ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

170915 ビジネス知識源無料版:システムトレードのプログラムへの挑戦(1)


カテゴリー: 2017年09月15日
 友人、知人、同僚、部下、上司、取引先への転送は自由です。
 <あなたとチームの、ビジネス知識と仕事の技法の向上>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       ビジネス知識源(本誌は、無料版です)
【良質な経営・ビジネス・IT・経済・金融・知識の提供を目標に】
            2017年9月15日:  Vol.372

      <Vol.372:システムトレードのプログラムへの挑戦(1)>

   テーマ領域: ボラティリティ理論に基づくプログラムトレード
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
                       HP: http://www.cool-knowledge.com/   
  まぐまぐ無料版の登録/解除: 
                       http://www.mag2.com/m/0000048497.html
  有料版の登録/解除: http://www.mag2.com/m/P0000018.html
          感想/連絡:yoshida@cool-knowledge.com
      Systems Research Ltd. 吉田繁治 合計 41624部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんにちは、吉田繁治です。しばらく送信が途絶えたことを、お詫び
します。

毎週の有料版の8月号では、「現代ファイナンス論」をシリーズで書い
ています。その過程で、4つのノーベル賞が与えられているファイナン
ス論を、改めて研究しました。

▼「会計(アカウンティング)」では、過ぎ去った過去の数字を複式
簿記に記帳し、損益計算(利益結果)や貸借対照表(資産と負債の対
称)を作成します。会社の経理担当が行っている、簿記と会計学の領
域がこれです。

▼ファイナンスは、元は、企業の資金調達のことです。資金調達は過
去ではなく未来のことです。「ファイナンス」では時間軸が、過去で
はなく未来です。意味がずれる「財務」という訳語しかない理由は、
わが国では、企業資金において、米国で発達したファイナンスの考え
が弱いからでしょう。

ファイナンスでは、わが国の多い借入金だけではなく、米国に多い株
式発行による資金調達を含むので、理論株価も数式化しています。

未来の資金を扱うので、金融論にもなっているのです。将来の資金を
在価値に還元する(NPV:Net Present Value)がベースになっていま
す。

現代ファイナンス論の元になっている考えは、金融商品(株価、株価
指数、通貨、金や原油を含むコモディティの日々の価格)の市場価格
は、
・長期では、理論株価の近くに収束して行く傾向はもつものの、
・1年以内の短期では、ブラウン運動をするということです。

ブラウン運動とは、水に浮かんだ花粉の動きのように不規則な、ラン
ダムウォークのことです。

1999年から2017年の、18年間の日経平均で、これを調べてみました。

(注)日経平均は、東証1部225社の、単純平均の指数です。「今日の
株価の合計÷225社の発行済み株式数」で日経新聞が計算しています。

ダウは、米国の、時価総額1位のアップルを含む大手企業30社の株価指
数です。米国のナスダックは約3100社の株価指数です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   <Vol.372:システムトレードのプログラムへの挑戦(1)>
                2017年9月15日:無料版

【目次】

1.ランダムウォークしている株価
2.エクセルの関数を使うプログラム作り
3.「修正BB法」のバックテストの結果(第一回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.ランダムウォークしている株価

18年の日数は、市場の開場日(週末と祝日は休み)では4697日でした。
(注)日経平均先物(225)は、24時間取引ができますが、データは、
開場日に合わせました。

前日比で上がった日と、下がった日をエクセルcountif関数で調べると、
上昇が2409日(51.2%)、下落が2268日(48.2%)でした。ほとんど
50:50の、サイコロの奇数、偶数のような「ランダムウォーク」です。

明日の株価が上がる確率は50%、下がる確率も50%であることを、見
事に示しています。もちろん、上げや下げが2日や3日、あるいは4日続
くときもあります。

2日続く確率は、0.5×0.5=25%(4回に1回)
3日続く確率は、0.5×0.5×0.5=12.5%(8回に1回)
4日続く確率は、0.5×0.5×0.5×0.5=6.25%(16回に1回)です。

価格のランダムウォークは、通貨(ドル/円)、金、コモディティでも
同じです。

長期での罫線の傾向(価格グラフの傾向)は、当然にあります。しか
し、日々の価格の変動は、ランダムウォークです。これは、9月15日に
1万9929円(終値)の日経平均が、明日上がるか、または下がるか、
50:50であることも示しています。

8月に、現代ファイナンス論を書いているとき、その前提に触発されて、
システムトレードのプログラムをエクセルで作ろうと思い立ちました。

株価指数の先物(日経225=日経平均の先物)での、短期での売りと買
いを示すサインを出すプログラムです。株価の確率変動を利用し、確
率的な変動率を利益にするプログラムです。

現物と同様、先物は、安い日に買って、高い日に売ると利益が出ます。
短期売買ですから、1回の売買での利益率は、2%から最大でも10%く
らいと小さい。損も混じります。リスクも低い、低い利益率を積み重
ねるプログラムです。

(注)限月(反対売買の期限日)が6か月の先物価格は、「現物価格+
期間金利」ですが、現在は金利が0%なので、現物価格とほとんど同じ
です。買うときと売るときは、資金は要りません。反対売買(清算)
のとき、売りと買いの差額が決済されます。損が出れば証拠金が減り、
利益なら増えます。

日経平均などの、株価指数の先物では、年間利益が、売買の平均持ち
高(ポジション)に対して30%と低くても、個人でも、最大33倍のレ
バレッジをかけることができます。

日経平均ラージ(1000株単位の売買:一回が約2000万円)の証拠金は
60万円です。最大売買額の3%です。ミニ(100株単位の売買:1回が約
200万円の)なら、証拠金6万円で始めることができます。

「先物取引は怖い」とする人が多いのは、利益もレバレッジで10倍、
33倍になりえても、損も10倍、33倍になるからでしょう。損益は同じ
倍数で、大きくなります。

現代金融のレバレッジは、一回の取引での利益は小さくても確実なも
のなら、安定的に大きな利益を得る取引方法になりえることを示すの
です。利益率は低く、確実であることが肝心です。利益率の低さは問
題ではなく、確実さが重要になったのです。

「システムトレード」での、
・確率的にランダムウォークする株価を、安い日に買い、
・高い日に売る短期売買のプログラムにより、
損の日を少なくするようプログラムを組める可能性があります。

年間52回(週1回)の清算で、30%(1回平均と0.6%)いう低い利益率
でも、それが確実なら、証拠金に対して、不安なく10倍や33倍のレバ
レッジをかけ、利益を大きくできます。

10倍なら300%(証拠金の4倍)、33倍なら990%(証拠金の10.9倍)と
いう高い利益額になります。

FX(通貨の証拠金取引)や金先物でも、レバレッジがかかることは同
じです。FXでは、個人は25倍、法人なら100倍のレバレッジまでが可能
です。

「ドル/円」や金価格も、1年以内の短期では、確率変動していますか
ら、株価のシステムトレードのプログラムが適用できるでしょう。
(注)変動のパターンの違いと、価格変動の標準偏差の大きさの違い
があるので、パラメータの調整は必要です。

■2.エクセルの関数を使うプログラム作り

まず、ヤフーファイナンスなどで、日々の始値、終値を18年分コピー
して、エクセルに貼りつけます。1回1か月単位なので、手間がかかり
ますが・・・。投資家700万人が追い、または賭けた血と涙のデータで
す。

そして、(1)20日(1か月)、75日、20日等の単純移動平均や、指数
平滑平均で分析し、(2)株価の標準偏差(変動幅のボラティリティに
相当する)もとって、実際の株価と比較しながら、トレードを決める
アイを考えました。

●安い日をどう決めるか。高い日をどうきめるか、です。株価の、売
買を行うトレーディングで利益を出す方法は、要は「安く買って、高
く売ること」以外にないからです。

(注)買って保有を続ける投資では、長期の値上がりと配当でしょう
が、システムトレーディングでは、最長でも、売るまでの3か月くらい
の保有です。売りから入れば、買って清算するまでの買い持ちです。

▼最初「修正BB法」を作った

移動平均と標準偏差を使うボリンジャーバンドは、広く知られていま
す。たとえば、20日や75日、または200日の移動平均(関数では、
average(列C1:列C19))をつくる。

そして20日(1か月)の株価標準偏差(STDEV(C1:C19))をとり、それ
を、√12倍=3.46倍して、年間の標準偏差(変動率)に変換し、移動
平均に、プラス・マイナスした幅が1σ(シグマ)の、ボリンジャーバ
ンドです。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&
ct=z&t=5y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=

ボリンジャーバンドが示すのは、長期変動です。長期ではシステムト
レーディングには向かないので、工夫したのは、短期化です。そのた
め「修正BB法(修正ボリンジャーバンド法)」と名付けました。

▼(1)売りのタイミング
[20日移動平均+20日標準偏差×係数1]・・・これが表すのは、この
数値より株価が上回る高値の出現確率は、16%ということです。

株価変動を正規分布とした場合、[平均+標準偏差]を上回るのは、
16%と予想できます。[20日×16%=3.2日]ですから、1か月のうち
3.2日が、この価格を上回る「高値」ということになります。

係数はパラメータであり、変化させます。係数を大きくすると、株価
の出現の確率は、減ります。小さくすると、増えます。

この高値のとき、翌日の始値で売るサインを出します。

▼(2)買いのタイミング
[20日移動平均+20日標準偏差×係数1]・・・これが表すのは、この
数値より株価が下回る安値の出現確率は、16%(1か月のうち3.2日)
と予想できます。この安値のときが、売りです。翌日の始値で売りま
す。

最初は、以上のように、きわめて単純なプログラムでした。しかし20
日移動平均では、うまく利益が出ません。標準偏差の係数も1ではダメ
でした。多くの人が、これに近いことを実行していて、株価が歪んで
いるのかもしれません。

いろいろパラメータを調整して、15日移動平均で、買いも売りも標準
偏差の係数では、1.20付近がいいことがわかりました。ただし、バッ
クテストをしてみると、利益最適になる係数は、年度で微妙に変化す
ることがわかりました。

(注)試行錯誤の過程を省いて、書いています。実際は、くだくだと
書かねばならないくらいの量の、エクセルの関数や利益計算の間違い
を含み、多くの時間のトライ&エラーがありました。開始したのは8月
初旬です。

■3.「修正BB法」のバックテストの結果(第一回)

バックテストは、過去の既知のデータを使い、最適利益のパラメータ
を求めるものです。各年度パラメータを最適にしたとき、以下の結果
になりました。

調整パラメータは、(1)移動平均の期間、(2)標準偏差に掛ける係
数と、(3)最大保有ポジションです。

各年度で、売りまたは買いの回数が超過するときは、年度の売買額が
ほぼ同じなるように、買い倍数、または売り倍数で、調整しています。
売りの回数が2倍なら、買いの金額を2倍にする方法です。

売買の時期によって株価が違うので、厳密には一致しませんが、ほぼ
一緒になります。

買いのサインが出たとき、その翌日の始値付近で買い、売りのサイン
が出た日は、同じく翌日の始値で売るだけであり、人間の判断は加え
ません。使う時間は、新しい株価データ入力や利益、損失の確認などで、1日30分程度でしょう。

システムトレードは、人の判断がなく、片手間に行うことができます。

【前半8年のパフォーマンス:第一回試算】

     年度             売りと買い   利益/ポジション         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1999年8月~2000年8月   売買 76回   年間利益率61%
2000年8月~2001年8月   売買 61回   年間利益率65%
2001年8月~2002年8月   売買 68回   年間利益率21%
2002年8月~2003年8月   売買 90回   年間利益率46%
2003年8月~2004年8月   売買 61回   年間利益率47%
2004年8月~2005年8月   売買102回   年間利益率45%
2005年8月~2006年8月   売買 87回   年間利益率36%
2006年8月~2007年8月   売買 61回   年間利益率81%
2007年8月~2008年8月   売買147回   年間利益率 -6%
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修正BB法で、各年度の最適パラメータに調整できれば、上記の表のよ
うに、高い利益率が上がります。

・利益を投資に回さない単利でも、平均年率50%くらいの利益率です。
利益が出た7年で350%(元金の4.5倍)の単利になります。

・利益を投資に回す複利なら、1.5の7乗ですから、1700%(18倍)で
す。100万円が1800万円に、1000万円なら1.8億円です。レバレッジを
かければ、そのレバレッジの倍数が加わります。「驚くべき利益」が
実現します。

たとえば、初年度の1999年8月~2000年8月は、2000年4月の米国ITバブ
ル崩壊のときであり、日経平均も1万8000円から1万3000円にまで5000
円(28%)下げています。しかし、最適パラメータのシステムトレー
ドでは、売持ち・買持ちの、年間平均ポジション金額(92,339:約6
枚)に対して、61%の利益です。

先物で普通の10倍のレバレッジなら、1年間で証拠金に対して611%
(7.11倍)の利益になります。1000万円が7110万円と聞けば、これは
大きいでしょう。一回は数%の少ない利益を積み重ね、それにレバレ
ッジを掛けた結果です。(注)繰り返しますが、以上の利益は、「年
度の最適パラメータに調整」できたときです。

【修正BB法では利益が出なかった年度:07年8月~08年8月】
2007年8月から2008年8月は、修正BB法のパラメータ調整では、年間利
益が上がりませんでした(利益率は-6%)。

この年度は、最低価格7198円から、最高価格1万1339円までの、幅を変
動しています。1日の価格変化の平均は253円(2.8%)です。標準偏差
では2.59%です。

単純移動平均を、実績への追随性が早い指数平滑平均(加重移動平
均)に変えて、やっと、14%の年間利益が出ました。

修正BB法には、大きな可能性があることがわかりました。課題は、
「どのようにし、年度内の最適パラメータに調整するか」です。

ベストではなくても、次善なら、いろんな方法があります。

(1)利益が出なくなった時点で、損失の原因を分析して、パラメータ
を再調整して、その後の売買を行う。
(2)3か月くらいのサイクルのバックテストで、パラメータを最適に
して、次の3か月に適用する。

以上、本稿で書いたのは、8月の中旬までの過程です(利益計算の間違
いは修正しています)。次号では、それ以降の試行や、他の方法も書
きます。実際のデータを、システムにとっては未知のデータとするフ
ューチャー・テストもしなければなりません。

有料版では、システムトレードのヒントを与えてくれた現代ファイナ
ンス理論から6回くらいのシリーズで書いています。本稿はその概要で
す。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ビジネス知識源アンケート:感想は自由な内容で。
                                   以下は、項目の目処です】

1.内容は、興味がもてますか?
2.理解は進みましたか?
3.疑問点、ご意見はありますか?
4.その他、感想、希望テーマ等
5.差し支えない範囲で、あなたの横顔情報があると、今後のテーマ
と記述のとき、より的確に書く参考になります。

気軽に送信してください。感想やご意見は、励みと参考になり、うれ
しく読んでいます。時間の関係で質問への返事ができないときも全部
を読み、希望が共通のものは、記事に反映させるよう努めています。

【著者へのひとことメール、読者アンケートの送信先】
yoshida@cool-knowledge.com

◎購読方法と届かないことに関する問い合わせ先
 → reader_yuryo@mag2.com
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■1.有料版のご購読の案内

最新の有料版の目次ですが、目次だけで、相済みません・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<894号:常識と異なるところのある現代ファイナンス理論(1)>
                  2017年8月9日:有料版
【目次】
1.ファイナンス一番の基本であるDCFの理論から
2.株価の評価(=株主資本価値)でも、DCF法が使われる
3.債券の評価もDCF法である。
4.ランダムウォーク仮説
5.金融商品の不確実性を計る、標準偏差(ボラティリティ)

<895号:常識と異なるところのある現代ファイナンス理論(2)
              2017年8月17日:有料版
【目次】
1.ボラティリティ・インデックス(VI:変動幅)の意味
2.オプション価格の理論
3.オプション価格を決めるブラック・ショールズ方程式
4.ボラティリティを減らす方法がポートフォリオ
【後記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎週、質の高い論を展開する有料版はいかがでしょう。
(↓)毎週水曜日に送信され、料金は月間648円(税込み)です。
http://www.mag2.com/m/P0000018.html

(まぐまぐ有料版↓)
http://www.mag2.com/m/P0000018.html
(まぐまぐ無料版↓)
http://www.mag2.com/m/0000048497.html
【↓まぐまぐ会員登録と解除の方法】
http://www.mag2.com/howtouse.html#regist

■2.「まぐまぐの有料版を解約していないのに、月初から届かなくな
った。」との問い合わせが多いのですが、主因は、クレジット・カー
ドの「有効期限切れ」です。

『マイページ ログイン』の画面を開き、登録していた旧アドレスとパ
スワードでログインし、出てきたマイページで、クレジット・カード
を新しいものに変更できる仕組みです。メールアドレスの変更やパス
ワードの変更などにも使ってください

(マイページ・ログイン↓)
https://mypage.mag2.com/Welcome.do   
  または↓
https://mypage.mag2.com/mypage/creditcard/CreditCardMenu.do
新しいカードと有効期限を登録すると、その月の届かなかった分を含
んで、再送されます。

↓わからないときの問い合わせ先:
reader_yuryo@mag2.com
回答が来る時間は、休日を除く、午前10時から午後5時です。

【お知らせ】
新しいメルマガ配信サイトの『フーミー:Foomi』からなら、
(1)銀行振り込み、(2)携帯キャリア決済、(3)コンビニ決済で、
有料版の購読ができます。 クレジット・カードの登録がイヤな方はご
利用ください(↓)
http://foomii.com/00023



ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/15
部数 26,975部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2017/09/15
部数 26,975部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング