こころをめぐる話-内観に学ぶ

内観における罪悪感について


カテゴリー: 2013年12月17日
こころをめぐる話ー内観に学ぶ NO124
                      内観法における罪悪感について
                                        
             発行者 白金台内観研修所 本山 陽一
                                  Mail to: zan25224@nifty.com
                  http://www.shirokanedai-naikan.com/index.html

内観法の三つの視点(してもらったこと、して返したこと、迷惑をかけ
たこと)で最も理解されないのが「迷惑をかけたこと」である。特に諸
外国ではその傾向が強い。どの国も自らの正当性を主張し、相手の落ち
度を責めることが主流になっている現代世界の価値観では、当たり前の
疑問と言えよう。

私は以前より内観法の「迷惑をかけたこと」の意義を下記のように説明
してきた。

『内観法は事実や自分をありのままに見る訓練で、その具体的な方法と
して三つの視点がある。「してもらったこと、して返したこと」の二点
は、自分と他者の関係をギブアンドテイクで冷徹に見る視点で公平感が
あるが、「迷惑をかけたこと」には「迷惑をかけられたこと」がなく、
一見不公平な印象を与える。

なぜ「迷惑をかけたこと」だけを調べるかは、通常の日常生活では私た
ちは加害者になったり被害者になったりするが、強く感じるのは被害者
になった時で、「迷惑をかけられたこと」はわざわざ調べなくても私た
ちは自然に自覚できるからである。逆に加害者になっている時は、痛み
は他者が感じているので私たちは鈍感になる。相手から文句を言われた
り問題が生じなければ、他者の痛みはほとんど気づかない。

「迷惑をかけたこと」は、意識して相手の立場に立って考えないと見え
ない。つまり、「迷惑をかけたこと」を調べる意義は、相手の立場から
自分を客観的に見る眼を養成することによって、自分自身の考え方や行
動のクセ、あるいは自らの問題点に気づいたり、さらには他者の気持ち
がわかる共感能力の養成にもなることである』と。
 
基本的にはこの考えは今でも変わっていないが、多くの内観者さんの声
に耳を澄ましているうちに、最近「迷惑をかけたこと」の意義に別の側
面が見えてきたので今回考えてみたい。

内観法の不思議の一つに、内観法は自分のミスや短所ばかりを見る構造
になっているのに、集中内観が修了すると何故だか気分がスッキリと晴
れやかになることが挙げられる。中には今まで味わったことのない深い
感動を味わったり、自信ややる気が溢れる方も大勢いるのである。この
現象は体験した人ならば理解できるが、未体験の人に言語で説明するこ
とがなかなか難しい。

今回はこの現象を説明しようとしているのである。その動機は、ある大
学教授から内観の罪悪感について質問されたことが直接的な理由だが、
もういつ死んでも不思議ではない年齢に近づいてきたので、私の考えを
文章にしておくことも意味があるのではないかと思ったからである。

私たちの心の中には誰しも「良心」がある。フロイトの名づけた「超自
我」ときわめて近い概念である。この「良心」は私たちの言動を日々観
察しているようで、「良心」に叶う言動には快感が生じ、「良心」に背
く言動は「良心」を傷つけ不快感が生じるようである。

私たちは、反社会的な言動をしたり自分自身への約束を破った時には、
咄嗟に正当化したり言い訳をしたりする。曰く「これぐらい誰でもやっ
ている」、「明日からすればいい」というふうに。時には、もっともら
しい思想や価値観を持ち出して正当化する。親の育て方のせいにしたり、
環境のせいにしたりして責任転嫁を図ったりする場合もある。これらは
いずれも、自分の「良心」に背いて感じる不快感から自らを防衛するた
めに無意識に行っていると考えられる。

しかし、多くの人々の声を聴いていると、いくら自らを防衛して自己自
身に言い訳をしてもその時感じた不快感はなくなるわけではなく、心の
奥に沈殿していることがわかる。そして、その不快感は、時間の経過と
もに無意識下で罪悪感となって心の闇に滞留するようである。そして、
その罪悪感の総量が増えてくると、無意識に自らを責めるようになって、
大きなストレスを抱えるようになる。

「迷惑をかけたこと」に抵抗を感じること自体、無意識に自らの過ちや
問題点からの防衛反応で、こだわっている証拠なのである。「内観の必
要な人ほど内観をしたがらない」というのは、我々の業界ではもはや常
識になっており、それほど自らの過ちや問題点に対して、私たちは無意
識に罪悪感を抱き、自らを責めていると考えられる。

その罪悪感が大きくなってくると、その罪悪感から逃れるために過剰防
衛になり、内に向かっては身体・精神両面にいろいろな症状を呈するよ
うになり、外に対しては社会的不適応という現象を引き起こすようにな
る。そう考える根拠の一つに、問題の多い人ほど自分を見ることを異常
に怖り、自分の問題点を指摘されそうになると敏感に反応して攻撃的に
なったり、パニックに陥ったりするケースが多いことが挙げられる。

したがって、言葉でいくら正当化しても問題解決にはならないのである。
意識、無意識の間で見え隠れする罪悪感を、心の闇から解放することで
しか真の解決にはならない。そこで、内観法では「迷惑をかけたこと」
をわざわざ探しに行くのである。探すことで罪悪感を白日の下にさらし、
対峙する。そして、悪かったことは悪かったとはっきり認識をしてしっ
かりと受け止める。

受け止めたら自然に懺悔が起こる。この懺悔の涙が罪悪感を心の闇から
解放していくのであろう。だからこそ、集中内観修了後、現実的には何
も変わっていない筈なのに、あのスッキリとした解放感、爽快感が味わ
えるのだ。思いっきり泣いた後に訪れる全身を貫く強烈な喜びが、その
ことを証明している。

つまり、内観法における罪悪感は、もともと私たちの心の闇に深く沈殿
していた罪悪感を意識レベルまで引き上げて、浄化するプロセスとして
意識的に感じる感情であって肯定的なニュアンスがある。内観法で罪悪
感を維持し続けると言うことは、常に浄化し続けることを意味する。通
常の罪悪感とは、そこが少し質が違う。

内観法の罪悪感は、意志が主体になって創り出した積極的な感情なのに
対し、通常の罪悪感は、意志に関係なく生じた避けたくても避けられな
いネガティブな感情だと思うのである。つまり、前者は意志が産み出し
た知的なものであり、後者は自然発生的に生まれた生物的なものという
わけである。人生において過ちや問題点のない人など存在しないわけで、
内観法はすべての人に有効だという理由にもなる。

そのようなわけで、最近の私は「迷惑をかけたこと」や「嘘と盗み」を
調べる意義について、上記のような理由を加えている。それにつけても、
内観法は考えれば考えるほど新しい側面を垣間見せてくれるわけで、本
当に奥が深い、とつくづく思わせてくれる。この深遠さに益々惹かれる
今日この頃なのである。

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/13
部数 610部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/13
部数 610部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング