武道通信かわら版

武道通信かわら版 6月20日号 通算336号


カテゴリー: 2017年06月05日
===============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────6/5  2017 通算336号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

      10数年前、“アカイ”おばさんが街頭演説
          スイスを見習いましょう
     永世中立国。軍事同盟のない国。日米軍事同盟反対

        スイスは世界一の核シェルター普及率
      翌年から国立市大学通りの地下を掘っての大工事
        当然、核シェルターと思いきや
        貯水場までつなぐ下水道の幹線工事
      嗚呼、核シェルター兼用にしておけば

         北Koreのフェイク核でなく
   Chinaが東京皇居のめがけて水爆を発射する可能性大
        迎撃ミサイルのSM3もPAC3も
            打ち落とす可能性小

         デキの良い中学生は覚悟している
         二度目の核被爆国になることを
       “アカイ”おばさんらの罪は深すぎる

        …………………………………………

1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎モンゴルに北朝鮮労働者を追放させよう!
3  忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎米支戦争。自衛隊は雑兵になるべからず
     ──兵頭二十八を[おさらい]する


■お知らせ───────────────────────────

一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
     6月期(132 回)は6月25日配信 
     目次は告知版 http://p.tl/fy2P
     兵頭二十八 私塾・読書余論
     http://www.budotusin.net/yoron.html

       ………………………………………………

■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《166》─────────

                                      加藤 健

モンゴルが北朝鮮労働者を追放すれば、金正恩はガックリきます。一人
でも多くの方がメール送付活動にご協力くださることを願っています。


  ◎モンゴルに北朝鮮労働者を追放させよう!


★ モンゴルは北朝鮮と縁を切れ!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、以前から各国に北朝鮮労
働者問題を訴えてきましたが、最近になって確信犯二国(中国・ロシア)
以外は続々と追放に踏み切っています。例えば韓国の聯合ニュースが5月
29日に報じたところによれば、ブルガリア、チェコ、ルーマニアの旧東
欧圏三国が、北朝鮮労働者の雇用中断を決定しました。またアメリカ政
府公式放送局VOAによれば、セネガルも北朝鮮労働者に対するビザ発
給を停止しました。そればかりかセネガル当局は、国内で事業展開して
いた北朝鮮企業を核開発資金提供の疑いで捜査していると、国連の北朝
鮮制裁委員会に報告しています。

ところがこの期に及んで、いまだ北朝鮮労働者を追放せず、核・ミサイ
ル開発資金を提供し続けている国があります。モンゴルです。昨年7月に
ウォールストリート・ジャーナルが、首都ウランバートルで北朝鮮労働
者1000人以上が工場や建設現場、レストラン、医療施設などで働き、金
正恩体制を支えるため送金していると報じました。しかし1年近くたった
今も、追放のニュースはありません。
https://www.wsj.com/articles/north-koreas-lucrative-labor-exports
-come-under-pressure-1467916815
 
過去に私たちは、モンゴル外務省に何度もメールを送り、北朝鮮労働者
を使うことが安保理決議だけでなくILO(国際労働機関)条約やFA
TF(金融活動作業部会)勧告に違反し、国際社会で許されないことを
強く訴えてきました。直近では昨年8月5日付記事で呼び掛けました。
http://kenkato.blog.jp/archives/64709272.html

モンゴルが国際法を守ろうとしないことは誠に遺憾です。このまま北朝
鮮に核・ミサイル開発資金を提供し続けるなら、モンゴルは国際社会の
敵となります。モンゴル政府は、一刻も早くこの重大性を認識すべきで
す。


★ 世界各国の大使に直訴だ!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。全
世界のモンゴル大使にメールを送って、事の重大性を警告していただき
たいのです。
過去モンゴルに訴えたときは、外務大臣と何人かの大使のみに送りまし
た。しかし今回は、全世界のモンゴル大使館のメールアドレスを掲載し
ました。事はモンゴルの国運にかかわる重大事なので、広く議論しても
らう必要があります。

例文をコピーするだけなら1分です。モンゴルに北労働者を追放させ、金
正恩政権に大打撃を与えましょう! いますぐお送りください。


送り先(多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメール
アドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
ankara@mfa.gov.mn, astana@mfa.gov.mn, bangkok@mfa.gov.mn, 
beijing@mfa.gov.mn, berlin@mfa.gov.mn, brussels@mfa.gov.mn, 
brasilia@mfa.gov.mn, budapest@mfa.gov.mn, havana@mfa.gov.mn, 
vienna@mfa.gov.mn, vientiane@mfa.gov.mn, warsaw@mfa.gov.mn, 
washington@mfa.gov.mn, cairo@mfa.gov.mn, canberra@mfa.gov.mn, 
jakarta@mfa.gov.mn, london@mfa.gov.mn, moscow@mfa.gov.mn, delhi@mfa.gov.mn, 
ottawa@mfa.gov.mn, paris@mfa.gov.mn, prague@mfa.gov.mn, pyonyang@mfa.gov.mn, 
italy@mfa.gov.mn, rome@mfa.gov.mn, sofia@mfa.gov.mn, hanoi@mfa.gov.mn, 
seoul@mfa.gov.mn, singapore@mfa.gov.mn, stockholm@mfa.gov.mn, 
tokyo@mfa.gov.mn, kuwait@mfa.gov.mn, info@mfa.gov.mn, 
mongolianmission@twcmetrobiz.com, mongolie@bluewin.ch, 
ambassador@mongolianembassy.us

例文
件名: Violation of UNSC resolutions
本文:

Your Excellency,

I am writing to urge Mongolia to stop funding North Korea’s nuclear and 
missile programmes immediately. The Wall Street Journal reported on 7 July 
2016 that there are more than 1,000 North Korean slave labourers in Mongolia 
helping to keep money flowing to the regime at home. It is suicidal for 
Mongolia to side with the North Korean regime.
http://www.wsj.com/articles/north-koreas-lucrative-labor-exports-come-under-pressure-1467916815

As you are aware, on 30 November 2016, the UN Security Council adopted 
resolution 2321 (2016) that "Expresses concern that DPRK nationals are sent 
to work in other States for the purpose of earning hard currency that the 
DPRK uses for its nuclear and ballistic missile programmes, and calls upon 
States to exercise vigilance over this practice;"
https://www.un.org/press/en/2016/sc12603.doc.htm

Mongolia has a decision to make, as President George W. Bush said on 
September 2001: “Every nation, in every region, now has a decision to make. 
Either you are with us, or you are with the terrorists,”

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)

 
翻訳文
大使閣下
モンゴルが、北朝鮮の核・ミサイル開発計画への資金供与を直ちに中止
するよう要求します。2016年7月16日のウォールストリート・ジャーナル
は、モンゴルに北朝鮮人奴隷労働者1000人以上がおり、金正恩体制を支
えるため送金していると報じました。北朝鮮の側に立つことは、モンゴ
ルにとって自殺行為です。
(ウォールストリート・ジャーナル記事URL)
ご存じのように2016年11月30日、国連安保理は次のように定めた決議を
採択しました。「北朝鮮国民が、北朝鮮が核及び弾道ミサイル計画のた
めに使用する交換可能通貨を得る目的で、他国で働くために派遣されて
いることに懸念を表明し、各国にこのような慣行を監視することを要請
する」
(安保理決議URL)
いまモンゴルは決断を迫られています。ジョージ・ブッシュ大統領が2001
年9月に述べたように、「すべての地域のすべての国はいま、決断しなけ
ればならない。我々の側につくか、それともテロリストの側につくかだ」
です。
ご検討ありがとうございます。


★ 拉致被害者が逃げ込む先

現在、山谷えり子本部長が率いる自民党拉致問題対策本部が、北朝鮮と
関わりがある国の在京大使館への訪問活動を行っていて、すでにモンゴ
ル大使等に面会していますが、拉致被害者救出に繋がる可能性があるの
で注目しています。過去の事例から、拉致被害者がピョンヤンの外国大
使館に逃げ込む可能性は十分にあるのです。

もっとも分かりやすい例は、拉致被害者ではありませんがジェンキンス
さんです。著書『告白』(角川書店)によれば、1960年代後半にピョン
ヤンのソ連大使館に駆け込んでいます。そこで政治亡命を求めると、応
対した外交官は2時間以上話を聞いたあと、すぐに戻ると言って席を立ち
ます。そして1時間以上たってから戻ってくると、「すまないが何もし
てやれない、ここを立ち去って、二度と戻ってきてはならない」と告げ
ました。仲間のパリッシュ氏は諦め切れず、別の機会に中国大使館に行
って亡命を求めましたが、やはり断られています(文庫版の81ページ)

1978年に拉致されたレバノン人女性のうち2人は、家族に「心配するな」
というニセ電話をかけさせるためベオグラードに送られましたが、隙を
見てホテルから逃げ出し、クウェート大使館に駆け込んで脱出に成功し
ています。2人の証言から拉致事件が発覚し、レバノン政府は残り2名の
レバノン人女性を取り返すことに成功しています。また助け出された4人
の証言から、フランス人、イタリア人、オランダ人の拉致が発覚してい
ます。

同じく1978年に拉致された、韓国人映画監督の申相玉氏と女優の崔銀姫
氏の夫妻は、1986年にオーストリアのウィーンで隙を見て逃げ出し、ア
メリカ大使館に駆け込みました。このことはBBCが記事にしていて、
外国人に説明するとき重宝します。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/2821221.stm

ジェンキンス氏は著書で、「このソ連大使館の一件以来、ついに私たち
は結論に達した。北朝鮮を脱出する道はなく、ここで死ぬのだと」と書
いています。実際のところ、漁船で脱出するのは不可能に近いのが現実
です。拉致被害者には、なんとか友好国の大使館に逃げ込んでほしいも
のです。

山谷本部長が打った手が実を結ぶことを、切に願っています。



■忙中閑あり《357》───────────────────────
  
                                            杉山頴男

 ◎米支戦争。自衛隊は雑兵になるべからず
    ──兵頭二十八を[おさらい]する

 わがまち、10階マンションラッシュ。地面はいたって狭いので上に
上にのびるしかない。が、核シェルターは100%ない。
 永世中立国スイスは、自分の国は自分で守る根性があるから、核シェ
ルターの設置が法律で義務化されている。平時は食品の貯蔵庫、音楽の
練習室など多目的に使用。
 各国のシェルター普及率をネットで拾ってみる。
 スイス:100%、イスラエル:100%、ノルウェー:98%、アメリカ:82%、
ロシア:78%、イギリス:67%、シンガポール:54%、日本:0.02%
 ウィキペディアは100%信用できぬが、日本が0.0コンマ以下というは
事実に近いであろう。
 <談余:杉山頴男 - Wikipedia。「ベースボール・マガジン社を2000
年で退社し、杉山頴男事務所を設立。」間違い。1998年。誰か訂正して
くれ。この2年の意味は大きいのだ>

 前号につづいて、2012年に草思社から刊行された『北京は太平洋の覇
権を握れるか』から。
《シナは戦前から蒋介石時代いらい、一貫とし、小学生からの反日教育
を継続している。また一九六〇年代から、原爆や水爆を搭載した中距離
弾道弾ミサイルで東京都を何十回でも破壊できる。どちらも、確実な既
知情報だ。
 シナには東京を水爆攻撃する能力もあれば、意思も十二分にある。こ
れを正真正銘の脅威と思わず、都市公共空間の「地下室壕化」を極力推
進しようともしてこなかった日本の政治家は、理性が麻痺しているので
はないか。》
 罪は深すぎるのは“アカイ”おばさんらだけでなかったか。バブル崩
壊でChinaは無政府状態になる。一軍閥が暴走化する。反日教育は
血と肉となっている。日本が好きで、日本に住んでいる同胞などおかま
いなし。核弾頭を放ってくる可能性大。

 13年前の軍学者の声に耳を傾けてみよう。(2004/12/23( 兵頭二十
八の放送形式)
 《シナの核の脅威は、北鮮のありもしない核ミサイルとは違い、リア
ルです。ところが、この最前線の沖縄に、民間用の核シェルターが自治
体によって全く整備されていない。これは兵頭は大問題だと思っている
のですが、なぜか誰も指摘する人がいません。
 昭和20年の広島のグラウンド・ゼロから水平距離で150mの3階建
てビルの 地下1階にいた男性は、昭和57年まで健康に生きました。
 ヒトラーの地下壕は天井のコンクリートが5mあり、スターリンの地
下壕はさらにその倍以上の厚みがあったそうですが、そんな立派なもの
でなくちゃ核爆発からは生き残れないってわけじゃないんです。広島で
はコンクリートの薄壁一枚に遮蔽されたおかげで死なずに済んだ被爆者
もいる。要は、人間が無防備で地上に立っていないことが、生と死の確
率を劇的に変えるんです。簡易な地下シェルターも、爆心の近傍に於い
てすら無駄ではないわけです。》

 軍学者は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の迎撃は不可能だと云う。
  再び『北京は太平洋の覇権を握れるか』から。
《中京はMD(ミサイル防衛)を鏡像模倣する能力は最初からない。他
方でMDを無力化する安全・安価・有利なら、いくらでももっている。
たとえば、満州の中距離弾道弾のかわりに、シナ奥地からICBMを東
京に向けて発射すれば、その中間飛翔速度や高度はイージス艦の対処能
力を超え、その最後落下速度はPAC-3の対応能力を超えるので、自
衛隊はどうやっても迎撃は不可能なのである。東京上空で、水爆が炸裂
するだろう。》 
 
 迎撃は不可能なら地下核シェルターへ一目散に逃げるしかない。
 孫らの運動会も先週、先々週の土曜日に終った。小中学校に核シェル
ターの設置が法律で義務化されていたなら、もし、あの日、核ミサイル
が飛んできたら、スワ! 地下の体育館へと先生は叫ぶ。
 敬老席に座っているジジ・ババは、その場を動かず。充分生きたであ
るから。長き命を優先。

 アメリカさんを頼りするしかないか。アメリカ軍と共にChinaへ
乗り込むしかないか。
 軍学者は警戒する。
《一九九〇年にクウェート国民は、イスラエル以上の軍資金がありなが
ら、自衛戦闘をほとんどしなかった。国家指導層(いずれも大富豪の王
族たち)は、隣国のサダム・フセインの野望を開戦の一年近くも前から
察していて、事前に資産を国外に移し、事後には国民を見捨てて国外に
逃れた。
 かかる精神的に頽廃した無気力政府のために、わが陸上自衛隊の尊い
人命を差し出すようなマネ(ブッシュ(父)大統領は直通電話で海部首
相に強く派兵を要請したという)をあえてしなかったことにつき、日本
人は胸をはってよい。そしてもしも、そのような唾棄すべき政府から戦
後に新聞広告で一言も感謝されなかったとしたら、じつに爽快な気分に
なれるだろう。
 米支戦争が始まると、日頃の臆病者ほど俄かに調子づき、むやみに米
国という殿様の馬前を二本足で走り回る雑兵になりたがる軽輩も、日本
国に簇生{そうせい}することであろう。
 しかし、シナ本土に上陸するような作戦には、わが自衛隊は加わって
はならない。ベトナム戦争中の韓国軍が、どういうひどい評判をインド
ネシアの現地で語り草にされているか、思い出すべきである。[戦後」
にも、同様の自重が重要だ。自衛隊は決して「進駐軍」に加わってはな
らぬ。》
 

////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/11/05
部数 981部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/11/05
部数 981部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング