文章×表現《秘伝スクール》

第7号(通算282号)「魅力的なキャラクターを書くには?」


カテゴリー: 2018年05月26日
□ 動画で分かる文章学校公開中! http://www.hiden.jp/movie
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・
 ┃
 ┃文章×表現《秘伝スクール》 第7号(通算282号)
 ┃ http://www.hiden.jp/
 ┃
 ┃  「魅力的なキャラクターを書くには?」
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・


今号の目次

1 文章創作クラス 6月7月の日程と課題

2 絵本の講評始めます

3 共感覚者の方、いらっしゃいますか?

4 俳句始めました


==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ====
 文章×表現《秘伝スクール》スクールにようこそ。
 2001年7月創刊、2014年から4年間の休刊を経て、2018年から復刊しました。
 このスクールにはカリキュラムに沿ったレクチャーはありません。
 皆さんから寄せられた質問にお答えする、問答式のスクールです。
 すべてをオープンに語っていますが、その深い内容は閉じられています。
 あなたがそれをきちんと読んで理解し、また実践してくれるまでは…。
 ただ読むだけでなく、この内容を貪欲に盗み、奪い取ろうとした人だけが、
 《秘伝》の意味を知るでしょう。
==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ==== ====


1 文章創作クラス 6月7月の日程と課題

6月22日(金) 課題『占う』
7月27日(金) 課題『身体(からだ)』

文章創作クラス、中身濃いです。
個性的な物書きたちが集まっています。
中身が薄い心配だけはありません。

あなたもそろそろ……どうでしょう?

文章学校 創作クラス詳細リンク
http://www.hiden.jp/2018/05/935


2 絵本の講評始めます

絵本を見て欲しいと希望する方がいたので、絵本の講評を始めます。
以前に書いたかもしれませんが、僕の母は優れた絵本編集者であり、紙芝居作
家でした。幼いころからたくさんの絵本、紙芝居囲まれて暮らしてきました。
また、岩崎ちひろさん、古田足日さん、松谷みよ子さんといった作家や画家の
先生と身近に接していたこともあります。
血の中に、子どもの本のイメージやエネルギーが流れているのです。
あまりに近いので、同じ出版の仕事でも、子どもの本の領域には近づかないで
仕事をしてきたのです。
親の領域に対する距離感です。
知っている関係者も多かったので、いずれ接点ができてしまう。甘えないで仕
事をするのは難しかったのです。

年数が経ち、もはやあまり心配しないでよくなりました。
絵本の講評をいたします。

価格は通常の絵本のボリュームであれば、9,000円です。
詳しくはメールにてお尋ねください。
 ↓
entry@hiden.jp


3 共感覚者の方、いらっしゃいますか?

先日、あるレクチャーつきのコンサートで共感覚の話がでた。
前から共感覚に興味があったのだけれども、これでピンとくるものがあった。
僕はあらゆる表現の根源を「一つの部屋」という言い方をしてきた。
メルマガでも何回か紹介しているけれども、共感覚はこれとつながるのだ、と
感じたのだ。

そのときに書いたFBの記事は以下だ。


「先日のコンサートでミケランジェリというピアニスト(寡聞にして知らなか
った)が共感覚者であったという話が出た。
これは日本人調律師の証言である。
音と共に色彩が見える。
これを繊細に組み立てるので、調律など何かがうまく行かないと、コンサート
を直前にドタキャンしてしまう。
キャンセル魔であった。
それでも欧州の客たちはまったく不満を言わなかった、むしろ声価が高まった
という。
(いまyoutubeで聴いて居る)。
共感覚は面白い。
僕は芸術は意図的に共感覚を作り出す訓練ではないか、あるいはそうあるべき
ではないかと思う。
「現実」にない色が見える、ない形が見える、ない音が聞こえる、というのは、
現代医学では、統合失調症の症状である。
しかし、そのような境目のなさこそが、人の感覚の原型であるように思われる。
そこに自覚的に踏み込んで行く。
その原感覚に戻って、人の生の可能性を拡張する。
それが僕の仕事のめざすところと深く関わりあっている」


僕の知っている人にも、共感覚やその他の感覚を持っている人がいる。
いつも存在していない色が見えている人、時間感覚がときどきひずむ人、人の
顔がキリコの絵みたいに見える人。存在しない人の声が聞こえる人もいる(こ
の人は[シンクローム]のクライアントで生活に支障があるという意味で病気
という領域に入る。かなり深刻であった。数か月[シンクローム]の施術をし
た結果、声は低減し、完全に消えてはいないが、共存して、不自由のない日常
生活を送っている)。

人と違う、あるいは常人の感覚と同時にそれを超えた感覚を持つ人は、思われ
ているより比率が高いのではないだろうか。
僕の感覚では、学校の40人のクラスがあったら、2、3人はいるような気がする。

これが正しければ、このメルマガの読者の中にも300人くらいいることになる。

「そんな人に会ったことないよ」という人も多いだろう。人はめったにその感
覚のことを語らない。他人に言ってもわからないし、下手をすると気持ち悪が
られたり、病気扱いされる。
僕はそういう感覚を差別しないし、むしろ興味をもって尊重する。だから、な
んかのときにぽろっと教えてもらえることがある。

僕らは目が見えなくても困るし、耳が聞こえなくても困る。
しかし、いわゆる五感以外の感覚は、なくても困らないものが多い。
むしろ邪魔になることがある。

でも、たとえば、武道家が殺気を感じたときに考える前に身体が動くことなど
も、このような五感以上の感覚といえる。
だから、有用であることは十分にありえるし、また訓練によって開発したり高
めることもできるといえる。

音楽家が音に色が見えるように、画家でも密かに常人が見ている以上のものを
見ている人は多いのではないかと思う。
楽器の「音色」という言葉にしてからが、色を感じることを前提にしている。
人の本来の感覚はもっと広々と豊かなのではないか。
だったらそれを少しずつ解放していったほうが、人類は幸せに進化していくこ
とができるのではないか、と僕は思う。
そうなったときに芸術表現は、その存在のあり方、意義を変えていく。

共感覚とそれ以外の第六感の話がいっしょになってしまったが、厳密にわけて
書くと、とても長い文章になってしまう。ご容赦願いたい。

というわけで、僕はこの感覚世界にたいへん興味がある。
読者の中で「ふだん周りには話せないけど、こんな感覚があるよ」という人が
いたら次の要領でメールしてほしい。

*タイトル 感覚について
*性別、年齢、居住区域(都道府県など)
*どのような感覚があるか、いつからあるか。エピソードなど自由に。

その話を集めてどうするということは今はないけど、面白い発想、動きがでて
くるかもしれない。また許可があれば、このメルマガでも紹介していきたい。
いただいたメールには、個別にお返事する。
また感覚に関する相談なども、ある程度のることができると思います。

よろしくお願いします。
 ↓
entry@hiden.jp


4  俳句始めました

以前から遊びでときどき作ることがありましたが、人の縁を得て、なんか勢い
がついてきました。

あじさいやハイヒールの女(ひと)行き過ぎる

片恋や五月の鷹よ空高く

バンコクは炎暑の中に生計(たつき)あり

逢助

で、なんとベテランの方の後見を得て、句会を主宰することになりました。
「ルールもよくわからないんですけど」と言ったら、「それでいい」というの
で、七夕に初会合を開く予定です。東京で吟行をいたします。
関心のある方がいたらメールください。
ご案内をいたします。

主宰者がある意味で初心者ですので、どなたでも安心して始められます。
 ↓
entry@hiden.jp







******************************




「魅力的なキャラクターを書くには?」




● 質問 ●

魅力的なキャラクターを書きたいです。

私はライトノベル書きです。
過去にはゲームのシナリオも担当していたこともあります。
ライトノベルやゲームシナリオなどのライティングをおよそ十年ほど(書いて
ない日も多いですが)やっているのですが……、
むかしから「キャラクターが弱い」と編集から指摘されることがしばしばあり
ます。
かつてゲーム会社の入社試験でも、試験用にシナリオを提出するのですが、
「キャラクターがいまいち」と評価で落とされたこともあります。

少し前、キャラクターは運用だと有名漫画家さんがインタビューで答えている
のを見ました。
どれだけ尖ったキャラ設定を考えても、そのキャラ設定を作中のストーリーで
活かせる場面を用意しなければ意味がないと。

なるほど!と腑に落ちて、私もその考え方に添って、プロットを見直し、キャ
ラクターがストーリー上で活かされているかどうか確認し、最新作を書き上げ
ました。
ただやはり編集からの評価は「敵役に比べて、主人公・ヒロインの個性が弱い」
との意見をもらい、なかなか上手くいかないなーと。

ライトノベルやゲーム業界はキャラクターコンテンツ的で、
その中で生き残っていくにはやはり魅力的なキャラクターが書けんと話になら
んなぁと痛感する毎日です。

一時期、キャラクターを魅力的に書くための訓練として、
映画、アニメ、小説。そこから感じ取ったキャラクターの魅力をノートに書く
ことをやっていたのですが、
このやり方が果たして有効なのかわからず、気づいたらやめてました。途中で
めんどうだなと思ったのかもしれません。

私自身、キャラクターが弱い・魅力が低いという評価は悔しいですが、わかり
ます。
いいストーリー書けたなと思うことがあっても、すごい魅力的なキャラクター
が書けた! という実感を得たことは少ないように思います。
自作を読み返して、キャラクターが地味になりがちで、イキイキしていないな
ーという感じます。
問題の原因を考えました。

1)ストーリーという枠にキャラに押しこめるせいか?

私の物語りの作り方は、きちんとストーリーのプロットを立て、見せたいシー
ンを映えさせるため、どういうキャラクターが必要か考えます。
キャラから物語を作るというより、物語からキャラを考える感じです。
頭の中にストーリーの大枠があって、そのストーリーを崩さないようキャラク
ターに演じてもらう。
書いてキャラが自由に動いてプロット大きく変わっちゃったよ、という経験は
ほぼないと思います。

だからストーリーの枠を突き出ることなく、しかしストーリーの枠を突っ切る
という強さがないようにも思います。
逆にこういうキャラクターが書きたい、というキャラクター先行からストーリ
ーを考えるタイプの作家は、
キャラクター自由度が高く、イキイキしているように思えます。(ジョジョの
奇妙な冒険の作者はまさにその典型のような気がします)

ちなみに一度、こういうキャラクターが書きたい、というキャラクター先行で
小説を書いたことが、あまりうまくいきませんでした。

自分としてはストーリーの大枠を決めてキャラを考える、というやり方がやり
やすいです。
ストーリーという大枠の中でキャラクターをイキイキと魅力的に動かす。それ
ができたらなぁと思うのですが、どうすればいいのか。
そのやり方、ヒントがほしい……。

2)キャラが読者に嫌われたらいやだという思いが強い。

主人公、ヒロイン、各キャラクターに感情移入してもらいたい。
そういう意識が先行して、大胆なことができず、言動を控えめにして、常識的
な価値観で行動をさせ続けているように思います。
もちろん、常識的な行動が必ずしも共感を呼ぶとは思わないのですが、
調子はずれなことや、無神経なことをやって、キャラクターが嫌われるのが嫌
だな臆病になっている自分がいます。
ただ面白い作品のキャラは「共感できる部分と行き過ぎた部分のバランスがよ
く、キャラがどういう結末にたどりつくのか最後まで見てみたい」と思えるの
がすごいなーと。

私の性格的なものが原因かもしれません。
おかしな言動をして嫌われたくない。場をしらけさせるのが怖い。
好意的に見てもらいたく、会話しているときに相手がちゃんと微笑んでくれる
か、調子はずれなことを言ってないか、笑ってくれるか、どこかで気にしてい
る。
こういう性格が作品に反映されているのかと。

長くなりましたが、質問です。
キャラクターを魅力的に書くにはどうすればいいでしょうか?
また、魅力的なキャラを書くために具体的にどのような練習や訓練があるのか?
ご教授いただけたら嬉しいです。



● 答 ●

マンガ原作の小池一夫さんを筆頭にして、世の中にキャラクターの造形につい
ての論は、いくつもあると思います。

「キャラを立てる」という言い方を最初にしたのは、小池一夫さんだったと思
います。「マンガはキャラがすべて」的なことも言っていますね。
原理的というより、実作に即した、かなり具体的なアドバイスがたくさんあり
ますね。

それからライトノベル全盛期にも、キャラクター論は出ていました。

またハリウッドの「シナリオの書き方」系の本にも、そういう内容はありそう
です。

プロの方なので、そういうものにはある程度以上、目を通されての質問と思い
ます(まだだったら読んでください)。

僕は必ずしも専門ではないので、上記のものを必ずしも読んでいません。です
から、何が目新しい話で、何が言いつくされたことなのかもわかりません。

そこで一つの趣向として、僕の好きな小説たちのブックガイドをしながら、キ
ャラクターの特性の話をしてみようと思います。
そういう方法なら、力点の置き方が独特になるから、少しは既存のものにない
オリジナルな内容がでてくるかもしれません。

1つ2つでもヒントが拾えれば上出来と思ってください。

*シャーロック・ホームズ 行動の謎 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

シャーロック・ホームズほど、多くの人に愛される生命力の強いキャラクター
はいません。昨今でもテレビシリーズが3つ、映画が何本か思い浮かびます。
小説のパロディ、パスティーシュなどは、限りありません。
シャーロッキアンという人々が存在するくらい、研究、評論も盛んです。

考えてみると、いわゆる二次創作は、ホームズもので始まっているかもしれま
せん。ホームズを主人公に原作者コナン・ドイル以外が書いた作品は無数にあ
ります。

ドイルは、ホームズ以外にも多くのジャンルの作品を手がけていました。しか
し、ホームズ・シリーズだけの人気が沸騰し、他の作品が書きにくくなりまし
た。それに業を煮やしたドイルは、作中でホームズを殺してしまいました。

しかし、ファンの熱望があり、また出版社からは莫大な稿料を提示されて、ド
イルはしぶしぶとホームズを復活させざるを得なかったのです。
ホームズというキャラクターは、読者を動かし、最後には作者を動かしてしま
ったのです。

ホームズの魅力はたくさんありますが、ここでは、ホームズ自身の行動が謎で
ある、という点をあげます。

死んだと思われたホームズが復活したとき、それは偽装であったとワトソンに
種明かしします。ワトソンが知り得た情報、いっしょに居合わせたときの情報
で物語ができているために、ホームズはワトソンも読者もあざむくことができ
るのです。

ホームズが世界一有名な探偵であれば、ワトソンは世界一有名な物語の語り手
であり、語り手の代名詞にもなっているのです。

ホームズは変装の名手で、ときどき思わぬ姿でワトソンの前に突然現れます。
また「今日の深夜何時にどこどこに来てくれ。危険があるので武器を持ってき
てくれ」というような手紙を居所不明のまま、突然届けたりするのです。

ホームズは、読者や他の主人公より一歩二歩と先を歩いていて、ときに思わせ
ぶりなことを言います。他のミステリーに出てくる名探偵もホームズにならい
ます。それがいらいら、もやもや、わくわくにつながって早く先が読みたくな
るのです。

ライトノベルを書くときに、主人公の行動をすべて説明していませんか?
気が弱い作者はそういうことをしがちです。
行動どころか、どうするつもりか予定まで書いて、「今のところはうまく行っ
ているな」とかセリフを入れたりして(笑)。

それはデートのときに「今日はまずどこどこに行って、次にどこでご飯を食べ
て、コーヒーはどこそこで……それでいい?」と事前に説明する男子のような
ものです。
女のコは、次はどこに連れて行ってくれるのだろう、というわくわくが好きで
す。サプライズがなければいけません。

ですから、主人公がある行動の予定をたてて、それを読者に明らかにしたとき
には、必ず敵が現れたり、大きな障害に出会って予定の変更を強いられなけれ
ばなりません。
主人公が大きな試練に立ち向かってそれを乗り越えるのについて来た読者は主
人公を好きになります。

*金庸『笑傲江湖』 成長する主人公 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

金庸については、前に一度紹介した気がしますが、彼の小説は最高に面白い。
『笑傲江湖』 というタイトルはなんだかわからないと思いますが、これをま
だ読んでないとしたら、あなたは幸せです。
これから読む楽しみがあるからね。

ライトノベルは、RPG(ロールプレイングゲーム)と近しいわけですが、その
楽しさの中心は、主人公の成長にあります。
詳しく説明しないでおきますが、この小説の主人公は、もともと凡庸な少年で
したが、ある秘密と出会って武芸がめきめきと強くなっていきます。
その過程がじつにわくわくして面白いのです。

金庸の魅力は、他に主人公以外の登場人物の強烈なキャラクターがあります。
もう一つは奇想天外なプロット。
「えー、お話そっちにいっちゃうのー!?」ととんでもない方向に展開してまっ
たく読めない。こんなに話広げてしまって収拾がつかなくなるのではー、と読
者ながら心配したことが何回もあります。

この大胆さを読めば、あなたの気の小ささも中和されるでしょう。
とりあえず読むべし。

*吉川英治『新書太閤記』 静と動 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

吉川英治は、マンガ『バガボンド』の原作『宮本武蔵』が有名です。
でも、僕にはこの『新書太閤記』や『三国志』のほうが面白い。
群像劇を描いたほうが国民作家と呼ばれた吉川の厚みや底力がよくわかります。

太閤記は言うまでもなく、豊臣秀吉の話です。
なんと11巻もあります。
しかし、読み始めると、この11巻を息もつかずに読んでしまう。
そういう筆力があります。

信長や秀吉がでてくる話というと、期待は合戦、戦闘シーンでしょう。
もちろんそこは血湧き肉躍る部分です。
しかし、この作品は「静」の部分がすごいのです。
読ませるのです。
引き込まれる。
すごく秀吉の人間性が書き込まれている。
それがなければ、11巻の長尺はもちません。
ライトノベルも静の部分にキャラクターの魅力をつぎ込んでください。
戦闘シーンや派手なシーンを期待するのは読者であって、作者は静のシーンに
仕込みをするのです。

この作品は青空文庫にあります。

*阿佐田哲也『麻雀放浪記』 強烈な脇役 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

言動を控えめにして、常識的な価値観で行動をさせ続けているように思います。
キャラクターの価値観は、常識的で普通であってもいいです。
しかし、その場合は、主人公を取り巻く人物を強烈な個性で描かなくてはいけ
ません。
脇役、敵役ならどんなに嫌われてもいいでしょう。

『麻雀放浪記』の主人公、「坊や哲」は、プロの博打打ち。麻雀のプロ。ヒロ
ポン中毒。それだけでも十分個性的かもしれませんが、博打打ちの中では、わ
りと穏健でニュートラルな語り手なのです。
これはスタートにおいて、青春小説なのです。
主人公より強烈な人物が周囲に次々に現れます。
「ドサ健」「ママ」「出目徳」「上州虎」「チン六」「女衒の達(ぜげんのた
つ)」。
名前を並べただけでドラマチックでしょう?
主人公に小さい欠点があったら、その10倍欠点がある人間(しかし、圧倒的な
長所、強さも持つ)をどんどん出すのです。

*佐伯泰英 『居眠り磐音』 職業を描く ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

佐伯泰英の時代小説の多くには、主人公が何をなりわいとしているか、克明に
描かれています。たとえば、用心棒、道場破り、剣の師範などは、時代小説の
中では、わりとありふれれている。

テレビドラマ化されたこの作品では、主人公磐音は雑多な仕事を受けるが、最
終的には鰻屋で鰻を割く仕事につく。剣の達人だけに鰻を割くのもうまい、と
いう設定だ。

佐伯作品の別シリーズには、刀の研ぎを親から教えられて包丁の研ぎを仕事に
する浪人もでてくる。夫婦して放浪の果てに吉原の裏同心、私設警察、トラブ
ルシューターのような仕事につくものもいる。また別のシリーズでは、徳川の
裏御用を承る一族は表の商売として古着屋をしている。

現代の誰にとっても、お金を稼ぐのはいちばん大切な課題でしょう。
小説中の登場人物にも同じ苦労があったほうが共感できます。

どこかから金が湧いてきて主人公が困らないような小説はつまりません。

RPGっぽい小説だったら、武器が高くて買えないとか、メンテナンスに金がか
かるとか、戦う仲間が志で戦うのではなく高いギャラを要求するとか、懸賞金
の支払いが滞るとか、いろいろ仕事や金にまつわる障害があるでしょう。

キャラクターとは、性格のことですから、そういうときにどう行動するかで、
キャラクターを魅力的に見せることができるのです。

戦闘シーンだってキャラクターは出るでしょうが、それ以外の場面を活かすこ
とです。

**クライブ・カッスラー、初期の『ダーク・ピット』シリーズ。
 アリステア・マクリーンの冒険小説。
 ディック・フランシス『競馬シリーズ』など。 ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

もう十分に長くなったので、一つ一つ書きません。上記の3つの小説群に出て
くるのは、いわゆる「不屈の男」主人公たちです。
不屈であるためには、常人ではとても耐えきれないであろう試練が次々に襲っ
てこなくてはなりません。

とにかく主人公に楽をさせてはダメです。もう最悪! 絶体絶命! というピン
チを次々に与えるのです。それを主人公とともに乗り越えた読者は、主人公に
限りない信頼と愛情を持つのです!






       ◎○============================================○◎

    ◆第6回文章創作クラス・創作遠隔クラス

     時間:2018年6月22日(金) 
           午後7時15分より約2時間。開場7時。
     場所:東京都豊島区目白3-2-9-4階
     料金:目白:1,400字以内/参加費 4,000円
        遠隔:2,800字以内/参加費 6,000円
     詳細:http://www.hiden.jp/2018/05/935

    ◆課題「占う」
     
    ◆<申込締切>6月8日
    ◆<投稿締切>6月15日

     申込:http://www.hiden.jp/entry

       ◎○=============================================○◎
       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

●質問募集●

えー、皆様。村松恒平です。
質問は全てウェルカムです。
文章や表現全般に関する難問、珍問、奇問、愚問、凡問、すべてをお待ちして
います。

★送り先はこちら↓
oshiete@hiden.jp


---------------------------------------------------------------------

Kohei Muramatsuでfacebookしています。
https://www.facebook.com/kohei.muramatsu

大事なこともくだらないことも日々書いています。
フォローしてみてください。
「読者です」と書いて、メッセージをくれれば友だち申請も承認します。

----------------------------------------------------------------------

●購読と解除●

『文章×表現《秘伝スクール》』 は、
下記の配信システムのいずれかによって配信されています。

 まぐまぐ http://www.mag2.com/ [ID:0000068978]
 メルマ  http://www.melma.com/ [ID:m00042072]

購読および解除は、ご利用の配信システムより
各自でお手続きくださいますようお願いいたします。
(※このメールに返信しても配信停止されませんのでご注意ください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

 文章×表現《秘伝スクール》 第7号(通算282号) 2018/05/26 発行
 編集責任者:村松恒平
 発行:創作する人のための文章学校 http://www.hiden.jp/
 Copyright (c)  村松恒平 All Rights Reserved. 禁複製。
 転載・紹介ご希望の方はメールにてお問い合わせください。
 info@hiden.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・・ ・

文章×表現《秘伝スクール》

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/26
部数 3,670部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文章×表現《秘伝スクール》

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/26
部数 3,670部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング