ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

161128 ビジネス知識源:番外:まぐまぐ大賞 投票のお願い


カテゴリー: 2016年11月28日
友人、知人、同僚、部下、上司、取引先への転送は自由です。
 <あなたとチームの、ビジネス知識と仕事の技法の向上>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       ビジネス知識源(本誌は、無料版です)
【良質な経営・ビジネス・IT・経済・金融・知識の提供を目標に】
              2016年11月28日:  Vol.番外

         <Vol.番外:まぐまぐ大賞2016 投票のお願い>

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
      HP: http://www.cool-knowledge.com/   
  無料版の登録/解除: http://www.mag2.com/m/0000048497.html
  有料版の登録/解除: http://www.mag2.com/m/P0000018.html
     感想/連絡:yoshida@cool-knowledge.com
                Systems Research Ltd. 吉田繁治
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

おはようございます。日頃、メールマガジンのご購読、ありがとう
ございます。一昨日、お送りした分、少し長文ですが、お読みいた
だけたでしょうか。

本稿は、『まぐまぐ大賞2016』への投票へのお願いです。

毎年ではなく、時々、行われているようです。
当方、近年は、毎回、忘れていました。

あとで、まぐまぐからの「入賞のお知らせ」で知って、あぁ、
やっていたのかと知るくらいでした。今回は、毎週のメールマ
ガジンを送るページに、掲載されていたので知ったのです。

投票すると、推薦したようにカウントされます。
下位入賞も癪(しゃく)なので、お願いする次第です。
↓(投票サイト)
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/form.html

なお、メールマガジンのタイトルは、以下です。
・「ビジネス知識源」(無料版)
ID:0000048497(ゼロは5個です)

・「ビジネス知識源プレミアム」(有料版)
・ID: P0000018(ゼロは5個)

入力項目は、
(1)ご自分の適当なニックネームや記号、
(2)推薦するメールマガジンのタイトル、
(3)そのメールマガジンのID、
(4)購読理由→5つから選択、
(5)推薦理由(とくに記述なしでもいい)、と簡単です。

少しお手間をかけますが、もし協賛してくださるなら、1人でも多
くの方に投票していただけるよう、よろしくお願いします。

                                2016年11月28日 吉田繁治記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【著者へのひとことメール、および読者アンケートの送信先】
yoshida@cool-knowledge.com

◎購読方法と届かないことに関する問い合わせは、ここにメール
 →  reader_yuryo@mag2.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■最近の有料版の目次です。

<834号:増刊:財政破産否定論についての見解(2)>
2016年7月11日:有料版・無料版共通

【目次】
1.異次元緩和の国債購入で、日銀に生じた損失はすでに8兆円
2.マイナス金利と、日銀の保有国債で生じる「償還差損」
3.日銀が債務超過になると、財務省が出資することになっている
4.中央銀行は、無条件で通貨発行権をもつのではない
5.通貨発行権が有効であるために必要な条件
6.円の対外信用は、為替レートで計ることができる
7.まだ知られていない、日銀の償還差損
8.問題は、日銀への増資が必要とされたときに生じる
【後記】

<837号:ヘリコプター・マネーによる、
               ベーシック・インカムの制度の検討(2)>
         2016年7月27日:有料版

【目次】
1.わが国のヘリコプター・マネーの、2つの歴史
2.異次元緩和はリフレにならず、
高橋財政はリフレに成功した理由
3.黒田日銀の異次元緩和は、2年目を目標にしたリフレに失敗した。
その理由も3つ。
4.退職後の将来への不安が、貯蓄率を高くしている
5.退職後と、失業の将来不安をなくすベーシック・インカムの制度
の提案
【後記:政府は28兆円の財政出動を決定した】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■1.有料版のご購読の案内

新年にちなみ毎週、質の高い論を展開する有料版はいかがでしょう。
(↓)毎週水曜日に送信され、料金は月間648円(税込み)です。
http://www.mag2.com/m/P0000018.html

(まぐまぐ有料版↓)
http://www.mag2.com/m/P0000018.html
(まぐまぐ無料版↓)
http://www.mag2.com/m/0000048497.html
【↓まぐまぐ会員登録と解除の方法】
http://www.mag2.com/howtouse.html#regist

■2.「まぐまぐの有料版を解約していないのに、月初から届かなくなった。」
との問い合わせが、当方にも多いのですが、ほとんどの原因は、クレジットカ
ードの「有効期限切れ」です。

なお、登録情報は、まぐまぐの『マイページ ログイン』の画面を開き、登録
していた旧アドレスとパスワードでログインして出てきたマイページで、
メールアドレス、パスワード、クレジットカードを新しいものに変更できる
仕組みです。クレジットカードの変更、送信メールアドレスの変更、パスワ
ードの変更などに使ってください

(マイページ・ログイン↓)
https://mypage.mag2.com/Welcome.do   
  または↓
https://mypage.mag2.com/mypage/creditcard/CreditCardMenu.do
新しいカードと有効期限を登録すると、その月の届かなかった分を含んで、
再送されます。

↓わからないときの問い合わせ先:
reader_yuryo@mag2.com
回答が来る時間は、休日を除く、午前10時から午後5時です。

【お知らせ】
新しいメルマガ配信サイトの『フーミー:Foomi』からなら、
(1)銀行振り込み、(2)携帯キャリア決済、(3)コンビニ決済で、
有料版の購読ができます。 
クレジットカードの登録がイヤな方はご利用ください(↓)
http://foomii.com/00023

ついでに読みたい

ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2016/11/28
部数 28,264部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング