クイズマガジン21

●クイズマガジン21【2002/01/27】●


カテゴリー: 2002年01月28日
◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇
 
                                                                       
   【クイズマガジン21】(No.298◆2002/01/27)


◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆?◆◇◆◇◆

 読者の皆さん、こんにちは。
 まず、答え合わせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前回の正解●
 
1579 オーストラリアの動物で、原住民の言葉で「知らない」という意味があるもの
  はカンガルーですが、「水を飲まない」という意味があるものは何?☆

  【コアラ】

1580 オーストラリアの国章に描かれている、現存する鳥ではダチョウに次ぐ大きさ
  の飛べない鳥は何?☆☆☆

  【エミュー】
  《国章には他にカンガルーも。「前進あるのみ」という意味を込めて前進しかで
   きないこの2種が選ばれたといわれる》

1581 オーストラリアにすむ哺乳類で卵を産むものは2種類いますが、それはカモノ
  ハシと何?☆☆

  【ハリモグラ】
  《最も原始的な哺乳類である単孔類(肛門・排尿口・生殖口が分かれていないこ
   とから命名)の動物》

1582 ヒメ、ケバナの2種類があり、丈夫な爪で地中に穴を掘って生活する、オース
  トラリアにすむ有袋目の動物は何?☆☆☆

  【ウォンバット】
  《オーストラリア大陸とタスマニア島のみに棲息。祖先はコアラと同じ》
 
1583 移民の家畜犬が野生化したものと考えられている、オーストラリアにすむ唯一
  の肉食動物は何?☆☆☆

  【ディンゴ】
  《カンガルー、ヒツジ、ウサギなどを捕食する》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 引き続き、今日のテーマです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今日は何の日●

 01/27
 「国旗制定記念日」
 1870年の今日、太政官布告の商船規則によって日の丸のデザイン・規格が示された
ことから。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 という訳で、今日のテーマは【国旗】です。
 ユニークな国旗を持つ国を中心にピックアップしてみました。
 どうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●問題●

1584 世界で唯一、四角形ではない国旗を持つアジアの国はどこ?☆☆

1585 世界で唯一、表と裏のデザインが異なる国旗を持つ南米の国はどこ?☆☆

1586 緑一色という変わったデザインの国旗を持つアフリカの国はどこ?☆☆

1587 現在使用されている国旗の中では最古といわれる「ダンネブロ」と呼ばれる国
  旗を持つヨーロッパの国はどこ?☆☆☆

1588 上半分が赤、下半分が白という国旗を持つ国。アジアではインドネシアですが、
  ヨーロッパではどこ?☆☆☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 さて、ここからは先日の大統領問題の訂正・補足です。
 まず問題と答を振り返ってみましょう。

1549 現在のアメリカの憲法によると、大統領を務めることができるのは最高で何年
  まで?☆
 【8年】

 説明が長くなるので先に結論を言っておきますと、この問題は訂正ではなく撤回し
ますので、忘れてください。すいませんでした。
 以下、補足です。
 
 この問題は大統領の任期が4年で、三選が禁止されているので4年×2期が最高と
早とちりして出題したのですが、実は抜け道?があったのです(知りませんでした)。
 とりあえず、その根拠となるアメリカ憲法修正第22条を見てみましょう。

《在日米国大使館HPより引用》
(原文)
「No person shall be elected to the office of the President more than twice,
and no person who has held the office of President, or acted as President, 
for more than two years of a term to which some other person was elected 
President shall be elected to the office of President more than once.」
(訳文)
「何人も、二回を超えて大統領の職に選出されてはならない。他の者が大統領として
選出された場合、その任期内に二年以上にわたって大統領の職にあった者または大統
領の職務を行った者は、何人であれ一回を超えて大統領の職に選任されてはならない」

 これをよく読むと、副大統領が「昇格」して大統領になった場合、残りの任期が2
年より短い場合はあと2回選出されるチャンスがあるということがわかります。
 問題は、残りの任期が2年ジャストだった場合で(可能性は限りなく0に近いので
すが)、「more than two years」が「2年以上」なのか「2年を超えて」なのかで答
が違ってくるのです(前者なら「10年未満」、後者なら「10年以下」)。
 この点、訳文は「more than〜」を「二回を超えて」「二年以上」と2通りに訳して
います。冒頭の「二回を超えて」は明らかに正しいので、後者も統一的に解釈すれば
「二年を超えて」が正しいとも考えられますが、訳者が2通りの訳を使い分けている
点を軽視すべきではないとも思えます。

 結局、どちらが正しいのかはまだわかっていませんが、いずれにせよ、このような
微妙な事柄はクイズとして出題すべきではないと思います。もちろん、最初からこの
規定を知っていれば問題にしていないのは言うまでもありません。
 という訳で、この問題は撤回し、以下の問題に差し替えさせていただきます。

1549 アメリカ大統領選挙で、選挙人を選ぶ一般投票が行われるのは11月の何曜日?☆
  【火曜日】
  《第一月曜日の次の火曜日。この日に選ばれた選挙人が12月に投票を行う》

 これには例外がないことを祈って……(笑)。

 なお、実際には三選禁止以降にこの規定を使って8年を超えて大統領を務めた人は
いませんが、かつてケネディの死去によって副大統領から昇格したリンドン・ジョン
ソンがその後の選挙に勝った4年後にも更なる出馬を望んでいたという前例があるそ
うです。結局、出馬はしませんでしたが、もし再選を果たしていれば9年以上大統領
を務めたことになりますね。
 また、大統領に関する憲法の解釈は他にも曖昧な部分があり、たとえば「立候補す
るためには14年以上国内に住んでいなければならない」というルールも、出馬直前の
14年間連続して住んでいる必要があるのか、通算で14年に達していればよいのか、ま
た、本土以外の「外領」(プエルトリコ、グアムなど)でもよいのか、という点はは
っきりしていないそうです。

 最後になりましたが、ジョンソンの例や法解釈の曖昧さなど、実例を挙げて説明し
てくれた安本君、修正第22条の条文を教えてくれたほか、「more than」についての考
察を寄せてくれた松石君、どうもありがとうございました。
 二人に一緒に考えてもらい、とても助かりました。

 次号も今日中に発行し、追いつく予定です。
 お楽しみに!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
[おことわり]
 クイズの内容に関しては万全を期していますが、誤りがないとは言い切れません。
 当マガジンの記載に基づいて何らかの不利益を負われたとしても、当方では責任を
負いかねますので、あらかじめ御了承ください。
 また、当マガジンのクイズを営利目的で使用することや無断でホームページ等に掲
載することは認めておりません。
----------------------------------------------------------------------------
 御意見・御要望 : qm21@hotmail.com へどうぞ。
 登 録・解 除 : http://homepage2.nifty.com/qm21/ でどうぞ。
----------------------------------------------------------------------------
 当マガジンは以下の発行スタンドから発行しています。
 「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/       ID:0000057738
 「melma!」  http://melma.com/        ID:00031023
 「Macky!」  http://macky.nifty.com/   ID:qm21
----------------------------------------------------------------------------
【クイズマガジン21】vol.0298 発行 2002/01/27
 問題作成・編集・発行:田中健一
 Copyright(C) 2001 Kenichi Tanaka All rights reserved.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このメルマガは現在休刊中です

クイズマガジン21

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2011/02/01
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

クイズマガジン21

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2011/02/01
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング