内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年02月01日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*

2017年2月1日(水)☆寒いときにしか見られない情景、厳しい状況に
もかかわらず健気(けなげ)に咲いている花たちの光景…など、め
ずらしい景色や生きものたちの【生きぬく知恵】、「野生の思考」
の実例をごらんください。 「立春 大吉 一陽来復の卦」〔目にみ
えない世界の[構造]を、かたちにしたヤントラ〕こそイデアとメ
タファー。【二重(ダブル)イメージ】でわが身にひきよせ感じると
「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」が深いところから湧いてき
ます。三日月と金星のツーショットや夕焼け、花鳥風月、猫たちの
写真など 合計32枚を、お楽しみください。《★花と緑と翼あるもの、
雲と夕陽と月、鷺と鵜・鴨、猫の瞑想=観想★》としてもどうぞ。
         --------*----------*---------*----------*

上弦 2月04日 満月 2月11日下弦 2月19日 新月 2月26日
・今月の異名(いみょう)は如月(きさらぎ)
・24節気 立春(りっしゅん) 2月04日 雨水(うすい) 2月18日

17.2月 ピックアップ 写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
◎2017年 24節気 月の満ち欠け
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ***************************
★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
→→●内藤景代のレッスン ご案内
        2月   new 3月    new★ 4月
http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html

2月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B

★new3月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B

***************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ ☆ピンクのバラ(薔薇) 赤いつぼみと開花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆霜がふり外に花のない時季、門柱のそばで咲く、
ピンクのバラ(薔薇)の花をみました。
そこだけあたたかいものがふわぁっとただよい、
足をとめてじっくり拝見させていただきました。
たくさんの花びらを内に秘め、すこしだけ開いたつぼみ。
手前にはすでに開花した多重な花びらのバラ(薔薇)。
後ろの赤いものは、赤い果実かと思ったら、つぼみです。
赤いつぼみが数ミリだけ開き、ピンクの花びらがみえます。
時季をみながら、ゆっくり開いていくのでしょう。
丹精されているかたもその〔変化〕を楽しんでいる…と想像します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎New☆更新記録☆内藤景代・NAYヨガスクール関連サイト
最新のお知らせの記録 ★ NEW ☆更新しました。↓↓
New★2017年1月13日(金) きょうは[13日の金曜日]
昨日は●満月。金星も右下の空で綺麗に輝いています。
きょうも昼に地震がありました。
1月17日(火)は、阪神淡路大震災の日です。
同じ年の3月に、オウム・サリン無差別殺人事件。
↓↓↓↓
1995年(平成7年)1月17日阪神淡路大震災と
1995年(平成7年)3月20日オウム・サリン無差別殺人事件.。
そしてNew今月の2月24日に、新潮社から
村上春樹さん(68)の新作長編 2巻
『騎士団長殺し』が発売されるそうです。
        「第1部 顕れる(あらわれる)イデア編」
        「第2部 遷ろう (うつろう)メタファー編」
※追記:初版がそれぞれ50万部に決定。(17.1.24)
まだ発売前なのに、1部と2部で計100万部。

〔目にみえない世界の[構造]を、かたちにしたヤントラ〕こそ、
イデアとメタファーです。
それで、イデアとメタファー、村上春樹さん、オウム殺人事件
についてかいたサイトを『聖なるチカラと形・ヤントラ』
のサイトからリンクし 更新しました。
→ http://yantra.client.jp/
【共時性(シンクロ事象)=意味のある偶然
=共時性(シンクロニシティ)】を感じます。
長いですが、めずらしい綺麗な雲の1日の変遷も
掲載したページです。お時間がありましたら、どうぞ。
☆『聖なるチカラと形・ヤントラ』のサイトを更新し、
そこからリンクしている2011年12月4日(日)の
[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]もレイアウトし直しました。
http://www.bigme.jp/00-11-12/11-12-4/11-12-4.htm
★New☆更新しました。↓↓
【メタファー】(暗喩・隠喩)は、A=AだけでなくA=B=C=D
・・・にもなる、瞑想(冥想)的な【二重(ダブル)イメージ】です。
それで、【メタファー】についてくわしくかいた
「4サイト」を更新しました。
→→ [見立て]など【メタファー】を多用する
「野生の思考」という神話的思考法にもつながります。
おもしろいのでご覧ください。
→→◎2002年8月20日(火)
[見立て メタファ-暗喩 隠喩 たとえ 冥想 瞑想
ダブルイメ-ジ 心象風景 風流 呪術的な見方・思考法
魔術的見方・思考法 つながりぐあい 関係 歌舞伎
アングラ 論理的思考法 茶道 茶気]
→→◎2002年9月14日(土) 上弦の月
[メタファ-(暗喩) 折り鶴 見立て 共通認識 お約束
上弦 弓の弦 13日の金曜日 演劇 下北沢 小劇場]
→→ ◎2003年6月28日(土)
♪明日に架ける橋♪ 渦をまいた水の模様、観世水。
トラブル・ウォタ-の上に●チョウ(蝶)と折り鶴蘭
→→ ◎2003年6月21日(土)月は下弦
●蝶々は、古代から、たましい(魂 プシュケ)や
霊(スピリット)の象徴(シンボル)【メタファー】
●生まれたての蝶々☆★☆はい回っていた虫から、
空中を飛びまわる虫への変容の時間]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓◎「立春 大吉 一陽来復の卦」 内藤景代・作
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎・24節気 の立春(りっしゅん)が 2月04日。
◎[一陽来復の卦]は、『易経』(えききょう)では、
陰が上に5つあり、陽が下に1つの卦です
「 立春大吉 一陽来復の卦」 (内藤景代・作)では
まん中が欠けた青で陰をあらわし、
まっすぐな赤で陽をあらわした図にしました。
◎ 『易経』は易のス-トラ(経)で別名『変化の書』
[【今のまま】ではない、【未来】に【外】へあら
われる《変化》のイメ-ジを観て瞑想]する
『変化の書』(I Cing.)"The Book of Change"。
それが『易経』(The Book of Change)の本です。
易経(えききょう)=変化の書=I Cing.(中国語)
=The Book of Change(英語)
◎『易経』は、あやしいオカルトではなく、
古代中国の帝王の教養とされた [書(しょ)]、
[四書 五経](ししょ ごきょう)のひとつです。
五経は、『易経』『詩経』『書経』『春秋』『礼記』。
四書は、『論語』『孟子』『大学』『中庸』。
◎立春(りっしゅん)は、1年の【目にみえない《氣》の
〔変化〕】を、24に分けた24節気の1番目です。
◎氣の渦巻く〔変化〕 を24に分けて分節する24節氣
内藤景代・作の[ヤントラ]であらわすと以下です↓↓
[ヤントラ]は、“言葉”になる前の〔かたち〕です。
いいかえると、〔ヤントラは、目にみえない世界の
[構造]を、かたちにしたもの〕
         ヤントラ 渦巻き◎◎ 内藤景代・作
金剛ヤントラ□□ 内藤景代・作
《氣》の渦巻く〔変化〕 →→ 分けて[分節]
[ひとつにまじる渦巻きヤントラ ◎]↓↓
[分節する金剛ヤントラ□]

◎立春は、24節気のはじめの節で、
暦の上では、【この日から春】が始まります。
いいかえると、24節気は、立春がスタートです。
また、陽の《氣》が回復していくはじまりの時季です。
それで、〔一陽来復〕の卦(け)になります。
前の日が【節分】(せつぶん)で、
邪気を払い、春を迎えます。
豆や落花生(ピーナツ)などを投げ、
邪気に[見立て]られた【メタファー】の鬼をはらいます。
鬼は外! 福は内!
【節分】の豆まきは「野生の思考」という
神話的思考法の伝統的な実践でもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎サクラソウ(桜草 さくらそう) オトメザクラ(乙女桜)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2センチほどの可憐な花がたくさん咲く、
サクラソウ(桜草 さくらそう) 。
別名は、オトメザクラ(乙女桜)。
桜色の花は、英名でプリムラ・マラコイデス。
サクラソウ(桜草) プリムラ マラコイデスの
花言葉は、[運命を開く]。
寒い時季に、花壇で咲いている姿をみると、
健気に自分で[運命を開く]花だ、と感じます。
サクラソウ(桜草) 属の植物は500~600種があるそうで
濃い桃色や藤色、紫、橙色(オレンジ)、白など多彩です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎2017年1月2日 金星と三日月の接近した光景/宵の明星
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆去年の12月から今年1月にかけて、
金星(ビーナス)が西の夕空に綺麗です。
すなわち[宵の明星](よいのみょうじょう)。
☆2016年12月は、 宵の明星=金星(きんせい)と
三日月のツーショットを、撮影できましたが、
月とはなれて、左がわにぽつんとみえるだけ・・・
だったので、アップは断念しました。
☆ところが、お正月は東京の空も澄んでいて、
2017年1月2日には、
金星と三日月の接近した光景が撮影できました。
12月のときよりも、金星が月のそばにきています。
☆月は毎日動き、空の場所を変えます。
金星(ビーナス)も日々ゆっくり動いています。
1月末になると、上の写真より、右斜め下へ移動中。
日の入り後【西の夕空】に煌々と輝き続けています。
宵の明星が楽しめるのは、今すこしだけ。
そのうちに、見えなくなり、
次は、[明けの明星](あけのみょうじょう)として
日の出前に、【東の空】 に輝いて見えるようになります。
[宵の明星]も、[明けの明星]も同じ金星(♀)で、
位置と時季が〔変化〕したものです。
☆金星は「愛と美の星」といわれます。
金星のマークは、女性をあらわす「♀」。
「♀」は美の[女神]アフロディテーの手鏡といわれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎気泡の入った氷が浮かぶ、凍った池
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大寒波が襲った翌日、寒い日です。
いつもの池には、薄氷(うすごおり)がはっています。
見なれぬ白いものが池にあるで、よくみると、
空気の泡、気泡(きほう)を閉じこめた氷でした。
気泡の入った氷が浮かぶ、凍った池は、
そばを歩くだけで、底冷え(そこびえ)がします。
「薄氷(はくひょう)を踏む 思い」
という表現がありますが、こわいですね。
踏んで・・・歩けるわけがない・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎冬の雲-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気泡の入った薄氷が浮かぶ、凍った池の上には、
冬の雲がうかんでいます。
晴れた青空ですが、冷えこみがきついです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎銀色のつぼみは、春を待つコブシ(辛夷 拳)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
太陽が照ってあたたかい日。
銀色のつぼみが《光》を反射して輝いています。
むこうには、水上で寝ているカモ(鴨)がみえます。
フェイクファー(毛皮もどき)のような銀の繊毛は、
春に白い花を咲かせるコブシ(辛夷 拳)のつぼみ。
あたたかい繊毛に守られ、春の開花にむけ、
かたいつぼみのままで時季を待っています。
スタンバイ(準備OK)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎[ひっつき虫]とよばれるコセンダングサの果実
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒い冬や荒れ地でも咲き、
チョウ(蝶)やハチ(蜂)達に喜ばれている、
虫媒花のコセンダングサ(小栴檀草)
増殖力の強い野草で、あちこちに増えます。
「みのる果実がすごいので、お話と、果実の写真は
また掲載します。 お楽しみに。」
と11月にかきましたが、お待たせしました((笑))
◎上と下の写真が、コセンダングサの果実です。
別名というか通称[ひっつき虫] といわれます。
上と下が[ひっつき虫]とよばれる植物の果実です。
すでに細い糸のようなものが絡んでいます。
◎植物なのに、なぜ[ひっつき虫]というか?
それは、コセンダングサの果実にあるトゲ(刺)が、
動物の毛や衣服にひっついて運ばれ、
種(種子)を運ばせるようになっているからです。
ひとや毛ものなどの動物を媒介(メディア)として、
種(種子)を運ばせる、という高度な[野生の思考]。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎[ひっつき虫]とよばれるフォーク状のトゲがある果実
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
河原や野原で、茶色のコセンダングサの果実のそばを通ると、
二叉(ふたまた)フォーク状のトゲ(刺)が、
はらりと1本ずつ衣類などに刺さり、動いても、とれません。
手ではらってもとれない。
すごい根性(こんじょう)です((笑))
[ひっつき虫]とよばれるフォーク状のトゲ(刺)は、
1本ずつ、指で抜くしかありません。
洗濯しても、とれない。しっかり刺さっています。
室内にトゲ(刺)が落ちていて、裸足で踏むと、痛いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎アオサギ(青鷺)とゴイサギ(五位鷺)よりそい眠る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「猫団子(ねこだんご)、猫鍋(ねこなべ)」が、
寒い時季には、みられます。
数匹の猫(ネコ)たちが、団子(だんご)状にかたまり、
塊(かたまり)として寝ているのが、猫団子。
(一番下は苦しかろう・・・)
とみていると、「プふぁー」と息を吐きながら、
はいだしてきて、一番上にドンと寝る…そのくり返し。
本物の土鍋に、猫たちがびっしりつまる、
それが猫鍋。ネットでさかんです。
ヤラセというよりは、猫たちの趣味らしい((笑))
「押しくらまんじゅう」の遊びのように、
寒いときは、肌をよせあい体温を感じるのが、
[温血動物(恒温動物)]の哺乳類たちの
寒さしのぎの知恵なのでしょう。
冷血動物(変温動物)の、
は虫類(トカゲ、カメ、ヘビ)や
両生類(イモリやカエル)は、
    寒いときは冬眠してしまいます。
ヤモリ(家守、守宮)も、は虫類なので冬眠して、
初夏になると、うちの窓の外へでてきました。
☆[鳥類]は、哺乳類と同じで、【「大脳」の眠り】をします。
→詳細は『3つの脳で、楽に3倍生きる』
       内藤 景代・著 Amazon Kindle版 ☆電子書籍
☆水鳥のサギ(鷺)やカモ(鴨)たちは、
【首を曲げ、クチバシ(嘴)を羽根に入れる】
姿勢で眠ります。上と下の写真です。
☆先月と同じところで、
鷺類で一番大きなアオサギ(青鷺)が、
片足立ちで、首を曲げ、
クチバシ(嘴)を羽根に入れて眠っていました。
大きな翼の中にすっぽり顔がかくれています。
目を下にむけると、
ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)も眠っています。
まるで、よりそうように・・・片足立ちで、
首を曲げ、クチバシ(嘴)を羽根に入れて。
下向き三角形(▼)にブルーグレーの頭頂がみえる。
白い胸がふくらんでいるのは、まるでポケットのように
頭部をいれているからでしょう。
同じ鷺類とはいえ、大小の差がすごいです。
2倍から3倍の差。このように仲よさげに並んで
        眠っているのは、はじめてみました。
なぜ、よりそう? 寒いから((笑))
[鳥類]も温血動物(恒温動物)です。
よりそっていれば、おたがいの体温を感じあい、
あったかいのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎首を曲げクチバシを羽根に入れるキンクロハジロの群れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
陽ざしが強くて、風も強い日。
渡り鳥のキンクロハジロ(金黒羽白)たちが、
池の上で、首を曲げ、クチバシ(嘴)を羽根に入れ、
眠っています。 ゆらゆらと風に流されながら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎首を曲げ、クチバシ(嘴)を羽根に入れるオナガガモ(尾長鴨)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
渡り鳥のオナガガモは、水ぎわに上陸して眠っています。
首を曲げ、クチバシ(嘴)を羽根に入れて。
そういえば、キンクロハジロ(金黒羽白)は、
上陸した姿(すがた)を見たことがないです。
ひとに対する警戒心がつよいのでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎オナガガモ(尾長鴨) オス♂とメス♀
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オナガガモ(尾長鴨)のオス♂とメス♀が、
いっしょに泳いでいます。
ブルーグレーで尾が長く、首の茶色が美しいオス♂。
めだたない茶色でカルガモ(軽鴨)に似ているメス♀。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎太陽光の粒つぶが輝く、小波がたつ池
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
晴れた午前の池。
陽ざしが強すぎて、カメラの液晶画面がみえず、
自分の顔がうつる、鏡の状態・・・。
池に輝く《光》を撮影したかったので、
どう写るのかわからないまま、シャッター・オン。
[抽象絵画]のような写真になりました。
[具象絵画]と同じように、
実物の現実(リアル)の光景を撮影したのですが。
《光》の粒つぶが輝く、小波がたつ池は、
《光》の粒をかく[印象派の絵]のイメージにちかいかも。
・・・おもしろい、と自画自賛((笑))
→ころんでも ただ起きない根性((笑))
[印象派の絵]をカラフルな無数の[まち針]で
模写(?)した作品の写真をみたことがありますが、
重くて運ぶのが大変だったとか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎水面(みなも)に太陽光の粒つぶが輝く
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この写真も、同じ日、どう写るのかわからないまま、
池に輝く《光》を撮影。
水面に、太陽光の粒つぶが輝いていますが、
水面は消えて、太陽光だけが、粒子のように重なりあい、
透明に光っています。
現実(リアル)の写真ですが、抽象的にみえます。
ヤントラなどの作品をパソコンでつくるときに、
[加工用の素材]として使えそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎冬の雲-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海辺の波うちぎわのような雲の流れが空にみえます。
凍り(こおり)つくような寒い風が吹いている日。
白い雲が、波よりも氷果(シャーベット)製に
感じられてくる、凍て(いて)つく寒さの午後です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎空にくりぬいた鳥の影(シャドー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青空を背景に、鳥の〔かたち〕がいくつもみえます。
[空にくりぬいた鳥の影(シャドー)]
とも、みえる作品です。
晴れているときは、青空が背景(バック)。
夕焼けのときは、黄金色、桃色、橙色(オレンジ色)、
茜色(あかねいろ)…の空を背景に、
鳥たちの【白い影絵(シルエット)】が浮かびあがります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎胸がむくむくで白い、カワウ(川鵜)幼鳥
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遠くからみると、枯れ枝に白いものがいます。
近づくと、サギ(鷺)ではない。
胸と腹が白く、背中が黒い鳥が枝の上にいました。
胸前がむくむくの白い毛で、はじめてみる鳥です。
めずらしい鳥?
とりあえず、正面と横を撮影し帰宅後、ネット検索。
調べると、カワウ(川鵜 かわう)の幼鳥でした。
今の時季だけみられる、むくむくの白い毛らしいです。
成鳥になると、換毛して全身が黒い鳥、
カワウ(川鵜)になります。
翼をひろげて、羽根を天日干しするかっこうは、
どことなくユーモラスで憎めない姿(すがた)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎冬の雲-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もこもこと湧きあがるような白い雲。
風に流され、羊雲やうろこ雲(鱗ぐも)のように
〔かたち〕を変えていきます。
そのうち、紗(うすぎぬ)をひろげたような雲になり、
消えていきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ソシンロウバイ(素心蝋梅) 黄の花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蝋細工(ろうざいく)のように、薄く透明な花びら。
黄色の花、ソシンロウバイ(素心蝋梅)が
凍てついた空気のなかで、かぐわしくかおっています。
気品のある芳香です。
花の心(しん)まで、黄色いロウバイ(蝋梅)なので、
素心(そしん)と名づけられている
素心蝋梅(そしんろうばい)です。
☆ということは、花の心(しん)が、
黄色くはないロウバイ(蝋梅)があるわけです。
ふつうに、ロウバイ(蝋梅)というと、
花の心(しん)が茶色になっています。下の写真↓
◎素心(そしん)は、辞書によれば、
「本心(ほんしん)、いつわりのない心、飾らない心」。
花心の茶色の部分を[飾り]などに【見立て】て、
花の心(しん)まで透明な黄色の[飾らない心]
というイメージで、
[素心(そしん)のロウバイ(蝋梅)]すなわち
[素心蝋梅(そしんろうばい)]
と名づけたひとがいたのでしょう。
中央が茶色のロウバイ(蝋梅)は、
茶色の部分が[汚れ]にみえるので、
「ちょっと…ひく」 「好みではない」
           というひとは、わりと多いです。
とはいえ、花心(かしん)が茶色いロウバイのほうが、
いっぱん的で、数多くみかけます。
花の香りも、ロウバイのほうが濃厚です。
ソシンロウバイの香りは、あっさりして淡泊です。
あくまで個人的な感覚ですが。
夜の【闇】にまぎれても、5から6メートル
       遠くからでも匂い立つ、ロウバイ、ソシンロウバイ。
呼吸法をかねて、深い呼吸で、
かぐわしい香りを吸いこんでみてください。
豊かで澄んだいい気分になりますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ロウバイ(蝋梅)黄の花 中央が茶色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黄色い梅」とかいて「黄梅(おうばい)」があります。↓
ツル(蔓)が大地をはうようにのび、
足もとの歩道のすみに、咲いています。
オウバイ(黄梅)の別名は「迎春花」。
名前は「ウメ(梅)」ですが「ジャスミン」 と同じ、
       ジャスミン科。花に香りはほとんどありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎黄梅(おうばい)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎影(シャドー)がつくる樹木の気配
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冬は、日脚(ひあし)の長い影(シャドー)がみられる季節。
(こんなところにまで?)
と驚くほど、長い影絵(シルエット)が伸びています。
歩道の横に続く建物の壁に、
大きな樹木の影絵(シルエット)がうつっていました。
葉を落とした、街路樹の枯れ木です。
微妙で繊細な枝ぶりがくっきりみえます。
影(シャドー)で、樹木の[気配]を感じます。
根から吸い上げた養分を、
先端の細い枝まで運ぶので、
緑の葉がふたたび、しげるのでしょう。
今は、ひたすら[死んだふり]の枯れ木。
[葉を落とす]ことで、ムダに養分を使わない、
「野生の思考」という、いのち(命)の発想法。
【野生】は、悪条件に屈せぬたくましさをもっています。
☆枯れた[葉を落とす]ことで、下の猫の写真のように、
【野生】の生きものに寝床(ねどこ)を提供します。
さらに、枯れた[葉を落とす]ことで、ドングリなどが、
発芽するのを助けたりもしています。
霜よけにもなる、枯れ葉。
【野生】の生きものにとっては、綺麗に、お掃除して
        捨てたり燃やせばいいわけでもないようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎空中で交差(×)する赤と青のクレーン車
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雲もなく、よく晴れた日。
青空に、赤と青のクレーン(鶴)車がみえます。
[ツル(鶴=クレーン)の首]に[見立て]たので、
クレーン(鶴)車。
現代的な最新の工事につかう、クレーン(鶴)車も
[見立て]など【メタファー】を多用する「野生の思考」
という神話的思考法にのっとっています((笑))
2台の赤と青のクレーン(鶴)車が、
空中で交差(×)しています。
白い雪原で、2羽の[丹頂鶴が求愛ダンス]をする
有名な場面を思いだします。
[オス♂とメス♀のツル(鶴)が舞う求愛ダンス]
のように、2台の赤と青のクレーン(鶴)車が、
長い首を交差(×)しているように感じます。
瞑想(冥想)的な目には、そう観える((笑))
【メタファー】(暗喩・隠喩)は、A=Aだけでなく、
A=B=C=D・・・にもなる、瞑想(冥想)的な
【二重(ダブル)イメージ】です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎夕焼け空をよぎる電線の群れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京では、夕焼け空を撮影しようとしても、
無粋(ぶすい)な電線がはり巡らされ、
空間(スペース) を縦断し、横断しています。
いわば、それが[ふつうで当たりまえ]の光景。
なんとか、電線がない場所をさがしますけれど、
むづかしいです。 力尽きて((笑))
…これも生活感があっていいんじゃない?
と、[夕焼け空をよぎる電線の群れ]を
時々、アップします。ご容赦を。
メインは夕焼けですから((笑))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎雲から放射される太陽の光線。夕陽が干潟にしずむ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上とは逆に、電線が気にならない夕焼けをどうぞ。
厚い雲間から放射される、黄金色の太陽光線が、
地上に降りそそいでいます。
♪♪ハレルヤ(歓喜・感謝)♪
夕陽が干潟にしずむ前の素晴らしい光景です。
干潟のむこうは、海が広がっています。
干潟のこちらには、渡り鳥たちが、
浅瀬で翼を休め、くつろいでいました。
というよりも、鳥たちをみに、
干潟まで出かけたら、夕暮れになり、
こんな素敵な夕焼けの光景にであえたのです。
幸運(ラッキー) でした。
その感動をお伝えできるとうれしいです。
*---*---*---*---*
●立春(りっしゅん) 2月04日
立春は、24節気のはじめの節で
「暦の上では、この日から春が始まります」
前日が【節分(せつぶん)】で、
豆まきなどして、邪気を払い、春を迎えます。
●雨水(うすい) 2月18日
雨水は、24節気のひとつで「雨水(あまみず)が
        ぬるみ、草木が芽を出しはじめる時季」です。
*-------*----------*---------*
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
今月、ご紹介した花や生きものは、
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽と月、
         鷺と鵜・鴨、猫の瞑想=観想★ 》としても、みてください。
          以下に、32枚の順をかきます。
***************************
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽と月、
         鷺と鵜・鴨、猫の瞑想=観想★ 》
#1☆ピンクのバラ(薔薇) 赤いつぼみと開花
#2☆イデアとメタファー【共時性(シンクロ事象)】
#3☆「立春 大吉 一陽来復の卦」 内藤景代・作
#4☆サクラソウ(桜草 さくらそう) オトメザクラ(乙女桜)
#5☆2017年1月2日 金星と三日月の接近した光景/宵の明星
#6☆気泡の入った氷が浮かぶ、凍った池
#7☆冬の雲-1
#8☆銀色のつぼみは、春を待つコブシ(辛夷 拳)
#9☆[ひっつき虫] といわれるコセンダングサの果実
#10☆[ひっつき虫]とよばれるフォーク状のトゲがある果実
#11☆アオサギ(青鷺)とゴイサギ(五位鷺)よりそい眠る
#12☆首を曲げクチバシを羽根に入れるキンクロハジロの群れ
#13☆首を曲げ、クチバシを羽根に入れるオナガガモ
#14☆オナガガモ(尾長鴨) オス♂とメス♀
#15☆太陽光の粒つぶが輝く、小波(さざなみ)がたつ池
#16☆水面(みなも)に太陽光の粒つぶが輝く
#17☆冬の雲-2
#18☆空にくりぬいた鳥の影(シャドー)
#19☆胸がむくむくで白い、カワウ(川鵜 かわう)幼鳥
#20☆冬の雲-3
#21☆ソシンロウバイ(素心蝋梅) 黄の花
#22☆ロウバイ(蝋梅)黄の花 中央が茶色
#23☆黄梅(おうばい)
#24☆影(シャドー)がつくる樹木の気配
#25☆空中で交差(×)する赤と青のクレーン車
#26☆夕焼け空をよぎる電線の群れ
#27☆雲から放射される太陽光線。夕陽が干潟にしずむ
#28☆黄色いマンサク(満作)の花-1
#29☆黄色い糸のような4枚の花びら、マンサク-2
#30☆枯れ葉の上で眠る、白黒ハチワレ猫
#31☆さり気なく、そばで黒猫が眠る
#32☆距離をおき、枯れ葉の上で眠る、白黒ハチワレと黒猫
※「トトロの家」といわれる「Aさんの庭」その後
*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、ふんわりと観てください。
眉間にしわをよせないで、優しいまなざしで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎黄色いマンサク(満作)の花-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早春に「まんず咲く」(まず咲く)から「まんさく」、
ともいわれる黄色い花。
「満作、万作、金縷梅」ともかきます。
茶色の枯れ葉より先に、
細く黄色い糸のような4枚の花びらが開きます。
      地味な花ですが、雪も残るような寒い時季、
北国や山国で、ほかに咲く花がないころに、
この黄色い花をみつけると、
春の《息吹き》を感じるようで、きっとうれしいでしょう。
やっと、春が来た・・・と。
   都会で春の洋花がいっぱいの花屋さんをみなれていると、
なかなか感じられにくい感性(センス)ですが。
☆細い糸状の花が赤いのは、通称、アメリカマンサク。
ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)です。
初夏から夏にかけて、咲きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎黄色い糸のような4枚の花びら、マンサク-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
★こころ と からだ   コーナー★
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
立春をむかえる時季ですが、
まだまだ朝晩の冷えこみはきついです。
梅が咲きはじめ、花粉症の症状がでているかたもいます。
お元気ですか?
●腰痛や腹痛、ヒザ痛のかたは、
下半身のファッションを再点検してください。
ジーンズに穴があいていたり、
ショート・パンツにレースのスカート
というファッションも流行しています。
ファッションは、生き方にまでつながるので、
自分のこころひとつの置きどころです。
【冷えによる 痛み】という「体の声」と
おしゃれ心のファッションとのバランス感覚が大切です。
おしゃれ心をたもちながら、
「痛み」という自分の体の声にも、耳を傾けてくださいませ。
◎体のユガミも、腹痛や腰痛やヒザ痛、生理痛の原因になります。
寒いと体がこわばるので、ユガミが顕著になります。
◎それだけでなく、室内や車内は熱いくらいで、
戸外は零下に近いとき、温度への適応力が弱いと、
体の不調の原因になります。
→→温度調節の中枢は、自律神経です。
だから、デスクワークが長く、
自律神経がうまくはたらかない
自律神経失調ぎみのかたほど、
          【冷えによる 痛み】になりやすいです。
◎首や腰、背骨ののゆがみを直し、
自律神経を活性化する、
[弓のポーズ]や、[片足立ちのポーズ]などがおすすめです。
→ポイントは、【やりにくほうを、もう1回】なさること。
『ヨガと冥想』(内藤景代・著)のカバーに2ポーズの写真がの
っています。 方法は、本文で写真による説明。
[できないときは]のアドバイス写真もあります。
自習用のDVDもあります。 ↓↓↓↓
『ヨガと冥想』DVD 内藤景代・出演
そのほかに、[弓のポーズ]や、[片足立ちのポーズ]は、
『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ』内藤景代・著
『綺麗になるヨガ』心とからだを波動から美しく 内藤景代著
をどうぞ。 体のユガミ直しは、
       『こんにちわ私のヨガ』 内藤 景代・著をどうぞ。
################################
※「トトロの家」といわれる「Aさんの庭」その後

☆古い民家が次つぎになくなり、庭木なども切られ、
茶色の更地(さらち)があちこちに広がっています。
庭木にみのる果実をあてにして飛んでくる渡り鳥たちは、
電線の上で文句をいっているように鳴きかわしています。
ツグミ(鶫)などは単独行動ですが、
来るときと帰るときは集団でとぶ渡り鳥です。
ジブリ映画にでてくる「トトロの家」のモデルになった
都内の杉並区にある家も、庭木がたくさんありました。
「トトロの家」といわれる「Aさんの庭」として公開されています。
そこをおとずれたときのお話はこのエッセイでかきました。
もちぬしの女性[Aさん]ともそこで〔偶然〕お会いしました。↓
http://www.bigme.jp/00-10-10/10-10-1/10-10-1.html
★今年のはじめに、
【「トトロの家」といわれる「Aさんの庭」】の件で
都内の杉並区の自然を「杉並の自然学」というホームページ
       で公開していらっしゃる、Sさんからメールをいただきました。
   去年暮れに焼損面積が約1万坪の【新潟県 糸魚川の大火】があり、
それに触発され、不審火で「Aさんの庭」が延焼したことを思いだし、
年末に「Aさんの庭」を再訪したそうです。
詳細は、以下にいただいたメールを転載いたします。↓↓
《 1)Aさんの庭は不審火で2009年、全焼しましたが、
近隣民家への延焼はありませんでした。その理由は
        常緑広葉樹のスダジイのおかげだと思っています。なので、
       「Aさんの庭」では「延焼を防いだ常緑広葉樹」を掲載しています。
2) スダジイは「防火樹」として知られています。新たにその点に
       注目してAさんの庭を再訪しました。ところが、スダジイがすっかり
       枯れていました。残念です。どのようにスダジイが枯れたのか、
       Aさんにうかがいましたが、詳細は不明とのことでした。
そこで、NET検索したところ、貴HPで、スダジイの写真を拝見しまし
た。火災は2009年02月です。すくなくとも、スダジイは1年ほどは
       生きて、貴写真では新しい枝を出していたことになります。
樹皮が焼かれても生きようとしていたのですね。
そこのところを写真をお借りして伝えられたらと思いました。》
↑というご依頼でしたので、快諾させていただきました。
それで、今は、SさんのHP「杉並の自然学」に、
いきさつと「Aさんの庭」の写真、
わたしの撮影した【スダジイの写真】が掲載されています。
Aさんと協力して「黒こげになったスダジイの樹皮をシュロ縄で巻き
つけた写真」と「新しい新芽のでたスダジイの枝とその拡大図」です。
詳細は「杉並の自然学」、URL http://sas2005.eco.coocan.jp/
「Aさんの庭」 延焼を防いだ広葉樹スダジイの写真
◎スダジイは、いっぱん的に「椎(シイ)の木」といわれています。
庭や公園などに、よくあります。ブナ科 シイ属の常緑広葉樹。
果実は、いわゆるドングリ(団栗)。
◎緑の植物は、わたし達・人間を守ってくれているのですね。
できるだけ、樹木は残せる方向性の都市設計にしてほしいです。
それだけでなく、この地球(earth)では、長い年月かけて、
緑の植物たちが、炭酸ガスを吸って、酸素をだし、
酸素の多い空気で地球(earth)をつつんでくれたわけです。
     ◎46億年前、はるかむかしに地球(earth)ができたとき、
地球(earth)をつつむ大気=空気は、ありませんでした。
今、【当たりまえの空気】は、緑の植物たちが長い年月
       かけてつくってくれたギフト(賜物=贈り物)です。
中国では、今、大気汚染で上海など遠くがかすみ見えない。
北京も同様になる前に、[遷都]しようという案があるとか。
★問題は↑↑そこでは、ないでしょう。
空気を汚染する企業などが考えないと、
[遷都]は、次つぎに転々としなければならないでしょう。
日本も公害がひどかったですが、 「意識を変えて、
        反省」し、川も綺麗になり、空気も澄んできています。
◎地球(earth)は、ひとつ。
中国の汚染空気は、日本の九州地方にも流れてきています。
これからの季節は中国の黄砂(こうさ)と混じり合い、
九州地方では、毎年、ひどいことになっているようです。
◎戦争するより、
「当たりまえの空気と水の、【価値】」を
再認識してほしいですね。各国のエライかた達に。
失ってから気づいても、遅いから。
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
◎スダジイの件、枯れてしまったとは残念です。
以下の[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]で掲載したときは、
再生するように思えたのですが。
http://www.bigme.jp/00-10-10/10-10-1/10-10-1.html
(→NEW 今年になって、上記のサイトを更新しています)。
「Aさんの庭」を襲った不審火とか、
糸魚川の大火による被害とか、
スダジイが枯れてしまったこととか、お話を読むと、
       無念な気もちで、胸は冷えてしまいますね。
そんなときは、《氣》をとりなおして、
今の自分でできることを毎日少しずつやっていきましょう。
時間がかかっても、よい〔変化〕にむかうように願って。
たとえば、 ↓↓↓↓
体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
という温度差(グラデーション)が、
ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
いろいろなことが楽しく、うまくいきます。
すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。
☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
「冷-暖-熱」の瞑想を身につけましょう。
=============================
★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その97
=============================
◎枯れ葉の上で眠る、白黒ハチワレ猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
陽ざしが強いくらいの日。
枯れ葉にも陽があたり、乾いてあったかそうです。
都内の幼稚園・保育園で、枯れ葉や落ち葉を集め、
大きな入れ物(プール)にいれて、
園児たちを遊ばせている写真をみたことがあります。
水が入ったプールではなく、[落ち葉プール]。
ひなたのにおいがして、動くとかさかさ音がして、
園児たちは大喜びだったそうです。
天日干し(てんぴぼし)した布団(ふとん)には、
ひなたくさい、太陽のにおい(?)がしますが、
あの感じに似ているのでしょうか。
布団をとりこむと、猫(ネコ)が一番先に布団にのり、
ゴロゴロいいながら踏みふみして満足げに寝ています。
☆大きな葉っぱがたくさん落ちているのをみて、
瞑想(冥想)的に、そんな連想をしていると、
木の根もとに、枯れ葉の上で眠る、
白黒ハチワレ猫がいました。↑
ピンクの鼻先で、幸せそうに寝ています。
そばにいると同調して、こちらも眠くなる・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎さり気なく、そばで黒猫が眠る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
緑のコケ(苔)がむした大きな樹の根もとは、
地熱(じねつ)もあり、あったかそうです。
近づいて、白黒ハチワレ猫を撮影していると、
左のほうで、なにか黒い〃もの〃が動きます。
黒猫が首をもたげ、耳をこちらにむけています。
枯れ葉にうずもれて、寝ていたようです。
ひとの気配で起きたらしい。
白黒ハチワレ猫のそばでは、距離感をたもって、
さり気なく、黒猫が眠っていたわけです。
通りすぎただけは、気づかなかったでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎距離をおき、枯れ葉の上で眠る、白黒ハチワレと黒猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    写真の左では、陽ざしが長く、
数本の樹木の影(シャドー)をのばしています。
黒猫は、影(シャドー)の一部にとけているようです。
撮影を終えて退散すると、白黒ハチワレと黒猫は、
そのまま枯れ葉の上で、距離をおいたまま、
       おだやかに眠っていました。
遠くからみると、同じ木の下で、よりそっているようでした。
*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
★NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」2月号を
アップしました。
●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 43花」 キョウチクトウ?
●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」宇宙のテキスタイルの上で
●美樹さんは「神田大明神の獅子舞おみくじ」お獅子が踊ります
●Kayokoさんは「三井三池炭坑 三川坑」アンダーグラウンド
●yosihiroさんは 「イルミネーション-3」《光》の ◎と△
●mariko さんは「うちの猫」 ラウル君、のどをなでられて・・・
●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】08「青空」和風の響き
●Ryoさんは「落とし物」
●健治さんは「私の居場所」 定点観測-8
●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 69「黄色い花」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*~・~・~・~*~・~・~・~*
◎※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
       和之さん「NAYヨガスクール体験記 69  「黄色い花 」
☆今月は、【意味のある偶然=共時性(シンクロニシティ)
         =シンクロ事象】を、いつも以上に感じます。
和之さんからいただいた2月の原稿(体験記69)と
完成してアップ寸前の2月[瞑想フォト・エッセイ]が、
あたかも、打ち合わせをしたかのように、
共振(シンクロ)しているので驚きました。
まさに、【意味のある偶然】ですね。
たとえば、タイトルの「黄色い花」。
今月の[フォト・エッセイ]は「黄色い花」をたくさん掲載。
そして、「諸行無常」(しょぎょうむじょう)ということ。
いいかえると、すべては〔変化〕する、ということですよね。
今月は〔変化〕の [書(しょ)」である、
『易経(えききょう)=変化の書=I Cing. The Book of Change 』
を紹介しています。
そして、【一陽来復という、《希望》にあふれた卦】を、
【立春 大吉という言霊(ことだま)】とともに、
組み合わせた作品を内藤景代・作で、掲載しました。
【無常(むじょう)とは〔変化〕する、こと。
         無情(むじょう)、非情に。けれど、ちがいを楽しめる、
        感性(センス)があれば、〔変化〕を愛でる
         無上(むじょう)のハッピー体質を生む】
と、わたし内藤景代は、思っています。
たとえ、脳天気とか、あたまがお花畑と揶揄されようと。
〔変化〕をどうとらえ、どう感じるか、で立場がちがうわけです。
仏教には、「諸行無常」(しょぎょうむじょう)だから、
すべては、空しい(むなしい)、無意味、
というニヒリズム(虚無感)になる立場もあります。
逆に、仏教にも〔変化〕を愛でる、禅の立場もあります。
「花は紅 柳は緑」(はなはくれない やなぎはみどり)
が、その立場をあらわした“メタファー”である言葉です。
また、「永遠の真理」という“イデア“は、
縦糸=スートラ(|)のような変わらない「スートラ(経典)」です。
  けれども、わたし達・人間は、
         「永遠の真理」という“イデア“が、
現象として、〔変化〕し「顕現する」世界に生きています。
それが、横糸=タントラ(─)の織りなす現実世界です。
まさに、おっしゃるとおり縦(|)と横(─)の織りなす
        まん中の中心点(◎)を感じながら小さな[希望]を育みながら
        来る春を待ちたいですね。 ごいっしょに。合掌
********************************************
◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス
NEW!! 【受付中!】
☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
●2017年2月26日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円 会員 4.000円
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
         ***************************************
▼登録/解除
下記のシステムを利用して配信しています
『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
ID: 0000106654
        ************************************** 

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/31
部数 533部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/31
部数 533部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・中村僚が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング