BLPCパソコンメモ

BLPCパソコンメモ:2016年10月31日号


読者の皆さんこんにちは。
BLPCのメールマガジン、BLPCパソコンメモです。

気づけば10月も最後です。
今年は例年になく、気温が高いように思います。
これも、「温暖化」の影響なのでしょうか。
便利になっていく反面、自然環境が脅かされているのも困りものです。

--目次ここから--
1.連載「働く視覚障害者に尋ねて」
2.アマゾン・楽天・Yahoo!での買い物が簡単にできるページのご紹介

--目次ここまで--

1.連載「働く視覚障害者に尋ねて」
          鈴木沙耶

今年度は、隔月で現在働いている視覚障害者へのインタビューを行う。
すべては筆者が仕事を続けるために。
それが読者のみなさんにとっても何かのかてとなれば嬉しい。

今回は運輸関係の特例子会社で働く、
Kさんにお話を伺った。
※ご本人の希望により仮名「K」さんとさせていただく。

「効率よく業務を進めるために何ができるか考えてください。
ただ作業をこなすだけではなく、なぜその仕事をするか分かって
やっていますか?」

ああまたこの話か、そんなに何度も言わなくたって。
ミーティングの最中、
会議室の後ろの席に座り、半分眠い頭でそんな事を考えていた。
確かに最近仕事が忙しく、やる意味や効率化の工夫まで考える余裕がなかった。
いやむしろ忙しい事を理由に自分は仕事をしているという気になっていたかも
知れない。
それではいけない事は分かっている。しかし余裕が・・・。

そんな中、昨年就職したばかりのKさんの話を聴く機会があった。
とても生き生きと楽しそうに仕事をしている様子が伝わって来る。
これは是非いろいろと訊いてみたい。
ということで、再び旧オフィスへ。忙しい中時間を作ってもらい、
話を聴かせていただくことができた。


 障害の状況
先天性の視覚障害。
視力は光覚程度。
手動弁が若干分かる。
使用文字は点字。
小学4年生までは少し見えていたので頑張って書いていたが、
見えなくなってきたので点字に切り替えた。
PCはスクリーンリーダーを使用し操作している。

 それでは就職活動と今の会社に出会ったきっかけを訊いてみよう。
・K:大学4年の終わりに、知り合いが今の会社に伝手があり、
「全盲は採用した事はないけれどどうですか?」
と紹介してくれました。
・鈴木:え?それまではどうするつもりだったんですか?
・K:最初のころは就職活動をしていたものの、
今の視覚障害者の事務職に限界を感じていて、やりたい事と募集している仕事がマッチングせず、自分の中で折り合いがついていませんでした。
こだわりとして全盲の人が入ったことのない会社を当たっていました。
なぜなら凝り固まっていないという意味で自分の可能性がどんどん広がって
いくかなと思っていたので。
確かに同じ障害の先輩がいる安心感はあるのですけど、
やっぱりそれだと正直おもしろくないな・不安定を楽しみたいなという気持ちがあったので、挑戦したという経緯はありました。
そのためかいつしか就職活動が止まってしまい、半年以上
逃げてしまっていました。
卒論が終わり、
「そろそろ始めなきゃいけない」
とあせっていた時に紹介してもらったという感じです。

こだわりが強い!仕事先が見つかって本当によかった。
しかし職場に同じ障害をもっている人がいないとやりやすいというのは事実だと思う。
好きなようにやらせてもらえる。
逆に今の職場に全盲の人がもう一人いたらやりにくい気がする。
比較されるのも迷惑だろうし、やり方を押しつけられるのもうざったい。
そういう意味では共感できる。

 さていったいKさんはどんな仕事をしているのだろうか。

・鈴木:で?今の仕事は?
・K:8月1日から新規事業の部署に配属になって、本格に事業が始まって
いないのでまだ言える事はあまりないです。
今は事業計画を作ったり、事業に必要な資料を探したり、セミナーに参加したりしています。
・鈴木:今までにやってきた仕事は?
・K:去年の4月に就職し、この1年4か月は総務にいました。
総務の中でも二つ仕事を経験しています。
昨年度は社内の人事・財務関係。今年4月から4カ月は採用関係の担当でした。
人事・財務関係は、
主に社員のデータ管理や助成金の調査・申請など。
それから、去年はマイナンバーの担当として、
情報収集・グループ担当者会議への出席・教育資料の作成・全事業所を回っての説明会実施・登録の照合などをやっていました。
後はIT系の話で、パソコンの申請とかサポートとか。
・鈴木:え?そういうのもやってたんですね!
・K:はい。後は社内の携帯がアイフォーンなので返却の時は
クリーンアップしたり。
後はまあ電話とったりとか。
代表の電話と採用の電話と社長室の子機があるから不在の時は社長室の電話も。
・K:そして今年の4月に人事・財務の島から採用・企画の島に異動し、
4か月だけ仕事をしていました。
・鈴木:採用も?
・K:その時に採用関係でやったのは、
ハローワークに面接会のアポイントをとって日程調整をする業務だったり、
選考対象外の方へのメール返信をしたり、電話対応もやっていました。
会社が新卒学生にフォーカスを当てているので、
大学に訪問してお話をさせてもらったこともあります。
・企画系の方にも関わっていました。
うちの会社では職場改善の提案を社員から直接社長に伝えられる制度を
もっていて、その事務局をやっていました。
社長にアポイントをとったり、社員からの企画書を見て社長との対話に向けて
準備をしたり。
それ以外にこまごまとした庶務がまた別にあって、
健康診断のリストを作ったり調節したり、社員満足度調査の基礎データを
作ったり。
そうやって4カ月を過ごしてやっと覚えてきたと思ったところで
異動になりました。

すごい!1年4カ月でこんなにたくさんの業務が経験できるなんて、
うらやましい。
筆者が入社した頃はあまり仕事がなくて、印刷とか封入とかやっていたっけ。
もう少し体の自由が許されれば採用も手伝わせてもらえただろうか。
まあ封入だって立派な庶務だろうからそれはそれで経験になっただろうと思う。

 筆者の話はどうでもいいとして、続いて工夫している事を訊いてみた。

・K:まず一つ重要なポイントとしてうちの会社は全盲の事務職の採用が初めてだったので、IT系のインフラを整備するのも1からスタート・・・。
・鈴木:もう少し具体的に?
・K:たとえばパソコンを整えるとか、スクリーンリーダーは何が必要だとか、社内のシステムはアクセスできるのかとか・・・。
・鈴木:それは何か必要なソフトについて提案をしたという事ですか?
・K:パソコンの導入に関して上司が一任してくれたこともあったので、
会社で物を発注する時にはどうしたらいいかという事で稟議書を書いてから発注するまでの一連の流れを練習するついでに、
自分のソフトを買うというのもやっていました。
・鈴木:わーそれはすごいな。それは同部署にいたからならではっていう感じですよね?
・K:幸いにして総務にいて人事・財務系にいたからというのはあったと
思います。
3月に仕事が決まったのでもう少し整備が整ってからの出社はどうかと
訊かれたんですけど、それは自分が整えるところからが仕事だという事を伝えました。
稟議書を書き・見積もりを取り、インストールまで自分でやりました。
・鈴木:それは逆に面倒じゃないというかまどろっこしくなくていいなぁ。
・K:そう。自分の好きなようにできるという意味ではすごいよかった。
よく分からない物で発注の流れをつかむよりは、自分の必要な物だから一生件名やっていろんな事が分かりました。
・それと新しいシステムが出てきて覚える中で、すべて自分で調べる事・自分で動く事を大事にしています。
基本的に分からなかったり知識として必要なものはインターネットだったり
本から得るようにしています。

これはなかなかすっきりしていていい。
間に人が入るほど内容の理解に差があったり性格に伝わらなかったりで
これがなかなか厄介だ。
見積もりからインストールまで全部自分でできたらその方が気が楽かも
知れない。
そして分からない事は自分で調べる、これは大切な事だ。

 さあKさん自身がすべて対応したPCはどんな環境だろうか。

・K:Windows 7のノートパソコンで、
スクリーンリーダーはPC-Talker・JAWS・NVDAが
入っています。
・ブラウザはNetReader・IE・Google Chrome・
Firefoxが入っています。
・鈴木:Google Chromeはまあ分かる気がします。
Firefoxはどうして?NVDAで使いやすいからですか?
・K:NVDAと一緒に使いながら、うちはグーグルのシステムが多いので。
カレンダーとか。
・鈴木:Google Chromeはやっぱり使えなかった?
・K:Google Chromeも使えるけどFirefoxの方が
相性がいいです。ぼくはカレンダーが絶対必要なので。
メールに関してはNetReaderでGmailのWebメールを使って
います。
NetReaderはなかなか使えますよ。固まらないともっと
いいんですけど。
・鈴木:点字ディスプレイは?
・K:会社から許可をもらって自分のブレールセンスを使っています。
本当は買ってもらってもよかったのだけど、予算の都合だったりできるだけ早く自分の物を揃えたかったので。
・それ以外に揃えている物として、骨伝導ヘッドホン。
・鈴木:どうですか?音漏れするでしょ?
・K:多少音漏れはするんですけど、電話とりながらパソコンでメモ
しながらだとその方がいいです。
・鈴木:パソコンでメモとってるんですね。点字ディスプレイは
使わないですか?
・K:そうです。なぜならば自分自身への電話はいいですけど、
他の人の電話をとった時はそのままメールで送りたいので。
・それからプリンターの複合機は、関連会社にいる全盲の方がダンボールで
作ったガイドのような物を使っていたので、自分の物も作ってもらって使用しています。

どれもこれもなかなかいい。
プリンターの複合機のガイド、筆者の分も作ってもらいたいぐらい。

 こんなにいろいろ充実していても困っている事はあるのだろうか。

・鈴木:困っている事や改善したい事はありますか?
・K:困っている事は勤怠システムがJAWSでも動かしにくい
システムで・・・。
人事・財務にいた時はどうしても人事データの入力・管理をするのに使わなきゃいけなかったので、
だいぶ苦戦してやっと覚えたかなというところで異動してしまったのであまり
覚えられず困るなという事が一つ。
・鈴木:それは今どうしていますか?
・K:採用にいた時はタイムカードを使っていて、後は休暇や残業を上司に
メールで連絡しているくらいです。
・後最近グループ会社の動きとして文書管理のシステムが動き始めていて、
これがフラッシュだからほとんど音声が乗らないという問題があります。
今のところ使う事はないですが、業務連絡などのデータが徐々に移行しつつ
あるのは少し危機感を感じています。
幸いにしてフラッシュは無くなりつつあるので、新しいものがきてくれれば問題ないのですが。
・それから、会社に出勤する時は特殊な場所にオフィスがあり、
テンキーを使わないと会社に入れません。
そのテンキーはタッチパネルで且つ毎回配列が変わるたちの悪い暗証番号に
なっていて、最も近い入口は使えない状態です。
幸いにして他の職員通用口に守衛がいる処があるので多少遠回りにはなるけど
今のところそこを使っています。
我慢しようと思えばできるのですが、
やるせないなという思いは普段かかえながら生活をしているといったような状況でしょうか。

これまた厄介だ。システム的な問題はいろいろ方法を模索するしかないとして、
ハード的な設備問題は交渉くらいしか手がない。
新オフィスのエレベーターは、
車椅子専用しか音声案内が出なかったためこれは交渉して改善してもらった。

 気を取り直して今後の課題と希望を訊いてみた。

・鈴木:今後の課題や希望があれば教えてください。
・K:今後の課題としては、
こまごまとしたミスを無くすという意味でメールの文面をきちんと確認する。
なかなか時間がないと感じ変換をその後確認せずに送信してしまったり
するので。
たとえば曜日?火曜日と日曜日とか。
(※日と火。)
どうしても1文字ずつ読む事が難しいので、そこは人の力を借りずにいい方法を探りたいなと思います。
後はエクセルをもうちょっとちゃんと使えるようになりたいと思っていて、
たとえば見える人に分かりやすいレイアウトの表というのがいまいちイメージがわかず、列の幅や印刷した時に文字が切れているとか。
幸いにして上司が直してくれたりするので分かるものの、
どうやったら見やすくなるのかがいまだに理解できない。
そこがもう少し分かって来ると人の手を借りなくてもある程度のところまで完成させることができるのかなと思っています。
極力一人でできる事というのを増やしていきたいなと思っています。

なんでも一人でやる事が必ずしも良い方法だとは思わない。
協力してもらった方が返って時間が有効活用できる事もあるだろう。
しかし、一人でできる事を増やしたいという思いは多かれ少なかれだれでも共感できる部分があると思う。
筆者も入社当初はそう考えていた。
今でもそうかも知れない。
何にでも挑戦しようという姿勢はすばらしい。

 最後にKさんから読者のみなさんへメッセージをいただいた。
・K:今、任されている新規事業は障害当事者の視点で事業を進めて行くという内容なので、自分にしかできない、ちょっと今までの事務の仕事とは違った
仕事ができそうな予感がしています。
就職活動でつまずいたと言いましたが、
自分の障害をハンディとはとらえず逆に価値としてとらえていきたいと
いうような事を曲げなかったゆえにいろんな会社に落とされたというのが
ありました。
でも結局その主張を貫いた結果今の仕事にたどりついたので、
自分で自ら限界を作らないということはわれわれにとっては必要な事なのかなと思います。
限界を作らない事が自分や今後後ろを追って来る人、はたまた前を行く方々の様々な可能性を広げるという事に繋がるのかなと思っているので、
みなさんと一緒に努力と挑戦を続けていきたい・いろんな視野をもってやって
いきたいと思っています。

 終わりに
「生意気だ!」
読者の中にはそう感じた方もいらっしゃるかも知れない。
筆者も正直そう感じた部分がある。
いつかは限界を知る時が来るかも知れない。
そして悩み傷つく事もあるかも知れない。
しかし、幸いにしてKさんはまだ若い!
いくらでも挑戦できる時期だと思う。
そしてやりたい事が十分にできる環境がある。
であれば挑戦を応援したい!

毎回長文をお読みいただき本当に感謝している。
本当はもっと紹介したい事がたくさんある。話が尽きない。

ほんの少しでも、
同じ視覚障害者としてKさんの働き方をご紹介できたことを嬉しく感じている。

Kさん、お忙しい中、ご協力いただきありがとうございました。


2.アマゾン・楽天・Yahoo!での買い物が簡単にできるページのご紹介
          山賀信行

2016年7月にNetReader2にアマゾンと楽天での買い物をサポートする
アドインが発表されました。
しかし全員がこのブラウザを使っているということはなく、またPCトーカー
以外のスクリーンリーダーを使われている方も少なからずいらっしゃることと
思います。
かく言う私もその1人です。
今回はNetReader2がなくてもインターネットショッピングを楽しむことのできる方法をご紹介します。

読者の皆さんは
やまさんの森
http://yama3nomori.jp
をご存知でしょうか?
以前にもBLPCパソコンメモで紹介させていただいたこともありますし、口コミで多くの方に利用いただいているホームページです。
「やまさんの森」は筆者が管理しているページで、
・Googleの検索
・ニュースの閲覧
・YouTubeの検索
・Yahooの路線検索
・iTuneのアプリなどの検索
などなどが簡単にできるページです。

商品の検索から買い物かごへの商品追加まで
その中にアマゾン・楽天・Yahoo!それぞれの商品検索コーナーがあります。
できるだけシンプルにわかりやすくをモットーに構成しています。
ページは3つに分かれています。
以下で順番に使い方を説明します。


 1. 検索ページ
ここでは、例として、「アマゾン検索」でビールを検索する手順について
説明します。
ホームページにある、「アマゾン検索」のリンクを開くと、直ぐに商品名などのキーワードの入力覧と検索ボタンが
あります。
例えば「ビール」と入力して検索ボタンをエンターすると商品の検索が
始まります。
アマゾンの場合はシステムの都合により50件以上の結果が取得できないため、
商品のジャンルを選択するメニューがあります。
このページには、すでに買い物かごに入れた商品を確認したり、会員登録をするためのリンクなどもあります。


 2. 検索結果ページ
商品が見つかると、
・その件数
・10~30の商品一覧
・結果ページを切り替えるためのリンク
が表示されます。
一覧では1つの商品について
・商品名のリンク
・商品画像
・値段
・商品の説明
などが表示されます。
アマゾン検索で 「ビール」を検索すると1件目が下記のように表示されます。

【検索結果の例ここから】
アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本
商品画像
¥ 4,608
在庫あり。
プライム対象商品
Amazon FB Japan
メーカー : アサヒビール
※20歳以上の方のみご購入いただけます。
ビールといえばスーパードライ!という方も多いのではないでしょうか?
鋭い切れ味とクリアな味わいが人気です。

商品の情報
原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
アルコール度数:5%
お酒の製法/ベース/種類:ピルスナー
洗練されたクリアな味、辛口。さらりとした口あたり、シャープなのどごし。
キレ味さえる、いわば辛口ビールです。
【例ここまで】

商品によっては登録情報がなく、値段や説明が表示できないこともあります。
とくにアマゾンではその傾向が多くあります。


 3. 商品を買い物かごに追加
検索結果ページで商品名のリンクをエンターすると、このページが開きます。
個数や場合によっては色などを選択して
「買い物かごに追加」
をエンターします。
ここまでを「やまさんの森」でサポートしています。
その後の決済などはそれぞれのサービスページに移行して行います。
決済などはもう1つブラウザが立ち上がり、そこで手続きをします。
ページ内には何かの都合でうまく商品が籠に追加できなかったときの代替用に
それぞれの元の商品ページへのリンクも用意しています。
他にもアマゾンでは関連商品が表示されます。
楽天とYahoo!では購入ショップの取り扱い商品一覧とショップ内を検索する
リンクがあります。


 最後に
文字に表してみると複雑に思われるかもしれませんが、実際にページを閲覧してみると、通常のページよりもストレスなく操作ができるかと思います。
これまで商品の検索や購入に不便さを感じられていた方、買い物など難しいと
思われていた方、騙されたと思ってぜひ使ってみてください。
期待はうらぎらないと思います。


 補足
今回ご紹介しましたページのアドレスです。

アマゾン検索
http://yama3nomori.jp/amazon.shtml

楽天検索
http://yama3nomori.jp/rakuten.shtml

Yahoo!ショッピング検索
http://yama3nomori.jp/yahoo.shtml


編集担当:深沢拓也

※  このメールマガジンはインターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して配信しております。
  登録・解除は、以下のページから行ってください。  
http://www.blpc.net/magazine.htm 
ご購読、誠にありがとうございました。


BLPCパソコンメモ

RSSを登録する
発行周期 毎月月末に発行
最新号 2017/10/31
部数 857部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

BLPCパソコンメモ

RSSを登録する
発行周期 毎月月末に発行
最新号 2017/10/31
部数 857部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・中村僚が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング