カエルニュース

カエルニュース(阿部知子)第417号 『生活の中に医療を取り戻す為に』


/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

     衆議院議員・小児科医 阿部知子のメールマガジン
     \^o^/「カエルニュース」 417号 2015/11/12 \^o^/
       http://www.abetomoko.jp/  

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


     ★☆ 生活の中に医療を取り戻す為に ☆★


1.郵便局より軽い?
 11月4日郵政3社の株式が上場された。全国津々浦々の郵便局に
よる「ユニバーサルサービス」が経営的観点からどう担保されるか
が今後の課題だという。そうか、郵政サービスは、医療サービスよ
りも必要不可欠とされているのか。いわゆる無医村・無医地区問題
が人口減少時代にあって極めて深刻な今日、国民皆保険を誇ってい
たはずの我が国の医療提供体制は集約化の旗の下に地域から医師と
医療の足跡を消していっている。
 保険料は払っているのに、人口の少ない地域に住んでいるだけで
「医療へのアクセスはバスか車で近隣へ」となっても当然とされ、
今後は国民健康保険も県単位の運営だから市町村に病院や診療所は
なくても構わないという論理が大手を振る。医療の「いつでも、ど
こでも、誰でも」の理念は大きく壊れようとしている。

2.江戸時代には医者がいた!
 11月1日、青森県下北半島の人口2400人余りの佐井村で、「無医
村佐井村に医者を呼ぼう」というシンポジウムが青森県保険医協会
会長・大竹進氏の音頭取りで開催され、私も足を運んだ。青森空港
から車で4時間。下北半島突端の大間では、全てをプルトニウム入
りのMOX燃料で賄うという日本初の原発が新設工事中だ。福島第一
原発事故前に設置許可が下りていたという理由で建設は進む。津軽
海峡を挟んでわずか20km対岸の函館では市を挙げて反対運動が起こ
っているが、大間から地続きで約14kmの佐井村には目立った反対の
声は聞かれないのは不思議でもあった。
 この地域には江戸時代から9代にわたって続いた三上家という医
師の名家があり、8代目の三上剛太郎医師は1904年の日露戦争の折
に手作りの赤十字の旗を掲げて敵味方なく負傷兵の治療にあたった
という。明治の富国強兵の先駆となった日露戦争でこうした「仁愛
」を掲げた医師がいたことは、この村の誇りでもあった。それなの
に、今は医師不在。村人の生存権は日頃から軽んじられているのか
もしれない。

3.近代化って何だ?
 この小さな村は江戸から明治にかけては海の道として栄え、今は
「消滅可能性自治体」と貶められている。
 戦時中に始まった勤労者の為の年金や健康保険制度は、戦費調達
と健康な兵士の獲得という一石二鳥の制度だったが、戦後の平和憲
法、とりわけ25条に謳われた最低限の人間らしい生活の保障として
の国民皆保険の思想は、地域の保険としてすべての国民をカバーす
る国民健康保険を生んだ。しかし、人口減少・経済低迷の今の日本
では地域に医者不在は当たり前。一体この百年余りは何であったの
か。

4.地域包括ケアはどこへ向かうのか?
 2013年、医療・介護総合確保法が成立して、消費増税を財源とし
て充実されるはずだった医療・介護は、むしろ提供量を減らし、患
者・国民の自己負担と保険料負担を増やす方向に向けられている。
地域で減らされる病床を誤魔化す為にか「地域医療連携推進法人」
という訳のわからない法人の創設が決められて、医療・介護の連携
を謳った地域包括ケアという言葉が踊る。
 しかし、こうした表層的対処では解決し得ない現実が、活力を失
い産業を失う地域を次々とつくり出している。医療は今一度地域お
こしの中に、そして医師は地域の文化の担い手としての自覚を持っ
て、そこで暮らす人々の生き死に寄り添う以外に再生の道はない。
 ちなみに長野県では半農半医、兼業医家を志す医師が増えている
と聞く。希望はあるかも。

 2015年11月12日

                衆議院議員 阿部 知子


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行:  阿部知子事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

◎カエルニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000058959/index.html

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/11
部数 942部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/11
部数 942部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング