職人がコッソリ教える着物の全て! 凛(りん)通信

職人がコッソリ教える着物の全て!凛通信(りんつうしん) 第381号


カテゴリー: 2018年07月15日
> ■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

職人がコッソリ教える着物の全て!凛通信(りんつうしん)

第381号(2018年7月15日配信)

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

─毎月15・29(イーゴフク)の日に、ゴフクの情報お届けします─

きもの好きのお友達にも「凛通信」をご紹介ください!

無料登録は http://www.kimono-rin.co.jp/magazine.html

バックナンバーは
http://archives.mag2.com/0000093126/

==============================

もくじ

●ごあいさつとお知らせ
●どうしたらいい?
●古着の特徴
●クセと繊維
●キズと染め方
●引き染めのムラを消す

==============================

●ごあいさつとお知らせ

こんにちは! 凛のキセちゃん、オケちゃんです! 

北大阪での地震に続き、大雨で大変な被害が出てしまいました。
被災された皆さまには、心からお見舞い申し上げます。
京都も、府の北部で大きな被害がありましたが、凛のある市内は
ケータイの警報は鳴りましたが、被害なく無事でおります。
ご心配いただいた皆さま、ありがとうございます。

以前よりお知らせしておりますが、凛は12日(木)から17日(火)
まで、祇園祭に伴い休業させていただいております。
期間中、お問い合わせへの返答、お荷物の受け渡しができませんが、
あしからずご了承くださいませ。

さて、今日のメルマガは、最近増えていて、ちょっと困ってしまう
ご相談の内容についてカミングアウトします。

============================== 

●どうしたらいい?

凛では基本、きものや和装小物に関するご相談は、全般的にお受け
しています。

現在出ている難について、このままだと○○年後どうなるの?と
いった未来予測、着用後のお手入れやリメイクのご相談もいただき
ます。

どんな加工をするのが良いかは、先方のご希望だけでなく、現物の
状態を詳しく知る必要があります。
ですが時々、現物ナシで、口頭だけでのご相談(質問)があります。

このような相談が来るのは、もっぱら業界内です。

お付き合いのあった職人さん・悉皆屋さんが廃業されたなどの理由で、
相談する相手が居なくなり、わからないから凛に電話‥‥みたいな
パターンです(^_^;)

話は親身になって聞きますが、相談だけで依頼にはつながらないので、
正直時間は取られます。

==============================

●古着の特徴

古着は消費者さまに大変な人気ですが、最近は業界でも、古い品物の
ご依頼が増えています。

古着で難しいのは、以前の持ち主さまがどんな着方・どんな保管を
されていたか、わからないところです。

難の症状や成分は、検品やテストでわかります。
が、口頭で「シミが出てる」と言われても、詳細はわかりませんし、
そのきものが薬剤処理に耐えられるかもわかりません。

僕らが、極力低リスクで補正できるのは、検品やテストで繊維の状態を
把握しているからです。

古着では、仕立て上がり品のご相談も多いです。
こちらも、口頭だけだと不明点が多くなってしまいます。

凛で加工や補正をする場合、まず、仕立てた状態で最初のチェックを
します。

全体を細かいところまで見て、難を拾い出します。
あと、部分的なスレや繊維の伸びなどから、持ち主さまの動作のクセも
チェックします。

==============================

●クセと繊維

この、持ち主さまの動作のクセというのが、実は加工手段に影響する
ことがあります。

今日は、口頭だけでの相談のデメリット、クセを見落としたために
「回り道」になってしまった実例をご紹介します。

ある生地屋さんから、電話がありました。
無地のきものの染め直しをしたいとのことでした。

「どうしたらエエ?」と訊かれましたが‥‥現物を見ていないので、
正直わかりません。

染め直しと言っても、「引き染め」と「焚き染め」があります。

引き染めは、きものの生地を水平にピンと張り、染料を含ませた
ハケで染めるもの、焚き染めは、染料の入った窯に品物を浸して、
染料を浸透させる方法です。

両者は、コストや手間にも違いがありますが、特に古着の場合、
染め方が天地を分けてしまうことがあります。

品物の状態によっては、染めで「ボロが出る」ことがあるからです。

============================== 

●キズと染め方

引き染めと焚き染め、それぞれのリスクも説明しましたが‥‥結局
その生地屋さんは、「引き染め」を選ばれたようです。

一件落着‥‥と思いきや!

‥‥しばらくして、その品物は凛にやってきました(!)
「染める前はわからなかったのに、色ムラになってる」とのことです。

品物を見てすぐ、「あーあ、そらそうや」と思いました(笑)。
着ていた方のクセが、見抜けていなかったのです。

古着の場合ほぼ100%、部分的な繊維の損傷があります。
着用や動作によってできるもので、同じ箇所を引っ張る、膝を付く
など、繰り返し負荷がかかった部分が傷んできます。

この品物は、前身頃のヒザの辺りに「スレ」が発生していました。
おそらく、正座で負荷がかかったり、ヒザと畳との接触が重なった
のだろうと考えられます。

このように、繊維の状態が均一でない状態で引き染めを行うと、
スレた部分に染料が溜まりやすくなります。
その結果、スレた部分の色が濃くなり、ムラになったというわけです。

凛で染め直しをお受けしたら、引き染めは使いませんでした。

あとで聞いたら、「高級感があるから」と、引き染めにされたそう
です。

※昔は、引き染めは焚き染めより高級感があると言われていました。
 実際、コストも焚き染めよりずっと高いです。が、現在、引き染め
 と焚き染めの見た目は近くなってきており、業界でも見分けられる
 人は少ないです。

奮発した引き染めで、残念なことになってしまいました。

============================== 

●引き染めのムラを消す

良かれと思った引き染めで、二度手間になってしまったという、
気の毒な実話です。

ムラムラでは商品になりませんから、ここでようやく(笑)、凛に
依頼となりました。

このケースでは、まず一度、染めた色を完全に抜きました(抜染)。
その後改めて、焚き染めで染色をしました。
色ムラもなくなり、ご満足いただきました(^o^)

このように、古着の加工では、通常の検品以外に「もうひと押し」、
先を読んだ見立てが必要です。

細かく検品することで、「この状態で○○を行えばどうなるか?」
という推測ができ、リスクの少ない補正ができるのです。

凛に相談して、加工は自分の知っている業者さんでやってもらう
‥‥という依頼者さんの気持ちはわかりますが‥‥
「それやったら、最初からウチに頼んでくれたら、悪いようには
なりませんよー」という本音もあります(笑)。

============================== 

古着ならではの検品や、見立てについてお送りしました。
1回で完了するかと思っていたのですが、書いてみると思ったより
長くなり(←凛通信アルアル)、次回に続けることにしまーす(^_^;)

次回は、古着と仕立て、仕立て屋さんの腕前も、仕上がりに関係する?!
というお話をお送りします。

お手持ちのきものに異変が?! 
色あせや難が気になるので染め替えたい!
きもののお手入れ・補正に関することは、お気軽にご相談ください。
凛は、呉服の総合診療医をめざします!

***

呉服や和装小物に関するご相談は、どんなことでもお気軽に‥‥
mail(at)kimono-rin.co.jp  までお問い合わせください!

※(at)を半角@に変えてください。

または、迷惑メール対策のサブアドレス、
kimono.rin(at)gmail.com  でもお受けします。

※(at)を半角の@に置き換えてください!

==============================

第381号の「凛通信」、楽しんでいただけましたか?

毎度のお願いですが‥‥メールには、

●お名前(ご投稿を公開する際のペンネーム)
●ご連絡先
●メールアドレスの他、
●現状とご要望をできるだけ具体的にご記載ください。

また、いただいたメール(ご依頼内容、ご意見感想など)は、
当メルマガや凛のサイトで取り上げさせていただくことがあります。
匿名やペンネーム、および掲載拒否の場合は、お手数ですがお書き
添えください。

ではまた、29日にお会いしましょう!

凛(りん) オケちゃん、キセちゃんより

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

凛(りん)のホームページ

http://www.kimono-rin.co.jp/

(掲示板は休止中です、スミマセンm(__)m)

凛(りん)へのメール

mail@kimono-rin.co.jp

バックナンバーは

http://archive.mag2.com/0000093126/index.html

職人がコッソリ教える着物の全て! 凛(りん)通信

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/15
部数 903部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

職人がコッソリ教える着物の全て! 凛(りん)通信

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/15
部数 903部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング