書羅盤・チャイナブックナビゲーター

China Books Navigator No315-2


カテゴリー: 2018年01月05日
♪=====================================♪
チャイナウォッチャー必読!
≪書羅盤:チャイナブックナビゲーター≫
2018年第1号(総315号その2)(2018年1月5日発行)

★中国やその周辺に関連する国内発行新刊図書情報誌★
  ※本体価格で表示しております。


情報作成及び発行:(株)東方書店内<中国・本の情報館>
http://www.toho-shoten.co.jp/
♪=====================================♪
以下続きの図書情報です。

◇『出土遺物から見た中国の文明 地はその宝を愛しまず』 稲畑耕一郎  潮出版社
  新書 184頁  2017年11月 889円 9784267021107 
  地中からの出土遺物は、人類の文明の歩みを私たちに伝える無価の文化遺産。中国の
  歴史を彩り創造してきた数々の貴重な文物から、中国文明の多様性とその奥深さを詳
  細に説き明かす。

◇『紀元前から中国ができるまで』(中国の歴史・現在がわかる本 第2期1)
  渡辺信一郎 監修/目黒杏子  かもがわ出版  A4 38頁  2017年12月 2,800円
  9784780308792 
  目次:1 中国のはじまり/2 集落と墓地からわかる社会の変化/3「中原」の誕生/
  4 殷王朝/5 周王朝/6 周~春秋時代の「国」の外となか/7 春秋時代/8 戦国時代
  /9 諸子百家の活動/10 秦の中国統一/11 前漢王朝/12 儒学の発展/13 前漢の滅
  亡と後漢の成立/もっと知りたい! 漢の時代の人びとの生活/この本に出てくる地名
  地図/紀元前から中国ができるまでの年表

◇『中國古代史研究 第八 創立七十周年記念論文集』 中國古代史研究會 編  研文出版
  A5 470頁  2017年11月 9,000円 9784876364299 
  目次:中国古代史研究会発足時の思い出(佐藤武敏)/第三論文集刊行のころ(小倉
  芳彦)/里耶秦簡の治獄について(池田雄一)/統万城と代来城の地理的関係から見
  る匈奴鉄弗部の活動範囲(市来弘志)/李柏文書の性格をめぐって―李柏文書断片群
  を中心に(伊藤敏雄)/南陽の六門陂をめぐって(大川裕子)/秦漢簡牘史料再考二
  題(太田幸男)/中国古代国家論(楠山修作)/戦国封君―王権構造の一側面(小林
  伸二)/[月リ]者の力―古代中国における門番についての一試論(齋藤道子)ほか
  
◇『魏晋南北朝官人身分制研究』(汲古叢書146) 岡部毅史  汲古書院  A5 414頁
  2017年11月 10,000円 9784762960451 
  目次:序章 官人身分制と魏晋南北朝史研究―本書の課題―/上編 魏晋南北朝期にお
  ける官人身分の成立と展開  第1章 官人身分の成立と展開―晋南朝期の免官を手がか
  りに―、第2章 北朝における位階制度の形成―北魏の「階」の再検討から―、第3章 
  魏晋南北朝期の官制における「階」と「資」―「品」との関係を中心に―、第4章 北
  魏北齊「職人」考―位階制度研究の視点から―/下編 魏晋南北朝期における官人身分
  制の諸相  第5章 南朝時代における将軍号の性格に関する一考察―唐代散官との関連
  から―、第6章 北魏前期の位階秩序について―爵と品の分析を中心に―、第7章 北魏
  における官の清濁について/付論 書評 閻歩克著『品位与職位 秦漢魏晋南北朝官階制
  度研究』/終章 魏晋南北朝期における官人身分制の確立とその意義/
  
◇『中国文人伝 第6巻 宋4』 福本雅一 監修  藝文書院  A5 338頁  2017年10月
  3,200円 9784907823856 
  目次:松野敏之「宋 徽宗(趙佶)」/田上恵一「劉次荘」/藤原有仁「宋 高宗
  (趙構)」/藤原有仁「王獣朋」/村上幸造「洪邁」/野村鮎子「尤袤」/野村鮎子
  「陸遊」/村上幸造「范成大」/松野敏之「周必大」/赤松紀彦「楊萬里」/松野
  敏之「朱熹」/村上幸造「張孝祥」/川浩二「呂祖謙」/矢淵孝良「陸九淵」/西上
  実「劉松年」/西上実「梁楷」/西上実「馬遠」/西上実「夏圭」

◇『〈異郷〉としての日本  東アジアの留学生がみた近代』 和田博文,徐静波,
  兪在真,横路啓子 編  勉誠出版  A5 512頁  2017年11月 6,200円 9784585221791
  中国・朝鮮半島・台湾から日本に留学した文化人や文学者は、故郷と異郷のあいだで
  どのような経験をしたのか。そしてそれをどのように描き、語ってきたのか。19世紀
  後半~20世紀前半にかけて、日本に留学した24名を取り上げ、彼らの日本体験と、作
  家や画家、音楽家、出版人、活動家などとして活動したその後の生涯を概観。日中韓
  台の研究者によって、生きられた近代東アジア史を浮かび上がらせる。
  
◇『毛沢東、周恩来と溥儀』 王慶祥/松田徹 訳  科学出版社東京  A5 412頁
  2017年11月 6,400円 9784907051211 
  旧時代の象徴である清朝最後の皇帝・溥儀と新時代の中国のリーダー、毛沢東と
  周恩来。特に周恩来と溥儀の交流に焦点を当て、豊富な写真とともに溥儀の後半生を
  通して近代中国史を描く。

◇『近代中国への旅』 譚[王路]美  白水社  四六 202頁  2017年12月 1,900円
  9784560095782 
  元中国共産党の亡命者と日本陸軍中将の長女の間に生まれたノンフィクション作家が
  日中交流の変遷をたどり、心に残ったできごとや、中国で出会った印象的な人びとの
  人生を綴る。天安門事件についての取材の記録も収録する。

◇『封印された中国近現代史』 宮脇淳子  ビジネス社  四六 322頁  2017年11月
  1,700円 9784828419893 
  近年悪化の一途を辿る日中関係。その原因はどこにあるのか? また、この関係は修復
  が可能なのだろうか? 偏見やイデオロギーにとらわれず、中国近現代史を直視する!
  目次:序章 中国の海洋進出と尖閣問題/第1章 「中国」とは何か/第2章 近代以前の
  歴史/第3章 アヘン戦争の衝撃/第4章 清の衰退―太平天国の乱と第二次アヘン戦争
  /第5章 洋務運動と日本の明治維新―清はなぜ日清戦争に負けたのか/第6章 孫文に
  まつわる真実と嘘―辛亥革命から国共合作へ/第7章 二十世紀前半の日中関係史/
  第8章 日本の敗戦後の中国大陸と日本人の運命

◇『日中終戦と戦後アジアへの展望』(日中戦争の国際共同研究 6)波多野澄雄,
 久保亨,中村元哉 編  慶應義塾大学出版会  A5 316頁  2017年11月 4,200円
 9784766424867 
 目次:総論 日中終戦と戦後アジアへの展望(編者)/第1部 日中終戦と戦後構想
 第1章 太平洋戦争末期における日本の対中和平構想(戸部良一)、第2章 戦争末期の
 日中戦争と日ソ関係――「日中ソ」提携構想をめぐって(波多野澄雄)、第3章 韓国
 臨時政府の本国帰還問題に対する中国国民政府の対応――終戦前後における東北アジ
 ア国際秩序再構築の一側面(裴京漢/丸田孝志 訳)、第4章 国共内戦下の戦後日中提
 携――支那派遣軍と国民政府(加藤聖文)、第5章 台湾における日本人墓地および遺
 骨の処理問題(浜井和史)/第2部 中国の変動  第6章 戦後中国における憲政への移
 行と警管区制(吉見崇)、第7章 戦後中国の税政と工商同業公会――上海の貨物税制
 度を素材に(金子肇)、第8章 1940-50年代の中国経済と日中関係(久保亨)、
 第9章 国民党政権と南京・重慶『中央日報』――戦時から戦後にかけての自立化傾向
 (中村元哉)、第10章 リベラル派知識人の国際情勢観――1945年前後を中心に(水羽
 信男)、第11章 錯綜する願い――国民政府教育部に寄せられた学生の手紙から(アー
 ロン・W・ムーア/李仁哲 訳)、第12章 戦争・民族・国家――抗戦前後における雲南
 土司の苦境と選択:1942-1952(呉啓訥/藤井元博 訳)、第13章 重慶国民政府のビ
 ルマ国境政策と軍事占領 1942-1945(藤井元博)、第14章 日中終戦前後の国民政府
 と東南アジア――重慶当局の戦後ラオスに対する構想および実践を中心に(王文隆/
 柳英武 訳)、特論  南京大虐殺と難民の宗教生活(張連紅/土肥歩 訳)
 
◇『1967中国文化大革命 荒牧万佐行写真集』 荒牧万佐行  集広舎  B5 216頁
  2017年11月 2,500円 9784904213544
  街に溢れる大字報(壁新聞)、読み・語り・歩く大群衆。毛沢東が待ったをかけた上
  海コミューン成立(1967年2月5日)、その1週間前という歴史的瞬間を目撃した日本人
  カメラマンがいた! 半世紀前の人民中国―北京・上海・武漢・広州・深?にて、文革
  初期の街の様子と人々のエネルギーを捉えた貴重な写真170点。

◇『羅山条約 上巻 悪ガキたちが見た文化大革命』 王耀平/鎌田純子,山田多佳子,
  松尾むつ子,萩野脩二 訳  朋友書店  A5 332頁  2017年8月 2,700円 9784892811630
  目次:献辞(史鉄生)/日本語版への序言(王耀平)/この書を読むにあたっての注
  意事項/楔子/第一段 記者方一菲の告白/第二段 廟仙幹部学校の任天亮(“包丁の
  任”)の話/第三段 廟仙幹部学校の宋海山(“土匪”)の話/第四段 廟仙幹部学校
  の夏麗麗の話/第五段 山店幹部学校の斉大宝(“老デブ”)の話/第六段 廟仙幹部
  学校の馮思潔の話/第七段 廟仙幹部学校の李建強(“ヤマタカ”)の話/第八段 龍
  眼幹部学校の王強(“強強”)の話/第九段 廟仙幹部学校の鄭義(“大きな股上”)
  の話/第十段 龍眼幹部学校の韋小玉の話

◇『羅山条約 下巻 悪ガキたちが見た文化大革命』 王耀平/鎌田純子,山田多佳子,
  松尾むつ子,萩野脩二 訳  朋友書店  A5 312頁  2017年10月 2,700円 9784892811654
  目次:第十一段 廟仙幹部学校の劉小青の話/第十二段 子路幹部学校の[赤β]偉民
  (“鼻たれ”)の話/第十三段 高店幹部学校の向紅軍(“棒切れ”)の話/第十四段
  高店幹部学校の関有志(“棺桶の板”)の話/第十五段 廟仙幹部学校の黄小輝(“灰
  色うさぎ”)の話/第十六段 山店幹部学校の朱暁民(“豚の頭”)の話/第十七段 
  廟仙幹部学校の倪亜雲(“泥んこさん”)の話/第十八段 山店幹部学校の斉二宝
  (“小デブ”)の話/第十九段 山店幹部学校の湯秉治(“すいとん汁”)の話/
  第二十段 龍眼幹部学校の李鳴放(“足悪”の話/第二十一段 方一菲の最後の話/
  第二十二段 方一菲による結びの言葉(兼エピローグ)/あとがき(王耀平)/感想
  (松尾むつ子)/解説(萩野脩二)

◇『ワイルド・スワン 上下』(講談社+α文庫) ユン・チアン/土屋京子 訳  講談社
  文庫 560/544頁  2017年11月 各1,400円 9784062816632/9784062816656
  15歳で軍閥将軍の妾になった祖母。戦後、夫とともに共産党で昇進する母。そして建
  国後、反革命鎮圧運動の只中に生まれた著者である娘。三世代が見た激動の中国と
  は。中国で発禁処分となった衝撃的自伝。

◇『蒙古襲来と神風 中世の対外戦争の真実』 服部英雄  中央公論新社  新書 272頁
  2017年11月 860円 9784121024619 
  鎌倉中期、日本は対外戦争を経験する。二度にわたる蒙古襲来(元寇)である。台風
  が吹き、文永の役では敵軍が一日で退散し、弘安の役では集結していた敵船が沈み、
  全滅したとされる。だが、それは事実なのか。本書では、通説の根拠となった諸史料
  の解釈を批判的に検証。戦闘に参加した御家人・竹崎季長が描かせた『蒙古襲来絵
  詞』ほか、良質な同時代史料から真相に迫る。根強い「神風史観」をくつがえす、刺
  激に満ちた一冊。

◇『編集復刻版 根岸佶著作集 第5巻』 三好章 編・解説  不二出版  B5 598頁
  2017年11月 22,000円 9784835080345
  『支那通商ノ難易』(1908年)、『支那交通全図解説 附録支那国勢一斑』(1910年
  頃)、『支那及満洲の通貨と幣制改革』(1937年)を収録。

◇『松井石根 アジア主義論集』 野村幸一郎 編  新典社  A5 292頁  2017年11月
  8,500円 9784787955135 
  東京裁判で死刑判決を受けた陸軍軍人・松井石根が生前、発表した中国問題や「大亜
  細亜主義」に関する文章を中心に編纂。アジア主義者としての松井石根の思想や理
  念、歴史認識の全貌を明らかにする。「支那の所謂愛国運動」「独裁政治家簇出の
  現象」「謂はれなき山東出兵批難」「山東出兵の総勘定」「支那より見たる赤露対支
  政策の功罪と今後」「満蒙問題と軍縮」「満州国独立の民族的根拠附東洋精神文明の
  勃興」「日支国交正常化の途」「聖戦の真意義を顕揚せよ」「興亜諸団体の統合と其
  の飛躍を提唱す」「興亜の同志」「宣誓口供書」ほか。
    
◇『陸軍中野学校 「秘密工作員」養成機関の実像』(筑摩選書) 山本武利  筑摩書房
  四六 304頁  2017年11月 1,700円 9784480016584 
  日本初のインテリジェンス教育機関・陸軍中野学校。戦後半世紀を経て発掘された公
  文書を基に、戦時謀略研究の第一人者がその全貌を描き、史的意義を検証する。

◇『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』 三浦英之  集英社  文庫 360頁
  2017年11月 700円 9784087456677 
  旧満州に設立された満州建国大学。「五族協和」を掲げ、五つの民族の若者達がとも
  に青春を過ごした。満州国崩壊後、卒業生はどのような戦後を送ったのか。その実態
  に迫るドキュメント。(梯久美子 解説)

◇『地域から考える世界史 日本と世界を結ぶ』桃木至朗 監修/藤村泰夫,岩下哲典 編
  勉誠出版  A5 464頁  2017年10月 4,200円 9784585221913
  グローバル化、多文化共生の時代だからこそ、地域を見つめる視点が求められる。列
  島各地に世界史を見出す多彩な事例と取り組みを紹介。暗記中心ではない、生きた学
  びを実現する新たな歴史教育のアイデアとモデルを提示。「戦争遺跡・亀島山地下工
  場の掘りおこし―「地域」と「民族」の発見―」(難波達興)、「アフガニスタンか
  ら山口へ―尾崎三雄氏の事例から―」(鈴木均)、「地域の歴史から日中交流へ―熊
  本県荒尾市における宮崎滔天兄弟顕彰事業の取組―」(山田雄三・山田良介)、「日
  本海は地中海か?―網野善彦から託された海がつなぐ歴史・文化の学び―」(竹田和
  夫)、「ムスリムに貼られた「レッテル」の再考―東京ジャーミイを事例として―」
  (松本高明)、「世界史未履修問題に見る世界史教育の現実」(篠塚明彦)、「イン
  ターネット時代の世界史―その問題性と可能性―」(柳原伸洋)、「塾「寺子屋」の
  可能性―横浜華僑華人子弟の教育―」(符順和)、「在日外国人生徒交流会の成果と
  課題」(吉水公一)、「世界史のなかの貧困問題―「貧困の語り」をとらえる 」
  (中西新太郎)、「災害と人類の歴史」(平川新)ほか
  
◇『古代朝鮮の国家体制と考古学』 山本孝文  吉川弘文館  A5 330頁  2017年11月
  10,000円 9784642081535 
  三国時代の韓半島に流入した中国式の政治制度は、遺跡から出土する物質資料にどの
  ように反映されているのか。墳墓と葬制、土器様式に現れた生活・祭祀の変化や文書
  行政の開始、服飾に反映された身分表象など、発掘資料から古代朝鮮の国家体制を追
  究。文献史学の研究対象だった古代の政治史に、考古学的な手法で鋭くアプローチし
  た画期的な一冊。
  
◇『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』(叢書 東アジアの近現代史 第3巻)
  池内敏  講談社  四六 338頁  2017年10月 2,200円 9784062207928
  近代における日本と朝鮮半島は、日本の植民地化、そして敗戦、朝鮮戦争と続く歴史
  のうちに、複雑な関係を形成してきた(本叢書第4巻で詳述)。本巻は、近世から近代
  にかけての日朝関係、そして、日本人は、どのように朝鮮観を形成していったのかを
  考察。豊臣秀吉の朝鮮出兵に始まり、「鎖国」下での朝鮮通信使の往来、船舶の漂流
  による漂流民の扱いをめぐる交流の歴史の中で、「竹島」の問題が浮上する。また、
  近代日本の朝鮮人蔑視という問題も、近世、近代を通して日朝関係史を見ることで、
  問題の本質が理解できるだろう。
  
◇『茶の世界史 緑茶の文化と紅茶の社会 改版』 角山栄  中央公論新社  新書 256頁
  2017年11月 760円 9784121805966
  16世紀に日本を訪れたヨーロッパ人は茶の湯の文化に深い憧憬を抱いた。茶に魅せら
  れ茶を求めることから、ヨーロッパの近代史は始まる。なかでもイギリスは独特の紅
  茶文化を創りあげ、茶と綿布を促進剤として伸長した資本主義は、やがて東洋の門戸
  を叩く。突如世界市場に放り出された日本の輸出品「茶」は、商品としてはもはや敗
  勢明らかだった。読者がいま手に茶碗をお持ちなら、その中身は世界史を動かしたの
  である。

◇『張騫とシルク‐ロード[新訂版]』(新・人と歴史 拡大版12) 長沢和俊 清水書院
  四六 244頁  2017年6月 1,800円 9784389441128 
  アジアとヨーロッパを結ぶ中央アジアの横断路―それがシルク‐ロードである。そこ
  には、多くの冒険と夢とロマンがあった。本書は、この夢幻の道シルク‐ロードを、
  はじめて打開した張騫が、いかに粒々辛苦したか、漢の武帝以来、いかに多くの人々
  がシルク‐ロードの維持と経営に苦心したか、また、この交通路をめぐって、いかに
  華やかな東西文化の交流が行われたかを、幾多の事件、エピソードとともに、興味深
  く物語っている。
  
◇『マルコ=ポーロ 東西世界を結んだ歴史の証人』(新・人と歴史 拡大版16) 佐口透
  清水書院  四六 240頁  2017年7月 1,800円 9784389441166 
  12世紀の中ごろ、ヴェネツィア生まれのマルコ=ポーロは、25年にもわたる東方への空
  前絶後の大旅行の途にのぼった。クビライの宮廷に向かった彼は単に旅行家、商人で
  あったのみならず、ローマ教皇特使の任をも帯びていた。東西交渉の檜舞台で、彼は
  何を考え、何を観察し、いかに行動したのであろうか。本書は、マルコの実像をもと
  めて“東方見聞録”を細かに読み返しつつ、その裏面より新しい視点で、マルコを生
  き生きと捉え直した力作である。
  
◇『興亡の世界史 東インド会社とアジアの海』(講談社学術文庫) 羽田正  講談社
  文庫 416頁  2017年11月 1,280円 9784062924689
  近年ますます進展する世界の「グローバル化」は、いつ始まったのか。ひとつの大き
  な転機をもたらしたのが、17世紀のヨーロッパに相次いで誕生した「東インド会社」
  である。本書は、この「史上初の株式会社」の興亡を通して、世界が近代に向かって
  大きく変貌した200年を描きだす異色作である。『興亡の世界史15 東インド会社とア
  ジアの海』(2007年刊)を文庫化したもの。

○『中国ごみ問題の環境社会学 〈政策の論理〉と〈生活の論理〉の拮抗』 金太宇
  昭和堂  四六 228頁  2017年12月 3,500円 9784812216392 
  北京を取り巻く「ごみ囲城」が象徴するように、中国のごみ問題はかつてない規模に
  拡大している。もちろん行政は手をこまねいているわけでない。本書では、とりわけ
  生活ごみに焦点を当て、現地調査で得た所見を踏まえながら、中国の廃棄物管理の全
  体像を浮き彫りにする。
  
○『アジアの流域水問題』 砂田憲吾 編著  技報堂出版  A5 316頁  2008年2月 3,000円
  9784765534246
  目次:第1章 アジアにおける河川と流域水管理、第2章 洪水が中心となる流域水問題、
  第3章 水不足が中心となる流域の水問題、第4章 水不足が中心となる流域の水問題、
  第5章 流量変動の将来予測と流域水政策、第6章 水問題の克服と課題
  
○『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア』 瀬地山角 編著  勁草書房
  A5 328頁  2017年11月 3,500円 9784326602988
  目次:はしがき(瀬地山角)/第I部 ジェンダーで見る東アジア  第1章 少子高齢化
  の進む東アジア――「東アジアの家父長制」からの20年(瀬地山角)、第2章 現代日
  本の家族――食に見る近年の家族問題(野田潤)、第3章 現代韓国の専業主婦――女
  性の仕事と結婚の理想と現実(柳采延)、第4章 台湾におけるフェミニズム的性解放
  運動の展開――女性運動の主流化と,逸脱的セクシュアリティ主体の連帯(福永玄
  弥)、第5章 「全国オモニ大会」に見る北朝鮮の家父長制の変遷(韓東賢)/第6章 
  家族構造から見る現代中国企業組織と流動人材(中村圭)/第II部 セクシュアリティ
  で見る東アジア  第7章 「LGBTフレンドリーな台湾」の誕生(福永玄弥)、第8章 
  中国との比較で見るセクシュアリティ――性欲は社会が塑型する(瀬地山角)、第9章
  日本のゲイは「普通の存在」になったのか?(森山至貴)、第10章 中国におけるBL
  (ボーイズラブ)マンガ――マンガ表現論から読み解く日本アニメ・マンガの国際的
  流通(守如子)/終章 東アジアの比較とは(瀬地山角)
  
○『中国民族性 第二部 一九八〇年代、中国人の「自己認知」』 沙蓮香 編著/
  津田量 訳/森山美紀子,久保輝幸,鈴木昭吾 監訳/劉偉 監修  グローバル科学文化
  出版  A5 378頁  2017年12月 3,980円 9784865160215 
  目次:序章 文化と民族の性格/第一章 課題の視角/第二章 課題構成/第三章 人格
  特質に対する評価/第四章 人格選択のコントラスト/第五章 総合的な判断と分析/
  第六章 欲求と人生の価値/第七章 修身/第八章 世の中喜怒哀楽/第九章 性格構造
  の特性/第十章 民族精神/付録一 特別職業階層の調査資料/付録二 x2検定
  
○『上海の中国人、安倍総理はみんな嫌いだけど8割は日本文化中毒!』(講談社+α新
 書) 山下智博  講談社  新書 256頁  2017年11月 860円 9784062915106
 動画再生回数9億回、ネットタレント外国人ランキング1位! ユニークなインターネッ
 ト動画で日本文化を発信する著者が語る、中国の若者と日中関係のこれから。

○『北京スケッチ 素顔の中国人』 渡辺陽介  明石書店  四六 184頁  2017年11月
  1,700円 9784750345871
  日本では、何かと政治的情報が先行する中国報道で、一般の中国人の姿は見えにくく
  なっているが、筆者は、北京に暮らす普通の人々の暮らしと哀歓を、豊富な写真を添
  えて、等身大の中国人を紹介する。

○『新 移民時代 外国人労働者と共に生きる社会へ』 西日本新聞社 編  明石書店
  四六 260頁  2017年11月 1,600円 9784750345864 
  2016年、日本国内の外国人労働者が100万人を突破した。移民政策をどうするのか。
  日本で暮らす外国人の実像や、彼らなしでは成り立たない日本社会の現実を見つめ、
  共生の道を探る。『西日本新聞』掲載を再構成し書籍化。

○『国際結婚と多文化共生 多文化家族の支援にむけて』 佐竹眞明,金愛慶 編著
  明石書店  A5 320頁  2017年12月 3,200円 9784750345987 
  日本の多文化家族で多数を占める日中、日比、日朝の国際結婚の「日本男性夫+外国
  人妻」に焦点を絞り、その全体像、必要な支援、国際結婚家庭の子どもたちをめぐる
  問題などを論じる。韓国における多文化家族法の実情も紹介。

○『華僑華人の事典 』 華僑華人の事典編集委員会 編  丸善出版  A5 618頁
  2017年11月 20,000円 9784621301760 
  華僑華人に関する興味深い話題を提供しながら、現代の華僑華人研究の全体像を浮き
  彫りにする中項目事典。目次:第I部 総説  1章 華僑華人の歴史、2章 華僑華人の経
  済、3章 華僑華人の政治、4章 華僑華人の生活・文化、5章 華僑華人についての研究
  史/第II部 地域別  1章 日本、2章 東アジア、3章 東南アジア、4章 南北アメリカ、
  5章 ヨーロッパ、オセアニア、アフリカ、南アジアなど/第III部 フロンティア 
  1章 グローバリゼーション、2章 マイノリティ・グループの移住と定着、3章 記録と
  展示/付録/引用・参照文献/事項索引/人名索引

●『春秋左傳正義譯注 第一冊(序・隱公・桓公篇)』(二松學舎大学中国学古典叢書1)
  野間文史 訳注  明徳出版社 A4 634頁  2017年10月 10,000円 9784896190212
  春秋左傳正義譯注 卷一(春秋左氏傳序)から卷七(桓公七年~桓公十八年)を収録。
  
●『春秋左傳正義譯注 第二冊(莊・閔・僖公篇)』(二松學舎大学中国学古典叢書2)
  野間文史 訳注  明徳出版社  A4 642頁  2017年10月 10,000円 9784896190229
  春秋左傳正義譯注 卷八(莊公元年~莊公十年)から卷十七(僖公二十九年~僖公三十
  三年)を収録。
  
●『中国文化論』李徳順/上村元顧 訳  かもがわ出版  A5 400頁  2017年10月 4,500円
  9784780309348
  中国を代表する哲学者が、専門の価値論をふまえて論じた中国文化論の邦訳。文化を
  人間の労働と活動による自然と人間の人間化と捉え、中国文化を56の民族すべてが五
  千年の歴史で積みあげた多重性文化として論じる。その中で科学的態度の欠落という
  中国の過去を反省し、民主主義と法治の重要性を説く。

●『中国名言集 一日一言』(岩波現代文庫) 井波律子  岩波書店  文庫 448頁
  2017年11月 1,280円 9784006022952 
  ときに英知の結晶の重みに粛然とし、ときに寸鉄人を刺す切れ味に感嘆し、ときに洒
  脱なユーモアあふれる面白さに哄笑し、ときに鮮やかに世界を凝縮した詩句に心を酔
  わせる――博学能文の中国文学者が、史書、詩文、随筆、小説、俗諺等々から精選し
  た366の名言を、1年各日に配して明晰な解説を付す。日々の暮らしを彩る、教養と実
  用を兼ねた1冊。

●『儒教が支えた明治維新』 小島毅  晶文社  四六 276頁  2017年11月 1,900円
  9784794970336 
  なぜ日本は近代化に成功したのか。中国や韓国では、古来より朱子学を修めた人が科
  挙に受かり国を束ね、服装や冠婚葬祭のやり方など、社会のすみずみにまで儒教が行
  きわたっていた。一方、日本には科挙がなく、葬式なども仏教が担っている。しかし
  教養として朱子学は、明治維新を支える思想として、武家の間に広まっていた。儒教
  的教養の水脈は、水戸光圀、吉田松陰、西郷隆盛、伊藤博文……と受け継がれ、日本
  の近代化を用意した。中国哲学の専門家が東アジアの中の日本を俯瞰して論じる、新
  しい明治維新論。

●『日本漢学研究試論 林羅山の儒学』 大島晃  汲古書院  A5 650頁  2017年12月
  12,000円 9784762936364
   林羅山を出発点に、「日本漢学」が中国の学芸をどのように受容・展開したのか問い
   直す。目次:1 林羅山の「文」の意識/2 林羅山の朱子学――『大学諺解』『性理字
   義諺解』/3 日本漢学諸論/4 先学の風景――人と墓
   
●『タンカ チベット仏教美術の精華』(中国無形文化遺産の美) 王海霞 主編・編著/
  三好祥子 訳  科学出版社東京  B5 120頁  2017年12月 4,800円 9784907051228
  チベット仏教美術を代表する芸術・タンカ。色彩豊かな絵画芸術は宗教やチベットの
  歴史や民俗などを題材に人々の信仰の拠り所して伝承されてきた。布や僧院の壁に描
  かれる信仰の対象として、刺繍など身近な愛好品としてその価値を高めるタンカ。神
  秘的で奥深い作品の数々を紹介。

●『生声CD付き 【対訳】ダライ・ラマ英語スピーチ集 Be Optimistic!(楽観主義でい
  こう!)』 下山明子 編  集広舎  A5 96頁  2017年11月 1,204円 9784904213520
  ノーベル平和賞受賞記念スピーチ、東京、広島講演を含む世界各地での英語名演説から
  19トラックをセレクト。全文英日併記、生声によるCD収録。ポイントとなるキーワー
  ド解説付き。

●『東方宗教 第130号』 日本道教学会  A5 160頁  2017年11月 2,800円 0495-7180
  目次:【論考】呪術系予防医療の一端――『淮南萬畢術』解析試論(有馬卓也)/
  鉛汞小考(加藤千惠)/道教の伝経儀礼における臨壇三師について(金志[王玄])/
  『新鐫仙媛紀事』の成立と明代女仙信仰(頼思[女予])【国際学会動向】第四回日米
  道教研究会議参加報告(広瀬直記)ほか
  
●『中国哲学研究 第29号』 東京大学中国哲学研究会  A5 320頁  2017年7月 2,000円
  曹元弼の『易』学三書(廖娟)/『朱子語類』巻八「総論為学之方」篇訳注(六)
  91-139条(恩田裕正)/『朱子語類』巻四「人物之性気質之性」篇訳注(一)1条-
  24条(恩田裕正・伊東貴之・林文孝・松下道信)/『朱子語類』巻九二「楽」篇訳注
  (二)16条-40条(田中有紀)/『朱子語類』巻二六―巻二九注(五)(二松学舎大学
  宋明資料輪読会公治長篇班)/漕運兵丁の中の羅教信仰についての研究(夏雨)/飛
  伏説からみる『京氏易伝』の八宮構造(早川泉)/明治後期における服部宇之吉の儒
  教理解について(水野博太)

★『月と季節の暦 戊戌年 2018年2月16日~2019年2月4日』 月と太陽の暦制作室  26頁
  2017年11月 2,000円
  月暦(つきごよみ)、いわゆる旧暦のカレンダー。月に関するすべての情報(月齢、
  月の出入り時刻、大潮・小潮、満潮時刻)、また太陽のリズム(二十四節気、七十二
  候)を収めている。読み物特集「命の月 出産、農業、動植物、魚類…」、絵特集「川
  瀬巴水〈地域〉を照らす」。小特集「月名(つきのな)植物」。

★『漢籍 整理と研究 No.16(最終号)』 漢籍研究会/汲古書院発売  B5 134頁
  2017年8月 1,852円 0915-6585 
  『無上玄元三天玉堂大法』の済度儀礼について(松本浩一)/日中韓仏教絵画デジタ
  ルアーカイブの入手法と現状分析―2016年改訂版―(福田博司)/大和綴をめぐって
  (藤森馨)/『考信録』に見られる漢籍受容の一面について(大木彰)/日知録版本
  の調査(永井登志江)/秋田大学附属図書館で開催した漢籍整理講習会について(森
  谷めぐみ)/町田市民文学館ことばらんど収蔵青柳寺・八幡城太郎文庫漢籍コレク
  ション目録(山口洋,守谷信二 共編)/書林清話校注稿(2)(和泉新)/『漢籍 整
  理と研究』内容一覧(第1号~第16号)(宇津純)/終刊に当たって(和泉新)/終刊
  のご挨拶(長谷川久子)


=======================================
≪書羅盤:チャイナブックナビゲーター≫第315号はいかがでしたか。

東方書店のSNSのご案内です。

ツイッター
東方書店東京店舗
https://twitter.com/toho_jimbocho

東方書店
https://twitter.com/tohoshoten

フェイズブック
東方書店東京店舗
https://www.facebook.com/tohojimbocho

インスタグラム
東方書店
https://www.instagram.com/tohoshoten/

本年もよろしくお願い申し上げます。


ご感想・ご意見は大歓迎です。E-mail:mmaga@toho-shoten.co.jpまでお願いします。
=======================================

※価格は本体価格で表示しております。

【通信販売のご案内】
 本誌に掲載されている図書は東方書店営業部通販担当でお取り扱いしております。
  本代のほかに送料550円が加算されます(代金引換は別途300円申し受けます)。
 詳しくは、tokyo@toho-shoten.co.jp(東方書店通販部)までお問い合わせください。
  下記のホームページからもご注文いただけます。
  東方書店のホームページ<中国・本の情報館>http://www.toho-shoten.co.jp/
  電話:03-3937-0300 ファックス:03-3937-0955

【店舗のご案内】
 東方書店の東京店では本誌に紹介された本はもちろん、それ以外にも常時15,000点の
中国関連図書をそろえております。店舗へのアクセスはホームページをご覧ください。
http://www.toho-shoten.co.jp/shop/index.html
ご興味をお持ちの方はぜひ一度お立ち寄りください。東京店の営業時間は、月曜日~土曜
日が10時から19時まで、日曜・祝日が12時から18時までとなっています。
店舗へのお問い合わせご注文は下記まで。
shop@toho-shoten.co.jp
電話:03-3294-1001 ファックス:03-3294-1003

★東京店舗では、フェイスブック(facebook)を開設しています。是非、ご覧ください。

https://www.facebook.com/tohojimbocho


<書羅盤>のご説明<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

図書情報項目:1)ジャンルの記号、2)書名(副題・シリーズ名などを含む)、3)
編著者、4)出版社、5)判型、6)頁数、7)価格(税別)、8)ISBNコード(雑誌
はISSNコード)、9)一言コメントの順に並んでいます。

ジャンルの記号の意味は以下のとおりです。
♯(ビデオ、VCD、DVD、音楽CD)
■語学(中国語・広東語・台湾語など)
□芸術(書画、篆刻、映画、音楽)
▲文芸書(近現代小説、エッセー、歴史読物)
△文学(古典詩文、明清小説など)
▼旅行(ガイドブック、地図、紀行文)
▽健康(料理、薬膳、スポーツ、拳法、気功、東洋医学)
◆政治・経済(法律、ビジネスを含む)
◇歴史(考古学から近現代史まで)
○社会(文化人類学、社会学、教育、民族)
◎民俗(風俗・習慣など)
●思想(四書五経、哲学、宗教)
☆科学(科学工業技術、動植物、自然科学)
★総記(目録、索引、全集、書誌など)
==============================================================================
本誌の記事を無断で転載されることはご遠慮ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して発行して
います。
http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000067662)
配信の解除はまぐまぐのホームページ、または 
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/index.html
から行うことができます。
編集責任:東方書店 川崎道雄(mkawasaki@toho-shoten.co.jp)
電話:03-3294-1001
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


書羅盤・チャイナブックナビゲーター

RSSを登録する
発行周期 旬刊
最新号 2018/01/05
部数 1,849部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

書羅盤・チャイナブックナビゲーター

RSSを登録する
発行周期 旬刊
最新号 2018/01/05
部数 1,849部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング