内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年04月01日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
  2017年4月1日(土)◎チューリップがいっぱい♪緋色の桜(さくら)
《金色のシャワーのようなバイブレーション》ミモザ、銀葉アカシ
ア。瑠璃色の絨毯、天人唐草(てんにんからくさ)。伽羅(きゃら)の
香りのジンチョウゲ(沈丁花)。フキノトウ(蕗の薹)とツワブキ(石
蕗)の風に飛ぶ種(たね)。銀色の冬芽から開花したコブシ(辛夷 拳)
。夕陽がしずむ瞬間。黒い針金ハンガー製「カラスの巣」◎ある、
と、ないの〔中間〕領域を現実(リアル)にかく『騎士団長殺し』
村上春樹 瞑想したり表現するひとにおすすめ・・・・
         --------*----------*---------*----------*

上弦 4月04日  満月 4月11日下弦 4月19日 新月 4月26日
・今月の異名(いみょう)は 卯月(うづき)
・24節気 清明(せいめい) 4月04日 穀雨(こくう) 4月20日
17.4月ピックアップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]◎2017
年 24節気 月の満ち欠け
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
→→●内藤景代のレッスン ご案内
      4月   ★ 5月   new★ 6月

4月23日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
   2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B

   5月28日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
   2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
***************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ チューリップ-1 八重 ピンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎チューリップの和名は、
鬱金香(うこんこう、うっこんこう)。
上のピンクの花は、八重咲きチューリップです。
華やかで、ボタン(牡丹)のように大輪。

☆昭和時代は、幼稚園や小学校によく咲いてました。
幼いころ、[大きなチューリップと女の子]
の絵を毎日、あきもせず((笑))かいていました。

父にみせると、「いつも同じじゃないか」
といわれ「ちがうもん!」
と、花の色、リボンの色や、
赤い三角▲屋根の家の〔かたち〕など・・・ちがいを力説。

にもかかわらず、「同じじゃないか」
「ちがうもん!!」

今なら、「お言葉を返すようですが
基本パターンという【構造】は、同じでも、
できた作品は、微妙・繊細に、ちがいます」
と、“言葉”にできるのでしょうが((笑))

この[原体験]から、【元型(アーキタイプ)】的な【構造】や、
[神話的思考]の野生の思考や
〔かたち〕に、シンボル(象徴)的な意味を与えていく、
古代からの思考形式に、
こころ(心)を惹かれていったのかもしれません((笑))

[ヤントラ]は、“言葉”になる前の〔かたち〕です。
[大きなチューリップと女の子]は、
わたしにとって、
こころ(心)やすらぐ楽園(らくえん)のシンボル(象徴)や
【メタファー】(暗喩)としての〔かたち〕だったのでしょう。

《大切なもの》だから
否定されると悲しくて、怒り反論する
・・・そういうこころ(心)の動きだったのでしょう。
想う存分かいて、
[大きなチューリップと女の子]は、卒業し、
ずいぶん年月がたちました。
また、さいきん、(チューリップが愛しいな)
と想い、めにつくようになりました。
今月は、たっぷりとどうぞ。
今月NAY会員の「猫の集会」美樹さんも、
「臨海副都心 チューリップフェスティバル」で
チューリップがいっぱい【共時性(シンクロ事象)】です。

♪♪ 咲いた 咲いた チューリップの花が
ならんだ ならんだ 赤 白 黄色
どの花 みても きれいだな♪
   「チューリップ」 近藤 宮子 作詞

この「チューリップ」の1番の歌詞は、
戦争が近づいている不穏な空気が覆おう昭和5年(1930年)に、
都内の世田谷区に住む近藤 宮子さんという女性が、
かいたそうです。

♪♪ どの花 みても きれいだな♪  という“言葉”を
                 伝えたかったそうです。
☆そういえば、世田谷区の隣の杉並区にある
「トトロの家」といわれる「Aさんの庭」の前のもちぬしは、
近藤謙三郎さんという都市計画の設計家でした。
  チューリップの花言葉は、「博愛・思いやり」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎チューリップ-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ならんだ ならんだ 赤 白 黄色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎チューリップ-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎チューリップ-4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ミモザ(銀葉アカシア、房アカシア) -1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆《金色のシャワーのようなバイブレーション》が、
太陽の《光》をあびて枝垂(しだ)れる
黄色いミモザから放射されています。まぶしいほどです。
ミモザの別名は、[房アカシア]です。
たくさんの黄色い小花が房(ふさ)のように
びっしりと花房(はなぶさ)をつくります。
下の写真のように、拡大すると↓
黄色い小花は、細い糸が球体をつくっています。
毛糸でボンボンをつくったようなまん丸い小花。

ミモザの別名には、[銀葉アカシア]もあります。
葉がシルバーがかった緑なので、銀葉(ぎんよう)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ミモザ(銀葉アカシア、房アカシア) -2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆白い花が咲く、アカシアは、[針槐(はりえんじゅ)]
[ニセアカシア]ともいいますが、
「ニセとはなんだ!」と激怒するかたもいるので、ご注意。
白藤のようなハリエンジュ(針槐 はりえんじゅ)は、
中国の大連に街路樹としてたくさんうわっていたようです。
『アカシアの大連』(清岡卓行)という作品もあります。
20世紀前半に日本の[租借地]であった中国・大連での
体験的な小説で、1970年の芥川賞。
1960年4月に発表された
『アカシアの雨がやむとき』のせつなく悲しい歌も
藤の花房のような白いハリエンジュ(針槐)でしょう。
黄色いミモザでは、明るく陽気になってしまいますので。
♪♪アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい♪
         歌 西田佐知子    作詞 水木かおる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎カンヒザクラ(寒緋桜 かんひざくら)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆サクラ(桜 さくら)が咲いているのをみるのはいいものです。
サクラ(桜)はみるだけより、サクラ(桜)の下にいき、
サクラ(桜)のオーラにつつまれる感じがとくにいいです。
どこまでも続く、桜並木(さくらなみき)
川にそってつながる、桜堤(さくらづつみ)
上下左右につつまれる、桜(さくら)のトンネル
桜(さくら)をみながら、そぞろ歩きは楽しいです。

とはいえ、長~~~い川ぞいや入り組んだ堀ぞいが
すべて同じサクラ(桜)、薄いピンクの桜色(さくらいろ)
薄墨(うすずみ)いろにちかいソメイヨシノ(染井吉野)ばかりだと、
幽玄(ゆうげん)ですが、飽きてしまう・・・こともあります。
贅沢で罰当たりな、ここだけの話ですが((笑))

☆そんな《氣》ごころを知っているのか、ところによっては、
アクセント・カラーとして、上と下にのせた濃い緋色の
カンヒザクラ(寒緋桜)をうえている桜の名所もあります。
カンヒザクラ(寒緋桜)は、寒いときにさくサクラ(桜)です。
沖縄では、お正月ごろに満開に咲く、とききました。
だから、ソメイヨシノ(染井吉野)と同じ時季に
カンヒザクラ(寒緋桜)を同じ場所に咲かせるというのは、
専門家(プロフェッショナル)の技(わざ)が
さり気なく隠れているのではなかろうか、
とにらんでおります。考えすぎでしょうか?
サクラ(桜)の名所によっては、
大きめのヤマザクラ(山桜)もアクセントとして咲いていました。
飽きて食傷(しょくしょう)しないようにする配慮でしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎カンヒザクラ(寒緋桜 かんひざくら)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フキノトウ(蕗の薹 ふきのとう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆フキ(蕗)の根茎から出る若い花茎が、
フキノトウ(蕗の薹)です。
フキ(蕗)の花が咲く前の 柔らかいうちに、
山菜として食べます。
冬眠から目覚めたクマ(熊)が最初に食べるのは、
フキノトウ(蕗の薹)だといわれています。

わたし達・人間も、「春の皿(さら)には、苦味(にがみ)を盛れ」
といわれ、フキノトウ(蕗の薹)の苦味を賞味します。
それは、「冬の間にたまった脂肪を流し、
味覚を刺激して気分を引き締めて
一年の活動をスタートさせる」
効果が期待されるからだそうです。
☆フキノトウ(蕗の薹)は、春の山菜の代表的な味。
ゆでて酢味噌(すみそ)あえが、おてがるです。
ちょっと苦み(にがみ)がある[大人の味]。
☆下にのせたツワブキ(石蕗)の名は、
葉に艶(つや)があるフキ(蕗)が由来。
フキ(蕗)の葉は、ツワブキ(石蕗)の葉に似ていますが、
食べられるくらい、やわらかいです。

☆伽羅蕗(きゃらぶき)は、フキ(蕗)の茎を
甘辛(あまから)にした佃煮(つくだに)でおいしいです。
伽羅蕗(きゃらぶき)のポイントは、
山椒の粒がぴりりと辛い、江戸好み。
関西の薄味好みからみると、濃すぎる味かもしれません。
☆関東の修験道(しゅげんどう)の聖地のひとつ、
大山(おおやま)さまの名物みやげが、伽羅蕗(きゃらぶき)。
“大山のきゃらぶき”は修験者の保存食として伝統食です。
なまくらな息子・娘や大人をも鍛え直す大山詣(おおやまもうで)が、
落語(らくご)にも残っています。
江戸の名残のイニシエーション(通過儀礼)の場で、
葛飾北斎の浮世絵でも有名です。その絵とお話はこちらへ。
【2002年年9月1日(日)
●江戸の名残のイニシエイション(イニシエーション 通過儀礼)の
場で「意味のある偶然=共時性(シンクロニシティ)」により、探
していた白い花をみつけた… なまくらな息子・娘や大人をも鍛え
直す大山詣・落語で有名●葛飾北斎 ろうべんの滝】
http://www.bigme.jp/00-0-01-2002-09-essay/02-09-01/02-09-01.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ジンチョウゲ(沈丁花)-1 つぼみと開花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆香りのよいジンチョウゲ(沈丁花)は、
つぼみ(蕾)の頃は、紅色で香りなし。
白く厚い4弁の花びらがそるように開花します。
そして芳香をはなちます。↑↓
上の写真は、中央の紅色がつぼみ(蕾)で、
まわりの白い部分が開花したジンチョウゲ(沈丁花)。
下の写真は、開花した白い花が集合した状態。
それぞれの白い花から芳香が匂い立ちます。
マスクをしても薫る(かおる)ほど、よい匂いです。
つい立ち止まって《長く息を吸い、深呼吸》してしまいます。
気もちが沈静してくる、みやびな香りです。
☆ジンチョウゲ(沈丁花)の香りは、
香木(こうぼく)の沈香(じんこう)に似ています。
沈香の最優品が、[伽羅(きゃら)]です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ジンチョウゲ(沈丁花)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎大きな雲と小さな雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎天人唐草(てんにんからくさ)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆瑠璃色(るりいろ)は、貴石のラピスラズリ(lapis lazuli)
をあらわす色で、紫味をおびた冴えた青色です。

瑠璃色の小花が足もとに絨毯(じゅうたん)のように
広がっているのをみつけると(春になったな)と感じます。
雑草として刈りとられないで(よく生きのびた)
と言祝い(ことほい)だりします。
となりにピンクのヒメオドリコソウ(姫踊り子草)が、
下のように咲いていると、よりうれしいです。

瑠璃色の絨毯が広がる光景を3枚の写真で掲載。↑↓
☆瑠璃唐草(るりからくさ)とよびたいのですが、
最近は、瑠璃色で大きめの花・ネモフィラが
瑠璃唐草とよばれ、[妖精の花]として人気のようです。
なので、ネモフィラにその名は、ゆずります((笑))
ネモフィラは、来月、掲載します。お楽しみに。
☆春の絨毯をつくる、この5ミリほどの瑠璃色の小花は、
星の瞳(ほしのひとみ)とか、
天人唐草(てんにんからくさ) とよばれます。
この花をテーマ(主題)にした『天人唐草』という、
山岸凉子さんの少女マンガもあります。
山岸凉子さんは、聖徳太子を主人公にしたBLの
『日出処の天子』(ひいづるところのてんし)で有名なかた。
☆女性たちにより、この花を天人唐草、星の瞳、瑠璃唐草と
呼ぼうという運動が深く静かに進行中です((笑))
というのも、植物学的には、この花の名は、
「オオイヌフグリ」といわなければならないからです。
花ではなく、結実した丸い実が大犬のフグリに似ている
という無粋(ぶすい)な【見立て】による、
エライ方(♂)の命名です。
ラピスラズリを好きな女性たちが瑠璃色の花に、
天人唐草、星の瞳とよぶのは優雅ではございませんか。
BL(Boys Love)好きなかたや、男性の援軍も期待します((笑))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎天人唐草(てんにんからくさ)-2-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎夕陽がしずむ瞬間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎夕陽がしずむ瞬間をじっくりとみました。
☆太陽が西空へしずむとき、
夕焼けの茜色(あかねいろ)にそめていきます。
その真芯(ましん)は、燃えるような黄金色。
広がる夕焼けに《氣》をとられていると、
あっという間に太陽がすとんとしずむ。
素早い動きです、太陽。
気づくと、太陽は空に、ない。
オレンジ色の夕焼けだけが残っている。
残照(ざんしょう)は綺麗ですが。
いつもは、夕陽の残光(ざんこう)で満足していますが、
今回は、歩きながら、いいスポットを発見。
屋上に横(─)の桟(さん)が数本あり、
その上からしずむ太陽がみえます。↑

立ち止まり、太陽をみていると、
横(─)の桟(さん)1本ずつ、しずんでいきます。
1本が約1秒くらい。
上の写真のまん中では、横(─)の桟が
半円の《光》で溶けて、桟がみえないほどです。
くぃ~くぃ~と横(─)の桟を溶かしながら、
縦(|)に太陽がすと~~んと しずんでいきました。
速かった。綺麗だった。眼福(がんぷく)でした。
あとには、橙色(オレンジ色)と黄色の残照。
サンセット・カラーの残光が西方浄土(さいほうじょうど)
を彷彿(ほうふつ)させ、ゆたかな気もちになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ツワブキ(石蕗)の種(たね)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ツワブキ(石蕗)の名は、
艶(つや)のあるフキ(蕗)が由来といいます。
フキ(蕗)の葉とちがい、固く照りがあります。
それで石のように固い蕗、ツワブキ(石蕗)。
フキ(蕗)の葉は食べられても、
ツワブキ(石蕗)の葉は食べられない。
☆花のない寒い時季に、黄色い花を咲かせていた
ツワブキ(石蕗)は、春には茶色のもふもふになります。
タンポポのように綿毛(わたげ)の集まりに変身です。
もふもふの綿毛には種(たね)がついていて、
風に吹かれて、飛んでいきます。
綿毛についた種(種子)を風で運ばせる、
という高度な[野生の思考]です。

行き先は風に聞け!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎正面に近づくオナガガモ(尾長鴨)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆オナガガモ(尾長鴨) ♂が、
水べの水苔(みずごけ)などを食べています。
オナガガモ(尾長鴨)オス♂をみていると、
こちらへずんずん泳いできます。
まるで笑顔のようなにみえるので、
カメラをかまえると、真正面にむかってきます。
そのまま上陸しかねない勢いで圧倒されました。
ひとなつっこい個体のオナガガモ(尾長鴨)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎空にあいた蒼い眼窩
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆大きな白い雲が空をおおっている日。
ふたつの丸い穴が、白い雲の中にみえます。
穴の向こうは、青空が広がっています。
まるで、空にあいた蒼い眼窩(あおいがんか)。
蒼い眼鏡(めがね)にもみえます。
      下のミツマタ(三叉 三枝) の花と連続してみると、
巨大なドクロ(髑髏)=スカルのイメージにもなります。
     大きな雲と小さな花の組み合わせで、
実際にはありえない構図ですが、
このページの順番では、
だまし絵のように、スカルが浮かびます。
瞑想(冥想)的な遠くを見る目には、
         【二重(ダブル)イメージ】で
絵“もの“がたりがみえてきます。
うそかほんとか、次の写真を連続してご覧ください。 ↓↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ミツマタ(三叉 三枝) 黄色い花-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆緑のつぼみが並び、白や黄の小花が次々に開花した
ミツマタ(三叉 三枝) の花。
あったかそうな繊毛につつまれたつぼみは黄緑。

緑の歯をむきだして笑っているようにもみえます。
上の[空にあいた蒼い眼窩]と上下につなげると、
巨大なドクロ(髑髏)=スカルのイメージになる((笑))
◎こわかったら、即、そのイメージを「断・捨・離」しましょう。
「断・捨・離」はイメージを 「断ち→捨て→離れる」。
どんなイメージも「組み合わせ」で生きます。
        「完全削除」は、もったいない。離れましょう。
しかし、「イヤなイメージ」でうなされそうなら、
そのイメージを「断つ・捨てる・離れる」。
          そして、綺麗な青空だけをイメージしましょう。
以上が瞑想(冥想)をはじめるときのポイントでもあります。
瞑想(冥想)中は、いろいろなイメージが、でてきますから。

瞑想・冥想法★●「5分間瞑想法」(方法,やり方)
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/9006/
【ヨガと瞑想のQ&A ●瞑想についてのご質問項目】
http://yoga.1ne.cc/q&a-meditation.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ミツマタ(三叉 三枝) 黄色い花-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ミツマタ(三叉 三枝)は
30~50個の筒状の小さな花が集まりボール状になります。
全開すると、ひとつの球体の花にみえます。
☆ミツマタ(三叉 三枝)は和紙の原料になります。
印紙や高額紙幣の材料として活躍中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ムクドリ(椋鳥 むくどり)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ムクドリ(椋鳥 むくどり)たちは↑↓
夕暮れちかくになると、あちこちから集合します。
数が多いので、いくつかの樹木に分散して止まり、
あぶれた(?)ムクドリ(椋鳥)は電線に。
☆ムクドリ(椋鳥 むくどり)たちが
左のほうをみている先には、
十三夜の午後の月がありました。 ↓↓↓↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ムクドリ(椋鳥)-2 夕暮れに樹上に集合
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎満月(十五夜)にむかう十三夜の月
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆夕暮れになるにつれ《光》を増す、
十三夜の午後の月。
ムクドリ(椋鳥 むくどり)たちが
お月見(つきみ)していました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎高い樹上に黒い塊(かたまり)…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆すこし遠くまで歩いた午後、
道の左奥に路地があり高い樹が並んでいます。
葉はほとんど落ち、枯れ枝が天にのびる光景。
(・・・? なにか…ヘン。《氣》になる木)
路地をはいると、よその庭に続いています。
つきあたりの高い樹上に黒い塊(かたまり)が、ある。
どうも、《氣》になるのでカメラを望遠にしてみました。
モシャモシャと黒く丸いのは、もしかして・・・
と拡大してみました。それが、下の写真です。 ↓↓↓↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎黒い針金ハンガーでつくった「カラスの巣」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★案の定(あんのじょう)、黒い塊は「カラスの巣」。
黒い針金のハンガーで制作された「カラスの巣」です。
めだたないように、黒いカラスのヒナが中にいるのでしょう。
望遠で写真を撮影していると(見るな!)
とばかりに、鳴きながらカラスが2羽、飛びかいます。
つつかれると、コワイので退散し、帰宅後チェック。
黒い針金ハンガーをたっぷり使用した「カラスの巣」でした。
  いぜん、この[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]に
写真を掲載したときは、青やピンクなどのハンガーや、
洗濯ばさみまでついたカラフルな「カラスの巣」でした。
 その後、カラスたちは、目立たないように、黒だけの
モノトーン(単色)でコーディネートするようになったらしい。
または、都会風におしゃれな無彩色にしたのでしょうか((笑))
 どちらにしても、黒いカラスに色彩感覚があり、
身近にあるものを利用する器用仕事、すなわち
「野生の思考によるブリコラージュ」にたけているのは、
  たしかのようです。
「野生のパンセ(思考)」は、「野生の思考」。

その一例として、つばの広い帽子をかぶって散歩すると、
目の高さで正面から突撃して、帽子をねらいます。
2匹のカラスで同時にねらわれるとコワイです。
  毎年なので、なぜか? と考え、話しあったところ、
どうも、つばの広い帽子を逆さにすると、
卵をかえすためのカラスの巣にちょうどよいためらしいです。
  針金ハンガーで巣を編む必要もない、半球体が帽子ですから。
引っ越してからも、同様なことがあるので、
カラスの子育てシーズン中は、帽子止めをつけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎下向き三角形(▽)の白い雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆下の頂点(◎)から上へじょじょに広がっていく
[自然]がつくるデルタ(三角形 ▽ )の白い雲。
下向き三角形(▽)の大きな白い雲が青空にとけていきます。
☆村上春樹さんの『騎士団長殺し』新潮社は、
レビューなどを読んで、二の足(にのあし)をふみ、
いつか読むかも・・・と思っていましたが、
書店で手にとると、なんと、[ヤントラ]がずらりと並ぶ
「第1部 顕れる(あらわれる)イデア編」
「第2部 遷ろう (うつろう)メタファー編」の【目次】。
[章タイトルにつけた飾り]がヤントラの組みあわせです。
下向き三角形(▽)と四角(□)と円(○)の組みあわせが、
章ごとの題名(タイトル)のアイキャッチャーになっています。

☆装丁は、元・新潮社の高橋千裕さん。
ネットによると、物語を読んで、
江戸時代の禅僧、仙ガイ(せんがい)の
「丸と三角と四角の絵を思い出した」
ということです。
 [物の根源は、丸(○)と三角(△)と四角(□)でできている]
という意味をこめた墨絵です。
横に並んだ仙ガイの「四角(□)三角(△)丸(○)」の絵を、
ひとつに重ね合わせアール・デコ風味に高橋さんが作成。
そして、仙ガイは、上向き三角形(△)ですが
高橋さんは、下向き三角形(▽)で重ね合わせています。
[ヤントラ]的には、下向き三角形(▽)は
「女性性や陰(いん)、影(シャドー)、みえない世界」などを意
味します。
[ヤントラ]は、“言葉”になる前の〔かたち〕です。


◎ネタバレになりますが・・・ ↓↓↓↓
ぱらぱらと内容を拝見すると、
 「ない」から創出せざるをえない──創造力の原動力とか
 [ある]と[ない]の〔中間〕領域が現実(リアル)に表現されて
すごいです。
 〔中間〕領域の存在「イデア」である[騎士団長]が魅力的で
失礼ながらかわいくてチャーミング。
  瞑想とか即身仏(ミイラ仏)とか深い意識の世界など、
《氣》になる項目が多いので、ついに新刊を購入。
   1部と2部を一気読みしました。
【意味のある偶然=共時性(シンクロニシティ)=シンクロ事象】
が多くて、わたしには、とてもおもしろかったです。
☆1000ページほどなので、飛ばし読みなさったかたは、
上記のようなことが書いてあるなんて、気づかなかった、
ということも多いでしょう。
 違和感を感じて読めない、というかたもいるでしょうし、
 みなさんにおすすめとは、いえないかもしれません。
わたしは、物と心が共振する〈偶然〉を感じました。
《小さな〈偶然〉に喜べる》と毎日が楽しいです。
  「書く意欲が湧いてくる本」です。
もう一度、ゆっくり読みなおそうと思っています。
プロローグにあるように
「私は時間を味方につけなくてはならない」
      [創作意欲]が高まってくる本なので、
[表現]をするかたには、おすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎アシ(葦 芦 あし)の中に、アオサギ(青鷺)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆アシ(葦 芦 あし)は[弱いもの]の[見立て]で、
【メタファー】として、むかしからつかわれます。
それで、数学者で哲学者のB・パスカルは、死後まとめられた
『パンセ(思考)』で以下のように断片的につづりました。

「人間は弱い、アシ(葦 芦 あし)のようなものだ。
神や宇宙が本気でつぶそうとする必要なんか、ない。
ほっといてもすぐにポキンと折れてしまう、弱いアシ(葦 芦)だ。
けれども、人間は考える。
神や広大な宇宙まで、自分の内部につつんでしまう。
  ひとは弱い。
けれど、神や宇宙や永遠すらつつみ考える、大きな存在だ。
  弱くて、大きい。それが、ひと。
人間は、考えるアシ(葦 芦 あし)だ。」

『パンセ(思考)』の断片を上のように意訳してみました。
B・パスカルは、【メタファー】(暗喩・隠喩)で、
「人間は 考える葦(アシ)」とくくったわけです。
  子どもの頃は、よくわかりませんでしたが((笑))
アシ(葦 芦 あし)が、考える?
細い管(くだ)で、考える?

「人間は、天使と悪魔の両方」で、
「左右の高さがちがう履き物をはいている」
とも、B・パスカルは書いています。
  数学者でもあるB・パスカルは
A=Aの論理学でくくりきれない存在が、
わたし達・人間なのだ、と深く感じていたのでしょう。

☆枯れた細いアシ(葦 芦 蘆 あし)の穂先の中に、
濃い太めの〃もの〃がみえたので(・・・? なんじゃ? )
と、撮影していると、黄色いクチバシ(嘴)らしい。
ダイサギ? アオサギ?(なんの鳥だろう?)
と、クチバシ(嘴)を撮影していると、
次に白い顔があらわれ、目玉がこちらをみつめます。
  黄色い葦原(芦原 あしはら)の中で、
白い首がのび、胴体があらわれました。
ブルーグレーのアオサギ(青鷺 蒼鷺)です。
☆どことなく、やさしげな風情(ふぜい)。
子育て中(?)のメス♀のような気がします。
葦原(芦原)で卵をあたためているのかもしれません。
  ふつうは、樹上に巣をつくり卵をかえすようですが、
ネット検索では、アシの生えた地上での営巣記録もあります。
  アオサギ(青鷺 蒼鷺)は雌雄ほぼ同型で、
オス♂が大きくメス♀はやや小さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ハシビロガモ(嘴広鴨) 羽づくろい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆クチバシ(嘴)が広いハシビロガモ(嘴広鴨)が、
1羽で泳いでいるのをみていると、
白い支柱(|)を背にしてとまり、
首を曲げて、羽づくろいをはじめます。
  この池には、ハシビロガモ(嘴広鴨)オス♂は、この1羽だけ。
広い池のまん中で、首を曲げて、ひとりで、
羽づくろいするのは、無防備で落ちつかないのでしょう。
くい(杭)や支柱(|)などのそばだと、安心するようです。
 その後、支柱の上にのり、周囲を睥睨(へいげい)。
正面にカメラをかまえている、わたしに(カメラが、ウザイ)
と、がんをとばして(眼を飛ばして)
威嚇(いかく)し、睨んで(にらんで)から、
水面におり、遠くへ泳ぎ去りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎オレンジ色に輝く夕焼け雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*---*---*---*---*
●清明(せいめい) 4月04日
清明は、24節気のひとつで
「天地に、明るい清新の《気》が、みちあふれてくる時季」です。
●穀雨(こくう) 4月20日
穀雨は、24節気のひとつで「稲(=米)や麦など、
穀物の成長をうながす、めぐみの雨がふる時季」です。
*-------*----------*---------*
今月、ご紹介した花や生きものは、
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽と月、鷺と猫の瞑想=観想★》
としても、みてください。以下に、34枚の順をかきます。
***************************
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽と月、鷺と猫の瞑想=観想★》
#1☆チューリップ-1 八重 ピンク
#2☆チューリップ-2 #3☆チューリップ-3 #4☆チューリップ-4
#5☆ミモザ(銀葉アカシア、房アカシア) -1 #6☆ミモザ -2
#7☆カンヒザクラ(寒緋桜 )-1 #8☆カンヒザクラ-2
#9☆フキノトウ(蕗の薹 ふきのとう)
#10☆ジンチョウゲ(沈丁花)-1 つぼみと開花
#11☆ジンチョウゲ(沈丁花)-2
#12☆大きな雲と小さな雲
#13☆天人唐草(てんにんからくさ)-1 #14☆天人唐草-2-3
#15☆夕陽がしずむ瞬間
#16☆ツワブキ(石蕗)の種(たね)
#17☆正面に近づくオナガガモ(尾長鴨)
#18☆空にあいた蒼い眼窩
#19☆ミツマタ(三叉 三枝) 黄色い花-1 #20☆ミツマタ-2
#21☆ムクドリ(椋鳥 むくどり)-1
#22☆ムクドリ(椋鳥)-2 夕暮れに樹上に集合
#23☆満月(十五夜)にむかう十三夜の月
#24☆高い樹上に黒い塊(かたまり)…
#25☆黒い針金ハンガーでつくった「カラスの巣」
#26☆下向き三角形(▽)の白い雲
#27☆アシ(葦 芦 あし)の中に、アオサギ(青鷺)
#28☆ハシビロガモ(嘴広鴨) 羽づくろい
#29☆オレンジ色に輝く夕焼け雲
#30☆銀色の冬芽 つぼみ(蕾)ほころぶ
#31☆コブシ(辛夷 拳 こぶし) 白い花 開く
#32☆コブシ(辛夷 拳 こぶし) 全開
#33☆しっかりと凝視する白黒ハチワレ猫
#34☆悠々と立ち去る白黒猫の肉球
*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、ふんわりと観てください。
眉間にしわをよせないで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*
◎まったく違う2つの「瞑想」 について。
イメージをみる瞑想と、みない瞑想とは
★瞑想(冥想)法=観想とは
→→→では、かんたんな瞑想をやってみよう!
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/9006/
★ヨガと瞑想,呼吸法,精神世界についての
よくある質問(Q)と答(A)
http://meditationyoga.web.fc2.com/
====================
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎銀色の冬芽 つぼみ(蕾)ほころぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆銀色の冬芽(とうが、ふゆめ)はコブシ(辛夷 拳)か、
白いモクレン(白木蓮 はくもくれん)でしょうか。
モシャモシャの銀の繊毛に守られたつぼみ(蕾)が、
やっと、ほころびはじめました。
☆冬芽(とうが、ふゆめ)は、芽(め)の状態で冬を越し、
翌年の春に葉や花になる芽のことです。
越冬する芽が、冬芽(とうが)。
春になると、銀色の鎧(よろい)を開いて、
下へ(水面や地面など)鎧を落とします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎コブシ(辛夷 拳 こぶし) 白い花 開く
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春を待っていた銀色のコートの中のコブシ(辛夷 ) 。
白い花が、次つぎに開いていきます。↑↓
☆春を待つ銀色のコブシ(辛夷 拳)の
冬芽のつぼみは、こちらへ
http://www.bigme.jp/00-17-02/17-02/17-02.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎コブシ(辛夷 拳 こぶし) 全開
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆コブシ(辛夷 拳 こぶし)の花が全開です。
黄緑の艶つやした葉がのびています。
花と葉が同時にみられるのが、コブシ(辛夷 拳 こぶし)。
  白いモクレン(白木蓮 はくもくれん)は、
花が咲いているときは、葉がみられません。
養分が葉にいかないからでしょうか、
花は、コブシ(辛夷)よりモクレン(木蓮)のほうが大きいです。
  [葉の有無(うむ)と花の大小]が、
コブシ(辛夷)とモクレン(木蓮)のちがいです。
ほぼ同じ時季に咲く、似ている白い花で、みわけにくいですが。
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
★こころ と からだ   コーナー★
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
◎[三寒四温](さんかんしおん)の気候で、
一日の気温にも上下の波が10度差ぐらいあったりします。

いっせいにソメイヨシノ(染井吉野)などのサクラ(桜 さくら)、
黄色のレンギョウ(連翹 れんぎょう) などが、
次つぎに開花する時期です。
枝垂れる柳の、黄緑の新芽も綺麗です。
お元気ですか?

☆お花見シーズンになりますが、
花冷え(はなびえ)や、寒の戻り(かんのもどり)があるので、
暖かいといっても、冷えによる痛みや風邪などに、ご用心ください。

◎【未病(みびょう)を治す】という“言葉”が
中国最古の医学書『黄帝内経』(こうていないけい)にあります。
  病気になる前に、【未病を治す】という視点で
ヨガなど東洋医学では、《予防医学》的に、
【免疫力】強化を生活にとりいれるようにおすすめしています。
  《予防医学》的に【免疫力】を活性化するには、
     胸を冷やさないことがポイントです。
◎【免疫】機能の中枢を担っているのは胸の《胸腺》です。
  軽やかな春のファッションもすてきですが、
着脱自在なスカーフなどを携帯して、
首やノド(ビシュダ・チャクラ)、
胸の部位(アナハタ・チャクラ)の
温度調節をくふうなさってください。
  色彩ゆたかな春の花たちが
順番に開花する光景を楽しみながら、
こころと体の若さをたもち、ヨガ・瞑想・呼吸法で、
心身の【免疫力】を活性化していきましょう。

◎【免疫】とは、血液中の白血球の働きにより、
病気から体を守る仕組みのことです。
【免疫力】が強くなると、風邪やインフルエンザ、生活習慣病、
ガンなどの病気にかかりにくくなります。
◎いつでも【胸が暖かい】状態で暮らしていると、
【免疫力】が活性化します。
【胸のチャクラ】や【ノドのチャクラ】を活性化するポーズは、
『綺麗になるヨガ 心とからだを波動から美しく』内藤景代・著を。

題名(タイトル)が女性向けなので、手にとれないというかたは、
Amazonなどの通販でいかがですか。
男性にもおすすめの本です。
 http://www.amazon.co.jp/内藤-景代/e/ B004KYYN8W
『綺麗になるヨガ』のDVD版は『やせるヨガ』です。
詳細は こちらへ↓
http://www.yoga.sakura.ne.jp/dvd-yaseru/
◎それだけでなく、体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
という温度差(グラデーション)が、
ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
いろいろなことが楽しく、うまくいきます。
 すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。
☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
「冷-暖-熱」の瞑想を身につけましょう。
☆「冷-暖-熱」の練習には以下をどうぞ。
DVD「ヨガの呼吸法」上下 内藤景代・出演
「意気の呼吸法」シリーズ 内藤 景代・著
* ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: * 
  ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その99
   =============================
   しっかりと凝視する白黒ハチワレ猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ↑◎しっかりと凝視する白黒ハチワレ猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆濃い緑のなかに咲く紅い花を撮影していると、
   はるか向こうから、するどい視線を感じます。
   目線の高さには・・・なにもなく、
   (気のせいかな)
   と視線を下におろすと、小さい〃もの〃がいる。
   
   望遠でひきつけてみると、猫さんらしい。
   しゃがんで、猫さんの目線の高さになり、
   みつめると、むこうさんもしっかりみつめます。
   
   きちんとお座りした白黒ハチワレ猫で、
   眼光鋭い、不敵な面魂(ふてきなつらだましい)。
   こんな表情の猫の置物をどこかでみたような記憶が…。
   
   ひたと凝視(ぎょうし)して視線をそらしません。
   花が咲いているこの空間(スペース) の主(ぬし)?
   お邪魔したような《氣》がしてきます。
   
   下校時の子どもたちのにぎやかな声が背後にすると、
   (うるさいのが来そうなので、帰ろうか)
   とばかりに、ゆっくり後ろ向きになり、
   悠々と鷹揚(おうよう)に立ち去っていきます。
   
   肉球をみせて、長く黒いシッポ(尻尾)をまっすぐのばし、
   貫禄充分(かんろくじゅうぶん)に
   緑のなかへ消えていきました。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎悠々と立ち去る白黒猫の肉球
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」4月号を
   アップしました。こちらへ  
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   
   
   ★New おふたりが新しくご参加です。ご姉妹でそれぞれの猫さんを。
   
   
   ●ちゅんさんは「ぐり と ぐら」 ぐりも ぐらも 二匹とも女の子
   です
   
   ●Asamiさんは「鷺沼の猫たち」三匹目の猫の名は『ビビリ』
   
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 45」 魅力的なお店屋さん
   
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」遊び相手の黒い塊は…
   
   ●美樹さんは「臨海副都心 チューリップフェスティバル」チューリ
   ップがいっぱい
    
   ●Kayokoさんは「植林ボランティア(フィリピン レイテ島)」ご苦労
   様です
    
   ●yosihiroさんは 「大山-1」大山(おおやま)登山ですか 
   
   ●mariko さんは「うちの猫」 ラウル君、足のツメが出てます…
   
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】10「芝生」
   
   ●Ryoさんは「神田川の桜」 ソメイヨシノ(染井吉野)ですね
   
   ●健治さんは「私の居場所」 定点観測-10  
   
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 71「魂の座への回帰 2」
    
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
   
     「魂の座への回帰 2」 こちらへ 
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/kazuyuki/11-6-1-kazu-1-nay-ta
   ikenki/17-04-kazu-71.html
   
   ☆◎また、ひとまわり大きくなりましたね。
   
   4月1日は、ご長男のK君の9才の誕生日とか。 
   ☆☆☆ハッピー バースデー ☆☆☆
   と、彼にお祝いの“言葉”を、お伝えください。
   3人の子育て中の奥様にもよろしくお伝え下さい。
   
   ◎「迷える羊、ストレイシープ(stray sheep)」は、
   夏目漱石の『三四郎』にもでてきますね。
   悩み多き青春時代のこころ(心)をあらわす
   【メタファー】(暗喩・隠喩)にもなっています。
   
   ★自分の無力さ、弱さに気づいたとき、
   情けなく、悲しく、落ちこみます。
   けれども、
   そこで座りこんだまま時間を止めなければ、
   逆に、
   別の視点で自分をみる目ができたことで、
   成長のきっかけになります。
   
   おっしゃる通り、
   〔気づき〕は、意識や自我が必要です。
   たとえ、傲慢であろうと、無意識に負けない、意識や自我。
   意識や自我がなければ、〔気づき〕は、ありません。
   朧な(おぼろな)意識は、無意識世界に呑みこまれます。
   
   ☆〔気づき〕は、
   意識の地道なレンガ(煉瓦)積みでもありますが、
   ぽーんとひとっ飛びで☆★☆ ソーか!☆★☆
   となる場合もあります。
   いろいろな場合があるので、楽しいですね。
   こころ(心)の旅は、
   いくつになっても終わりませんから。
   
   ★★指導員の委く絵さんの『精神の成長の物語』
   のレポートを以下にリンクします。
   http://www.nay.jp/5-nay/nay-what/0-sidoin-ikue.htm
   
   前にお読みになったと思いますが、
   今の時点で再読なさると、
   和之さんの意識が深まったので、
   【共時性(シンクロ事象)】を感じることでしょう。
   
   そういう意味で、
   委く絵さんの『精神の成長の物語』も、
   和之さんの『NAYヨガスクール体験記』も、
   《普遍的な体験》だと思います。
   
   【こころ(心)の宇宙の財産】だと想います。
   たましい(魂)が喜んでいます。
   
   「自分も同じだ」と感じて、
   助かるかたも多いと想います。
   
   今後とも、よろしくお願いします。合掌
   
   NAYヨガスクール 内藤 景代(Naito Akiyo)拝

   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年4月23日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
  **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/01
部数 537部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/01
部数 537部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング