内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

★内藤景代が贈る瞑想フォト・エッセイ★


カテゴリー: 2016年05月02日
★「内藤景代の瞑想フォト・エッセイ」
          ☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
       この世界は、神秘が形になり、
       物質は波動を放射している。
       広大な時の流れと、宇宙的空間に思いをはせ、
       命あるものと結び合う、
       今、ここの自分を大切に。
☆~☆~☆-----------------------☆~☆~☆
        美しい写真や画像はHPでごらんください。
           http://www.bigme.jp
          --------*----------*---------*----------*

2016年5月1日(日)《自分の内部に秘められた、龍の力 》が▼下の赤
い力から湧き上がる「虹色に輝く、龍。見上げる、招き猫」の3D(
立体)ヤントラ 内藤景代・作/【潜在能力が開花して龍に変身す
る】という、登龍門の伝説を「野生の思考」によるブリコラージュ
器用仕事の例として、 内藤景代が制作。イメージが豊かに湧く瞑想
(冥想)用の作品2点。バラ(薔薇)やハナミズキ(花水木)、フジ
(藤)、スズラン(鈴蘭)、アケビ(通草)、アヤメ(菖蒲)カキツバタ
(杜若)シャガ(射干、胡蝶花)アオサギ(青鷺)五位鷺、三毛猫など
38枚の写真。

         --------*----------*---------*----------*

新月 5月07日 上弦 5月14日 満月 5月22日下弦 5月29日
・今月の異名(いみょう)は皐月(さつき)
・24節気 立夏 (りっか)5月05日 小満 (しょうまん)5月20日


★今月のピックアップ写真

◎今月は、《自分の内部に秘められた、龍の力 》が▼下の赤い力か
ら湧き上がる「虹色に輝く、龍。見上げる、招き猫」の3D(立体)
ヤントラ 内藤景代・作/【潜在能力が開花して龍に変身する】と
いう、登龍門の伝説を「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕
事の例として、 内藤景代が制作。イメージが豊かに湧く瞑想(冥想)
用の作品2点。バラ(薔薇)やハナミズキ(花水木)、フジ(藤)、
スズラン(鈴蘭)、アケビ(通草)、アヤメ(菖蒲)カキツバタ(杜若)シャ
ガ(射干、胡蝶花)アオサギ(青鷺)五位鷺、三毛猫など計38枚のカ
ラフルな写真を、お楽しみください。《★花と緑と翼あるもの、猫
と鷺、ヤントラの瞑想=観想★ 》としても、どうぞ
***************************
★西新宿スタジオはレッスン場所が5月・6月は5階と6階です
→→●内藤景代のレッスン ご案内
☆2016年 5月    new★  6月

★今月 5月29日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕は、
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15) マイスタジオ 6階・
6B

★new6月26日(日曜 ) 内藤景代のヨガ、瞑想、呼吸法のコツ
〔3時間の集中レッスン・セミナー〕は、
スタートが2:30終了は5:30です (開場:2:15)マイスタジオ 5階・5
C
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎バラ(薔薇 ばら) ピンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆5月は、バラ(薔薇 ばら)の季節です。
赤やピンク、黄色や白、オレンジなどの大小の花が、
丹精(たんせい)なさった庭や生け垣、
アーチなどにからんだりして咲いています。

一重の「ワイルド・ローズ」や
八重の大輪のバラ(薔薇 ばら)など、多様です。

サクラ(桜 さくら)、ウメ(梅 うめ)、モモ(桃 もも)も、
バラ(薔薇)科の花です。

白い花が咲き、果実がおいしいリンゴ(林檎 りんご)や
イチゴ(苺 いちご)、ビワ(枇杷 びわ)なども
バラ(薔薇)科です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎モッコウバラ(木香茨、木香薔薇 もっこうばら) 黄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆黄色いモッコウバラ(木香茨、木香薔薇 もっこうばら)は、
ツル(蔓)をのばして、塀や階段、フェンスをおおいつくします。

香りがよい小さなバラ(薔薇 ばら)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ バラ(蔓薔薇 ばら) 白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆白いバラ(蔓薔薇 ばら)の小花も次つぎに開き、
濃いめの緑の葉を背景に、さわやかに咲いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎スズラン(鈴蘭 すずらん) 白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ランプ(洋燈)のような小花がならぶ、
白いスズラン(鈴蘭 すずらん)。
1センチほどの花が風にゆれると、
澄んだ鈴(すず)の音(ね)が聞こえそう・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草 せりばひえんそう)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆道ばたに咲く、1センチほどの薄紫の野草、
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草 せりばひえんそう)。

下に拡大した、青紫や薄紫の花を、
西洋ではイルカ(ドルフィン)のイメージに見立て、
日本では鳥(飛燕=ツバメ 燕)に見立てた、
名がつけられています。

海を泳ぐ花か、空を飛ぶ花か・・・。
あなたも、想像力(イマジネーション)を遊ばせてください。

セリバ(芹葉)というのは、葉っぱが
春の七草の「セリの葉(芹の葉)」に似ているのが、名の由来です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草 )-2 薄紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆《光》をすかした、新緑の若葉(わかば)が、
眩しい(まぶしい)季節です。

いろいろなサクラ(桜 さくら)も、
すでに葉桜(はざくら)になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎新緑の若葉(わかば)-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎フジ(藤 ふじ)-1 薄紫 ウイステリア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆鉢植えの低いフジ(藤 ふじ)や、
高い藤棚(ふじだな)をはうフジ(藤)、
テニスコートなどの金網をびっしりおおうフジ(藤)。


どこにツル(蔓)をからませるかで、
フジ(藤)の風情(ふぜい)が変わります。

優雅だったり、ワイルド(野性的)だったり、
可愛かったり、神秘的だったり、
亀戸天神のように、江戸の粋(いき)だったり・・・。

上は藤棚、下は2階の高さの金網にからむ、
フジ(藤)の花。
ウイステリアです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎フジ(藤 ふじ)-2 マメ(豆)科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎新緑の若葉(わかば)-2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アケビ(通草)の花-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ツル(蔓)からアケビ(通草)の花が咲いています。
アケビ(通草)は、雌雄同株。
同じ株から、雌花♀と雄花♂が咲きます。

上の右、太めの雌しべが数本あるのが雌花♀。
球体のように丸まった雄しべがある雄花♂。

アケビ(通草)の果実は、10~15センチ前後の藤色。
ふわふわの実です。薄味(うすあじ)。

☆下は、アケビ(通草)の雌花♀。
その下が、アケビ(通草)の雄花♂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アケビ(通草)の花-2 雌花♀
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アケビ(通草)の花-3 雄花♂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白卯(しろうさぎ)のように白い花、
ヒメウツギ(姫卯木 ひめうつぎ)。

別名、ウノハナは「ウツギの花」の略です。

黒いウ(鵜)ではなく、
白いウ(卯 兎)に見立てた、ウノハナ。

そこから連想して、
白い豆腐をしぼった雪花菜(おから)も、
ウノハナとよびます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ヒメウツギ(姫卯木 ひめうつぎ)白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆アオキ(青木 あおき)の花、
赤紫の雌花♀です。下の写真

数ミリの、小さな赤紫の4弁花。
ギリシャ十字(クロス)のような
プラス(+)の形です。
赤紫のまん中に、
ぬれたような黄緑のメシベ(雌蕊♀)があります。

◎1月に赤い実としてアオキ(青木 あおき)をご紹介。
2月には、赤い実がなる
雌花(めばな)♀のアオキ(青木)の花芽をご紹介。
3月には雄花♂の花芽をご紹介。

先月4月は、開花した雄花(おばな)♂。
中央にメシベ(雌蕊♀)がありませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アオキ(青木 あおき)の花 赤紫 雌花♀
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木 はなみずき)-1 ピンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆サクラ(桜 さくら)が終わるころ、
白やピンクのハナミズキ(花水木 はなみずき)が
咲きはじめます。

ハナミズキ(花水木)の別名は、アメリカヤマボウシ。
4枚の花弁のまん中にある、粒つぶが花です。
花びらにみえる4弁のものは、包葉(ほうよう)。

包葉(ほうよう)という葉は、
「地味な小さな花」が大輪の華やかな花にみえるように、
花びらの役をするわけです。

包葉は、花びらの役をする前に、
下の写真↓のように、
「粒つぶの花」を守るパッケージの役をします。
そのとき、いろいろな〔かたち〕の花にみえます。

秋になると、「粒つぶの花」は、赤い実になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木)-2 粒つぶの花 〔野生の思考〕の例
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆春は4弁の花が楽しめ、秋は赤い実がいっぱいなる。
赤い実を好きな鳥もやってくる。
実を食べた鳥は、どこかへ種(たね)を落としてくれるので、
ハナミズキ(花水木)は遠くで芽をだすこともできる・・・。

ハナミズキ(花水木)は〔野生の思考〕として、上記のような
深慮遠謀(しんりょえんぼう)をめぐらせているわけです。
脳は、ありませんけれど・・・。

まず楽しみをあたえ、次に自分も得をするように、
植物など〔野生の思考〕は発想するようです。

ひとの立場としては、春と秋の2回、楽しめるので、
ハナミズキ(花水木)は、公園や新築の家などにうえられ、
平成時代の人気の花のひとつになっているようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木)-3 ピンク 包葉(ほうよう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆変わったかたちの花にみえます。上の写真↑
これだけでなく、いろいろな〔かたち〕になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木)-4 ピンク 包葉(ほうよう)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「粒つぶの花」を守るパッケージの役をしている包葉。

こんな〔かたち〕の花にもみえます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木)-5 白 花
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ハナミズキ(花水木)-6 白 樹木
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*---*---*---*---*

●立夏 (りっか)5月05日

立夏は、24節気のひとつで、「夏の気配が現われて来る時季。
天文学的には、天球上の
黄経45度の点を太陽が通過する時点」です。

*---*---*---*---*

●小満 (しょうまん)5月20日

小満は、24節気のひとつで、「陽の気が高調してくる時季で、
万物がほぼ満ち足りてくる時季」です。

*---*---*---*---*
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎縦(|)と横(─)に流れる絹雲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆5月5日は、〔五節句〕のひとつで、むかしは、
男子の成長を願う、〔端午の節供〕(たんごのせっく)。

勝負(しょうぶ)と菖蒲(しょうぶ)をかけて、
【二重(ダブル)イメージ】で、〔菖蒲の節句〕ともいいます。

敗戦後、男女をとわず、子どもの成長を願い祝う
〔子どもの日〕になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★「鯉の瀧昇り」「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕事の
例 内藤景代・作 横(─)に流れ、泳ぐ鯉(こい)が、縦(|)に落ちる
滝を、さかのぼると、【潜在能力が開花して龍に変身する】という
、登龍門の伝説 内藤景代・作
★「鯉の滝昇り」 「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕事
の例 内藤景代・作 (→横(─)に流れ、泳ぐ鯉(こい)が、縦(|)
に落ちる瀧を、さかのぼると、【潜在能力が開花して龍に変身する
】という、登龍門の伝説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕事の例 内藤景代・作
「虹色に輝く、龍。見上げる、招き猫。▼下の赤い力から湧き上が
る、《自分の内部に秘められた、龍の力 》」3D(立体)ヤントラ
内藤景代・作
↑★瞑想用 ヤントラ3D(立体) 「野生の思考」によるブリコラ
ージュ器用仕事の例 内藤景代・作 「虹色に輝く、龍。見上げる、
招き猫。▼下の赤い力から湧き上がる《自分の内部に秘められた、
龍の力 》」3D(立体)ヤントラ 内藤景代・作

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ 〔子ども〕のイメージは、
深層心理学のC・G・ユングによれば、
「未来、可能性、潜在的なエネルギー」などの象徴(シンボル)です。

反対に、「未熟さ、幼さ、無謀なコントロールできない力」
などの否定的なイメージもあります。
どちらのイメージも正しい・・・。

〔子ども〕のイメージは、
肯定的にも、否定的にもなります。
〔両義的〕(りょうぎてき)なイメージです。

そういう意味で、
男子だけの端午の節供(たんごのせっく)から
敗戦後〔子どもの日〕になった「国民の休日」は、
子どもだけでなく、おとなになったひとにも、
祝われるとよい、大切な日かもしれません。

というのも、
翼をもった両性具有の「永遠の少年」は、
「精神の春」の象徴(シンボル)だからです。

ローマ神話では、不死の「永遠の少年」エロス(愛)は、
翼をもった子どもの天使でもある、キューピッド。

羽根のはえた、いたずら天使・キューピッド(キューピー)は
「未来、可能性、潜在的なエネルギー」などの象徴(シンボル)です。


いくつになっても、こころ(心)の深いところで、
不死の両性具有の存在、「永遠の少年(乙女)」として
だれのこころ(心)のなかにも、生き続けています。

自分で自分に〔限界〕をつくり、
もうダメだと大脳が思っても、
〔子ども〕のイメージが動きだすと、
ほかの小脳や脳幹が、協力して、
今までにない〈力〉が出てきます。

〔子ども〕だよ。未熟だよ。上等じゃないか。
そんだけ、のびしろがある、
可能性のかたまりという意味でもあるわけだ。
・・・という〔声〕が聞こえてきたりして・・・・・・。
やさぐれてなんか、いられないよ。
翼(つばさ)を毛づくろいして、
上に縦(|)に、飛ぶ準備をしなくちゃ。

そいう〔声〕を閉じこめ、ふたをして、
「ない」ことにしていた、
こころの<分裂>を統合する、
きっかけになるのが、
立夏の5月5日、子どもの日にひるがえる
鯉のぼりです。
上に「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕事の例として、
内藤景代・作でその意味を瞑想(冥想)的に表現してみました。

▼上の3D(立体)ヤントラには、頭部から羽根のはえた
ふたりの透明な天使を、龍の両脇にそえました。
虹色の龍のシッポ(尻尾)は、
涙の結晶のような白い真珠にふれています。
白い招き猫の後ろには、光る三日月。

★鯉のぼりは、登龍門のお話からきています。
里の魚である、鯉(魚+里=こい)。

鯉は水の流れに逆らわず、
みんなでヨコ(─)に泳いでいます。
「常識的な鯉」にとって、それが楽な生き方です。
《みんな そうですから》

ところが、「個人」的に、
《それだけじゃイヤだ》
・・・・と思う鯉もいます。

そして、みんなからはぐれ、
ひとりで、「個人」的に、
楽なヨコ(─)に流れず、自分の限界に挑戦しようとします。
それは、自分の潜在能力を発揮するチャンス(機会)でもあります。


みんないっしょでなく、
それぞれが、ひとりで、「個人」的に、
自分の困難を克服する象徴として、
〔鯉の瀧登りの伝説〕
が古来から伝えられています。

タテ(|)に瀧をさかのぼった鯉だけが、龍に変身するという
登龍門(とうりゅうもん)の伝説です。

逆境のときほど潜在能力が出る、
龍に大化け(おおばけ)する鯉の話です。
老若男女、だれにもある、
潜在能力を開く方向性(ベクトル)のお話です。

横(─)だけでなく、縦(|)に、ひとりで、
自分を信じて、流れ落ちる瀧をさかのぼっていく・・・。

子どもは「希望・未来」。
子どものままだった潜在能力は、
激流を逆にさかのぼる体験により、開花して結実していきます。

★そのイメージを
「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕事の例として、
内藤景代・作で、2つ制作しました。

5月5日、子どもの日のプレゼント(ギフト 賜物=贈り物)
として、よろしければ、どうぞ。
《内藤景代のオリジナル新作・瞑想用カード》としてもご活用くだ
さい。


※5月5日は、わたしの誕生日なので、
自分へのギフト(賜物)でもあります。
わたし自身が、イメージがどんどん湧いてきて、
パワーをもらっているカラフルな2作品です。↑◎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ショウブ(菖蒲 アヤメ 文目 あやめ) 紫に白のあやめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆5月5日は〔菖蒲の節句〕(しょうぶのせっく)なので、
ショウブ(菖蒲)の花と葉をかざります。

5月5日のお風呂は、〔ショウブ湯〕(菖蒲ゆ)として、
葉を入れます。
長い葉を、剣に見立てる、という説もあります。

湯に入れた葉は、アロマ効果があるようで、
肌がすべすべして、リラックスします。
銭湯では、洗濯ネットに入れてエキス(精髄)を
抽出(?)していました。

花屋さんやスーパーマーケットでは、5日になると、
ショウブ(菖蒲)の葉だけ売っているところもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎カキツバタ(杜若 かきつばた)紫 白の1本すじ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆見目麗しい(みめうるわしい)かた達のことを、

〔いずれが あやめ かきつばた〕

といいます。どちらも、それぞれに美しい。
優劣はつけられない・・・。


かきつばた(杜若)は、湿地や水べに咲きます。
あやめ(菖蒲 文目 )は、草原や庭など
土のあるところで、咲きます。

☆カキツバタ(杜若 かきつばた)は、
紫の花弁に、白の1本すじが入ります。

和服の衣文を抜(えもんをぬ)いて、
襟足(えりあし)がでているイメージです。上の写真↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アヤメ(文目 菖蒲 あやめ) 赤紫と京紫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ショウブ(菖蒲)とかいて、
アヤメ(文目 あやめ)ともよみます。
そして、花菖蒲(はなしょうぶ)は、
湿地にも草原にも咲きます。

赤紫と京紫の花びらが美しい上の写真↑は、
アヤメ(文目 菖蒲 あやめ)だと思いますが、
花菖蒲(はなしょうぶ)かもしれません。

カキツバタ(杜若 かきつばた)は、わかりやすいですが、
アヤメ(文目 菖蒲 あやめ)は、ややこしい。
・・・深入りしません((笑))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎シャガ(射干、胡蝶花 しゃが) アヤメ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ほの暗い、大きな樹の下などで、
小さな菖蒲(アヤメ 文目 あやめ)が咲いています。

白に青紫とオレンジの文目(あやめ)が涼しげな
シャガ(射干 しゃが)の花。

別名は、胡蝶花です。
アヤメ科アヤメ属。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*-------*----------*---------*
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
今月、ご紹介した花や生きものは、
《★花と緑と翼あるもの、猫と鷺、ヤントラの瞑想=観想★ 》
としても、みてください。
以下に、38枚の順をかきます。
*---*---*---*---*
《★花と緑と翼あるもの、猫と鷺、ヤントラの瞑想=観想★ 》
***************************
#1☆バラ(薔薇 ばら) ピンク
#2☆モッコウバラ(木香茨、木香薔薇 もっこうばら) 黄
#3☆バラ(蔓薔薇 ばら) 白
#4☆スズラン(鈴蘭 すずらん) 白
#5☆セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草 せりばひえんそう)-1
#6☆セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)-2 薄紫
#7☆新緑の若葉(わかば)-1
#8☆フジ(藤 ふじ)-1 薄紫 ウイステリア
#9☆フジ(藤 ふじ)-2 マメ(豆)科
#10☆新緑の若葉(わかば)-2
#11☆アケビ(通草)の花-1
#12☆アケビ(通草)の花-2
#13☆アケビ(通草)の花-3
#14☆ヒメウツギ(姫卯木 ひめうつぎ)白
#15☆アオキ(青木 あおき)の花 赤紫 雌花♀
#16☆ハナミズキ(花水木 はなみずき)-1 ピンク
#17☆ハナミズキ(花水木 )-2 粒つぶの花〔野生の思考〕の例
#18☆ハナミズキ(花水木)-3 ピンク 包葉(ほうよう)
#19☆ハナミズキ(花水木)-4 ピンク 包葉(ほうよう)
#20☆ハナミズキ(花水木)-5 白 花
#21☆ハナミズキ(花水木)-6 白 樹木
#22☆縦(|)と横(─)に流れる絹雲
#23★「鯉の滝昇り」 「野生の思考」によるブリコラージュ器用仕
事の例 内藤景代・作 (→横(─)に流れ、泳ぐ鯉(こい)が、縦(|)
に落ちる瀧を、さかのぼると、【潜在能力が開花して龍に変身する
】という、登龍門の伝説
#24 ★瞑想用 ヤントラ3D(立体) 「野生の思考」によるブリコ
ラージュ器用仕事の例 内藤景代・作 (→「虹色に輝く、龍。見上
げる、招き猫。▼下の赤い力から湧き上がる《自分の内部に秘めら
れた、龍の力 》」3D(立体)ヤントラ
#25☆ショウブ(菖蒲 アヤメ 文目 あやめ)
#26☆カキツバタ(杜若 かきつばた)紫 白の1本すじ
#27☆アヤメ(文目 菖蒲 あやめ) 赤紫と京紫
#28☆シャガ(射干、著莪、胡蝶花 しゃが)アヤメ科
#29☆アオサギ(青鷺 あおさぎ)ペア 毛づくろい
#30☆アオサギ(青鷺 あおさぎ)樹上で毛づくろい
#29☆ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)水の流れをみる
#30☆キジバト(雉子鳩 きじばと)ペア
#31☆上陸したカルガモ(軽鴨 かるがも)ペア
#32☆ずんずん目前にせまる、カルガモ(軽鴨)
#33☆草を食べるカルガモ(軽鴨) 、見守るペア
#34☆白い花を残す、エンドウ(豌豆)
#35☆白いスイトピー (豌豆) の花と蔓
#36☆遠くから、人をみつめる。近づき、花の香りをかぐ。鳥の動き
をみて、ねらう。若い三毛猫
#37☆お座りしてみつめる、三毛猫
#38☆緑の葉陰でみつめる、三毛猫

*-------*----------*---------*
観想=瞑想は、むずかしくはありません。
考えるのではなく、
ふんわりと観てください。

眉間にしわをよせないで、
優しいまなざしで、観てください。
*-------*----------*---------*----------*


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アオサギ(青鷺 あおさぎ)ペア 毛づくろい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆久しぶりに晴れた日の午後、
樹の上で、アオサギ(青鷺 あおさぎ)が2羽、
適度な距離をおいて、毛づくろい しています。

☆長い首を回しながら、樹上で毛づくろい。
この場面だけみると、迷彩色のように周囲にとけて、
アオサギ(青鷺)がいるとは、気づかないでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎アオサギ(青鷺 あおさぎ)樹上で毛づくろい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ブルーグレーのゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)が、
オレンジ色の足指を開いてふんばり、
流れ落ちる水の流れをみて、
魚をねらっています。

後頭部に白い冠羽 (かんむりばね)がみえます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ゴイサギ(五位鷺 ごいさぎ)水の流れをみる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆キジバト(雉子鳩 きじばと)のペアが、
なにやらついばみながら、ともに移動しています。

キジバト(雉子鳩)の別名は、山鳩(やまばと)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎キジバト(雉子鳩 きじばと) ペア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆空中を飛翔して、同時に水面に着水した、
カルガモ(軽鴨 かるがも)ペア 。
今度は、ジャンプして、上陸。
オレンジ色の水かきをぺたぺたして2羽で散歩。

気息(いき)のあったコンビです。
◎野生の思考で行動中。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎上陸したカルガモ(軽鴨 かるがも)ペア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆上陸したカルガモ(軽鴨 かるがも)の
活動的(アクティブ)なペアに、
まわりのひとは、ほほえみながら見守ります。

その光景を写真にとっていると、今度は、
ずんずん目前にせまる、カルガモ(軽鴨)。
ま下にきたので、とりきれません。下の写真

「なついてますね」
と声がかかり、気づくとカルガモとわたしを、
女性がスマホで撮影中。
「・・・いえ、初対面です」
と答える、わたし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎ずんずん目前にせまる、カルガモ(軽鴨)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆すこしはなれた川へ歩いていくと、
緑の土手に、別のカルガモ(軽鴨)ペア。
タンポポの綿毛(わたげ)のちかくで、
首をのばし草をついばむ、カルガモ(軽鴨) 。

すこしはなれて、周囲を警戒しながら、
騎士(ナイト)のように見守るカルガモ(軽鴨)。

このペアには静かな時間が流れていました。

カルガモ(軽鴨)にも、いろいろなペアがいます。
居心地(いごこち)のよい波動は、
それぞれに、ちがうのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎草を食べるカルガモ(軽鴨) 、見守るペア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆白いスイトピー (豌豆) の花を撮影していたら、
スナップエンドウのような大きめの
エンドウ(豌豆)がなっているのを発見。

サヤの先には、白い花が残っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎白い花を残す、エンドウ(豌豆)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎白いスイトピー (豌豆) の花と蔓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

★こころ と からだ   コーナー★
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

●緑の風が薫る、5月。
お元気ですか?

☆初夏になり、さわやかな季節ですが、
こころと体に不調がでるかたもいます。

GW(ゴールデンウィーク)連休は、楽しくすごせたのに、
いつもの毎日がはじまると、
気分の落ちこみや、体調の崩れや乱調がやってくる。

ひとつは、〔荷おろし症候群〕といわれるものです。
4月に、今までの《目標》がいちおうスタートし、
5月でひと息ついて、
まわりを見まわすよゆうができて、
〔荷おろし〕はできたのだけれど、
この先を考えると・・・・
この延長のままでいいのかな? と考えだす・・・。

逆にいえば、《目標》にむけて、無我夢中でなにも考えずに
ひたすら一所懸命にやってきたことが、
ひと段落したので、考えはじめた・・・ということです。

まずは、考えるよりは、
こころと体の〔休息〕が必要でしょう。
「大脳」も考えずに〃休息する〃ことが必要です。

〃休息する〃ということは、
「活動しないで、疲れを回復させること」です。

「大脳」の休息は、「背すじを伸ばし、姿勢きちんと」すること。

姿勢きちんとは、大変そうですが、大脳が休みます。
その一定の姿勢を保ちながら、静かに座っていたり、
緑のなかを散歩すると、
「大脳」は、くつろぎます。

体の休息は,筋肉の緊張をほどき、
脱力してリラックスすることです。
椅子に座り、でれっとしたり、
床であおむけにくつろぐのも効果的です。

●「脱力してリラックス」と
「姿勢きちんと」、どちらも大切です。

そして、脳と体の休息がじゅうぶんにできたら、
新しい意欲が湧いてきます。

〔緊張=固体〕と〔くつろぎ=流動〕のリズムを上手につかい、
〔めりはり〕を楽しみ、
《気》を〔伸縮自在〕にできるようになりましょう

★脳と体の休息や「睡眠=休息と、覚醒=活動」については、
以下をどうぞ。
『3つの脳で、楽に3倍生きる
大脳・小脳・脳幹は、こころ体いのち。明るく豊かに健康に』
内藤 景代・著 Amazon Kindle版 ☆スマホ・PCでも読める電子書籍


●次の段階として、
いのち(命)がまばゆい、5月の季節だからこそ、
「存在の不安」という、深い根源的な気分が襲います。

社会的ないろいろなことは、いちおうクリアーしているのに、
自分のうちがわから「ムカツキ」のようなものが湧く・・・。

新緑のいのち(命)の輝きやオゾンの臭いが、
なまぐさく感じる・・・。
〔吐き気〕がする。

サツキ(皐月)やオオムラサキツツジ(大紫躑躅)の赤い花が、
襲ってくるようで、むかつき、狂いそうになる・・・。

実存主義の知識人、J・P・サルトルが
『嘔吐』(おうと)で、かいた感覚です。
難解といわれた哲学小説ですが、
今なら、わかるひとも多いのでは?と思います。

といのも、遠くからネットでの誹謗中傷の応酬などを見聞すると、

「ムカツキ」、〔吐き気〕嘔吐(おうと)の感覚が、
日常意識になっているかたが増加しているように思えます。

「ムカツキ」、〔吐き気〕を言葉にして吐き出しあい、
売り言葉に買い言葉で、荒ん(すさん)でいく社会の層。

実存主義のサルトルと論争した、
クロード・レヴィ=ストロースは、
「野生の思考」という、
植物や動物たちの、いのち(命)の発想法を提示しました。

「野生の思考」は、植物に使えば、
【悪条件に屈せぬたくましさ】を暗示します。
そのたくましさに、むかつくのではなく、
逆に、その力を学ぶのが必要ではないか?

コンピュータが管理しているような社会になっている今、
「野生の思考」をとりもどすことが、
それぞれの個人に、必要とされていると思います。
そこに、「▼下の赤い力から湧き上がる、
《自分の内部に秘められた、龍の力 》」
も眠っているわけですし。

☆まずは、植物の、いのち(命)の力を味方にするために、
「植物を育てる」ことをおすすめします。
切り花だけでなく、小さな鉢植えでも育てるとか。
それは、自分のないぶのいのち(命)にもつながるものですから。


緑をきらわないようになると、いらつきやむかつきも減ります。

めんどうなら、公園や街路樹の緑のそばを歩くのもおすすめです。

コンピュータ社会だからこそ、生きものとふれあう時間もつくりま
しょう。

「野生の思考」で生きている生きものたちをみていると、
創造的な力もわいてきます。
「野生の思考」は、ありあわせのものでつくる
ブリコラージュ器用仕事の例がいっぱいだからです。


★カラス(烏)が針金ハンガーでつくった巣の写真は、こちらです。

http://www.bigme.jp/00-08-04/08-4-1/08-4-1.htm
2008年4月1日(火)
●生きものたちの「野生の思考」
●「ありあわせの、よせあつめ」の知恵と[カラスの巣]。


☆変化する現実(リアル)。

無常とは「変化」する、ことです。
こちらの感情とは無縁に、無情、非情に。

けれど、ちがいを楽しめる、感性(センス)があれば、
変化を愛でる無上のハッピー体質を生みます。


「無常とは、変化する」こと。
時を味方に変化を楽しみ、
「自分を磨く」レッスンが、この世に生きることではなかろうか
──と、わたしは思います。

そのとき、「野生の思考」を味方にすると、
この地球という〔球=玉=魂〕の上で、
たくましく、楽しく、生きられる、とも思います。

●「野生の思考」とは、
世界の構造=形を、
「動物や植物など自然界にある構造(形)」
の助けをかりて表現する方法でもあります。

●「冥想」をするときに
「冥想の道具」である
「ヤントラ」という「形=構造」を使います。

それは
「ヤントラの形=構造」が、
「こころの無意識や意識」をかたちづくる、
パタ-ンをもっているからです。

そのあたりのことをかいたのが
『聖なるチカラと形・ヤントラ』(内藤 景代・著)です。

☆今月も、
いろいろな[植物]や[動物]たちの
くふうにみちた生き方をご紹介しました。

ご自分に引きよせて考えてみると、
いろいろなヒントが湧いてくることでしょう。

【芸術は、[自然]の模倣】
ともいわれます。

[自然]は、
啓(ひら)かれた、生きている本です。

問題意識という触角をもって、
ご自分に引きよせると、
身につまされるとか、体感としてよくわかるでしょう。

ゆっくり息を吐くことが大切です。
たまった[邪気]は吐きましょう。

☆さらに、体内をめぐる気の流れが、いつでも、
【お腹は熱く、胸は暖かい、頭はクール】
という温度差(グラデーション)が、
ふだんの仕事や生活で当たりまえになると、
いろいろなことが楽しく、うまくいきます。

☆そのためにも、呼吸法やヨガのポーズ、冷-暖-熱の瞑想を
身につけましょう。

☆「冷-暖-熱」の練習には以下をどうぞ。


『ヨガと冥想』 内藤景代・著 ◎ 本『ヨガと冥想』
◎DVD内藤景代・出演 『ヨガと冥想』

DVD・CDが〔新・定価〕で、通信販売がお求めやすくなりました。
本『BIG ME』『聖なるチカラと形・ヤントラ』
も通信販売 しています。

* ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ** ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::: *
☆体調が思わしくないかたをふくめ、
● 目的別・症状別 DVD・CD「活用法」を、おすすめします。。

目的や症状には、各項目ごとに、詳細なリンクがついています。
☆わたし達の「自然に治す力
すなわち自然治癒力(ちゆりょく)」を活性化する、DVD・CDで
す。
教室に通えないかたには、おすすめです。
深いところから、生命エネルギーをふくめ、
さまざまな波長の《気》が湧いてくるように、
自習なさるのはいかがでしょうか。

◎DVD・『ヨガと冥想』『やせるヨガ』『呼吸法』◎CD「寝る姿勢」
での「脱力の瞑想」5種内藤景代・〔声〕
全巻セット割引き4.0000円に集中レッスン無料券と本『BIG ME
』『ヤントラ』プレゼント

『BIG ME』と『聖なるチカラと形・ヤントラ』は、通販でも、お求
めになれます。
↓↓↓↓
☆本: 『BIG ME』 こころの宇宙の座標軸
☆本; 『聖なるチカラと形・ヤントラ』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎野生の思考で行動中。遠くから、人をみつめる。近づき、花の
香りをかぐ。鳥の動きをみて、ねらう。若い三毛猫(みけねこ)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=============================
★〔見ている猫(ネコ)〕シリーズ、その89
=============================

☆八重桜が散るころ、ムクドリ(椋鳥 むくどり)ペアが、
若草をついばみながら、いそがしげに移動。

それをみていると、
遠くから、わたしをみつめる猫(ネコ)がいます。
鳥から猫(ネコ)に興味をうつすと((笑))
猫(ネコ)がこちらへ近づいてきます。

散った八重桜の香りをかぎ、
ムクドリ(椋鳥)の動きをみて、ねらいます。

好奇心いっぱいの、若い三毛猫(みけねこ)です。
〔野生の思考〕で行動中。可愛いです。

お座りして、ピュアな目でこちらをみつめる、三毛猫。

☆タイムリミットで立ち去り、ふりかえると
緑の葉陰でみつめる、三毛猫がいます。
シャープな表情に変わり、ハンターになっているようでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎お座りしてみつめる、三毛猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆サクラ(桜 さくら)の花びらの前で、
お座りしてみつめる、三毛猫 ↑

ハンターになっているような三毛猫↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑◎緑の葉陰でみつめる、三毛猫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~・~*~・~・~

☆NAYヨガスク-ルの会員のペ-ジ「猫の集会」5月号をアップ
しました。こちらへ

●ちさとさんは「モロッコ(アフリカ) 34 」 エキゾチックなテラス
で。

●SOLAさんは「そら君とあめちゃん」少年時代のそら君、きかん気

●美樹さんは「東京タワーとスカイツリー」2つとも見られるスゴ
イ場所

●Kayokoさんは「賀茂大橋からみた鴨川デルタ 」 [自然]がつく
るデルタ(三角形 ▽ ) 野生の思考の■具体例■ですね。

●yosihiroさんは 「松本市での写真」「植物文字」SOBA

●mariko さんは「うちの猫」ラウル君、爪を隠した手首と肉球

●シンゴさんはシンセサイザー演奏【Setting】12 「空もよう」

●Ryoさんは「龍」(→龍という字は[Ryo]とも読みますね。例:坂
本龍馬(りょうま) へ

●健治さんは「私の居場所」

●和之さんは「NAYヨガスクール体験記 60 「マンダラ発想」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*~・~・~・~*~・~・~・~*
◎※追記:

       内藤景代 記

10代のころに
『BIG  ME こころの宇宙の座標軸』(内藤 景代・著)
を、読まれた和之さんは、
「カルチャーショック(?)」を感じられたのか、
その場に、本をほうり出して、
物置に入れ、カギをかけてしまった・・・・

と、以前、この[NAYヨガスクール体験記]
にかいてらしたのを思いだして、
感無量です((笑))

あれから20年以上たって、
「だいきらい」だった
『BIG  ME  こころの宇宙の座標軸』を、
咀嚼(そしゃく)し、
自家薬籠中(じかやくろうちゅう)のものに、
なさいましたね。
拍手(はくしゅ)。

《マンダラ発想は、机上の空論ではない。

統合された一対になりたい、
と、欲するこころのエネルギーによって、
放電し、物理的にスパークさせるのだ。》

────そうです。
「異質な2つの力」が結ばれるとき、
【魔術的なパワー】が生まれます。

火をあつかうように、取り扱いに注意して、
こころのエネルギーを肯定的に使ってください。

こころから、応援しています。合掌


********************************************
◎ヨガの究極のプロセスから → 逆算されたエッセンス
NEW!! 【受付中!】
☆☆☆内藤景代の「集中レッスン・セミナー」☆☆☆
●2016年5月29日(日)pm2:30~5:30
          ご参加費 5.000円 会員 4.000円
          お申込はメールで ◆メ-ル e@nay.jp
       詳細は http://www.nay.jp/5-nay/5-shuchu.htm
          ***************************************
*****************************************
▼登録/解除
下記のシステムを利用して配信しています
『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
ID: 0000106654

ついでに読みたい

内藤景代が贈る「あなたの世界が広がる」エッセイ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/01
部数 545部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング