内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2016年11月02日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
2016年11月1日(火)◎正解はいくつもある。季節の〔変化〕に対応し
た生き方(ライフスタイル)をして、「時を味方に」変化している、
秋ならではの生きものたちの光景を38枚の色彩豊かな写真で。「実
りの秋」赤い実いろいろ、マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)、
ムラサキゴテン(紫御殿) 別名パープルハート、ピンクの姫ツルソバ
(ひめ蔓蕎麦)、花びらがなくても蝶に人気のコセンダングサ(小
栴檀草)、秋冬用に装備した紫のセージ(サルビア)。左巻きのカ
タツムリ(蝸牛)や、白い姫シャク蛾が葉の上に。薄ピンクの空に上
弦の半月。コサギ(小鷺)が歩く川の岩場に、野性的な猫(ネコ)がい
た。鼻すじ(額板)が白いオオバン(大鷭)も渡り鳥としてやってき
た。《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、鷺、蝶、猫の瞑想=観
想★ 》としてもどうぞ。→【二重(ダブル)イメージ】でわが身にひ
きよせ感じると「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」が深いとこ
ろから湧いてきます
         --------*----------*---------*----------*

上弦 11月08日 満月 11月14日下弦 11月21日 新月 11月29日 ・今月
の異名(いみょう)は霜月(しもつき)
・24節気 立冬 (りっとう) 11月07日 小雪 (しょうせつ)11月
22日
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
    ★今月のピックアップ写真
***************************
★西新宿スタジオはレッスン場所が5階と6階です
→→●内藤景代のレッスン ご案内
             ☆ 11月   ★  12月  ☆2017年new★ 1月
http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html

★今月 11月27日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15) マイスタジオ 6階・
6B

詳細はこちらへ       ◎お申し込みは、こちらへ
http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm

new12月18日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15)マイスタジオ 6階・6
B

★new2017年1月29日(日曜)内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15)マイスタジオ 6階・6
B

***************************
★New◎新しくリンクして、更新しました。↓↓

[BIG ME club 内藤景代公式サイト]のトップページに、
新しく「秋のシュリーヤントラ」を制作し、掲載しています。

◎ご要望にお応えして、すこし大きめの
「秋のヤントラ」を[jpg]でアップしました。
↓↓↓↓
new◎「秋 シュリー(女神)ヤントラ 2016」内藤景代・作

よろしければ、瞑想(冥想)用にお使いください。
    http://www.nay.jp/0-aki-yantra-2016.html

小さいヤントラですがスマホなどでの瞑想用にどうぞ。
***************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆秋も深まり、澄んだひんやりした空気感に変わってきました。
日照時間がすくなかったせいか、花や果実の色もちがうようです。

そんな厳しい状況でも、元気で可憐な花や赤い実、
チョウ(蝶)や鳥たちの姿の写真をご覧くださいませ。

☆今月は、カメラを新しく変えたので、
あたま(頭)と手が慣れないため、いろいろと大変でした。
写真の色味もちがうようです。
それで、前のカメラと新しいカメラの写真がまじっています。
それぞれの風味がちがうような気がしますが、いかがでしょう?

☆秋らしい華やかで洗練された色づかいの花、
秋の花壇で、はじめて見ました。↓
黄やオレンジの単色が多い、マリーゴールドの変種です。

3種類のせましたが、どれも、微妙な色づかいがまじり
豪華(ゴージャス)な感じです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「聖母マリアの黄金の花」という意味の
マリーゴールドは、3から5センチのキク(菊)科の花。

3つの花はどれも、ゴールド(黄金)を感じさせる
中央の黄色がポイントでしょう。↓↑

そして、赤褐色の花びらを縁(ふち)どる
細い黄色の線のうねりは、重なるリボンのよう。

☆「聖母マリア」は、イタリア語で「マドンナ」。
「マドンナ」の意味は[私の婦人]。
英語では「アワー レディー」。

フランス語では「ノートル ダム」。
パリの名所、ノートルダム教会の由来です。
教会内部は中央の薔薇窓(ローズウインドー)の
ステンド・グラスが《光》にはえて綺麗です。

2つの塔の内部はのぼれますが、傾斜が急で、コワイ・・・
2つの塔がそびえるノートルダム教会の〔かたち〕は
東京都庁が真似(?)というか、
オマージュ(仏語: hommage 尊敬、敬意)したイメージです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎マリーゴールド(聖母マリアの黄金の花)-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆来月のクリスマス(Christmas)は、
クリスト=キリスト(Christ)の聖誕祭とされ、
聖母マリア=マドンナ=ノートルダムの胸に、
[おさな子イエス・キリスト]が抱かれたイメージの
絵やフィギュアなどが、キリスト教圏では飾られます。

その図柄は日本では少ないですし、欧米でも宗教の多様化で、
少なくなっているようですが・・。
クリスマス期間は「ハッピー ホリデーズ」になったり…。

☆十字架にかけられなくなったキリストの死体を抱いた、
聖母マリアの像が、『ピエタ』。
ミケランジェロ・作です。

はじめて、イタリアのバチカン市国、ローマ教会で、
『ピエタ』をみたときは、惹きつけられたたずんでました。

40年以上前なので、情報も少なく、由来も知りません。
けれども、たましい(魂)がひきよせられる魅力にあふれていました。

作品そのものがもつ力です。

長い間、ローマ教会が正式に認めていなかったとかで、
なんの説明もなく、教会内部のかたすみにおかれていました。
ミケランジェロ・作でも、よくみないとわかりません。

気になって、あとで調べると、
「イエス・キリストの屍を抱く、聖母マリア」
ときいて、聖母にしては若すぎる…と
つっこんでいました。
娼婦だったと『聖書』にある、マグダラのマリアかな…
だから、教会では飾るのを認めなかったのかも……と、
思いました。

☆『ピエタ』は、傷ついたひとを抱き、癒す
アニマ(魂)の象徴(シンボル)的なイメージです。
だから、人気があり、長いあいだに
ローマ教会も認めざるをえなくなったようです。

◎ヨガの屍(しかばね)すなわち「死体」の体勢(ポーズ)は、
全身脱力のリラックスしたポーズです。
シャバ・アサナ。

その参考になるのが、
この『ピエタ』のイエス・キリストの屍の〔かたち〕です。
首の力をはじめ、全身の力が抜けきっています。
さすが、天才とよばれるミケランジェロ。
死んだばかりのひとの筋肉の状態をよくみています。
死後硬直は、このずっとあとではじまります。

◎からだ(体)という、〔から(殻)〕の緊張をほどき、
全身の力をぬく、屍すなわち「死体」のポーズ
すなわち【くつろぎのポーズ】で
脱力すると、リラックスして、生き返ります。
リフレッシュします。

いくら眠っても疲れがとれないかたは、
屍すなわち死体のポーズでもある
【くつろぎのポーズ】で寝ころび、
内藤景代の誘導するナレーションで、脱力する
CD『くつろぎの冥想』のリラックス法で、
疲れをとり、ご自分を癒してあげてください。

そして、死んだように眠り、その後、
甦(よみがえ)ってください。
リラックスをじゅうぶんに味わえ、生きかえります。

内藤景代監修・声の出演 CD『くつろぎの冥想(瞑想)』
↑内藤景代・声の出演 CD『くつろぎの冥想(瞑想)』

◎通販 こちらへ
http://yogacd.1ne.cc/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎コセンダングサ(小栴檀草)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆黄色い《光》がともったローソクが並ぶ、
小さな黄色のカップケーキ、のような花。
1センチほどのコセンダングサ(小栴檀草)です。

☆キク(菊)科で、花びらの舌状花がなく、
筒状花(管状花)だけで咲くのが、
このコセンダングサ(小栴檀草)。↑↓

☆同じく、キク(菊)科で、
白い花びらがついていれば、センダングサ(栴檀草)。
花びらの舌状花と、まん中の筒状花(管状花)という、
2つの花がひとつの花にセットされています

☆どちらも荒れ地や河原、冬の野原にはえる野草です。
生命力が強く、繁殖力が旺盛な外来種です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎コセンダングサ(小栴檀草)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆枯れやすい花びらの舌状花は「なし」にして、
筒状花(管状花)だけのコセンダングサ(小栴檀草)。↑

上からみると、小さなヒマワリ(向日葵) のようです。
太陽の《光》をあびて輝いていると、
いろいろなチョウ(蝶)やハチ(蜂)がやってきて、
小さな筒状花(管状花)の蜜を吸っています。↓↓↓

モンキチョウ(紋黄蝶)、モンシロチョウ(紋白蝶)、
シジミチョウ(蜆蝶)、アゲハチョウ(揚羽蝶)などが
やってきて、たがいに蜜をすいながら、
(花がない時季に、助かるわ~)
といいかわしているように感じます((笑))

チョウ(蝶)やハチ(蜂)達をよぶための、
花びらという装飾を廃し、
蜜がたっぷりの筒状花(管状花)だけという、
実用的でお得なスタイル((笑))。

寒い冬でも咲いていたりして、
チョウ(蝶)やハチ(蜂)達に喜ばれ、
繁盛(はんじょう)している虫媒花(ちゅうばいか)です。

だから、増えるのでしょう。あちこちに。

それだけでなく、みのる果実がすごいのです。
そのお話と、果実の写真はまた掲載します。
お楽しみに。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハチ(蜂)とコセンダングサ-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆小さなハチ(蜂)が、筒状花(管状花)だけの
コセンダングサ(小栴檀草)の蜜をすっています。↑

右の、《光》に透かした2羽のチョウ(蝶)も、
コセンダングサ(小栴檀草)の蜜をすいにくるお客様。

花がなく蜜がすえない時季に、供給するので、
虫媒花のコセンダングサ(小栴檀草)は、繁殖するのでしょう。

【まず、与える。そして、自分も得をする】
それが、花の「野生の思考」という、いのち(命)の発想法です。

【二重(ダブル)イメージ】で、
[厳しく長い冬の時代]に生きるわたし達・ひとも、
小さなコセンダングサ(小栴檀草)に学ぶところがありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ムラサキゴテン(紫御殿) パープルハート
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆葉も茎も紫色で、花が濃いピンク。
晩秋から冬にかけて、陽の《光》をうけ咲く花。

はじめてみたときは、不思議な感じがしました。
紫色の葉で紫色の茎の花は、みたことがなかったからです。
名まえは「ムラサキゴテン(紫御殿)」。
別名は「パープルハート」すなわち「紫のハート」。

☆三角△の白い花 トキワツユクサ(常盤露草)
と同じような三角△のピンクの花ムラサキゴテン(紫御殿)。

青や白の露草(つゆくさ)と同じ、ツユクサ科。
寒さにつよい草で、よく増えます。
以前、株分けしていただき、植えたことがあります。
水栽培でも元気に咲きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ セージ(サルビア)薄紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆先月のせた「ブルーサルビア」は、
いろいろな色や種類があります。

寒くなると、繊毛で身を守る、
あったかそうな薄紫色のサルビア(セージ)
が花壇にあらわれます。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ セージ(サルビア)紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆これも、「ブルーサルビア」で、
ベルベット(ビロード)風味があります。↑

ベルベットは、平織か綾織の経糸(|)に
パイル(毛羽=けば) を織り出した、
パイル織物の一種で、 ビロードとも呼ばれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎姫ツルソバ(ひめ蔓蕎麦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆花びらがなく、ガクの〔変化〕した小花が咲く、
「赤まんま」とよびなれた「イヌタデ(犬蓼)」など
タデ(蓼)科の花たち。

花びらがないので、暑さ寒さに強いらしく、
悪条件の環境でも、よく咲いています。
そのぶん、虫たちに人気があるようです。

「蓼食う虫も好き好き」
(たでくう むしも すきずき)

☆ピンクの小花が集まり、
1センチほどの球体をつくるのは、
姫ツルソバ(ひめ蔓蕎麦)。↑↓

ひとつずつの花は1ミリにもみたないほど。
シジミチョウ(蜆蝶)などのチョウ(蝶)だけでなく、
スズメ(雀)などのクチバシ(嘴)にもちょうどいいようです。

☆姫ツルソバ(ひめ蔓蕎麦)は、
ヒマラヤ原産で、明治時代に渡来しました。
今では、野生化しているものも多く、
あちこちの道ばたで咲いています。 ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎姫ツルソバとバッタ(飛蝗)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ツルソバ(蔓蕎麦)の名のとおり、
姫ツルソバは、ツル(蔓)をのばして、
四方八方、上下に広がります。↑

それで、かわいいピンクの花が土地を覆うので、
[グランドカバープランツ]として人気です。

☆陽がよくあたるところでは、
姫ツルソバ(ひめ蔓蕎麦)の緑の葉に、
[V]の字が、赤茶色で発現します。
《光》が少ないと緑の葉のままのようです。

★姫ツルソバを撮影していると、
緑のバッタ(飛蝗)が堂々と(?)
葉のなかにまぎれて、じっとしていました。↑

(わたしは、緑の葉です)
と、葉っぱになりきって
【サマージ(三昧)】状態です。

瞑想(冥想)の意識状態の3段階
【1集中→2拡大→3ひとつ・なりきる・サマージ(三昧)
止→観→定 】
の3段階目を体現しています。((笑))

☆緑のバッタ(飛蝗)は、
保護色です。→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法。
それゆえ撮影していても、なかなか気づきませんでした。

◎瞑想(冥想)の意識状態の3段階【サマージ(三昧)】
については、『神通力の世界観を呼吸する 003-意気の呼吸法 』
内藤 景代 Amazon Kindle版 ☆スマホ・PCでも読める電子書籍をど
うぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎シジミチョウ(蜆蝶)青茶羽根 ゴーヤの花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆先月、お見せした白っぽいシジミチョウ(蜆蝶)が
静かに羽根を開閉しています。

(ピンと開いた羽根を撮影したい)
と思っていたら・・・開いてくれました。↑↓

やっと羽根を開いた姿が撮影できました。

青茶の蛍光色で羽根が輝いています。
まだ咲いてくれている黄色いゴーヤの花の
蜜を静かにじっとすっていました。↑↓

☆ゴーヤの葉は枯れ始めていますが、
緑のツル(蔓)には、
白いつぼみが、まだまだあります。

それで、
チョウ(蝶)やハチ(蜂)、
テントウムシ(天道虫 てんとうむし)達のための
秋から冬への小さなレストラン(食堂)用に、
うちのゴーヤのツル(蔓)は切らないようにしています。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎シジミチョウ(蜆蝶)青茶の蛍光色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎姫シャク蛾(ひめしゃくが) 白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ほのぐらい道を歩いていると、
大きな緑の葉を透かすような白い羽根が4枚・・・

透明な白い蝶々?

じっと動かないままだけれど、チョウ(蝶)?

薄色の細い線が羽根にのびて、涼やか。

羽根を開いて止まっているということは、ガ(蛾)?
静かな沈黙の時間が流れています。

はじめて会った羽根のある生きものです。
・・・が、青蛾(せいが)と雰囲気が似ています。綺麗。
オオミズアオ(大水青蛾 おおみずあお)の近縁?

ちかよっても逃げないので、接写で撮影。
帰宅後、ネットで調べると、[シャク蛾]。
小さいので[姫シャク蛾(ひめしゃくが)]という名。

美しいので、出会ったひとは感動するようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎飛ぶ鳥と、大きな翼のような雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆左上に大空を飛ぶ鳥。
下から斜め上に、大きな翼のような雲。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)赤い実と白い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●内藤景代のレッスン ご案内●に
[10月の花] として掲載した
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の白い花↑が、
結実した、赤い実です。↑
ナス(茄子)科。

☆ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の白い花は、結実すると、
翡翠(ひすい)の緑の玉のようにみのります。↑
碧玉(へきぎょく)のような実は、
すこしずつ赤く色づいていきます。

赤くなると、鳥のヒヨドリ(鵯 ひよどり)が、
ねらって食べにきます。

というよりは、自分が食べた実の種(たね)を、
フンといっしょに落として、
栽培(?)していたヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)を、
収穫(?)にきたわけです。

以前、ヒヨドリ(鵯 ひよどり)がよくきていて、
植えたおぼえもないのに、うちの庭で、
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の赤い実がなりました。
ヒヨドリ(鵯)が栽培(?)していたようで、
当たりまえのように、すぐにすべて食べていきました。
(→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法

花の少ない時季に、赤い実を愛でていたかったのですが…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ガマズミ(蒲染 がまずみ)赤い実
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆こまかな白い花がたくさん咲くガマズミ(蒲染 がまずみ)。
秋には、[染めた]ような深紅の赤い実を、
びっしりみのらせます。↑

似たような白い花と赤い実をみのらすのは、
トキワサンザシ(常盤山査子 ときわさんざし)
別名 ピラカンサです。

赤い実が丸いのが、ガマズミ。↑
赤い実が平べったいのが、ピラカンサ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ヤマボウシ(山法師 やまぼうし) 赤い実
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆丸い爆弾のような、大きな赤い実は、
ヤマボウシ(山法師 やまぼうし)
別名:ヤマグワ(山桑)です。

ヤマボウシ(山法師 やまぼうし)は、
春、ハナミズキ(花水木)のあとに咲きます。
ハナミズキ(花水木)に似た白い4弁の花です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎激しく〔かたち〕を変える多層的な雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆秋は、[季節の変わり目]なので、
夏の雲、秋の雲、ときには冬の雲までまじります。

風が吹くと、それらの雲が吹きちぎられて
多層的に重なりあい、まじりあい、
おもしろい[大空の模様]をみせてくれます。

それらを[〆切る]ように、
白い飛行機雲が、斜め【/】45度に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ ☆のんびり葉の上をはう、カタツムリ(蝸牛)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆涼しくなった秋の午後、緑の葉に
ベージュ色の大きな丸い実が・・
と思っていたら、動きます。

なんと!
カタツムリ(蝸牛)が葉の上を移動中。

天(|)には、激しく〔かたち〕を変える多層的な雲。 ↑
地(─)には、のんびり葉の上をはうカタツムリ(蝸牛)↑

カラ(殻)を背負い、ツノ(角)をだし、1ミリずつ移動中。↑

☆カメラで撮影していることに気づいたカタツムリ(蝸牛)は、
触角(しょっかく)のツノ(角)をぐーんと伸ばし、
その先端にある[目玉]をこちらに向けます。

目玉(めだま)は輝いて、動き、こちらを観察中。↓

「殺気なし。危険ゼロ」
と判断したらしく、
縦(|)に立てていたカラ(殻)を、
ぺたりと横(─)に寝かせます。

左巻きの貝殻で、うず(渦)が左方向へ巻いています。

ツノ(角)と逆のシッポ(尻尾)のほうも伸ばし、
リラックスして、葉の上で、くつろいでいました。
のんびりして、ツノ(角)もちぢめています。

☆カタツムリは、軟体動物の腹足綱で陸上の巻貝を総称。
別名を「かぎゅう(蝸牛)」やデンデンムシ、
マイマイや舞舞螺(まいまいつぶり)とよびます。

★のんびりした〔変化〕や動きの象徴(シンボル)が、
カタツムリ(蝸牛)です。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎左巻きのカタツムリ(蝸牛)が、ツノを伸ばす
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆米粒(こめつぶ)ほどの小さな紅い花、
ミズヒキ(水引 みずひき)が《光》をあびていると、
艶(つや)やかで綺麗です。↓

姫ツルソバ(ひめ蔓蕎麦)↑と同じ、タデ(蓼)科。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ミズヒキ(水引 みずひき)の紅い花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ 縦(|)に長い穂に小さな紅い小花をつける、
ミズヒキ(水引 みずひき)の近くには、
秋の《光》をうけて銀色に輝く
ススキ(薄 芒)の穂が「株立ち」しています。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋の光をうけ、銀色に輝くススキ(薄)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆秋の《光》をうけ、秋の七草のひとつ
ススキ(薄 すすき)の穂(ほ)が、
シルバーグレー(銀色)に輝いています。

ススキ(薄)の別名は、尾花(おばな)。
馬のシッポ(尻尾)のようにもみえます。

★「幽霊(ゆうれい)の 正体(しょうたい) 見たり
枯れ尾花(かれおばな)」

と、ことわざ(諺)にあります。

怖い(こわい)と思って、暗がりにある枯れたススキ(薄)をみると、

ぼんやりと幽霊のかたちにもみえてくる、という意味です。

自分の主観が、イメージをつくりだす。

瞑想(冥想)中も同じです。
怖いイメージがでてきたら、目をひらき、
イメージに呑みこまれないことが大切です。

イメージの「断・捨・離」も、必要です。
湧いてくる怖いイメージを断ち、捨て、離れる。

実際の事物と主観的なイメージの【二重(ダブル)イメージ】を斬る。

瞑想・冥想法-精神世界(内藤景代指導)こちらへ
◎5分間 瞑想法
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/9006/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ 秋空に混じりあう白い雲-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎秋空に混じりあう白い雲-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*---*---*---*---*
●立冬 (りっとう) 11月07日

立冬 (りっとう)は、24節気のひとつで
「冬(ふゆ)の《気》が立ちのぼる頃。太陽の光が弱まり、
冬の気配が現われてくる時季」です。

*---*---*---*---*
●小雪 (しょうせつ)11月22日

小雪 (しょうせつ)は24節気のひとつで
「冬もやや進み、北の国からは、小雪(こゆき)の舞う
初雪の便りもきかれる時季」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*-------*----------*---------*
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
今月、ご紹介した38枚の花や生きものは、
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、鷺、蝶、猫の
瞑想=観想★》としても、みてください。
***************************
*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、
ふんわりと観てください。

眉間にしわをよせないで、
優しいまなざしで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎鼻すじ(額板)が白いオオバン(大鷭)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆鼻すじ(額板)が赤いバン(鷭)が、いつもいる池に、
鼻すじ(額板)が白いオオバン(大鷭)が泳いでいます。↑↓

いつもいるバン(鷭)は留鳥(りゅうちょう)で、
「渡り」(わたり)をしません。

オオバン(大鷭)は、渡り鳥で、6月ごろ北へ渡り、
子育てをして、秋になると、
北から戻ってきたようです。

そういえば、大小2羽のオオバン(大鷭)がいます。

☆鼻が白いオオバン(大鷭)も赤いバン(鷭)も、
同じ、ツル(鶴)目クイナ(水鶏)科。

赤いバン(鷭)は、上陸して野草を食べますが、
白いオオバン(大鷭)は、水鳥で、ほぼ上陸しません。

からだ(体)は、オオバン(大鷭)のほうが大きいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎オオバン(大鷭)-2 水中 ツル目クイナ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎薄いピンクもこもこ雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆淡く薄いピンク色のもこもこ雲が、
下から上に湧きあがるように広がった青空。

“もの“がたりのはじまりを告げるような…期待感が
みちてくるような《氣》がします。

夕暮れまじかなのに、
なぜか浮き浮きと、楽しい気分になってくる、
雲の色と〔かたち〕です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎薄ピンクの空に夕月。上弦の半月
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆薄いピンクの夕暮れがはじまり、
坂をのぼると、
くっきりと夕月(ゆうづき)が輝いています。

三日月が太くなった、
上弦の半月です。
満月Full Moon望に向かう、月。
英語で[ハーフ ムーン half moon]。

☆月を黄色い球体とイメージすると、
黄色いレモンを4等分した〔かたち〕なので、
[クォーター ムーン quarter moon]
・・・と覚えていましたが、正確にはちがうようです。

月の満ち欠けの周期は、約29,5日で
[新月→上弦→満月→下弦→新月・・・]と
〔変化〕します。

上弦の半月は、その4等分の[1/4]という意味で
[クォーター ムーン quarter moon]といいます。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎コサギ(小鷺)が歩く、夕暮れの川
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆コサギ(小鷺)が夕暮れの川を歩きながら、
足先で水に渦巻きをつくり漁(りょう)をして、
魚をとっています。

ゆるい感じでかいたアラビア数字の「2」のような姿。
川に白鷺の影(シャドー)が黒くうつっています。

リラックスしていて、集中力は感じますが、
はりつめたような緊張感は感じられません。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎コサギ(小鷺)とカルガモ(軽鴨)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆渡り鳥がやってくるようになると、
留鳥(りゅうちょう)のサギ(鷺)や
カルガモ(軽鴨)たちが、
[場所をゆずる]ように思います。

たとえば、池などでは、まん中は、渡り鳥が占領し、
サギ(鷺)やカルガモ(軽鴨)は、池の周縁にたむろする。

その結果、いつもより、
サギ(鷺)やカルガモ(軽鴨)たちの距離感が、
近いように感じます。

川では、一定の距離をおいて、
カルガモ(軽鴨)のグループとコサギ(小鷺)が、
ともに食事をしていました。

カルガモ(軽鴨)は、水草やコケ(苔 こけ)を食べ、
コサギ(小鷺)は、魚をとる。

たがいに距離感をたもち、邪魔をしない関係。↑

上の写真は、コサギ(小鷺)とカルガモ(軽鴨)の
[いい感じの距離感]がみえるように思います。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ コサギ(小鷺) 3態、川で。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆長い足で大股に歩きながら、
川で魚をとるコサギ(小鷺)。3態。↑

黄色いつま先を大きく開き、
水をかき回して、うず(渦)をつくり、
生きた魚をとらえ、
すばやく食べます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎鉄塔を透かす、夕焼け空
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎夕焼けの茜色(あかねいろ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

★こころ と からだ   コーナー★
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

●夏から秋にかけて、雨や台風も多く、
日照時間が少ないので、野菜も不作で高騰しています。

わたし達ひとも、太陽の日照時間が少ないと、
メランコリー(憂鬱)になりやすいといわれます。

お元気ですか?

◎屈強なイギリスの警官達も、日照時間が少ないと、
ウツ病になりやすので、
発症したら太陽光線と同じ《光》をあびる光線療法で
治療し、効果があったといいます。

◎「亀の甲羅干し(かめのこうらぼし)」のように、
太陽光線を背中にあてると、
「督脈(とくみゃく)」という体内の非常用の池にある、
生命エネルギーが活性化します。
お昼休みは、できるだけ、[日なたぼっこ]がおすすめです。

◎秋から冬は「季節性ウツ病」がふえる時季です。
目を閉じて眉間のアジナ・チャクラ【第3の目】のあたりに
太陽光線を浴びるようにすると、
視床下部(間脳)に影響しホルモンのバランスが整い、効果的です。

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

☆夏や春に咲いていた花たちが結実し、
「実りの秋」をむかえています。
たわわにみのった赤い実をみると、
「時を味方にしている」と感じます。

すなわち[時間の変化]がなければ、
花が実になるわけがないのですから。

時間が流れ、植物が〔変化〕することで、
花は枯れ、子房が実になるわけです。

ブドウ(葡萄)、カキ(柿)やミカン(蜜柑)、ナシ(梨)などの実から、
ヤマボウシ(山法師) =ヤマグワ(山桑)の赤い実、
ガマズミ(蒲染)、トキワサンザシ=ピラカンサの赤い実など、
鳥たちは、喜んで食べています。
そのために山から都会におりてくるヒヨドリ(鵯)たち。

◎色彩豊かな[実りの秋の色]をみると、
「時を味方に」した[収穫感謝]のとき、と感じます。

それで、わたし達・ひともまた、
「時を味方に」して、[実りの秋]を迎えたいと、
毎年、思っています。
毎年、少しずつ、時の〔変化〕を味方にして、
えるもの(収穫)があるように思います。
たとえば、この年でも、とまらない、こころ(心)の成長とか。

●ところが、「時を味方に」という意味がわからない、
というかたがいました。
「女性は、年をとっていいことなんか、なにもない」
とおっしゃるのです。

たしかに、そういう世界観の世界もあります。
「25歳をすぎるとクリスマスケーキと同じ」で、
【価値】がなくなる・・・という世界観が、今も、あるようです。

女性は20代でなければ、という化粧品のCMは抗議多数で、
今年、撤回されましたが。

時の〔変化〕を、そのようにしかみられない世界観や価値観は、
たしかにあるけれど、悲しいな、と思います。
それだけではないのに、女性がその[呪い]にはまっていることが、

切なく、哀しいです。

◎そうでない世界観や価値観をもっているひとも、たくさんいます。


時を味方に、【ひととして】成長して、
包容力や洞察力、
受容力や《共感》力、
判断力や識別力、
気力や親和力などを磨き、
年をますごとに、魅力的になっていきたいものです。

☆さらに、体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
という温度差(グラデーション)が、
ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
いろいろなことが楽しく、うまくいきます。

すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。

☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
「冷-暖-熱」の瞑想を
身につけましょう。

☆「冷-暖-熱」の練習には以下をどうぞ。


DVD「ヨガの呼吸法」上下 内藤景代・出演
◎〔呼吸体操と呼吸法〕は、
内藤景代・出演DVD『呼吸法 上下』をどうぞ

『毎日をハッピーに変える 3分間ヨガ」 オフィスでもお部屋でも
体とこころのお悩み解決 内藤景代・著 ◎2色の図解

『ハッピ-体質をつくる 3分間瞑想』 内藤景代・著
◎2色の図解

『ヨガと冥想』 内藤景代・著
◎ 本『ヨガと冥想』
◎DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』

* ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ** ::::::::::
=============================
★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その94
=============================
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎いつも鷺のいる川に、毛ものが--- 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆コサギ(小鷺)やゴイサギ(五位鷺)、カルガモ(軽鴨)など
いつも水鳥(みずどり)のいる川の岩場に、
なにか毛ものが---います。
上の写真に、右端の赤矢印でしめした岩の上です。↑

激しく流れる水は、飛沫(しぶき)をあげて、
白く泡立ち、渦巻いています。
黄色くなった木の葉も流れています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎灰色の猫(ネコ)が、川の岩場に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆水に濡れてすべりそうな小さな岩に、
しっかりしがみついている、灰色の毛もの。

・・・暗いですが、どうみても猫(ネコ)のようです。

しずかに近よってのぞきこむと、
灰色の猫(ネコ)です。
首まわりは、白い毛並み。

猫(ネコ)は川に身をのりだし、のぞきこんでいます。

ワイルドな雰囲気で、野性味を感じます。↑

魚をとっている?

鷺や軽鴨などの鳥がくるのをねらっている?
上野 不忍池では、カモ(鴨)たちをねらう猫がいましたが。

水を飲んでいる?

背中を丸め、川にかがみこみ、
真剣に集中している猫(ネコ)です。

おどかして足をすべらせ、川に落ちるといけないので、
猫(ネコ)を驚かせないように、
ゆっくりと、猫(ネコ)の正面にまわりこみました。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎川の水をのむ、野生(ワイルド)な猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆正面にまわって見おろすと、
猫(ネコ)も、こちらを見あげます。↑

厳しく精悍(せいかん)な顔つきを予想していたら、
かわいい猫(ネコ)です。
あどけないくらいの無邪気な顔。

野生(ワイルド)なノラ(野良猫)ちゃん
ではないか、と思っていたら、
それも、ハズレ。

大きく立派な銀の鈴を首につけています。
大切にされている飼い猫らしいです。↑

外の流水を飲むほうが、 ↓
あたたかい室内で、自分用の水を飲むより、
おいしく感じるのでしょうか?

口のまわりに、水をたらして
(・・・にゃに?)
と見あげ、
ピンクの舌で、
口まわりをなめていました。↓

危険がいっぱいのすべる岩場と急流。
寒くなったのに、ぬくぬくした室内より、
ワイルド(野生)な状況のほうが、
野生の血が騒いで(?)楽しいのかもしれません。

アドヴェンチャー(冒険)のあとは、
なにくわぬ顔で
猫をかぶり((笑))
かわいい顔で、自分の家にご帰還なさるのでしょう。
・・・たぶん、飼い主さんは知らないのではなかろうか。
[ないしょ]にしておきましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎飼い猫らしく、立派な鈴つき猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」11月号を
アップしました。こちらへ
http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm

●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 40 」 山と樹木。赤くみえる
のはケシ(罌粟)?黄色く並んでいるのは雑穀の畑?

●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」青いボンボンに赤い糸

●美樹さんは「栄かえる と ふくろう」縁起物(えんぎもの)

●Kayokoさんは「筑後川の夕日」九州の雄大な川に、大きな夕陽

●yosihiroさんは 「陣馬山」

●mariko さんは「うちの猫」ラウル君、爪を隠した肉球に縞シッポ

●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】05「夕暮れ」

●Ryoさんは「深大寺 境内( じんだいじ けいだい)」

●健治さんは「私の居場所」 定点観測-5

●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 66「貧乏神と福の神」

*~・~・~・~*~・~・~・~*

◎※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記

    「貧乏神と福の神」

☆「今よりよくなりたい」
ということは〔変化〕したい、
ということを意味しているはずなのに、
[自分を変えたくない]
すなわち
〔変化〕したくない、
というかたは、多いですね。

自分は成長したいと思うのに、変わりたくなかったり、
周囲の変化を憎んだり…

こころ(心)というものは、
むづかしいものですね。


☆「チャンスの神様」のお話ですが、
いろいろなイメージがあるようです。

前からみると金髪の美しい[女神]で、
後頭部は禿頭(とくとう)・・・
という絵をみたことがあります。

キューピー人形のような子どもの神様で、
前髪だけあって、後ろには毛髪なし。
それで、神様が来たら、前髪をつかみ、
運をつかむ!という話もきいたことがあります。

幸運の神・チャンスの神様は、
[女神]や、子どもの[神]が多いようです。 合掌

《福の神》や[女神]をはじめ、いろいろな[神]や[神々]のお話は、

『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法』
内藤 景代・著 Amazon Kindle版
☆スマホ・PCでも読める電子書籍
をどうぞ。
★※[PDF版]もあります。ご自分で紙プリントをつくれます。


********************************************
◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス
NEW!! 【受付中!】
☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
●2016年11月27日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円 会員 4.000円
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
▼登録/解除
下記のシステムを利用して配信しています
『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
ID: 0000106654
  ************************************** 

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/01
部数 545部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング