DPI日本会議メールマガジン

DPI566号☆イベント案内☆6/27(火)持続可能な開発目標(SDGs)と障害者の自立生活 他


カテゴリー: 2017年06月16日
☆──────「われら自身の声」を届けます!──────
   DPI日本会議メールマガジン(17.6.16)第566号
        DPI-JAPAN Mail Magazine
☆───────────────http://www.dpi-japan.org/

こんにちは、DPIメルマガ編集部です。
今号はイベントのご案内です。

DPI日本会議の国際NGOとしての活動を知ることのできる、
貴重な機会もございます。

皆さま、どうぞ奮ってご参加ください!

◆◇───────── もくじ ──────────◇◆
1)6月27日(火)持続可能な開発目標(SDGs)と障害者の自立生活[東京都]
2)6月23日(金)日本の自立生活センターとJICAの支援[兵庫県]
3)6月26日(月)アクセシビリティ法は社会をいかにして・どのように変えてきたか[東京都]
────────────────────────────

※イベントは都合により変更・中止される場合がありますので、
 事前に主催者のホームページ等でご確認ください。

────────────────────────────
☆DPI主催イベント☆
1)世界銀行・国際協力機構(JICA)共催セミナー
持続可能な開発目標(SDGs)と障害者の自立生活
────────────────────────────

このたび、国際協力機構(JICA)の研修員受入事業として、アフリカ6ヶ国
(レソト、モザンビーク、ナミビア、セネガル、タンザニア、ジンバブエ)から
障害者リーダーと障害分野の行政官が「アフリカ地域 障害者のエンパワメント
を通じた自立生活促進」研修のため来日します。
その研修員を交えて、2016年より始まった持続可能な開発目標(SDGs)と障害者の
自立生活について、
世界銀行やアフリカ諸国における取組に関するセミナーを開催します。

国際開発分野の専門家が障害者の地域生活を実現するため、
持続可能な開発目標をどのように推進するのかをご紹介します。

■日時:2017年6月27日 (火) 午前9時30分~11時30分
■場所:世界銀行東京事務所
(〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階)
    ▽会場ウェブサイト http://www.worldbank.org/ja/country/japan
■参加費:無料
■プログラム
<開会挨拶>
 塚越 保祐 世界銀行グループ 駐日特別代表
 小林 尚行 国際協力機構(JICA) 東京国際センター 次長
<講演>
 シャーロット マクレーン=ヌラポ
 世界銀行グループ 社会・都市・農村・強靭性グローバルプラクティス 
  障害アドバイザー
「SDGsを通した自立生活の促進に関する世界銀行の取り組み」
<コメント>
 JICA研修員による自立生活に関する知見の共有
<質疑応答>

◆言語:英語・日本語(同時通訳付)
◆情報保障:手話通訳、点字・拡大プログラム(A3拡大)、磁気ループ等
◆お申込み:世界銀行東京事務所ウェブサイトのイベントページからご登録を
お願いいたします。
 http://www.worldbank.org/ja/events/2017/06/27/sdgs-and-independence-of-people-with-disabilities

〇メールでのお申込の場合:
 1.件名「セミナー6/27」
 2.氏名(ふりがな)
 3.所属団体
 4.ご連絡先
 5.メールアドレス
 6.上記情報保障要望の有無
 7.車いす利用の有無(会場整理のため)
 8.介助者の有無

以上を明記の上、下記問合せまでお申込みください。

◆申込〆切:6月23日(金) 

◆お問合せ:世界銀行東京事務所 
      電話: 03-3597-6650 メール: ptokyo@worldbank.org

◇主催:世界銀行東京事務所/国際協力機構(JICA)/DPI日本会議
◇協力:ヒューマンケア協会
◇後援:SDGs市民社会ネットワーク

▽チラシ(ワード)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2017/05/062717_seminar.docx



────────────────────────────
2)日本の自立生活センターとJICAの支援
────────────────────────────
日本の自立生活センターによる海外の障害者への支援は、2000年代に始まりました。
世界各国の障害当事者を招待し、日本の障害者の自立生活の実態を知ってもらうことを
端緒にし、2003年支援費制度により障害者の介助派遣制度が国の制度となって以降
は積極的に海外にも自立生活センターを設立する活動を支援して来ました。

こうした支援は、現在JICAの草の根技術協力事業の実施によって、
南アフリカとコスタリカでより実践的なセンターの運営を行い成果をあげています。
それぞれスタイルは異なりながらも自立生活運動が世界へ広がろうとしています。

南アフリカとコスタリカの草の根プロジェクトはそれぞれ3年と5年の第1フェーズを
終了しさらに3年と5年の第2フェーズへと入っています。
この度、南アフリカのプロジェクトのマネージャーである宮本泰輔さんが帰国される
のを機に、コスタリカのプロジェクトと共同で報告会を行うことになりました。
まったく別な大陸別な国で、日本の異なった自立生活センターの支援によって
実施されているプロジェクトの成果を比較して知ることのできる
いい機会となっています。

また今回宮本さんの帰国はパートナーであるダスキン研修9期生
スリポーン・ユパ・ミヤモトさん(通称タムちゃん)同伴となっており
報告会終了後はささやかながら交流会も用意していますので
タムちゃんに会いたい方もぜひご参加下さい。


■日時:2017年6月23日(金)午後1時30分~4時30分
■場所:メインストリーム協会(〒662-0844 兵庫県西宮市西福町9-3)
▽会場ウェブページ
 http://www.cilmsa.com/

■電話:0798-66-5122 ファックス:0798-66-5133
 メール : info@jpn.cilmsa.com


<内容>
コスタリカ共和国報告 井上武史
「コスタリカ自立生活推進プロジェクト」
「障害者の社会支援システム構築プロジェクト」

南アフリカ共和国報告 宮本泰輔
「障害者地域自立生活センター設立に向けた人材育成」
「アクセシブルなまちづくりを通した障害者自立生活センターの能力構築」

▽情報参照先ブログ
https://goo.gl/JyoQ1W




────────────────────────────
3)シンポジウム
「アクセシビリティ法は社会をいかにして・どのように変えてきたか
 ―諸外国の事例を中心に」
────────────────────────────
米国が「障害を持つアメリカ人法」とそれに続く一連のアクセシビリティ法制
で先行し、欧州が制定に動く「アクセシビリティ法」はいかなる手法を社会に
導入し、社会をどのように変えてきたのでしょうか。
本シンポジウムでは、アクセシビリティ法制の専門家である
G3ictのジェームズ・サーストン氏を講師に招いて学びます。
また、日本におけるアクセシビリティ法制の必要性等について討論します。
どうぞ、皆様ご参加ください。

■日時:2017年6月26日(月)午後2時~4時30分
■場所:エムワイ貸会議室 四谷三丁目(四谷三丁目駅前)会議室A
(〒160-0004 東京都新宿区 四谷3-12 丸正総本店ビル6F)
▽会場ウェブページ
 http://meijiyasuda-life-hall.com/kashikaigishitsu-yotsuyasanchome/
■参加費:無料
■定員:100名
■情報保障:手話通訳、要約筆記、ボランティアによる逐次通訳あり


<プログラム>
2時00分 主催者挨拶:山田肇(ICPF理事長)

2時10分 ジェームズ・サーストン(G3ict)
講演「アクセシビリティ法をめぐる世界の動向」

2時50分 石川准(国連障害者権利委員会委員)
講演「国連障害者権利委員会は何を求めているのか―情報、コミュニケーション、
手話言語を中心に」

3時10分 休憩

3時20分 パネル討論
三宅 隆(日本盲人会連合 情報部長)
小出真一郎(全日本ろうあ連盟 理事)
新谷友良(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 理事長)
調整中(全国盲ろう者協会)

4時30分 閉会


◇お申し込み

1.申込サイトから http://kokucheese.com/event/index/472609/

2.または、氏名、所属、連絡用メールアドレスを記載し、
以下のアドレスにお申込みください。
infor@icpf.jp

◇主催
 特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)

◇共催・協力
 日本障害フォーラム(JDF)
 特定非営利活動法人ウェブアクセシビリティ推進協会(JWAC)
 ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

◇後援
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)

◇協賛企業
 イデア・フロント株式会社
 株式会社インフォアクシア
 株式会社ミツエーリンクス



。°+°。°+ °。°。°+°。°+
ぶつぶつ

DPIの「I」はもちろん、
インターナショナルの「I」!
障害者の国際協力/海外活動にも
とても力を入れています。
世界の仲間と繋がるチャンス!
各イベント、ぜひ奮ってご参加くださいね。

              (ゆ)
。°+°。°+ °。°。°+°。°+

【寄付・募金のお願い】
●DPI日本会議への寄付・募金によるご支援はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/kifu.html
※DPI日本会議は認定NPO法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象になります。

●下記URL(GiveOneホームページ)からもオンライン寄付ができます(1口1,000円~)
 http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=406

 ▽寄付金控除についての詳細はこちら
 http://www.dpi-japan.org/help/authorized-npo.html

●読まなくなった本、観なくなったDVDなどが、DPI日本会議への寄付になる!
 「BOOK募金」をぜひご活用ください。詳細は下記をご覧ください。
 http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/book.pdf

【会員募集中】
●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中。
 詳細はホームページまで→ http://www.dpi-japan.org/help/sanjyo.html

DPI日本会議メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/18
部数 1,881部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

DPI日本会議メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/18
部数 1,881部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング