カエルニュース

カエルニュース(阿部知子)第413号 『天国にいる矢口仁也先生への手紙』


/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/~/

     衆議院議員・小児科医 阿部知子のメールマガジン
     \^o^/「カエルニュース」 413号 2014/9/1 \^o^/
       http://www.abetomoko.jp/  

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ★☆ 天国にいる矢口仁也先生への手紙
    ――先生のライフワークの地、ハルビンを訪ねて―― ☆★


1.「あべさん、市民がついているから!」
 私の全国後援会の代表を長きにわたってお引き受けいただいた矢
口仁也さんが亡くなられたのは一昨年の12月21日のことでした。
その年の12月に野田首相が突然に決めた解散によって、民主党政権
は下野、たくさんの良識派の議員達が落選する中で、私は11月27日
に滋賀県知事と共に立ち上げた「日本未来の党」として「卒原発」
「次世代支援」を掲げて衆議院選挙を闘い、何とか当選を果たした
5日後のことです。
 私の当選を殊のほか喜んでくださり、中国へのスタディツアーか
ら帰国したその足で選挙事務所に白酒(バイチュウ)を手土産に現
れた時の真ん丸の笑顔が今も脳裏に残ります。
 矢口先生は、日本軍が黒龍江省ハルビンで行った残虐な人体実験
への反省のために、ABC(Atomic、Bio、Chemical)企画委員会を立
ち上げ、1993年から日本全国で展示を開催したり、中国現地を訪れ
るスタディツアーを企画してこられた方です。享年89歳のその直前
まで寸暇を惜しんで中国へと足を運び、仲間と語り、そして私の後
援会の重石として皆さんの気持ちをまとめてくださりました。
 2012年暮れの私の選挙は長年身を置いた社民党を離党しての闘い
であったことから、殊更に心配をしてくださいましたが、いつもの
口癖は「あべさん、市民がついているから」という温かな言葉でし
た。

2.再び「戦間期」にいる私たち
 日本は今、戦後69年にわたって築いてきた「平和国家」としての
非軍事、国際協調外交という鉄則を一片の閣議決定によって破壊し
ようとしています。
 安倍政権は国家安全保障会議の創設、特定秘密保護法の成立、防
衛装備移転三原則の閣議決定(武器輸出、国際共同開発・生産の解
禁)、そして7月1日の新たな武力行使三要件の閣議決定と、わずか
1年足らずの間で「武装国家」「軍事国家」へと姿を変えるための
布石を打ちました。
 その背景にあるものは、近隣諸国である中国・韓国との不和で、
とりわけ尖閣諸島での中国との対立が我が国が軍事化を推し進める
根拠となり、国民の中にもそれを肯定する雰囲気を生んでいます。
しかし「中国と戦う」という愚は第二次世界大戦の歴史を振り返れ
ば、決してやってはならないことだと思います。
 1941年の日米開戦によって日本は太平洋戦争へと突入していきま
すが、既に1931年からの15年間の日本の中国侵略がその誘因であっ
たことは明らかです。ソ連の南下の脅威を背に中国の植民地化を進
めた日本が、2000万とも3000万とも言われる犠牲者を生んだ戦禍を
拡大させたことになります。
 現在の安倍政権が中国を仮想敵国のように扱えば扱う程、中国も
また海洋進出を強め不穏な情勢が作り出されます。今一度、1972年
の日中国交回復、1978年平和友好条約締結の意味をしっかり確認す
る必要があると思うのです。

3.不幸な過去にどう向き合うか?
 同時に、日本はアジア諸国との不幸な過去にしっかりと向き合い
、和解と相互信頼をどう築くのか、真剣に求めなくてはならないと
思います。
 私が、日本軍による細菌戦研究を担った関東軍防疫給水部本部(
満州第731部隊)の存在を知ったのはまだ医学部の学生だった頃で
す。石井四郎をはじめ医師達がこれに関与し、数多くの人体実験を
行い、敗戦後も日本の医学界の中で生き続けているという事実は衝
撃的でした。
 その後20年以上を経て出会った矢口先生がこの問題にずっと取り
組んでおられるのを知り、またスタディツアーとして731部隊のあ
った黒龍江省を訪ねておられることも驚きでした。私も改めてこの
問題を学び直さねばならないと思い、今回ABC企画の皆さんと8月24
日から27日までの日程でハルビンを訪ねることとなりましたが、矢
口先生がご存命中に是非ご一緒したかったと思います。
 中国最北端の黒龍江省の省都ハルビンは、かつてロシア人によっ
て作られた町でロシア風の建物も多く、中国の55少数民族の内53が
ここに暮らすと言われる、ある種多文化の町です。その町を日本軍
が占拠し、郊外の平房区に研究所を置き、生物兵器の実験を行った
のですが、その施設は日本の敗戦を予期した石井らによって証拠隠
滅のために破壊され、またその成果の多くは戦後アメリカが入手す
るところとなりました。
 1945年8月に中国東北部にソ連が侵攻した時には既に石井らは逃
走した後で、これらの人体実験資料はソ連には渡らなかったと言い
ますが、その後の米ソ冷戦を経て現在に至るまで化学兵器や生物兵
器は人道に反するとされながら世界各地で使用される可能性を今も
残しています。

4.日中の共通の未来を
 日本に投下された原爆も原水爆禁止運動がありながら廃絶されて
いないことを考えると、A(Atomic=核)・B(Bio=生物)・C
(Chemical=化学)いずれの兵器も全力で禁止に取り組まねばなら
ないと思います。
 ハルビンの731部隊展示館には、実は日本がここで実施した化学
兵器実験のみならず中国吉林省で大量に遺棄された毒ガスに関する
展示もあります。そしてたくさんの中学生がバスを連ねてここを訪
れますが、日本軍の残虐行為が全面に出ている展示なので果して全
世界がこれらの非人道的兵器の禁止に取り組むべきというメッセー
ジが彼らに伝わるのかどうか疑問でした。
 本当の謝罪をしない日本の姿勢はもちろん何より問題ですが、中
国も単なる日本批判だけに終わらせるのではなく非人間的な戦争や
兵器を世界から無くしていくことの重要性を若い世代に伝えて欲し
いと心から思うのです。
 中国と中国の人々への心からの謝罪とともに深い共感を持ってお
られた矢口先生も何よりそれを望んでおられるでしょう。

 2014年9月1日

                衆議院議員 阿部 知子


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
編集・発行:  阿部知子事務所
登録申込・解除、HP : http://www.abetomoko.jp/
ご意見・お問い合わせ:http://form1.fc2.com/form/?id=666864
当ニュースに掲載された記事は自由に転載・再配布できます。
但し、抜粋・改変によるものは禁じます。

◎カエルニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000058959/index.html

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 970部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カエルニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/16
部数 970部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング