1900年の6月29日生まれ。
   1900年は昭和天皇の生まれた年で
   私の父も同じ年生まれ。
   20世紀が始まった1900年に、3人が同じ年に生まれた、
   と今、気がつきましたが
   「意味のある偶然」でおもしろいです。
   ☆『星の王子さま』は『永遠の少年』
   のイメージそのままなので、
   『冥想(瞑想) こころを旅する本 マインド・トリップ』
   に紹介し、文章を引用しています。
   新書版の初版では、A・サン=テグジュペリの
   てがきの絵を掲載させていただいていました。
   
   『冥想(瞑想) こころを旅する本 マインド・トリップ』は、
   新版と旧版があり新書版とA5版。ご紹介は以下に↓
   Amazonなど、ネット古書店でどうぞ。 
      http://www.bigme.jp/28-link/net-book-shop-wallshop.htm
   
   
   『冥想(瞑想)』 こころを旅する本  マインド・トリップ 
   旧版 新版 内藤景代・著 実業之日本社・刊 
   詳細はこちらへ
   http://www.yogamindtrip.nay.jp/
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年7月23日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
      **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング