武道通信かわら版

武道通信かわら版5月20日 通算432号


カテゴリー: 2018年05月20日
==============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────5/20 2018 通算432号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
///////////////////////////////////////////////////////////////

6.12シンガポール 米朝首脳会談
片や
6・12台湾 “米国大使館”設立祝賀会

蚊帳の外で ケッコウ ケダラケ 
つんぼ桟敷で ケッコウ ケダラケ 

その間に
日本列島の池の水をセッセと抜こう
外来種を駆除し
在来種を守る
縄文の世の日本列島に戻そう

100%純化が
いまある世界の<宗教・独裁・貧困>紛争
の火の粉を払えるか
実験してみよう


   …………………………………………


1  お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎朝鮮総連破産で拉致被害者救出を!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!
  ◎人間は自国の基底文化から離れられない
  〈その3〉日本の中枢に浸透した 国連から「家庭破壊のフェミニズム」
            ――すべての男は敵とする過激なハラスメントーー
4  忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎武士道、二つの一里塚「攘夷・開国」
    ──日本列島固有種[武士]を考究する


■お知らせ───────────────────────────

一、 『読書余論 合本 number48~95』(48ヶ月分)刊行

       「読書余論」有料配信が終了する5月25日。それから1週間後の
    6月1日に『読書余論 合本 number48~95』(48ヶ月分)刊行
    電子書籍<number1~47>(2006-7月~2010-5月)に続く各月配信
    (2010-6月~2014-5月)の合本。価格は同じく2800円

    本日より予約申し込み開始。メールにて杉山頴男事務所に
    sugiyama@budotusin.net
    件名「読書余論 合本48~95 注文」
    事務所より応答メールがありましたら振込みを
    三菱東京UFJ銀行 国立駅前支店 普通3765873 
    有限会社 杉山頴男(ヒデオ)事務所 

    *つづくnumber96(2014-6月)~143(2018-5月期)(48ヶ月分)
         は随時、刊行予定。<補>各月の目次は武道通信HP[兵頭二
     十八 私塾・読書余論」のバックナンバーを参照
    
二、  「読書余論」は以後も毎月25日配信。
     武道通信HP「今月の読書余論」にUPされ無料
     従来の「告知版」を廃止し「今月の読書余論」に看板替え
   
三、  軍学者の新刊 
   『空母を持って自衛隊は何をするのか
      ---朝鮮半島危機後の安全保障を再考する』 
       5月29日発売 税込み1890円  徳間書店

   たちまち重版の
   『AI戦争論──進化する戦場で自衛隊は全滅する』 
    飛鳥新社 税込み1500円
      もさらに進撃中!


■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《186》─────────

                                             加藤 健

朝鮮総連破産に関して金融庁が、誤解を招く説明で反対しています。い
ま事実上の債務免除状態なのに、一生懸命回収しているフリをしていま
す。血税投入の過去を知られたくないのか?

 ◎朝鮮総連破産で拉致被害者救出を!


★ 英テレグラフ紙に感謝!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、米朝首脳会談が確実に開
催されるか分からない状況になってきましたが、今が拉致問題の正念場
であることに変わりはありません。
そんな折、イギリスの一流紙デイリー・テレグラフが拉致問題を大きく
報じるとともに、米朝首脳会談で人権問題を取り上げるよう求める記事
を出してくれました。筆者は、過去何度も私の記事を書いてくれている
ジュリアン・ライアル記者です。フェアと思いやりを重んじる英国紳士
らしい正義感溢れる記事。英語圏有力メディアが拉致問題を取り上げて
くれたことは、本当にありがたい!
https://www.telegraph.co.uk/news/2018/05/10/dont-forget-foreigners-
trapped-north-koreas-prison-camps-human/
日本語版はヤフーニュースに出ています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00010000-clc_teleg-int

記事の最後に、拉致問題を取り上げるようトランプ大統領にダメ押しする
私のコメントが紹介されています。1944年に赤十字社がナチのテレー
ジエンシュタット収容所を訪れ、ユダヤ人収容者が幸せそうにオペラを演
じるのを見学した話を持ち出しました。赤十字社が帰ったあと、用済みに
なったユダヤ人はアウシュヴィッツに送られ殺されました。もしトランプ
大統領が拉致などの人権問題を持ち出さなかったら、後世の歴史家から赤
十字社同様に非難されることを匂わせました。

こうした話は欧米人に効きます。たとえば北朝鮮人権問題を調査する国連
調査委員会(COI)設立のため運動していた6年前、私が加盟する国際
NGO連合の弁護士がニューヨーク・タイムズ紙に「アメリカはアウシュ
ヴィッツに向かう線路を爆破しなかった。あの過ちを繰り返すな」という
論文を載せ、話題になりました。そして2013年、アメリカ国務省の全
面バックアップを得て日本外務省が国連人権理事会で発議し、COIが設
立されたのです。
http://kenkato.blog.jp/archives/1867310.html

実際のところ日本人の感覚だと、戦争の真っ最中に人道目的の軍事作戦を
「行わなかった」ことが、70年後も非難されるほどの重過失には思えませ
ん。しかし欧米人にとって、ホロコーストの問題はそれほど重いのです。
デリケートさに注意するとともに、さりげなく活用したいものです。


★ 金融庁の説明は誤解を招く!

安倍総理はトランプ大統領に拉致問題提起を要請しましたが、日本人拉
致被害者を救出する主体はあくまで日本です。アメリカではありません。
私たち日本の一般国民も、帰国できる拉致被害者を一人でも増やすため
出来る限りのことをしたいものです。中でも効果的なのは、朝鮮総連破
産申立ての機運を高め、北朝鮮外務省に「金ヅルの総連を守るため、解
放する日本人の数を増やすか。仕方ない」と思わせることです。

ところが朝鮮総連破産に関して、金融庁が反対する立場から「合法的な
債務免除になってしまう」という誤解を招く説明をしていると聞きます。
狭い意味で嘘とまでは言えませんが、実態と異なります。

実際には朝鮮総連を破産させても、関連企業・個人の債務は消えません。
引き続き債権回収できますし、破産管財人による強制調査(黙秘権がない
ほど強力)の波及効果で進展する可能性があります。そもそも関連企業・
個人の債務は、朝鮮総連本体の債務とは別なのです。そして「朝鮮総連」
の中で、回収できる資産を持っているのは傘下法人です。

たとえば昨年末、朝鮮総連直系の保険会社・金剛保険が、強制執行妨害容
疑で強制捜査されました。8000万円を口座から引き出し、差押えを逃
れたのです。
金剛保険が朝鮮総連傘下企業であることは、総連自身が堂々と認めていま
す。なんとなくイメージ的には、朝鮮総連が破産すると破産管財人の管理
下に入りそうです。たとえば一般企業が破産すれば、その会社の総務部厚
生課の銀行口座は当然のことながら破産財団の一部です。ところが朝鮮総
連は強制執行逃れのため、傘下企業を別個の法人にしているので影響を受
けないのです。
金剛保険の債務はRCCが東京朝銀から引き継いだ10億円で、朝鮮総連
への支払い命令判決とは別です。債権回収はずっと続きます。銀行口座に
8000万円あったような会社ですから、回収できる可能性があります。

いっぽう朝鮮総連は910億円の債務を負っているのに、朝鮮大学校の1
00億円の土地を無抵当で所有しています。RCCの権限は弱く、今のま
ま10年やっても20年やっても脱法行為の壁に阻まれて回収できません。
いま現在が、事実上の債務免除状態になっています。
次のステップに移るべきです。破産管財人が破産法に基づく強制調査を行
えば、チャンスが生まれます。


★ たかが数億円がどうした!

朝鮮総連破産について、「少しは回収できるからもったいない」という
反対意見もあります。朝銀破綻で日本国民が払わされた1兆3453億
円から見たら0.5%にもなりませんが、本部ビル競売等で過去10年
に五十数億円回収できたことは事実です。今後は絶望的ですが、それで
も幾らかは回収できるでしょう。

しかし忘れてはならないのは、多額のコストがかかっていることです。
現在RCCに朝鮮総連担当者が40人強いますが、人件費だけで今後
10年で数十億円支出することになります。

そして何よりも重要なことですが、総連破産を「やれるのにやらない」
ことが、拉致問題解決の重大な障害となっています。北朝鮮の侮りを招
いています。北朝鮮に、「拉致だって朝銀と同じ。放っておけば何とか
なるさ。現に本部ビルにそのまま居座れたじゃないか(笑)日本は甘い
んだよ」と思わせているのです。

北朝鮮の立場に立って考えれば明白です。例えば毎日500万円ずつ、
つまり1週間で3500万円、1ヶ月で1億5000万円返済するとし
て、1兆3453億円を返しきるには、利息を免除してもらっても73
7年かかります。鎌倉時代の元寇の頃から返済し続けて、やっと今年終
わるほどです。それだけの額を日本人に払わせて、千代田区に堂々と本
部を構えられるのですから、ナメるなというほうが無理な話です。

北朝鮮が日本に向ける関心の大部分は「カネ」です。そのカネに関して
甘い対応をすれば、すべてに悪影響が及びます。何の罪もない拉致被害
者がツケを払わされています。いますぐ破産を進めるべきです。


★ 岸田文雄座長にメールを!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。自
民党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチームの岸田文雄座長にメール
を送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政策にしてください」と要請
していただきたいのです。短い文章で大丈夫です。

送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」
と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/

岸田座長は前外務大臣です。世界各国に厳しい対北制裁や断交を求めた
張本人です。朝鮮総連の野放しは、岸田座長自身の信用に関わることで
す。すぐに実現してもらいましょう!



■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!  《65》──────────
                               
                                              鎖帷子剣士


 ◎日本の中枢に浸透した国連から「家庭破壊のフェミニズム」
  ――すべての男は敵とする過激なハラスメント――


★大東亜戦争後しばらくは、
    「売春は悪」と庶民の女性は思っていなかった
 前回は福祉国家スゥエーデン社会に見る男女の対立と社会の荒廃を
国連統計の犯罪数値を参考に、日本との対比に加え、「駆け込み寺」
の実態と、江戸期の離婚率・再婚率の高さを現代と比べてみましたが、
今回は、江戸の遊女は決して性奴隷ではなかったことを紹介します。
 それは、今日的問題である、いわゆる「軍慰安婦」と吉原はじめ戦
前期の遊女・女郎との誤解の類似点にこそ、我々の無知からくる大き
な思い込みの誤りが、隠されているからなのです。

 かく言う私も、自らの思い込みの寄って来たる由縁に気付かず、現
代の道徳倫理観と、近代の映画や小説の媒体を通して、遊女をみてい
たことを思い知らされました。
 結論から言ってしまうと、実は大東亜戦争後すぐくらいまでは、売
春が汚らわしいなどとは、庶民の女性は思っていなかったのです。
 現代の倫理観からは、強い抵抗を感じる人々が一般的でしょうが、
当の女性が売春に対する抵抗がなかったものですから、騙したり誘拐
したりしなくても、江戸の遊女屋は女の子の確保がたやすくできたの
が事実のようです。

 これをもってして、当時の女性を「お気楽」、「淫乱」ととらえる
ようでは、さらなる偏見と大きな冒涜をおかすことになります。
 これらの事実は、『吉原の真実・知らないことだらけの江戸風俗』
―秋吉聡子著に、多くの古文書の探求をもとに見えてきた、新たな
「江戸吉原」の姿として書かれています。

★「吉原は地獄」というイメージを煽った廃娼運動家たち
 近年に至り、最初に吉原を地獄のような所だったと印象付けた人た
ちは誰だったのでしょうか。
 それは、キリスト教団体等を中心にした廃娼運動家の人たちでした。
ここで私も著者同様に申し上げておきますが、キリスト教が「売春は
悪だ」と植え付けたから、日本文化がおかしくなったなどと言うつも
りはありません。

  廃娼運動に携わった多くの人々は、純粋な気持ちで活動していたの
だろうと思います。明治以降、売春に従事する女性を娼妓と称しまし
たが、救世軍や矯風会などのキリスト教系廃娼運動家は「醜業婦(し
ゅうぎょうふ)」という言葉を発明し、「売春業は恥ずべき職業」と
いうイメージ操作を行いました。
 また維新政府も、徳川以来の欧米諸国と一方的に締結された、各種
不平等条約や治外法権の撤廃のために、日本は西洋理念と道徳価値観
を一にする近代国家として歩み始めたことを世界に誇示するためにも、
帯刀禁止令、断髪令、男女混浴の禁止など、文明国であることを示す
一連の立法化に組み込まれ、やっと1957年(昭和32年)の施行から
1年の猶予をもって「公娼制度」は完全に廃止されました。

 実に長い長い時間がかかり、紆余曲折をへた人類史に伴う大問題も、
結局建前と本音に例えられるように、90万筆の署名を集めた売春防止
法も、対象者たちは地下へ潜っただけの現実なのですが、この運動は
二つの大きなグループに分けられるようです。
 一つは先に述べた、キリスト教の複数の団体を中心にした「売春行
為は悪だから、売春を全面禁止にしたい」グループと、もう片方が、
「政府が公に売春を認めていることは外国に対して恥ずかしいから、
政府公認だけ止めさせたい」というグループです。

 この二つのグループによる廃娼運動の盛り上がりの中に、さらに、
社会主義活動家がこの運動に合流して行きます。
 「売春は悪なのはわかる。しかし、売春を禁止したら強姦事件や隠
れ売春が増えるから公的に管理したほうがいい」と主張する現実的存
娼派に対して、社会主義者が合流した廃娼派は「金で性を蹂躙される
奴隷のような扱いを受けている」と、女性の人権を主張し始めました。
これらの人たちに共通すること、それは比較的富裕な階層の人たちが
廃娼を論じていたことです。

★「可哀想」では済まない「軍慰安婦」と吉原女郎、誤解の類似点
 『女工哀史』などの社会主義運動の勢いを借りながら、廃娼運動家
たちは大正時代末に、実在の元女郎の日記や、証言集を出版しました。
これらの本は、廃娼運動の宣伝材料になったことは勿論ですが、現在
の遊郭研究の参考文献にもなっていったのです。
 廃娼運動家の人たちは、売春婦を可哀想に見せることに重点を置い
て行きました。しかし、終戦までは、廃娼運動家によるこういった
「遊女さんは可哀想キャンペーン」は庶民には浸透しなかったのです。

 日本全体が貧しく、遊郭や遊女が公的に存在する中、彼女たちやそ
こで働く人々の実態の現実は、ある程度外部に知られており、丁度、
兵営の実態や、そこでの生活が、戦後一方的に映画やメディアによっ
て描かれ語られる兵隊像が、現実の彼らの実生活や感情と、大きく乖
離しているのと同様です。

 そのような現実をよそに、「売春婦さんは可哀想」だけが大きく戦
後世間に吹き込まれ、遊郭を題材にした学術研究・小説・映画の多く
が「遊女さん可哀想史観」と「売春は悪」思想に基づいて作られてし
まいました。現在、世間一般の売春に対するイメージは、戦後の創作
物そのものの世界といえます。
 戦後生まれの我々自身に、「娼婦とは自分の意思で就く職業である
はずがなく、救済されるべき奴隷」という先入観が、抜き差しならぬ
程に固く定着しています。
 
 まさにそういった認識の上で語られているのが、「慰安婦問題」の
一面であり、日本も含めアジア全体が貧しい時代に、「稼ぎたい」と
いう庶民女性の単純な願望を無視して、戦後に作られた売春婦のイメ
ージで慰安婦問題を理解することは、「河野談話」のような取り返し
のつかない愚を政治家が犯すことになり、子々孫々にわたり、日本の
名誉を著しく傷つけてしまいました。「可哀想」だけでは済まないの
です。

 著者・秋吉 聡子さんは『吉原の真実』で、大きく三つの一般的な
誤解に、古文書探求から答えています。
1、 吉原の遊女は閉じ込められていて自由がなかった?
2、 吉原の遊女は酷い環境や条件で働かされていた?
3、 吉原の遊女は悲惨な末路をたどった?
解答は、一般的には全てNoです。
「遊女奉公は十年を限りとす」という法律を始め、なぜ禿(かむろ)
と称する幼女が廓(くるわ)にいるのか? 幼児虐待ではありません。
 彼女たちは概ね27歳で奉公明けの人生を、長唄や三味線や踊りの
お師匠さんとして、将来、自立して行く必要があるのです、そのため
に、禿時代に先輩芸妓から芸事や行儀作法の習得に励んだのです。
 詳細は、『吉原の真実』を参考にして下さい。

 現代の日本では売春は違法なことですが、かって日本が売春を合法
にしていたのは、日本男性が女性蔑視をしていて性的モラルに欠けて
いたからではありません。「売春は悪」の概念は、買収防止法制定以
前の廃娼運動が広く一般に行き渡らせたものです。
 明治の元勲たちの奥方が、名だたる高級芸妓出身であった過去があ
り、外国駐在においても優れたフアーストレディぶりを、その才知と
美貌で示しています。大変な教養人であり才女の誉は、現代人の一般
的教養などでは遠く及びません。精神性も志も、遥かに高いのです。

★「制度としての家族」に対する根源的否定に隠された恐るべき意志
 こうして過去の日本社会の実態を文献等でみてゆけば、日本は男尊
女卑の世界であるという通念は、明治以降に強められ作られた特殊な
一時期を除けば、よほどおおらかな世界であり、日本の社会や文化は
男女の関係を、西欧社会のような二元的な対立関係には置いていない
のです。
 ましてや、家族は支配機構であり、支配―非支配という観点からの
み理解できるとする左翼思想(共産党宣言を読んでみて下さい)とは
まったく無縁であり、今日でも40パーセントの国民がなんらかの形
で「家族」を「一番大切だ」と思っています。
 それが60歳以上になると、「家族・子供」が一番大切だと答える
人が、なんと90パーセントに跳ね上がります。(2000年総務庁調査)

 『侍女の物語』にみるような、女性は子孫を残すための道具とみな
すような、唯物的な虚構の世界を阻止するためにも、また国連のよう
な機関が勝手に発する傲慢な、日本に対する余計なおせっかいを拒否
するためにも、我々自身が先祖から連綿と受け継いできた、無意識と
もいえる「命をつないでいく社会の基本単位としての家族」の概念を
守るには、古典や神話を基本とした読書の積み重ねが、民族の精神的
寓意を読み取る、大事な知的作業だと思うのです。

 『侍女の物語』が語る全体主義の恐ろしさは、秘かに、大っぴらに
やってきます。「男女共同参画」に費やす国家予算は、自衛隊予算の
1.5~1.6倍を過去3年間平均が示しています。
 国会が沈黙し、メディアが実態を隠したまま、全国津々浦々、我が
町の市役所にも「男女共同参画コーナー」があり、おびただしい蔵書
が、公費を費やし展示されています。
 「性的自由が自由の根源」だの「家族という病」だの、一般国民の
感情とかけ離れた、制度としての家族に対する根源的な否定と、日本
に対する歪んだ歴史観を読めば、彼等の隠された意思を頓悟できます。
これらの著書は必ずと言ってよいほど、日本に対する歪んだ歴史観と
セットになっています。歴史観とは自己に対する鏡(鑑)なのです。

★グローバリズムは共産主義だと知らない日本人
 「男女共同参画」にお金かけたっていいじゃない、という意見があ
りますが、性道徳を嘲笑し女性の自立と解放を語るジェンダーフリー
のヒューマンな語り口に、何の疑問もいだかない「脳内お花畑」の人
々は多いのです。
 ジェンダー思想とは、ドイツ・ワイマール共和国(1919~1933年)
の時代に、フランクフルト大学に拠ったマルキストたちが、西ヨーロ
ッパ共産革命の失敗を思想構造の敗北と総括したまま、ナチスの政権
掌握にともない、彼らの多数がアメリカに亡命します。
 彼らはルーズベルト政権の要所を乗っ取り、日本敗戦後はGHQと
ともに日本に乗り込んで、敗戦国「日本の破壊」を指導しました。

 何を根拠に? などという方は、少なくとも「ヴェノナ文書」位は
読んでおいてください。何度もヴェノナ文書には触れてきたので、今
回は省略しますが、1929年、スターリン支配下のソビエトで公式出版
された『革命ロシアにおける恋愛・結婚・家族の問題』において、「
……いわゆる結婚なるものは国家と共に将来消滅するであろうと一般
的に認められている」、さらにさかのぼれば、1919年、「婦人労働
者会議」の席上でのレーニンの発言、「……家庭労働は、婦人の進歩
に助力し得る如何なる要素も含んではいないのである」……もう十分
でしょう。

 共産主義思想は、グローバリズムにカモフラージュされた、国連の
皮を被った外来思想であって、文化破壊、国家破壊の意思を込めた、
恐るべき謀略活動が正々堂々と、公的機関を通して、日本国民を洗脳
しようとしていることに、少し頭を働かせれば誰でも気付きます。
 その片棒担ぎの男女がメディアにのさばり、あたかも最新のモード
ファッションのごとくに、出版界で奇抜な自己主張を展開しているこ
とに、活動資金の潤沢さに、國民が疑いの目を持つのは当然でしょう。
「自由を放棄する結婚とか家族は、束縛以外の何物でもない」とする、
利己的な彼等彼女等は、日本の文化も歴史も無知のまま、日本人を舐
めきっています。

 人類が人類であるかぎり、危機は必ずやってきます。旧軍の教育機
関、あるいは第一線の小・中隊長の証言は「強兵は健全なる家庭より
いずる」は共通した実感であり、これは現自衛隊でも同様であり、民
間航空のパイロットでも同じです。両親の豊かな愛情のもとに育った
若者は、危機に臨んで緊張はしてもビビらないのです。
 家族の絆が強固では、「階級闘争」が持ち込めません。
 
 緊急事態に立ち向かう、利他の心を持った勇敢な男女の存在は、人
道主義をかかげ、全ての差別に反対し、国境をなくし、世界金融経済
による、『世界統一理念』の前には邪魔な存在なのです。
 彼等はとりわけ軍隊や武を嫌い、大いに利用するかわりに暗殺や粛
清にこだわります。彼等にとっては、『一部の選民』のみが勇敢で知
的であればよいのです。それゆえに、ごく身内の家庭教育はしっかり
と、厳格に行っている筈です。
 憲法9条第2項を日本國民に与えた理由が、これでも解かりますね。
 
★旧約聖書・創世記に書かれた、男女対立の深い悲しみ
 国歌「君が代」のきみは伊邪那岐の「き」、と伊邪那美の「み」の
合成による男女の総称であり、それが天皇であると、古代から日本人
の感性は捉えていたのです。
 天皇は母性を合わせ持ち、武家が武威をもってしても天皇に代わる
ことはできないのです。家族の崩壊した近未来の世界なぞ御免こうむ
ります。

 西洋化された表面社会の下から、本物とにせ物を見分ける能力、日
本國家の将来を形成していく力についての知識は、「古事記」以下の、
古典にあります。武士道を知りたければ「平家物語」を、声を発して
読んでみて下さい。
 国連から発せられる宣伝の恐ろしさは、たえず感情に働きかけ、知
らず知らずのうちに、自分たちの本性と矛盾することを信じ込まされ
るところにあります。「グローバリズム」を唱える日本のオッチョコ
チョイ男女達に、厳しく用心しなければなりません。

 古事記の國生み神話とともに、旧約聖書の説く創世記も読んでみて
下さい。創世記3章第16節「……あなたは夫を恋い慕うが、彼は、
あなたを支配することになる。……」、同じ霊的に対等な存在である
女を男が支配するとは……、楽園追放に加え更に深い悲しみが胸にせ
まってきます。

 伊邪那岐の神が「あなにやし、えおとめを」(あなたは、なんてい
い女なんだろう!)、伊邪那美の神が続けて「あなにやし、えおとこ
を」(あなたは、なんていい男なんでしょう!)と仰せになり、二柱
の神は國をお産みになるにあたり、お互いを褒める言霊(ことだま)
をお交わしになったのです。なんと溌剌とした、健康と若さと生命の
躍動が、時空を越えて、まぶしく光り輝き溢れているではありません
か!
 日本人の世界観の根底には、先祖を通じて、霊界と人とのつながり
を感じている、魂の安らぎがあるのです。日本人は決して無宗教では
ないのです。



■忙中閑あり《378》───────────────────────

                         杉山頴男


 ◎武士道、二つの一里塚「攘夷・開国」
    ──日本列島固有種[武士]を考究する


 日本國の歴史をザックリ云えば「攘夷・開国」。そのむかし「読書余
論」の一言がグサッと刺さった。
「攘夷・開国」の<相克、ジレンマ>の蓄積。コレが日本列島精神地層
のDNAとなる。
 先の「開国」早々、ユーラシア大陸総面積4%の島国が、18%の支
那帝國と、30%のロシア帝國に勝てた理由はココにある。

 ユーラシア大陸の端の島国には、ユーラシア大陸の北から西から南か
ら“漂流物”が流れ着く。オセアニア大陸からもヤシの実も。
 <人>の情報、<物>の情報を携えて。世界の無尽蔵を知った。

 海岸線からすぐ森林につづく日本列島“奇跡”の地形は、海と山の幸
の狩{かり}。日本列島固有種[武士]の原型は海と山の狩人。戦さ場は
「海」と「山」。「海」と「山」の二刀流。
  日本列島固有種[武士]の原型は“漂流物”から情報を得ていた。

 ときは流れて平安京。もういい加減、唐風流行りは止めましょう。
「大和魂」があるじゃないですかと紫式部。「攘夷・開国」の<相克と
ジレンマ>の中で大和魂を探し出そうとした。
 
 貴族の文科系<相克とジレンマ>は、武士の体育系<相克とジレンマ>
にも引き継がれる。
 信長→秀吉→家康の天下人の「攘夷・開国」<相克とジレンマ>は目
一杯に膨張。ゆえに戦国物語は武士の記憶の遺伝子を継ぐ者の琴線に触
れる。
 
 泰平の下での「国学」興隆は、文科系の<相克とジレンマ>。
 幕末、体育系の<相克とジレンマ>が目一杯に膨張のはご存知の通り。

 いっときの軍需特需(第一次世界大戦)で、武士の道の、二つの一里
塚「攘夷・開国」を忘れた結果の大東亜戦争敗戦。
  
 風向が変わる二つの季節風が。支那海から太平洋から吹いて来た。
 大昔からの、この島国の「攘夷・開国」の<相克とジレンマ>に、し
かと向き合うときが来た。


////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/06/20
部数 966部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/06/20
部数 966部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング