武道通信かわら版

世界のメディアが武道通信かわら版に注目!


カテゴリー: 2010年02月20日
===============================================================
―――――■―■―■■―――――――――【武道通信かわら版】
――――■■■■■■■■――――――――2/20 2010 vol.258
―――――――■―■―――――――――― 
―――――■―■■―■―――――――――インターネットで読む
―――――■―■―――■――――――――『武道通信』
――――■■■■■■■―■―――――――サブマガジン
================================================================
 http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net  杉山頴男(ひでお)事務所
                042-580-6428 fax 042-580-6438
/////////////////////////////////////////////////////////////////

                258号 目次
                        
1 お知らせ
2 武士・騎士・紳士 ……山本伊左夫 
   <世界標準というけれども管理とControlは
     ずいぶん違う。 その四>
3 金正日の弱点、秘密口座を狙え! ……加藤 健
  <武道通信かわら版に世界のメディアが注目!>
4  忙中閑あり ……杉山頴男 
   <版元は鼻が高い>

■お知らせ――――――――――――――――――――――――――――

一、 佐山聡が武士道の本を書いた!
  「佐山原理 新生武士道『真陰』」CVD付 東邦出版
  *明日21日。初代タイガー・マスクデビュー30周年記念パーティ

二、田中光四郎 日子流護身術・小太刀
   稽古日:毎週土・日 時間:午前9時40分~11時40分
   土曜日 抱一龕(ほういつがん)道場 
       東京都渋谷区恵比寿西 2-11-4
   日曜日(不定)   豊島区東部区民事務所2F多目的室
              東京都豊島区北大塚1-15-10
              TEL:03-3915-2334

   ※稽古見学可。スポーツウエア用意なら稽古も参加もできます
   問い合わせ 080-3099-5615
   日子流ホームページ  http://hikoryu.seesaa.net/

三、杉山頴男Net私塾 (有料)まぐまぐメルマガ 
   毎月1日と15日の回配信 
   『武士の女の品格』──武士の妻女からみた武士道
     http://www.mag2.com/m/0001044943.html
     1章 武士の夫婦の絆
   <1>「奥さん」は武士語。共に戦う戦友の固い絆の愛称 
   <2>「夫婦は戦友」は坂東武者のルール
   <3> 問者が来ても女性は玄関に出ないわけ 
   <4> 結婚は家と家の契約。簡単に離縁はできなかった
     <5> 武士の夫婦は同伴で外出しなかった 2-15日最新号

   『編集とは時代の精神との格闘だ!──週刊プロレス・格闘技
       http://www.mag2.com/m/0001044982.html 
    1章 なぜに月刊「プロレス」を週刊化したのか 
   <1> 自分一人が考えていることが、果たして世に通じるか?
   <2> いかにしてプロレスに吹いた追い風を受けとめるか
   <3> 身体が喪失させられた青少年は血を発見した
   <4> 一人で居ても淋しくない男になれ
      <5> 成功か否かはでファン参加にかかっていた 2-15日最新号

四、「SAMURAIのいろは」  
   日本武道具「煙管のけむり」にて随時ふかしまてます
      http://www.budoshop.co.jp/         
   <い>前口上 我田引水で武士を語るな (草莽奮戦記に記す)
   <ろ>武士は外泊禁止、外食も嫌った。なぜか?
   <は>武士道とは「農工商」をSAMURAIにするための新日
      本語だった  
   <に>―仇討が美談となり、武士は庶民の「理想の武士像」には
      まっていった
    <ほ>―袴の五つ襞<ひだ>が五常の徳目などは後からの屁理屈
     <へ>―月代<さかやき>はいつから武士のシンボルになったか
   <と>―武士はヒマだった? いや残業でクタクタだった?
   <ち>―武士の年中行事で何が一番大事だったか
   <り>――年賀のフォーマル・ウェア
   <ぬ>――武士は、なぜ腹を身体の中心だと考えたか?
   <る>――武士の躾けで、正座がやかましかったのはわけがある
   <を>――会社(藩)経営大赤字でもリストラはなかった
   <わ>――株を買えば誰もサムライになれた?
   

■「武士・騎士・紳士」
 この違いを知ると洋の東西が見える《107》――――――――――――

                           山本伊左夫

   いまこそ考えよう、このカタカナ語の意味するもの
     ジェンダーフリー(男女同性化)と
     グローバリゼーション(世界標準化)
  この二つの言葉遊びが国家衰亡をもたらす可能性の大きさ

 (20)世界標準というけれども
   (管理)と(Control)はずいぶん違う。<その四>

 幕末に至っても武士が(管理されることによる戦法)に対して本能的な
忌避感を持っていたことはいくつもの文献が証明している。

 それはまた追って紹介しますが、(西洋式調練)に対する武士の本能的
反発というのは残されている史料から見ても半端なものじゃない。
 「西洋式のあの整然とした行動様式、威圧感に比べてブゥブゥ、ドンド
ンの和式が見劣りするのに嫉妬を感じた和流兵術家の嫉妬」と、特に徳丸
原高島流演練だけを見て説明する人があるけれども史料はもっと広く検討
しなければならないと思う。

 この見方の後押しをするのが勝海舟が戦後、「銃隊の前に大昔の鎧装束
で槍をそろえてブウブウドンドンと……かないっこありませんや」と言っ
たという話を援軍にする訳であるが、これは武器の優劣を言っているので
戦法、もしくは戦士の考え方を批評しているとは取りにくいはずであろう。
 そうでなければ「江戸を火の海にして抵抗する」と海舟が隆盛を恫喝し
たという話も成立出来なくなる。

 西欧史は失敗の根源に目をそらす傾向があり、何とか(さらなるコント
ロー-ル)で乗り切ろうとする傾向があるのだが、そういう思い込みの最
大のものは幕末騒乱の少し前に起きた欧米戦術家たちの米国独立戦争と、
南北戦争の評価間違いである。

 独立戦争というのは言うまでもなく英国が敗北したのであるが、これは
管理された軍隊としては当時最良最強だった英軍と、百姓寄せ集めの米国
民兵の戦いという色彩がある。
 言い方を変えれば精密に訓練され組み立てられた横隊突撃部隊と散兵の
戦いである。 
 散兵を(ゲリラ)と呼ぶのはちょっと違うと思うが、(特別の管理指揮
が無くても自発的に相当の戦闘をする軍隊)あたりが近いところだろう。
 よほどの士気が無ければこれは烏合の衆である。
 どうして士気が高いかというと兵士の全員が「なぜ自分が戦わねばなら
ないのか」の理由、動機づけを完全に承知していたからである。
 つまり生活防衛が目的と誰もが認識していたわけで、ワシントンを初代
大統領にするためなんかではないし、彼の命令が絶対服従を求めていたか
らでもない。
 そういう意味で独立戦争というのはアメリカにとって極めて武士的な戦
争だったと外天は思う。
 この戦争を西欧人は教訓にはしなかった……いや、したくなかったのだ
ろう、たぶん。


■金正日の弱点、秘密口座を狙え! ご協力の呼びかけ《11》―――――

                           加藤 健

  武道通信かわら版に世界のメディアが注目!

★2月15日、外国特派員協会に加藤健招かれる

 金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、私たち
の運動が世界各国メディアの取材を受けました!

 2月15日に外国特派員協会で開かれた記者会見で、不肖私が金正日秘密
資金凍結を訴えさせていただきました。下記でTBSニュースの動画をご
覧いただけます。
 http://news.tbs.co.jp/20100215/newseye/tbs_newseye4357102.html
 外国特派員協会のページはこちら。
 http://www.fccj.or.jp/node/5346
 発言の機会を与えてくださった関係者の皆様に、この場を借りて厚く御
礼申し上げます。 

 さっそくアメリカの国営放送であるVOAが取り上げてくれました。下
記で、「世界のどこかに、金正日秘密資金を運用して巨額のカネを稼いで
いる銀行家がいる。その同じときに、国連によれば北朝鮮で900万人近い人
が食糧不足に苦しんでいる」という発言をそのまま引用してくれました。
http://www1.voanews.com/english/news/politics/Japanese-Human-Rights-
dvocates-Pressure-North-Korea-84378977.html
 それに続けて、「加藤はルクセンブルク政府がまだ要請に応じていない
といい、国際社会に圧力をかけるよう求めています」とあります。ルクセ
ンブルクに「結果を出さねば」というプレッシャーがかかったことは間違
いありません。

(ルクセンブルクの捜査開始については前回の呼びかけをご覧ください)
http://archive.mag2.com/0000036568/20100205100000000.html
(金正日の金庫番解任の報はこちら)
http://archive.mag2.com/0000036568/20100205182948000.html


★ルクセンブルク大使館員がきた!

 今回驚いたのは、記者会見会場にルクセンブルク大使館員が姿をあらわ
したことです。ぎこちない名刺交換をしました。これは意外でした。

 ルクセンブルクはドイツ、フランスなどの周辺諸国から、「おたくが銀
行機密保護を盾に脱税者を匿うから、こっちは巨額の申告漏れが生じてい
るんだ! いい加減にしろ!」とずっと圧力をかけられてきました。それで
も頑として秘密保護法を守り続けてきた国であり、ちょっとやそっとのこ
とでは動じません。それがワザワザ記者会見場まで見にきたのは、私たち
の運動が効果を発揮している証拠です!

 これは私の想像ですが、ルクセンブルクに頑迷派と長期的視野派の両方
がいて、金正日秘密資金を巡って意見が対立しているのではないかと思い
ます。頑迷派は、「そんなモンが見つかったら大スキャンダルだ! 捜査し
ているフリだけしてテキトーに誤魔化せ!」と主張します。それに対し長
期的視野派は、「北朝鮮はいずれ崩壊する。崩壊後に判明したら、200万人
以上餓死したことに対する連帯責任を問われる。今のうちに発見・凍結し
て、国際社会での責任を果たすべきだ」と主張します。ひょっとしたら同
一人物の中で、二つの意見が綱引きしているかも知れません。
 金正日秘密資金の凍結は、北朝鮮問題解決への貢献を高く評価されるチ
ャンスだ、という真っ当な意見が通ってもらわないといけません。頑迷派
が押し切ってしまわないように、引き続き要請してきましょう!


★こんなにも知られていないのか!

 今回の記者会見でショックなことがありました。拉致問題への理解が諸
外国で極めて低いと実感したことです。

 質疑応答のとき、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博先生にある外国
人記者が、「私はスクウカイなら知っている。ただアナタの団体もアナタ
も聞いたことがない。一体何をやっているの?」と質問しました。

 私は隣で聞いていて正直、「ハア??」と思いましたが、この質問の意
味は重大だと思います。記者は日本在住の外国人ジャーナリストで、北朝
鮮問題に関心があるから記者会見場に足を運んでいます。そんなプロが調
査会さえ知らないというのが、国際社会における拉致問題の理解レベルな
のです。

 国際政治では、知られていない問題は存在しないものとして扱われ、冷
酷非情に切り捨てられます。なんとしてでも国際社会で拉致問題を「ホッ
ト」なトピックにしなければならないと痛感しました。

 私たち草莽も一人一人が啓発活動を行いたいものです。そこで拉致問題
を英語で解説した下記リンクを、知り合った外国人全員に「ちょっと見て
おいてよ。7分くらいだからさあ」と気軽なノリで勧めることを提案した
いと思います。
http://nettv.gov-online.go.jp/eng/prg/prg1786.html
 この動画は政府広報にしてはよく出来ています。見ていて猛烈に腹が立
ってきます。最後に「これは世界への警告である」とのナレーションが入
ります。教養ある外国人なら、間違いなく重大性を理解すると思います。

 また、救う会英語ページの下記リンクも添えて、「EU国籍の人が9人
拉致されている。あなたの同胞も拉致されているかも知れないよ」と伝え
たらいいと思います。
http://www.sukuukai.jp/narkn/
 自国民が拉致されている可能性がなければ、なかなか真剣になってくれ
ないのが本当のところです。

 一人一人が、それぞれの持つ人脈をフルに活用すれば、必ずや大きな力
になると確信しています。どうぞよろしくお願いいたします。


★引き続きルクセンブルクへ!

 記者会見の翌日にはまた機会をいただき、「2.16宣言」の集会会場で秘
密資金問題について説明させていただきました。下記ページで、右側の
『◆「2・16宣言」◆』の下にある会場名をクリックしてください。32分
目くらいから15分くらい話しています。文章を読むより早いと思いますの
で、ご興味ある方はぜひご覧ください。
http://www.netlive.ne.jp/archive/SII/
 ちなみにこのNetLive社のシステムは実に優れたものです。工夫次第で
様々な活用法があると思います。

 2月11日の建国の日には、ルクセンブルクにある114の銀行の頭取に、
「徹底的に調査し、過去15年間の北朝鮮関連取引を全て当局に報告せよ」
と求める警告状を送りました。結構強烈なことを書きましたので、北朝鮮
と取引のある銀行は食事も喉を通らない状態になったかも知れません。焙
られて出てくることを期待したいものです。

 ここであなた様にお願いがあります。極寒の地で助けを待つ同胞を救う
ため、少しだけお時間をください。前回の繰り返しになりますが、いま一
度ファックスやメールを送ってください。今回はルクセンブルクの主要大
使館のアドレスもあります。様々なところに送ることによって効果を高め
られます。

102-0081
東京都千代田区四番町8-9
ルクセンブルクハウス1F
駐日ルクセンブルク大公国特命全権大使
ポール・シュタインメッツ閣下
TEL: 03-3265-9621
FAX: 03-3265-9624
メール:http://www.luxembourg.or.jp/req/index.html
(駐日大使あての手紙は日本語で大丈夫です)


コンタクトフォームはこちら
http://www.gouvernement.lu/functions/contact/index.php
http://newyork-un.mae.lu/en/Contact-us
http://strasbourg.mae.lu/fr/Contactez-nous
http://washington.mae.lu/en/Contact
http://berlin.mae.lu/ge/Kontakt
http://londres.mae.lu/en/Contact-us
http://paris.mae.lu/fr/Nous-contacter
http://rome.mae.lu/it/Contatto
(Nomはファーストネーム、Prenomは姓、Paysは国)
メールアドレス bruxelles.rp@mae.etat.lu

文例
件名: Money Laundering in Luxembourg
本文: Dear Prime Minister Juncker,
We urge the Luxembourg government to aggressively apply the 
Council 
Regulation (EU) No 1283/2009 of 22 December 2009 by ordering
all financial 
institutions to report all financial transactions relating 
to North Korea in 
the past 15 years.

Yours sincerely,
あなた様のお名前


 金正日の数千億円の秘密資金が凍結されるか、それともウヤムヤになっ
てしまうかは、ルクセンブルクが徹底捜査を行うか否かにかかっています。
その結果に、拉致被害者の命と我が国の命運がかかっています。

 さあ、いますぐメール、ファックスを送ってください! あなたの助けを
待つ人がいます。


■忙中閑あり《218》―――――――――――――――――――――――
 
                            杉山頴男

 山本伊左夫さんの毎号、示唆に富んだ内容。それに今回の加藤健の快挙。
版元として鼻が高い。

――「独立戦争というのはアメリカにとって極めて武士的な戦争だったと外
天は思う。この戦争を西欧人は教訓にはしなかった……いや、したくなかっ
たのだろう」――
 この余韻を含む、次回が愉しみである。

 民主党政権となり、論壇では「保守の敗北」が囁やかれている。著名な保
守論客で軍事に通じている御仁は誰もいない。皆、哲学、文学畑である。こ
の軍事無関心、苦手が因であることには気付いていない。

 司馬史観の<値引き>がいまや当たり前だが、十年前から、軍事面から見
て、その否を克明に追い、司馬史観に異議申し立てをしていたのは兵頭二十
八さん、別宮暖朗さんら“草莽”の論客だった。
 著名保守論客陣は知ってか知らぬか無視しつづけ、“草莽”論客の努力の
賜物のうえに乗り、持説のような顔して司馬史観をなじる。


 “草莽”加藤健さんのコツコツとなし続けてきた努力が報われてきた。
 加藤健さん、云っていました。
――今回の記者会見でショックなことがありました。拉致問題への理解が諸
外国で極めて低いと実感した――
――記者は日本在住の外国人ジャーナリストで、北朝鮮問題に関心があるか
ら記者会見場に足を運んでいます。そんなプロが調―査会さえ知らないとい
うのが、国際社会における拉致問題の理解レベルなのです。――

 明治維新以来、西洋の書を読み取る、解読することに精進を重ね、自分の
考えを外国語に変え、伝えるるという作業を怠ってきた。
 官僚、文化人がその極みである。プロパカンダで特亜にしてやられ続けて
いる責は大きい。

 “草莽”加藤健さんは。ソコを突いた快挙、云うならば武士の最高の誉れ
「一番鑓」である。
 

     ――――――――∞∞∞∞∞―――――――――
               ★
      携帯用「武道通信ミニかわら版」も配信開始
          登録はこちらから↓
       http://mini.mag2.com/pc/m/M0093244.html
           
                <PR>
    
   *杉山頴男の本
   『サムライと日本刀――土方歳三からの言伝て』
   『使ってみたい武士の作法』
    並木書房 http://www.namiki-shobo.co.jp/
    アマゾン http://tinyurl.com/mzmruz


        既刊オンライン・ブック
   ◆創刊 壱ノ巻から二十四ノ巻 (各刊700円)
         誌面をそのままPDFで
        HP<Webで読む武道通信>からご入店を
         郵便振替口座番号 00120-1-69065
          有限会社 杉山頴男事務所

             銀行振込口座
     三菱東京UFJ銀行 国立駅前支店 普通口座 3765873
     有限会社 杉山頴男事務所(スギヤマヒデオ ジムショ)
   
         その他のオンライン・ブック
       
   ◆兵頭二十八を読む (幻の絶版本も)
    「ヤーボー丼」「日本の防衛力再考」「日本の海軍兵備再考」
    「日本海軍の爆弾」「陸軍機械化兵器」「日本の陸軍歩兵兵器」
    「日本有事」って何だ」「日本海軍の爆弾 」「武侠都市宣言!」
        HP<兵頭二十八を読>からご入店を

   ◆オンライン読本
    「日本刀はなぜに日本人の魂なのか」 高山武士
    「柔 回帰曲線 一より習い柔を知り、
     柔より還る元のその位置」佐々木 建(タケル)
    「総合格闘技と武道――『格闘技通信』源流の旅」杉山頴男/
    「軍刀の操作及試斬」(陸軍戸山学校 編)/「兵法要務 柔術
     剣棒図解秘訣」」/「兵法要務 武道圖解秘訣」/別宮暖朗・著 
    「軍事史からみた「南京事件」の真実 」/ 田中光四郎・著「照
    準のなかのソ連兵」/木村三浩・著「右翼は終わってねぇぞ!――
    新民族派宣言」/「坂井三郎の遺訓――若きサムライたちへ」
          <オンライン読本>からご入店を
           http://www.budotusin.net 
==================================================================

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/12/05
部数 980部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2017/12/05
部数 980部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング