こころをめぐる話-内観に学ぶ

出会いは実力だ


カテゴリー: 2008年11月25日
こころをめぐる話ー内観に学ぶ NO112
                                出会いは実力だ
                                        
                発行者 白金台内観研修所 本山 陽一
                    Mail to: zan25224@nifty.com
                                    http://homepage3.nifty.com/shirokanedai/

時々、新聞等で「史上初の快挙だ!」とか「いまだかつてない現象」とかの表現に出
合うことがある。しかし、よく考えてみると私たちの日常は、史上初めての出来事ば
かりで、同じことは二度と起きないようになっている。生活のどの一瞬を切り取って
も、厳密な意味では有史以来全く同じ条件は一度もなく、すべてが過去のどの一瞬と
も違って史上初なのである。同じことは二度と起きない。一期一会というわけである。

そして、どの出来事もすべて一瞬にして泡のように消えていく。泡のように消えてい
く現実だが、大脳新皮質の発達した我々人間は、あとに記憶が残る。この記憶がやっ
かいなのである。内観研修所を訪れる多くの人たちは、もうとっくに終わっている過
去の記憶の呪縛に苦しめられて今を生きている。つまり、彼らたちの中では、過去は
終わったことではなく、記憶となって今も彼らを苦しめている現実なのである。

「さよならだけが人生だ」は、作家の井伏鱒二が唐の漢詩を和訳したものであるが、
それになぞると「想い出だけが人生だ」というわけである。過去に対していい記憶が
多い人は、現在も精神が安定しているが、嫌な記憶の多い人は今も不安が強く不安定
な人が多い。それだけではなく、これからの現実の認知の仕方も過去の記憶の影響を
強く受けることが、最近の大脳生理学では分かっているらしい。

元奈良女子大学教授で数学者の岡潔や元東京大学教授で脳神経学者の時実利彦らは、
大脳頭頂葉を発達させるための情緒教育の大切さを説いてきた。人間の基本的な人格
は、3歳までの情緒教育で決まるとも述べている。この情緒教育の具体的な内容は、
愛情を中心とした快感を十分に与え、楽しませることである。そのことで私たちは自
信を得、意欲・創造力が湧き、状況に応じて自らを抑制できるようになるそうだ。

アメリカのスタンフォード大学助教授のマクルークらは「なぜ、人は、将来必ず後悔
するような意思決定をおこなうのか?」を「fMRI」によって調べた。すると「目
先の利益」が提示されて意思決定する人は、大脳辺縁系の線状体よりも下側の部分や
前頭葉前野の内側が活動している。ドーパミンが分泌して快感報酬を受ける。一方、
目先の利益にとらわれずに、高度の認知機能や数値、計算にかかわる人は、前頭葉前
野の上部や頭頂葉が活動している、と報告している。

愛情の欠乏感や不快感を多く感じて育った人は、目先の快・不快や目先の損得に強く
影響を受け反応してしまう傾向があるのは、内観研修所に来られる多くの人々を見て
いてもよくわかる。最近のマスコミ報道で、自分の感情をコントロールできない子ど
もが増えている、という記事があったが、これは3歳までに充分愛され、欲望を充た
していない子どもが増えていると読み替えることができる。

何もしなければ、3歳で人生のほとんどは決定してしまうのである。それを前世から
の因縁と考えて納得する人もいるかもしれない。しかし、この大脳新皮質を上手に使
えば、過去は変えられる。なぜなら、過去は単なる記憶の集積に過ぎないからである。
その記憶の解釈が変わり、組み替えができれば過去は変わるのである。そのためには、
すべての出来事を自分の価値観・感情・欲望・願望から切り離し、今までとはまった
く違う視点から、自分自身の過去に焦点を当て、客観的に見直す作業が必要である。

内観法はそのための技術である。内観法で両親の愛情を十分に味わいながら過去の解
釈が変われば、過去の囚われから解放され、過去は単に楽しい想い出に変わり、経験
として智慧となる。その結果、現在や未来を肯定的に捉えられるようになるようだ。
前述の漢詩「さよならだけが人生だ」に対して作家の寺山修司は、「さよならだけが
人生ならばまた来る春はなんだろう、はるかなはるかな地の果に 咲いてる野の百合は
なんだろう(後略)」という詩を書いている。過去から解放されると、これから迎え
る現実の「また来る春」や「野の百合」を楽しめるようになるのである。

表題の「出会いは実力だ」は文化人類学者の西江雅之氏の言葉である。その意味は
「誰か、あるいは何かに出会うということは、当人の知識や感性のあり方を抜きにし
ては語れない。出会いは極めて個人的なものであって、他人との比較で優劣を測れな
い、世間的な評価や一定の点数を基準にして、序列が定められるようなものではない。

ある漫画を面白いと思うのは、その内容のどこかに当人の鑑賞力のレベルと同等なの
であり、かつ、その力が作品の内容と競い合っているからだ。たとえば、学校の授業
で、ある絵画を名作だと先生から教えられても、生徒自身がその作品と本心で出会っ
ていなければ、『これは名作だ』という単なる知識が残るだけだ。そのような知識は、
せいぜい学校の試験やクイズ番組でしか役に立たない。

本当は、どこに行っても、見る目さえあれば、正解は豊かな驚きに満ちているはずだ。
隣近所の風景でも、親しい人たちの中にでも、見出そうと思えば、普段は見えない様
々な面が多く見えてくる。ただ、多くの場合、そうした出会いを素晴らしいものにす
る、当人の実力が伴わないというだけである」ということだそうだ。

つまり、人生を豊かに過ごすためには、内面の実力を高めることが必要ということで
あろう。人生で私たちが体験するすべてのことは、内面の受け取り方でその価値を決
める。人生を心から楽しめない人は、内面が過去の恨み・後悔や未来の不安に囚われ
て、今の時間に内面を閉ざした状態にあるからであろう。今の一瞬一瞬を楽しみ、味
わい活き活きと生きるために、心の囚われを内観で解放し、内面の実力を高めたいも
のである。

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/29
部数 605部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

こころをめぐる話-内観に学ぶ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/29
部数 605部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング