内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2016年10月01日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
  2016年10月1日(土)◎フジバカマ(藤袴)、ハギ(萩)、シオン(紫苑)
、ブル-サルビア、ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥)など秋の
花がいっぱい。いまも夜の【闇】にまぎれて生きぬいているハロウ
ィン的な「きもかわいい」影(シャドー)や陰(いん)の生きもの
たち、ヤモリ(家守)やカエル(蛙)なども掲載。 〔福郎ともいうフク
ロウ(梟)とミミズク(木菟)〕を18枚。ライトアップした東京スカイ
ツリーと隅田川、そこにかかるアーチ型の橋などカラフルな写真55
枚(新記録→当社比)をお楽しみください。
          --------*----------*---------*----------*
新月 10月01日 上弦 10月09日 満月 10月16日
下弦 10月23日 新月 10月31日
・今月の異名(いみょう)は神無月(かんなづき)
・24節気 寒露 (かんろ) 10月08日 霜降(そうこう) 10月23日
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★今月のピックアップ写真

◎フジバカマ(藤袴)、ハギ(萩)、シオン(紫苑)、ブル-サルビア、
ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥)など秋の花がいっぱい。いま
も夜の【闇】にまぎれて生きぬいているハロウィン的な「きもかわ
いい」影(シャドー)や陰(いん)の生きものたち、ヤモリ(家守)
やカエル(蛙)なども掲載。 〔福郎ともいうフクロウ(梟)とミミズク
(木菟)〕を18枚。ライトアップした東京スカイツリーと隅田川、そ
こにかかるアーチ型の橋などカラフルな写真55枚
(新記録→当社比)をお楽しみください。
多様なイメージにまつわるお話もお読みくだされば幸いです。
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、
梟、蝶、猫の瞑想=観想★ 》としてもどうぞ。
→【二重(ダブル)イメージ】でわが身にひきよせ感じると
「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」が深いところから
湧いてきます。
***************************
★西新宿スタジオはレッスン場所が6月・7月は5階と6階です
→→●内藤景代のレッスン ご案内
http://www.nay.jp/0-a-c/a-mys.html

★今月 10月23日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15) マイスタジオ 6階・
6B
http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm

☆new11月27日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15)マイスタジオ 6階・6
B

★new12月18日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15)マイスタジオ 6階・6
B
***************************
★New◎新しくリンクして、更新しました。↓↓
※追記:以下を更新し、9月「瞑想フォト・エッセイ」にリンクし
ました。
【二重(ダブル)イメージ】でどうぞ。

【2002年8月3日(土)
●セミの透明な脱け殻が、木に残っていました。
★ 「自分探し」と「ひとの脱皮のドラマ…羽化の方法」の関係とは】

※※追記:以下を更新し、追記してリンクしました。
【二重(ダブル)イメージ】でどうぞ。

〔何のために? こんな試練が…〕

【2003年1月15日(水) 個人のためのイニシエイション(イニシエー
ション 通過儀礼 秘儀参入)のガイド・ブックと、女正月。成人
式】
***************************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ブル-サルビア 青紫-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆紫色ですが「ブル-サルビア」。
青、青紫、紫に咲きます。↑↓
サルビアは、シソ(紫蘇)科サルビア属で、
赤や白などいろいろな種類があります。

薬用サルビアは、セージ(sage)でハーブとして有名。
セージ(sage)は、ラテン語のサルビア(Salvia)が転訛したもの。


☆モンシロチョウ(紋白蝶) が
ブル-サルビアの蜜をすっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ ブル-サルビア-2 モンシロチョウ(紋白蝶)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆秋の花壇には、焦げ茶色の花や黄色そして
オレンジの花が秋の風情(ふぜい)をかもします。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎秋の花壇 焦げ茶色の花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆焦げ茶色の花、中央は紫色。
はじめてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎焦げ茶色の花 中央は紫色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「秋の七草」のひとつ、フジバカマ(藤袴 ふじばかま)。

☆香りが涼やかで、かぐわしい香が匂い立つ、
平安時代からの芳香療法(アロマセラピー)の花。

☆薄紅色(うすべにいろ)で極小の
筒状の花から、白く細い糸がのびています。
白い糸はメシベ(雌蕊♀)です。

キク(菊)科 ヒヨドリバナ属。

☆海を越えて南の沖縄や台湾まで飛ぶ蝶、
アサギマダラ(浅葱斑 あさぎまだら)が好む、植物です。

それで、食性(しょくせい)のフジバカマ(藤袴)をうえて
アサギマダラ(浅葱斑)をよんでいるところもあります。

☆アサギマダラ(浅葱斑)の写真は、
高尾山(たかおさん)で撮影したものを、
『たましい(魂)の世界観を呼吸する 004-意気の呼吸法』
内藤 景代・著 Amazon Kindle版スマホでも読める電子書籍
カバーで使用しました。
たましい(魂)の象徴(シンボル)として。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎フジバカマ(藤袴 ふじばかま)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆細い糸のような薄紫の花びらがこんもり咲く、小花。
細い糸が集まったような、アゲラタムです。
和名は、郭公薊(カッコウアザミ かっこうあざみ)。

☆上のほうの花で虫が、お食事中。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アゲラタム(郭公薊 かっこうあざみ)薄紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆[くさかんむり]に秋で、萩。

赤紫の小花が枝垂(しだ)れる萩(はぎ)は、
秋の代表的なイメージです。↓

蒸したモチ米を黒あんでつつんだ和菓子。
同じ菓子でも、秋の彼岸には「おはぎ」とよび、
春の彼岸には、「ぼたもち」とよびます。

秋は、お萩(おはぎ)、春は、牡丹餅(ぼたもち)。

小花のハギ(萩)と大輪のボタン(牡丹)。

それぞれの季節の代表的なイメージが名の由来。

秋の七草のひとつ、ハギ(萩 はぎ)はマメ科ハギ属。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハギ(萩 はぎ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆小さな貝のシジミ(蜆)の殻(から)に
似ているので、シジミチョウ(蜆蝶)。

☆シジミチョウ(蜆蝶)が、
じっとして動きません。↑

☆シジミチョウ(蜆蝶)が開いた「おもての羽根」は、
色々で、こちらは、青茶らしい。
それで、よくみようと、別の角度からみると・・・↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ シジミチョウ(蜆蝶)-2   2匹
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆シジミチョウ(蜆蝶)が
2枚の羽根を開いているようにみえたので、
おもて(表)の色をみようと、
まわりこんで別角度からみると・・・

☆2匹のシジミチョウ(蜆蝶)が、
羽根を閉じたままで、
いっしょに、じっとして動かない状態でした…↑

おじゃまになるといけないので、退散。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ シオン(紫苑 しおん)  薄紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆秋は、紫系の花が多いです。

この薄紫の花は、シオン(紫苑 しおん)。
キク(菊)科で、シオン(紫苑 アスター)属。

「ダッタン(韃靼tataricus)産の星(aster)」
という意味で、アスターともいいます。

キク(菊)科なので、薄紫の花びらの舌状花と、
まん中の黄色い筒状花(管状花)という、
2つの花がひとつの花にセットされています。

花びらが散っても、まん中の筒状花(管状花)が残る、
(→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法です。

[虫媒花]としては、まん中の筒状花(管状花)が本命。
花びらは、虫をよぶ看板のようなものですから。
このときも、虫が、筒状花(管状花)で、お食事中。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎赤いカキ(柿)の実と秋の青空
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆赤く熟したカキ(柿 かき)の実が、
秋の青空に照り輝いています。

羊雲(ひつじぐも)と、カキ(柿 かき)。
鐘の音(かねのね)が響いてきそうです。

柿食えば 鐘がなるなり 法隆寺
(かきくえばかねがなるなりほうりゅうじ)
                       正岡子規(まさおかしき)

☆正岡子規の終の棲家(ついのすみか)だった
根岸の子規庵(しきあん)は、
実家のそばで、
母校の小学校から横断歩道をわたれば、すぐ。
そのおはなしは、こちらへ。 ↓↓
2002年09月19日
●「へちま忌」「子規忌」上根岸で俳句の正岡子規が
胸の病(むねのやまい)結核(けっかく)で35才でなくなっ
た日。
●糸瓜(ヘチマ)の俳句が絶筆
●子規庵に「探検」 小学生時代
●子規の俳号 は子規(ホトトギス)という鳥に由来
● ホトトギス(子規 不如帰)という鳥は「血を吐きながらうたう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白黒の縞に、紅い斑点(ドット)の蝶。
赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶を久しぶりにみました。
南の島などにいる蝶で、暑い夏に東京で会います。

大きめのタテハチョウ(立羽蝶)なので、
飛び方は、ゆっくりして優雅です。
アオキ(青木)の葉にとまり、
静かに羽根を開閉しています。↑

☆(ピンと開いた羽根を撮影したい)
と思っていたら・・・開いてくれました。↓

右側の羽根の横に、傷があります。
丸くえぐれたような傷。

秋は、羽根が傷ついた蝶が、よく飛んでいます。

じゅうぶんに休息して、傷を癒し、
天寿(てんじゅ)をまっとうしてほしいです。↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ 赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆花の〔かたち〕が「多層」的で独特な
ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)。↓

〔かたち〕は、湧きあがる噴水か、
水中をただようクラゲ(海月、 水母)のようです。

☆ホトトギスは、白に斑点(ドット)があります。
白だけの花も、下のようにありますが。 ↓

今なら、「赤い水玉模様で有名なドットの女王」
現代絵画の草間弥生さんの絵画や立体作品を
連想するかたも多いかもしれません。

☆むかしは、丸く小さな斑点(ドット)の赤紫が濃いと、
血飛沫(ちしぶき)を連想するひともいました。

ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)
という鳥は、[血を吐きながら鳴く]、
といういい伝えがあり、
その話と、この花を結び、
ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)
と名づけられたといわれます。

☆結核(けっかく)という〔胸の病(やまい)〕が、
セキといっしょに血を吐く症状があり、
それも、イメージとして結びつけられたようです。

それで、結核をわずらっていた俳句の正岡子規は、
自分の俳号を「子規(しき)」すなわち、
ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)と
名づけたといわれます。

☆徳冨 蘆花『不如帰』(ほととぎす)という
結核で亡くなる薄命の佳人の物語は、
明治時代のベストセラーでした。

「なぜ、ひとは死ぬのでしょう。
千年も万年も生きたいわ」

といって、『不如帰』の浪子さんは若くしてなくなります。

☆今の5千円札の樋口一葉(ひぐちいちよう)も、
若くして胸の病、結核で亡くなりました。

『風立ちぬ』をかいた若き芸術家、堀 辰雄も結核。

ジブリのアニメ『風立ちぬ』もヒロインは、
結核で、佳人薄命(かじんはくめい)。

☆ご近所の掲示板に
「結核はひとごとでは、ない」
今、また、流行しはじめている、という
警告のポスターがありました。


ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)
から話が遠くへ飛んでしまいましたが、
お気をつけて。

胸の【免疫】力をヨガ・瞑想・呼吸法で強化しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆花の〔かたち〕が独特で、
噴水かクラゲ(海月、 水母)のようです。↑↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆斑点(ドット)の赤紫が濃いと、
血飛沫(ちしぶき)を連想するひとも・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆茎に花が連なるホトトギス(杜鵑 子規)。↑↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎☆ホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)-4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白いホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フリンジのような白い雲が青空を区切る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハロウィン グッズ お化けカボチャ(南瓜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ ハロウィン グッズ-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆帽子をかぶった、お化けカボチャ(南瓜)です。

これから下は、
いまも夜の【闇】にまぎれて生きぬいている
ハロウィン的な「きもかわいい」生きものたちを、
たくさん掲載します。

いわば「影(シャドー)」や「陰(いん)」の生きものたち。
かわいいですよ。
お見知りおきを願います。
↓↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ ☆フクロウ(梟)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆俳句の正岡子規の命日は9月19日で〔へちま忌〕。
同じく父の命日で、同じ場所・上根岸でなくなりました。
今年は、すこし早く、浅草の菩提寺へお墓参りし、
帰りに浅草寺(せんそうじ)の観音さまへお参りの定番コース。
新仲見世通りで、「フクロウ カフェ」を発見。

さっそく、入店し、フクロウ(梟)達にあってきました。
以下に18枚の写真を掲載します。
フラッシュ禁止で、うすぐらい「アウルの森」なので、
うまく撮影できませんでしたが、雰囲気はつたわるのでは?

☆「福」とごろあわせで「フクロウ(福郎)」ともよばれ、
ハリーポッターの白フクロウ(梟)なども愛されているので、
人気のあるフクロウ(梟)たち。
耳のあるのは、ミミズク(木菟)。

「フクロウ カフェ」には、大型・小型のフクロウ(梟)や
ミミズク(木菟)たちがたくさんいました。
手の甲でなら、なぜられます。(ダメなこは、札あり)
時間無制限で飲み物つき。
のんびりしました。

☆「ミネルヴァのフクロウ(梟)は黄昏(夕暮れ)に飛ぶ」
ヘーゲル『法の哲学』

といいますが、
帰りは黄昏(たそがれ)になり、
スカイツリーのライトアップなどに出会いました。↓

ミネルヴァは、ローマの知恵の女神で、
ギリシャのアテネ女神と混交しています。
「知恵の女神」のお使いがフクロウ(梟)です。
お稲荷さんのお使いが、キツネ(狐)のように。

※知恵の女神ミネルヴァ (ギリシャのアテネ女神)や、
自由の女神など、[女神]についてのお話は、以下をどうぞ。
『<神>の世界観を呼吸する 002-意気の呼吸法』
内藤 景代・著 Amazon Kindle版 ☆スマホ・PCでも読める電子書籍


☆フクロウ(梟)もミミズク(木菟)も、
知恵の女神のお使いとイメージされるだけあって、
みつめる目は、とても哲学的で賢そうです。

猛禽類なので、注意も必要ですが、
キュートでかわいい。

生き餌をたべるといいますが、
ここのこたちは、なまぐさくなかったです。

☆まずは、毛糸のかぎ針編みでぐるぐる編んだような、
まぁるい顔のフクロウ(梟)から。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2匹の ミミズク(木菟) ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ フクロウ(梟)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆左右にとがった耳がある、ミミズク(木菟)。↑
2匹とも茶色で、樹木の一部のようです。
森の中で、目を閉じていたら、みつからない。
保護色です。(→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ ☆フクロウ(梟)-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆黄色く丸い目と黄色のクチバシ(嘴)。
鼻から目のあたりは白い毛。
グレイと黒の羽毛で、ふわふわ。

上が正面で↑下が横↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-4 横向く
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆フクロウ(梟)が横向くので、
(イヤなのかな?)
と思ったら、ぐるぐると鳴いています。↑

(なぜてほしいのかな?)
と思い、[手の甲]で、
そぉっとなぜると、気持ちよさそうです。

ふわふわの羽根が、冷房でひんやりしていたので、
あったかくしてほしかったのかもしれません。

・・・かわいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ふりむいて、首をぐーんと真後ろに向け、
まん丸な黄色い目で見つめる・・

背中の上に、顔がある。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ フクロウ(梟)-6
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆2匹の 白っぽいミミズク(木菟)。
左右にとがった耳がみえます。

長老が微笑んでいるようです。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆2匹の 茶色っぽい ミミズク(木菟)。
木の幹の模様に似ています。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-8
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆こけしのような小型のフクロウ(梟)です。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-9
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆眉間にシワよせた小型のフクロウ(梟)。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白いフクロウ(梟)。猫(ネコ)みたいです。↑↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-11
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白いフクロウ(梟)。よく動きます。↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小型フクロウ(梟)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ フクロウ(梟)-12
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆首をかしげる小型フクロウ(梟)↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ ☆フクロウ(梟)-13
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆顔が白くハート型のフクロウ(梟)↑↓

仮面をつけているようにみえるので、
「面フクロウ(めん梟)」。

フクロウ目メンフクロウ科

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ フクロウ(梟)-14
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆顔が白いフクロウ(梟)、羽根も白っぽい↑↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-15
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆翼(つばさ)を広げ、飛ぶフクロウ(梟)。↑
残念ながら、鎖の範囲内ですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)- ミミズク(木菟)-16
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆フクロウ(梟)というよりミミズク(木菟)が、
寝ていた左の片目をあける。

いたずらっぽいウインクのよう。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-17
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆小型フクロウ(梟)。真剣な、まなざし。↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎フクロウ(梟)-18
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ふわふわの小型ミミズク(木菟)。↑
好奇心いっぱい。白っぽい幼鳥?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハロウィン グッズ-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆3つの▲で、お化けカボチャ(南瓜)できあがり。

※ご注意↓下に、ヤモリ(家守 守宮)がいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ヤモリ(家守 守宮)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ヤモリ(家守 守宮)が、うちの窓にいました。
丸くほぼ円形に、からだ(体)をしなわせ、
虫をねらって、動いています。

両手足は、5本の指をひらき、吸盤のように
ぴたりとガラス窓にはりついています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎☆ハロウィン グッズ-3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆お化けカボチャ(南瓜)2つと空飛ぶ魔女
背景の布は、黄金の翼をもつ天使たち。

※ご注意↓下に、カエル(蛙) ヒキ、ガマがいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎玄関にきたカエル(蛙) ヒキ、ガマ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆雨あがりの午後、でかけようとすると、
玄関の前にカエル(蛙 かえる)がいました。↑↓

雨にぬれてシャワー後のように濡れた姿。
小さな黄緑のアマガエル(雨蛙)ではなく、
大きな茶色のカエル(蛙)で、ヒキかガマ。

☆児雷也(じらいや)の蝦蟇(がま)の妖術にでてくる
茶色のカエル(蛙)の小型版。

児雷也(自来也)は架空の盗賊・忍者キャラクターで、
手印(ムドラ)を結び、ヒュードロドロと、
巨大な蝦蟇を出現させ、自分が上にのります。
江戸時代後期の読本に登場後、歌舞伎や映画、
講談、小説、漫画、ゲームなどで、今も人気者。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ カエル(蛙)がねらう、コオロギ(蟋蟀)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆夕方、帰宅すると、玄関のたたきの上に、
さっきのカエル(蛙 かえる)がいます。↑

暗いので、フラッシュをたいて撮影。
目にライトがあたってもだいじょうぶらしい。
《光》を恐れず、逃げません。↓

数枚を撮影して、画像をチェックすると、
なんと!
カエル(蛙)の目の前に、
コオロギ(蟋蟀 cricket=クリケット)がいました。↓

一心不乱(いっしんふらん)に、
コオロギ(蟋蟀)をねらっていたようです。

じりじりと近づき、手をのばし・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎コオロギ(蟋蟀)にちかづくカエル(蛙)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆2008年は「カエル年(2008 Year of the Frog)」で、
カエルを絶滅から救う「両生類の箱舟」プロジェクトという
世界キャンペーンがありました。
あれから8年、その後、カエルの絶滅の噂はきいていません。
「生物の多様性」という【くくり方=概念(コンセプト)】が広まり、

すこしは事態が好転したのならよいのですが・・・。

カエル(蛙)だけでなく、スズメ(雀)も、農薬などの影響で、
地方からはいなくなっているようです。
うちは、都内23区ですが、
東京のほうが、カエル(蛙)もスズメ(雀)もいます。

☆カエル(蛙)やスズメ(雀)が生きられない環境は、
生きもの(being alive)としてのわたし達・人間にとっても、
住みにくい環境になっているのではないでしょうか。

「炭鉱(炭坑)のカナリア」のように、
カエル(蛙)やスズメ(雀)は、
[弱い生きもの]だからこそ、
ひとに警告を発してくれているように思います。
・・・とはいえ、「どっこい生きている」こともある。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ 薄紅色にそまりだした雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎桃色夕焼け雲-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ライトアップした雷門 風神と雷神 浅草
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆金龍山 浅草寺(きんりゅうざん せんそうじ)
の正面本堂に向かう入口を守る、雷門(かみなりもん)。

ライトアップした雷門をはじめてみました。
本堂にむかう仲見世通りにも灯り(あかり)がともり、
昼間より綺麗なくらいに紅く輝いています。

☆紅い大提灯(ちょうちん)をつるした、
雷門(かみなりもん)。

むかって右が、風神(ふうじん)。

左が雷神(らいじん)。
ごろごろ鳴る小太鼓を背負っています。

☆[神話的思考]で、
雷は、神鳴り(かみなり)。
神鳴り=雷を擬人化した姿が、雷神。

風袋(ふうたい)をもつ風神は、
激しい山風=嵐(あらし)を擬人化した姿。

野生の思考は、[神話的思考]であり、
〔かたち〕に、シンボル(象徴)的な意味を与えていく、
古代からの思考形式です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ライトアップした東京スカイツリー 隅田川
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆去年は、[助六の花川戸]から隅田川(すみだがわ)を
待乳山聖天(まつちやましょうてん)のほうへ歩きました。

今年は、雷門を左にみて、吾妻橋(あずまばし)を右へ。
海のほうへむかって歩いてみました。

日の入りが早くなり、暗くなるのも早く、川向うに、
ライトアップしたスカイツリーがみえました。 ↑

単色でなくグラデ-ション(階調)の光が綺麗です。
光は、時間により、動き、回転したりしています。
歩いては、ふりむき、ちがう光をスカイツリーにみる・・・

照明をつけた船も川を右へ下り、川面を照らします。
縦(|)に輝く東京スカイツリーと横(─)に光る隅田川。
わたし好みの光景です。

☆アーチ型の駒形橋(こまがたばし)を通りすぎ、↓
厩橋(うまやばし)まで歩いて、終了。
ここには地下鉄・大江戸線の駅があり、初乗車。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎駒形橋と東京スカイツリー ライトアップ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎隅田川の橋を飾る、ステンドグラス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*---*---*---*---*

●寒露 (かんろ) 10月08日

寒露 (かんろ)は、24節気のひとつで、
「まわりの大気(たいき)が冷えてきて、
水滴(すいてき)が、白露(しらつゆ)のように
葉に宿りはじめる頃」です。

*---*---*---*---*
●霜降(そうこう) 10月23日

霜降(そうこう)とは24節気のひとつ。
「霜(しも)がふりはじめる時季で、紅葉が始まる頃」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎隅田川にかかる駒形橋のアーチ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*-------*----------*---------*
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
今月、ご紹介した花や生きものは、
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、
梟、蝶、猫の瞑想=観想★》としても、みてください。
以下に、55枚の順をかきます。
*---*---*---*---*
《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、
梟、蝶、猫の瞑想=観想★》
***************************
#1☆ブル-サルビア-1 青紫
#2☆ブル-サルビア-2 モンシロチョウ(紋白蝶)
#3☆秋の花壇 焦げ茶色の花
#4☆焦げ茶色の花 中央は紫色
#5☆フジバカマ(藤袴 ふじばかま)
#6☆アゲラタム(郭公薊 カッコウアザミ)薄紫
#7☆ハギ(萩 はぎ)
#8☆シジミチョウ(蜆蝶 しじみちょう)-1
#9☆シジミチョウ(蜆蝶)-2 2匹
#10☆シオン(紫苑) 薄紫
#11☆赤いカキ(柿)の実と秋の青空
#12☆赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶-1
#13☆赤星ゴマダラ(あかぼしごまだら)蝶-2
#14☆ホトトギス(杜鵑 子規 ほととぎす)-1
#15☆ホトトギス(杜鵑 子規)-2
#16☆ホトトギス(杜鵑 子規)-3
#17☆ホトトギス(杜鵑 子規)-4
#18☆フリンジのような白い雲が青空を区切る
#19☆ハロウィン グッズ-1
#20☆フクロウ(梟)-1
#21☆フクロウ(梟)-2
#22☆フクロウ(梟)-3
#23☆フクロウ(梟)-4 横向く
#24☆フクロウ(梟)-5
#25☆フクロウ(梟)-6
#26☆フクロウ(梟)-7
#27☆フクロウ(梟)-8
#28☆フクロウ(梟)-9
#29☆フクロウ(梟)-10
#30☆フクロウ(梟)-11
#31☆フクロウ(梟)-12
#32☆フクロウ(梟)-13
#33☆フクロウ(梟)-14
#34☆フクロウ(梟)-15
#35☆フクロウ(梟)-16
#36☆フクロウ(梟)-17
#37☆フクロウ(梟)-18
#38☆ハロウィン グッズ-2
#39☆ヤモリ(家守 守宮)
#40☆ハロウィン グッズ-3
#41☆玄関にきたカエル(蛙) ヒキ、ガマ
#42☆カエル(蛙)がねらう、コオロギ(蟋蟀)
#43☆コオロギ(蟋蟀)にちかづくカエル(蛙)
#44☆薄紅色にそまりだした雲
#45☆桃色夕焼け雲-1
#46☆ライトアップした雷門 風神と雷神 浅草
#47☆ライトアップした東京スカイツリー 隅田川
#48☆駒形橋と東京スカイツリー ライトアップ
#49☆隅田川にかかる駒形橋のアーチ
#50☆隅田川の橋を飾る、ステンドグラス
#51☆桃色夕焼け雲-2
#52☆ゴイサギ(五位鷺)羽づくろい
#53☆「多層」的に混じりあう、青空の雲
#54☆よりそって眠る猫(ネコ)-1
#55☆よりそって眠る猫(ネコ)-2
*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、
ふんわりと観てください。

眉間にしわをよせないで、
優しいまなざしで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*
====================
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎桃色夕焼け雲-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

★こころ と からだ   コーナー★
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
●オレンジ色のキンモクセイ(金木犀)の花の香りが
どこからともなくただよってくる頃です。
台風や雨が多く、30度以上の日も多かった
9月でしたが、お元気ですか?

☆「秋バテ」という言葉もつかわれるくらい、
「頑張った夏」の反動がでているかたもいます。
ゆっくりと、こころと体をやすめ、
ご自分を労(いた)わり、
労(ねぎら)ってあげてください。

また頑張るのは、その次にしましょう。
頑張るだけでは、ぷつんと糸が切れますから・・・。

☆キンモクセイ(金木犀)や、フジバカマ(藤袴)などの
花の香りをじゅうぶんに吸って深呼吸することもいいですね。

ところが、
キンモクセイ(金木犀)のよい香りが
トイレの芳香剤につかわれているので、
いいイメージにならない・・・というかたがいます。
残念ですね。
そのときこそ瞑想(冥想)的に「断・捨・離」です。
イメージの連想を断ち、捨て、離れる。
キンモクセイ(金木犀)と芳香剤の
【二重(ダブル)イメージ】を斬る。

キンモクセイ(金木犀)の花は、花。
「それは→→それ、これは、これ」として、「プツン」と斬る。

綺麗なホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥)
の花をみたときも、同じです。
血飛沫(ちしぶき)の【二重(ダブル)イメージ】を斬る。
イメージの連想を断ち、捨て、離れる。
瞑想(冥想)的に「断・捨・離」です。
そして、不思議な〔かたち〕の花、ホトトギスを鑑賞する。

日常生活でも、瞑想(冥想)をとりいれてみましょう。
こころの世界が広がります。

☆話がもどりますが、上で、
ホトトギス(杜鵑 不如帰 子規 時鳥 ほととぎす)の花の
お話とともに、「結核」がひとごとではなくなりつつある
という警告をかきました。

佳人薄命(かじんはくめい)にならないようにしましょう。
たとえ、美人で美形で、佳人であらせられても・・・

〔結核菌〕に対しては、
とくに、【免疫力】をたかめることが大切です。

【免疫】とは、血液中の白血球の働きにより、
病気から体を守る仕組みのことです。

【免疫の中枢】は、胸の胸腺です。

胸は、冷やさないようにして、
かといって[燃えるような、熱い胸]ばかりの状態ではなく、
熱い《気》は、腹におさめていきましょう。

そして
「熱いというよりは、いつでもあったかい胸」でいると、
免疫力も高まります。

☆さらに、体内をめぐる《気》の流れが、いつでも、
【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
という温度差(グラデーション)が、
ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
いろいろなことが楽しく、うまくいきます。

すなわち「冷-暖-熱」になっていると、
元気に、クールに、幸せな気持ちで生きられます。

☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、
「冷-暖-熱」の瞑想を
身につけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎☆ゴイサギ(五位鷺)羽づくろい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆首をのばし、クチバシ(嘴)で、
胸の羽毛や背中の羽根を毛づくろいする、
夕暮れ時のゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎「多層」的に混じりあう、青空の雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=============================
★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その93
=============================
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎よりそって眠る猫(ネコ)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆肌寒くなってきたので、芝生の上で、
茶トラとサビ猫がよりそい眠っていました。

どことなく、2つ巴(ともえ)がつくる
太極図(たいきょくず)に似た〔かたち〕です。↑↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎よりそって眠る猫(ネコ)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆柵内の芝生にいる2匹を
撮影していると、胡散臭げ(うさんくさげ)に
2匹とも薄目(うすめ)をあけてみていました。

*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~
☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」10月号を
アップしました。

●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 39 」
アラビア風タイルと椅子

●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」籠(かご)から目だけだして

●美樹さんは「ブータンの織物」マンダラ・ヤントラいっぱい

●Kayokoさんは「大阪再訪の旅 」 ゴールド大阪

●yosihiroさんは 「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」

●mariko さんは「うちの猫」ラウル君、両手の重なりぐあいが・・

●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Being】04
「ドア」 入口・出口…

●Ryoさんは「街中の亀たち」

●健治さんは「私の居場所」 定点観測-4

●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 65「父の笑顔」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*~・~・~・~*~・~・~・~*

◎※追記: 内藤 景代 (Naito Akiyo)記

     「父の笑顔」

いろいろと大変なことがあるようですね。

そんなときに、
自家薬籠中(じかやくろうちゅう)のものになさった
『冥想(瞑想)』 こころを旅する本 マインド・トリップ
の言葉がでてきて、ご自分をはげましたり、
大きな〔気づき〕を重ねたりしているごようす。
著者冥利(みょうり)につきます。


「知らぬがホトケ(仏)の天使から
知ってもホトケ(仏)の大人(たいじん)」

へ向かって「らせん的な逆戻り」で、
成長なさっているようですね。

それだけでなく、
瞑想(冥想)が呼吸をするように
和之さんの「生活の一部」になっていることも、
とてもうれしいです。

遠くから、はげましの《気》をおくって応援しています。

キノコ(茸)の季節。
キノコ(茸)マイスター((笑))のお話も勉強になりました。
(→「野生の思考」という、
  いのち(命)の発想法につながりますね。

秋の味覚や光景を楽しんでください。合掌


********************************************
◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス
NEW!! 【受付中!】
☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
●2016年10月23日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円 会員 4.000円
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
▼登録/解除
下記のシステムを利用して配信しています
『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
ID: 0000106654
  ***************************************** 

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/01
部数 532部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング