内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年06月02日
     ★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
     2017年6月1日(木)[進化]の基本「トライ・エンド・エラー・フィードバック」
      試行錯誤(しこうさくご)→結果から[学習]し【変化する】=
      →先月・5月の花は、ボタン(牡丹 ぼたん)で、今月・6月の
   花が、シャクヤク(芍薬 しゃくやく)です。お詫びし訂正いたします
   ◎葉を突き抜いて開花するツキヌキニンドウ(突抜忍冬)や石にか
   らみつくテイカカズラ(定家葛)の【ツル(蔓)の力】。リラ(ライラック)
   の花。青紫の シラー。白い花が咲く、トキワサンザシ=ピラカンサ
   トチノキ(栃 橡)、エゴノキ、シロツメクサ(白詰草) クローバー、
   ドクダミ十薬。シャクヤク(芍薬)とボタン(牡丹)のちがい。
   天と地を結ぶ、中心軸【|】メタセコイアと共振する瞑想 。
   [固まる意識を流動的にする]コイ(鯉)のしなやかさ。紅いスイレン
   (睡蓮)。木星(ジュピター)と月。白いダイサギ(大鷺)と黒いカワウ
   (川鵜)の静かな攻防戦。→42枚の写真と連動したお話で瞑想的
   【二重(ダブル)イメージ】でみえてくる“もの“がたり。わが身にひき
   よせ感じると「生きる知恵と勇気、諦めない力」が深いところ
   から湧いてきます。 
         --------*----------*---------*----------*
   上弦 6月01日  満月 6月09日下弦  6月17日 新月 6月24日
   ・今月の異名(いみょう)は 水無月(みなづき)   
   ・24節気 芒種(ぼうしゅ)  6月05日 夏至(げし) 6月21日
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
      ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 6月 7月  8月
  
  〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
      2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
    
   6月25日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   7月23日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   8月27日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツキヌキニンドウ(突抜忍冬 つきぬきにんどう)-1 開花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆紅、赤紫、ピンク、オレンジ、黄色など、艶やかな花が咲き、
   まるで、大輪の花火が続けてうちあげられたような花たち。
   ツキヌキニンドウ(突抜忍冬 つきぬきにんどう)の花です。
     柵にツル(蔓)をからませ、無数に輝いて咲いている花。
   カメラをむけていると、華やかで目眩(めまい)がしそうです。
     柵にからんで開花している全体像の写真をみても、
   放射状の花火のような花が入りくんでわかりにくいので、
   くらくらする全体像はのせず、5つほど掲載しました。↑
   ☆開花前の葉とつぼみ(蕾)を下にのせました。↓
   これならおだやかに、静かに観賞できるでしょう((笑))
      めずらしい花で、葉のまん中を茎が突き抜き、
   その茎から赤紫のつぼみ(蕾)が12個ほどつきでています。
   開花すれば、葉を突き抜けて花が12個咲くわけです。
     花の名は、キンギンカ(金銀花)=スイカズラ(忍冬 吸蔓)
   と同じ「ニンドウ(忍冬)」。
     「忍冬」の名の由来は、常緑性で冬を耐え忍び、
   葉を落とさないからだそうです。忍冬=スイカズラ
     それで、この葉を突き抜けて咲く花は、
   ツキヌキニンドウ(突抜忍冬 つきぬきにんどう)といいます。
     このようにカラフルな花は、はじめてみました。
   紅だけのツキヌキニンドウ(突抜忍冬)は、よくみかけます。
   ツル(蔓)をのばし、縦(|)に電信柱の上まではい上がり、
   横(―)に生け垣にのび、ほかの樹木にからんだりします。
      花言葉は「愛の絆(きずな)」 スイカズラ(忍冬)科 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツキヌキニンドウ(突抜忍冬 )-2 葉とつぼみ(蕾)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎テイカカズラ(定家葛 ていかかずら) 花と蔓(ツル)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆飛行機のプロペラや風車のような白い花が、
   黄色い花になり、柵にからんで芳香をはなつ、ツル草。
   テイカカズラ(定家葛 ていかかずら)です。
   ☆名は「定家の、葛(かづら)」で、キョウチクトウ科。
   和歌の藤原定家(ていか)に由来する、古くから有名な花。
       このツル草にちなんだ『定家葛(テイカカヅラ)』
   (今の題名は、『定家』)という能の謡曲があります。
   能の世阿弥(ぜあみ)の娘婿、金春(こんぱる)禅竹の作品。
     この黄色い花のツル草、テイカカヅラ(定家葛)が
   亡き恋人の墓石にからみつく姿を、[恋の妄執]に
   見立ているそうです。ツル草に変じて、からみつくのは
   [藤原定家の妄念]で、からみつかれているのは式子内親王
   (後白河帝の皇女)の霊と、彼女が眠る墓の石。
   そして、旅の僧の読経により、内親王の霊は
   妄執から成仏(じょうぶつ)できた……というお話です。
   ☆『新古今和歌集』『小倉 百人一首』の編者や
   『明月記』の作者・定家と、若くしてなくなった内親王の
   [悲恋の伝説]は、むかしからあったようです。
                 「玉の緒よ 絶えなば 絶えね ながらへば 
     忍ぶることの弱りもぞする」
                     『小倉 百人一首』    式子(しょくし)内親王
       が、歴史的な事実はちがうらしいです。
   まして、定家がスト-カ-のようにかかれるのは、
   可哀想(かわいそう)と同情するひとも多いようです。
   ☆【ツル草】とかいてきましたが、茎が変じた【ツル(蔓)】は、
   途中から【気根(きこん)】を出して、
   柵や木や岸壁、石などに、はいのぼって(↑)いきます。
     石にからみついたテイカカヅラ(定家葛)の茎や葉は、
   とくに薬効成分が強い生薬(しょうやく)の【絡石(らくせき)】
   として珍重されています。
   ◎それにしても、ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)や、
   テイカカズラ(定家葛)などの【ツル(蔓)の力】は、すごいです。
     そのほかにもキンギンカ(金銀花)=スイカズラ(吸葛)、
   岩や石に絡みつき、はい昇るイワガラミ(岩絡み )。
     どの花も[ただのツル草]などと見下(みくだ)せません。
   [大脳]の発達した、わたし達・人間は、
   《すぐに諦(あきら)めてしまいがち》です。
   けれども、《脳のない【ツル草】》は、諦めない。
   地中の暗い下(▼)ではなく、陽のあたる空中に根を出し、
   上(▲)に気根(きこん)を絡めながら、はい上がります。
   この【生命力と知恵と勇気】を【二重(ダブル)イメージ】で、
   わが身にひきよせ、〔新しい方向性を考えるため〕の
   参考にしたいものです。   負けないで・・・。
   ◎この【絡石】のイメ-ジをふくらませ“もの“がたりをつくり、
   謡曲『定家葛』はできたのかもしれません。 おもしろいです。
   →[見立て]など【メタファー】を多用する
   「野生の思考」という神話的思考法にもつながります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎リラ(ライラック)の花  明るい紫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆北海道の札幌(サッポロ)で暮らしたことのあるひとが、
   「ライラックが咲くと、春がきた、と感じるんだ」
   と遠くをみながらなつかしそうに語っていました。
   ライラックの花の色は、白やピンク、明るい紫。
   日本工業規格では、JIS慣用色名で、明るい紫色を
   「ライラック」としています。花の色が由来です。
   ☆ライラック(Lilac)は英語で、フランス語は、リラ(Lilas)。
   4弁の花が重なり、穂のようになって枝に咲きます。
   ☆リラ(ライラック)の香りは甘くやさしいので、
   香水の原料になっています。モクセイ(木犀)科。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シラー(スキラ スキルラ)オウツルボ(大蔓穂) 青紫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆濃い紫のつぼみ(蕾)が集まっていると、
   和菓子の濡れ甘納豆(ぬれあまなっとう)を連想します。
   濡れたような紫のつぼみ(蕾)が次つぎに開花していくと、
   メタリックな青紫の花火が、大きく広がったようになります。
   和名は、オウツルボ(大蔓穂 おうつるぼ)。
   外国語では、シラー(スキラ  スキルラ  Scilla )。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルミア ピンク 5角形の花  ツツジ(躑躅)科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆アジサイ(紫陽花 あじさい)のように小花が集まり、
   球体をつくる、カルミア。ツツジ(躑躅 つつじ)科です。
   花は、5角形。   紅い筋がはいります。
   白い花が多いですが、これは薄いピンク。
     つぼみ(蕾)は濃いピンクで、砂糖菓子のようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白い炎のように開花したアジサイ(紫陽花)の つぼみ(蕾)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アジサイ(紫陽花 あじさい) は、種類がたくさんあります。
   色も白、青、ピンク、藤色、青紫、赤紫、濃い紫など多彩。
     大きな樹の下、ほの暗いしっとりした空間(スペース) に
   小さな白い豆のような、アジサイ(紫陽花)の つぼみ(蕾)。
   白い炎のように、いくつかの花が開いています。↑
      後日、豆のようなつぼみ(蕾)がすべて開花して、
   まあるく白い球体になり、輝いています。↓
   《光》をあびてクリーム色に燦(きら)めいていますが、
   いくつかの花は、藤色や青紫になっています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クリーム色に燦めくアジサイ(紫陽花 あじさい)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎青空にはえる新緑と白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トキワサンザシ(常盤山査子) 白い花  別名ピラカンサ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆5月、6月には、大小の[白い花]が、たくさん咲きます。
      ♪♪   白い花が咲いていた  ♪
        『白い花の咲く頃』  作詞:寺尾 智沙 作曲:田村 しげる
   ☆ユキヤナギ(雪柳 ゆきやなぎ)に似ていますが、
   白い小花がびっしりと咲くのは、ピラカンサ。
   和名は、トキワサンザシ(常盤山査子 ときわさんざし) 。
     秋になると小花が、びっしりと赤い実になるわけです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ビワ(琵琶 枇杷)の青い果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ 真冬に白い花を咲かせていたビワ(枇杷)。
   今の時季は、青い果実をみのらせています。
   ☆ビワ(枇杷)の実は、丸くてすそすぼまりの〔かたち〕。
   ビワ(琵琶 枇杷)の果実は、形がインドの楽器・ビワ(琵琶)に
   似ているところから、つけられたそうです。
    インドの[水の女神]サラスバティがもつ楽器はビワ(琵琶)。
    日本の女神、弁財天=弁才天(べんざいてん)は、
   インド(天竺)のサラスバティが「習合」されているので、
   楽器のビワ(琵琶)をもっています。
   ▲そこから[芸能・芸術の神]としても信仰されています。
   たとえば、湘南・江ノ島の弁財天=弁才天。
   上野 不忍池(しのばずのいけ)の弁財天=弁才天。
   井の頭公園の弁財天=弁才天。
   ※「習合」は多様な宗教の一部が、混同や同一視されることです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎エゴノキ 白い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水べに白い花が満開。エゴノキです。
   いつもは、ピンクのサクラ(桜)が咲いたあとに咲きますが、
   今年は、すこし遅れたようです。
   とはいえ、花の量がいつもより多くびっしりで綺麗。
   ☆エゴノキの青い果実は、「シャボン(石鹸 せっけん)」
   代用品として、洗濯につかわれていたそうです。
   それで、エゴノキを「シャボンの木」ともいいます。
   ◎エゴ(ego)はラテン語で[わたし=私=自己=自分=自我]
   英語で「アイ( I )」。ドイツ語で「イッヒ(Ich)」。 
     [私=私]   [A=A]であり、【論理学の基本】です。
      コンピュータやネット社会では、
   自分を証明する、大切な[ID(アイディ )カード]。
   [私=私]を証明する基本→[A=A][IDカード]の基本。
   ID=アイディ=アイデンティティ(自己同一性)の基本です。
   ★「自分」とは? エゴとは?……そのお話と、
    Let It Go 「レット・イット・ゴー:ありのままで」と
   「Let It Be :あるがままに」『アナと雪の女王』のお話はこちら
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ◎ トチノキ(栃 橡 とちのき) 葉と花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆大きな20センチほどの葉をしげらせ、
   《光》を透かしている、トチノキ(栃 橡 とちのき)。
   見あげると、白い花が円錐形にならんでいます。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トチノキ(栃 橡 とちのき) 花の拡大
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆拡大してみると、不思議な花の〔かたち〕です。
   ☆結実すると、3センチほどの明るい茶色の実になります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トチノキ(栃 橡)[根っこ]と葉
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎[根っこ]の大きさの比較感のために、
   トチノキ(栃 橡 とちのき)の葉を置きました。
   ☆西洋トチノキ(栃 橡 とちのき)が、マロニエ。
   先月5月に「マロニエの[根っこ]に吐き気を感じるひと」
   の話をしました。この写真のように、巨大なトチノキの
   地上に出たうねうねの[根っこ]をみると、その状況が
   すこしは、想像できるのではないでしょうか?
      「大脳」や知力に自信をもっているけれど、
   [野生の力]を蔑ろ(ないがしろ)にしているひとは、
   巨大な[根っこ]をみると、
     (なめんなよ。いい気になるなよ)
   といわれているような《氣》がするのではなかろうか?
   自分の存在をおびやかされるような、「大脳」的な違和感。
   ・・・それで、むかつく。吐き気がする。
   その生理的な腹のムカツキを哲学的に小説にかいたのが、
   実存主義のサルトルの小説『嘔吐』(おうと)といえます。
    すごい[根っこ]だ、と「野生の力」を
   [悪条件に屈せぬたくましさ]として評価すれば、
   【自分のなかの根源的】な「野生の力」も、また
   同時に引きだされる可能性があるのですが・・・。
      なかなか・・・・・そう素直にはいかないのが、
   [近代的な知性]というものです。
   自分の体験からいっても、そうでしたから。
   そこで、文化人類学者レヴィ・ストロースの出番になり、
   サルトル的な[近代的な知性]に対して、
   [野生の思考]の対等性を証明したわけです。
      [近代的な知性]と「対等の異質な知」が、
   「野生の思考 パンセ ソバ-ジュ」。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シロツメクサ(白詰草) 別名:クローバー
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆小さな3つ葉のクローバーが一面にはえています。
   花は、白い花びらが球体になっています。
      白い花の茎をつなぎあわせ、花冠(はなかんむり)や、
   [花の首飾り]にするのは、野原での少女たちの遊び。
     クローバーの和名は、シロツメクサ(白詰草)。
   江戸時代にガラス製品をオランダから運んだとき、
   割れないように、白い花のクローバーが詰め物として、
   はいっていたのが、シロツメクサ(白詰草)の名の由来。
   むかしのプチプチ(気泡シート=エアクッション)です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ストロベリー・フィールズ 赤いノイチゴ(野苺) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆野草のあいだに丸く赤いノイチゴ(野苺)が
   陽にはえて輝いているのを発見。
   小さな[ストロベリー・フィールズ]があちこちに。
   赤い野イチゴ(苺 いちご)は、幸せのイメージでもあります。
      ♪♪ ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
       (Strawberry Fields Forever )  イチゴ畑よ 永遠に ♪
    ビートルズ 「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
       初出アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎2羽の鳥がとぶ空。細やかな白雲が集まり、たなびく
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎静かな攻防戦。白いダイサギ(大鷺)と黒いカワウ(川鵜)たち
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆昼間の暑さがおさまり涼しくなった池。
      お気に入りの場所をめぐり、
   静かな攻防戦がくりひろげられています。
     風が通る位置にある、 池につきでた倒木(とうぼく)。
   昼間は、黒いカワウ(川鵜 かわう)たちが占領。
     夕暮れになると、サギ(鷺)たちが帰ってきて、
   羽づくろいする、お気に入りの倒木。
   1本の倒木を時間差で交代に使用する、
   [フレックス・タイム(?)]でしのいでいるのですが、
   なぜか、この日は、黒いカワウ(川鵜)たちと、
   白いダイサギ(大鷺)が、バッティング。
     手前には、すこし短い倒木もあるので
   ダイサギ(大鷺)は、そちらに止まります。
   ダイサギ(大鷺)は、長い足を踏んばり胸をそらす。
     カワウ(川鵜)たちは、近くの枝に異動し羽づくろい。
   枝のむこうの上方には、アオサギ(青鷺)までいます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎首をのばす、白いサギ(鷺)をみる、黒いウ(鵜)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ダイサギ(大鷺)は、「S字」に曲げた首を
   ぐーんと「I字」にのばし、威嚇(いかく)。
   左上の枝では、カワウ(川鵜)が見ています。
   ☆カワセミ(翡翠)は、ナワバリ(縄張り)を主張するときなど
   たがいに首を上にのばしあい、優劣を競います。
   ☆種(しゅ)はちがいますが、ダイサギ(大鷺)も
   [首の長さくらべ]をするのでしょうか?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎飛翔する ダイサギ(大鷺)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆首のばしの示威行動(デモンストレーション)が
   理解されないので、いやになったのか、
   大きな翼を広げ、ダイサギ(大鷺)が、上(↑)に飛翔。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺) 高い樹上で首を曲げ羽づくろい
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆大きく飛翔しカワウ群れる位置より、はるか
   高い樹上に、止まるダイサギ(大鷺)。
   自分で自分を癒すように首を曲げ羽づくろい。
   涼しい風もふき、まだまだ、宵のくち。 時間はたっぷり。
   あらそわなくても、カワウ(川鵜)たちが群れになって、
   ねぐらに帰る時間は、そろそろです。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎花弁3枚で三角形(△)ムラサキツユクサ(紫露草)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ムラサキツユクサ(紫露草)は、ツユクサ(露草)科。
   赤紫の花弁3枚で三角形(△)をつくります。
   三角形(△)のまん中に黄色いシベのヤントラ的な花です。
   ムラサキツユクサ(紫露草)の別名は蛍草(ホタルグサ)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ドクダミ   生薬では別名「十薬(じゅうやく)」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ほの暗い半日陰(はんひかげ)の草むらに、
   白い十字(クロス)の花、ドクダミが咲いています。
   毒草のようですが、逆です。[毒]を矯正する
   「毒矯み(どくだみ)」(毒を抑える)が語源といいます。
   漢方では生薬(しょうやく)として有名で、その効能から
   [十薬(じゅうやく)または重薬]とよばれます。
   ◎その開花時季ですが、ドクダミの花は、黄色い柱状の部分。
   白い4弁の花びらにみえるのは包葉(ほうよう)。
   中央にある柱のような棒状の花序がドクダミの花です。
   ドクダミの花は、メシベ(雌蕊♀)とオシベ(雄蕊♂)だけ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クラゲ(海月、 水母)のような白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆紗(うすぎぬ)の沙幕(しゃまく)のような白い雲が、
   青空の中で風になびいて、〔かたち〕になると、
   水中のジェリ-フィッシュ(クラゲ、海月、 水母)
   のようにみえました。
     空が、海と呼応しているように感じます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ [固まる意識を流動的にする]コイ(鯉)の泳法-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆池で水べの野草を撮影していると、
   紅白もようのコイ(鯉)が近よってきます。
      ほっそりした白いからだに、朱赤の模様。
   黒い目のまわりが、紅いので、表情が豊かに感じます。
      (綺麗ね~ かわいいね~)
   と想いながら、撮影していると、
      (そうかしら~ この角度は? こちらは?)
   とばかりに、ゆったり右へ泳ぎ、左へ泳ぎます。
   紅い模様は、左右でちがいます。
      (いいね~ どちらも美しい )
   と想っていると、正面に向かって泳いできました。↓
      ノギ(芒)のある草が、緑の「V字」をつくり、
   紅白のコイ(鯉)が目もとを紅くして正面にくる。
   「絵になる、すてきな情景シーン」です。
   しなやかな動きは、下に掲載しました。
   [固まる意識を流動的にする]コイ(鯉)の泳法です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎[固まる意識を流動的にする]コイ(鯉)の泳法-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎正面に泳いでくる紅白もようのコイ(鯉)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ [昇龍]のような白い螺旋雲(らせんぐも)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆コイ(鯉)が、瀧(たき)を上(↑)にさかのぼると、
   龍に変身する、という登龍門の伝説を、
   先月5月にお話ししました。
    そのイメージを連想させるような、
   白い螺旋雲(らせんぐも)が、
   下から上に斜め【/】45度に空を横切っていました。
   [昇龍](しょうりゅう、のぼりりゅう)
   をほうふつさせる景気のよい雲です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夏の気配がする白い雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 紅いスイレン(睡蓮)池-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紅蓮(ぐれん)の池にみえますが、紅いスイレン(睡蓮)。
   ハス(蓮 はす)もスイレン(睡蓮 すいれん)も、
   英語ではどちらも[ロータス  lotus]。
   ハス(蓮 はす)の花は、午前中だけ開花し、昼には閉じます。
   夕方ちかく4時ごろまで、スイレン(睡蓮)は咲いています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紅いスイレン(睡蓮)池-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 木星(ジュピター) 〔月齢11.8〕の斜め【/】45度 右上
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆上弦の半月を過ぎ、十五夜(満月)にむかう、
   〔月齢11.8〕の宵(よい)。7時ごろ。
     丸みをおびた月の斜め【/】45度 右上の空に、
   輝く大きな星がありました。【木星(ジュピター)】でした。
   英語で【ジュピター】は、【ギリシャ神話の最高神ゼウス】で、
   排気ガスの東京でも、明るく大きく見えるのですから、
   澄んだ古代ギリシャの天空では、【木星(ジュピター)】は、
   さぞ大きく輝いていてみえていたことでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イネ(稲)科の黄色い花と針状の突起、ノギ(芒)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆水べに、イネ(稲)科の草が、花穂をたれています。
   針状の突起、ノギ(芒)が、とがりながら伸び、
   極小の黄色い花がゆれます。
    ムギ(麦)やイネ(稲)に似ていますが、深入りしません((笑))
   名を調べ、【A=Aの論理学】にしたがい「同定する」こと
   「アイデンディファイ」するには、時間がたりませんので。
   *---*---*---*---* 
   ●芒種(ぼうしゅ) 6月05日
      芒種は、24節気のひとつで「イネ(稲)やムギ(麦)など、
    針状の突起、ノギ(芒)がある穀物の種まき時季」です。
   ●夏至(げし) 6月21日 夏至は、24節気のひとつで
   「★この星・地球の北半球では、一年で昼が一番長く、
      夜が一番短くなる日」です。
   *-------*----------*---------*
   今月、ご紹介した花や生きもの42枚は、
   《★花と緑と翼あるもの、雲と月、鷺と鯉、猫の瞑想=観想★》
   としても、みてください。  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ シャクヤク(芍薬 しゃくやく) 球体のつぼみ(蕾)と開花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤紫の3センチほどの球体のつぼみ(蕾)。
   つぼみ(蕾)がほころび、赤紫の花びらを開いています。
   シャクヤク(芍薬 しゃくやく)の開花です。
   ★濃いめの緑の葉には、切れこみが、ない。
   先月掲載した大輪のシャクヤク(芍薬)の葉は?
   もしかして、あれは、ボタン(牡丹 ぼたん)だったのか?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎シャクヤク(芍薬 しゃくやく)の開花-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★5月にご紹介した「つぼみ(蕾)と開花の
   大輪のシャクヤク(芍薬 しゃくやく)」のところを、
   ふたたびおとずれると、花は、なし。
   結論からいうと、これはボタン(牡丹 ぼたん)です。
   シャクヤク(芍薬)と掲載しましたが、訂正いたします。
   ################################
   中心軸【|】のように竹がまっすぐにのびた番傘の下で
   4月に咲いていた大輪ボタン(牡丹)の写真はこちらへ
      ※※追記もあります。 皇居の【石橋の間】にある、
   前田青邨作「石橋」・「白牡丹」・「紅牡丹」の絵。
   【谷底に突き落とされ、はい上がっていく】
   [子どもの赤獅子]の絵です
   ################################
   ★5月はボタン(牡丹)で、6月はシャクヤク(芍薬)。
   「あやまちをあらたむるに、はばかることなかれ」
   と教わりましたので、速やかに訂正いたします。
   【トライ・エンド・エラー・フィードバック】です。
   コンピュータが「進化」したシステムの基本です。
   すなわち→「入力した結果(出力)により学習して、
   入力を【変化させる】」
   =→ トライ(やってみる)→エラー錯誤(まちがえる)
    →フィードバック(結果から学習し修正)
      ==試行→錯誤→結果から学習し【変化する】
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★ボタン(牡丹)の木。葉と枝
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ シャクヤク(芍薬 )とバラ(薔薇)とクレマチス
    ≒テッセン(鉄線)の花籠
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ◎今年も残り半年。6月になりました。
     お元気におすごしですか?
   ●このところ、ご自分の「ココロとカラダと気分」の
   「なんとなく、のリズム、調子」は、いかがでしたか?
   ◎半年間で、知らずにたまってしまった
   《氣》の凝り(しこり)や滞り(とどこおり)。
   ストレスがあると、[体液]の循環も悪くなります。
   からだ(体)の約65%は血液やリンパ液など
   「体液」という水分です。
   からだ(体)は固まりだけではなく「流れ」が循環しています。
   停滞すると凝り(しこり)になります。
   《氣》や体液の巡りをよくしましょう。
      それには、呼吸とともにゆったりと、
   ヨガのポーズをなさるのが、おすすめです。
   また、池のコイ(鯉)や水中の金魚などの動きをみて、
   シンクロ(同調、共振)して、しなやかに
   ゆったり動いてみるのもよろしいです。
   ◎[固まりこわばりがちな意識とからだ(体)]を
   流動的にするために、 
   コイ(鯉)の泳法をご覧ください。↓↓
      寝る前に、お布団の上で、しなやかな
   コイ(鯉)になってみませんか((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎[固まる意識を流動的にする]コイ(鯉)の泳法-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆わたし達・人間は、体液の流れる流動的な「層」と、
   骨格や筋肉などの固形的な「層」が、
   多層的に、層(レイヤー)で重なっています。
   どちらも、大切です。
   ★[大脳]の疲労は、
   背骨=脊椎=脊髄をきちんと伸ばし、
   姿勢をよくすると、疲れがとれます。
      うつむきがちで、首根っこを倒し、
   パソコンやスマホなどを長時間つかっていると、
   [大脳]は休息できず、疲労がたまります。
      アゴをひき、首を立て、[大脳]を安定させると、
   [大脳]は休息できます。
   そのためにも、体内の 中心軸【|】を感じることが大切。
   立っても、座っても、天と地を結ぶ、中心軸【|】が、
   自分の内部を貫いている、とイメージして、
   【からだ(体)で体感する、からだ(体)の瞑想(冥想)】
   をしましょう。
   今、緑の葉をしげらせている、メタセコイア 
   の写真を下に掲載します。
   メタセコイア は、 「生きている化石」 といわれる巨木です。
   天と地を結ぶ、中心軸【|】のような、メタセコイア。
    メタセコイアと一体化して、サマージ(三昧)になり、
   ご自分の内部の中心軸【|】を感じてください。↓
   [大脳]は、 中心軸【|】の上に安定している状態。
   気もちがよくなり、すっきりします。
   1日、3分から5分でもなさってみてください。
   ◎[大脳]とからだ(体)の休息法の違いについては、
   『3つの脳で、楽に3倍生きる』をどうぞ。
     内藤景代・著☆かきおろし☆Amazon Kindle版 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎天と地を結ぶ、中心軸【|】 メタセコイア
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その101
   =============================
   ◎誘導する三毛猫。イカ耳
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆歩いていると、どこからか猫の甘い〔声〕。
   呼んでいるような、話しかけているような 〔声〕。
   〔声〕はすれども、姿(すがた)は見えず。
   かわいい〔声〕は、鳴き続けますが、いない。
   思いがけない足もとから、はい出してきた猫さん。
    そして、わたしを誘導するように、道路をわたり、
   ひとが通らない小道まで、さそいます。
   小道のなかほどで、後ろ姿を見せ、きちんとお座り。
   耳は[イカ耳]にして緊張しています。
   白と黒と茶色の三毛。〔声〕をかけるとふりむきます。
   三毛のハチワレで、顔から胸が白い。
   綺麗でほっそりした若い猫さん。
   わたってきた道路のほうを気にして、目は緊張気味。
   虎縞のシッポ(尻尾)は、リラックス。
     一定の距離感をたもったまま、遊んでくれます。
   甘えたいけど、ひとはコワイ…という
   相反する感情が同時にある
   アンビバレント(ambivalent)な状態のようです。
   葛藤(かっとう)し、[青春している]感じの
   かわいい三毛猫さんでした。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アンビバレントな三毛猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*
     ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」6月号を
   アップしました。  
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」軽快なハンター、ぐら 
   ●Asamiさんは「チビ(右側)女の子」鷺沼の、4匹目の猫さん
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 47」 緑のみえる景色-2  
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」タンスでそら君ヘソ天
   ●美樹さんは「お台場の紫陽花 」 ずらりとならんだ青紫が綺麗
   ●Kayokoさんは「「わが永遠の魂」 草間彌生展」 圧倒的迫力。     
   ●yosihiroさんは 「大山-3」 こもれび(木漏れ日) 
   ●mariko さんは「うちの猫」 ラウル君、まつげの下で、流し目
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】12 「庭」
   ●Ryoさんは「新宿の植物」 大都会の喧噪の足もとにかわいい花
   ●健治さんは「私の居場所」 定点観測-12  新緑
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 73「顔-1 」 
      *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
      「NAYヨガスクール体験記 73「顔-1」 
   ◎[両親からいただいた、顔そしてからだ(体)など]は、
   【自分で選べない】で、わたし達は生まれてきます。
      にもかかわらず、
   [顔や、からだ(体)などの外見]だけで
   自分を判断されたり決めつけられたり、
   まして、いじめらるのは、理不尽(りふじん)です。
   ☆落語(らくご)では、自分の奥さん(カミサン)の容貌を
   「ニンサン バケシチ」とクマさんがいったりしますが。
      すなわち、人間成分が3割(ニンサン)
   妖怪=バケモノの成分が7割(バケシチ)。
   失礼ですよね。笑いも引きつってしまいます。
   ☆先月・そして 今月の[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]で、
   マロニエの[根っこ]に吐き気を感じ
   『嘔吐』という哲学小説をかいたサルトルの話をしています。
      実存主義の哲学をとなえたサルトルは、斜視でした。
   顔の片目が斜視であってもいじめられることはなく、
   豊かな知的才能を開花させ思想界のスターになりました。
        それほどのひとでも、
    「他人は、地獄だ」   といっています。
   サルトルに会って、“言葉”や態度であらわさなくても、
   彼の容貌という外見について値踏みするような視線を、
   痛烈に感じていたのではなかろうか・・・と想います。
   「地獄だ」といいたいほどの痛みとして。 
   「男」だから、口にだしては決していわないけれど。
   ☆「顔の造作」は選べないにしても、
   「顔の表情」は、自在に選べます。
   こころ(心)の内部の感【情】を【表】にどうあらわすか。
      だから、ひとりで演じる落語(らくご)が成りたちます。
   クマさんにも、カミサンにも、瞬時に入れかわります。
   それが、芸(げい)。
   ☆役者さんが、2時間くらいの舞台で、
   無垢な天使から極悪人の悪魔に変身したり、
   「感情」をいかに表現するか、です。
     同じひとなのに、ちがう顔になる。
   【感情が「表情」という顔】をつくります。
   そういう感情や《氣》と、芸や演劇、シャーマン
   コスプレと「ゆるキャラ」などのお話は以下をどうぞ。
    『神通力の世界観を呼吸する 003-意気の呼吸法 』
         内藤景代・著 Amazon Kindle版 
   ☆“言葉”の通じない動物や植物は、
   [感情の波動]に敏感に反応します。
      だから、まずは、自分の感情をふくめた
   波動を綺麗にすることが、大切になるわけです。
   それで、わたしは、以下の本をかきました。
   『綺麗になるヨガ   心とからだを波動から美しく』
   けれども、この本の題名という“言葉”に囚われ、
   男性が手にとるには、ハードルが高いようですが。
   和之さんが【優しげできれいな大人の人になりたい】
   と願っていたのなら、いい線いきますよ。かないます。
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年6月25日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
         ***************************************
   ▼登録/解除 下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
       *************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング