カエルニュース

カエルニュース(阿部知子)第416号 『取り戻せ、シビリアンコントロール』


/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

     衆議院議員・小児科医 阿部知子のメールマガジン
     \^o^/「カエルニュース」 416号 2015/09/24 \^o^/
       http://www.abetomoko.jp/  

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


    ★☆ 取り戻せ、シビリアンコントロール ☆★


1.安保法制、強行成立
 9月19日未明の参議院本会議で、安倍政権の進める「平和安全法
制整備法」「国際平和支援法」が強引に可決、成立させられた。
 5月26日から衆議院での論戦が始まったが、7月15日に特別委員
会で強行採決、翌7月16日本会議採決後、参議院に送られ、お盆を
はさんで約2カ月余りの審議を加えたものの国民への説明責任は全
く果たされなかった。憲法違反の集団的自衛権の行使は勿論のこと
、安倍総理が当初に掲げたこの法案の必要性である母子の乗った米
軍艦船の防護やホルムズ海峡での機雷除去も現実にはあり得ないと
総理自ら答弁せざるを得なかった。おまけに法案に反対の声は国民
の6割、早すぎる採決に反対する声は8割にも及んだにもかかわら
ず、成立させられたこの法律には一片の大義も正義もない。
 連日連夜国会を取り囲んだ多くの市民の中からは、主権者を無視
した安倍政権のやり方に対して採決後さらに怒りの声が広がり、決
して諦めない意志が次々と表明されている。曰く政治を主権者の手
に取り戻すためにあらゆる闘いを一人一人が準備すると。安倍政権
は2013年暮れにも全野党が反対する中、特定秘密保護法を強引に成
立させたが、その直後の人々の落胆とは違い、明らかに立憲主義と
民主主義を求めて立ち上がる主権者の存在が広がっている。

2.明らかにされた米軍と自衛隊の先行協力
 そうした問題に加えて、参議院側に移った審議の中で明らかにさ
れたのが、新日米ガイドラインに基づく米軍と自衛隊の法案を先取
りした共同行動計画の存在であり、また河野統合幕僚長の米軍高官
への法案成立見通し報告である。国民の知り得ないところで進むこ
うした計画や報告は、まさにシビリアンコントロールの不在であり
、組織された実力部隊としての自衛隊の暴走を招きかねず、自衛隊
法に謳われた「国民の負託にこたえる」という大原則からの逸脱で
ある。今回の改正では自衛隊法3条の自衛隊の主たる任務から「直
接侵略及び間接侵略に対し」国土と国民を守るという文字が削られ
、代わって存立危機事態でも防衛出動が出来るようになった。専守
防衛は言葉だけとなり、その行動は知らぬ間に果てしなく広がって
いくであろう。
 シビリアンコントロールこそ正に主権在民。即ち国民が自衛隊の
役割を決め、常に国民との対話やその行動の透明性が担保されなく
てはならない。にもかかわらず、自ら膨張し、或いは米軍の指揮の
下、国民を裏切る存在になりかねない危機が生まれてしまった。

3.アジア太平洋戦争の反省とは何か
 かつての戦争を「侵略戦争」と認めず、「ポツダム宣言」すら
“つまびらか”には知らない安倍総理は、戦後70年談話の中で何を
反省したのだろうか?
 1941年12月8日に真珠湾奇襲攻撃として始められたアジア太平洋
戦争は4つの視点から反省されるべき、と藤井裕久さんが常に指摘
している。その第1は外交の失敗、第2は経済の破綻、第3に軍部の
独走、そして第4にマスメディアの凋落である。
 この中でもとりわけ「軍部の独走」が何故生まれたのかは今も真
剣に検証されねばならないと私は思う。敗戦によって武力を放棄し
た日本に、1950年朝鮮動乱が起こり米兵不在となる中での治安部隊
として警察予備隊が発足、さらに保安隊を経て1954年に自衛隊が発
足したが、果して国民はどこまで自衛隊と向き合ってきただろう
か?また、自衛隊は市民社会にとって不可欠の思想信条の自由や人
権といった価値観を組織としてどう考えてきただろうか?
 私は15年前に国会議員になって以来、ひたすらにこのことにこだ
わり、日本の自衛隊員に多いイジメや自殺の問題にも取り組んでき
た。今回のように、米軍との共同行動や自衛隊上層部がまた独走を
しかねない時に、隊員自身の人権、更には異議申し立ての権利を保
障しておくことは極めて重要となる。

4.野党としての現実の課題
 この法律の可決後も国民の8割が審議不十分と言い、違憲の法律
には従えないとする声も多いが、実際には廃案に向け何をしていく
のか?違憲立法として最高裁判所に訴える等も聞こえてくるが、政
治としても解決しなければならない課題がある。
 一つは、自衛隊の海外派遣に国会での承認が必要とされる場合に
対し、次の参議院選挙で野党が過半数を取ること。これによって海
外派遣は承認されなくなる。同時に民主党としては野党間協力を行
うだけでなく、国民の民意=立憲主義(主権在民)と民主主義を掲
げた政党に自らを改変していく必要がある。野党の核となる覚悟で
大きくまとまることである。
 今一つは、自衛隊派遣に関わる議会の関与を更に強めることであ
る。アフガニスタン戦争で55人の兵士の犠牲を出したドイツでは、
派遣を厳しく律する法改正も行った。また従来から軍の派遣内容を
国民に知らせる為の監視委員会もあり、日本のように黒塗り要求資
料が出てくることはない。加えて兵士の人権を守り、異議申し立て
も受け皿となるオンブズマン組織も再軍備の当初から作られており
、徹底して「国民の為の軍隊」であることを追求している。軍がユ
ダヤ人を殺したナチスドイツの教訓を忘れまいとするドイツと、軍
事の独走を許しかねない日本を比較した時、日本の国会の役割はま
だまだ果たされておらず、廃案までの間も準備せねばならないこと
は多い。

 2015年9月24日

                衆議院議員 阿部 知子


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行:  阿部知子事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

◎カエルニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000058959/index.html

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 974部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 974部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング