武道通信かわら版

武道通信かわら版 2月5日号 通算328号


カテゴリー: 2017年02月05日
==============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────2/5  2017 通算328号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////
          
         ジョーカーが大統領になって
         民主主義がわからなくなったと
          わがまちの中学生から
        裏店の傘貼り浪人にメールが届く
          
         辞書を引いてもチンプンカンの
            民主主義とはを
          日本でただ一人の軍学者
          兵頭二十八に聞いてみよう

       ジョーカーがなぜ大統領になったか?
         マスメディアの著名解説者や
     ネットの敏腕解説者が口角泡を飛ばして語る
          兵頭二十八に聞いてみよう
             真実がわかる

     ………………………………………………

1 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎朝鮮大学校が子供の人生をメチャメチャにしている!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! …… 鎖帷子剣士
  ◎ついにトランプ陣営対グローバリストの世界大戦が始まった!
4 忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎《民主主義》ってナンだ
     ──兵頭二十八を[おさらい]する

■お知らせ───────────────────────────

一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
     1月期(127回)は2月25日配信 
     目次は告知版 http://p.tl/fy2P
     兵頭二十八 私塾・読書余論
     http://www.budotusin.net/yoron.html

   『日本の武器で滅びる中華人民共和国』(講談社プラスアルファ新書)
        瞬く間に三刷。累積三万部
   『アメリカ大統領戦記1775-1783独立戦争とジョージ・ワシントン2 』
   (草思社) 3024円 2月16日発売 こんどこそ
    http://ur0.link/BoPp
    
 
二、 「空の神兵と呼ばれた男たち」 出版記念講演会
    昭和17年2月14日、帝国陸軍空挺部隊はインドネシアのパレンバン
    にパラシュート降下作戦を行い、奇跡的な成功を収めた。
    高木東六作曲、梅木三郎作詞の『空の神兵』は国民的な大ヒット曲
    となり、広く愛唱された
     
    日:2月14日
    場所:憲政記念館
    講演:奥本康大(元 出光興産) 「空の神兵だった父を語る」
    会費:2000円(本(定価1944円)付
       予約、または入場券購入の場合1500円
    申込先:電話 080-5543-0111 Fax 042-725-7718 
        Email :houtoku_kai@yahoo.co.jp


■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《158》─────────

                                      加藤健

いま朝鮮学校に厳しい対応をしておかないと、将来日本は「なぜ子供へ
の虐待を許した!」と糾弾され、永遠に謝罪と賠償を求められます。そ
れこそ、「いつか来た道」です。

  ◎朝鮮大学校が子供の人生をメチャメチャにしている!


★ こんな学校は許されない!

昨年末から皆様とともに、朝鮮大学校による国連制裁破りを告発して
きました。
http://kenkato.blog.jp/archives/67921691.html
123456789012345★7890123456789012
ここで朝鮮大学校を頂点とする朝鮮学校が、どんなところか見ていきた
いと思います。百聞は一見にしかず。まずは次の動画をご覧ください。
朝鮮学校生徒が訪朝し、「将軍様、逝ってはいけません」という劇を演
じるもの。北朝鮮国営テレビの映像です。
https://youtu.be/NpKhgWuzerU

普通の常識を持った人なら、ゾッとすると思います。
国連決議で人道犯罪者と認定された独裁者を、子供たちに称えさせるお
ぞましさ。北朝鮮の収容所で、毎日殴られ蹴られ、人間以下の扱いを受
けながら殺されていったのは、この子たちの仲間(あるいは親戚)の帰
国者です。元在日の帰国者は、北朝鮮で徹底的に差別され、スパイ扱い
され、約2割が収容所で死んでいったといいます。なにも知らない子供た
ちに、仲間や親戚を殺した人道犯罪者を称賛させるなんて、考えただけ
で気分が悪くなります。

北朝鮮と違って、日本は自由な国です。しかし子供を洗脳する自由や、
犯罪を幇助する自由はありません。
日本で行われる子供への教育は、自由、民主主義、人権、法の支配の価
値観に基づいたものである必要があります。犯罪・暴力を称賛する洗脳
は、子供への虐待であり、許されないのです。
日本人数百人を拉致し、残虐非道な人道犯罪を現に行い、核・ミサイル
開発を続けるテロ国家を支援することも許されません。輸出入はずっと
前から犯罪ですし、古屋圭司先生らのご尽力で、北朝鮮への送金も犯罪
になりました。テロ国家の手先を育成する自由など、我が国にはないの
です。

オウム真理教や暴力団を例に考えれば一目瞭然です。オウム真理教がオ
ウム学園なる学校を作り、「麻原尊師は無罪だ! 今度こそクーデター
を成功させろ!」と子供を洗脳していたとしたら、大騒ぎになりますよ
ね? 暴力団が塾を作り、「親分のために南に縄張りを拡張しろ! 敵対
組員は殺せ!」と子供に吹き込んでいたとして、その塾に学校法人認可
を 与える自治体などあるでしょうか?

ところが北朝鮮は、オウム真理教や暴力団の何万倍も危険なテロ国家な
のに、我が国で子供を洗脳することを黙認されています。日本人の子に
行ったら大問題になることが、在日朝鮮人の子に平然と行われています
(ちなみに朝鮮学校は韓国籍の子も多い)私は逆差別だと思います。
 金王朝が崩壊した後、「なぜ子供への虐待を許したのか!」と糾弾さ
れ、謝罪と賠償を要求されるのは我が国です。子供の人権に国籍も民族
もありません。民主主義国のメンツにかけ、在日朝鮮人の子を守るべき
です。

★ 校長は拉致犯! シャブ密輸犯!

朝鮮学校の教師は、当然のことながら北朝鮮の価値観に照らして模範的
な者がなります。校長は、その中でも選ばれた人物とみていいでしょう。
どんな人たちでしょうか?

大阪の朝鮮学校校長だった金吉旭(キム・キルウク)容疑者は、原敕晁
さんを拉致したとして国際指名手配されています。下記は警察庁指名手
配ページ。見かけたらすぐ通報を!
http://www.npa.go.jp/keibi/gaiji1/wanted/wanted_j.html
身寄りのない孤独な原さんに狙いをつけ、騙して北朝鮮に連れて行った、
卑怯卑劣で一片の人間性も感じられない犯罪者です。

山口県の朝鮮学校校長だった曹奎聖(チョ・ギュソン)容疑者は、平成
10年に高知県沖の洋上でポリ袋に入った覚醒剤202キロが見つかった事件
と、平成12年に島根県内の港の漁船から覚醒剤約250キロが押収された事
件で、山口県警から指名手配されていました。
これらの事件は、北朝鮮が国家として関与したものです。平成10年の事
件で密輸入に使用された船は、13年12月に九州南西海域で沈没したあの
工作船です。このことは、平成19年版の警察白書に明記されています。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h19/honbun/html/j2210000.html
平成12年の事件でも、漁船が北朝鮮領内に入って覚醒剤を受け取ってい
たことが明らかになっています。

拉致犯や覚せい剤密輸犯が校長だったような学校は、日本に存在しては
いけないのです。 

★ 子供の人生がメチャメチャに!

朝鮮学校は衰退の一途を辿っています。産経新聞によれば、最高学府で
ある朝鮮大学校(朝大)の在校生は、最盛期の4割にあたる約600人まで
激減しています。

朝鮮総連は朝大進学者を必死に集めていて、その過程で子供が犠牲にな
っています。朝鮮総連系団体や企業の従業員は、子供を朝大に進学させ
るよう、強烈な圧力をかけられています。その結果、日本の大学で人生
を切り拓こうとした子供が夢を断たれ、無理やり朝大に行かされ、政治
学習という名の洗脳の日々を送り、人生をメチャメチャにされる悲劇が
生じているのです。

朝大を出ても、ほとんどの卒業生は朝鮮学校の教員か、朝鮮総連系組織
の職員にしかなれません。いま朝鮮学校の教員は、月収10万円ちょっと
です。地方によっては、給料の遅配もあります。以前ある朝鮮総連系組
織トップの自宅を調べたら、低所得者しか入居できない県営アパートで
した。出世してもその程度なのです。

朝鮮学校への公的支援の議論で、推進派はよく「子供に罪はない」と主
張します。
本当にその通りです。子供に罪はありません。だからこそ子供を、最凶
テロ国家から守らないといけません。


★ いま一度国連に直訴を!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。
繰り返しになりますが、国連安保理理事国の国連大使にメールを送って、
朝大による国連制裁破りを訴えていただきたいのです。例文は、安保理
の制裁対象に指定するよう求めています。

安保理専門家パネルによる調査がはじまり、日本に照会が行けば、小池
都知事が認可取消を断行する上で大きな援軍になります。

例文をコピーするだけなら1分でできます。それではよろしくお願いしま
す。


送り先(多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメール
アドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov, 
themission@angolaun.org, egypt@un.int, pr.egypt@un.int, p-m-j@dn.mofa.go.jp, 
japan.mission@dn.mofa.go.jp, mwnewyorkun@kln.gov.my, nzpmun@gmail.com, 
senegal.mission@yahoo.fr, Rep.nuevayorkonu@maec.es, uno_us@mfa.gov.ua, 
uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, misionvenezuelaonu@gmail.com

例文
件名: Violation of North Korea sanctions
本文:
Your Excellency,

I am writing to respectfully urge the Security Council to impose sanctions 
against Korea University in Japan for violating North Korea sanctions.

The North Korea-affiliated University provides subjects such as nuclear 
physics, electronic engineering experiment, electronic machine, electronic 
material, control engineering, electronic physical properties engineering, 
functional material and chemistry experiment for North Korean nationals 
living in Japan. This has been reported by the South China Morning Post and 
US government-backed Radio Free Asia on 22 December 2016.
http://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/2056680/north-koreas-atomic-training-

college-tokyo-activist-says-nuclear
http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/ne-yh-12222016151844.html

It is very clear that these subjects fall under specialized teaching and 
training that have been prohibited by paragraph 17 of resolution 2270 and 
paragraph 10 of resolution 2321, especially “advanced electrical 
engineering” that has been specified in the latter.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ! 《48》──────────


 ◎トランプ陣営対グローバリストの世界大戦が始まった!

 ★積年のメディア操作に対するトランプの怒り

 これから世界はどう動くのか、我々もついに世界史的な時代の変化に遭遇し
てしまいました。特に現役自衛官の方々は、今以上に覚悟を求められる日が来
たのかもしれません。 以下に述べるのは教科書的な世界観とは異なったトラン
プ解釈であり、未来は誰にも判りません。
 
 トランプ大統領就任以来わずか10日ですが、矢継ぎ早に出される大統領令は
世界に驚きと困惑を与え、テレビも新聞もこの報道と解説に余念がありません。
ただ一つ気になるのは、意図的なのか気付いていないのか判りませんが、新聞の
論説委員や多くのテレビ出演の政治あるいは経済、軍事の専門家の方々の論評に
大きく欠けているのは、建国以来、米国を真に動かしてきた人々は実は「国籍」
や「国家への忠誠心」など本当は持っていない。それらを超越した、今日でいう
「グローバリスト」の人々であるという視点が、全く含まれていないように見受
けられます。

 例えば、「アメリカ人はなぜ、今も中国人が好きなのか? 解らない」と言わ
れますが、1930年代、米国マスメディアは、パール・バックやアグネス・スメ
ドラーらを使い、大反日キャンペーンを行い、残虐非道の嘘つき日本人像を米国
大衆に刷り込み、哀れな中国人像を捏造しました。
 この作為は、中国駐在の米国人外交官からの告発報告にもあらわれています。
 理想の秘境「シャングリラ」伝説は気分として今も残っており、「南京大虐殺」
の虚構の物語として続きます。

 今日、いまだにドイツ贔屓の日本人がいるのと同様です。日独伊三国同盟締結
のために、どれだけナチスドイツの機密交際費が日本で使われたか。
 今も昔も、戦争に向けて大衆の世論を形成するメディア操作は、グローバリス
トにとってはお手のものであり、トランプは彼らを嘘つき呼ばわりし、敵意を隠
しません。

★グローバリズム=共産主義の、世界史的正体

 「グローバリスト」とは、二千年以上の昔に最終的に国家を失い、世界に離散
流浪する中で、「国家」と同胞を迫害する「他民族」を呪いながら、ひたすら独
自の宗教と戒律を守り、凄まじい迫害に耐え、とりわけ金銭工学や契約の書にお
いては、他者の追随を許さぬ精緻の域に達した人々であり、日本民族の歴史体験
では、想像もつかぬ過酷な運命を耐え抜いてきた人々と言えましょう。
 
 彼等こそ「自由・平等」といった人工的スローガンでアメリカを建国し、フラ
ンス革命を起こし、次にロシアで迫害されていた同胞を救済するためにロシア革
命を引き起こし、このとき多くの同胞が米国に亡命し、米国国籍を取得後またロ
シアに帰り、この革命を援助するために「日露戦争」の戦時公債を引き受け、第
一大戦の戦費調達のためには、突如「FRB」を立ち上げ、合衆国から紙幣発行の
権利を奪い、ロシア革命軍保護のためには、「シベリア出兵」を行い、防共のた
めに同時出兵した日本軍を牽制し、再三拒絶する日本を第一次大戦に誘った上に、
戦後は「火事場泥棒」呼ばわりをし、戦後のワイール憲法下、戦時賠償に苦しむ
ドイツ国民から生まれたナチス台頭のドイツ国の同胞を救うために、今度は日本
を真珠湾攻撃に誘導しました。
 
 そこから先は言うに及ばず、ロシア革命に遭遇した者やその子孫たちは、敗戦
後の日本にGHQとして乗り込み、「ヴェノナ文書」(第二次世界大戦前後の時
期に米国内のソ連のスパイ=米国籍たちがモスクワの諜報本部とやりとりした秘
密通信の解読記録、ルーズベルト政権内部にも多数存在した・公開1995年)に
名を留め、朝鮮戦争、ベトナム戦争と、今日まで米国はひたすらに戦争をし続け
てきたことは、知る人ぞ知ることです。

 彼等グローバリストは世界革命のために「共産主義」を発明し、「資本主義」
と相反するごとくに論理化し、得意の「両建て主義」で戦乱により莫大な利益
を得、「国家と民族」を疲弊させ続けてきました。
 数千年にわたり、彼らを支えてきたのは絶対的なプライドである「選民思想」
であり、日本共産党も秘かに「選民思想」を抱いています。
 彼らの「両建て主義」を、最もよく理解しているのは建国以来戦わされてきた
米国軍人達でありましょう。
 軍人たちが選挙でトランプを支持したのは、「アメリカファースト」のナショ
ナリズムに強く共鳴したからであり、グローバリストのための代理戦争などもう
たくさんなのです。

 米国の覇権を考えるとき、日本の知識人たちは「国家に縛られた存在」であり
「国家の中で生きてきた存在」ですから、国家の枠を超えた存在が絶望的に理解
できません。 
 米国の国益と同時に、米国の没落すら画策している「支配階級」が、この世に
存在していることを、「陰謀論」として認めようとしません。

★トランプ陣営に参画した多数の高級軍人たち

 トランプ理解のためには、彼の一貫した「対グローバリズム」の戦いから俯瞰
しないと、報道にあらわれる「個別政策」の表面的利害にのみ目が行ってしまい、
トランプの政策は乱暴な、ただもう支離滅裂な政治行動としてしか認識に反映し
ません。
 彼は、アメリカ奥の院に建国以来の「大戦争」を仕掛けています。
 ケネディはこれで命を落としました(FRBからの紙幣発行権の奪取)。
 
 アメリカ奥の院と思想的に同調できるのは、「国家観」無き流浪興亡の自分勝
手民族シナ人であり、アメリカ奥の院はシナに勢力をシフトして共闘利用しよう
としている様子です。余程、シナ人に対して自信があるのでしょう。
 戦後のジョージ・マーシャル大統領特使とウェデマイヤー将軍の中国大陸にお
ける対立は、アメリカ外交の分裂として表面化してしまいました。
 ただし、孫子を生んだ國ですから、「自由・平等・博愛」など、嘘の方便とし
て、共産主義を表看板にこれまた嘘の論理とシナ人は見抜いています。彼らは利
あれば、そして相手が自分より弱体であれば何でもする、屠殺民族です。

 トランプ陣営に高級軍人が非常に多いのは、彼の覚悟の表れであり、対シナ戦
争を予感していると思います。こればかりは、アメリカにとって「グローバリズ
ム」とは別の問題です。
 「マハンの海洋戦略」(セオドア・ルーズベルト以下、秋山真之参謀を始め世
界中の海軍士官たちに影響を与えたマハン大佐の戦略理論)以来のアメリカの国
益が直接に影響を受ける問題であり、「エア・シィーバトル」(大雑把に言えば、
空・海のみによる立体軍事行動)の発動となり日本も必ず巻き込まれるでしょう。
 米国の若者を、シナ人との陸戦で失うなど、もう米国は無益なヴェトナム戦争
以来、金輪際御免こうむります。
 日本も真珠湾の二の舞はごめんですから、穏忍自重を重ねシナの挑発に耐える
上で、自衛官に多数の犠牲者が出る可能性があります。
 これはいつまで経っても憲法9条を保持してきた、戦後の日本国民に責任があ
ります。

 アメリカ奥の院の支配者たちは、グローバリズムの浸透と実行に、クリントン
の利用を当て込んでいましたが、少々当てが外れたに過ぎず、一時的な失敗は、
全体的な巨大な潮流の中では、単なる泡沫にしか過ぎません。
 トランプを利用し、中東での戦争を早めるか、第三次大戦の発動を中東で、南
シナ海で、カードは時期を見て切るつもりでしょう。
 今度こそ大戦後の、「単一世界政府」の樹立を目ざす、最後の戦いを目論んで
いると思はれます。
 トランプは、この構図をよく理解している上で、意図的に軍人陣営を敷いてい
るように見えます。
 
 プーチン大統領は賢く、ウクライナ問題を当面やり過ごした様子です、罠には
かかりませんでした。トルコも革命には乗りませんでした、エルドアン大統領は
よく耐え抜きました。この二人の連携でヨーロッパは仕組まれた危機から逃れる
ことが出来たと思います。
  トランプとプーチンの共通の敵はグローバリストであり、これはロシア革命以
来ソ連崩壊に至るまでの、凄まじい政権内部の粛清と暗闘が、ロシア人対ハザー
ル系ユダヤ人との闘争史であった内情を知ることが、理解の一助となるでしょう。
 長くなるので説明は省略してますが、スターリンはグルジァ人であり、ソ連政
府の影の実力者は、ハザール系ユダヤ人のカガノビッチと従兄弟のべリアでした。
 スターリンは政権掌握中、各地で多くのロシア人新生児をユダヤ人の医者によ
り殺害されたことに激怒、ユダヤ人医師の大量粛清を行った結果、報復としてユ
ダヤ人のべリアに暗殺され、130日後、カガノビッチとべリアは演習帰途、戦車
で乗り付けたジューコフ元帥の内部クーデターにより逮捕、銃殺。
 これら一連の暗闘を、プーチンは知っている筈です。


★トランプ失脚後に対する日本人の備え

 トヨタを始め日本政府は、戦後から今日までの米国への経済協力をいくらトラ
ンプに訴えても無駄と思います。トランプにしてみれば、日本などグローバリス
トに散々協力してきた、チキン野郎にしか過ぎません。
 彼のいう「アメリカファースト」が、軍事のみならず経済にまで及ぶ身勝手な
政策であるならば、戦後営々と米国に経済協力をしてきた日本人は、トランプに
強い怒りを覚えるでしょう。日本は米国の同盟国として一所懸命に協力してきま
した。
 日本のみならず、世界各地のアメリカ寄り利権集団は、グローバリズムにとっ
ての「関ケ原」を迎え戦々恐々としていますが、4年の任期内でのトランプの勝
利は信じていないでしょう。冷静にトランプ失脚後を見据えている様子です。

 トランプは暗殺される可能性もあります。任期4年の間に世界は混乱を極める
でしょうが、現在までのトランプの反移民政策、反地球温暖化対策、反ホモ・レ
ズ、反国連、反メディア、反堕胎、キリスト教の復活、そして経済政策に対する
「FRB」への皮肉(金はFRBが刷ればいい)、全てアンチグローバリズムで一貫
しています。
 世界はグローバリズム対ナショナリズムの戦いが熾烈化し、マスメディアに騙
されなくなった国民に、アメリカは9・11後の「愛国者法」(例・政府の秘密諜
報部員が国民の電話やコンピューター、インターネットでのやりとりを盗聴でき
る・国民の書斎や書籍類などの使用状況を秘密裡に調査できる)の復活強化によ
り、個人のインターネット規制に動くでしょう。

 勿論、日本人も監視されます。国民一人一人が賢くなる以外ないのですが、日
本は皇室制度と天皇、特に女系天皇擁立に対して命懸けで対抗する必要がありま
す。天皇は戦前の共産主義時代から、グローバリストの不倶戴天の敵とされてい
ます。彼らは天皇と皇帝の混同以上に、「ゴッド」とすら混同する無知加減だっ
たのです。
 国内左翼、特に極左のテロリズムの復活に備える必要があり、外国からの活動
資金は沖縄同様、日本全体に及びます。
 当面、國体護持のためには、GHQに廃絶された十一宮家を急ぎ復活、憲法改
正、自衛隊を健軍化し軍備増強、日本國民は文化の守りに就き、老若男女すべて
正気を取り戻す必要があります。

 日本の対米外交方針は、従来より『……日米の軍事同盟によって、極東アジア
の安定が維持されている利点を生かし、この同盟が反中国の同盟に発展しないよ
うに注意して行けば、日本は効率的な組織に基ずく国際協力関係を維持する大国
として、重要で影響力のある世界的な使命を安心して追求して行ける。……』
――『ブレジンスキーの世界はこう動く』――山岡洋一訳、日本経済新聞社

 中国を刺激しないよう、ブレジンスキー(カーター政権の国家安全保障担当大
統領補佐官)のお墨付きを、外務省は今日までひたすら墨守してきましたが、今
後どうなるか……中国の海洋進出に東南アジアの静謐は既に失われています。

 世界が流転する中で、一つだけ明記すべきは、日本は有史以来、対ユダヤ問題
で一切の民族的迫害も差別も加えたことはなく、否むしろ「八紘一宇」の精神を
世界に宣言し、多数のユダヤ民族を救出しています。
 これには東条英機以下、日本軍人が多数係わり、ナチスドイツに抗している事
実があります。欧州のようなユダヤ問題は、日本は全く歴史的に無関係であり、
今日でも多くのユダヤの人々に感謝され、遺徳がイスラエルの地で顕彰されてい
ることに、日本民族は秘かに誇りを持つべきです。


■忙中閑あり《350》───────────────────────
  
                                            杉山頴男

 ◎《民主主義》ってナンだ
     ──兵頭二十八を[おさらい]する

 南京事件&慰安婦性奴隷は、実証性に欠けているとのアポホテルのル
ーム本に隣国からの攻撃がしきり。だが、これは日の本(自誇称)の自
業自得。なぜなら反日国策のつくり話に即、反撃してこなかったからだ。
売られた喧嘩を買わなかったからだ。

 西洋文明が他の文明を牛耳るほど強くなったのは「ファイト・バック」
(反撃)の根性が強かったからだ。「ファイト・バック」の根性がなけ
れば個人同士の対等など実現しない。ゆえに個人と国家も対等になれな
い。「市民」が生まれない。

 売られた喧嘩は買いますとの個人(市民)の根性が、長年にわたって
国家を支えてきた結果が外交だ。
 大正以降の日本は、この根性がなくなった。武士階級の生き残りが絶
滅たからだ。
 軍学者が『武侠都市宣言!』で云いたかったことだ。「ファイト・バ
ック」する個人、すなわち「市民」が育たなくなった。

 国家が敗けてしまったら個人の自由もなくなる。だから国を勝たせる
ために、めいめいが自分の自由を我慢する。そのかわりに、戦争になっ
たとき、自分たちを命令することになるリーダーを普段からよく観察し
て選んでおく。
 こう云う考えから発達したのが「民主主義」の選挙。
 かつて「生活が大事」で野党が政権をとった。「生活が大事」である
が、その重石、錘には「国防が一に大事」がなければ、国民は生命と財
産と自由を失う。
 
 「武道通信」十七ノ巻 (平成13年12月刊)
 中学生でもわかる「兵法」其ノ九
 キミは今「大きな判断」をしているか? それとも「小さな判断」?
 
 《そこでアメリカでは「大統領」一人に極端な権限が集中される。そ
れが国力を発揮するにすばやくチェンジするのに便利だからだ。集団で
指導していたら、いつまでたってもできないことが、一人ならば簡単に
やれる。その一人がよくない場合は、その一人を変えれば、それで確実
に一切が変わる。これがアメリカの民主主義の「大きな判断」だ。             

 どんな組織も、組織そのものを防衛したり発展させようとするように
なるものだ。かつて、陸軍、海軍、外務省といった組織が、めいめい勝
手に自組織の防衛と発展だけを図った結果が、日本国の敗戦をもたらし
た。》
 
 「民主主義」とは、自分の国が戦争に負けないための装置なのだ。
 わがまちの中学生よ。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/10/05
部数 988部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/10/05
部数 988部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング