内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2016年06月04日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
     ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*
    2016年6月3日(金) いつも動かないペンギンのようなゴイサギ(五
   位鷺)がすばやく魚をとらえた連続写真6枚。黒法師(クロホウシ)別
   名サンシモンや薄紫のテッセン(鉄線)、アジサイ(紫陽花)、ヤマ
   ボウシ(山法師)、チガヤ(茅萱、白茅)などの植物がくふうしてい
   る→「野生の思考」という、いのち(命)の発想法の具体例をたく
   さん、カラフルな写真41枚。わが身にひきよせ【二重(ダブル)イメ
   ージ】で感じると「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」が湧いて
   くる《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、鷺、猫の瞑想=観想★
    》 #1☆アジサイ(紫陽花) いっぱい ピンク、紫、青、白#2☆アジ
   サイ(紫陽花) いっぱい ピンクと青 #3☆ カシワバアジサイ(柏葉
   紫陽花)八重 白 #4☆カルミア 5角形の花-赤・・・
    --------*----------*---------*----------*
    新月 6月05日 上弦 6月12日 満月 6月20日下弦 6月28日 
   ・今月の異名(いみょう)は水無月(みなづき) 
   ・24節気  芒種 (ぼうしゅ)6月05日 夏至 (げし)6月21日
    ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★西新宿スタジオはレッスン場所が6月・7月は5階と6階です
  
   ★今月 6月26日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕は、スタート2:30終了5:30
            (開場:2:15) マイスタジオ 5階・5C 
   ★new7月24日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
   〔3時間の集中レッスン・セミナー〕は、スタート2:30終了5:30
     (開場:2:15) マイスタジオ6階・6B
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アジサイ(紫陽花) いっぱい ピンク、紫、青、白
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆6月は、アジサイ(紫陽花 あじさい) の季節です。
   ピンク、藤色、紫、青紫、赤紫、水色、青、白などの花が、
    集まって、大輪の花のように咲いています。
   
   アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎アジサイ(紫陽花) ピンクと青、「野生の思考」という、いのち
   (命)の発想法につながる花の〔かたち〕
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆小花が球体をつくる、アジサイ(紫陽花) 。
   
    額(がく)のように、小花が球体をふちどる、
   ガクアジサイ(額紫陽花 がくあじさい)。
    どちらにしても、 小花は[装飾花]です。
   [普通花(真花)]という、
   いわゆる花は、極小で、シベ(蕊)のようにみえます。
     ちかよって小花の中央をみると、
    粒のような極小の花がみつかります。
      雨が多いと、装飾花が元気で、
    炎天には、普通花(真花)が輝くように咲く。
   
    長雨や日照り、どちらの天気にも対応できるように、
   アジサイ(紫陽花 あじさい) の花はできています。
    まさに、「野生の思考」という、いのち(命)の発想法につながる
   花の〔かたち〕が、アジサイ(紫陽花 ) といえます。
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↓◎カシワバアジサイ(柏葉紫陽花 かしわばあじさい)八重 白
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆白い装飾花が円錐形に咲く、アジサイ(紫陽花)、
   カシワバアジサイ(柏葉紫陽花 かしわばあじさい)。
    和名の由来は、緑の大きな葉に、深い切れこみがあり、
   カシワ(柏)の葉に見立てられたからです。
     カシワ(柏)の葉は、5月の端午の節句にたべる、
    柏餅(かしわもち)をつつむ葉です。
   ☆原産地は、北アメリカ東南部。アジサイ科(ユキノシタ科)
   落葉低木。5月から7月に八重と一重の白い花を咲かせます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↓◎カルミア 5角形の花 -赤-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆赤くとがった砂糖菓子のようなつぼみ。
   カルミアは、 5角形の花。
   サツキ(皐月 さつき)のそばに咲いていると
   紅いツツジ(躑躅 つつじ)とまちがえそう。ツツジ(躑躅 )科
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ カルミア 5角形の花-白-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ 白い小花が集まって咲く、5角形の花、カルミアは、
   アジサイ(紫陽花 あじさい) と思いがち。
    5月の夏日の陽ざしの下、
    「もうアジサイ(紫陽花)が咲いているよ」
   と、娘に教えている若いお父さんがいました・・・
     (・・・むずがゆい・・・おしい! いえないが… )
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎カルミア 5角形の花-3 金平糖のようなつぼみ 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ツツジ(躑躅 つつじ)科のカルミア。
    白いつぼみは、金平糖(こんぺいとう)に似ています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎折れ線グラフのような、雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↓◎ビロードクサフジ(草藤 くさふじ) 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆野原のようなところに、
   カラスノエンドウ(烏の豌豆 からすのえんどう)
   に似た、赤紫の小花が咲いていました。
      よくみると、ピンクと藤色の花が「多層」的に重なった、
   はじめて見る花です。
      帰宅後にしらべると、ビロードクサフジ(草藤 くさふじ) 。
   マメ(豆)科 ソラマメ(空豆)属。 明治時代以降の帰化植物。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↓◎大きなクラゲ(海月、 水母、ジェリ-フィッシュ)雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆横(―)にたなびく白雲と、放射状の白雲が、
    海中の大きなクラゲ(海月、 水母、ジェリ-フィッシュ)
   のようなかたちを 青空につくりだしていました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)-1 ピンク
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆朝から咲いている、月見草(つきみそう)は、
    縦(|)に縞のある、薄ピンク。
   その名もヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)。
    直射日光に輝いて、真昼にも咲きほこります。
   中央の黄色いシベ(蕊)は、十字形(+) 。
     アカバナ科マツヨイグサ(待宵草)属。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)-2 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆夕闇(ゆうやみ)せまる宵(よい)には、
    黄色い月見草(つきみそう)が咲きます。
     暗いので、うまく撮影できませんが、
     満月のような黄色い花。
   マツヨイグサ(待宵草 まつよいぐさ)です。
      宵待草(よいまちぐさ)ともよびます。
    竹久夢二(たけひさゆめじ)の歌♪で有名。
      アカバナ科マツヨイグサ(待宵草)属。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎月見草  マツヨイグサ(待宵草 まつよいぐさ)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆午後の青空に、
    上弦の半月をすぎ
   丸みをおびた〔昼の月〕がみえます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎午後の〔昼の月〕
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆ハナミズキ(花水木 はなみずき)の花が散り、
    緑の小さな果実をみのらせています。
   これから秋まで、じっくり時間をかけて、
   ふくらみをおびた、赤い実になっていくのでしょう。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎ハナミズキ(花水木)緑の果実
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆ハナミズキ(花水木)の別名は、アメリカ ヤマボウシ。
   日本には、近縁のヤマボウシ(山法師、山帽子 やまぼうし)
   が、むかしからあります。
    今、白い4枚の包葉(ほうよう)を花びらのように広げ、
    黄緑の小さな粒つぶの花を咲かせているのが、
   ヤマボウシ(山法師、山帽子 やまぼうし)。
      花びらのような白い包葉(ほうよう)を、
    山法師すなわち山伏(やまぶし)がかぶる
   帽子のような頭巾(ずきん)に見立てた、ともいわれます。
   ☆ヤマボウシ(山法師 やまぼうし) は、
    別名を「ヤマグワ(山桑 やまぐわ)」といいます。
      ミズキ(水木) 科の落葉高木。
   ヤマボウシ(山法師 やまぼうし)の果実は、
    桑の実(くわのみ)のような、丸く赤い苺に似た粒つぶ
    ベリーです。鳥たちが大好きで食べています。
     ひとも、むかしはつんでよく食べたようです。甘いです。
   ☆桑の実(くわのみ)をつんだ情景は、
    「赤トンボ(赤蜻蛉)」の歌にあります。
   ♪♪  山の畑の、桑(くわ)の実を
     小籠(こかご)に摘んだは、まぼろしか ♪
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎ ヤマボウシ(山法師)ヤマグワ(山桑) 
   白い4枚の包葉に粒つぶの花 〔野生の思考〕の例
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ 夏のようなモクモク雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↓◎チガヤ(茅萱、白茅 ちがや)〔野生の思考〕の例
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
   ☆「かやぶき屋根」とひとくちでいいますが、縦に長い日本で、
   「カヤ(茅 萱 かや)」というと、[ススキ(薄 芒)、オギ(荻 おぎ)、
    アシ(葦 芦 蘆 あし)、ヨシ(葦 よし)]の総称です。
   その地方により、カヤ(茅 萱 かや)とよばれるものはちがうようです。
     身近(みぢか)にある[ススキ(薄 芒)、オギ(荻 おぎ)、
    アシ(葦 芦 蘆 あし)、ヨシ(葦 よし)]のどれかを、使って
   「かやぶき屋根」にするようです。
      まさに、身近にあるものを活用する「野生の思考」によるブリコラ
   -ジュ(器用仕事)です。
     
   ◎下の半年間の邪気を、祓う〔茅の輪(ちのわ)〕も、同じ発想です。
   ☆《光》をあびて輝いている穂は、チガヤ(茅萱、白茅 )です。
     野原一面のチガヤ(茅萱、白茅)が、風にそよいでいると、
    銀の波頭(なみがしら)のようにみえます。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎種(たね)が綿毛(わたげ)について風を利用し、旅をして、新天
   地をめざします。・・・行き先は、風に聞け。→〔動けない植物〕
   の「野生の思考」という、いのち(命)の発想法です
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
   ☆チガヤ(茅萱、白茅 ちがや)の穂は、
    種(たね)が綿毛(わたげ)についています。
   風が吹くと、綿毛が空中に舞い、種は、飛んでいきます。
   
   植物は動けないけれど、
    風を利用し、旅をして、新天地をめざします。
   ・・・行き先は、風に聞け。
   
    〔動けない植物〕の「野生の思考」という、
   いのち(命)の発想法の例です。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎種(たね)がついた綿毛。風が吹くと、飛んでいく。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆種(たね)がついた綿毛が飛びやすい、
    強い風が吹いています。
    雲も流され、動きが速いです。
   
   種(たね)が、飛んでいく。・・・行き先は、風に聞け。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎強い風に、早く流れる雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *---*---*---*---* 
   ●芒種 (ぼうしゅ)6月05日
   
    芒種は、24節気のひとつで「イネ(稲)やムギ(麦)など、
   針状の突起、ノギ(芒)がある穀物の種まき時季」です。
   *---*---*---*---*
   ●夏至 (げし)6月21日
   
   夏至は、「☆この星・われらが地球の北半球では、
   一年で昼が一番長く、夜が一番短くなる日」です。
   太陽が、黄経(こうけい) 90度の、夏至点に達します
   *---*---*---*---* 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎三角△の白い花 トキワツユクサ(常盤露草)拡大
   →野生の思考、いのち(命)の発想の〔かたち〕→ヤントラ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆3枚の白い花びらが、 三角△をつくる、
   トキワツユクサ(常盤露草 ときわつゆくさ)が、
    密集して、元気に咲いています。
   ツユクサ(露草)というと、花びら2枚で咲く、青い花。
     ・・・そう思っていたので、10年ほど前に
   花びら3枚で咲く白い花に、はじめて出会ったときは、
   めずらしく感じました。[瞑想フォト・エッセイ]にも掲載。
      その後、トキワツユクサ(常盤露草)は、どんどん、増殖中。
   あちこちでみかけるようになりました。
       青いツユクサ(露草)は、朝咲き、昼しぼみます。
       白いツユクサ(露草)は、朝咲き、夕方しぼみます。
   トキワ(常盤)といっても、1日中咲くのは、むりのようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎三角△の白い花 トキワツユクサ(常盤露草) 群生
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
   ☆小さな野草の花も可愛いですが、20センチから30センチの
   大輪の花も、ゴージャスで、すてきです。
    以下に、園芸種の大きな花を3種、ご紹介。
   ☆闇紫の大きな花、別名をサンシモンという 
   黒法師(クロホウシ) は、ゴシック風味です。↓
    室内でそだつ、インテリア植物と思っていたので、
    太陽の輝く戸外で、元気よく、黒紫の花びら(?)を
   艶(つや)めかせていたのには、驚きました。
     まるで、照りのよい皮工芸品の花にみえます。
   人工的な感じで、妖しい夜の香りがしそうです。
      にもかかわらず、ぎらつく太陽光に負けずに、
   光る黒紫の花びら。・・・ミスマッチ感がおもしろいです。
      と、思ったら、じつは太陽光が大好きな、
   サボテンの仲間、多肉植物だったのです。
   
    原産地は、モロッコなど地中海沿岸。
    ベンケイソウ科で、日光が不足すると、黒紫が、
    緑っぽくなってしまうので、よく日に当てることが要点。
      そして、光る黒紫の花びら、と思っていたのは花ではなく、
    多肉植物(たにくしょくぶつ)の葉。
     →「野生の思考」という、いのち(命)の発想法で、
    花のようにみせている葉です。
       何年かに1度、咲く花は、黄色の小花。
   ・・・故事来歴(?)を知ると、ますますおもしろいです。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎黒法師(クロホウシ) 別名サンシモン多肉植物→野生の思考の例
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆20センチほどのクレマチスが咲いています。 
    薄紫のテッセン(鉄線 てっせん)です。
      なぜ、この優雅な花が「鉄の線 ?」
   と、聞きかえされることがよくあります。
      名の由来は、ツル(蔓)です。
   ☆外にだしておいた鉢植えのテッセン(鉄線)が、
    翌年、花を咲かせ、ツル(蔓)をのばし、
   ほかの樹木にからまり、ややこしくなったので、
    手でツル(蔓)を切ろうとして、納得しました。・・切れない。
   わたしの指のほうが、ツル(蔓)で切れそう。
   それで、注意喚起(?)をこめて、
    「鉄の線」と名づけたひとがいたのでしょう。
   ☆テッセン(鉄線)は、原産地が中国。
    江戸時代のはじめに輸入され、人気があり、
    和服の模様や浮世絵にかかれています。
    茶道の〔茶花〕としても愛され、 床の間にかざられ、すずやかです。
   
   ◎「テッセン(鉄線)=クレマチス」もまた、
    黒法師(クロホウシ) 別名サンシモンや、
   ヤマボウシ(山法師) やハナミズキ(花水木)のように、
    花びらにみえるのは、 花ではありません。
      →「野生の思考」という、いのち(命)の発想法で、
    花のようにみせています。
   
   テッセン(鉄線)の花は、「平開するガク(萼)」です。
   ほんとうの花は、「なくなっている」か、「小形でへら状」です。
    テッセン(鉄線)の花言葉は、「高潔」とか「精神的な美しさ」。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎テッセン(鉄線)=クレマチス 薄紫 「野生の思考」の例
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆大輪の30センチほどの赤や薄紅色のアマリリスが咲き、
   パワフルで《陽の気》に満ちています。
   6弁の大きな花びらが、六芒星(ろくぼうせい)のように咲きます。
      アマリリスは、 ヒガンバナ(彼岸花)科。ヒッペアストルム属。   
    学名のヒッペアストラムは、ギリシア語で[騎士]の意味。 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎アマリリス-1 白に赤の縞模様
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆アマリリスというと、子ども時代に聴いた
    ピアノ曲のメロディーを、思いだすかもしれません。
   ☆アマリリスは、多年草で、大きい花を、2から4個つけます。
   花の色は、白・赤・ピンク・淡オレンジなど。
     原産地は、中南米や西インド諸島。
    園芸品種は、数百種以上で、今も増加中。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎アマリリス-2 赤 ヒガンバナ(彼岸花)科 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   *-------*----------*---------*
    今月、ご紹介した花や生きものは、
    《★花と緑と翼あるもの、雲と夕焼け、鷺、猫の瞑想=観想★ 》
     としても、みてください。 以下に、41枚の順をかきます。
   *---*---*---*---* 
   ***************************
   #1☆アジサイ(紫陽花) いっぱい ピンク、紫、青、白
   #2☆アジサイ(紫陽花) いっぱい ピンクと青
   #3☆ カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)八重 白
   #4☆カルミア 5角形の花-赤-1
   #5☆ カルミア 5角形の花-白-2
   #6☆ カルミア 5角形の花-3 金平糖のようなつぼみ 
   #7☆折れ線グラフのような、雲
   #8☆ビロードクサフジ(草藤 くさふじ) -1
   #9☆ビロードクサフジ(草藤 くさふじ) -2
   #10☆大きなクラゲ(海月、 水母、ジェリ-フィッシュ)雲
   #11☆ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)-1 
   #12☆ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)-2 ピンク
   #13☆月見草 マツヨイグサ(待宵草 まつよいぐさ)
   #14☆午後の〔昼の月〕
   #15☆ハナミズキ(花水木)緑の果実
   #16☆ ヤマボウシ(山法師)ヤマグワ(山桑)
      →白い4枚の包葉に粒つぶの花 、野生の思考の例 
   #17☆ 夏のようなモクモク雲
   #18☆ チガヤ(茅萱、白茅 ちがや)野生の思考の例
   #19☆ 種(たね)が綿毛について風を利用し旅をして、新天地をめざ
   す。・・・行き先は、風に聞け。→〔動けない植物〕の野生の思考
        #20☆種(たね)がついた綿毛。風が吹くと、飛んでいく。
   #21☆強い風に、早く流れる雲 
   #22☆ 三角△の白い花 トキワツユクサ(常盤露草)拡大
    →野生の思考、いのち(命)の発想の〔かたち〕→ヤントラ
   #23☆三角△の白い花 トキワツユクサ(常盤露草)群生
   #24☆黒法師(クロホウシ) 別名サンシモン多肉植物→野生の思考
   #25☆テッセン(鉄線)=クレマチス 薄紫→→野生の思考の例
   #26☆アマリリス-1 白に赤の縞模様
   #27☆アマリリス-2 赤 ヒガンバナ(彼岸花)科 
   #28☆バン(鷭 ばん) 幼鳥とタンポポの綿毛
   #29☆ ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)-1 水の流れをみる 
   #30☆ ゴイサギ(五位鷺)-2 みをのりだすり出す
   #31☆ ゴイサギ(五位鷺)-3 首をぐーんとのばす
             伸縮自在な首→野生の思考、いのち(命)の発想法
   #32☆ゴイサギ(五位鷺)-4 足をふんばり、ねらう
   #33☆ゴイサギ(五位鷺)-5 魚を、とらえる
    →伸縮自在な首→野生の思考、いのち(命)の発想法
   #34☆ ゴイサギ(五位鷺)-6 満ち足りて翼をひろげ飛翔
   #35☆茅の輪(ちのわ) 夏越の祓え →野生の思考の例
   #36☆ 風にちぎれる、夏雲
   #37☆ エゴノキのつぼみと白い花-1
   #38☆ うつむいて咲くエゴノキ-2
   #39☆ 発泡するような白雲
   #40☆まばゆい夕焼けの茜雲(あかねぐも)
   #41☆ 石の門柱の上でくつろぐ白黒ハチワレ猫
   *-------*----------*---------*
    観想=瞑想は、むずかしくはありません。
    考えるのではなく、ふんわりと観てください。
    眉間にしわをよせないで、優しいまなざしで、観てください。
   *-------*----------*---------*----------*
   ◎瞑想(冥想 メディテーション)とは
   ◎まったく違う2つの「瞑想」 について。
     イメージをみる瞑想と、みない瞑想とは 
   ★瞑想(冥想)法=観想とは
   →かんたん「5分間瞑想法」(方法,やり方)は、
   →→瞑想・冥想法-精神世界(内藤景代指導)
   →→→では、かんたんな瞑想をやってみよう! 
   ◎5分間 瞑想法 
   http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/9006/
   ★ヨガと瞑想,呼吸法,精神世界についてのよくある質問と答
     http://meditationyoga.web.fc2.com/
   ====================
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎バン(鷭 ばん) 幼鳥とタンポポの綿毛
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆おでこからくちばし(額板)が赤い水鳥、バン(鷭 ばん) 。
    黒い鳥で、ツル(鶴)目のクイナ(水鶏)科。
    バン(鷭 )の幼鳥が池から上陸して、目の前を散歩中。
   新鮮な野草をサラダのようにつまんでいます。
   そのうち、たちどまり丸いタンポポの綿毛に注目。
    (・・・どうするかな? )   と、こちらも注目((笑))
      すると、ゆっくり近づき、クチバシ(嘴)を、
   タンポポの綿毛につけ、食べようとします…
    (なんだこりゃ! まずい!! ぺっぺっペ!!!)
   とばかり、あわてて水べに走ります。
    水中に入るかと思いましたが、水際でこらえる((笑))
      タンポポの綿毛にこりたのか、反対方向を散策しはじめます。
   ひとつ苦い(にがい)体験をつみ、からだ(体)で覚え、
   「トライ・エンド・エラー・フィードバック」したようです。
   かわいそうだけど、気づかれないように笑ってしまいました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)-1 水の流れをみる 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆夕闇がおりてくると、漁(りょう)をする、
    夜型(?)のゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)が、
    池のくい(杭)にのり、水の流れをみています。暗い・・・。
   ☆ブルーグレーのゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)が、
   オレンジ色の足指を開いてふんばり、
    池の水の流れをみて、魚をねらっています。
   丸っこい、幼鳥のようです。
     去年、茶色に白い斑点の「ホシゴイ」だった幼鳥か?
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴイサギ(五位鷺)-2 みをのりだす
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆いつみても、じっと動かないゴイサギ(五位鷺)。
   まるで、ブルーグレーのペンギンのようです。
     今回も、遠くから、その姿をのんびりとみていました。
    すると、めずらしく、すばやく動きだします。
   みをかがめ、みをのりだす。
    目を見開き、お尻を上につきだす。
    足のつけ根の白い羽毛がふわふわ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴイサギ(五位鷺)-3 首をぐーんとのばす→伸縮自在な首→
   野生の思考、いのち(命)の発想法
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆しっかり、くい(杭)をつかみ、
   クレーンのように、首をぐーんとのばす。
     いつものゴイサギ(五位鷺)の〔かたち〕、
    猫背(ねこぜ)に丸まったスタイル、
   ペンギン・スタイルとはちがうので、別の鳥のようです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴイサギ(五位鷺)-4 足をふんばり、ねらう
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   いつものゴイサギ(五位鷺)の〔かたち〕と ちがう、とはいえ、
   サギ(鷺)類としては、基本の〔かたち〕なのでしょう。
       白鷺(コサギ、ダイサギ)や青鷺(アオサギ)と同じ
   [伸縮自在な首]のもちぬし、ゴイサギ(五位鷺)でした。
      クレーン=ツル(鶴)のように、首を[伸縮自在]に動かす、
   ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)の姿。はじめてみました。
       覇気(はき)と、やる気が、
   クチバシ(嘴)の先端から全身にみなぎっています。
      ホシゴイの幼鳥時代からはもちろん、
    成鳥のゴイサギ(五位鷺)としても初見の姿。
       (めずらしい、はじめてみる姿だな~)
   ・・・感慨((笑))にふけっていると、
   なんと! すばやく、魚をつかまえました。下の写真↓
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎ゴイサギ(五位鷺)-5 魚を、とらえる
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   [伸縮自在な首]をちぢめ、クチバシ(嘴)に魚をくわえている姿。
    あまりの速さに、驚きました。
   ゴイサギ(五位鷺)の勇姿((笑)) はじめてみました。
      それだけでなく、あのホシゴイの幼鳥だとしたら、
    成長したのがうれしいです。
   
   ◎ひとと同じで、
    [食べる]ための仕事、かんたんではないな、
   と、ゴイサギ(五位鷺)のいつもの姿をみると、
    【二重(ダブル)イメージ】で感じていたので、
    喜びも、倍増です。    めでたい!
      その後、 ゴイサギ(五位鷺)は、うれしそうに大きな目を開き、
    満ち足りて、翼をひろげ、夕闇に飛翔していきました。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ↑◎ゴイサギ(五位鷺)-6 満ち足りて翼をひろげ飛翔 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆上記のチガヤ(茅萱、白茅)のお話で、茅の輪にふれました。
   ◎茅の輪(ちのわ)は、ススキ(薄 芒)、オギ(荻)、アシ(葦 芦 蘆)、
   ヨシ(葦)など、身近(みぢか)にはえている
   「カヤ(茅=ち )」という、夏草で編んだ巨大な円形のリースです。
   ☆切ったばかりの夏草は、
   いのち(命)の力にあふれて生気に満ちています。
   つんだ夏草を手にもって歩くと、疲れていても元気になります。
      母の介護をしているとき、散歩では、
    母にかならず、夏草や野草をにぎらせていました。
   ◎神社によっては、6月の月末、30日の晦日(みそか)に
   [夏越の祓え](なごしのはらえ)として、
    大きな茅の輪(ちのわ)を飾ります。
    夏草でなく、わら(藁)のところもあります。
      そして、「はらいたまえ、きよめたまえ」と
    となえながら、実際に、茅の輪をくぐります。
   
    今年の半年間でたまった、
   [今の自分]にとって、[いらないもの、不要な物]
   こころと体にたまった[邪気] を
   「気のレベル」で出してしまう日が、夏越しの祓えです。
       円満具足のマンダラ的な「輪=円」をくぐり、
    心身にたまった邪気を放出し、
    夏草のパワーを吸収することで、再生しリフレッシュする。
       写真は、東京の代々木八幡神社の茅の輪です。
   この神社は『御宿 かわせみ』などで有名な、
    作家・平岩弓枝さんのご実家です。
   ☆たとえ茅の輪をくぐらずとも、
    自分という「個人商店」の「半期に一度の、邪気の大放出」で、
    元気になる という「野生の思考」のいのち(命)の発想の例
   と考えると、よろしいのではないでしょうか。
   
   ★この写真の茅の輪をみて、
    瞑想(冥想)的に、「気の体」で、この輪をくぐり、
    邪気を払う・・・とイメージしても、効果的です。
   「野生の思考」という、いのち(命)の発想法の実際として。
     野生の思考は、[神話的思考]であり、
    〔かたち〕に、シンボル(象徴)的な意味を与えていく、
    古代からの思考形式だからです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎茅の輪(ちのわ) 夏越の祓え [野生の思考]の例
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎風にちぎれる、夏雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆水べに、白い涙(なみだ)型のつぼみが、
   つりさがり、ゆれています。
     たくさんの涙の粒のようにもみえます。
    風にゆれる、エゴノキのつぼみです。
   ☆エゴノキ科のエゴノキの名は、
    果実を食べると「エグイ」味がするからだそうです。
   ★エゴはラテン語で
   「わたし=自己=自分=私=自我=吾」のこと。
    [IDカード]の基本になる
    ID=アイディ=アイデンティティ(自己同一性)の基本です。
   ◆4,000年のヨガと瞑想の歴史は
   「自分とは誰か?(Who am I ? )」
   の「気づきの物語」で、意識の進化の物語です。
    詳細は、『ヨガと冥想 』を。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎エゴノキのつぼみと白い花-1
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆エゴノキの白い花は、
    〔真ん中が黄色い、白い星〕のように開花します。
    緑の中で、見上げると、うつむいて咲くエゴノキは、
    緑陰の白い星のように輝いています。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎うつむいて咲くエゴノキ-2
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
     ★こころ と からだ   コーナー★ 
   ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
   ●青空に入道雲がはえる、初夏(しょか)から、
   しっとりした湿り気のある梅雨(つゆ)に変化していきます。
   お元気におすごしですか?
   
   ◎温度差や、季節の変化に対応するのは、
   いのち(命)の中枢、首の上にある[脳幹]です。
   
   [脳幹]は、「1日24時間で1回転する」地球の動きにあわせ、
   睡眠、呼吸、代謝、循環、体温調節など
   [生きる]ことを調整する中枢です。
   
   首や肩がこっていると、[脳幹]もうまくはたらきません。
     首を曲げて、スマホを見続けていると、
    首や肩が硬直し、首こり・肩こりになります。
   
   そうならないように、1日に何回か、 目を閉じて、息を吐きながら、
   ゆっくり、首をまわしましょう。左右それぞれ3回ずつ。
       両肩も、左右それぞれ3回ずつまわしましょう。
   
   ◎液体として流れていたものが、
   固体として固まってしまった状態が〃こる〃ことで、
   それが定着した状態が〃こり〃です。
   筋肉だけでなく、血流や《気》の流れも、固めないように、
   まめにほぐしてリラックスしましょう。
   
   ★[脳幹]と自律神経、大脳などとの関係、
    脳と体の休息や「睡眠=休息と、覚醒=活動」については、
    以下をどうぞ。↓↓
         生きづらいと思っている人へ
   『3つの脳で、楽に3倍生きる 
    大脳・小脳・脳幹は、こころ体いのち。明るく豊かに健康に』
    内藤 景代・著 Amazon Kindle版 ☆スマホ・PCでも読める電子書籍
    
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ☆今年も、半分たちました。
   [茅の輪]のお話をしましたが、月末まで待たなくても、今から
   自分という「個人商店」の「半期に一度の、邪気の大放出」で、
   元気になりましょう。
   
    《よいもの》を入れるには、まずは、いらないものを出す。
     コップに汚水がたまっていれば、綺麗な水は入りませんから。
   
   まずは、汚水のような邪気を出す。
   そうすると、厄落としができて、よい[運気]が流れこんできます。
   
    邪気などを[不要になったカルマ]とイメージして出し、
   よい《気》をとりいれる
   [カルマ浄化の呼吸瞑想]も、おすすめです。↓↓
   
   ◎[カルマ浄化の呼吸瞑想法]は、
    内藤景代の〔声〕が誘導するCDや、
   カラフルな瞑想(冥想)のDVDに、はいっています。
   
   「くつろぎの冥想」CD
    内藤景代の〔声〕が誘導するCD  カルマ浄化冥想(瞑想)法     
   
   DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』 カラフルな瞑想(冥想)のDVD
    カルマ浄化法
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ●今月も、いろいろな[植物]や[動物]たちの
   「野生の思考」という、いのち(命)の発想法につながる
    くふうにみちた生き方をご紹介しました。
   
   ご自分に引きよせて考えてみると、
   いろいろなヒントが湧いてくることでしょう。
   
   ◎わが身にひきよせ【二重(ダブル)イメージ】で感じると
   「生きる知恵と勇気、自分を信じる力」も湧いてくるでしょう。
   
   ●「野生の思考」についてかいたページに、
   ※追記:を2つ掲載しました。
   http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-18/03-04-18.htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      追記が2つ、下記にあります。↓↓↓16.5.5 立夏 
   ★[科学的思考法]=論理学の基本(A = A→同一原理 princep
   le of identity =I D アイディ (→アイデンティティ ☆「自分が
   イヤ……私 ≠ 私  A ≠ A 」と論理学。『わたし探し・精神世
   界入門』内藤景代・著 Who am I ? 
   
   ★★早稲田大学のわたしの卒業論文「サド侯爵とフランス革命 個
   人と社会」2人の師:澁澤龍彦さんがサド、ルソ-は平岡 昇先生が
   担当 (→フランス的パンセ(思考)16.5.5記:
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆この※追記:をかいていて、 瞑想(冥想)的になりました。
   
    今、わたしが「野生の思考」という、
   いのち(命)の発想法につながる話をたくさん書いているのは、
   じつは、上記の2つにつながっている
   [奥深い意識の流れ]だったのだ・・・ と気づきました。
   
   というのも、21歳でかいた、早稲田大学のわたしの卒業論文
   「サド侯爵とフランス革命 個人と社会」
   の「その先」をみつけるために、ヨガ・瞑想・呼吸法を
   修行していたのだ、といまさらながら、気づいたのです。
   
    縦(|)と横(―)の座標軸(+)をつくった、R・デカルトだけでなく、
   「フランス的な思考(パンセ)」の
   [個人]を追求したマルキ・ド・サドや
   A・ランボー(わたしとは、他者である→見者ボワイヤン・俺は劣等
   人種)    超現実主義(シュール・レアリスム)などが、
   わたしのヨガと瞑想の深い[根っこ]に、無意識的にあるからです。
   
   上記のひとつひとつの言葉の定義やくくりかた、概念は、
    長くなるので今回はパスします。ご容赦を。
   ご興味がおありでしたら(個人的に)ググってくださいませ。
     ようするに、
   「ヨガと瞑想・呼吸法の先生が、今なぜ、野生の思考なの?」
   というご質問には、
    「順序が、逆なのです」 とお答えします。
   
   「野生の思考」的に、神話的思考で、
   シンボル(象徴)的意味を与えていく思考形式や
   「シャーマン」の能力を学んでいったら、
    結果として、ヨガと瞑想・呼吸法の先生になった・・・
   というのが「私のヨガ」だったわけなのでしょう。
      ひとごとのように、自分をみて、そう感じます。 ↑↓
          ☆成長物語としての内藤景代の本たち 
   そして、[個人]的なものが、
   ほかのかたのお役にもたてる「普遍性」をもっている
   【仕合わせ】にもめぐまれた・・・ような気がします。
     長くなるので、このお話は、また・・。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    What is New! 追記:16.5.5 立夏
      ☆[科学的思考法]=論理学の基本(A = A 
   →自同律=同一原理 princeple of identity 
   =I D アイディ (→アイデンティティ 
   ☆「自分がイヤ……私 ≠ 私  A ≠ A 」と論理学。
   ◎犬であることがイヤ(→ スヌーピーの人気 
   ●『わたし探し・精神世界入門』内藤景代・作 Who am I ?
   
   2002年7月22日(月) 
   ●私とは、何か?=Who am I ? 
   ●『わたし探し・精神世界入門』と、
   埴谷雄高の『死霊』の「自同律の不快」のつながりぐあい。
   ●精神のリレ-◎スヌーピー 犬になりたくなかった犬 
   http://www.bigme.jp/00-0-01-essay-news/2002-07-22/2002-07-22
   .htm
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★★早稲田大学のわたしの卒業論文「サド侯爵とフランス革命 個
   人と社会」2人の師:澁澤龍彦さんがサド、ルソ-は平岡 昇先生が
   担当 (→フランス的パンセ(思考)16.5.5記:
   
   2002年7月14日(日)  
   ☆「民主主義の原点」、パリ祭。 ☆三色旗、自由、平等、博愛。
   ☆個人(ME)と社会(BIG)の対立を、フランス革命をヨコ軸
   として考えた、わたしの卒論。☆ルソ-で高名な平岡 昇先生と、
       サド裁判の澁澤龍彦さんのお二人が、わたしの早稲田大学の
       卒業論文の先生の理由(わけ)☆1960年代
   http://www.bigme.jp/00-0-01-essay-news/2002-07-14/2002-07-14
   .htm
       
   ※追記: ●【野生の思考】(パンセ ソバ-ジュ)のお話と
   実例としての、11枚の「野生の三色スミレ」(パンセ ソバ-ジュ)
   や、花と鳥たちの45枚のカラフルな写真
   http://www.bigme.jp/00-16-03/16-03/16-03.html 
   ※※追記:●【野生】のスミレ(菫)は、 種(たね)をアリ(蟻)が運
   ぶ★24節気のパターン変化を内藤景代の現代風ヤントラ=絵文字=
   変換文字であらわす→1つの流動的な〈波マークのヤントラ〉から
   ,分節された〈金剛ヤントラ〉へ→→デジタル変換 流動を固形に 
   波と金剛★「夢を実現する」ために必要な哲学と発想を助けるヤン
   トラ=絵文字・変換文字など、【野生】のスミレ(菫)4枚
   http://www.bigme.jp/00-12-3/12-3-1/12-3-1.htm 
   ※追記:●【野生】の綿花から、《糸》を紡(つむ)ぎ、その《糸
   》を縦(|)と横(―)に織りだして、木綿(もめん)の布にするお話、
   「野生の思考」的なブリコラージュの鳥の巣のお話、ワタ(綿 わ
   た=コットンの花と実などの写真
   http://www.bigme.jp/00-07-12/07.12-1/07.12-1.htm 
   
   ●「野生の思考」とは、世界の構造=形を、
    「動物や植物など自然界にある構造(形)」
   の助けをかりて表現する方法でもあります。
   ●「冥想」をするときに 「冥想の道具」である
   「ヤントラ」という「形=構造」を使います。
      それは   「ヤントラの形=構造」が、
    「こころの無意識や意識」をかたちづくる、
   パタ-ンをもっているからです。
      そのあたりのことをかいたのが、
   魔法のかたちと力『ヤントラ』です。 
    『聖なるチカラと形・ヤントラ』(内藤 景代・著)
   
      
   【芸術は、[自然]の模倣】ともいわれます。
   [自然]は、啓(ひら)かれた、生きている本です。
   
    問題意識という触角をもって、ご自分に引きよせると、
    身につまされるとか、体感としてよくわかるでしょう。
   
   ゆっくり息を大きく吐くことが大切です。
    6ヶ月でたまった[邪気]は吐きましょう。
   
   ☆さらに、体内をめぐる気の流れが、いつでも、
   【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
   という温度差(グラデーション)が、
   ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
   いろいろなことが楽しく、うまくいきます。
   
   ☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、冷-暖-熱の瞑想を
   身につけましょう。
   ☆「冷-暖-熱」の練習には以下をどうぞ。
     『ヨガと冥想』 内藤景代・著   ◎ 本『ヨガと冥想』
           ◎DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』
     * ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ** 
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎発泡するような白雲
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◎まばゆい夕焼け、茜雲(あかねぐも)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ============================
   ★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その90
   =============================
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ↑◎石の門柱の上でくつろぐ白黒ハチワレ猫
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   ☆門柱の上にねそべり、
    道ゆくひとを、薄目(うすめ)をあけて、
    睥睨(へいげい)している猫(ネコ)がいます。
     角(かど)が摩滅した石の門柱で、時代をへています。
    観葉植物の鉢によりそい、くつろぐ、金目の白黒ハチワレ猫。
    貫禄十分(かんろくじゅうぶん)です。
     前を通るときは、つい、頭をさげてしまいます((笑))
   敬意(リスペクト)をひょうして、虹のような7色の額でふちどりました。
   
   *~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~
    
   ☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」6月号をアップ
   しました。こちらへ 
   http://www.nay.jp/0-seito-neko/index/index.htm
   
   ●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 35 」 巨大ペア サボテン
   ●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」幼年時代のそら君、ちっさい
   ●美樹さんは「灌仏会」花まつり おシャカ様の誕生日(灌仏会)
   →〔天上 天下  唯我  独尊〕と上と下を指さす幼いおシャカ様 
   ●Kayokoさんは「夜の京都タワー」屋根瓦を波に見立てた灯台
   ●yosihiroさんは 「多摩中央公園で」 片足立ちで休息中のカモ
   ●mariko さんは「うちの猫」、見上げるしぐさが色っぽい・・・
   ●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Setting】13 「Box」  
   ●Ryoさんは「石の魚」 緑の中でみつけた物語
   ●健治さんは「私の居場所」 なんの花?
   ●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 61 「アニマ」 
    *~・~・~・~*~・~・~・~*
       ◎※追記:  「アニマ」 ・・・       内藤景代 記
                   
   「アニマ」とは、ユング心理学の元型イメージのひとつで、
   たましい(魂)の女性形。
       一対(ペア)になる、
   たましい(魂)の男性形は、精神(アニムス)。
       実際の人生であらわれる場合は、
    運命的な女性を「アニマ=魂」
    英雄的な男性を「アニムス=精神」という。
    男性の精神を導く、運命的な女性を「アニマ=魂」といい、
    〔声〕や瞑想的なイメージであらわれることがよくあります。
   今回の和之さんの体験記は、上記の例でしょう。
     
   ※アニマ、アニムス 、たましい(魂)については、下記を。↓
   『たましい(魂)の世界観を呼吸する      004-意気の呼吸法』 
         内藤景代・著☆Amazon Kindle版  
  ********************************************
   ◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス 
    NEW!! 【受付中!】
   ☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
     ●2016年6月26日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円   会員 4.000円 
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp  
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
            ▼登録/解除
      下記のシステムを利用して配信しています
      『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
       ID: 0000106654
      

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/01
部数 545部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年3月現在8800人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング