内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2016年12月03日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
     2016年12月2日(金)
    ◎過ぎ去る時間だけでなく、降り積もる時間、円還する時間など、
   年の瀬はいくつもの時間が多層的に交差して、時間に追われがちで
   す。それぞれの時間の違いを感じて、楽しみながら《光》にあふれ
   た今の時季を悠々とすごしましょう。「カラスウリ(烏瓜)のリース
   ・ゴールドアレンジ」や「3つの時間ヤントラ」を瞑想用にどうぞ。
   色彩豊かに黄色から赤・ピンクに変わるランタナ七変化の花 。赤い
   葉が花にみえるポインセチアは、原始的で不思議な花です。ゴイサ
   ギ(五位鷺)の幼鳥ホシゴイ(星五位)や、豹紋や三筋の蝶、ハチ
   (蜂)の形態模写をするめずらしいガ(蛾)【ホシホウジャク(星蜂雀)
   動画】など44枚の写真をお楽しみください。冬の赤いバラ(薔薇)
   だけでなく、厳しい寒さの時季に生きものたちが工夫してる[健気な
   野生の思考的な知恵]には驚かされます。【二重(ダブル)イメージ】
   でわが身にひきよせ感じると「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」
   が深いところから湧いてきます 。《★花と緑と翼あるもの、雲と《
   光》、鷺、蝶、猫の瞑想=観想★ 》としてもどうぞ。
    
         --------*----------*---------*----------*
  
   上弦 12月07日 満月  12月14日下弦 12月21日 新月 12月29日 ・今
   月の異名(いみょう)は師走(しわす) 
   ・24節気  大雪(たいせつ) 12月07日 冬至 (とうじ)12月21日
    
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★今月のピックアップ写真
   ***************************
   ★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
    →→●内藤景代のレッスン ご案内 
                 ★  12月  ☆2017年new★ 1月
   
   ★今月 12月18日(日曜 )内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★new2017年1月29日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
     2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   
   ★new2017年2月26日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
    2:30~5:30 (開場:2:15) マイスタジオ 6階・6B
   ***************************
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎「カラスウリ(烏瓜)のリース・ゴールドアレンジ」内藤景代・作
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ◎クリスマスのイルミネーションが輝く時季です。
   [内藤景代の瞑想フォト・エッセイ]の読者のかたへ、
   季節のご挨拶カードのかわりに
   「カラスウリ(烏瓜)のリース・ゴールドアレンジ」
   (内藤景代・作)をつくりました。
   
   濃いオレンジ色のカラスウリ(烏瓜)の果実は、
   白いレースのようなカラスウリ(烏瓜)の花がみのったものです。
   松ぼっくりといっしょにリースにしました。
   
   その実物のリースを黄金の星などで、画像処理し、
   華やいだ気分と透明感がある波動が伝わることを願って、
   ゴールドアレンジしました。
   
   よろしければ、瞑想(冥想)用カードとしてもどうぞ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ イルミネーション-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆最近は、青い《光》のLEDライトで飾られた
   イルミネーションが多いようです。
   樹木にからめたりするときに、植物を痛めないとか、
   コスパ(コストパフォーマンスの略)が高く経済的とか、
   いろいろと理由があるようです。
   
   青い《光》は綺麗で、見ためがひんやりクールです。
   とはいえ、そればかりでは、寒々(さむざむ)します。
   
   ☆LEDライトではない頃のイルミネーションは、
   あったかい橙色(だいだい色=オレンジ色)系が多いです。
   
   それで、橙色(オレンジ色)の照明を蔵出ししました。
   4枚とも、いつかどこかで、みたイメージの
   なつかしいイルミネーションではありませんか?
   
   ◎人間国宝の歌舞伎女形、坂東玉三郎さんは、
   「楽屋のLEDライトをやめたら、目の病気が平癒した」
   と、公式サイトでかいていらっしゃいました。
   
   この世のすべてを青い《光》のLEDライトにする法律が、
   できそうでしたが、中止になったようです。
   蛍光灯も白熱電球も、使える自由は残していたいものです。
   《光》は波動なので、生きものに影響を多大にあたえますから。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イルミネーション-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イルミネーション-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎イルミネーション-4 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ クリスマス・ホーリー 別名:セイヨウヒイラギ(西洋柊)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ヒイラギ(柊 ひいらぎ)より大きい
   赤い実がなる、セイヨウヒイラギ(西洋柊)。
   別名をクリスマス・ホーリー。 モチノキ科 。
    葉も赤い実も大きいので、リースに使われます。
     
   ◎日本にむかしからある、
   ヒイラギ(柊 ひいらぎ)は、モクセイ(木犀)科。
    名の由来は、
   葉っぱの縁(ふち)にたくさんあるトゲ(刺)にさわると
   ヒリヒリと痛むので
   「ヒリヒリと痛む」をあらわす古語の
   「疼(ひひら)く・疼(ひいら)ぐ」の連用形である
   「疼(ひひら)き・疼(ひいら)ぎ」と名詞化したそうです。
   
   ヒイラギ(柊 ひいらぎ)の白い花と、
   トゲトゲの葉の写真と【二重(ダブル)イメージ】のお話こちらへ
   http://www.bigme.jp/000-00-02-12/02-12-17/02-12-17.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 冬の雲 -1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-1 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆冬でもバラ(薔薇 ばら)の花は、
   青空にむかって、元気に咲いています。↑↓
   
   5月頃に咲くバラ(薔薇 ばら)よりも、
   花びらの数が少なく、トゲ(刺)は大きいようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-3
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-4
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬の雲 -2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎キチョウ(黄蝶)と百日草(ヒャクニチソウ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆チョウ(蝶)には、春のチョウ(蝶)と、
   秋のチョウ(蝶)があるようです。
     なぜか、わたしは、春のチョウ(蝶)は撮影しにくく、
   秋のチョウ(蝶)は、撮影しやすいです。
   動きをとらえやすいのです。
   [あきの蝶]は[あきよ]だから撮影しやすい?((笑))
   ☆黄色に黒い斑点(ドット)のある、キチョウ(黄蝶)。
   百日草(ヒャクニチソウ)の中央にある、
   筒状花(管状花)の蜜をすっています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎キチョウ(黄蝶)とコセンダングサ(小栴檀草)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆筒状花(管状花)だけのコセンダングサ(小栴檀草)。
   キチョウ(黄蝶)が、ほとんど動かないのは、
   小さな花の蜜を順番にすっているからでしょう。
     離れて咲いている、花から花へ飛ばなくても
   1カ所で、たくさんの花から蜜をすえるので、
   チョウ(蝶)としては、筒状花は効率的なのでしょう。
    コスパ(コストパフォーマンスの略)が高く、
   秋のチョウ(蝶)にとっては、【お得】?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋) 蝶々 メス♀
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆黄橙色に黒の斑点(ドット)のヒョウモン(豹紋)蝶々。
   メス♀は、羽根の先端に、黒地に白の斑点(ドット)があります。 
    それで、[妻(♀)は黒地に白の斑点(ドット)]あり
   という意味で名づけられた、
   ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋 つまぐろひょうもん)。 
    メス♀のツマグロヒョウモン(妻黒豹紋)が、
   ピンクのヒャクニチソウ(百日草) ジニア・エレガンス 
   の黄色い筒状花(管状花)の蜜をすっています。↑
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋) 蝶々 オス♂
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋 つまぐろひょうもん) の
   オス♂が、羽根を開いて、白い小菊の蜜をすっています。
   
   ☆今年は、オス♂のツマグロヒョウモン(妻黒豹紋) 蝶々
   をみると、♪PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)♪の
   ピコ太郎氏を思いだします。
    豹紋(ヒョウモン)柄のファッションで、
   [大仏の螺髪(らほつ)のようなパンチパーマ]の
   ピコ太郎氏の歌とダンスを
   [トランプ次期アメリカ大統領]の幼い孫娘が歌い踊る姿を、
   You Tubeでみました。
   ・・・世の中、変わったというか、〔変化〕がすごいです・・・。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ホシホウジャク(星蜂雀)ハチ(蜂)の形態模写→野生の思考
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆花壇で撮影しているとき、
   ハチ(蜂)が向かってきたのかと思い、
   反射的によけ、よくみると、
   逢いたかった[ホシホウジャク(星蜂雀)]でした。
     動きが速いので、撮影がむづかしいですが、
   口吻をのばして、ヒャクニチソウ(百日草)
   の蜜をすっている姿を、なんとか、とれました。
   上の写真です。↑
   ☆ホシホウジャク(星蜂雀)は、チョウ目(鱗翅目)で、
   ハチ(蜂)のような動きをする、スズメガ(雀蛾) 科のガ(蛾)。
   不思議な、ガ(蛾)なので、ディープなファンも多いです。
    羽根を閉じてとまっていると、ふつうのガ(蛾)ですが、
   飛び回ると、完全に、ハチ(蜂)の動きです。
   [ハチ(蜂)の形態模写]としかいえません。
     【動的な擬態(ぎたい)】ともいえる、
   飛び方と、縞模様の色。→「野生の思考」
   ハチ(蜂)のような
   [ヘンなガ(蛾)、スズメガ ホウジャク(蜂雀)]です。
   その[ハチ(蜂)の形態模写]的な動きを、動画でご覧ください。
   You Tubeにアップしましたので以下をどうぞ。↓
   【ホシホウジャク(星蜂雀)の動画】
   https://www.youtube.com/watch?v=oXhqLq4opWc
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ハチ(蜂)と百日草(ヒャクニチソウ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆上には、スズメガ(雀蛾)のホシホウジャク(星蜂雀) を
   掲載しましたが、今度は、ほんもののハチ(蜂)です。
    どちらも、百日草(ヒャクニチソウ)の蜜を求めています。
   同じ場所に、どちらもいるので、まちがいやすいです。
   それが、ホシホウジャク(星蜂雀)の「野生の思考」的な戦略でしょ
   う。
   ☆黄橙色に黒の横縞(―)もようのハチ(蜂)が、
   飛んできて、透明な羽根をひろげ、
   あたまをつっこむように、花に埋もれています。
   ハチ(蜂)は、じっと動かずに、
   百日草(ヒャクニチソウ)の黄色い筒状花の蜜を
   すっています。↑
    百日咲き続けるといわれる百日草の筒状花(管状花)、
   花の少ない時季に、ハチ(蜂)やガ(蛾)、チョウ(蝶)に大人気です。
     入れかわり立ちかわり、羽根のある生きものたちが飛んできます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎セセリチョウ(蝶)の長い口吻  百日草(ヒャクニチソウ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎セセリチョウ(蝶)の長い口吻 →「野生の思考」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆小さな茶色のセセリチョウ(蝶)が花の上にのり
   長い口吻(こうふん)をのばし、
   百日草(ヒャクニチソウ)の蜜をすっています。
    長くたれたストローのように、
   口吻が百日草の小花(筒状花)を移動するので、
   離れた花から花へ飛び回って動かなくてすみます。
   (→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法
    黒い大きな目で、じっとしているセセリチョウ(蝶)。
   口吻からの蜜をすって、うっとりしているようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎トンボ (蜻蛉)が、花にとまる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆トンボ (蜻蛉)が、百日草の花にとまっています。
   水べの近くにあるからでしょうか。
    外側の細い花びらのほうをつかんで、
   じっと、こちらを大きな目でみつめています。
    そういえば、記憶のイメージをたどると、
   [トンボ (蜻蛉)と花]のツーショットは、
   水べの大きな花たちといっしょです。
    スイレン(睡蓮 すいれん)とか、ハス(蓮 はす)の花です。
   その写真は、この[瞑想フォト・エッセイ]にも掲載しました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎口吻をのばし蜜を吸う、ガ(蛾) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆黄橙色のマリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)に、
   グレイ(灰色)のガ(蛾)が、とまり、
   顔のまん中から口吻をのばし、
   蜜をすっています。
     こちらをみているような気もしますが・・・。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆黄色に濃い橙色(オレンジ色)が混じった、
   マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)。
   ・・・どこか、ぶちねこ(斑猫)のイメージがします。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白と黒のミスジチョウ(三筋蝶) センニチコウ(千日紅)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆白地に黒縞とも、
   黒地に白縞ともみえる
   白と黒のミスジチョウ(三筋蝶) 。
    4枚の羽根をたいらに、ひらいたまま、 
   赤紫のセンニチコウ(千日紅 せんにちこう)の
   蜜を吸っています。
    センニチコウ(千日紅)も、花びらはなく、
   ガクの〔変化〕した花が球体になっています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎紅白絞りもようの百日草(ヒャクニチソウ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ヒャクニチソウ(百日草)別名:ジニアは、
   変種が数百ともいわれています。
   キク(菊)科で、毎年、園芸種がふえているとか。
    白と紅が絞りもようになっているヒャクニチソウ(百日草)。
   あざやかな、大きめ花です。 
   絞りもようは、それぞれの花で微妙にちがいます。↑
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ソバ(蕎麦 そば)の白い花 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆小さな白い花が、咲いています。
   ソバ(蕎麦 そば)の花です。
   シベ(蕊)の先端の小さな赤が、かわいいです。
    荒れ地に咲く、強い花といわれますが、
   都内でも、野生化して、あちこちにみられます。
   
   ◎映画[「男」はつらいよ]シリーズで、
   寅さんのセールストークのひとつに、
   ソバ(蕎麦 そば)と側(そば)を【二重(ダブル)イメージ】した、
   調子のよい[たんかばい(啖呵売)]があります。
   
   「信州 信濃(しんしゅうしなの) の そば よりも、
      わたしは、あなたの そばがいい」
   
   寅さんでなくても、むかしから江戸ではいわれていたようです。
    だから「引っ越しそば」を、隣近所にごあいさつのかわりに
   さしあげる風習が東京では昭和時代まで残っていました。
   
   ☆育子さんのおうちには、ピンクのソバ(蕎麦 そば)の花
   が咲いているそうです。
   今年の収穫は、いかがでしたでしょう?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎白ウサギのような、冬の雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
   ☆冬空のもこもこした白い雲が、
   白ウサギ(兎)のようにみえます。
    アリスの世界(ワンダーランド)に出てくる、
   2本足で、いそがしく走っている白ウサギ。
    まるで白ウサギのまわりに《湯氣》が、
   たっているみたいです。
   両手に時計をかかえているようにもみえます。
    今月は、(いつも落ちついている)師も走る、
   といわれる師走(しわす)です。
   『不思議の国のアリス』の白ウサギも走るでしょう((笑))
    空をみると、連想ゲームのようなイメージが
   瞑想(冥想)的に湧いてきます。
    年末は、なにかと、忙しいので、逆に、
   大きな空をみて、ほっと息抜きしているのでしょう。
   ひとごとのようにいいますけれど((笑))
    煮詰まらないように、
   落ちついて、手早く、
   あたま(頭)とこころ(心)を整理していきたいものです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ポインセチア-1  赤い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆大きく赤いポインセチアがクリスマス風に
   あちこちに飾られる時季になりました。
    今年は、小さめのピンクのポインセチアが、
   ピンクの濃淡でかわいく目立ちます。
   その名も、プリンセチアとか。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ポインセチア-2  緑の葉と、赤い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ポインセチアの鉢植えの緑の葉と、赤い花です。↑
   窓べに置いておくと、陽の《光》にはえて、
   元気な[赤い力]をもらえます。
    花のすくない、寒い冬の時季に、
   華やかな雰囲気になります。
    それだけでなく、
   ポインセチアの[赤と緑]は、この星・地球に生きる、
   いのちをシンボル(象徴)した「クリスマス・カラー」です。
   赤は、動物の血の色、緑は、植物の色。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ポインセチア-3  赤が混じりあう緑の葉
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ポインセチアの緑の葉をよくみると、
   上のように、赤が混じっている葉があります。
    葉の赤と緑の色の比率は、
   花に近づくほど、赤が多く、
   葉に近づくほど、緑が多い。
     要するに、
   ほとんど赤になった葉っぱが、花で、
   緑だけの葉っぱが、葉、というわけです。
     いいかえると、
   「赤く【紅葉した葉】が、【花に擬態】しているのが、
   ポインセチアの花」というわけです。
   
   ◎わたし達・人間が、赤い花と感じて、愛でている花は、
   ポインセチアの【紅葉した葉】です。
     鉢植えを年越しさせると、
   だんだんに、【紅葉した葉】は、緑にもどります。
     3年もすると、うちのポインセチアは、緑の葉だけになりました。
   ・・・もともと、葉だけだったわけですが。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ポインセチア-4  原始的な、小さな花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆では、ポインセチアの花は、どこにあるのでしょう?
   
   赤い花(にみえる葉)の中央に、
   黄緑色の小さな容器があり、
   そこから赤いメシベ(雌蕊♀)や赤いオシベ(雄蕊♂)
   のようなものがみえます。
     口がすぼまったツボのような黄緑色の容器が、
   ポインセチアの花でしょうか?
   
   そうではなくて、
   シベ(雌蕊♀)やオシベ(雄蕊♂)にみえたものが、
   ポインセチアの花です。
   
   【赤いメシベ(雌蕊♀)やオシベ(雄蕊♂)が、
    そのまま、1本ずつ「ポインセチアの花」】なのです。
   
   ◎ポインセチアは、
   [メシベやオシベの1本ずつが、花として特殊化]した、
   【原始的】で不思議な植物だったのです。
   
   [花として特殊化]しても、
   メシベやオシベには、虫をよぶ[蜜腺]はありません。
   
   それなので、黄色い唇(くちびる)のような[蜜腺]を、
   共有しています。上の写真。↑
    下の写真が拡大図です。↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ポインセチア-5  共有される[蜜腺] →「野生の思考」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ☆【原始的】なポインセチアの花は、
   [蜜腺] を共有しています。上の写真↑
     その発想は、今、流行しはじめてる「共有(シェア)の世界観」
   と同じように思います。
     メシベ(雌蕊♀)だけ、オシベ(雄蕊♂)だけの
   ポインセチアの花は、[蜜腺]をシェア(共有)しているわけです。
      
   ◎クリスマスを彩る(いろどる)ポインセチアの花は、
   シングルの「individual」な個人、一人の人間が集まって住む、
   [シェア・ハウス]のような構造になっているともいえましょう。
    「【紅葉した葉】が、【花に擬態】している、ポインセチア」。
   
   【原始的】なポインセチアの花は、もしかしたら、
   すごく進んでいる世界観の花かもしれません((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アシタバ(明日葉)-1 葉と果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       
   ☆「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」
   ので、[アシタバ(明日葉)]と名づけられた植物。
   
   江戸時代中期に貝原益軒の『大和本草』で、
   八丈島の[滋養強壮によい薬草]として紹介され有名になりました。
     アシタバ(明日葉)は、日本原産で、
   八丈島や大島に自生していますが、
   房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸にも自生しています。
     今では、健康食品として有名になり、
   都内だけでなく、全国で栽培されているようです。
   
   ☆40年以上前は、貴重品で、
   大島産のアシタバ(明日葉)専門店が都内にでき、
   わざわざ、食べにいったことがあります。
   アシタバ(明日葉)の天ぷら、おひたし、明日葉酒など、
        明日葉づくし。葉に歯ごたえがあり、茎は堅め。
   当分、ツーマッチ(too much) でした。(→欲しくならない)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アシタバ(明日葉)-2 白い花
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆アシタバ(明日葉)は、セリ(芹)科 シシウド属。
   ウド(独活 うど)に似た、小さな白い花を咲かせます。
   [ウド(独活 うど)の大木(たいぼく)]という差別用語(?)
   もありますが・・・そのお話と、
   大花ウド(おおはな独活)の写真は、こちらへ。
   http://www.bigme.jp/000-000-03-05/03-05-22/03-05-22.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎黄金色に輝く水面(みなも)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆入り日(いりひ)を反射して、
   水面(みなも)が黄金色(こがねいろ)に
   一瞬だけ、輝いています。
   陽が落ちるのが早いので、ひとときの輝きです。
   *---*---*---*---* 
   ●大雪(たいせつ) 12月07日
   
   大雪(たいせつ)は24節気のひとつで
   「北風が日ごとに強くなり、雪がふるようになる時季」です。
   
   
   ●冬至 (とうじ)    12月21日
   
   冬至 は、24節気のひとつで
   「太陽のチカラがよみがえる日。
   この日をさかいに、
   太陽の《光》は、ふたたび強くなっていきます」
   
   *-------*----------*---------*
   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
   今月、ご紹介した花や生きものは、
   《★花と緑と翼あるもの、雲と《光》、鷺、蝶、猫の瞑想=観想★
    》としても、みてください。
   以下に、44枚の順をかきます。
   *************************** 
   #1☆「カラスウリ(烏瓜)のリース・ゴールドアレンジ」
                                                    内藤景代・作
   #2☆イルミネーション-1
   #3☆イルミネーション-2
   #4☆イルミネーション-3
   #5☆イルミネーション-4
   #6☆クリスマス・ホーリー 別名:セイヨウヒイラギ(西洋柊)
   #7☆冬の雲 -1
   #8☆冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-1 
   #9☆冬の赤いバラ(薔薇 ばら)-2
   #10☆冬の赤いバラ(薔薇)-3 
   #11☆冬の赤いバラ(薔薇)-4
   #12☆冬の雲 -2
   #13☆キチョウ(黄蝶)と百日草(ヒャクニチソウ) 
   #14☆キチョウ(黄蝶)とコセンダングサ(小栴檀草) 
   #15☆ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋) 蝶々 メス♀
   #16☆ツマグロヒョウモン(妻黒豹紋) 蝶々 オス♂ 
   #17☆ホシホウジャク(星蜂雀) ハチの形態模写→野生の思考 
                             【ホシホウジャク動画】
   #18☆ハチ(蜂)と百日草(ヒャクニチソウ)
   #19☆セセリチョウ(蝶)の長い口吻 
   #20☆トンボ (蜻蛉)が、花にとまる
   #21☆口吻をのばし蜜を吸う、ガ(蛾)
   #22☆マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)
   #23☆白と黒のミスジチョウ(三筋蝶) センニチコウ(千日紅)
   #24☆紅白絞りもようの百日草(ヒャクニチソウ)
   #25☆ソバ(蕎麦 そば)の白い花 
   #26☆白ウサギのような、冬の雲
   #27☆ポインセチア-1  赤い花 
   #28☆ポインセチア-2  緑の葉と、赤い花
   #29☆ポインセチア-3  赤が混じりあう緑の葉 
   #30☆ポインセチア-4  原始的な、小さな花 
   #29☆ポインセチア-5  共有される[蜜腺] 
   #30☆アシタバ(明日葉)-1 葉と果実 
   #31☆アシタバ(明日葉)-2 白い花
   #32☆黄金色に輝く水面(みなも)
   #33☆ランタナ(七変化) -1黄色からピンクに変わる 
   #34☆ランタナ(七変化 しちへんげ) -2
   #35☆冬空に混じりあう白い雲
   #36☆クコ(枸杞 くこ)紫の花 ナス科
   #37☆ぼってりした冬の雲
   #38☆オナガガモ(尾長鴨) 雌雄のペア
   #39☆ホシゴイ(星五位)-1  ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥 
   #40☆ホシゴイ(星五位)-2  
   #41☆ホシゴイ(星五位)-3  川を歩く・4態
   #42☆「3つの時間ヤントラ」内藤景代・作
                   [円還する時間、降り積もる時間、過ぎ去る時間] 
   #43☆黒い猫(ネコ)が、西洋館の屋根の上に。 
   #44☆眼光鋭い、黒猫で金目(きんめ) 
   ----*----------*---------*
   観想=瞑想は、むずかしくはありません。
   考えるのではなく、ふんわりと観てください。
   眉間にしわをよせないで、
   優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   →→→では、かんたんな瞑想をやってみよう! 
   ◎5分間 瞑想法 
   http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/9006/
   
   ★ヨガと瞑想,呼吸法,精神世界についてのよくある質問と答
   http://meditationyoga.web.fc2.com/
   ====================
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ランタナ(七変化 しちへんげ) -1黄色からピンクに変わる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆1センチほどの小花が集まって、
   アジサイ(紫陽花) のような球体になる、ランタナ。
    別名は[七変化(しちへんげ)] 。
   小花の色が、黄色からオレンジ、赤、ピンクに
   〔変化〕していくからです。
     はじめてみたときは、何色の花なのか、理解不能でした。
   その花のそばにいくたび、色がちがうからです。↑↓
    一度みただけでは、
   ランタナ(七変化)の醍醐味(だいごみ)は、わかりません。
     日をおいて、同じ花を[定点観測]すると、
   こんな色に〔変化〕するのか・・・と驚きます。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ランタナ(七変化 しちへんげ) -2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ランタナは、緑の球体の果実になります。↑↓
   果実には毒があり、
   鳥に食べられないようにしているそうです。
    ランタナ(七変化)は、 クマツヅラ科で、クサギ(臭木)や、
   ムラサキシキブ(紫式部 むらさきしきぶ)の仲間です。
    どちらも、果実の色が美しく〔変化〕します。
   クサギ(臭木)は、赤い五芒星(☆)の包葉と蒼い玉になります。。
   ムラサキシキブ(紫式部)は、小さな丸い実が、 
   白から薄紫、紫とグラデ-ション(階調)で微妙に色づいていきます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎冬空に混じりあう、白く小さい雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎クコ(枸杞 くこ)紫の花 ナス科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆目立たない野草ですが、
   2から3センチほどの紫の小花は、
   めずらしいクコ(枸杞 くこ)の花です。
    クコ(枸杞 くこ)は紫色した花びらで、ナス科。
   
   ◎クコ(枸杞 くこ)は赤い実になり、
   [眼病、美肌、代謝などに効果]ありといわれます。
    クコの赤い実は、杏仁豆腐(あんにんどうふ)の上にのっています。
   中国発祥の薬膳料理のデザートとして人気です。
     滋養強壮に効果があるので、
   ドライにしたクコの赤い実だけを食べすぎると、
   逆効果ともいわれます。からだ(体)によくない。
   ほどほどに((笑))
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ぼってりした冬の雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎オナガガモ(尾長鴨) 雌雄のペア
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆渡ってきたばかりの渡り鳥は、
   [《氣》が立っている]個体が多く、
   恐れを知らず、池の柵にのって、
   周囲を睥睨(へいげい)しています。
     このオナガガモ(尾長鴨)の雌雄(♂♀)のペアも、
   《氣》が強く、散歩の犬たちを恐れず、
   上陸して草を食べていました。
     そのうち、目立たなくなって、
   池にいるほかの群れにまじっておだやかに泳いでいます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ホシゴイ(星五位)-1  ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆先月、グレイ(灰色)の猫(ネコ)がいた、川。
   今月は、茶色の鳥がいます。
    足が長く、水かきがないのでカモ(鴨)ではないようです。
   白鷺でもブルーグレイ(青灰色)の五位鷺でもない・・・
   
   なんだろう? 君は誰?「君の名は。」((笑))
   
   ☆茶色に白の斑点(ドット)もようで、足が長い。
   まるで、イノシシ(猪)の子どもの[うり坊]のようです。
   …もしかしたら、ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)の子ども?
   
   いつも夕闇(ゆうやみ)にまぎれるようにしているので、
   全体像が見えなかったゴイサギ(五位鷺)の幼鳥が、
   姿(すがた)をさらしているのかもしれない…
    あとでネットで確認しましたが、
   去年は、はっきりした写真を1枚もとれなかった、
   [ホシゴイ(星五位) ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥]です。
    茶色に白の斑点(ドット)の[ホシゴイ(星五位)]が、
   落ち葉の流れる川を、長い足で歩いています。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ホシゴイ(星五位)-2  ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ホシゴイ(星五位)は、
   魚をねらって漁(りょう)をするわけでもなく、
   川を歩くことそのものが、楽しいようです。↑↓
    この場所は、いつも、白鷺や、五位鷺の成鳥などがいて、
   新参者がはいりこめないところですし。
    親たちの[おとなの場所]で遊べるのは、
   うれしいのかもしれません。
   ホシゴイ(星五位)の楽しそうな雰囲気が伝わってきます。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ ホシゴイ(星五位)-3  川を歩く・4態
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
   ●寒くなり、先日は白い雪虫(ゆきむし)が飛んでいました。
   北海道には多いといわれる、粉雪のような雪虫。
   寒気を運ぶ、厚い雲が白く広がる東京で、
   ふわふわ飛ぶ雪虫をみると、冬を実感します。
   
   お元気ですか?
   
   ◎冬至までは、太陽のチカラが一番弱まっている時季です。
   冬至をさかいに、 今まで弱かった太陽のチカラが、
   強さと輝きを増していきます。
    冬至が太陽のチカラの分岐点。
    だから、冬至になる前に、
   冬至に食べるとよいといわれているものや、
   冬至にするとよいといわれていることを、
   今からとりいれてみることをおすすめします。
   縁起物(えんぎもの)なのではなく、
   実際に効果のあるものだからです。
   
   ◎冬至には、「ん」のつく食べ物を食べると
   元気になるといわれます。
   体を芯からあっためるものといえましょう。
   
   なんきん(カボチャ)、れんこん(蓮根)、
   だいこん(大根)、うどん(饂飩)などです。
     熱々に煮たりして、
   冬至の前から、どんどんめしあがれ。
   
   ◎冬至には、体をあたためる柚子湯(ゆずゆ)が伝統ですが、
   柑橘系のみかん(蜜柑)などの代用でもOKです。
    食べ終えたみかん(蜜柑)の皮を干して、
   お風呂にいれるのもあったまるだけでなく、
   美肌によろしいようです。
   
   ◎しばれる(縛れる)ように、寒い日は、
   こころ(心)まで凍りそうになります。
    まずは、あったかいものを腹に入れましょう。
   ほっとして、暖まると、筋肉はゆるみ、
   こころ(心)も、からだ(体)もリラックスします。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎「3つの時間ヤントラ」内藤景代・作 
       [円還する時間、降り積もる時間、過ぎ去る時間]
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆2016年も残り少なくなりました。
   今年1年をふり返り、
   来年の[こうありたい未来像(ビジョン)]
   を瞑想(冥想)なさる手助けに
   「3つの時間ヤントラ」内藤景代・作 
   [円還する時間、降り積もる時間、過ぎ去る時間]
   をつくりました。
    2匹の猫(ネコ)と花に囲まれ、ランプ(洋燈)もつく、
   フォト・フレームに入れた「瞑想(冥想)用ヤントラ」です。
   
   縦(|)と横(―)が同じ長さのギリシャ・十字(クロス)で、
   永遠のシンボル(象徴)である円(◎)に囲まれています。
      
   ◎円還する時間は、巡り(めぐり)くる時間。
   今は、冬。けれど春は、また、来年の春に巡ってくる。
   四季は、巡り、循環し、円をえがくように円還する。
      
   (|)縦に降り積もる時間が、今、ここに積もっている。
   年代ものワインのように、降り積もる時間が味を深くする。
   縦(|)に積み重なった時間が、こころ(心)を育む(はぐくむ)。
   
   (―)横に流れ去る時間。もどらない、不可逆性の時間。
   [去年 今年(こぞことし) つらぬく 棒のような もの]
               正岡 子規(まさおか しき)
   
   36歳で夭折(ようせつ)した子規にとって、時間は矢印のように
   不可逆性だったでしょう。  過ぎ去る時間。
   来年の春はみられるかどうかわからない---病身。
      
   ☆現実(リアル)は、どの時間も、同時に、ある。
   時間も多層的で、多重的な概念です。
   そして、こころ(心)は時間に生き、
   からだ(体)は、空間(スペース) に生きています。
   [時間と空間という時空連続体]に、
   わたしという「individual」な個人は、
   一人の人間として生きています。
   今・この星・地球でともに生きている、生きものたちとともに。
   
   「3つの時間ヤントラ」 
   [円還する時間、降り積もる時間、過ぎ去る時間]
   をふんわりとみて、
   そこから湧いてくるイメージを瞑想(冥想)してください。
   1から3分間。長くてもかまいません。
     暮れのせわしない時間に、
   「3つの時間ヤントラ」 を瞑想(冥想)する
   ひとときをもつと、時間に追われず、
   ゆったりとすごせるでしょう。
     そして《光》に満ちたこの時季を
   楽しめることでしょう。よいお年をお迎えください。
      
   ◎別のページに
   「3つの時間ヤントラ」内藤景代・作
    [円還する時間、降り積もる時間、過ぎ去る時間]
   をのせています。
    よろしければ、瞑想(冥想)用にお使いください。
   http://www.nay.jp/0-3time-yantra.html
   今・この星・地球でともに生きている、あなたへの贈り物
   ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   ☆さらに、体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
   【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
   という温度差(グラデーション)が、
   ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
   いろいろなことが楽しく、うまくいきます。
    すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
   元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。
   ☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
   「冷-暖-熱」の瞑想を身につけましょう。
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   =============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その95
   =============================
   ◎黒い猫(ネコ)が、西洋館の屋根の上に。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
   ☆住宅街を歩いていると、
   いかにも昭和時代の木造文化住宅があり、
   ジブリの映画にでてきたような既視感(デジャビュ)。
    ペンキのはげかけた西洋館と樹木や花壇をみながら、
   ゆっくり歩いていると、
   上のほうから視線を感じます。
    見あげると、屋根の上に、黒い猫(ネコ)がいます。↑↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎眼光鋭い、黒猫で金目(きんめ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆屋根を見あげ、カメラをむけると、
   黒猫(ネコ)も、こちらを見おろします。   
   眼光鋭い、黒猫で金目(きんめ)です。
    ジブリのアニメになった『魔女の宅急便』角野栄子・作
   の主人公キキの相棒の黒猫ジジのようです。
    高いところが好きな猫(ネコ)なのでしょう。
   
   ☆かつて2階の屋根の上にのって昼寝していて、
   夜になってもおりられなくなった猫(ネコ)がいました。
    飼われている自分の家ではなく、
   ご近所の傾斜がきつい屋根です。
     飼い主さんが心配して、消防署に連絡し、
   明け方になるのを待ち、
   クレーン車で消防員さんが猫(ネコ)を救出しました。
    それが後遺症(トラウマ)になって、
   それ以降は、外にでかけないで引きこもってしまった、
   と飼い主さんは、お話していました。
   元・ノラ(野良猫)ちゃんなので、
   外にでるのが好きなこだったのですが・・・。
   ☆高い樹などにのぼるけれど、おりられない、
   という猫(ネコ)は多いです。
   
   ♪♪行きはよいよい 帰りはこわい
       こわいながらも とおりゃんせ♪ ((笑))
   
   うちの黒猫リンも、そのタイプでした。
   梅の木にのぼり、おりられず、
   助けをもとめて鳴いて(泣いて?)いました。
   はしごをかけて、抱きかかえ救出作戦成功。
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」12月号を
   アップしました。 
   
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 41」 風景。道にみえるのは
   川? 
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」目力 (めじから)迫力。
   ●美樹さんは「神田明神 えびす様」波頭と黄金の少彦名命。
   ●Kayokoさんは「青の洞門」手彫りで30年掘ったトンネルからの光
   景
   ●yosihiroさんは 「イルミネーション」2カ所それぞれの輝き 
   ●mariko さんは「うちの猫」ラウル君、左手曲げて、右手だす
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】06「花びら」 
   ●Ryoさんは「トーマス・ルフ展」 写真展も変わりましたね。
   ●健治さんは「私の居場所」 定点観測-6  〔変化〕を感じます。
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 67「マンダラ発想 4」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *~・~・~・~*~・~・~・~*
   ◎※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記
      「マンダラ発想 4」 
   
   ☆「マンダラ発想」は、
            「BIG ME 心の宇宙の座標軸」内藤景代・著
           http://bigme.client.jp/
   の☆パート2にくわしいです↓↓↓↓
    『BIG ME 心の宇宙の座標軸』☆パート2 
       →マンダラ発想とは
   http://bigme.client.jp/hp-bigme-2new-1.htm
 
   デスマッチから、花と咲く
    
    はじめに,村立がある。
    それは,新しい統合へのチャンスだ。GO!
 
   ☆[まだ開いていない窓] ともいえる、
   今の和之さんに[欠けている部分]。
    痛いこともあるかもしれませんが、
   生きているからこそ、体験できることなので、
   [伸びしろ]や[潜在能力(ポテンシャル・エネルギー)]
   をこの世に発現していってください。
   [可能性として、ある、未現像のネガフィルム]を
   現実(リアル)社会に焼きつけていってください。
     あせり厳禁。
   時間を味方にして、楽しみながら、
   いくつもの時間を生きてください。
   
   ◎別のページに
   「3つの時間ヤントラ」 をのせています。
    深いところで味方になる発想が湧いてくると思います。
   瞑想(冥想)用にお使いください。
   ☆それだけでなく、
   いつも、和之さんのNAYヨガスクール体験記を愛読している、
   美樹さんが、今月のNAY会員の「猫の集会」に、
   【神田明神 えびす様】をアップしてくれました。
   【共時性(シンクロした事象)】を感じます。
    わたしも神田明神で拝見したことがありますが、
   とても大きな波頭(なみがしら)の下に黄金色に輝いている、
   ちっちゃな、かわいい少彦名命(すくなひこなのみこと)です。
      和之さんを応援してくれる《氣》を感じます。
   ピンチにも諦めないで、航海を続けてください。
   もちろん、わたしも、こころ(心)から応援しています。
     美樹さんの好きな亀もいる写真 ↓↓↓↓
    「海の仲間に守られて大海原を渡る、
    小さな神様金色のえびす様。
    イルカやトビウオと一緒に亀もえびす様を守っています。」
    ※美樹さんの愛亀・キスケ君は20歳ちかく長命をたもってますよ。
   
   よいお年をお迎えください 合掌
   ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2016年12月18日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
      ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
       **************************************

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/02
部数 533部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/02
部数 533部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング