ある自然災害科学研究者の活動

[disaster-i News]2012/12/25 No.175


カテゴリー: 2012年12月25日
==========================================================
 ●ある自然災害科学研究者の活動●[disaster-i.net News]
  2012/12/25 No.175
==========================================================

----------------------------------------------------------
【目次】
----------------------------------------------------------
■防災フェロー養成講座第三期受講生 まもなく募集開始です
■12月7日津波警報時の避難について考えたこと
■12月7日津波警報時の避難について考えたこと

----------------------------------------------------------
2012年12月25日 (火)
■防災フェロー養成講座第三期受講生 まもなく募集開始です

 静岡大学防災総合センターでは,文部科学省の科学技術戦略推進費
による地域再生人材創出拠点の形成事業「災害科学的基礎を持った防
災実務者の養成」として,静岡県と連携して,「ふじのくに防災フェ
ロー養成講座」の人材養成プログラムを平成22年度から実施していま
す.

 本講座は,自治体や企業等で災害に関する実務に従事している方を
おもな対象に,災害発生後の「危機管理ノウハウ」にとどまらず,災
害の事前予防を目指し,地域の災害特性を理解し,災害に関わる科学
的情報を読み解ける,実践的応用力を身につけた人材を育成すること
を目標とします.

 具体的には、i)最新の災害科学基礎知識(地震、豪雨などの自然科学
的知識にとどまらず、災害時の人間行動など人文社会科学的知識も含
む)修得を目的とする講義、ii)災害科学に関わる現地踏査、文献、デ
ータ収集、観測などを通じて得られた各種データの読解・処理作業な
どを行う実習・演習、iii)担当教員の個別指導(修了研修)を通じ,災
害科学的基礎を背景とした実践的応用力を養います.受講者には,最
終的に自らの課題をとりまとめ,学会など外部での発表を義務づけま
す.

 講義・実習,とりまとめた課題の発表などが達成された段階で,静岡
県より「ふじのくに防災フェロー」の称号が付与されます.

 本講座の第三期(平成24~25年度)受講生の応募を,2012年
12月28日~2013年1月14日の間受け付けます.詳しくは,
下記のページをご覧ください.

ふじのくに防災フェロー養成講座
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/

募集要項
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fellow/H24/H24-all.pdf

・本講座の受講は,静岡県内在住者に限らず,全国どこに在住してい
  る方でも受講を受け入れます.第二期では東京都,岐阜県在住の受
  講生の方を受け入れました.
・この講座はいわゆる「防災好きな人」を対象と考えていません.防
  災に関する業務に現役の実務者として携わっている方が対象です.
  「自主防災組織」は「業務」とは考えていません.
・行われる講義実習は,講演会のように講師の話を聞いていれば良い
  という形式のものではありません.計算,作図など,数値や物理的・
  質的データを用いた作業を伴います.
・講義実習の中で,高校程度の数学,物理等の基礎知識が必要となる
  場合があります.
・講義実習の中で,災害発生時の対応についてのテクニック,ノウハ
  ウといった内容はほぼ皆無です.防災に関わる自然科学,社会科学
  的な基礎知識が主な内容となります.
・修了研修の成果は,学会等の学外の専門的な場で発表することを義
  務づけます.「活動報告」は学会での発表対象になりません.また,
  専門的な場では「熱心に取り組んだ」ことは格別評価の対象になり
  ませんし,「熱い思い」はあっさりと批判されることもあります.

今年も積極的なご応募をいただければ幸いです.

----------------------------------------------------------
2012年12月 9日 (日)
■12月7日津波警報時の避難について考えたこと

2012年12月7日17時18分頃,三陸沖を震源とするM7.3の地震が発生し,
17時22分に気象庁は宮城県に津波警報,青森県太平洋沿岸,岩手県,
福島県,茨城県に津波注意報を発表しました.

験潮所で最も大きい津波を観測したのは宮城県鮎川でした.瞬間的で
すが潮位偏差にして約1m,TP基準の潮位でも0.9mくらいが観測されま
した.これは日常の潮位変動の幅を十分越えており,付近を精査すれ
ば標高で1m以上の所に浸水痕跡が認められるかもしれません. 
http://t.co/YFpA8uKa

大船渡 http://t.co/PFSPFCjI では確かに津波が観測されているけど,
潮位自体は通常の潮位変動の範囲内です.仙台新港も同様.大きな津
波が観測された場所はある程度限定的だったようです.しかし,これ
はあくまでも結果的にそうだった,ということです.

今回の津波は,所によっては十分人的被害を生じうる事例だったと考
えられます.特に,昨年の地震・津波の影響により,地盤沈下,防潮
堤の損壊などが生じていることを考えると,避難勧告の有無にかかわ
らず,宮城県付近では,海岸線付近のみならず居住地域付近でも津波
からの避難行動を取った方がよかった事例だと私は考えます.

NHKによると,宮城県内では自治体が確認した避難者が17700人程度と
のことです. http://goo.gl/Zfyed この数をどう見るかはなかなか難
しいところです.たとえば,2010年チリ津波時,宮城県内で自治体が
把握した避難者数は約12300人(消防庁19報)でしたから,これと比べる
とあまり変わっていないように見えます.

無論,現在の宮城県付近の沿岸部は,津波により海岸近くの居住者が
激減していますから,2010年の状況と直接退避はできません.海岸近
くで,津波警報等が出た際に避難した方がよい人口というのが,あま
り明確に決められないというのが現状かと思います.

非常におおざっぱな推定ですが,東日本大震災時の津波浸水域内の人
口が,宮城県は331902人 http://goo.gl/vFQyE で,2012年11月現在の
宮城県内の仮設等への避難者は112689人 http://goo.gl/WsI4z とされ
ています.この差が津波浸水域内の現在の人口だとみなすと,おおむ
ね20万人くらいというところでしょうか.昨年の津波到達域を,「津
波警報等が出た場合に避難した方がよい範囲」とみなすと,極めてざ
っくりした値として,宮城県内で津波の可能性がある時に避難の対象
となる人口はオーダーで言うと10万人規模といえそうです.

この過程を前提にすると,避難者17700人は,(一般的な災害時の避難
率と比べると)多いとも少ないとも言えない感じになりそうです.

ただ,実質的な意味での避難者は,自治体把握の避難者の少なくとも
数倍規模存在する,というのが2010年チリ津波時の当方の調査結果
http://goo.gl/jlJCQ です.ますます話が不明確になりますが,少な
くとも「避難者が非常に少なかった」とは言えなさそうに思います.

もう一点関心事.報道等からの印象では,車での避難者がかなりいた
ように感じられます.車でのの避難はいろいろと議論がありますが,
是非の議論は別として,実際には少なからぬ人が車で避難し,それを
制限することは難しいだろう,ということは現実として受け止めるし
かなさそうです.

----------------------------------------------------------
2012年11月27日 (火)
■災害への対応-地域知ることが出発点

11月15日付け静岡新聞「時評」に下記記事を寄稿しました。繰り返し
主張していることで、まさにタイトル通りの内容です。

地域を知るにはどうしたらよいか? 先日刊行した「防災に役立つ地域
の調べ方講座」 http://goo.gl/Ua0Qq は私なりの解の一つですが、さ
らに何をしていったらよいのかを考えていきたいと思っています。

---------------------------
時評=災害への対応-地域知ることが出発点

 地域や個人で防災について考えたり,取り組んだりする際,様々な
方法が考えられるが,すべての取り組みのスタートラインは,「自分
の居住地域・活動地域の災害に対する特性を知ること」だと筆者は考
えている.

 災害は「素因」と「誘因」の組み合わせで発生する,という説明の
仕方がある.ここで素因とは,それぞれの土地が持っている災害に関
わる性質のことで,たとえば,地形,気候などの自然素因や,人口,
産業構造といった社会素因が挙げられる.誘因とは,地震,豪雨,津
波など,被害(災害)を発生させる直接的な引き金となる現象のことで
ある.誘因だけでは災害にはならない.たとえば,砂漠の無人地帯で
巨大地震が発生しても社会的には何の被害も生じず,「災害」にはな
らない.その地震と同程度,もしくはより弱い地震であっても,「人
口が密集している」といった「素因」が存在する土地で発生すれば
「災害」となる.

災害を軽減するためには,「素因」と「誘因」双方の予測,つまり
「いつ,どこで,どんなことが起こるか」を予測することが重要とな
る.しかし,特に「誘因」,すなわち「いつ」を予測することが大変
難しい.地震予知が困難であることは最近も議論になっているところ
であり,台風など気象現象の予測も,精度が向上しつつあるとは言え,
完全ではない.一方「素因」,つまり「(いつかはわからないが),ど
こで,どんなことが起きそうか」を知ることは,「誘因」の予測に比
べれば可能性がある.「素因」を知るための代表的な資料がハザード
マップだが,他にも「素因」を知るための様々な資料が整備されつつ
ある.限られた経験や,独りよがりな観察にもとづくのではなく,こ
れらの資料を活用することも大変重要である.今月刊行となった拙著
「防災に役立つ地域の調べ方講座」(古今書院)は,このような取り組
みに役立つことを目指して著したものである.

災害への対応方法は,災害の種類によって大きく異なる.地震に備え
るためのノウハウが,水害に対してはかえって危険な結果をもたらす
といったこともあり得る.まずは,「身の回りではどのような災害が
起こりそうか」を具体的に理解することが重要である.その上で「で
はどうするか」を考える段階となるが,これは人それぞれで事情も異
なるものであり,各自で考えなければならない.

==========================================================
ある自然災害科学研究者の活動[disaster-i.net News]
----------------------------------------------------------
発行人:
静岡大学防災総合センター 副センター長・准教授 牛山素行
http://disaster-i.net/
----------------------------------------------------------
このメルマガは,下記ブログをほぼそのまま配信しています.
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/
----------------------------------------------------------
このメルマガは,「まぐまぐ」を利用して配信しています。
http://www.mag2.com/
----------------------------------------------------------
★購読の解除・バックナンバー閲覧は下記から行ってください
http://archive.mag2.com/0000071583/index.html
==========================================================

ついでに読みたい

ある自然災害科学研究者の活動

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2016/02/08
部数 436部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング