ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

080715 ビジネス知識源:米国金融危機の本命が登場:及びお知らせ


カテゴリー: 2008年07月15日
※友人、知人、同僚、部下、上司、取引先への転送は自由です。
 <あなたとチームの、ビジネス知識と仕事の技法の向上を>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     ビジネス知識源(本マガジンは無料版です)
【良質な経営・IT・ビジネス・経済・金融知識の提供を目標に】

           2008年7月15日:Vol.番外

  <いよいよ米国の金融危機の本命が登場した;
   「リテイルITストラテジー・セミナー」のお知らせ>

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 
この無料版は、メールアドレスの登録だけで読むことができます。
登録、解除、または過去のバックナンバー
               ⇒ http://www.cool-knowledge.com
著者への感想等     ⇒ yoshida@cool-knowledge.com

  著者:Systems Research Ltd.  Consultant 吉田繁治
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨日は、久しぶりの無料版をお届けしました。若干長文ですが、お読
みいただけたでしょうか。ビジネス知識源(無料版)、同プレミアム
(有料版:週刊)では、マネジメントや経営戦略と経済問題への考察
をお届けしています。

【方法】
変化することが本質である経済や金融について書くときの姿勢は、

(1)過去から現在までの中で、鍵になっていることを分析する。
(2)その中から、重要と思える原理を、抽出する。
   働く原理は、時々で、異なる様相を見せます。
(3)未来に向かう中で、確定的なことを、挙げる。
(4)以上を経て、未来予測をする。

【現在の理解】
未来予測ができるかどうか、ここで、自分自身が「現在」についての
理解ができているかどうかが分かります。肝心なことは、「過去」に
ついての原因の分析、変化の要因の分析が、当を得ているかどうかで
す。メディアの意味づけは、しばしば、誤っていることが多いと感じ
ます。理由は、意図のある政府広報を、載せるからです。

【延長と転換】
経済で与えられるものは、過去です。過去のトレンドが、ほぼそのま
ま延長できるものもあれば、質的な転換をするものもある。
この見極めが、予測だと思っています。
以下は、予測の事例です。

【いよいよ米国金融危機の、本命が登場:意味付けの項】
今日の新聞では、住宅証券の保証会社であるファニーメイとフレディ
マックの、ローン延滞の増加による「債務超過」と「米政府の支援」
が報じられています。

これは、今回の金融危機の本命です。
金融機関の損の、全部を合わせたものに匹敵します。

【520兆円のローン債務の保証をする機関:事実の項】
両社が保証するローンは、フレディマック$3兆(300兆円)、ファニ
ーメイ$2.2兆(220兆円)で、合計$5.2兆(520兆円)という巨額で
す。

比較すれば、市場で売られている米国の国債が、$5兆(500兆円)く
らいですから、それに匹敵します。つまり、両社の破綻は、そのまま、
米国政府つまり米ドルの信用の下落を意味します。

米国の住宅ローンは、$12兆(1200兆円)という巨額です。そのうち、
$5.2兆(43%)の回収と利払いを、両社が保証しています。

「保証」とは、ローンが払えない世帯が出た時、代わりに払うことで
す。それが資金不足からできなくなって、破産です。

両社の株価は、2008年3月(住宅ローン危機の終わりが言われた時期)
の、10分の1に下落しています。ジャンク債以下です。

注)金融機関の、都合の悪い損失は、例によって「飛ばされています」
  公開された会計から、飛ばし額を読むのが、株価です。

Aさん(米国政府)は、Bさん(両社)保証人になっている。Bさん
が破産し、ローン回収の保証ができない。住宅ローンの、保証人の保
証人である米国政府が、保証しなければならない。

これは、500兆円の米国債が、08年7月14日に突然520兆円の住宅ローン
債務を加え、1020兆円という世界最大の債務規模になったことと同じ
です。

両社は政府系であるという認識から、格付けは、米国の政府信並みの
AAA(最上級)とされていました。AAAは、資金不足からの倒産
確率がゼロという意味です。

欧米の証券化金融を膨張(前号で1京3000兆円と示しました)させた格
付けが、いかにいい加減なものであるか、分かる。

米国の金融危機、言い換えれば証券の下落危機は、格付けのいい加減
さを、内外の買い手(金融機関と機関投資家)が信用し、買ったこと
に求めることができます。日本の財務省と金融機関も、この住宅ロー
ン証券を買っています。

【今後の住宅価格:予測】
予測すべきは、08年7月以降の、米国住宅の価格の動きです。今後の住
宅価格の一層の下落があれば、今回予想される8兆円を、政府がつぎ込
んでも、毎月、足りなくなります。米国の住宅は、今後も下げます。
これは、確定的です。

【総住宅在庫は11ヶ月分(=新築+中古+抵当流れ):根拠】
抵当流れ(08年3月で200万戸)の、格安でしか売れない在庫が、7月、
8月、9月と更に増え、ローン審査は厳しくなっていて、優良な世帯に
も、ローンが降りなくなっているからです。

ローン審査が急に厳しくなった理由は、(住宅価格の下落局面では)
住宅ローン関連証券が市場で売れず、ローン会社には、貸す資金がな
くなっているからです。

【米ドルそのものの信用:事実と予測】
海外に流出している住宅ローン証券、国債、社債を含む米ドル建て証
券(推計で2000兆円以上でしょう:わが国だけでも620兆円を持ちます)
が放出される時期が、刻一刻と近づいている感じです。

(注)これは米国の、対外債権を引いた純債務とは違います。純債務
は、07年12月で303兆円です。米国のが海外にもつ債権を引いた後の数
字です。(財務省集計)
http://www.mof.go.jp/houkoku/19_g3.pdf

巨額赤字の米政府の金庫に余剰マネーはない。海外が、米国の証券を
買わないとすれば、残るのはFRBが、巨額マネーを投入するしか方
法がない。そうすると、米ドルの信用はどうなるか? 言わずもがな、
です。

この伝で言えば日本の97年からの金融危機はかわいいものでした。個
人金融資産が1500兆円あり、国債は国内で消化していて、円の対外信
用は高かったからです。これが、円の信用の根源です。

他方、米国は、国、企業、個人の債務を国内では消化できず、証券の
格付けの信用と高さ(AAA)で、海外に売ってきたのです。

【金融危機の付加要素】
スティグリッツが計算した、イラクの総戦費(10年で300兆円)も、
ドル信用の下落の、50%くらいを占める要素です。この戦費は、
一般会計の防衛費(年50兆円)には計上されず、特別経費として、
いろんな勘定科目に分散され、わからないようになっています。
『世界を不幸にするアメリカの戦争経済』

これは、米国を凋落させたベトナム戦争の戦費より大きく、第二次
世界大戦の現在価値で第二次世界大戦の60%になるという。

これで、インフレ的に資源価格が上がるのも、うなづけます。
要は過剰な財政負担による、米ドルの価値下落です。

(注)わが国の防衛費は約5兆円です。世界の防衛費は、大きな抜け
がありますが公式には100兆円とされています。防衛費は言うまでもな
く軍事費です。

歴史を見れば、軍事費の累増と、軍隊が目的を失ったモラールの低下
及び産軍政の複合体が、通貨価値を下げ政府を滅ぼしたことがわかり
ます。

わが国の、一般会計とは違う特別会計と同じような二重構造がある。

●本号は、番外のお知らせです。商業界の専門誌『販売革新』に、7年
続け、経営・商品構成・在庫管理のテーマで連載しています。時折、
特集記事も寄せます。

発売中の08年7月号には、『連載:在庫管理の原理と方法(12)』と、
『特集:製配販の新しい構造作りとIT活用:取り残されてきたシス
テム化と情報化を再考する』を書いています。

宣伝は得意ではありませんが、小売業の物流センターや店舗の在庫管
理を原理からまともに書いた本はないということに、日米のアマゾン
で調べて気がつきました。わが国小売業は、90年代以降のシステム化
・情報化に重要な取り残しがあります。

『販売革新』の編集長は、有料版の読者でもある宮崎文隆氏です。彼
が中心になって、リテイルのIT戦略をテーマに、セミナーが企画さ
れています。8日後の、08年7月23日(水曜日)です。商業界の創業60
周年記念と販売革新の発刊45周年記念だそうです。

講演者は10名。当方は最後の時間(16:40〜17:30)に『次の10年で
何を考え、達成したいのかを決めよう』というテーマで、総括提言を
します。

会場は東京新宿の「ハイアット・リージェンシー東京」、受講料は1万
円です。盛りだくさんな中身です。定員は350名。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リテイル・ITストラテジー(概要:08年7月23日)
【午前の部】
9:00     開会のあいさつ
9:05〜9:55  基調講演:あなたの仕事を変える思考プロセス
       『これからの小売業界人に必要な経営の設計学』
       東大工学系研究科システム創成学:宮田秀明教授
10:00〜10:25『先進ITソリューション活用』マイクロソフト
10:25〜10:50『海外リテーラー活用事例』日本オラクル
10:55〜11:20『次世代EDI活用』プラネット 玉生弘昌氏
11:25〜12:05『IT活用が上手な経営者、組織はここが違う』
                 公認会計士 安本隆晴氏
【午後の部】
 12:35〜13:50 記念パネルディスカッション
  『次世代リーダーが語るITとの付き合い方、活かし方』
  「国分」専務取締役 国分晃氏:「エスビー食品」常務執行役 
   山崎明裕氏:「バリラジャパン」代表取締役 豊田安男氏:
   「ユアーズ」代表取締役 根石典雄氏
13:55〜14:35 『ドラッグストア:医療モール作りと需要開発』
        「サンキュードラッグ」代表取締役 平野健二氏
14:35〜15:15『スーパーマーケット:標準化と業態、地域特性の考
     え方』「ユニバース」代表取締役三浦紘一氏
15:20〜15:45 『事例研究:地方SM再生への活用』
        「魚栄商店」 代表取締役 岩本勝幸氏
15:45〜16:10 『事例研究:RFIDの先端活用事例』
         チェックポイントシステムジャパン
16:00〜16:35 『小売向け統合ソリューションサービスの活用』
         セゾン情報システムズ
16:40〜17:30 『総括提言:次の10年で何を考え、達成したいのか
         を決めよう』 吉田繁治

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宣伝の「最高峰の知性と実務家が集結」は言い過ぎでしょうが、ヒン
トや価値はあると思います。選んで聴いてもいいでしょう。

以下のサイトを開くと、内容の詳細紹介があり、申込みができます。
http://www.shogyokai.co.jp/seminar/08/it/it_index.html

会場費と内容からすると、会費1万円はギリギリの採算点でしょうか。
過日、宮崎氏にメールマガジンに書くと約束しましたので、期日が迫
っているのですが、特別にお知らせし、ご参加を募ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     【ビジネス知識源 読者アンケート 】

読者の方からの意見や感想を、書く内容に反映させることを目的とす
るアンケートです。いただく感想は参考になります。

1.テーマと内容は興味がもてますか?
2.理解は進みましたか?
3.疑問点は?
4.その他、感想、希望テーマ等、ご自由に
5.差し支えない範囲で読者の横顔情報があると助かります。

コピーしてメールにはりつけ、記入の上、気軽に送信してください。
質問のひとつひとつに返信することはできないかも知れませんが、共
通テーマはメールマガジンでとりあげます。

↓著者へのメールのあて先
yoshida@cool-knowledge.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■以下は、有料版(週刊:1ヶ月で630円)の購読案内です。

姉妹紙の『ビジネス知識源プレミアム:有料版』は、「1ヶ月ビジネ
ス書5冊を超える情報価値をe-Mailでお届けする」ことを趣旨に、ビ
ジネスの成功原則、関連事項、経済を原理からまとめ、明快に解いて
お届けしています。以下は、08年7月9日号の目次です。

無料での試読が、最初の一ヶ月間できます。

<385号:経済随想(3)&(4)>
  2008年7月9日分(増刊+正刊)

【目次】

1.米国における金融経済の膨張
2.信用膨張は、金融工学と乗数金融の発達でもたらされた
3.利益も損も、倍数化する乗数金融
4.約30倍の、巨額レバレッジ
5.中央銀行のマネー注入分が、上がっていた商品相場に流れる
6.今日の、米国FRB(08年7月9日)は?
7.金融機関がレバレッジを増やすことができた原因はCDS
8.300兆円ものイラク戦費が、インフレの原因になる

(↓)お手間をかけますが、会員登録方法の説明です。
http://premium.mag2.com/begin.html
新規の申し込み月の1ヶ月分は、無料試読です。
(注)無料期間の1ヶ月後の解除も、なんら拘束はなく自由です。

【申し込み方法】
(1)初めての会員登録で、支払い方法とパスワードを決めると、
(2)[まぐまぐプレミアム]から会員登録受付のメールが送って
   きます。
(3)その後、購読誌の登録です。
(4)バックナンバーの購読も月単位でできます。

↓会員登録の方法の説明
http://premium.mag2.com/begin.html

↓申し込み画面。
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/magpre/frame/P0000018


↓購読誌の登録
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/00/P0000018.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/04/14
部数 27,556部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング