609studio

609studio No.807 ◇現代時評《過度な右寄り忖度の時代》:井上脩身


カテゴリー: 2017年04月18日
──────────────────────────────────────
【609 Studio】メール・マガジン 2017年4月18日 No.807
──────────────────────────────────────
   フォト・ジャーナリスト片山通夫のメールマガジン。Lapiz編集長・井上脩身
氏の現代時評、ロシアやサハリンの話題、編集長のコラムなど多彩な話題満載! 
──────────────────────────────────────
                  お知らせ

 4月25日(火曜日)発行予定の609studioメールマガジンは都合で、休刊といた
します。次の発行予定は5月2日(火曜日)となります。ご了承ください。

──────────────────────────────────────
                 好評発売中!
             
          《サハリン逍遥》 片山通夫写真集

 サハリン残留朝鮮人の取材のため15年間サハリンに通った写真家が自然や人
々の暮らしを折にふれて撮りためた素顔のサハリン。さり気ないアプローチでと
らえた被写体にユーモラスな文章をそえた魅力的な写真集。

        群像社刊 モノクロ152ページ、予価1800円+税

        群像社サイトからお買い求めいただけます!!
       http://gunzosha.cart.fc2.com/ca8/198/p-r-s/

        サハリン逍遥が電子ブックになりました!
       http://www.shinanobook.com/genre/book/3775
──────────────────────────────────────
                         【著書案内】

     「追跡!あるサハリン残留朝鮮人の生涯」 片山通夫 著

  日本の植民地統治が生んだ一家離散「二重徴用」「急速転換」「樺太
    への逆密航」を語る貴重な証言!!

    凱風社 刊 http://www.gaifu.co.jp/index.html

           定価 1900円+税
──────────────────────────────────────
◇現代時評《過度な右寄り忖度の時代》:井上脩身
──────────────────────────────────────
 小中学校の教科外の活動とされてきた道徳について今年3月、政府は学校教育
法の施行規則を変え、「特別の教科」にした。来年度から実施されるにともなっ
て作成された教科書の「パン屋」の記述に対し、文部科学省が「不適切」の検定
意見をつけていたことがこのほど判明した。パン屋は伝統文化の尊重にふさわし
くない、というのである。日本人がパンに出合ったのは16世紀といわれ、伝統
的食文化としてすっかり定着している。にもかかわらず「不適切」にしたのは、
文科省の官僚が「祖国への誇りを持つ教育」との安倍政権の姿勢に過度に忖度(
そんたく)した結果としか考えられない。森友学園問題で国会論戦の的となった
忖度。「安倍一強」のなかで官僚が常に政権の顔色をうかがって忖度しているこ
との証左といえるだろう。

 報道によると、東京書籍の小1向けの教科書中の「にちようびの さんぽみち
」にパン屋さんが登場。祖父とよく散歩をする「けんた」がいつもと違う道を歩
き、「よいにおいがしてくるパンやさん」を見つける。パン屋さんは「おなじ一
ねんせいのおともだちのいえ」なので、「けんた」はおいしそうなパンを買って
お土産にした、というほのぼのとした物語だ。

 この記述に対してつけられた検定意見は「学習指導要領に示す内容(伝統と文
化の尊重、国や郷土を愛する態度を学ぶ)に照らし扱いが不適切」。文科省の担
当者は「我が国が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義を考え
させる内容になっていない」と解説している。(4月5日付毎日新聞)

 パンは宣教師によるキリスト教布教時代の16世紀に日本に持ち込まれ、弾圧
と鎖国のなかを長崎・出島で生き延び、明治維新を境に解放されたという。和菓
子技術を生かして「あんパン」が作られるなど、日本独自の食文化の担い手にも
なってきた。「けんた」君は立派に「伝統と文化の尊重」をしているではないか。
「不適切」の理由がないことは冒頭に述べた通りである。

 2006年、第一次安倍政権は教育基本法の精神を、従来の「普遍的にして個
性豊かな文化の想像を目ざす教育」から「伝統を継承し、新しい文化の創造を目
指す教育」へと、伝統文化重視に変更。これは受けて学習指導要領も変えられた。
こうした教育行政の右傾化は、1997年に結成された右派団体「日本会議」が
設立大会で決めた基本運動方針のなかの「教育に日本の伝統的感性を取り戻し、
祖国への誇りと愛情を持った青少年を育成する」にのっとったものだ。安倍晋
三首相は、日本会議の設立とともに発足した「日本会議国会議員懇談会」の最有
力メンバーである。

 検定担当の文科省の官僚が心からパンが日本の伝統に反するものと考えていた
のではないかもしれない。しかし、「伝統の尊重」という以上、外来ものでない
米などを使った食品が題材であれば、政府から文句をいわれることはない考えた
ことは想像にかたくない。パンを扱ったからといって安倍首相が口出しすること
はないだろう。だが、より無難な道をとろうと自己保身を図るのが官僚の常であ
る。結果として右寄りの道を選ぶ。それは広い意味での安倍政権への忖度といえ
る。

 大阪・豊中市に小学校をつくろうとした学校法人森友学園に対し、同市内の国
有地が9億5600万円の査定に対し、1億3200万円と8億円以上も値引き
して払い下げられたのが森友問題の核心だ。学園の理事長だった籠池泰典氏は日
本会議大阪支部の役員。同学園が経営する幼稚園で幼児が「教育勅語」を暗唱、
安倍首相夫人の昭恵氏が「感動した」といい、安倍首相も「素晴らしい教育」と
称賛した。

 こうしたことから、国土交通省の官僚が払い下げに際し忖度をしたのではない
か、と疑われた。籠池泰は国会喚問で「神風が吹いた」と証言しており、籠池氏
の期待以上の忖度があったと考えるべきだろう。

 森友問題では官僚は忖度を否定。教科書検定でも忖度したとは認めないだろう。
だが、安倍一強が続けば続くほど、官僚は右寄りの判断をしようとすることは目
に見えている。仮に安倍首相への直接の忖度ではなくとも、その空気を読んで忖
度をすると思うべきである。

 いま、「過度な右寄り忖度の時代」といえるだろう。その忖度がますますこの
国を右傾化させ、その右の風をさらに官僚が忖度する――。危険なスパイラルの
時代である。
──────────────────────────────────────
◆「スプートニク」 >>> 引用元    http://jp.sputniknews.com/
──────────────────────────────────────
◆情報通信・ラジオ「スプートニク」(HOME)
 http://jp.sputniknews.com/

◆日本関連
 http://jp.sputniknews.com/japan/

◆国際───────────────
 http://jp.sputniknews.com/world/

◆ロシア国内───────────────
 http://jp.sputniknews.com/russia/
──────────────────────────────────────
読書《なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか》
               西洋と日本の歴史を問いなおす
関曠野 著
聞き手 三室勇
発売日:2016.05.30
定価:2,592円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4346-3
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002384
 ──────────────
新刊ガイド《「大大阪」時代を築いた男 評伝・関一(第7代目大阪市長)》

 大山勝男 著                         
定価(本体2,600円+税)
2016年2月10日発行
http://koujinnotomo.com/
──────────────────────────────────────
◆《News Digest》:609studio編集部
──────────────────────────────────────
◇◇ニュースな言葉、一口メモ 【朝鮮戦争】
⇒朝鮮戦争(1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)は、1948年に成立したばかり
の朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝
鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境線と化していた38度線を越え
て侵攻したことによって勃発した国際紛争。(ウイキペディア)
                               
◇◇News Digest◇◇

◇きな臭い話、こぼれ話(4月12日まで)

プーチン大統領 今のシリア情勢は米国のイラク攻撃当時に酷似
https://jp.sputniknews.com/politics/201704113526633/

ロシアで過激派の攻撃が頻発
http://jp.rbth.com/society/2017/04/07/736736

アサド大統領を見捨てられるか
http://jp.rbth.com/politics/2017/04/11/73964

北朝鮮「米国の挑発あれば米国本土も核攻撃」と警告
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7381.php

習近平は笑っているべきではなかった――米国務長官、シリア攻撃は北への警告
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7375.php

シリア軍機の「2割を破壊」 今後の方針で政権内に混乱も 
http://www.cnn.co.jp/m/world/35099613.html

海上自衛隊、朝鮮半島へ向かう米空母と共同訓練へ=関係者
http://jp.reuters.com/article/sdf-korea-us-air-career-idJPKBN17D1VX

北朝鮮、米空母の派遣に警告 対抗措置を示唆
http://www.cnn.co.jp/m/world/35099595.html

北朝鮮ミサイル迎撃準備か=豪などに厳戒要請-米:時事ドットコム
http://www.jiji.com/sp/article?k=2017041100848&g=int

【社説】戦争説まで飛び交う韓半島の安保不安| Joongang Ilbo | 中央日報
http://s.japanese.joins.com/article/911/227911.html?servcode=100&sectcode=110

モスクワ 空港で黒煙の情報 まもなく米国務長官が到着予定
https://newsdigest.jp/417

北朝鮮、米空母の接近非難 「超強硬に立ち向かう」
http://www.asahi.com/articles/ASK4C26HTK4CUHBI00C.html

◇ロシアからのニュース

 休載です。
────────────────────────────────────
◆編集長から:片山通夫
────────────────────────────────────
 27日にアメリカが北朝鮮へ先制攻撃を行う可能性が高いと韓国のネットでは
盛んに言われている。その根拠の主なものを紹介する。

*北朝鮮が重要日程の4月15日―25日に、ミサイル発射や核実験を行った場合、
4月27日は新月で、特殊部隊を送り込むのに、新月の闇に覆われた夜というの
が、軍事行動には都合が良い。アメリカがビン・ラディンを仕留めたのは新月の
日であった。
*先の米中首脳会談で、習近平がアメリカのシリアへの攻撃に理解を示し(単に
予想できない事態にあたふたしたのかもしれないが)、アメリカが中国に、北朝
鮮への先制攻撃の了承を取り付けたのではと言われている。
*米海軍空母カール・ビンソンが急遽朝鮮半島に派遣されることとなった。さら
に、海上自衛隊が、朝鮮半島へ向かう米空母と共同訓練をすることになっている。
などなど・・・。

 ここで看過できないのが「海上自衛隊が米空母カール・ビンソンと共同訓練を
すると言う事実。この報道は日本でもロイターが伝えた。

 安倍首相が自衛隊の戦車に乗ってはしゃいでいるうちは、軍事オタクの馬鹿だ
と笑って(実際は情けないし恥かしい)おられたが、このややこしい時期にいっ
たい何をやっているんだと怒りを覚える。

 オタクはオタクらしくすべきだ。
───────────────────────────────
  発行    2017年4月18日 No.807
  発行   毎週火曜日  購読料無料
  FB  https://www.facebook.com/michio.katayama.5
 配信 まぐまぐ配信システム ID:0000052236
  MailuX配信システム ID:MM3E1B97842E020
  contact us http://www.609studio.com/html/mailform.html
  website  http://www.609studio.com/
      投稿   http://www3.ezbbs.net/06/609studio/
   購読 解除 http://archive.mag2.com/0000052236/index.html

           ◇禁・無断転載◇
────────────────────────────────────

609studio

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/17
部数 224部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

609studio

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/17
部数 224部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング