武道通信かわら版

武道通信かわら版


カテゴリー: 2017年04月05日
===============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────4/5 2017 通算332号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

123456789012345★7890123456789012

        国会喚問答弁の[あいまいさ」が
         いつまでたっても直らない
            国会喚問答弁も
          最近流行りの「英語会議」で
            やったらいかが

          Yes Noの中間がない
     他人の心中をおしはかる語彙がすくない英語で

          差し迫った日本の国防危機
        昨日までなかった戦争論が湧き出す
        真実を語ったごとく飾る漢語かぶれの
          戦術的合理性を欠く日本語を
             捨てねばならぬ
            宮本武蔵のように

     ………………………………………………


1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎次の国連制裁で北朝鮮スパイを潰せ! いまチャンス!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! …… 鎖帷子剣士
  ◎資本主義と共産主義の左右両極限は一致する──その2
4 忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎日本の武家は昭和前期に絶滅
     ──兵頭二十八を[おさらい]する

■お知らせ───────────────────────────

一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
     4月期(129回)は4月25日配信 
     目次は告知版 http://p.tl/fy2P
     兵頭二十八 私塾・読書余論
     http://www.budotusin.net/yoron.html

    2017年からの<軍学書>
    『日本の兵器が世界を救う 武器輸出より武器援助を!』
      徳間書店 http://urx.mobi/C35X
    『アメリカ大統領戦記1775-1783独立戦争と
       ジョージ・ワシントン2 』(草思社)
    『日本の武器で滅びる中華人民共和国』
         (講談社プラスアルファ新書)


■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《162》─────────

                                      加藤健


 ◎次の国連制裁で北朝鮮スパイを潰せ! いまチャンス!


★ ドイツ公共放送が取り上げた!

ロビー活動にご参加いただいている皆様、間近に迫った北朝鮮の核実
験は、私たちにとって大チャンスです! いま制裁強化策を提言すれば、
通るかも知れません!

現在マトモな国連安保理理事国は、「どうやって制裁を強化しようか?」
と検討中です。ところが制裁強化策を専門に研究している人は、意外と
少ないです。私たち一般人の提案でも、現実的でしっかりした内容なら、
通る可能性が十分あります。例えばレベルは落ちますが、私が過去報告
した北朝鮮工作員の情報は、国連専門家パネル報告書にちゃんと掲載さ
れました。非常時は、肩書でなく内容で評価されるのです。
このチャンスを逃したら損です! 一緒に訴えませんか?

幸先よく私の訴えを、4月3日にドイツ公共放送ドイチェ・ヴェレが報じ
てくれました。「国際世論」といわれるものは、実際のところ英語圏有
力メディアが作っていますが、ドイチェ・ヴェレ英語放送はその一角を
なす存在なので、大きく実現に近づきました。下記が記事の短縮URL
です。御覧ください。
http://dw.com/p/2aYeT

いま改正すべきは、安保理決議が定めた核・ミサイル関連の教育禁止対
象者です。残念ながら現行の制裁は、韓国籍を取得した北朝鮮工作員
(先端技術スパイ)に適用しようとすると面倒です。要件が「北朝鮮国
民 (DPRK nationals)」となっているため、朝鮮総連傘下組織に所属し
ながらも韓国籍を取得した者については、実質的に北朝鮮国民あると立
証する必要が出てくるのです。

例えば『新潮45』3月号スクープに出てくる、再入国禁止対象(極めて
危険と政府が判断したということ)の京都大学原子炉実験所准教授は、
韓国籍です。准教授は両親ともに朝鮮総連の熱心な活動家で、本人も神
奈川朝鮮学校在学中に在日本朝鮮青年同盟(朝青)に加盟して政治教育
を受けています。家を共有して同居する義父は、秘密工作組織「洛東江」
の元責任者で、田中実さん拉致事件で刑事告発されている大物工作員で
す。しかし准教授は海外旅行の便宜のためか、韓国パスポートを取得してい
ます。そのため国連制裁で禁止された原子炉物理を研究しながら、いま
だ京都大学原子炉実験所で研究を続けています。
記事の中で東京工業大学の澤田哲生助教は、准教授の研究分野について
「核兵器の小型化にも応用できる」と明言しています。また私のコメン
トを引用し、准教授が北朝鮮と密接な繋がりを持つ金萬有科学振興会
(最高人民会議代議員が理事)から2度にわたって研究奨励金を受け取
っていることが書かれています(証拠入手済)この記事は読み応えがあ
ります。書いたのは実力派ノンフィクション作家の福田ますみさんです。
まだお読みになっていない方は、アマゾンで取り寄せてみてはいかがで
しょうか?
http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/backnumber/20170218/

北朝鮮を支持し朝鮮総連の活動に参加しているのに、韓国籍を取得して
いる者は大勢います。法務省の統計によれば、平成28年末の朝鮮籍
(100%でないがほぼ北朝鮮国籍と同じ)の在留外国人は32,461人しか
おらず、平成24年末の40,617人から激減しています。(ちなみに韓国籍
は約45万人)。
しかし北朝鮮・朝鮮総連支持者はもっと多くいて、その差は、便宜上パ
スポートだけ韓国に切り替えた者なのです。朝鮮学校は「韓国人の先生
が韓国人の生徒に教える韓国学校」だという冗談があるほど、総連支持
者の韓国パスポート取得が進んでいます。そしてこれは重要なことです
が、韓国籍を持ちながら、韓国政府の許可を得ずに朝鮮総連の活動に参
加する行為は、韓国・国家保安法違反の犯罪です。

さらに本ブログで書いてきたように、北朝鮮工作員は世界各国のパスポ
ートを悪用しています。
http://kenkato.blog.jp/archives/69195211.html
分かっているだけで、キリバス、セーシェル、カンボジア、フィリピン、
タイ、レバン、バングラデシュ、中国、日本が挙げられます。手元に、
大物工作員・韓哲(ハン・チョル)のセーシェル国籍取得を示す書類が
あります。「ボクちゃんセーシェル人だから核・ミサイル技術を教えて
ね!」が許されるようでは、現行の国連制裁はザルと言わざるを得ませ
ん。いますぐ改正する必要があります。


★ 安保理に直訴だ!

私のほうでは、核・ミサイル関連の教育・訓練禁止対象者を、北朝鮮傘
下組織構成員すべてに広げるよう要請する手紙を、安保理理事国の国連
代表部(中国除く)に送っています。確実に届くように、メール・ファ
ックス・航空便のすべてを使いました。さらにダメ押しで、これからド
イチェ・ヴェレ記事も送ります。しかし私一人の力では、巨大組織・国
連はなかなか動きません。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しお時間をください。理事国
の国連代表部に、要請メールを送っていただきたいのです。大勢の方か
ら正当な訴えがいけば、安保理は無視できなくなります。次の安保理決
議で制裁範囲が拡大され、日本の研究機関から北朝鮮スパイが追放され
るとともに、朝鮮大学校も認可取消になります。

例文をコピーするだけなら1分です。あなた様の力が必要です。それで
はよろしくお願いします。


送り先(多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメール
アドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov, missionboliviaun@gmail.com, egypt@un.int, 

pr.egypt@un.int, ethiopia@un.int, info.italyun@esteri.it, archives.italyun@esteri.it, p-m-j@dn.mofa.go.jp, 

japan.mission@dn.mofa.go.jp, kazakhstan@un.int, pr.kazakhstan@un.int, senegal.mission@yahoo.fr, sweden@un.int, 

uno_us@mfa.gov.ua, uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, urudeleg@mrree.gub.uy

例文
件名: North Korean nuclear spies
本文:
Your Excellency,

I am writing to urge the Security Council to expand the ban on nuclear and missile-related specialized teaching or training 

to include individuals who are associated with controlled entity of the North Korean government or the Worker’s 
Party of Korea. The ban introduced by paragraph 17 of resolution 2270 (2016) only targeted “DPRK nationals”. 
Please refer to the Deutsche Welle report. 
http://www.dw.com/en/are-nuclear-spies-in-japan-providing-pyongyang-with-weapons-technology/a-38265685

There are six ethnic Korean nuclear and missile scientists living in Japan who are sanctioned by the Japanese government. 

Among them, two hold South Korean passports. In fact, there are tens of thousands of ethnic Koreans 
living in Japan who support the North Korean regime but have obtained South Korean passports. Furthermore, 
it has been revealed that North Korean operatives have been using passports of Kiribati, Seychelles, Cambodia, 
Lebanon, the Philippines, Thai, Bangladesh, China and Japan. It is imperative that the Security Council close 
the legal loophole. 
http://www.abc.net.au/news/2012-12-05/an-kiribati-seychelles-accused-of-giving-north-koreans-passports/4409832

I would also like to urge the Security Council to impose sanctions against an organization of North Korean scientists 

living in Japan called the Korean Association of Science and Technology in Japan (Kwahyop or Kakyo). 

The Japanese National Police Agency has made it clear in its official report, Focus, that Kwahyop has been engaged 
in WMD proliferation activities. The English version of 273rd volume of Focus says: “In arrests related to the 
illegal export to Iran of materials usable in missiles by a machinery manufacturer in 2003, the MPD detected documentation 

indicating that the manufacturer had exported jet mills and related peripheral equipment to North 
Korea multiple times. Of these, in March 1994, one was exported to a North Korean paints manufacturer via 
Kwahyop, … In October 2005, the MPD arrested two executives of Kwahyop on suspicion of violating the Pharmaceutical 

Affairs Law, and searched related locations. During the searches, documentation related to the Japan Defense Agency was 

detected at a software firm operated by the executives. These documents were found to contain description that may fall 

under defense secret.” 
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten273/english/p02.html

Our petition to the Japanese government on this issue has been reported by the South China Morning Post. 
http://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/1935730/north-koreas-defacto-embassy-japan-secretly-obtaining-missile

Thank you for your consideration. 

Yours truly, 
(あなた様のお名前)


訳文
大使閣下
核・ミサイル関連の専門教育または訓練の禁止措置対象者を、北朝鮮政
府または朝鮮労働党に支配される団体の構成員まで拡大するよう、安保
理に求めます。決議2270号(2016年)パラグラフ17で導入された禁止措
置は、「北朝鮮国民」のみを対象としていました。ドイチェ・ヴェレ記
事をご参照ください。
(ドイチェ・ヴェレ記事URL)
日本に住む朝鮮系の核・ミサイル技術者で、日本政府によって制裁対象
に指定された者が6名おり、そのうち2名は韓国籍を持ちます。実際のと
ころ、日本には北朝鮮の現体制を支持しながら韓国籍を取得した者が何
万人もいます。さらに北朝鮮工作員がキリバス、セーシェル、カンボジ
ア、レバノン、フィリピン、タイ、バングラデシュ、中国、日本のパス
ポートを使用していたことが判明しています。安保理はこの抜け穴を塞
ぐ必要があります。
(オーストラリア公共放送ABC記事URL)
もう一点ですが、国連安保理が日本に住む北朝鮮系科学者の団体である
在日本朝鮮人科学技術協会(科協)に制裁措置を科すよう求めます。
日本の警察庁は広報誌『焦点』のなかで、科協が大量破壊兵器拡散に関
わっていると明記しています。焦点273号の英語版は次のように記してい
ます。「警視庁が2003年に検挙した機械メーカーによるイラン向けミサ
イル関連貨物不正輸出事件では、押収資料から、同メーカーが数回にわ
たって、北朝鮮にジェット・ミル及び周辺機器の輸出を行っており、こ
のうち1994年3月には、科協を仲介させ、北朝鮮内の塗料会社あてに輸出
したことが明らかとなっています」「警視庁は2005年に、薬事法違反の
容疑で、科協の幹部2人を逮捕するとともに、関係箇所を捜索しました。
その際、当該幹部の経営するソフトウェア会社の事務所から、防衛庁に
関する資料が発見され、その一部に防衛上の密に当たる可能性のある記
載が認められました」
(英語版へのリンク)
私どもが本件で日本政府に提出した要望書については、サウスチャイナ
・モーニング・ポスト紙が報じました。
(記事へのリンク)
ご検討ありがとうございます。
敬具


★ 国連人権理事会が動いた!

3月5日号でお願いした、国連人権理事会へのロビー活動にご参加いただ
いた皆様、朗報です! 北朝鮮への監視体制を一層強化するとした決議
が、無投票で採択されました! お疲れ様でした。ご協力ありがとうご
ざいます。
http://kenkato.blog.jp/archives/69445799.html

ソウルにある国連人権弁務官事務所が強化され、刑事司法の専門家が任
命され、金正恩刑事訴追にむけた証拠収集を行っていくことが決まりま
した。日経新聞が報じています。
http://goo.gl/xAlqCV

実は日本外務省がEUに出した最初の草案は、ここまで強い内容ではあ
りませんでした。自民党拉致問題対策本部長の山谷えり子先生が動いて
くださった結果、決議内容が強化されました。山谷先生に大感謝です!

さらに私たちが、北朝鮮による凶悪ヘイトクライムを訴えるメールを多
数送ったことが、共同提案するEUや他の諸国に影響を与えたと思いま
す。受け取る側からすれば、来る日も来る日も「北朝鮮は子供を虐殺し
ている!」というメールが舞い込むわけですから、無視できなくなりま
す。
逆の立場で考えたら分かりやすいです。もしも、勤務先代表メールアド
レスからあなた様にメールが転送されるようになっていて、毎日毎日
「恐ろしい人道犯罪が行われています! なんとかしてください!」と
訴えが届いたらどうでしょう? 「無視したらマズいよな」と思います
よね?
この手法は有効なのです。

北朝鮮は、金正恩刑事訴追への動きを本気で嫌がっています。刑事責任
追及は、極めて有効な圧力です。こうした圧力の一つ一つが、拉致被害
者の救出につながります。今後とも、国連を通して圧力を強化していき
ましょう!



■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! 《51》──────────
                               
                                              鎖帷子剣士

 ◎アメリカと共産ソビエトは同じ臍の緒だ!
    資本主義と共産主義の左右両極限は一致する――その2

★日露戦争は誰のための代理戦争だったのか

 その2を続けます。
 膨張を続けるロシアは、18世紀の終わりにはこうしたユダヤ人の「国家内国
家」が存在するポーランドの領土の一部を、自国の領土として拡張して行きます
が、ロシア国内にユダヤ人の政府まで取り込んでしまい、再びロシア国内にユダ
ヤ問題が生じることになります。
 その当時、ロシアに入ったハザール系ユダヤ人は約300万人といわれ、そのほ
とんどがロシアの西側、すなわちウクライナ、西白ロシア、あるいは旧ポーラン
ド領に住んでいた人達です。
 かってロシア人がハザール帝国を崩壊させたことをよく覚えていた彼らは、ロ
シアに対する復讐の思いを抱え、19世紀の終わり頃から熱心に革命運動に参加
するようになります。
 革命運動を指導していた政党、社会民主党や社会革命党などのリーダーや活動
家たちは、ほとんどすべてがハザール系ユダヤ人であり、ロシアで革命を起こし
国家を転覆させることが、彼らにとって最も重要な課題でした。

 ここに1904年(明治37年)、日露戦争が勃発します。日本とロシアの歴史的
関係は、今日まで決してよい関係とは言えないでしょう。しかし、何者かがロシ
アに対してこの戦争を画策したはずなのです。とりわけ明治維新以来半世紀にも
満たない極東の小さな農業国日本にとって、大国ロシアなど決して自ら望むよう
な戦争相手ではありません。
 この日露の戦間期に、ユダヤ人の革命家たちは、ロシア政府の敗北を望む日本
やアメリカから革命資金を導入しますが、日本の資金力など微々たるものであり、
主にアメリカの資本が投入されています。
 日本でも有名なのが、アメリカの大資本家であり、アシュケナージ・ユダヤ人
であるヤコブ・シフが、ロシアのアシュケナージ・ユダヤ人の革命家たちに多額
の援助を与えたことはよく知られています。

 以前にも述べましたが、日露戦争の戦費の外債はアメリカのユダヤ人金融機関
が用立ててくれたものです。日露戦争は、実は米英の代理戦争であったといわれ
ますが、一体米英の誰をさすのか?
 筆者は20年ほど前に、陸上自衛隊基地内の教育参考館を見学した折に、日露
戦役における某有名旅団の現地営庭に掲げられていたと解説のある日章旗の展示
を見ましたが、一畳ほどの國旗は戦役中の櫛風沐雨を受け、半畳ほどに吹きちぎ
れた片隅に、直径30センチ近い「ダビデの星」が色黒々と刺繍してあるのを見
て、衝撃を受けた記憶があります。
 当時の政治家や財界人、高級軍人たちも、日本の真の援助者が誰なのかを知っ
ていたのです。日本の要路にあった当時の人たちは、ユダヤ人の国際金融財閥に
深く感謝するのみならず、彼らユダヤ人の受けてきた迫害の歴史に、心から同情
を惜しまなかった人たちが、ほとんどだったのです。


★ロシア革命の実態を把握していた帝國陸軍

 第一次世界大戦、ロシアではドイツとの戦争の真っ最中であった1917年(大
正6年)に、「10月革命」が起こります。この発起の前には、トロッキーをリー
ダーとする70人のユダヤ人グループが、ニューヨークからやって来ています。
 アメリカのユダヤ人資本家ヤコブ・シフは、このトロッキーのグループを支援
しており、ドイツ方面からはレーニンのグループがロシアに入っています。
 このグループもまた、ほとんどがユダヤ人でした。ロシア10月革命後の新政
権では、そのメンバーの内99%をユダヤ人が占めていたのです。
 
 「10月革命」は、アメリカとドイツの巨費によってユダヤ人が実行した革命
です。ですから「ロシア革命」は別名「ユダヤ革命」と呼ばれていますが、この
事実を日本の教科書は絶対に教えません。否、そのような説はプロパガンダにす
ぎないとまで言い張る、今日の日本の学者までいます。
 では、マルクスもレーニンもトロッキーも、ユダヤ人あるいはその血縁者たち
であることを、どう説明するのか。

 ロシアにおけるユダヤ人迫害を逃れ、アメリカに移住した人たちは1882年か
ら1906年に至る25年間で、実に200万人を突破しています。
 ロシア以外の欧州各地からも、新興国家アメリカに移住したユダヤ人たちは、
刻苦勉励しながら財を築き、大事業家、大財閥、大銀行家へと向上の道を歩み、
尖鋭な革命理論家たちを、援助育成して行きます。
 しかし、ロシアの実状に見る、ロシア正教を奉じるロシア人対ユダヤ教を奉
じるユダヤ人との激烈な反感は、その抗争の激しさと規模の大きさにおいて、
日本人の歴史想像力をはるかに超えています。
 
 しかも革命政府内部においても、無神論の革命原理主義者対ユダヤ教による
世界統一を思想(シオニズムといいます)とする者同士の抗争が始まり、革命
政府の中心にあったレーニンやトロッキーたちと共に来た人々は殆んどが殺さ
れてしまいます。こうしたユダヤ人同士の内部抗争は、第二次大戦勃発前には
決着がついたようですが、ここから先は、国際金融財閥に対して秘かに不信感
を抱く非ユダヤ人のスターリン対アシュケナージ・ユダヤ人との粛清の報復へ
と移行して行きます。

 筆者は多くの文献を参考に書いていますが、最も参考になったのが、昭和12
年に発行された陸軍大佐・安江 仙弘(のりひろ)著『ユダヤの人々』から引
用しています。
 1936年( 昭和?年)「日独防共協定」が結ばれる前、安江大佐(当時中佐)
は在郷軍人会からの依頼を受けて、昭和9年に研究の一端として現地調査(欧
州各地・中近東巡歴)から得た取材をもとに著述していますが、ロシア革命政
府内の主要人物のロシア匿名とユダヤ本名を対比させ、更には、ジュネーブの
国際連盟内部におけるユダヤ人勢力を、国籍と連盟内役職と共に、暴露してい
ます。

 この報告書を見れば、ユダヤの資本主義とユダヤの共産主義、すなわち左右
の両極限が一致するところが、当時の国際(ユダヤ)連盟の実態であったこと
が頓悟できます。
 これでは、1933年(昭和8年)の国際連盟脱退に至る松岡洋右の断行も当然
のように思われますが、当時満州事変の調査団団長であったリットン卿は人に
語って曰く、「これで日本がドイツと同様、世界の袋叩きにあう準備が出来た」
との述懐までしているようですが、このような予言的「つぶやき」も、日本側
は独自に把握していたようです。

 この「つぶやき」は、昭和16年発行の、四王天 延孝 陸軍中将の大著『
ユダヤ思想及び運動』の「第三章 満州事変」に記載されていますが、上記二
書は、今日でも入手可能な白眉の二冊です。
 この二書は、日本人に対する反ユダヤ宣伝のための本ではなく、またユダヤ
資本を敵視するために書かれたものでもないことは、両著者の行間の文意に度
々現れています。
 日本人の知らない共産思想の源流と、歴史的経験も価値観も文化も違うのに、
世界救済の最先端の進歩的理論と思い込むことの熱病的危険性を、この両軍人
の知性が、当時の日本の知識人たちに警告しているのです。
 ユダヤ人であるからと言って、色々なユダヤ人がいるのであって、誰も彼も
危険視すべきではないことも、はっきり明言しています。

 戦後この二書を指して、『他民族と融和し共生する、寛容と忍耐の心を失う
ならば私たちは再び大きな過ちを犯すことになるだろう』などと批評する学者
もいますが、何ですか? 日本民族は寛容と忍耐の心を失ったから大東亜戦争
の開戦に及んだとでも言うのですか、日本人にとってナチズムは無縁です。
 戦後間もない頃、多くの政治家や、閣下、提督たちに直接にインタビューに
及んで、一次資料による歴史実証主義を実践してきた偉い学者もいます。
 
 しかし、いくら歴史の当事者であっても、世界全体の動きの中では、単なる
駒としてしか使われなかった可能性は、たとえ証言は事実であっても、世界の
全体像は高位高官といえども、決して把握できていなかった恐れがあります。
 大きな流れの中に在ったことは、自らでは分からないものです。
 それは、スターリンもルーズベルトも蒋介石も同様であり、事実のパズルの
隙間を埋めてくれるのが、戦後の英米露の情報公開の引き合わせ作業なのです。
 
 
 昭和初期に書かれた四王天中将・安江大佐の警告は今日から見ても、たとえ
え事実の一つや二つが間違っていたとしても、全体としては正しい的確な所見
であり、そのことは、後のアメリカ政府機関公表の「ヴェノナ文書」が証明し
てみせることになります。19~20世紀はコミンテルンの時代であり、今もグ
ローバリズムに名を変え、不死身で引き継がれています。

★アメリカ政権内部に入り込んだ共産主義者たち

 ロシア革命後、ソ連崩壊に至るまでの約70年間の血の粛清につぐ粛清は、ロ
シア人対ユダヤ人の政治的暗闘史なのですが、今日のプーチン政権はその延長上
にあり、彼はエリツィン以降の「国家内国家権力」をロシアから駆逐したであろ
う、ロシア人によるロシア国家を目指していることが推測できます。
 日露戦争で、あれほど日本を援助してくれたアメリカが、今度は手のひらを返
したように軍事的に敵対してきます。
 その現われが「シベリア出兵」だったのですが、ウイルソン大統領時代からル
ーズベルト大統領時代までのアメリカは、政権内部にウオール街の銀行家や、権
力の座にある社会主義者たちの後押しを受けている、親ソ、容共、隠れ共産主義
者の人材を多く抱え込んだ、実に日本にとっては、大迷惑、大不幸の時代だった
のです。

 アメリカ政府は、ロシア国内で弾圧を受けていたユダヤ人革命家たちを、一旦
アメリカに入国させ、米国市民権を与えて再びロシアへ送り返すという手段を使
っています。これら米国市民権を持ったユダヤ人革命家は、当時国際関係におい
て弱かった帝政ロシアでは、治外法権者として活動できたといわれています。
 日本では報道されませんが、現在のロシアでは、共産主義思想は外来のイデオ
ロギーであり、それをロシアに引き入れたのは、外国の謀略機関であること。
 そして、その頂点にあったのが、シオニズムであったことを、ロシアの知識人
はロシア国内のメディアを通しても認識しています。国民の多くが文盲であった
革命以前の農奴とは、教育レベルが格段にちがうのです。

 ユダヤ共産勢力を擁護するためにシベリアへ出兵したのが、当時の米国のねら
いであり、國体護持・防共のために出兵した日本とは、出兵の動機が激しく対立
しています。
 この米軍には英語の話せない米兵が半分以上を占め、彼らはポーランド出身の
ユダヤ人であり、彼らもまた一旦米国に入国し、米国市民権をもらい、米軍の軍
服を着て出兵してきています。

 単に防共といいますが、日本における共産主義思想は、大正時代から昭和にか
けて熱病のごとく蔓延し、大学教授から、華族貴族の子弟、果ては兵営の中にま
ではびこり、文部省は昭和12年には、『國体の本義』という本まで編纂して、
若者の精神教育に附すほどに、大正から昭和へと戦前の日本の精神的危機感は高
かったのです。
 ここに、その復刻版を筆者は保持していますが、解説がなんとなく教育勅語の
儒教風で、いまいち固くて面白くありません。
 
 戦前は日本全体が右翼軍国主義であり、国民は軍部の圧力の下で息を殺して生
活していたなどとの印象は、NHKの「朝ドラ」などで創作された、外的一面でし
かありません。
 ロシアをはじめ、ヨーロッパでは各国でユダヤ人が王制のもとに虐待されてき
たから、これを打倒するのはわかるが、なぜユダヤ人迫害史を持たない日本で、
「天皇制打倒」を叫ぶのか、なぜ日本を目の仇に集中攻撃してくるのか、今日に
至るも未だに日本人は戸惑い、理解できていないようです。

 

■忙中閑あり《353》───────────────────────
  
                                            杉山頴男

 ◎日本の武家は昭和前期に絶滅
    ──兵頭二十八を[おさらい]する


 語彙の豊富な者は説得力がある。一方、その使い方次第では言い逃れ、
釈明も巧い。雑誌の“口害”にあった被害者が裁判所へ駆け込むように
なったのも編集者との一対一の舌戦では敵わないからだ。
 その昔、週刊プロレス編集長、全日本プロレスから取材拒否の伝家の
宝刀を抜かれた。嘘は書いてない。全日本プロレスと新日本プロレスを
均等なページ数で扱え。同じ釜の飯を食う仲の業界誌を強制する非は全
日本プロレスに有りと、レトリックを使いで全日本の非を突く。プロレ
ス会場に「週プロ、負けるな!」の垂れ幕が下がる。
 舌戦で宝刀を収めさせた。もし、週刊プロレスに非があるとしても、
常套句のレトリックで世相を左右に上下に引っ張っていける言葉の用法
は百も承知。言葉の魔術を使いたくなる。言葉の魔術に騙される。

 1990年3月、軍学者が東京工業大学に提出した修士論文。「序章 
必要な作業仮説としての用語定義」
 《戦争論がいつまでたっても「軍事学」となれない基本的な障害の一
つに術語(学術語)の用法の不定性を挙げられよう。(中略)例えば私
には、「戦略」という言葉の用法からして腑に落ちないことが多い。》
 軍事論を「言語」から入る。軍学者の誕生を孕んでいる。
 
 軍学者と初めてお会したには平成十一年(1999)の秋。名刺代わりに
と頂いたのが『「五輪書」にあらわれた日本語的軍事理性を見直す――
民族的理性」研究のためのノート(2)』
 私家版のA5版8頁。筆者名の本名の脇に兵頭二十八と署名。修士論
文の1年前に書かれた論文からの抜刷。

 一回り歳下のこの御仁、只者ではない。18年に及ぶお付き合いは、こ
の“一撃”を食らったのがはじまりであった。

 私家版から抜粋。
 後者の傾向とはは前節でこう記されている。
 《レトリックよりも、単語が連想させる視覚的でない漠然としたイメ
ージを多用する方が効用が大きい場合であろう。》
 つづける。
 《室町時代に普及の始った禅家流の言語態度が、それを一層強化した
可能性がある。加えて江戸時代の鎖国の完成は、前者の条件をも実現化
し、ひとつの単語に無限定の連想を胚胎(みごもる)せしめる言語慣習
を、明治の開国にも関わらず、軍部の中にも繁茂させてしまったのでは
ないか。》
 前者の傾向とは
 《ある言語地域に対する他言語の接触が永い間局限され、対応関係に
ある外国語単語が当地の言語使用者の意識の上で最早照応されなくなっ
た時》
  
 《「仏法、儒道の古い語をもからず、軍記・軍法の古きこともをもも
ちひず……」 彼以外の江戸時代の兵法者が多くの新外来語に助けられ
ているのに比し、『五輪書』は、自分の体験・見識とその自己分析以外
からは何の権威も借りてはいない。これは中国思想にも日本思想にも
類例を見ぬ態度である。》
 かの小林秀雄が宮本武蔵に瞠目し、曰く。こんな日本人、いままでい
なかった。軍学者はそれを中国思想にも日本思想にも類例を見ぬと解き
明かす。

 『軍学孝』(2000年刊)で記す。
 《もともと日本語と中国語のレトリックが違っている上に、朱子学の
体系があまりにも包絡的であるから、極めんとするとアラが見えて来ぬ
方がおかしいのである。ではアラが見えてきたとき、何をもってその惑
疑を釈{と}くか。思想の源へ遡行するしかない。》

 思想の源とはどこか。狩猟・戦闘文化。武蔵は武者修行の道すがら手
裏剣で鳥を落とし、調理し食した。鹿も猪も調理したろう。
 狩猟・戦闘文化人の武蔵は漢詩を詠む才はありながら漢詩を詠まなか
った。三人の上皇を島流しにした北条泰時も漢詩を詠まなかった。公家、
京文化の歌詠み文化への確信的対抗。
 《日本の政治権力は、この二つの間で振子のように振れてきたという
私の国史観は、以前に『武道通信』(通巻十号)誌上で展開した。》

 軍学者は、大本営軍人が宮本武蔵を真に理解できなかったことをどこ
かで嘆いていた。
 最後に『軍学孝』からもう一節。長いが肝心要のことなのでご容赦を。
 《昭和の陸軍省や参謀本部ほど、人を撃ったり、人を斬ったりする報
道や従軍小説にビクビクしていた近代軍中核は、世界じゅう探してもな
いであろう。
 支那事変以後、日本軍の登場する戦意高揚映画に、日本刀で敵兵を斬
るチャンバラ的演出は見られない。皆無である。たった一人を斬り伏せ
るシーンすら、陸軍は嫌悪したのだ。とにかく、死体は少しでも見せて
はいけなくなった。欧米や中国では、同胞の死体の映像が、国民の敵愾
心をかきたてた。そのため、同胞が殺される戦意高揚映画までが作られ
ていた。
 日本の軍部は、このとき、すっかり昔の京都の公家であった。日本で
は、官僚は日本語の統制者として、公家化していくのだ。支那事変中く
らい、ヘタクソな、どうしようもない短歌がもてはやされた時代もない
であろう。狩猟戦闘部族を先祖とする日本の武家は、昭和前期において、
絶滅した。》

 武士の気質(エトス)を継ぐ者は、日本列島まだ希少価値的に存在す
る。が、<武家としての武士>は絶滅人種となる。「武」が「家」が喪
失させられた。かろうじて下々の「家」が残る。
 いまの世、<武家としての武士>の記憶の遺伝子を残しつづける手立
てはないか。この念いで彫心鏤骨、綴っておるのが『刄隠』。
 

////////////////////////////////////////////////////////////////



武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/10/05
部数 987部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/10/05
部数 987部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング