狸のしっぽ

狸のしっぽ


カテゴリー: 2016年04月23日
**********************************************************************

  ★狸のしっぽ★ (シーズン4)  NO.12 2016.4.23

**********************************************************************

   <奇跡の脳 その2>

山形に住む義母が、今年の1月5日に、脳内出血で倒れた。
右半身マヒ、意識ははっきりせず、ほとんど眠り続けている状態で、2月24日にリハビリのためにS病院に転院した。

その時医師から「かなり重症です。」と告げられた。
それでも少しずつ、声をかけたり、体を起こしたり、飲み込むことができるようになるためのリハビリが始まった。

栄養は鼻からチューブでとっていたので、それがうっとおしくて抜こうとするために、手には手袋がはめられて、それもまたうっとおしい様子であった。
せめて、そのチューブがはずされ、口から食事がとれるようになって欲しいというのが、その時の私の一番の願いだった。
しかし、その時の母の状態からすれば、ものを飲み込むという機能が回復する可能性はかなり低いと思えた。

そして後日、医師から、「鼻のチューブがストレスになっているようなので、リハビリのためにも、胃ろうにすること」をすすめられた。
口から食べれるようになれば、胃ろうをやめることもできるから。ということであった。

ところが、胃ろうの手術の前に、「もう少し様子を見ましょう。」ということになった。
そして、鼻のチューブははずされたのだ。

そのことを知らされた時、心いっぱいに喜びがわきあがってきて、バンザーイと何度もさけんだ。
嬉しくてたまらなかった。そして母に会いたいと思った。

4月15日に久し振りに母にあった時、母の回復は普通ではありえない奇跡的なことだと実感した。
母は車椅子に乗って、廊下の窓から、近くの公園に咲いている桜をながめることができるようになっていた。
優しく笑顔で語りかけると、笑顔で返してくれるようになった。
そして、お見舞いに持っていったプリンを食べさせてあげることができた。

湧きあがる喜びと共に、母のリハビリを担当してくださった方、母の看護をしたくださった方への感謝の気持ちでいっぱいになった。

そして私は、祈りのパワーを実感した。
医師に重症と告げられた時から、私は母のために祈った。
自分一人の力では足りないと思ったので、月に三回開催している「祈りの会」の中で、10人程の仲間に頼んで、毎回一緒に祈ってもらったのだ。

祈りは、確実に届くのだ。
祈りは、その人のいのちの力を応援し、その人が幸せになることを応援し、その人のために尽くしてくださる人がより良い仕事をすることも応援するものなのだと思う。

今回印象に残ったことは、若い女性の看護師さんが、「おむつの交換をしようね。」と母に笑顔で声をかけた時、母も笑顔になり、動くほうの左手でパジャマのズボンを下ろそうとしたことだ。
「あ、協力しようとしているんですね。」と声をかけた私に、「お母さんはおだやかな人でね。」と言ってくださった看護師さん。
看護師さんが、いつも笑顔で、母に語りかけてくれたおかげもあって、母はおだやかな世界に居るんだと思った。

私は、「奇跡の脳」(ジル・ポルト・テイラー著)という本を読んだことで、左脳の機能に障害が起こって、右脳の世界を体験している人が、深いやすらぎを感じていることを知った。
そして、幼児にもどったような母がそういう世界に居ると思えることが嬉しかった。

「奇跡の脳」という本によって私は、人間の脳の素晴らしい可能性を具体的に知ることができた。
そして、その可能性が祈りの力、愛の力によって、引きだされることも知った。

母に関して、今願っていることは、リハビリによって、脳が新しい神経回路をつくって、マヒしている右半身が少しでも動く様になって欲しい。自分で寝返りが打てるようになって欲しいということだ。

*********************************************************************

母に会いに行っていた時に、熊本で地震が起きた。
私は、日本という国が一人の人間の体のようだと感じたりもした。
被災された方のために祈り、地震がしずまるように、大地への感謝の祈りを捧げた。

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp 
 
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

**********************************************************************

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
を利用して発行しています。(http://www.mag2.com/)

登録、解除、バックナンバーは、http://archive.mag2.com/0000067097/index.html    




 

狸のしっぽ

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/15
部数 40部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

狸のしっぽ

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/15
部数 40部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

「竹中亮祐」×「長倉顕太」 海外で自由な生活をしながら1億稼ぐ方法
20代で国内外で5社経営している実業家・投資家、著者であり、シンガポール在住の竹中亮祐と、東京とサンフランシスコの間でデュアルライフを送っていおり、手掛けた書籍は1100万部以上のパブリッシャー長倉顕太の2人が海外にいながら1億稼ぐための最新のビジネスノウハウを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング