水島広子の国会報告

水島広子★メールマガジン No.293


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  水島広子の
  メールマガジン No.293--------------------- 2008.3.10発行
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              政治における「メンツ」と政策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日銀総裁と道路特定財源という二つのテーマで国会が「空転」しているが、
流れを見ていて、政治文化の問題を改めて痛感している。

日銀総裁はさておき、道路特定財源については、多くの国民が問題を感じ
ている。特に、衆院審議を通して明らかになってきた「常軌を逸した無駄
遣い」を目にして、このまま道路特定財源を守っていくべきだと考える人
はまずいないだろう。

ところが、与党を中心に「それでも道路は必要だ」「地方切捨てだ」という
ような声が出てくる。これは政策論の明らかなすり替えであり、一般財源化
した上で、地方分権の中、何に優先的にお金を遣うかは地方が決めていけば
よいことだ。その地方が「それでも道路は必要だ」と思えば、一般財源から
道路を作ればよいだけのことだ。地方切捨てでもなんでもない。

こうした政策論議は、どんどん進めていくべきだし、進めれば進めるほど国
民の政治意識は高まる。自分たちが政治に関心を持つことがなぜ必要なのか、
ということも本当に理解できるようになってくる。
政策論議を活性化するのは、まさに野党の役割であり、与党による「政策論
のすり替え」を鋭く指摘して、論議を正しい軌道に乗せていく必要がある。

衆院審議は、その役割をよく果たしたものだと言えるだろう。

ところが、強行採決という「手続き」から流れが変わる。
気づくと「政治を混乱させて国民の利益を損なっているのは野党」という
ような空気ができてくる。私もかつて選挙区でそのような批判をたびたび
受けた。
今回も、すでにそのような空気が作られ始めている。
「本来は与党が仕掛けたことなのに」という悔しさは、野党議員が常に抱く
ものである。民主的な手続きを先に放棄したのは与党の方なのに、応援して
くれるはずの有権者が案外冷たい、ということはよく経験されることだ。

これは、強行採決という「手続き」を境に、主役が政策論議から「メンツ」
に移るために起こることだと言える。
私ですら、先日新聞で「民主党の幹部が『衆院で強行採決をした与党が謝罪
してこなければ先に進めない』と言った」という記事を読んで、かなり呆れた。
進めるべきなのは政策論議であり、与党と野党の「メンツ」問題は国民の利
益とは何の関係もないからだ。


国会が紛糾していくうちに国民が飽きてくるのは、政策論議から「メンツ」
へ、という主役の変化と直接関係している。「メンツ」の応酬を見ていると、
「政治は関係ない」「自分が関心を持ってもどうせ変わらない」という気持
ちになってくる。政策論議を聞いていたときには「自分の問題」だったのに、
「メンツ」問題になってくると「勝手な政治家たちの問題」に変わって
しまう、という構造である。


ところが実際に、政治を動かすエネルギーは「メンツ」だということは、
私も政治の場にいて痛感したことだ。いかにして相手の「メンツ」をつぶさ
ないかが、国会で成果をあげるためのポイントとなる。


確かに日本の社会はまだまだ「メンツ」が重要な構造になっているので、
その代弁者である政治家たちが「メンツ」を中心に動くというのは仕方の
ないことなのだろうが、ここで野党が「怖れの綱引き」から手を放して、
「メンツではなく政策を」という姿勢に徹することができれば、どれほど
日本の政治文化が変わるだろう、と思っている。道路特定財源は、まさに
そのための理想的なテーマだと思うのだが。


なお、「石原銀行」(新銀行東京)も、どれだけ「メンツ」から脱して
政策論議ができるか、という重要なテーマだ。ポイントは都議会の対応に
なるわけだが、「どちらが正しかったか」という「怖れの綱引き」をする
のではなく、現状に合わせた柔軟な政策論議が行われることを強く希望
している。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
・発行者     水島広子
・ホームページ  http://www.mizu.cx/
・メールアドレス info@mizu.cx
―――――――――――――――――――――――――――――――
・本メールマガジンの登録・解除 http://www.mizu.cx/contents/mag.html
・有料メールマガジン
「☆〜こころの健康便〜☆ 心の姿勢を変えれば、生き方が変わる」
 登録は  http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/51/P0005192.html 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/11
部数 2,424部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

水島広子の国会報告

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/11
部数 2,424部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング