外国為替ディーラーの心の中

外国為替ディーラーの心の中


カテゴリー: 2017年04月28日
□■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━□■
外国為替ディーラーの心の中  2017年4月28日 発行
□■━…━…━…━…━…━…━…━…━…━……━……━…━…━…━…━□■
※忙しい人のサマリー
ドル円111円台もみ合い

ECB,日銀は現状維持、

ドラギ総裁、従来姿勢維持、出口の議論もなかったと発言し
いったんユーロ買いも続かず

NAFTAすぐの離脱無いとの発表で東京市場でカナダ買いも

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--
《4/27 木曜日》	   
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  111.06  1.0904  121.09
高値  111.60  1.0933  121.89
安値  111.03  1.0852  120.61
終値  111.26  1.0873  120.97
----+---+---+---+---+---+---+--+--
《4/27 木曜日の主要株式指数》
       前日終値      前日比
日経  19251.87   -37.56
DOW   20981.33   +6.24
S&P    2388.77   +1.32
Nasdaq  6048.94   +23.71
FTSE   7237.17   -51.55
DAX   12443.79   -29.01
+----+---+---+---+---+---+---+--+--
《4/27 木曜日の商品市場》
NY原油先物6月限(WTI)(終値)
1バレル=48.97(-0.65 -1.31%)
NY金先物6 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1265.90(+1.70 +0.13%)
--+---+---+---+---+---+---+---+---+-
《4/27 木曜日に発表された主な経済指標》
【日本】
日銀政策金利 12:14
結果 -0.10%
予想 -0.10% 現行 -0.10%

【韓国】
GDP・速報値(第1四半期)8:00
結果 2.7%
予想 2.6% 前回 2.4%(前年比) 

【スイス】
貿易収支(3月)15:00
結果 31.0億スイスフラン
予想 N/A 前回 31.2億スイスフラン(31.1億スイスフランから修正)

【ユーロ圏】
ドイツGFK消費者信頼感(5月)15:00
結果 10.2
予想 9.9 前回 9.8 

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(4月)18:00
結果 -3.6
予想 -3.6 前回 -3.6 

ユーロ圏業況判断指数(4月)18:00
結果 1.09
予想 0.82 前回 0.83(0.82から修正)

ECB政策金利 20:45
結果 0.00%
予想 0.00% 現行 0.00% 

ドイツ消費者物価指数・速報値(4月)21:00
結果 0.0%
予想 -0.1% 前回 0.2%(前月比)
結果 2.0%
予想 1.9% 前回 1.6%(前年比)

ドイツ調和消費者物価指数・速報値(4月)21:00
結果 0.0%
予想 -0.1% 前回 0.1%(前月比)
結果 2.0%
予想 1.9% 前回 1.5%(前年比) 

【米国】
新規失業保険申請件数(22日までの週)21:30
結果 257千件
予想 245千件 前回 243千件(244千件から修正) 

耐久財受注・速報値(3月)21:30
結果 0.7%
予想 1.3% 前回 2.3%(1.8%から修正)(前月比)
結果 -0.2%
予想 0.4% 前回 0.7%(0.5%から修正)(輸送除くコア・前月比) 

卸売在庫・速報値(3月)21:30
結果 -0.1%
予想 0.2% 前回 0.2%(0.4%から修正)(前月比) 

中古住宅販売成約指数(3月)27日23:00
結果 -0.8%
予想 -1.0% 前回 5.5%
--+---+---+---+---+---+---+---+---+-
《4/27 木曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》
【日本】
*黒田日銀総裁
景気は緩やかな拡大に転じつつある。
景気判断を一歩前進させた。
予想物価上昇率は弱含みの状況続いている。
経済・物価ともに下振れリスクのほうが大きい。
2%の物価目標に向けたモメンタム維持のため必要な政策調整を行う。
木内、佐藤両委員が展望リポートで独自案を提出したが否決された。
北朝鮮情勢についてはコメント控える。
携帯機器など一部の耐久消費財やサービス価格が幾分弱めに推移。
国債購入80兆円めどについて、問題が生じているとは考えず。
出口戦略を議論するのは時期尚早。

【ユーロ圏】
*ECB
上下限金利も据え置き、マイナス0.4%とプラス0.25%
資産購入額は12月まで月額600億ユーロ。
金利は長期にわたり現行あるいはそれ以下の水準に留まる。
QEは規模や期間の拡大が可能、見通し悪化の場合。

*ドラギECB総裁
経済への下振れリスクはさらに軽減した。
QEはインフレが持続的に上昇するまで継続。
景気見通しに対するリスクは引き続き下振れ方向。
中期的にはコアインフレが緩やかに上昇。
基調インフレ指標は依然として低い。
リスクはほぼバランスがとれてきている。
リスクバランスに関する文言は全会一致。
一部メンバーはより楽観的な見方示す。
一部メンバーは評価に変更の必要なしと確信。
現時点では出口戦略についての継続的議論は必要ない。
この日は出口戦略の議論なかった。
6月会合の選択肢について議論しなかった。
フォワードガイダンス変更について議論しなかった。

【米国】
シューマー民主上院院内総務
・税制改革案は中間層を直撃する。
・共和党のヘルスケア修正案は最初よりも更に悪くなった。
・歳出法案での合意成立が近く可能と確信。
・歳出法案の協議において、一部修正が必要な点が残る。

米7年債入札結果
最高落札利回り 2.084%(WI:2.104%)
応札倍率    2.73倍(前回2.56倍)
--+---+---+---+---+---+---+---+---+-
《本日予定されている主な経済指標》

【NZ】
貿易収支(3月)7:45
予想 370百万NZドル 前回 -18百万NZドル

ANZ企業景況感(4月)10:00
予想 N/A 前回 11.3

【韓国】
鉱工業生産(3月)8:00
予想 1.5% 前回 -3.4%(前月比)

【英国】
GFK消費者信頼感調査(4月)8:01
予想 -7 前回 -6

ネーションワイド住宅価格(4月)15:00
予想 0.1% 前回 -0.3%(前月比)
予想 3.3% 前回 3.5%(前年比)

GDP・速報値(第1四半期)17:30
予想 0.4% 前回 0.7%(前期比)
予想 2.3% 前回 1.9%(前年比)

【日本】
失業率(3月)8:30
予想 2.9% 前回 2.8%

有効求人倍率(3月)8:30
予想 1.43 前回 1.43

全国消費者物価指数(3月)8:30
予想 0.3% 前回 0.3%(前月比)
予想 0.2% 前回 0.2%(生鮮食品除くコア・前年比)

鉱工業生産・速報値(3月)8:50
予想 -0.8% 前回 3.2%(前月比)
予想 3.9% 前回 4.7%(前年比)

【豪州】
生産者物価指数(第1四半期)10:30
予想 N/A 前回 0.5%(前期比)
予想 N/A 前回 0.7%(前年比)

【シンガポール】
失業率(第1四半期)11:30
予想 2.2% 前回 2.2%

【ユーロ圏】
フランス実質GDP・速報値(第1四半期)14:30
予想 0.4% 前回 0.4%(前期比)

ドイツ小売売上高(3月)15:00
予想 0.0% 前回 1.8%(前月比)
予想 2.2% 前回 -2.1%(前年比)

ユーロ圏消費者物価指数・概算速報値(4月)18:00
予想 1.8% 前回 1.5%(前年比)
予想 1.0% 前回 0.7%(コア・前年比)

【スイス】
KOF先行指数(4月)16:00
予想 107.5 前回 107.6

【ブラジル】
失業率(3月)21:00
予想 13.7% 前回 13.2%

【南アフリカ】
貿易収支(3月)21:00
予想 62億ランド 前回 52億ランド

【カナダ】
GDP(2月)21:30
予想 0.1% 前回 0.6%(前月比)

原材料製品価格(3月)21:30
予想 -0.5% 前回 1.2%(前月比)

鉱工業製品価格(3月)21:30
予想 0.3% 前回 0.1%(前月比)

【米国】
実質GDP・速報値(第1四半期)21:30
予想 1.0% 前回 2.1%(前期比年率)

GDPデフレータ・速報値(第1四半期)21:30
予想 2.0% 前回 2.1%(前期比年率)

個人消費・速報値(第1四半期)21:30
予想 0.9% 前回 3.5%(前期比年率)

シカゴ購買部協会景気指数(4月)22:45
予想 56.5 前回 57.7

ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(4月)23:00
予想 98.0 前回 98.0

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

おはようございます

何とか週末といったところ

今日もよろしくおねがいします
本題です

「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」
明日香出版社
http://goo.gl/YfzY4Q

【東京市場】111円台前半でもみ合い

 ドル円は111円台前半での値動き。前日のNY市場でトランプ政権が発表した税制改革案への失望感などもあって110円台ヘ値を落とす場面が見られたが
株安の動きが落ち着いていたこともあり、東京市場では買戻しが優勢となった。

 午前中には111円40銭台まで上昇する場面が見られたが、111円台半ば手前の売りに阻まれるとその後はもみ合いに。

 日銀金融政策決定会合は事前見込み通り現状維持を発表。完全に織り込まれていたこともあり、市場の反応は特に見られず。

 大きな動きを見せたのはカナダドル。

 トランプ政権がNAFTA(北米自由貿易協定)からの離脱を検討と報じられていたが、現地時間の26日夜に、トランプ大統領とカナダのトルドー首相、メキシコのペニャニエト大統領が会談を行い、現時点でNAFTAを撤廃しないことに合意。再交渉が可能になるように各国が速やかに手続を行うことを確認と発表され、一気にカナダドル買いやメキシコペソ買いが進んだ。

【ロンドン市場】小動き

 落ち着いた値動きが続き、ドル円は111円台前半。
ポンド買いがやや優勢となり、ポンドドルは1.29台乗せも、ユーロにはそれほど波及しておらず、ポンドも値幅は限定的。
 
 ポンドに関しては、英CBI流通調査(4月)が38と、前回の9から急上昇した。事前予想は悪化見込みの6でサプライズに。

 ECBは予想通りの現状維持

【NY市場】111円台維持

 朝方はしっかりで111円台半ば超えも、その後いったん値を落とした、
原油の下落などがドル売りを誘い、米国債利回り一時低下しておりドル売りに。もっとも何とか111円台を維持すると、その後は111円台前半でもみ合いに。

 米政府機関が28日の審議での合意がないと閉鎖となることもドルの重石。
もっとも、野党民主党のシューマー上院院内総務が
「歳出法案での合意成立が近く可能と確信」と発言したことで、
後半には懸念も一服していた。

ECB理事会後のドラギ総裁の会見では
景気の下振れリスクは後退しているものの、インフレの基調は依然として弱いとし、出口戦略への議論もなかったことを明らかにした。
ユーロドルは一時買いが強まったものの、予想の範疇でその後値を戻した

【本日の見通し】基調はしっかり

 小幅ながら米株も回復しており、基調はしっかりとなりそう
ただ、本日の交渉がまとまらないと米政府機関の閉鎖となる状況を考えると
高値での買いにも慎重姿勢が入るとみられ
基本的にはレンジ取引か。

 1週間程度のつなぎ予算での合意が近いとの報道があることや
 政府機関閉鎖自体はそれなりにある事態であるということから
過剰に警戒する必要はないが
高値で買うと海外市場でいったん落とされる可能性も。

【本日の戦略】押し目買い

 基調はしっかりで押し目買いの流れ
111円に近いところから110円台後半にかけては買いのゾーンか
110円台半ば割れでストップ。
 
 デイトレも買いからで111円台前半のレンジを意識しての展開。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

*・。・。.☆:*・。・。.☆:*・。・。.☆:*・。・。☆:*・。・。.☆:
ダックビルのプロフィール
本名:山岡和雅
1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。
1994年ナショナルウェストミンスター銀行
(現ロイヤルバンクオブスコットランド銀行)に移り、
2003年3月まで10年以上にわたって
インターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、
2003年4月からGCIグループに参画、
現在みんかぶマガジン社所属
http://klug-fx.jp/
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
☆:*・。・。.☆:*・。・。.☆:*・。・。.☆:*・。・。.☆:*・。・。.☆:

このレポートの情報・分析・予測でいかなる損害が生じたとしても、その責を負いません
内容の無断転載・コピーを禁止します
このレポートの記載事項はその内容を保証するものではありません
また為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません
レンジは銀行間での参考値です。
●…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…○
■作成/発行 株式会社みんかぶ
■配信停止はこちらから http://www.mag2.com/m/0000094647.html
■バックナンバーの閲覧はこちら http://www.mag2.com/m/0000094647.htm
○…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…●

ついでに読みたい

外国為替ディーラーの心の中

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2017/04/28
部数 11,006部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング