世界の環境ホット・ニュース

[GEN 672] 毒餃子事件報道を検証する【第11回】


カテゴリー: 2008年03月23日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     世界の環境ホットニュース[GEN] 672号 08年03月23日
         ご意見・投稿 → post_ende23@upken.jp

           毒餃子事件報道を検証する【第11回】         

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 毒餃子事件報道を検証する                                 原田 和明

第11回 警察庁の勘違い?

【訂正】前回、警察庁・吉村長官が「トレイから検出された」と発言したのを受
けて、袋からしか検出されていない旨の反論をしました。しかし2月3日付産経
新聞に、

 「被害にあった兵庫県高砂市の家族が食べた冷凍ギョーザのトレイからも有機
 リン系殺虫剤『メタミドホス』が検出されたことが2日、県警の調べで分かっ
 た。」

とあり、餃子の袋だけではなく、トレイからも検出されていました。訂正します。
ただし、警察庁の指示の誤りは改めて指摘しておかなければなりません。トレイ
を分析する前に、胃洗浄液からメタミドホスを検出するのが先でしょう。

 ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   ---   

兵庫県警がチオグリコール酸を検出したこと、そして、その情報が地元紙に流れ
たことに、警察庁がかなり動揺していたことがうかがえます。どうも警察庁は何
かを知っているようです。そして情報操作をしようとしています。兵庫県は「千
葉県では検出されていないので、チオグリコール酸は中毒事件と関係がない」と
いう立場をとり、発表しなかったにも関わらず、兵庫県警は「検便容器に使われ
ているので、チオグリコール酸は中毒事件と関係がない」と、わざわざ関係がな
いという理由の方を修正しています。兵庫県警は高砂市の便を分析したわけでも
ないのに、なぜ検便容器にチオグリコール酸が使われているなどと弁明したので
しょうか? 

「検便容器に・・」の話は、高砂市の事件と市川市の事件を取り違えた可能性が
あります。高砂市の事件では便を分析していないのに対し、市川市の事件では便
を分析しているからです。それぞれの事件で毒物が検出された分析対象は次の通
りです。

千葉市・・・・・・・・・・サンプル不明(1月30日付東京都福祉保健局発表)
兵庫県高砂市・・・・胃洗浄液、餃子の袋(1月30日付兵庫県生活衛生課発表)
千葉県市川市・・・・吐物、検便(1月30日付千葉県衛生指導課発表)

もし、取り違えたのであれば、その勘違いは警察庁の誰かです。千葉県警の分析
経過を知らないはずの兵庫県警が取り違えるはずはなく、「検便容器に・・」と
いう見当ハズレの弁明は、既に毒餃子事件に関して兵庫県警と千葉県警の両方を
指揮していた警察庁の勘違いで出された指令だったに違いありません。「なんで
検便?」と地元紙に問われたことを兵庫県警から聞かされたときに取り違えたこ
とに気付き、思わず天を仰いだことでしょう。それほどまでに「チオグリコール
酸検出」は警察庁が慌てふためく重大情報の漏えいだったと言えるでしょう。

警察庁が何か勘違いをしていると思われる事例は他にもあります。千葉県警は千
葉市の事件について生協から1月25日に情報を得ながら、事件報道があった1月
30日までまったく千葉市の女性に連絡をとっていないのです。警察庁は兵庫県警
に対しては、発表を1月30日と指定して、高砂市の毒物の特定を急がせています
から、この対応の違いは特徴的です。

 「千葉県警が市川市の中毒をつかんだのは1月23日。重体になった女児らを診
 察した医師が『普通の食中毒ではない』と通報したのがきっかけだった。県警
 がコープ側に問い合わせ、25日になって千葉市稲毛区の母子が同じ中毒症状を
 起こしていたことを知ったという。」(1.31 東京新聞)

しかし、なぜか千葉県警は女性に連絡をしていません。彼女に有機リン中毒事件
発生を知らせたのは厚生労働省で、千葉県が事件を公表した1月30日当日のこと
でした。彼女は このとき初めて 自分が中毒症状であったことを知ったのです。
(2.2 毎日新聞)警察庁は兵庫県警に対しては、わざわざ兵庫県の発表を千葉県
にあわせて1月30日と指定して、高砂市の毒物の特定を急がせておきながら、千
葉県警にはなぜ千葉市の毒物特定を放置させたのでしょうか?

その結果、千葉県警は発表時刻になっても、まだ毒物を特定できていませんでし
た。

 「警察当局によると、市川市と高砂市の餃子などからはメタミドホスが検出さ
 れた。千葉市では、メタミドホスとは特定できていないものの有機リン系農薬
 の成分が検出された。」(1.31 朝日新聞)

おそらく、女性からの申し出で、千葉県警は吐き出した餃子を入手できたのでし
ょう。

 「千葉県警は31日、千葉市稲毛区の無職女性(36)が吐き出したギョーザから
 有機リン系の殺虫剤『メタミドホス』が検出されたとする鑑定結果を発表した。
 女性がギョーザを購入したコープ花見川店(千葉市)の上部組織・生活協同組
 合連合会コープネット事業連合(さいたま市)も同日、女性宅に残っていたギ
 ョーザからメタミドホスを検出したと明らかにした。」(2.1 共同通信)

被害者の女性は吐き出した餃子を保管していたのですから、千葉県警は早期に接
触していれば、事件発表にあわせて毒物を特定できたはずです。兵庫県警は30日
の発表直前に分析を終えて、予想外のチオグリコール酸を検出していたのですか
ら。

このように警察庁は、高砂市の餃子に強い関心をもつ一方、千葉市の餃子に対し
てはまったく無関心です。明らかに関心の度合いに差があります。分析すべきサ
ンプルが残っているはずがないと、初めから思い込んでいたのでしょうか? そ
れにしても被害者に事情も聞かないというのはどうしたことでしょうか? この
ような警察庁の態度は、最初から次のような前提(思い込み)があったと考える
と初めて理解できることです。「市川市の事件は、高砂市の事件とは共通性があ
るが、千葉市の事件とは関係がない。」

しかしながら、商品名が共通だったのは、市川市と千葉市の餃子で、高砂市の餃
子は別名でした。さらに、混入していた毒物も県警の鑑定によると、市川市と千
葉市がメタミドホスで、高砂市はチオグリコール酸でした。つまり、「警察庁は
予め共通性がある事件の組み合わせを知っていて、取り違えた」と考えざるをえ
ません。

 警察庁の想定  (市川市の事件・高砂市の事件)−(千葉市の事件)
 実際      (市川市の事件・千葉市の事件)−(高砂市の事件)

だから、兵庫県警がチオグリコール酸を検出したときに、警察庁は千葉市の事件
と高砂市の事件を取り違えていたことに気付いて慌てたのではないか? それで、
今度は市川市の事件と高砂市の事件を取り違えて、市川市は分析した便を、高砂
市で分析したかのように錯覚して、神戸新聞にチオグリコール酸が検出された理
由を説明してしまったのではないでしょうか?

偽装の痕跡は他にもあります。千葉市の女性が厚生労働省から連絡を受けたのは
1月30日でした。連絡した時刻は不明ですが、常識的には8〜9時頃でしょうか。
それなのに、その日の午前中に分析を終わったというのです。

 「1月30日午後0時頃、千葉県から、上記(2)(※ 市川市の事件)とは別に
 『昨年末、県内で冷凍餃子を喫食した2名が有機リン中毒を疑わせる症状を呈
 したため、当該餃子を検査したところ、有機リン系農薬を検出した。現在、科
 捜研で検査中である。』旨の連絡があった。」(1.30 東京都福祉保健局発表)

千葉市の女性が連絡を受けてから直ちに、吐き出した餃子を千葉県警へ届けたと
しても、吐き出した餃子から毒物を抽出して分析できる状態にし、分析を終える
までに3時間は短すぎます。物質を特定できないという不完全な分析だったとし
ても、です。しかも、このとき、県警が分析したサンプルは何だったのかがわか
っていないのは千葉市の事件だけなのです。(1.30 東京都福祉保健局発表)サン
プルが不明というのも不思議な話ですし、「検出した」のに「検査中」というの
もおかしな表現です。とりあえず分析したことにして体裁を取り繕うとでも考え
たのでしょうか? 

千葉市の女性からの申し出で、ないと 思い込んでいた 物証が残っていたことが
わかった。千葉市の事件と高砂市の事件を取り違えていたことにも気付いた。兵
庫県警だけでなく、警察庁もまた、見込み捜査のツケがまわってきたようです。

これらのとんでもないミスを押し隠すために、連日メタミドホスが検出されたと
いうニュースを洪水のように出し続けるという作戦がとられたと考えられます。
枚方市から回収された餃子袋をダブルカウントしてまで「密封袋の内側からメタ
ミドホス検出」という偽装報道もその一環だったのでしょう。

------------------------------------------------------------------------
■登録・解除は次のところから                          発行部数約3700
 まぐまぐ  →  http://www.kcn.ne.jp/~gauss/a/mag2.html
 カプライト →  http://kapu.biglobe.ne.jp/c/0/7/1.html
 Melma!   →  http://www.melma.com/mag/15/m00090715/
------------------------------------------------------------------------

ついでに読みたい

世界の環境ホット・ニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2015/09/18
部数 1,594部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学のメールマガジン
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

企業の“育てる”を育てる~人の力で経営を伸ばす~
「この未成熟な組織のまま会社が大きくなって大丈夫だろうか?」「一匹狼ばかりで組織として機能していない!」「プレイヤー思考の管理職ばかりでマネジメント思考の管理職が不在!」「これだけ教育に力を入れているのになぜか人が育たない!」「業績アップにつながる人材育成をしたい!」 このような不安・不満を持っている経営者・経営幹部・人事の方へ、数十万円数百万円のコンサルティングノウハウを一部お届けします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング