カエルニュース

カエルニュース(阿部知子)第415号 『変わりゆくキューバ、変わらぬキューバ』


/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

     衆議院議員・小児科医 阿部知子のメールマガジン
     \^o^/「カエルニュース」 415号 2014/10/20 \^o^/
       http://www.abetomoko.jp/  

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


   ★☆ 変わりゆくキューバ、変わらぬキューバ ☆★


1.フィデルからラウルへ
 私がはじめてキューバを訪れたのは2007年1月、今から七年余り
前となる。きっかけは何であったか、今では定かではないが、元々
学生運動世代としては「憧れのチェ・ゲバラ」の国であり、ゲバラ
亡き後も1959年キューバ革命の同志であったカストロ議長に率いら
れてキューバ危機やソヴィエト崩壊という歴史的な変動を乗り越え
、近年はラテンアメリカ諸国やアフリカにまでも医療支援を繰り広
げる「ゆるがぬ信念ある国」として興味を持っていた。
 永続革命を求めてキューバを後にしたエルネスト・ゲバラがボリ
ビアの山中で殺害されたのが1967年。彼はアルゼンチン生まれの医
師であり、その彼の遺志を誰よりも知るフィデル・カストロがキュ
ーバの建国の途上で貧しい人々の為の医療の普及を目標とし、更に
それを中南米に広げたことは必然であったとも思う。
 私の一度目の旅では、そんなカストロとゲバラの関係を大切に思
う何人かの友人と共にキューバの保健省をはじめ各地のセンター病
院、ポリクリニコ、ファミリードクターの診療現場等を見学した。
併せてソヴィエト崩壊後に食料自給を高める為に各地で取り組まれ
ている農業生産の数々(ミミズ耕法、学校の庭での野菜作り、山間
の農業専門学校)に加えて、山間部の小学校での再生可能エネルギ
ーへの取り組みや子ども達のパソコンの使用の様子も見せてもらっ
た。
 フィデル・カストロは体調不良と高齢を理由に2008年には弟であ
るラウル・カストロに国家評議会議長の職を譲り、その健康が案じ
られていたが、最近では再び鋭い論評を再開している様子で、是非
とも現代世界が直面するグローバル化経済の進行による格差拡大と
世界各地で多発する紛争を押し止めるべく、世界中にキューバの実
践の意味を再認識させて欲しいと思う。非核、平和、わけても人々
の平和的生存は今や世界が望む希望の姿であるから。

2.日本・キューバ交流400年
 そもそも今回のキューバ訪問は、超党派の国会議員からなるキュ
ーバ議連の会長古屋圭司議員の提案で、今から400年前に遡る支倉
常長一行のキューバ寄港に始まる日本とキューバの交流を記念して
、再び日本からの訪問団を送ろうということになった。
 実は会長の古屋圭司議員は、フィデル・カストロ前議長との親交
が深く、加えて日本の国会議員には保革を越えて政治家フィデル・
カストロへの評価が高く、またエルネスト・ゲバラの人気も高いと
いう特別な背景もあったので、とにかく超党派で訪ねるという機運
は一挙に高まった。私自身はそれに加えて、これまでもキューバの
医療実践に共感し、またゲバラの遺児である小児科医のアレイダ・
ゲバラさんとはしばしば意見交換してきたので、今回も医療という
ルートで個別にあちこちの訪問を企画していた。
 予定されたこの訪問団の期日が秋の臨時国会と一部重なってしま
った為、結果的には団長として古屋氏と副会長の私のみが参加する
ことになったが、日本にとってキューバは遠くて近い人気の国であ
ることは間違いない。そのことは、今回の訪問は全日空の直行チャ
ーター便で一般参加者も募集したが、仙台育英高校(数年前に支倉
常長の銅像をキューバに建立)の生徒さん達18人も含めて応募は
200人を超えてすぐ満席となったことからもうかがえる。
 キューバと米国は1961年に外交断絶をしており、米国による経済
制裁が続けられ、今もアメリカ経由でキューバに渡ることが出来な
い為、通常カナダのバンクーバーやトロントや仏のパリを経由して
行く。また、今回のように直行便で行っても給油の為の乗り換えも
含めて約16時間と長旅ではあった。そんな中、大勢の日本人がキュ
ーバを訪れ直接体感してもらうことは日本とは遠い「不思議の国キ
ューバ」にふれる良いチャンスになるし、また何よりも観光とは
「Passport to Peace」(平和へのパスポート)であるという言葉
が実感されると思う。

3.代表団としての仕事
 代表団の構成は、古屋圭司会長を中心とする議員団(政治、政府
関係)と経済界から近藤会長以下日キューバ経済懇話会の一行、そ
して宮城県からは副知事や支倉常長の出身地の町会議長・議員の皆
さん、仙台育英高校関係者、それに交流セレモニーに出演する音楽
関係者など多彩であった。
 まず政治・経済関係ではラウル・カストロ議長に次ぐディアスカ
ネル国家評議会第一副議長、カブリサス閣僚評議会副議長、更にロ
ドリゲス外務大臣、そしてマルミエルカ外国貿易・外国投資大臣と
会見した。また議会側からはマリ人民権力全国議会副議長招待の昼
食会での意見交換も行われた。
 キューバ革命以降、キューバは今日では世界でたった二つとなっ
た朝鮮民主主義人民共和国と並ぶ社会主義国の一つである。もちろ
んアメリカとの緊張関係は形を変えて今も続くが、近年オバマ政権
の誕生によって関係改善され、キューバ系米国人のキューバ訪問・
送金制限は撤廃された。加えて2011年の共産党大会ではラウル議長
が正式に第一書記に就任するとともに新たな「経済社会政策方針」
が提案されて経済改革が進んでいる。また2013年からは移民法も改
正されてキューバ人の海外渡航が自由になった一方で、国内の格差
が拡大してきているという。
 今回の日本からの経済関係の訪問団もそうしたキューバ経済の市
場解放に期待し、今後はマリエル港など一部の経済特区で更に活発
に取引が行われることを見込んでいるのだろう。2013年10月段階で
進出の日本企業数はわずか14社とのことで、医療やバイオ産業も含
めて今後が期待されているとみてよい。
 そもそもキューバは外交面においても、アフリカを中心とする非
同盟諸国、ラテンアメリカ、カリブへの医療、識字教育サービスを
積極的に行っており、その影響力も強い。日本にとってもキューバ
との交流がさらに背後に広がるこうした国々との交流へと発展して
いくことになることを期待している。

4.キューバの医療
 日本と比べ経済規模は1/80以下であっても医療における人的国際
貢献は数万人と桁違いに多いキューバでは、今回の西アフリカのエ
ボラ出血熱に対しても既に延べ350人の医療者を現地派遣している
という。その医療者の多くがかつてリベリアやギニア、シエラレオ
ネなどで医療実践があり、今回の事態に居ても立っても居られず、
自ら派遣を名乗り出る医師が後を絶たないという。現地の人々の生
存と生活を守るというキューバの医療者の志が背景にあることと思
う。エボラ出血熱への対策は全世界が固唾を飲んで見守っており、
各国からの支援金や著名人からの寄付もWHO等の国際機関に寄せら
れている。一方、自らも感染の危険を伴う現地への人材派遣は極め
てハードルが高い。にもかかわらず現地の状況を何とかしたいと行
動するキューバの医療者の姿勢は他に較べるべくもないし、実は国
内医療における治療姿勢にも共通している。
 今回の視察で、私が一行とは別途に訪れたのは伝統医学を専門に
するポリクリニコで、脳梗塞の合併症や神経難病の方々にアロマ、
鍼灸、リハビリ等を組み合わせて何とか症状軽快させたいという熱
意に支えられており、患者さんへのまなざしも温かだった。
 また今一つの視察先は、日本でも患者さんの多い網膜色素変性症
の早期発見、早期治療、そして反復継続治療を掲げた国際センター
であるカミロシェンウェイゴス病院であった。日本では網膜色素変
性という診断は即「失明」の宣告であり、それまでをいかに延ばし
視力を保持するかの発想はない。フィデル・カストロの肝いりで
1990年代に始まったこの病院に働く医師達は今も熱心に治療努力を
続けている。
 治療の原点、医の原点を忘れない医療者が次々と生まれ続ける国
キューバの底力を見たように思う。

最後に
 今回の日本からの訪問団での今一つの仕事は、我が国からの技術
協力として米をはじめとする品種改良に取り組むキューバの穀物研
究所へのJICAの器材供与であった。
 今回の訪問では前回の訪問時に比べて食料自給の熱気が少しさめ
ているのかなと感じながら、この供与式に参加したが、農業につい
てはまた次回是非より深く見てみたいと思っている。生命の営みの
基本は農業と食料自給にあると思うので。
 私の後援会からもたくさんの皆さんが参加してくださったこの旅
、皆さん十分満足してくださって、まるで「天国への旅」みたいだ
ったと。お疲れさま、そしてまたどこかに行きたいですね。

 2014年10月20日

                衆議院議員 阿部 知子


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行:  阿部知子事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

◎カエルニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000058959/index.html

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 967部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 967部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7300人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング