水島広子の国会報告

水島広子★メールマガジン No.521


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  水島広子の
  メールマガジン No.521 -------------  2017.06.07発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年5月のツイートより(抜粋)

2017年5月のツイートのうち、反響の大きかったものを抜粋してまとめました。

________________________________________
5月3日(水)
テレビは本当に作り込まれたものとそうでないものの違いを感じる。質の悪いテレビに出た後は「世捨て人」になりたくなる。でも、作り込まれたテレビに出ると、本当にみんな頑張っているなと感謝の気持ちを抱く。
________________________________________
5月4日(木)
細川貂々さんとの共著「それでいい。」の再校を仕上げて送ってきた。これで一連の「校正地獄」が終わり、原稿を書けない言い訳が一つ減ってしまった…(でも今年は国際学会もあって本当に忙しい)。

そういえば昔、知事選で一緒に活動した「市民派」の宇都宮市議が、選挙カーでの私の冷えを心配してくれた女性スタッフに、「もう二人も子ども産んだんだから産めなくなってもいいだろ」と言っていた。彼の言う「市民」には女性は入っていなかったのだな、と今頃実感。
________________________________________
5月5日(金)
国際対人関係療法学会のメーリングリストにメールを送ったら、創始者のワイスマンから私に対して激励的な政治的コメントが。学会と政治は通常は別世界。でも対人関係療法はあくまでも平和を目指すものだな、と再確認。あるいは日本がそれほど政治後進国と思われているか(私もそう思うが)。
________________________________________
5月9日(火)
米国在住の友人から。トランプ政権になって保険条件が悪化するので、いずれ受けなければならない手術を前倒ししなければと。マイケル・ムーアのSickoの冒頭で、機械の事故で指2本を切断してしまった人が、どちらか1本安い方を接合させる選択をする、というシーンが現実になる、と。

ヒタヒタと戦前に戻りつつあるような日本と、ドラスティックな変化を迎えている米国。どちらがどれだけひどいのか即断できないが。ブッシュ政権後にオバマ政権を迎えた米国の「揺り戻し力」にはある程度の信頼がある。私はブッシュ時代に米国に在住していたが、そういうエネルギーを感じた。
________________________________________
5月10日(水)
日本の国民皆保険は守るべき重要な制度だと思います。それをうまく運用するためにも、医師の尊厳を守ること。敬意をもたれていれば、それだけ努力しようという気持ちになります。誠実な医師を見つけること。むやみに訴訟を起こさないこと。それが重要なことだと思います。現実的に。

新刊「精神科医が見つけた 運のいい人、悪い人の心の習慣」刊行しました。詳しくは http://bit.ly/2pyO0XM
________________________________________
5月12日(金)
医療トラウマは本当に難しい。特に拒食症の場合、「命に関わる」と言われれば、家族もトラウマを助長する側になる。確立された医学データはもちろん重要だが(カリウム値などはさすがに私も青ざめる)、「どちらとも言えない範囲」については、治療者や家族の考えが反映される分難しい。

私は「体現」という言葉がとても好きだ。口でどんな理想論を述べようと、自分自身が「それ」になっていなければ説得力がない。マハトマ・ガンジーは、「社会に変化を起こしたければ、自分自身がその変化となる必要がある」と言っていた。同意。________________________________________
5月14日(日)
「現代用語の基礎知識」のメンタルヘルスの執筆、逃げようとしたが捕まってしまった(笑)。名誉な話なのですが、とにかく忙しくて。

インドでビリヤーニを食べていた頃が懐かしい。私が今日食べたもの(肉が表に出ている)と違って、北インドでは、ご飯の中から素手で羊肉を掘り起こす、という食べ方だった。デング出血熱になってから暖かい地方に行かれなくなったのが本当に本当に悔しい。

食事をしようとしたら椅子が倒れて左顔をしこたま打った。左目がボクサーみたい。明後日は講演。メイクに詳しい娘に「何とかならない?」と聞いたら「無理」。そうだ、絆創膏をしよう。写真撮らないでくださいね。
________________________________________
5月15日(月)
尊敬する政治学者に「マクロン」のことを「マカロン」と書いてしまった(超赤面)。でもこれには言い訳があって、私のスタッフが書いた文章のコピペだったんです。

「受験と教育の総合サイト inter-edu」に、「怒らない ですむ子育て」の紹介記事がアップされています。
インターエデュ「エデュママブック」
http://www.inter-edu.com/article/book/book-170512/

3年近くぶりにiPhoneの機種変更に行ったら、何と私が「電話かけ放題」プランに入っていたことが判明。固定電話を探したり、ラインやスカイプを使った努力は何だったのか。脱力。あまりにしつこくauショップの人に「本当にいくらかけても大丈夫なんですか?」と聞いたので心配されたかも。

今書いている本は、「女子の人間関係」の続編とも言える(版元は違いますが)「女子の自分関係」(タイトルは変わるに決まっていますが)。美醜、加齢、女子力。女子は自分とのつきあいも大変。そのあたりに少し光明をさせれば。頑張って書いています。

怒らないですむ子育て~そのイライラは手放せます~ (水島広子) が、10%OFFでKindle化されました。金曜配信。
http://j.mp/2ri4jti
________________________________________
5月16日(火)
今日は中高生の保護者向けにLGBTの講演をした。この学校で学べる子どもたちは幸せだと思った。今帰途についたところ。

今日講演に行った学校では、(カミングアウトした生徒には)アイデンティティに合った制服を許可している。校長先生(年輩の男性)は、LGBTを「人権問題」ととらえて熱心に取り組んでいる。トランスジェンダーは自殺につながるほどの悩みをもたらす。理解者である校長先生に感動の涙。

あるデータによれば、米国では一生の内に一度はうつ病にかかる女性は10人に1人。性的マイノリティ(LGBT等)は13人に1人。今、うつ病が「どこにでもある病気」と思われるのと同じように、LGBTも将来的には「人間に普通に起こること」と思われるのだろうか、と前向きな思い。

今日の講演で出た質問の中に「有名人がカミングアウトする影響を受けて、自分ももしかしてLGBT?」と揺らぐのでは、というのがあった。そんなことはない。ファッションとして一時的に揺らぐのはかまわないが(思春期なんてそんなもの)、本質は自殺してしまうくらい深刻な問題なのだ。
________________________________________
5月17日(水)
今日患者さんと話していていよいよ自分の中ではっきりしてきたのが、病気の症状と、人間としての本質の区別。私はAHが言う「人間の本質は温かいこころ」を信じている。でもトラウマ症状などによって対人不信や警戒感が出てくる。それでも、温かい本質を感じる瞬間は確かにある。

ランニングについて言えば、生体リズムから言うと夕方以降がよい。朝のランニングは実はあまりよくない(前、心筋梗塞で亡くなった有名人がいましたね)。でも寝る前4時間は本当は運動しない方がよい。もちろん食後もよくない。というわけで、時間を見つけにくい。

日焼け止めを塗って夕方毎日ランニングしていたこともあったが、最近は日焼け止めも面倒くさい(私の性格)。というわけで、運よく夕食を早く食べられた日の夜にしか走れない。ただ、大学時代運動部だったこともあり心肺機能が強いので、時々走るのでもちゃんと走ることはできている。

私が運動を真剣に考え始めたのは、デング出血熱で入院してから。自分の健康がどれほどの人(家族だけでなく患者さんとか)に影響を与えるかを真剣に考えたからです。ウォーキングを始めてみたけれど、かつて運動部だった人間には物足りなく、結局ランニングになった。
________________________________________
5月18日(木)
延々と運転して穂高養生園に来ました。ともこさんの天才的発想により、眠気対策にコーヒーをコーヒーメーカーのポットごと持って来ました! ずっとしゃべっていたので眠くなりませんでしたが(笑)。

厚労省の友人から情報提供。5/15、「体罰によらない育児を推進するための啓発資材」を研究班で作成し、全国の自治体に周知したとの由。好ましい方向。
________________________________________
5月20日(土)
とりあえず実践ワークショップの前半が終わり、あとは夕食とハーバルサウナ。富士山と浅間山の溶岩にハーブの煮汁をかけるハーバルサウナは、私にとって養生園のハイライト。ちなみにドライサウナは嫌いだし長風呂もしないタイプですが、これだけは特別。

ハーバルサウナ終了。私にとって一番の楽しみなので、女子チーム男子チームそれぞれとご一緒し、計2時間。目の腫れとアザが改善したのではという指摘あり。これだけたくさん汗をかいても入浴せずに寝ると(サウナ前に入浴ずみ)、明朝は臭くもなく、サラサラぴかぴかの肌になるのが不思議。

明日のワークショップでプログラムが終わり、帰京する。AHは1日一緒に過ごすだけでも温かい繋がり感が得られるが、宿泊プログラムはほとんど家族的距離感。

ちなみに今年の養生園のAHプロジェクト、男性参加者が過去最高。キャンセル待ちの方にも男性が多かったそう。他の養生園の催しでも見られない現象のよう。AHがじわじわと、しかも着実に広がってくれるのはとても嬉しい。しかし原点は、あくまでも自分自身の心の平和が唯一の目標。
________________________________________
5月22日(月)
養生園の自由時間に私のくだらないおしゃべりにつきあわされた方たちには「え?」だと思うが、私は社交が嫌いだ。話をするのなら自分にも相手にも面白くしたい、という気持ちはあるが。社交不安が病気を含めて社会的テーマだが、私は人生の間ずっと「社交不安」ではなく「社交嫌い」だった。

来月はカナダの国際対人関係療法学会のためトロントに行く。理事なので、社交的場面から逃げ出すことも許されない。私が特に嫌いなのが、米国風社交。表面的に明るく親しげに社交してもねえ。私には人生の無駄遣いとしか思えないのだが。

『誰と会っても疲れない「気づかい」のコツ 』増刷のお知らせ。気遣い=疲れる、ではない、ということは、今回の穂高養生園でのワークショップで自分自身が強く体験。自分なりに気遣いしていたけれども、結果として元気に。http://amzn.to/2r68gEO

専門分野を持つ人がそれ以外のことを専門家面して話し始めると「終わった」と思う。多くがプロダクションとかの思惑によるようだけれど(当然私は無関係)。専門を究める努力を知っているはずの人が専門でもない領域について簡単に話すなんて「そもそも本当に専門家だったの?」と思われて当然だろう。
________________________________________
5月23日(火)
【本日発売!】「Kiite! 6・7月号」(69頁)に、梅雨時の精神状態への付き合い方をお答えする水島広子の記事「こころの応援談 第17回 」が掲載されています。全国の郵便局でお買い求めいただけます。(ゆ) https://pic.twitter.com/ccOe3NnU2m

私はわが子たちに「かか」と呼ばれている。もともとは成長に伴い「お母さん」に変える予定で始めた呼称だったが見事に失敗して固有名詞化している。しかし最近ある知人から「音としての響きと、そこにあるであろう信頼感のようなものを感じて、癒される気がする」と言ってもらって嬉しかった。

先日、養生園から帰宅したら、私が出演しているテレビを子どもたちが見ている、という状況だったが、娘からは「こういう自分を見て恥ずかしくない?」と鋭い質問が。はい、恥ずかしいです。でも同時に娘は「収録が、顔を怪我する前でよかったね」とも言ってくれて、親ばかの私はその優しさにじーん。

私は子どもとか動物とかが大好きなのだが(愛犬にもメロメロ)、20代の頃までは敢えて嫌いだと言っていたし子どもを持つつもりもなかった。それは、ジェンダーの影響。「子どもが好きなのはやはり女だからだ」と言われるのを極度に嫌っていた。自由に発言できるようになって幸せ。
________________________________________
5月24日(水)
「図書館教育ニュース」(少年写真新聞)5月18日号に水島広子著『10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方』(紀伊國屋書店)が掲載されました。
http://amzn.to/2ryuKy5 https://pic.twitter.com/hfCbjJi4Br

先程まで、娘と「モハメド・アリとか、チェ・ゲバラとかすごいよね(ゲバラについては、必要悪とわかりながら暴力的部分に違和感が残るが)」話していた。子どもが大きくなると甘ーい喜びはなくなっても、平和的・人道的価値観がちゃんと育っていることが確認できたりする喜びがある。

私は子どもたちが小さい頃から政治についてわりと本質的な話をしていたので、今、思春期の子どもたちが「かか(私)が好きそうな考え」をベースに、自分たちの価値観を作り上げている様子が何よりも嬉しい。勉学はあまりぱっとしなくても(ごめん)。
________________________________________
5月25日(木)
雰囲気的に、保守的で良識的な人たちが、少しずつ発言を始めているという感じなのかしら。まだまだこの国に政治的良心があるという安心感が芽生える。それにしても、本来週刊誌ネタであるはずの「出会い系バー」とか報道してしまう新聞って「社会の木鐸」返上ですな。

ちなみに読売新聞はかなり強引な勧誘に来る。私は「読売は困るんですよ」と答えている。販売員も「あ、お困りになる事情があるんですか」と聞く。「はい、まさにそうなんです」と答える。そうすると案外あっさり帰ってくれる。

本当に。古いと言われるかもしれないけれども、未だに毎朝指を黒くしながら新聞を読む私は、新聞に「社会の木鐸」を期待しています。デジタル版にすることも何度も考えましたが、新聞のない環境で子どもを育てたくない。その思いで、指を黒くしています。新聞、頑張れ。
________________________________________
5月26日(金)
私はそう思っています。基本的に、攻撃的なエネルギーをもったツイートは(理屈はその通り!と思っても)リツイートしない。社会問題を指摘するとしても、自分の心の平和は最も大切にする。そういう小さな努力の積み重ねが、社会を変えるのだと、信じています。

私が子どものことをよくつぶやくのは、決して「リア充」系の自慢話ではない。産後休6週間しかとらず、仕事人間だった私でも、子どもと強い信頼関係を築けていることから、親達に勇気を持ってほしいだけ。我が子も不運には遭遇しているし、反抗期もちゃんと経験した。でも、信頼関係は本物。

親による子どもの体罰について、当時の福田康夫官房長官と国会で。親による体罰は残念ながらまだ違法ではない。福田氏は「米国でも、悪いことをすればスパンクしてもらうためにお尻を出すじゃないですか」。私は「うちの子は、お尻を叩かなくてもちゃんと謝ります」。記憶に残るやりとり。

ラインのスタンプについては、私はずっと「はあ?」という立場だったが、大学2年の甥が本当に私の気持ちに添ったスタンプを送ってくれるので、とても癒されるようになった。兄は苦手だが甥は大好き。人生わからないものだ。

先程の、福田官房長官とのやりとりは、ここにあります。
http://www.hirokom.org/sitsumon/seisyonen/seisyonen020411.html

今まで、ツイートしたかどうか忘れてしまった(年のせいか、酔っぱらっていたのか)が、私はやはり映画「チョコレートドーナツ」が好きだ。落ち込んだときにみると、必ず涙を流すし、「私もできることをやらなきゃ」という気になる。
________________________________________
5月27日(土)
6月トロントで開かれる国際対人関係療法学会(ISIPT)は、かなり忙しい日程になることが確定。引退モードの私は基本的に「もういいや」なのだが、ここまで私を支えてきてくれた国際的先輩(創始者含む)への感謝と、今後も日本のプレゼンスを失わないために、できるだけ頑張ろう。
________________________________________
5月28日(日)
政治のことを書くと、「私が今現職議員でないことくらい確認してからコメントしてよ!」と思うような感情的な決めつけ反応が通り雨みたいにやってきますけど・・・。しょせん通り雨ですので。

対人関係療法は、絶対に普及させたい、という強い意志のもと私のアカデミックな人生のほとんどを費やしてきたものだが、かなり孤独な作業だったのが、先輩やユーザーの方など多くの理解者を得て、今では次世代も育ち「私がいなくなっても大丈夫」な雰囲気になってきている。達成感。

私は、医学部進学も精神科の選択も、実は「行き当たりばったり」で全く計画性がなかった。ただ、その後はだいたい「やりたいこと」を決めて生きてきている。政治もAHも対人関係療法の普及も。また「やりたいこと」を決め直すと思うが、常に守ってきたのは「それまでの人間関係を絶たない」こと。

どれほど医学部進学が不本意だったかを示すエピソード。私は大学5年のときに学務課?に行って「もう4年も大学に通ったのだから、学士の学位(大卒の資格)くらいはください。医学部の最後の2年は修士課程のはず」と頼み込んだ。結局それは不可能で、「あと2年だから頑張って」と慰められた。

なんか、今とても不安になった患者さんがいるかもしれないので追加しておきますが、精神科医に実際になってみて、「これは私の天職だ」とすぐに感じました。

今日研究会に参加した後輩と話したこと。私はもともと人に貴賤をつける天皇制に反対だったけれども、最近の日本を見ると、国家セクターとして天皇夫妻「だけ」が国際社会において日本の品格を保ってくれていると、その存在に感謝している。
________________________________________
5月29日(月)
先日穂高養生園の食事のときの雑談で、私はショッピングが面倒で嫌いだ、と言ったら驚いている人もいた。でもともこさんが「水島さんは好き嫌いがはっきりしているからじゃないですか」と言ってくれて、私もすごく腑に落ちた。確かに、私は好きなものを切らさないための買い物しかしない。

タクシーの運転手さんとの会話は総じて「メディアが何を伝えているか」の指標になると感じる(あくまでも総じてであるが)。私が出会ったタクシーの運転手さん(多数)は多くが政権寄りであり、反中国である。朝日新聞は反権力的記事も敢えて載せているが、最近は萎縮しすぎだと思っている。
________________________________________
5月30日(火)
「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気
http://bit.ly/2r6Cgxn

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・発行者     水島広子
・公式サイト  http://www.hirokom.org/
・メールアドレス info@hirokom.org
・ツイッター http://twitter.com/mizushimahiroko
・ツイッター(ブログ形式) http://twilog.org/mizushimahiroko
・フェイスブック(スタッフ)
https://www.facebook.com/mizushimahirokom/
・ツイッター(スタッフ)
https://twitter.com/mizustaff
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/02
部数 2,408部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/02
部数 2,408部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング