それでも公立トップ高校を目指したい!

それでも公立トップ高校を目指したい!


カテゴリー: 2017年07月17日
■■■■【 第665号 】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       [それでも公立トップ高校を目指したい!]       [578部配信]
+++++++++++++++++++++++++++2017/7/17+++
公立トップ校(or上位校)を目指している生徒とそのご父母の方に。英語と数
学を中心に社会、理科まで、その学習のしかたや問題点、テスト結果などを鋭
く分析。そのなかで如何にほんものの実力を養成していくか、受験に必要で役
立つ情報を配信。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
          ◆□◆ ノート直しについて ◆□◆
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
**********************************************************************
◆◆目次とご案内◆◆
 1.E-juku1st.Com の情報 NO.665
  ● ノート直しについて <残りの2や3を自分で埋めてこそ>

 2.一言:水曜日予定のを今週だけ、本日配信とさせていただきます。


 [★夏休みの勉強に向けた問題集★]
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  この夏、塾の夏期講習では吸収できない知識と学力アップを、トッポ先生の
 問題集を利用してぜひ身につけてみてください! 

  7月16日~18日(8%OFF)&19日~23日(5%OFF)で販売継続! 

  日々の学習のなかでたしかな実力を形成する問題集です。基礎と基本の知
  識を豊富な演習を通して身につけ、そして入試レベルの応用力と強い実践
  力まで吸収できるよう作ってあります。この夏休み、生徒の自立学習に寄
  与できますこと願っています。 詳しくは下記URLをご覧ください。
   URL:http://www.e-juku1st.com/indexcontents8-spring.htm

 <注>価格は従来のままの表記となりますが、必ずご返答の際には「8%引
  き」を明記させていただきます。
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  3.お便りコーナー:
 東京都東村山市のE様、中1数・英セット&算数の図形教室<B>、頑張って下さい。
 兵庫県西宮市のI様、入試国語&中3英語(実力テスト)、頑張って下さい。
 埼玉県川口市のM様、入試社会の攻略&入試理科の攻略&公立入試英語の攻
          略、頑張って下さい。
 静岡県浜松市のN様、中1英REVIEW&中2数・英(実力)、頑張って下さい。
 埼玉県さいたま市のT様、中1数・英REVIEWセット&中2数・英セット、頑張
            って下さい。
 宮城県仙台市のO様、中1数・英REVIEWセット、頑張って下さい。
 千葉県千葉市のH様、入試図形問題の攻略Version4、頑張って下さい。
 千葉県八千代市のS様、中3数・英(実力テスト対策)&入試社会の攻略&実
        力をつける理科(1・2年)&(同3年)、頑張って下さい。
 愛知県大府市のS様、力のある算数、頑張って下さい。
 兵庫県芦屋市のM様、中学英語/1・2年の総復習、頑張って下さい。
*********************************************************************
※地道に進めると確実に実力がつく、通年用数・英問題集<中1・2・3>
    http://www.e-juku1st.com/indexcontents1.htm.htm 
・「<新版>入試社会の攻略」<中3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/shakai-new-index.htm
・「<新版>入試理科の攻略 by Toppo 」問題集<中1・2・3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/rikaindex.htm
・ 「入試国語の実践演習 by Toppo」<中2・3生対象>
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/kokugo-index.htm
※実力テスト対策問題集<中2&中3生用の数学・英語もあり>
・「中1英語の実力をつける問題集」で、確かな実力形成を!
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/eigojituryoku1.htm
・「中2数学の実力をつける問題集」中1と中2数学の実力を鍛える。
  URL:http://www.e-juku1st.com/referencebooks/mathjituryoku2.htm
※学力補強・復習対策問題集<数学とまた英語の中2生用もあり>
・「中1英語REVIEW(復習) 問題集」で、英語やり直しor実力強化!
  URL: http://www.e-juku1st.com/review/english1.htm
※入試対策問題集<英語もハイレベルまでいろいろあり>
・「入試図形問題の攻略」で入試数学の半分を占める図形の力を磨く
  URL:http://www.e-juku1st.com/basetoppo/geoindex.htm
※高校英語&小学生用算数問題集
「算数の図形教室問題集」【小学生用&中学生用あり】で図形能力を開発!
  URL :http://www.e-juku1st.com/referencebooks/sansuu1.htm
**********************************************************************
 =================================
 1.E-juku1st.Com の情報 NO.665<ノート直しについて>
 =================================
<残りの2や3を自分で埋めてこそ>

 ノート直しについて、今回すこし書いてみます。

 吾がホームページ上の「学習のしかた」ではすでに、「ノートまとめについ
て <実力獲得の近道>」というものを載せています。まあ、どちらも学習上
の作業としては欠かせないもので、勉強の基本スタイルとしてきっちり身につ
けておきたいものなのですが、現実このどちらもできうる力のある生徒となる
と・・・。

「ノートまとめ」が攻めの勉強のなかのひとつの大きな武器とするならば、ま
たこれはどの生徒にもできるものでは決してないということを空疎な理想は別
として痛いほど経験し、知っているわけですが、いや、思い知らされたわけで
すが、この「ノート直し」のほうは、ほぼ誰にでもできるものであり、守りの
勉強としてどうしても必要で、最低限きちんと正しいやり方を身につけておか
ねばならない、基本中の基本の勉強の作業といえるでしょう。

 ところが、これが中学の2,3年生にもなってまだ自分のものになっていない、
やり方がどうにも拙いというか、下手すりゃあなんのためにするのか、それさ
え理解していない生徒が、もう勘弁してもらいたいのだけど驚くほどいるわけ
です。その意味と、こうしてやるんだと具体的に明示し、詳しく説明しても、
3,4回も規則的に続ければすぐに乱雑になったり、旧弊・旧悪とでもいいたく
なるほどの以前の自己流の雑で頼りない基準に戻ったり、またはこころと気持
ちがほとんど入っていない作業というか、つまり、頭になんら記憶されている
とは思えない、表面的な、ただ言われるからやったにすぎないことがみえみえ
のノート直しの作業になっていたりと、勉強のなかのこの簡単明瞭にできる領
域ですら、安心してまた信頼して観ておれないのには、ほんとに疲れるところ
であります。

 成績が悪いからこのノート直しも杜撰になるのか、ノート直しを杜撰にする
から成績も悪いのか、そんなことはほとんどの場合、必然的に絡み合っていて
どっちでもいいのですが、とにかく比例していることは間違いない。わたしの
目からいえば、公立中学生の半数は、このノート直しが杜撰である。残りの半
数も形だけの勉強であり、内容が伴っていないことが多い。

 そのノート直しの科目とは何か?――

 授業などは別として、自分で5科目のノートを使う学習においては、理科と
社会は、勉強の進め方において、ノート直しという作業そのものは不似合いな
科目であり、むしろノートまとめを如何にやるかがポイントになる科目といえ
るかと思います。そして国語も実際、漢字や文法などは有効にしても、その他
の場面ではノート直しの量は少ないでしょう。つまり、最もポピュラーなノー
ト直しといえば、十二分にご承知の如く、数学と英語の2教科になりますね。

 よって、この数学と英語を想定して書いているわけですが、本来、ふつうに
勉強しておれば、即ち、ふだんやるべきことをやって、考えるべきことは考え
て、覚えるべきことを深く覚えておれば、そして定期テストだけではなく実力
テストになったからとて急激に下がるようなこともなく、良い点数が維持でき
る勉強をしておれば、ノート直しの学習などは、最後の受験対策に入った勉強
でない限り、特に必要ないのです。

 しかし、この意見は、冒頭で書いた、どちらも学習上の作業としては欠かせ
ないもので、勉強の基本のスタイルとしてはきっちり身につけておきたいもの
なのです、とは明らかに齟齬があります。つまり、生徒すべてをひとつの条件
で括ることは無理なわけで、これはあくまで一部の寡少な生徒にだけ当て嵌ま
ることであり、もう圧倒的多数は、その成績を上げるためには、このノート直
しは欠かせない必須の作業といえるのであり、対象を二面的に見ざるを得ない
わけです。

 これをお読みの方のなかにも学生時代、さしてノート直しなんかしなかった、
なぜこんなことをわざわざ強調するのかわからない、という方もおられるでし
ょう。わたし自身も「ノートまとめ」のほうはそこそこしましたが、「ノート
直し」に関しては、ほんとうに応用的なものを除いてほとんどどしませんでし
た。それは、ふつうに勉強していくなかで、ノート直しなどしなくてもよいよ
うに、「ふだんやるべきことをやって、考えるべきことは考えて、覚えるべき
ことを深く覚えた」からであります。つまり、ふだんの学習の中で、勉強はほ
ぼ完結していました。

 こう書くとなにやらカッコいい、スマートな勉強のしかたのように見えます
が、事実はその逆です。決して難しい勉強のしかたではないし、当たり前のこ
とを当たり前にしただけなので、詳しく書いてもここでは話しが拡がり過ぎて
意味はありません。ただ、勉強は教えられた事というものは高々半分にも満た
ず、残りは自分の責任のもと自らの頭で考えるものだという意識を、ごく自然
に持っていたように思います。

 この認識が、いまの生徒には乏しい。学校だけでなく塾にも通ってよぶんに
勉強しているのに、それでもその勉強が完結していないことが如何に多いこと
か。塾に通って1年、あるいは2年と経つのに、成績が一向に上がらない生徒が、
一般に呆れるほどの率でいるものです。このことを生徒の側だけであえて捉え
ていうなら、「いつまで経っても勉強を自分の手で完結させない」からであり、
その姿を外側から視ると、前に書いたけれど、排水管を空けたまま水を入れて
いる状態というか、もう少しましな生徒でも、排水管を閉めたのはいいがきっ
ちりしまっておらず、ちょろちょろと漏れているのに気づかず、時間が経てば
溜まったはずの水がすっかり減ってしまっている、とでもいえばいいでしょう
か。これでいったい、どうして成績や実力が上がるのだろうか?!

 10のこと(←ここでは基本とする)を習ったなら、10のことを吸収し自分の
ものにするのが勉強だろう。それが7や8できたところで満足し、またそれで大
いに勉強していると思っているのが、ふつうの生徒の感覚である。自分で勉強
している生徒ならまだわかるが、塾やその他の勉強を余分にしてこの結果であ
ることが一般的だから、どうにも頼りない限りである。

 残りの2や3を自分で埋めてこそ、8や7の学習が生かされるのであり、そして
10の吸収となるのだけど、その2や3はただ眺めているだけか、あるいは放置し
ているのだ。ああ、わかっていたのにとか、単なるケアレスミスだとか、ある
いはじゅうぶん考えようともせずわからないとか、説明や解答を受けてふむふ
むなるほど、と解かって自分でできるように錯覚したりとか、まあそんな状態
で。

 では、いつかこの残りの2や3の内容を吸収するときが来るのかといえば、も
うそれは断言するが、来ない。勉強するとは、実は残りの2や3を埋めていくこ
とであるということがほんとうに自覚でき、こころの底から感じとらない限り、
それは無理な相談である。その自覚と認識がもしあれば、ノート直しの必要性
は他人からくどくど言われずとも自分で当然しているはずであり、真剣にかつ
ていねいにしているものであろう。

さらにもう1点、大事な事実がある。
 
 それは、忘却である。10の基本を習っても、時間が経てば(半年もすれば)、
10すべて覚えていてできる生徒というものは、たとえば当初は10%いたとして
も5%以下に減っているであろう。では、7や8できたところで満足している生
徒はどうだろうか? その力は5か6になっているのが常識の線である。つまり、
2や3の自分で埋めておく部分が相変わらず抜けているのはもちろん、わかって
できていたところでさえ忘れるのが、その有り様である。

 これではいけないことは十二分にお解かりであろう。だから、どうすべきか。
それは、すでに書いています。

 一度、ノート直しの内容を、実際に自分の目で見ることをお勧めします。そ
んなものはないよ、という、とんでもない返事が返ってくる場合は別として、
その直したもののなかより、ランダムに抽出して覚えているかどうか、できな
かったものができるようになっているかどうか、問うてみればいい。ひとつで
は学習の正確な姿はわからないので5つほど抜き出し、確認してみればいい。

 ノート直しには、日々の学習のなかでするものや、定期テストや実力テスト
などのテストの直しもあれば、またいままでに習った範囲の総復習の勉強に対
してするものもあります。それぞれ微妙に内容が違うでしょうが、やるべきこ
とは決まっている。そしてノートに直したことがすべて、正しく頭に入ってい
るかどうか。さて、その実像はどうか・・・。

 そこから、ノート直しの実態がはっきり把握でき、また隠れた問題点が見つ
かり、よりよき勉強の進め方の道もみえてくるのではないかなと考えます。



[★夏休みの勉強に向けた問題集★]
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  この夏、塾の夏期講習では吸収できない知識と学力アップを、トッポ先生の
 問題集を利用してぜひ身につけてみてください! 

  7月16日~18日(8%OFF)&19日~23日(5%OFF)で販売継続! 

   URL:http://www.e-juku1st.com/indexcontents8-spring.htm

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  E-juku1st.Com のホームページURL http://www.e-juku1st.com/
 ●【それでも公立トップ高校を目指したい!】メルマガ<まぐまぐ 49997>
  では、学習のしかた、受験勉強の情報をお届けしています。ご参考に。
 ☆トッポの中学問題集(数学・英語・理科・社会・国語&小学算数関係)を
  E-juku1st.Comより好評販売中! 発売してすでに16年半が経ちました。ご
  利用して勉強している生徒もかなりの数に上り、多くの公立トップ高校進
  学、またそれぞれ上位志望校に進んでいます。自分の力でできるほんとう
  の自立学習教材として、そしてたしかな実力向上に寄与できますこと、今
  後も願ってやみません。
==================================
 ★ご意見、ご感想などをいただければとても嬉しく思います。
  下記のE-juku1st.Com の掲示板に書き込んでいただくか、
 URL:  http://www.e-juku1st.com/bbs-special.htm
  メールでお寄せください。お待ちしております。
==================================
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
■H.P.   : http://www.e-juku1st.com/mailmagazineejuku.htm
■mail  : toppo@e-juku1st.com
■発行所 : まぐまぐ(0000049997)にて配信
■発行者 : セノオマサユキ 大阪高槻 
■その他 : メルマガ創刊:2000/11月6日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

それでも公立トップ高校を目指したい!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/17
部数 571部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

それでも公立トップ高校を目指したい!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/07/17
部数 571部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング