1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで

【一日一冊】★★★★★「驕れる白人と闘うための日本近代史」松原 久子♪


カテゴリー: 2017年03月10日
■このメールマガジンの目的は、
 『人生を変えるような良い本を紹介すること』です。


このメルマガを解除したい方は
⇒ http://archive.mag2.com/0000094236/index.html





━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』1ヶ月30冊の情報をe-Mailで 4940冊目

 ★★★★★「驕れる白人と闘うための日本近代史」松原 久子♪


読書普及研究所 本のソムリエ
http://www.mag2.com/m/0000094236.html
━━━━━━━━━━━━━━━



▼「仙台 逆のものさし講」(4/8(土))
https://www.facebook.com/events/1878387019050221/

 『読書のすすめ』の清水克衛さんの講演会です。
 自分に起こったことは
 すべて必然だったと考えると、
 世の中の常識(ものさし)が変わります。




━━━━━━━━━━━━━━━
<名言クイズ> 

http://www.1books.jp/entry/2017/03/10/090743
───────────────



・ヨーロッパが全世界に出て行った
 本来の動機が知識欲と探検への情熱であった
 というのは、美しいお伽噺である・・
 全ては●●だけだった(p146)


<ヒント>「布教」ではありません。


▼「名言クイズ」の答えを読む
http://www.1books.jp/entry/2017/03/10/090743




━━━━━━━━━━━━━━━
<本ナビ(4940冊目)>

http://1book.biz/2017/03/10/-raumschiff-japan.html
───────────────



「驕れる白人と闘うための日本近代史」松原 久子、文藝春秋
⇒ http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167753057/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★★★★(90点)


■「日本は歴史を直視せよ」
 という人がいます。


 そういう人は、
 適切に回答できないと
 ますます増長してきます。


 この本は、ドイツにおいて
 外国人の主張におもねるのではなく、
 反論すべきは反論してきた
 著者の一冊なのです。


 ホロコーストと南京事件を
 同一視する人には、
 それは違いますよ、
 と説明しなてくはなりません。


・ホロコーストは民族絶滅を目的とした
 ドイツの政策であって、戦争とは全く
 無関係の殺戮であること、そういう
 発想そのものが日本人の思惟(しゆい)
 方法の中には存在しないと反論(p4)



■驚くべきは、この本が1989年に
 ドイツ語で出版された
 ということでしょう。


 ドイツで著者は、
 西洋人から日本の歴史について
 批判を受けてきました。


 そしてそれに反論してきた内容を
 著書として取りまとめたのです。


 原書の副題は「真実と挑発」であり、
 日本人の自分としては真実としても
 相手から見れば”挑発”と
 取られることもあったのでしょう。


・西洋人が、・・我々の助けがなかったら、
 日本の近代化は決して成らなかった」と
 言うのをしばしば耳にする・・
 事実はこうである。日本政府は開国の後、
 「自国の費用で」何百人という日本の学生を
 ヨーロッパの工業国に留学させた。
 そして日本政府は、同様に「自国の費用で」
 学者や技術者を日本に招聘した(p40)



■世の中には
 「言い得」「ごね得」というものが
 実際に存在します。


 攻撃的な相手には、
 それに応じた対応が必要なのだと
 思いました。


 ただ、そうした対応は
 日本人は得意ではありませんが、
 「言い得」を許さないためにも
 正しい知識が必要なのでしょう。


 松原さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アヘン戦争を仕掛けて中国を屈服させた
 欧米列強が、今度は、虎視眈々と日本を
 取り囲むようになってはじめて、
 日本は開国に踏み切った。
 ここで特筆されるべきは、日本が
 欧米の植民地にされなかった、
 という一点である(p24)


・大航海時代を生み出した原動力は、
 自然に呪われたヨーロッパ大陸の貧しさを
 克服したいという願望だった。
 「あなた方は行って、子孫を増やし、
  大地を征服しなさい」
 この神の言葉を彼らは見事に
 実践したのである(p151)


・欧米が日本に与えてくれた教訓の中で、
 最も悲しい教訓は、強くなければならない、
 欧米に支配されている世界で
 生き延びていくためには、
 軍事的に強くなければならない
 という教訓だった(p237)


・スペインの説教師ジュニペロ・セラ・・
 セラの指導の下にカルフォルニアに
 設立されたキリスト教布教根拠地では、
 1770年以降、何十万人ものアメリカ先住民が
 奴隷のように扱われてきた。彼らは、
 反抗的な態度を取ると、鎖で縛られ、
 鞭で打たれ、拷問にかけられて殺された(p154)


・全ての人間に無条件の精神の屈服を要求し、
 教会の教えに逆らう言動に対しては
 残忍と冷酷を極めて罰するという宗教は、
 日本にはなかった(p139)


・1620年に180トンのメイフラワー号に乗って
 イギリスから男女合わせてほぼ百人の清教徒が
 アメリカにやってきた・・その半世代の後には、
 この地方にはもう一人の先住民も住んでいなかった。
 麻疹、疱瘡、百日咳、コレラの免疫がなく
 次々に感染して死亡し、あるいは撲殺され、
 射殺され、また追い払われたのだった(p155)


・東インド会社はインドでアヘンを栽培させ、
 張りめぐらされた仲介人の網の目を通じて
 広東へ運ばせていたのである・・
 アヘンの常習者は増える一方で、
 中国の各都市にはアヘン窟が次々にできた(p177)


▼続きを読む
http://1book.biz/2017/03/10/-raumschiff-japan.html


「驕れる白人と闘うための日本近代史」松原 久子、文藝春秋
⇒ http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167753057/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★★★★(90点)


■目次

「西洋の技術と東洋の魅力」
世界の端で―「取るに足らない国」だった日本
劣等民族か超人か―「五百年の遅れと奇跡の近代化」という思い込み
草の根民主主義―江戸時代の農民は「農奴」ではなかった
税のかからない商売―商人は独自の発展を遂げていた
金と権力の分離―サムライは官僚だった
一人の紳士―初代イギリス駐日公使・オールコックが見た日本
誰のものでもない農地―欧米式の「農地改革」が日本に大地主を生んだ
大砲とコークス―日本はなぜ「自発的に」近代化しなかったのか
高潔な動機―「白人奴隷」を商品にしたヨーロッパの海外進出
通商条約の恐ろしさ―日本はなぜ欧米との「通商関係」に恐れたか
茶の値段―アヘンは「中国古来の風習」だと信じている欧米人
ゴールドラッシュの外交官―不平等条約で日本は罠に陥った
狙った値上げ―関税自主権がなかったために
頬ひげとブール―欧米と対等になろうとした明治政府
猿の踊り―日本が欧米から学んだ「武力の政治」
たて糸とよこ糸―今なお生きる鎖国時代の心




<楽天ブックスで購入する>方はこちらから
http://tinyurl.com/rakutenbook



------------------------------
<私の評価:人生変える度>
 ★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------

※注意書き※
 よいことを書いている人が、よい人とは限らないのが世の常です。
 本メルマガが紹介するのは「本の内容」であって、書籍の著者及び著者に
 関係する団体とその活動を推薦するものではないことにご注意ください。




━━━━━━━━━━━━━━━
<読者の声>

 ⇒ http://1books.blog112.fc2.com/
───────────────


■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 ソムリエさんのように
 一日一冊は難しいのですが、
 ここ数年は年間100冊を目標に
 読書をしております。


 読み応えのある本があったりすると
 冊数では毎年もう少しというところですが、
 今年も100冊目指して継続的な読書を
 続けたいと思います。


 読んだらアウトプットも
 大事ですね。



■本のソムリエより


 メールありがとうございます。
 アウトプットは大事ですね。


 アウトプットすることで、
 得るものが3,4倍になる
 イメージを持っています。




━━━━━━━━━━━━━━━
<メルマガ登録会員限定プレゼント2595冊目>

http://1book-day.com/present.htm
───────────────


■本のプレゼントを希望する人は、
 このメルマガに返信するか、
 下記からご連絡ください。
http://atcopier.com/freeform/10875/form.cgi 


○件名は、「一日一冊プレゼント:ほしい“本のタイトル”」に変更
○本文には、次の項目を追記してください。

  1 最近、感動した本は何ですか
  2 メルマガの感想
  3 “ほしい本”を下の5冊から2冊選ぶ 



▼プレゼント“本のタイトル“と内容URL


★★★★★「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」島田紳助♪
http://1book.biz/2007/07/09/post-454.html

★★★★★「トヨタの上司は現場で何を伝えているのか」若松 義人♪
http://1book.biz/2007/12/12/post-586.html

★★★★☆「レバレッジ時間術」本田 直之♪
http://1book.biz/2007/10/03/post-542.html

★★★★☆「心にズドン!と響く運命の言葉」ひすい こたろう♪
http://1book.biz/2011/04/26/post-1732.html

★★★☆☆「自分を掘り起こす生き方」ウェイン・W・ダイアー♪
http://1book.biz/2017/02/10/post-3318.html



■締め切りは、3月11日(土)23時です。
 
 当選者には、こちらからご連絡して、
 住所などを教えていただきます。


過去の【読者プレゼント】
⇒ http://1book-day.com/present.htm






━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

http://www.hayaoki-seikatsu.com/users/japantn/
───────────────


 おはようございます!


 今日はゆっくりしています。





━━━━━━━━━━━━━━━
<前日、蒔いた成功の種> http://www.1book-day.com/daily-list.xls
───────────────


夜:21時30分就寝:×
夜:腹筋50、背筋50
朝:朝の体操:×




━━━━━━━━━━━━━━━
▼最近読んでよかった本 http://1book.biz/2017/2/
───────────────


1位「ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。」湯澤 剛
http://1book.biz/2017/02/22/40-yuzawa.html

1位「心が折れない働き方」岡野 雅行
http://1book.biz/2017/02/01/post-3316.html

2位「米中もし戦わば」ピーター ナヴァロ
http://1book.biz/2017/02/18/-peter-navarro.html

3位「成功は「気にしない人」だけが手に入れる」信長
http://1book.biz/2017/02/06/host.html





『まぐまぐメルマガ大賞2016』知識・ノウハウ   第3位
『まぐまぐメルマガ大賞2015』知識知恵・人生哲学 第2位
『まぐまぐメルマガ大賞2014』ニュース・情報源  第2位
━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで
 【発 行 者 】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
 【過去の書評 】 http://1book.biz/
 【メルマガ登録】 http://www.mag2.com/m/0000094236.html
 【ご 感 想 】 このメルマガに直接返信メールしてください。※
          ご質問はFacebookページでも承ります。
 【Facebookページ】 https://www.facebook.com/1bookday
───────────────

※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で、
 掲載させて頂く場合があります。
 掲載不可の必要があれば件名に明記して下さい。





───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
http://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2017  All rights reserved. 
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。















独自配信を始めました。
クイズの答えが最後に書いてあるバージョンです。
お好きな方をお選びください。

↓ 登録はこちらから ↓ 
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book

ついでに読みたい

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング