内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2017年01月02日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
   
   2017年1月1日(日)◎翼をもつトリ(鳥)を飛べなくしたのがニワトリ
   (鶏)。今年はトリ(酉)年なので、原点にもどり、翼をもって空と陸
   と水上を自在に生きるオシドリ(鴛鴦)、サギ(鷺)、セキレイ(鶺鴒)
   、マガモ(真鴨)などの日常生活の写真を21枚。鳥たちの[意外な素顔
   ]をお楽しみください。冬の花はピンク・白・紅、一重・八重のサザ
   ンカ(山茶花)とツバキ(椿) 。めずらしい冬の雲や海に沈む夕陽、三
   日月→上弦の半月→十日月→十五夜(満月)の満ち欠けする月の姿。
   花鳥風月、猫たちの写真など合計53枚を、新年の初荷としてお届け
   します。

        --------*----------*---------*----------*
   上弦 1月06日 満月 1月12日下弦 1月20日 新月 1月28日
   ・今月の異名(いみょう)は睦月(むつき)
   ・24節気  小寒(しょうかん) 1月05日 大寒(だいかん) 1月2
   0日 
   17年1月ピックアップ写真[内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]
   ◎2017年 24節気 月の満ち欠け こちらへ
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★今月のピックアップ写真
   
   ◎翼をもつトリ(鳥)を飛べなくしたのがニワトリ(鶏)。今年はトリ
   (酉)年なので、原点にもどり、翼をもって空と陸と水上を自在に生
   きるオシドリ(鴛鴦)、サギ(鷺)、セキレイ(鶺鴒)、マガモ(真鴨)
   などの日常生活の写真を21枚。鳥たちの[意外な素顔]をお楽しみく
   ださい。冬の花はピンク・白・紅、一重・八重のサザンカ(山茶花)
   とツバキ(椿) 。めずらしい冬の雲や海に沈む夕陽、三日月→上弦の
   半月→十日月→十五夜(満月)の満ち欠けする月の姿。花鳥風月、猫
   たちの写真など合計53枚を、新年の初荷としてお届けします。【二
   重(ダブル)イメージ】でわが身にひきよせ感じると「生きる知恵と
   勇気、自分を信じる力」が深いところから湧いてきます.《★花と緑
   と翼あるもの、雲と夕陽、鷺、鴛鴦、猫の瞑想=観想★》としても
   どうぞ。
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内  ☆ 1月      
   http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html#gokuraku
   
   ★今月 1月29日(日曜 )内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
    詳細はこちらへ     
   http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
    
   ★new2月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   ***************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    迎春(げいしゅん) とり(酉)年 2017年1月元旦   オシドリ(鴛鴦)
 
              今年もよろしくお願いします。 内藤 景代 拝 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎今年は、とり(酉)年。
   オシドリ(鴛鴦)オス♂2羽で、年頭のご挨拶です。
   
   初春のお喜びを 申し上げます。
   本年も おすこやかに おすごしくださいませ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 黄色とピンクの絞り模様のバラ(薔薇) 花籠(はなかご)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆黄色とピンクの絞り模様のバラ(薔薇 ばら)は、
   みたことのない複雑で微妙な美しさです。
     黄色ひといろのバラ(薔薇 ばら)もかわいいです。
   白いカスミソウ(霞草)でまとめた花籠(はなかご)を、
   新年を飾る花として、どうぞ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オシドリ(鴛鴦)-2 オス♂ 正面
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆カラフルで美しい鳥、オシドリ(鴛鴦 おしどり)。
   前・後ろ・横・頭部と、複雑な色づかいの羽根です。
      「どうやって、こんな色の鳥になったのだろう?」
   と進化のプロセスに思いをはせてしまいます。
   
   ◎「巨大な恐竜が、絶滅の危機になり、鳥に進化した」
   といわれます。
     始祖鳥(しそちょう)は、恐竜のなごりを残しています。
   巨大[は虫類]の恐竜が、
   ジャンプして[飛んだ]のか ?
   ムササビのように[落下]したのか ?
   ――2説が進化の要因としてあり論争中ですが、
   ふたつともあったのではなかろうか、
   とわたしは思います。
   
   ◎ゴジラのような恐竜の手が、
   鳥の翼になったわけです。
   長い年月をかけて。
   ◎鳥たちをみると、
   【龍が翼をもった、小さな生きもの】
   と感じ、愛しく(いとしく)なります。
   
   周囲の環境の〔変化〕をうけて、
   【自分のからだ(体)を、
   新しい〔かたち〕に《創造》せざるをえなかった】
   [鳥類]、鳥のご先祖。
      すごいことだと思います。
   今年はトリ(酉)年。
   ★翼をもつトリ(鳥)を、人間が家禽(かきん)として、
   飛べなくしたのがニワトリ(鶏)=(酉)。
   ☆今年はトリ(酉)年なので、
   原点にもどり、翼をもって、
   【空と陸と水上を自在に生きる】
   オシドリ(鴛鴦)、サギ(鷺)、セキレイ(鶺鴒)、
   マガモ(真鴨)などの日常生活の写真をお楽しみください。
   ★[飛べない鳥(チキン)]という
   いつのまにか、だれかにかけられた【呪い】を、
   自分から払って、
   目にみえない呪縛から自由になる年にしませんか?
     鳥たちの日常的な写真を
   【二重(ダブル)イメージ】でわが身にひきよせ感じると
   「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」が
   深いところから湧いてくるでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オシドリ(鴛鴦)-3 横 オス♂とメス♀
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆さて、オシドリ(鴛鴦)の複雑な美しさは、オス♂だけ。
     また、換毛期には、この美はなくなりボロボロ((笑))
   メス♀は、上と下の写真のように、めだたない地味な灰茶色。
   ☆仲のよい夫婦を、オシドリ(鴛鴦)夫婦とよびます。
     が、それにそえられた絵が、美しい2羽のオシドリ(鴛鴦)
   だとしたら、BL(ボーイズ ラブ)の絵になってしまいます((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オシドリ(鴛鴦)-4 後 オス♂とメス♀
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ サザンカ(山茶花 さざんか)-1 紅
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆赤いバラ(薔薇)のようですが、サザンカ(山茶花 さざんか)。
   ツバキ(椿)科 ツバキ(椿)属。
      今月は、紅、薄紅、ピンク、白の一重と八重、多重の
   サザンカ(山茶花)とツバキ(椿)の花たちを、
   鳥たちの写真のあいまに紹介します。
   ☆サザンカ(山茶花)とツバキ(椿)は交配種が多いので、
   厳密な[分類(カテゴリー分け)]は、ご容赦を。
    ♪♪ さざんか さざんか さいたみち
            たき火だ たき火だ おちばたき
                あたろうか あたろうよ♪        『たき火』
   
   ♪♪ 赤く咲いても 冬の花 ♪    『さざんかの宿』
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ コサギ(小鷺) -1 樹上に飛来
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆「ダウン(羽毛)のコート」をきているとはいえ、
   鳥たちは、寒かろうと思いますが、みな元気です。
   ☆小鳥が樹上にいるので、下から撮影していると、
   大きな白い鳥が飛んできて枝をつかみ、とまります。
      黄緑色で目のまわりが白い、メジロ(目白)たちは、
   逃げてしまいました。
      青空にくっきりと白い翼をひろげた鳥は、
   クチバシ(嘴)が黒い、コサギ(小鷺)です。↑↓
      コサギ(小鷺)は、羽根をとじ、
   両足で枝をしっかりにぎって
   枝の上で日なたぼっこをしていました。
   おだやかで、やさしい顔つきです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) -2 樹上で休息
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎サザンカ(山茶花 さざんか)-2 紅
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) -3 川へ飛来
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆川ぞいを歩いていると、
   翼をひろげ鷹揚(おうよう)に飛ぶ白鷺が、
   川に舞いおりました。
      両足をのばし、着水します。
   風をはらむ白い翼がはためき、綺麗。
   横顔には、黒いクチバシ(嘴)がみえるので、
   コサギ(小鷺)とわかります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) -4 川を歩く
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆川へ舞いおりたコサギ(小鷺)は、
   ゆっくりと大股(おおまた)で歩きます。
   ★サギ(鷺)の長い足は、指が細長く、
   指同士は開いて水かきは、ありません。
   ◎〔目にみえない、水面下のバタ足〕をする
   白鳥(はくちょう スワン)や、アヒル(家鴨)、
   マガモ(真鴨)やカルガモ(軽鴨)の足先は、
   つながっていて、水かきになっています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) -5 川で漁をする
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆コサギ(小鷺)は、黄色い足先を動かし、
   水中に渦の輪(うずのわ)をつくりながら、
   ゆっくりと水べを歩き漁(りょう)をしています。
   渦の輪により、水中にかくれている魚たちを
   かきだす“技術”です。
   歩きながら、輪をかき、魚をねらう技(わざ)。
    すばやく首をのばし、クチバシ(嘴)で魚をとらえ、
   そのままのみこみます。
     そして首を伸縮させ、胃までおくりこむ。
   生きたままの魚を消化してしまう【構造】になっています。
   カワセミ(翡翠 かわせみ)も同じです。
   (→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法です。
   ☆白い鳥・鷺や、青い鳥・カワセミ(翡翠)は美しいですが、
   生き餌(いきえ)をそのままのみこむ、すごい食生活で
   生きぬいてきているわけです。
   わたし達・人間からみると、凄まじい暮らしですが、
     コサギ(小鷺)の後ろ姿(すがた)は優雅で美しい。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎コサギ(小鷺) -6 後ろ姿 川を歩く
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎サザンカ(山茶花)-3 紅 八重
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆生け垣などのサザンカ(山茶花)には、
   花びらがゴージャスに重なるものが多いです。
   サザンカ(山茶花)は、花びらが1枚ずつ散ります。
   そこが、ツバキ(椿)の花とのちがい。
   ツバキ(椿)は、花が丸ごと、落ちます。落花狼藉…。
   サザンカ(山茶花)の黄色いシベ(蕊)は、広がりがち。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺 だいさぎ)-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆大きな白鷺のダイサギ(大鷺)は、
   暑かったりすると、水面すれすれまでしずみ、
   水面に浮いているようになります。
     クチバシ(嘴)が黄色で白い羽根なので、
   遠くからみるとアヒル(家鴨)のようにみえます。
   ★アヒル(家鴨)は、【野生】のマガモを、
   〔家畜(かちく)のように、家禽(かきん)〕
   とした、黄色いクチバシ(嘴)の白い鳥です。
   アヒル(家鴨)は、家禽なので、飛べません。
     飛べないように、改良されたわけですから。
   ☆陽ざしが強く暑いくらいの冬の午後、
   ダイサギ(大鷺)は、じゅうぶんに水につかったあとは、
   長い足をのばして、杭の上で羽根を乾かします。
   翼を天日干し(てんぴぼし)。
    風にはらむダイサギ(大鷺)の羽根は、
   ダンサーの白いドレスのようで優雅です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺)-2 杭の上で羽づくろい
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆別の日、ダイサギ(大鷺)が、杭の上で日なたぼっこ↓
   長い首を「S」のようにまげ、長い足もまげています。
    杭の向こうに、キンクロハジロ(金黒羽白)↓がいます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺)-3 杭の上で日なたぼっこ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆繁茂した睡蓮の葉を刈りとった池。
   汚泥(ドロ)が堆積した池の底に足をつけ、
   ダイサギ(大鷺)がゆっくりと歩いています。
     静かに動きながら魚をねらい、首を伸縮させ、
   漁(りょう)をしています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ダイサギ(大鷺)-4 池の深みへ足をつけ漁をする
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎サザンカ(山茶花)-4 薄紅 八重
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ☆透けるような薄紅色の、
   八重(やえ)サザンカ(山茶花)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アオサギ(青鷺 あおさぎ)-1 足でクチバシ(嘴)みがく
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆サギ(鷺)類で一番大きいのは、アオサギ(青鷺)。
   大きなからだ(体)をうまくまげながら小さくなって、
   木陰で居眠りしています。
    青い羽根が迷彩色になり、長い首は羽根の中で、
   長い足もまげているので、
   風景の一部のようにとけこんでいます。
     (あのへんがどうも、あやしい~~)
   とカメラをむけて観察していると、動きだしました。
     まず、首を羽根から出す。でもまげたまま。
   そして、なんと! 
   片足立ちになると、もうひとつの足で、
   クチバシ(嘴)をかきはじめます。みがくというか・・・
   羽根につっこんでいたクチバシ(嘴)なので、
   お化粧(?)しているのかもしれません。
    漁(りょう)をするのに大切なクチバシ(嘴)は、
   鋭敏にたもつ必要があるのでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アオサギ(青鷺)-2 片翼をのばす
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆足でクチバシ(嘴)みがいたあとは、
   両足をつけます。
   次に、目を見開き、たたんでいた翼を、
   片翼だけのばし、ストレッチ。
    狭い空間(スペース) なので、
   いっぺんに、両方の翼はのばせないですし。
     ふたつの翼をストレッチしたら、
   飛ぶのか! と期待していたら、
   ・・・また、首をまげて眠りはじめました。
   つきあいきれない((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎サザンカ(山茶花)-5 薄紅 八重 多重
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆花びらが十重二十重(とえはたえ)に重なる、
   薄いピンクのサザンカ(山茶花)。
     フリフリ・スカートのドレスのようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎セキレイ(鶺鴒 せきれい)-1 川で 4態
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆川などの水べで、すばやく動き
   長めのシッポ(尻尾)を激しく上下する、
   セキレイ(鶺鴒 せきれい)。   
   水べだけでなく、畑や、さら地、駐車場などにも、
   出没して、とことこ歩いています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎セキレイ(鶺鴒)-2 畑で
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎サザンカ(山茶花)-6 白 八重 多重
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆サザンカ(山茶花)にはみえないくらい、
   白い花びらが多重に広がる、生け垣の花。
      白薔薇(しろばら)のイメージです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルガモ(軽鴨 かるがも) 集団で上陸
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆木枯らし(こがらし)が激しくふいた翌日。
   公園には、風にふきちぎられた小枝や葉っぱ
   ドングリ(団栗)など、木の実がたくさん落ちています。
     さくさくと落ち葉をふんで歩いていると、
   ざっざっ、ザバーッとカルガモ(軽鴨)たちが、
   池から集団で上陸し、集団で飛び上がり、
   丘の枯れ葉の上に着地。
   ・・・? なんなんだ? この騒ぎは?
   子どもたちや散歩の犬たちも驚いています。
    周囲をみまわす見張り役のカルガモ(軽鴨)以外は
   枯れ葉の下に、首をつっこんでいます。
   そこに青い草は、ない。ドロ土だけ。
   ・・・落ちたドングリ(団栗)を食べている?!
     そういえば、オシドリ(鴛鴦)の好物は、ドングリ。
   カルガモ(軽鴨)も、ドングリを食べるのか‥‥
    遅れて1羽のカルガモ(軽鴨)が飛来し、着地すると、
   いっせいに、カルガモ(軽鴨)集団は飛びたち、池へ。
   きょとんとした1羽のカルガモ(軽鴨)だけが残されました。
   
   ほとんどのカルガモ(軽鴨)がいなくなったので、
   わたしも散歩コースへ歩きだすと、
   マガモ(真鴨 まがも)も、1羽、上陸しています。
   エクリプスがすみ、緑の頭部になったマガモ(真鴨)です。
     ほかのカルガモ(軽鴨)数羽といっしょに、
   枯れ葉がいっぱいの丘をのぼり、
   落ちたドングリ(団栗)を食べていました。↓
   マガモ(真鴨)も、ドングリ(団栗)を食べるのか‥‥
   カルガモ(軽鴨)たちに教わった?
   味覚という[食文化の伝承]のようです((笑))
   ※〔エクリプスとは、換羽して、メス♀のような地味な姿になった
   オス♂のカモ(鴨)〕
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎マガモ(真鴨 まがも)上陸  ドングリ(団栗)を食べる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白ツバキ(椿)のシベ(蕊)にハチ(蜂)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白いツバキ(椿)の黄色いシベ(蕊)に、
   黄と茶の縞模様のハチ(蜂)がとまって、
   蜜をすっています。
    暖かい午後でしたが、真冬の時季にも、
   小さなハチ(蜂)が元気に飛んでいるとは、
   あまり知られていないのではないでしょうか。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎キンクロハジロ(金黒羽白)冬の渡り鳥
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆冬の風にのり飛んできた渡り鳥、
   キンクロハジロ(金黒羽白 きんくろはじろ)。
     眼光するどい金目(きんめ)に、
   ちょんまげのような頭部、
   オス♂は、白い羽根の腹部が特徴。
     このキンクロハジロ(金黒羽白)は、
   目をつむりお休み中。ちょんまげは、
       見あたりません。  まだ若いから?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白椿(しろつばき) わび助
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆カップ(筒)状にひらく、白椿(しろつばき)。
   たぶん、[侘び助(わびすけ)]でしょう。
    花びらもすくなく、大きくひらかない、
   地味な白椿(しろつばき)なので、
   【侘びしい(わびしい)】とか、
   【寂びしい(さびしい)】とも感じる花。
      《そこが、魅力的。いい…》
   と感じる感性(センス)もあります。
      いわゆる【わび・さび】文化です。
   派手でゴージャス(豪華)では、ない。
   だからこそ、魅力的…という感性(センス)。
    お茶の道、茶道の[茶花]として、
   [わび助]は、好まれてきたようです。
   大輪のカトレアやバラ(薔薇)、ボタン(牡丹)を
   好むかたには《どこがいいのかわからない》
   【わび・さび】文化。
     どちらが、いいわるいとか、上とか下ではなく、
   それぞれのよさが、あると、わたしは思います。
     《氣》が多いのでしょう((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆風で雲が吹きちぎられ、天が高く、空が青い。
   陽ざしも強く、晴れているけれど、寒い日。
    こうゆう日は、風に乗って、北からやってきた
   渡り鳥たちが池にふえています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紅椿(べにつばき)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ツバキ(椿 つばき)のシベ(蕊)は、
   並んでたち円還して筒状になっています。
     その【構造】のポイントをつかんだ
   「楊枝立て」が、あります。
     陶器で紅椿と緑の葉をつくり、
   まん中をくりぬいて、爪楊枝(つまようじ)を入れる。
   細い楊枝は、椿のシベ(蕊)の見立てです。
     便利で、気が利いたおみやげ品でした。
   ♪♪ 椿 さく 春なのに あなたは帰らない ♪
                   『釜山港(プサンハン)へ帰れ』
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆いろいろな〔かたち〕の雲が混じった空。
   風が強く、寒い日です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎黄水仙(きずいせん) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆英語を習いたての中学生のころ、
   ♪♪七つの水仙 "Seven Daffodils"♪
               (ブラザーズ・フォー)
   という歌が流行し、
   英語でおぼえたことがあります。
     訳は、水仙でも、下の写真のような↓
   「日本水仙(和水仙)」ではなく、
   " Daffodil"は、ラッパ水仙でした。
    上の写真のような黄水仙ではなく、
   まん中が黄色で、花びらが白のラッパ水仙…
   のように思います。
    でも、どんな水仙でも、いいような《氣》もします。
   ♪僕は君に、七つの水仙をあげよう♪
      と歌っているのですから。
   そのこころ(心)をいただきましょう(ハート)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎スイセン(水仙) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆野外の水べで元気に咲いていた、スイセン(水仙)。
   まん中の花冠が黄色で、花びらが白6枚。
      和水仙とか、日本水仙ともよびますが、
   野生で、日本の海岸に健気(けなげ)に咲いています。
    冬の突風や潮風にめげず、芳香をはなっています。
   ★湘南・江ノ島の海ぞいの崖(がけ)で咲いていたのは、
   この[瞑想フォト・エッセイ]で掲載しました。
     伊豆・爪木崎の突端の群生など、
   冬の寒さに負けず、輝くように咲いていたのが、
   今でも、目に浮かびます。
   野生のいのち(命)の力を感じる花です。
   (→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法
    ◎『たけくらべ』樋口一葉 で、
   蓮如が、みどりへ別れのしるしに、
   陰(かげ)ながら そっとおいていく花は、
   この水仙を手づくりした造花でした。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎下から上に吹き上げる、噴水(▽)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆「水は、低きに流れる」
   それが、[自然]の理(ことわり)。
     けれども、あえて、ひとは、[水を下から上へ]
   噴き上げようとする。
     自分の湧いてくる想いや思い、願いや夢を、
   空間(スペース) へ放出するように・・・。
   それが、噴水の〔かたち〕。
     下から上に吹き上げる、噴水(▽)は、
   水で、逆三角形(▽)を
   空間(スペース) につくっています。
   噴き上げる水の〔かたち〕が水面にうつり
   上下に三角形がみえます。
   上は下向き三角形(▽)、
   下は上向き三角形(△)。
   上下の三角形をつなぐように、
   水しぶきが丸く、弧(◎)をえがきます。
   水と《光》の芸術…ともいえる光景。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆入道雲(にゅうどうぐも)は、夏だけではなく、
   冬にも、巨大な入道雲。
   大入道が寝ているようです。
    戦艦にもみえる大きな白い雲が、
   晴れた冬の空に居座っています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤い実 万両(まんりょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆[お正月の縁起物(えんぎもの)]として飾られる
   おめでたい“言葉”の赤い実[万両(まんりょう)]。
   10両を盗んだら、首がとぶ死刑・・・の時代の1万両。
   ☆赤い実の[万両]は、サクランボ(桜桃 さくらんぼ)
   のように緑の葉の【下】に、みのります。
      ヒヨドリ(鵯 ひよどり)が[万両]を大好きで、
   攻防戦が大変でした。ネットをかけたり…。
     白い花から、碧玉(へきぎょく)の時代をへて、
   せっかく、赤い実にまで育てあげた、
   うちの鉢植えの数少ない果実…。
   暮れのうちに食べられては、たまりませんから。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-4
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆放射状の雲と、うろこ雲(鱗ぐも)。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤い実 千両(せんりょう)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆赤い実の[万両]より、小粒で数の多いのが、
   赤い実の千両(せんりょう)。
   緑の葉の【上】に、小さい実がたくさんみのります。
   赤だけでなく、橙色(オレンジ色)や黄色もあります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-5
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆白い煙(けむり)のような雲の下には、
   2本の飛行機雲が平行線。
   *---*---*---*---* 
   ●小寒(しょうかん) 1月05日
     小寒は24節気のひとつで
   「寒さも本格的になり、雪もふる時季。
   小寒から寒の入り(かんのいり)。
   寒の内(かんのうち)は、小寒から節分まで約1ヶ月間」
   
   ●大寒(だいかん) 1月20日
     大寒 は、24節気のひとつで
   「雪もふるような、一年で一番寒い時季」です。
   
   *-------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽、鷺、鴛鴦、猫の瞑想=観想》
   としても、みてください。
   以下に、53枚の順をかきます。
   *************************** 
   《★花と緑と翼あるもの、雲と夕陽、鷺、鴛鴦、猫の瞑想=観想》
   
   #1☆オシドリ(鴛鴦)オス♂2羽 迎春 とり(酉)年
   #2☆黄色とピンクの絞り模様のバラ(薔薇) 花籠(はなかご)
   #3☆オシドリ(鴛鴦)2 オス♂ 正面
   #4☆オシドリ(鴛鴦)3 横 オス♂とメス♀
   #5☆オシドリ(鴛鴦)4 後 オス♂とメス♀ 
   #6☆サザンカ(山茶花 さざんか)-1 紅
   #7☆コサギ(小鷺)1 樹上に飛来
   #8☆コサギ(小鷺)2 樹上で休息
   #9☆サザンカ(山茶花)2 紅
   #10☆コサギ(小鷺) 3  川へ飛来
   #11☆コサギ(小鷺) 4   川を歩く
   #12☆コサギ(小鷺) 5  川で漁をする
   #13☆コサギ(小鷺) 6  後ろ姿 川を歩く
   #14☆サザンカ(山茶花)3 紅 八重
   #15☆ダイサギ(大鷺 だいさぎ)-1 水上に浮く
   #16☆ダイサギ(大鷺)2 杭の上で羽づくろい 
   #17☆ダイサギ(大鷺)3 杭の上で日なたぼっこ 
   #18☆ダイサギ(大鷺)4 池の深みへ足をつけ漁をする
   #19☆サザンカ(山茶花-4 薄紅 八重 
   #20☆アオサギ(青鷺 あおさぎ)1 足でクチバシみがく
   #21☆アオサギ(青鷺)2 片翼をのばす
   #22☆サザンカ(山茶花)5 薄紅 八重 多重
   #23☆セキレイ(鶺鴒 せきれい)1 川で 4態
   #24☆セキレイ(鶺鴒)2 畑で
   #25☆サザンカ(山茶花)6 白 八重 多重
   #26☆カルガモ(軽鴨 かるがも) 集団で上陸
   #27☆マガモ(真鴨 まがも)上陸 ドングリ(団栗)を食べる
   #28☆白ツバキ(椿)のシベ(蕊)にハチ(蜂)
   #29☆キンクロハジロ(金黒羽白)冬の渡り鳥
   #30☆白椿(しろつばき) わび助
   #31☆冬の雲-1
   #32☆紅椿(べにつばき)
   #33☆冬の雲-2
   #34☆黄水仙(きずいせん) 
   #35☆スイセン(水仙)
   #36☆下から上に吹き上げる、噴水(▽)
   #37☆冬の雲-3
   #38☆赤い実 万両(まんりょう)
   #39☆冬の雲-4
   #40☆赤い実 千両(せんりょう)
   #41☆冬の雲-5
   #42☆夕陽が海にしずむ
   #43☆三日月(みかづき)
   #44☆上弦の半月 
   #45☆十日月(とおかづき)
   #46☆ 満月Full Moon望 十五夜(じゅうごや)
   #47☆白い花 キク(菊)科 
   #48☆冬の雲-6
   #49☆赤い実クチナシ 実をつける一重咲きの花
   #50☆ふっくらした、茶に白のハチワレ猫
   #51☆さり気なく、そっぽをむく精悍な黒猫
   #52☆距離のある、茶白と黒
   #53☆にじりよる・・・黒猫、イカ耳で緊張
   *-------*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、
   ふんわりと観てください。
   
   眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎夕陽が海にしずむ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆あざやかな黄金のような夕陽が、
   空を茜色(あかねいろ)の夕焼けにそめながら、
   太平洋の海にしずんでいきます。
   
   「海に とろける太陽」( A・ランボー )
   
   風が強い日だったので、
   あたたかいお店に入って呑みながら、
   
   「海と つがった太陽」( A・ランボー )
   
   の推移を窓べで堪能しました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎三日月(みかづき)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★沈む夕陽↑の次は
   満ち欠けする月の姿をお見せします↓
     三日月→上弦の半月→十日月
                  →十五夜(満月)の順です。
   ◎先月、2016年12月は、
   三日月と金星(ビーナス)が接近して輝き、
   夕暮れの西空に綺麗でした。
    宵の明星(よいのみょうじょう)=金星と
   三日月のツーショットは、撮影できました。
   が、あまりに金星が小さく、左がわにぽつんと
   点(ドット)のようにみえるだけ・・・
   このページへのアップは断念しました。
   お見せしたかったけれど、あしからずご了承ください。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎上弦の半月
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★先月、2016年12月は、上弦の半月を、
   西新宿で撮影できました。
   夜クラスの前に、ビルのあいだから撮影。
     人工の《光》が眩い(まばゆい)西新宿ですが、
   月はくっきり見えました。
     南新宿のイルミネーションは、
   「サクラ」を想起させるベビーピンクで、かわいく綺麗です。
   透明なピンクの《光》の花びらが多重的に模様をつくります。
   2月14日(火)まで見られるようなので、おすすめ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎十日月(とおかづき)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★上弦から満月にむかい、太っていく月。
   十日月(とおかづき)という“言葉”もあります。
   ☆日本ではむかしから[五十日(ごとうび)]に
   決済を行う企業が多いようです。
   [五十日]は、毎月5日・10日・15日・20日・25日と、
   30日または月末日。
   関西などでは「ごとび」というそうで、
   支払いなどの期限につかわれていたようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎満月Full Moon望 十五夜(じゅうごや)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★2016年12月14日の満月は、東の空で煌々と輝き、
   ずいぶん大きく見えました。
   それもそのはず11月14日の[スーパームーン 満月]と
   ほとんど同じ大きさと明るさ、輝きだったそうです。
   11月14日の[スーパームーン満月]は曇りで
   見られなかったので、
   暮れの12月14日の満月は、うれしく観賞し、
   パワーをもらいました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白い花 キク(菊)科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆黄色い満月のような筒状花を白い花びらがかこむ
   キク(菊)科の白い花。
    寒い冬の日でも、艶やかに元気に咲いています。
   ふわふわと、なにかが
   花によってきている・・・と思ったら、
   千手観音のようなトリバガ(鳥羽蛾 とりばが)。
   http://www.bigme.jp/00-09-11/09-11-1/09-11-1.htm
   残念ながら、今回は暗くて、うまく撮影できません…
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲-6
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆魚の骨を逆さにしたような、枯れ木が並ぶ
   いかにも、冬木立(ふゆこだち)という風景。
    骨にささる、白く大きな雲。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎赤い実 クチナシ(梔子) 実をつける一重咲きの花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆細長い、橙色(オレンジ色)の実がなっています。
   クチナシ(梔子 くちなし)の実です。
   お正月の[きんとん(金団)]などの色づけに使います。
   草木染めでも、黄色の発色がほしいときに使用。
   ★クチナシ(梔子)の花には、一重と八重咲きがあり、
   実をつけるのは一重咲きだけです。
   ♪♪ くちなしの白い花  おまえのような花だった♪
                『くちなしの花』
   おまえのような花…とは、一重? 八重?
   ・・・それぞれ、お好みで((笑))
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
       ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ◎元日は、よい日和(ひより)で、
   太陽が輝き、おだやかな1年のスタートです。
   夕方には、蒼い西空に細い三日月が綺麗でした。
   お元気ですか?
   ◎日曜日が元日で仕事はじめが早いかたもいることでしょう。
   【リラックスと緊張のバランス】をじょうずにとり、
   体調を整えて、いきましょう。
   ★7日(土曜)が七草(ななくさ)。
   七草粥を食べると「無病息災(むびょうそくさい)」
   になると伝えられています。
   「七草」をかゆ(粥)に入れて
   「七草粥(ななくさがゆ)」として食べるのが伝統です。
   暮れから正月の高カロリーのごちそうで疲れた胃腸を整える、
   [生活の知恵]でもあります。
   ★「正月太り」をふくめた消化吸収などの不調を整えるために、
   早めに「七草粥もどき」で【三草粥】を食べるのもおすすめです。
   冬は、緑の葉もの野菜が少ないので、
   七草の葉をきざんで入れた七草粥は、
   ビタミンCなどの補給や、食物繊維による腸壁のそうじなど、
   体のケアにはよい風習でしょう。
   ◎七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、
   ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
   (→セリは、芹。ナズナは、「ペンペン草」。
   ゴギョウは、キク(菊)科の母子草。 
   ハコベラは、ナデシコ科の繁縷(ハコベラ)。
   ホトケノザは、キク科の仏の座。
   スズナは、カブ(蕪)の葉。
   スズシロは、ダイコン(大根)の葉。
   ★→セリ、スズナ、スズシロくらいなら、ス-パ-でそろい、
   【三草粥】という「七草粥もどき」ができるし、
   効果もあるので、おすすめです。 
      ポイントは、大根もカブ(蕪)も[葉っぱ]です。
   ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   ☆さらに、体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
   【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
   という温度差(グラデーション)が、
   ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
   いろいろなことが楽しく、うまくいきます。
   
   すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
   元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。
   
   ☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
   「冷-暖-熱」の瞑想を
   身につけましょう。
   
   ☆「冷-暖-熱」の練習には以下をどうぞ。
   
   DVD「ヨガの呼吸法」上下 内藤景代・出演
   ◎〔呼吸体操と呼吸法〕は、
   内藤景代・出演DVD『呼吸法 上下』をどうぞ
   
   毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ」 オフィスでもお部屋でも 
   体とこころのお悩み解決 内藤景代・著 ◎2色の図解
   →『毎日をハッピーに変える3分間ヨガ』こちらへ
       ◎ 本『ヨガと冥想』内藤景代・著 
   ◎DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』
  * ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: *
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その96
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ふっくらした、茶に白のハチワレ猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆寒い日、歩道の長い敷石に身を寄せる
   ふっくらした、茶に白のハチワレ猫がいました。
     寒さをしのぐため、まん丸くなった
   [ふくら雀(すずめ)]のような、ふくら猫((笑))
      おだやかな顔つきですが、
   どことなく緊張感がたちのぼります。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎さり気なく、そっぽをむく精悍な黒猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆気配の先をたどると、
   なにやら黒いかたまりが長い敷石の上にあります。
     ・・・? よくみると、
   ほこりがちらほらついている、
   精悍な金目(きんめ)の黒猫がいます。
     黒猫は、こちらの視線を感じると、
   きちんと前足をそろえ、お座りしたまま
   さり気なく、そっぽをむきます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎距離のある、茶白と黒
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ふくら猫からのまっすぐな視線を感じながらも
   青く太いポールを背にして、
   目をそらして座る、黒猫。
     茶白と黒の距離感・・・
   2匹の猫のあいだには、
   細く青いポールが縦(|)に、2本。
     この距離感は、どうなるのかな?
   〔変化〕するのか?
   興味しんしん・・・・ひまですね((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎にじりよる・・・黒猫、イカ耳で緊張
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆2匹とも、人間に見られているのを意識しています。
    (人間の)第3者の視線を感じたまま、
   じわ~じわ~と、さり気なくにじりよる黒猫。
    黒猫の耳は、ねかせたイカ耳で、緊張をあらわす。
   猫パンチで、ひっぱたかれる危機にも対応できる姿勢。
   黒猫の長いシッポ(尻尾)は、敷石の下にたれています。
     ついに縦(|)の細く青いポールまで近づく、黒猫。
   姿勢きちんとで、両足そろえ、イカ耳の黒猫。
   目は伏し目・・・でも金目が光る。
   ・・・さて、これからどうなりますか?
   どういう“もの“がたりが展開するのでしょう?
     見ていても、距離はそのままで、動かない。
   猫(ネコ)たちには時間がたっぷりあるようで、
   悠揚(ゆうよう)せまらず・・・
   こちら、人間にはタイムリミットがあるので、退散。
   猫2匹“もの“がたりは、いかがなりましたでしょうか?
    結末はいくつもあるでしょう。
   想像してみてください。
      ♪♪イマジン(想像しよう)♪
   それが、瞑想(冥想)のはじまりでもありますから。
    〔猫の瞑想〕をどうぞ((笑))。
      *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」1月号を
   アップしました。
        http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm  
   
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 42」 花
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」爪をだし、なにをねらう?
   ●美樹さんは「愛亀のキスケ」21才! 正面は仮面レスラーでにら
   みをきかし、横向きは、目をほそめて、かわいい。
   ●Kayokoさんは「100年以上稼働を続ける港湾 世界文化遺産三池港」
   ●yosihiroさんは 「イルミネーション-2」松本城 
   ●mariko さんは「うちの猫」 爪をかくし、前へ手をのばす
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】07 「橋」 
   ●Ryoさんは「登りレール」 
   ●健治さんは「私の居場所」 定点観測-7  
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 68「魂の座への回帰」
    *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ◎※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
      「魂の座への回帰 」
   #######################
   2017年1月1日 
      和之さん   
              景代(あきよ) 拝
   
   言葉にしてくれて、ありがとうございます。
   
   とても大切なものなので、
   大事にして、おもてに“言葉”としてあまり出さない〃もの〃。
   
   恥ずかしくて、照れくさいので、あまり使わない“言葉”。
   
   《愛》について、わたしが思うことを、
   長い年月のいろいろな表現から、
   すくいあげてくださり、
   断片をまとめて〔かたち〕にしてくれて、
   うれしいです。
   
   たましい(魂)が喜んでいます。
   
   胸の芯(しん)からあったかくなりました。
   
   こころ(心)から感謝します。
      
   ☆わたしも、和之さんのように、
         「あなたのことはよくわからない」
   と面とむかって言われることがよくあります。
      たとえば、和之さんの好きな
   『冥想 こころを旅する本 マインド・トリップ』
   の本を、学生時代の友人に贈り、
   「1行目から、なにをいっているのか、わからない」
    といわれ、愕然とし・・・納得したこともあります。
   とても知的で頭のよいひとなので、驚きましたが、
   (やっぱり、そうか…)とも感じていました。
      日本語の“言葉”でかいてあれば、
   すべて[理解できる]はず、
   と賢いかたは信じていらっしゃるけれど、
      【通じない】
   のですよね。哀しいことに。
     あなたの上司のかたのように
   [理解できる]はずと、歩みよってくださっても、
   溝(みぞ)は深淵のように深い(|)・・・・・
   横(―)に手をのばせばふれられる距離感なのに・・・・・。
   その【もどかしさ】は、おたがいに感じているのでしょう。
     なんで、 【通じない】?
   ・・・やるせない~~~~です。
   だから、わたしは本を書き続けるのでしょう。
      今も、書いていますが、
   【通じない】ひとに書いているような《氣》もします。
      しょうがないのかな…と孤独を感じ、
   あきよ(景代)の独自路線を
               「犀のように、ひとり、歩むしかない」
   と思っている2016年の[年の瀬]でした。
   それなので。。。かずすくない理解者の
        。。。かずゆきさんの“言葉”は、
   とても、こころ(心)にしみました。
     ちから(力)をもらいました。感謝(ハート)
   
   ・・・そう感じる、この「NAYヨガスクール体験記」
   の読者たちも多いのではないでしょうか。
   
   新しい年が明けた今・ここで、
   【ひとりじゃない】   と深く感じます。
      今年もよろしくお願いします。合掌
  ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2017年1月29日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
         **************************************

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/01
部数 545部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年3月現在8800人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング