築地書館BookNews

【築地書館Book News】Vol.181--2/28号


カテゴリー: 2017年02月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【築地書館Book News】Vol.181  2017年2月28日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       __   =======================
     ///│  
   ∠∠/  │      ・新刊情報
  │││ B │            ・書評抜粋
  │││ O │            ・ほっとトーク
  │││ O │            ・ニュース
  │││ K │            
  │││  /             
  │││/
    ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新刊情報★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『外来種のウソ・ホントを科学する』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1533-7.html
ケン・トムソン[著]屋代通子[訳]
2,400円+税 四六判上製 320頁 ISBN978-4-8067-1533-7

何が在来種で何が外来種か?
外来種の侵入によって間違いなく損失があるのか。
駆除のターゲットは正しかったのか。
人間の活動による傷跡に入りこんだだけではないのか。
英国の生物学者が、世界で脅威とされている外来種を例にとり、在来種と外来種にまつわる問題を、文献やデータをもとにさまざまな角度から検証する。
「侵入種をめぐる科学と哲学を見事な手腕でまとめ上げた1冊」――タイムズ紙
----------------------------------------------------------------
『火の科学』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1534-4.html
西野順也[著]
2,400円+税 四六判上製 256頁 ISBN978-4-8067-1534-4

人類の発展は、火とともにあった。
古来、山火事や天災により起こった火は採暖や調理に利用され、いつしか人の力の及ばない神に重なり、土器や鉄など暮らしに欠かせない道具を生み出す糧となった。なかでも鉱物資源の利用は、農業やエネルギー生産など多方面での発展を促進した。
しかし現代において、人口の増加やそれに伴う莫大なエネルギー需要が、地球環境の悪化を招いている。
先史時代から現代まで、文明を支えた火の恩恵に触れ、未来を見据えた利用を考える。

*書名下のリンクで本の詳しい内容紹介のほか、訳者あとがきや序章をお読みいただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★書評抜粋★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『海の寄生・共生生物図鑑』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1517-7.html
◆日本生物地理学会会誌 71巻(2017年1月20日付) 山田一之氏評
おそらく何の予備知識もなしに本書を手にしたら、最初の数ページで困惑するに違いない。小さな魚の背中に、一見生物とは思えない、クルクル巻いたアクセサリーがいくつもくっついているのだから。そこに添付された観察記録も非常にマニアック、もとい、専門的かつ実践的なもので、詳しい解説を狙ったものではない。その結果、ページ数の割に情報量が多いと感じる。膨大な時間を費やしたに違いないフィールドワークの成果を、簡潔に、そして効果的に整理している。
----------------------------------------------------------------
『豆農家の大革命』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1507-8.html
◆こめねっと 第92号(2017年1月24日発行) 小山重郎氏評
水田稲作はアメリカのような乾燥地農業とは異なるが、化学肥料と農薬のみに頼るならば、地力の低下はまぬがれない。いたずらに大規模化を叫ぶ声にまどわされることなく、化学肥料と農薬の削減につとめ、仲間を増やし、環境にやさしい農業を広めていくという時間のかかる仕事を、アメリカの有機農業のように粘り強くすすめていくことが大切であると思ったのである。
----------------------------------------------------------------
『落葉樹林の進化史』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1528-3.html
◆バードリサーチニュース 2017年1月 平野敏明氏評
本書のタイトルに「鳥」の文字はないが、著者が鳥類の研究者であることから本書の中身の多くの部分に鳥類生態学の諸問題が取り上げられている。たとえば森林の分断化と鳥の種数や個体数、地球温暖化、シカの食害の問題などである。本書は、極力専門用語を使わず、自然環境に興味を持つ一般の読者にも分かり易く解説するように努めている。
----------------------------------------------------------------
『キノコと人間』
◆日本農業新聞(2017年2月5日付) 吹春俊光氏(千葉県立中央博物館)評
菌糸の塊が本体である菌類(キノコ)は、地面の下や木材の中など、人の目の届かないところで暮らしている。普段は見えない存在なので、その暮らしぶりはよく知られていない。菌類の専門家である著者は、実はものすごい能力を持ち、森はおろか地球環境の維持に、必須の働きをしている菌類の暮らしと働きについて解き明かしていく。
----------------------------------------------------------------
『貝と文明』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1527-6.html
◆ミセス 2017年3月号 No.747 斎藤美奈子氏(文芸評論家)評
本書は生物学と文化史の両方の知見を駆使して書かれた貝の博物学。貝塚や真珠の養殖といった日本の貝文化にふれられていないのがやや残念だが、化石アンモナイトの話から、今日では新薬にも用いられる猛毒イモガイの話まで、興味は尽きない。
◆日経サイエンス 2017年3月号 森山和道氏(サイエンス・ライター)評
身も貝殻も魅力的な貝に惹きつけられる人の気持ちがよくわかる楽しい本である。
----------------------------------------------------------------
『土と内臓』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1524-5.html
◆本の雑誌 3月 新玉ねぎ春雷号 No.405 椎名誠氏評
いたって読みやすい文章、翻訳であり、話が深まって行けば行くほど、微生物社会の不可思議で魅力的な世界がじわじわ見えてくる。
この本のショッキングでもあるが最大の驚きは、人間の腸と樹木との比較であった。植物が土壌からあらゆる栄養分を吸収するように、人間は腸から生命の基本を吸収し吸い上げ、体全体の生命バランスを構築している。これまで知らずに見過ごしてきたことがあまりにも多いこのミクロの王国にしばしさまよう喜びを久々に味わった。
----------------------------------------------------------------
『グリム童話と森』
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1529-0.html
◆共同通信社配信記事(北國新聞 2月11日付ほか) 池内紀氏(ドイツ文学者)評
酸性雨はドイツにかぎらず欧州一円をみまったのに、どうしてドイツだけ大問題になったのだろう? そんな疑問が当書の発端だった。素朴な問いかけから、良質な知的鉱脈にいきついた。(中略)
19世紀のロマン派が夢想した森。中世の英雄物語に登場する森。民間で語りつがれてきた森。そのなかのグリム童話の森なのだ。副題にあるとおり、「ドイツ環境意識を育んだ『森は私たちのもの』の伝統」がねばりづよく追究されている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ほっとトーク★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
紙をすく

岐阜県美濃市。和紙の里である。雪の舞う冬に美濃の街を歩いた。
紙を商う店が、軒を連ねる。店で紙のことを尋ねると、多くのことを教えてくれる。みつまたを原料にした和紙でも、厚さが微妙に違い、水彩や墨で絵や字を書いても、にじみ方が違うこと。楮(こうぞ)を原料にする紙と、みつまたを原料にする紙とでは、にじみ方が違う。
原料は、岐阜ではなく、埼玉県など、全国から仕入れるそうだ。平滑な面とザラザラの面がある和紙のどちらで描くと、どのような効果があるか。北斎や広重も、このような美濃紙に原画を描いたのだろうか。何枚か、自宅で実験するために全判の和紙を買い求めた。
友禅紙と呼ばれる手摺りの美しい和紙も、数百種の品揃えがあり、その絵柄を眺めているだけで楽しい。揉み紙や、型押しした紙もあり、用途の多様さにも驚く。
岐阜の提灯やうちわは有名だが、美濃の街には和紙でつくるランプの美術館「美濃和紙あかりアート館」がある。毎年、あかりアート展として全国から美濃紙でつくったランプを集め、街中に展示し、その中の優れた作品を、1年間、この美術館で展示している。和紙で表現される光のデザインにうっとりする。
http://akariart.jp/akariart/
本づくりの仕事では、紙の伸び縮みがある和紙は使いにくいが、個人的にはもっと身近で使いたい素材だ。

築地書館社長 土井二郎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ニュース★ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●築地書館ニュース、総合図書目録を発行しました。
2016年に刊行した書籍を収載した『築地書館ニュース2017』と、品切れ・在庫僅少本リストも充実した総合図書目録を発行しました。
ご希望の方は、メールもしくはお電話でご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
本メールマガジンの転送は大歓迎です。

ご意見・ご要望などございましたら、
ぜひ、下記メールアドレスまでお寄せください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Mail to:doi★tsukiji-shokan.co.jp
(★を@に書き換えてお送りください)
----------------------------------------------------------------
*レイアウトが乱れる場合は、等幅フォントの指定でお読みください。
*書名の下のホームページアドレスで本の詳しい内容がご覧になれます。
*各URLのISBNが各書籍のISBNとなっております。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【築地書館Book News】
発行元:築地書館株式会社
郵便番号:104-0045
住所:東京都中央区築地7-4-4-201
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799
URL:http://www.tsukiji-shokan.co.jp/ 
築地書館ツイッターURL:
https://twitter.com/tsukijishokan 

-----------------------------------------------------------
本のご注文、ご感想、図書目録のご請求(無料)は下記メールアドレスまで、どうぞ。

<ご注文> eigyo★tsukiji-shokan.co.jp 
(★を@に書き換えてお送りください)
※直接のご注文は1回の発送につき何冊でも送料230円を頂戴しております。
お支払方法は、
・代金引換(手数料無料)(税込1500円未満の商品の場合、別途手数料300円をいただきます)
・郵便局での振込(手数料無料)
・銀行振込(手数料お客さま負担)
のいずれかになります。コンビニエンスストアでのお支払いはできません。予めご了承ください。
ご希望のお支払い方法をお書き添えいただき、上記メールアドレス、もしくは小社電話番号(03-3542-3731)までご連絡下さい。ご注文お待ちしております。

<ご感想> doi★tsukiji-shokan.co.jp
(★を@に書き換えてお送りください。全員の方にお返事をお出しできませんが、お送りいただいたメールは必ず読んでいます)

-----------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ (マガジンID:0000052908)を利用して発行しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込・解除・バックナンバーは、http://www.tsukiji-shokan.co.jp/merumaga/index.html からどうぞ。

築地書館BookNews

RSSを登録する
発行周期 月1回
最新号 2017/05/31
部数 351部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

築地書館BookNews

RSSを登録する
発行周期 月1回
最新号 2017/05/31
部数 351部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング